2017年10月21日 (土)

starter Ferrari Mondial ‪SPA24h 1989 MONEYTRON‬

自分の致命的なまでの手の遅さと、よせばいいのに同時並行で製作してる未完成品の山を見るにつけ、年内完成を
目指すのが関の山といった感じだったりするわけです。とても11月の中華オフに間に合うとは思えないのですよ。

20171021_001
二回目のウレタンコートを施してから放置していたボディ。細かい部分を筆塗りでどうにかしていきます。

20171021_002
テールライトをどう処理するか考えます。台座部分にあたる箇所は黒くなっています。とても筆の入る余地はありません。
こんなことならボディを削ったりなんだりした際、一緒にテールレンズ部分もバッサリ削っておけばよかったと今になって
後悔することとなります。この手際の悪さ、先を読もうともしない怠惰な態度、全く持っていつものことですよ。

20171021_003
勢い余って削りすぎたAピラー部は見なかったことにします。黒く塗ってあれば大丈夫です。どうか甘やかしてください。

ゼッケン灯など削り落とした突起物を再生させる作業も残っています。なんとか年内完成を達成したいと思います。

検討課題
・黒く塗ればだいたい大丈夫
・半完成をどんどんやっつける

2017年10月20日 (金)

ALEZAN Lamborghini Urraco Rally 1973

できればミウラ製作に着手したいと目論みながら、本来の目的から外れたことをお茶を濁すでもなく、ランボルギーニと
いうだけでウラッコを弄んでみたいと考えます。ありきたりな現実逃避です。本当に早いとこミウラを弄りたいんですよ。

20171020_001
レジン表面の柚子肌はいかんともしがたく、それなりに削り倒しますが、凹凸は均しきれているとは言いがたい状態です。
ごまかしきれないほどの目につく大きい気泡部分は、もはやこれまでと腹をくくりポリパテを使い穴埋めをしておきます。

20171020_002
パネルラインのスジ彫りは浅く、曖昧だったことから慣れない手つきで深めに彫り直します。
慣れないことはするものじゃありません。マッチボックスもビックリの運河彫りです。しかもヨレヨレのヘロヘロです。

羽根の付くような車種は避けたいのです。面倒なカラーリングなんてまっぴらです。とにかく楽だけして作りたいのです。

検討課題
・オレンジ色の苦手意識を克服する
・細部詳細を少しだけ調べてみる

2017年10月19日 (木)

GAFFE Nissan Patrol T3 Ponsa Granada Dakar 1995

敗北宣言からの逆転満塁ホームランになるのか、少しばかり現実から目を背けるように製作を続行しようと思います。

20171019_001
タミヤ社 TS34 キャメルイエローを用い、いろいろと塗りきれていないボディ。このままでいいか、と誘惑に負けそうです。
発色はいいし、このあと赤、青、白と塗り重ねるし、スポンサーデカールもモリモリ貼るし、易きに流れたくなるのですよ。

20171019_002
とりあえず近所で入手できる黄色のスプレーを吹き比べてみます。
画像では黄5号がキャメルイエローの近似に感じます。塗った感じではキャメルイエローより赤みを感じる黄色なため
ちょっと躊躇してしまいます。黄色の発色のよかった西武イエローを試しに塗ってみようと思います。何事も挑戦ですよ。

20171019_003
やっぱりダメだったよ。むしろダメダメですよ。
なんだか白っちゃてけいます。紫外線暴露によって褪色した黄色のようです。やっぱりという感じで再び敗北宣言です。

20171019_004
キャメルイエローの穴開き板と比べるとボディの白さがハッキリします。狙った所に着地できてない感アリアリです。

もう一度、この上からキャメルイエローを塗ってみようかしら。塗膜がモリモリ厚さを増していきます。

検討課題
・引き返す潮時を誤らない
・後々に備え色見本を作る

2017年10月18日 (水)

驚異の超絶技巧! 展

2017年9月24日、三井記念美術館において催されている特別展を見学に行きます。

20171018_001
副題として「明治工芸から現代アートへ」とあるように、明治期の工芸品と、現代アーチストにより制作された品々が並びます。
以前見た明治工藝とは異なる展示品ということもあって、展示品の前でナガナガ居座り食い入るように鑑賞をしてしまいます。

展示品のなかで撮影を許可されていた2点について記録しておきます。

20171018_002
猫ニ花細工花瓶 / 初代 宮川香山 / 陶磁
明治期に制作された花瓶。猫毛のホワホワ感が硬質な素材で表現されています。

20171018_003
origin as a human / 高橋賢悟 / 金工
2015年に制作されたアルミニウムの作品。アルミでできてるとは思えないような花びら。

