2018年2月19日 (月)

青森ツアー 2018 2日目

2018年2月9日、天気予報には3月下旬の気温になると書かれており、出発前からグンニャリしちゃいます。

Blue2_01
この気温では雪も融けだすと考えられ、今日はおそらくラッセル車の出場は無いだろうと早々に判断します。
ということで数年来こちらに来ていながら、これまで真剣に撮る対象にしてこなかった普通電車を撮ることにします。

Blue2_02
弘南鉄道といえばこの看板。電車に近づくことは死と隣り合わせだと子供の頃から徹底的に繰り返し教育しておくべきです。

Blue2_03
ウォーズマンって知ってる? そんなことを聞きたくなる氷柱。でも氷柱が伸びるってのは寒くないって証左なんだよな。

Blue2_04
この日は道の駅いなかだての弥生の里周辺において翌日から催される「冬の田んぼアート2018」のためのスノーアートを
製作していて、その製作風景を弥生の里展望所から見学できました。見晴らしの展望所からは弘南線田舎館駅から尾上
高校前までの区間を撮影範囲に収めることができ、ときおり吹いてくる寒風にさらされながらしばし撮影に没頭します。

Blue2_05
そんなこんなで早めに切り上げ、飲んだくれタイムに突入です。
弘前市内の蓬莱橋から南にある中央弘前駅に停車中の普通電車をそれっぽい夜景な感じで酔った状態で撮ります。

Blue2_06
だから弘前市に設置されてる融雪剤入れだよ。それ以外に何に見えるんだ? 今日も今日とてやさぐれます。

検討課題
・寒いときは電池の消耗具合を常に確認する
・誰かの本当の顔を喝破する

2018年2月18日 (日)

株式会社鳴海醸造店 こみせ 純米大吟醸

黒石駅近くの中町こみせ通りにある創業200年を超える酒造メーカー、株式会社鳴海醸造店に立ち寄ります。

20180218_01
立ち寄った際、いくつかのお酒を試飲する機会に恵まれます。そのなかで試飲の対象になっていなかったお酒を購入します。
少しだけ冷やしてから飲んでみようと思います。

さらに買います。

20180218_02
株式会社鳴海醸造店 稲村屋文四郎 純米大吟醸 / 大吟醸
菊乃井を製造する鳴海醸造店にとって忘れてはいけないのが稲村屋文四郎シリーズです。大吟醸の稲村屋文四郎は試飲
することができましたが、直前に試飲したお酒がパンチの効いた風味だったこともあり、味を確かめるためにと300mlの小瓶
タイプを購入します。小瓶セットにしたのは、なかなか飲めない稲村屋文四郎を手軽に楽しみたかったからです。

20180218_03
上記の小瓶2本セットは菊乃井の名前の印刷された甚吉袋に収納されていました。

さらに買います。

20180218_04
菊乃井 上撰カップ酒
諸般の事情から昨年11月に生産を終え、終売となってしまった菊乃井のワンカップも記念込みで購入します。
開けるのがもったいないような、空けてしまうのももったいないような。それも味わって飲むことにしたいと思います。

検討課題
・銘柄の印刷されたワンカップは捨てない
・いつか稲村屋文四郎を一升瓶で買う

2018年2月17日 (土)

炭火やきとり 吟 中央弘前

店舗は弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅から北へ向かった新鍛冶町「かくみ小路」と呼ばれる飲食店街のなかにあります。

20180217_01
入口ドアは引き戸です。酔った勢いのまま取っ手を握りしめ押したり引いたりしてもドアは開きません。ご注意ください。

20180217_02
生ビール。
ようやく生ビール。飲みたくて飲みたくて仕方なかった生ビール。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_03
お通し。
パスタとコンニャク。食べたくて食べたくて仕方なかったお通し。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_04
キャベツ。
注文時に味噌と塩ダレのいずれかを選べます。素人は知らず、きっと味噌の仕込みは大変なことなのでしょう。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_05
玉旭 ECHOES。
富山県にある玉旭酒造有限会社の玉旭 ECHOES 酒母搾り 純米生原酒というお酒。独特の酸味を感じるお酒です。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_06
焼き鳥。
せっかく焼き鳥屋さんに来たことですし、メニューを見ながらイロイロ頼んでみます。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_07
豊盃 ん。
青森県の三浦酒造株式会社のお酒。青森に来たら豊盃を飲まずにいられません。なので見つけたらそそくさと飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_08
だし巻き玉子。
出汁がダダモレになるジューシー&ウェットなタイプとは違うハード&ドライな玉子焼き。
たいへんおいしゅうございました。

20180217_09
開店して間もない時間帯なら空いており、ゆっくり飲めると思っていましたが思惑は大きく外れます。店内は先客1組が
既に飲んでいる状況ながら入店後5分以上放置され、声をかけようやくビールを配膳してくださったのは10分以上経過
してから。さらに10分近く経過後、思いだしたようにお通しが配膳されます。注文した料理の最初にでてきたキャベツは
そこからさらにしばらく経ってからでした。ここはそういうシステムなんだろうと無理矢理納得しておくことにします。

先客が会計を済ませた後、キャベツをムシムシ食べていて気付きます。持ち帰り用の焼き鳥を受け取りに来られる方が
ひっきりなしにやって来るということ。なるほど忙しいわけです。入店後30分ほど手持ち無沙汰を味わうことになりました。

検討課題
・忙しそうならむしろ手伝っちゃう
・それもおもてなしだと割り切る

2018年2月16日 (金)

大十食堂 津軽尾上

店舗は弘南鉄道弘南線 津軽尾上駅から東へ200mほど移動し、県道13号を400m北上した交差点角にあります。

20180216_01
訪れたのは昼時とあって第二駐車場まで来客の車でいっぱい。寒いですから温かいものを食べたくなってしまうのです。
他にいた地元のお客さんの多くが