入り口で紹介されている「胡瓜 /  安藤緑山 / 牙彫」は、複数パーツに分割され、金属ネジで固定されていると説明されて
いましたが、展示状態の作品周辺をグルグルと見て回っても、分割線は確認できても固定ネジを見つけられませんでした。

会期は2017年12月3日まで。

検討課題
・キュウリ嫌いを克服する
・スカル & ボーンは基本

2017年10月17日 (火)

深海 2017 展

2017年9月22日、勤務地も国立科学博物館も上野だってこと思い出し、出勤前に仕事をブン投げ見学しておきます。

20171017_001
前に見たのは2013年の深海展。ダイオウイカフィーバーの頃でした。

20171017_002
特別展の展示会場入り口は、深海へと誘うかのうな装飾。

20171017_003
デメニギス。
北太平洋、水深400〜800mの海域に棲息するという眼球周辺が透明な宇宙船的深海魚。美味しいのでしょうか?

今回は特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」と銘打たれたタイトルの通り、深海魚の展示に加え、
東北震災の震源となった太平洋沖での地震発生のメカニズムや、深海資源としての鉱物採掘、食料としての深海生物
活用といった海洋国に暮らす日本人としてジックリ見学しておきたい内容の展示が豊富にありました。

20171017_004
お値段ナント!26万円!!ダイオウイカはお手頃な16万円!! この機会に是非、いかがでしょうか?

20171017_005
これ同様、買った瞬間に飽きそうに思えながらも、記念にと買っておくべきだったかと少しだけ考えてしまったバックパック。

20171017_006
午後からは会社に行かなきゃならんかと、片付けるべきことを思い浮かべながら振り子の前に10分ほど佇み出勤します。

深海 2017 展は、2017年10月1日で会期終了。

検討課題
・標本は生存時の色柄を確認しておく
・古代アンデス文明展も見逃さない

2017年10月15日 (日)

壊れる

参った、参った、参った狸は目でわかる。
本業において、日々嫌々ながらも仕事する振りをする際、強力なツールとなるパソコンに不調の兆しを認めます。
なんというか、動作の合間合間のたびにグルグル考え込んでしまいがちになるのです。ありゃりゃ、こいつは困ったな。

メインクライアントにブラ下がるようにしがみついてる下請け業者間でのデータのやり取りの都合等々、諸々あったり
する関係から、いささか以上に古いパソコンを使わざるをえない環境だったりもします。どうにかならんもんですかね。

いつまでたってもグルグル、グルグル、グルグルと考え込んでしまうものですから、思考の軛から解き放ってやるかと
強引に再起動してみます。安易に操作したんです。今までだってそうだったんですから。問題ないはずだったんですよ。
ところがドッコイショーイチ、再起動してくれません。思わずエンターキーを連打してしまいます。全くの無反応です。
少し時間を空ければ機嫌も直るかと思いましたが、再起動の要請に応えてくれません。無駄に時間を費やしただけです。

20171015
ことここに至って「ヤバいか?」と思うようになります。
適当に調べ、修理や交換も即日の「出張サービス」にも対応してくれるショップに連絡し、状況の打開をお願いします。
当初、電話で説明した際のサービスマンの見立てでは電源ユニットか、HDDのいずれかでしょうというものでした。
実際に本体をバラし、イロイロとプロフェッショナルな診断をしていただいた結果、HDDの経年による破損だろうとの
ことでしたので、こちらには為す術など無いですから即断をもってHDDを交換していただきます。ありがとうございました。

個人的に驚いたのはその値段。会社相手の出張サービス、3時間ほどの診断と交換作業、HDDの部品代。それらを合計
して請求されたのは金43,000円也。頭の中でGAFFE計算をしてみます。おおよそ6GAFFE、なんだかお安くないですか?
自分の財布じゃないからかもしれませんが、もっと13GAFFEくらいは請求されるんじゃないかと思っていたんですよ。
故障しっぱなし放置した際に発生する損害や、新たなパソコンを購入しなおした際の出費などと比較はするわけです。
スピーディーに即日修理に対応していただいてのお値段として、これは破格なんじゃないかと思ってしまったのです。

直ってしまったからには仕方ない。これまで通りの仕事する振り業務に戻らなければなりません。これは困った。

検討課題
・そろそろ自分のパソコンをどうにかする
・土壇場で理不尽な値切りなんてしない

2017年10月14日 (土)

台風一過のスカイツリー

2017年9月18日、台風一過のあとの関東地方は当然のようにフェーン現象に見舞われ、30℃を超す猛暑に見舞われます。
そんなこともあって雲も無く、スカッと晴れたピーカンな空をバックに、歩きながら適当にスカイツリーを撮っておきます。

20171014_001
業平1丁目付近にて。

20171014_002
源森橋近くの工事現場を手間に、クレーンのホネホネと。

20171014_003
枕橋から特急リバティと。

ピーカンバックは何となく上手く撮れた気分になれるので、気持ちよかったりします。

検討課題
・秋っぽい雲も絡めてみる
・夏空と秋空の違いを意識する

2017年10月13日 (金)

たばこと塩の博物館

2017年9月18日、2015年に渋谷から移ってきたことから訪れやすいと思いながら、いつでも行けると安易に考えてしまい
なかなか足の向かなかった博物館にようやくといった感じで見学に行きます。

20171013_001
専売公社ですから「たばこ」と「塩」なわけですが、若い人にはピンとこないことでしょう。

20171013_002
訪れた日は「和田誠と日本のイラストレーション」展を催していました。
和田誠氏といえば数多くの作品を手がけていらっしゃいますが、個人的にはゴールデン洋画劇場、そして週間文春です。

20171013_003
壁面いっぱいの週間文春の表紙。会期は、2017年10月22日まで。

20171013_004
常設展示室「塩の世界」もせっかくですから見ておきます。

20171013_005
常設展示室「たばこの歴史と文化」もせっかくですから見ておきます。こちらの方が展示物、内容ともに濃いめです。

20171013_006
パレンケ遺跡から発掘された「たばこを吸う神」のレリーフのレプリカ。

20171013_007
ピースのスペシャルパッケージ。

健康のための喫煙の抑制や、減塩など「たばこ」と「塩」の置かれる環境は厳しく、特に煙草の展示は喫煙を習慣づけさせ
ないようとする細心の注意を払ったものであり、展示の主体者であるJTの苦労と気遣いも偲ばれるというものです。

そうはいっても星野一義のLARK柄のF2マシンと、松本恵二のCABIN柄のF3000マシンぐらいは飾って欲しいのですよ。

検討課題
・ゲルベゾルテの香りを好む
・老いたらコイーバを嗜む

2017年10月12日 (木)

押上から浅草

2017年9月18日、前二日の肌寒さを感じる気温から、うって変わって猛暑ともいえる気温となった三連休最終日。
秋を感じさせるスカッとした空の色ながら30℃を超える猛暑、疲れない程度に気を使いながら少しだけ歩きます。

20171012_001
押上駅を四つめ通りに面した出口から地上に出ます。

20171012_002
この日は牛嶋神社の大祭とあって、車両通行止めにしてある路地のいたるところで各町会の御輿を組み立て中。

20171012_003
行こう、行こうと考えていた「たばこと塩の博物館」を見学します。こちらについては別項とします。

20171012_004
暑いので水辺で涼もうとも考え大横川親水公園をブラブラします。さほど涼しさを感じられなかったので即移動です。

20171012_005
隅田川に架かる吾妻橋の上は、川風も吹き抜けるせいか涼しさを感じます。寄ってみたい飲み屋に目星を付け帰宅します。

検討課題
・浅草通り北側を把握する
・十間橋周辺を歩き回る

2017年10月11日 (水)

重慶府 新橋店 新橋 麻婆豆腐

店舗は新橋駅西口から外堀通りを歩き、西新橋交差点の一本前の路地を南へ入った場所にあります。
都営三田線 内幸町駅のA1出口を利用すると直近となりますが、乗り入れる路線の多さと利便性から上記の新橋駅とします。

20171011_001
平日昼間の新橋へ行くというのはタミヤプラモデルファクトリー新橋店に行くか、麻婆豆腐を食べるかのいずれかなのです。
この日も本業の絡みからビッグサイトへ行かざるを得ず、仕方なし風を装いながら嬉々として新橋駅で途中下車をするのです。

20171011_002
麻婆豆腐定食。
お櫃で出されるご飯を茶碗にイチイチよそうのも面倒ですし、ランチタイム終盤の時間帯とあって他にお客さんもいなかった
ことからダイレクトお櫃でモリモリ食べます。もしかしたらお櫃でお代わりもいけたかもしれませんが自重しちゃいました。
たいへんおいしゅうございました。

20171011_003
スープ、餃子、杏仁豆腐。
お櫃お代わりを断念したので取り放題、食べ放題の餃子を食べまくります。最後に別腹と杏仁豆腐もお代わりしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

訪れる回数の少なさから安定の麻婆豆腐定食をつい頼んでしまい、麻婆豆腐以外になかなか手を出せていません。
もう少し新橋へ行く用事を無理矢理にでもデッチ上げる必要もありそうです。

検討課題
・駅前で将棋をさしてみる
・夜の新橋を満喫しちゃう

«バンダイ MECHA COLLECTION 仮面ライダーシリーズ #02 ハリケーン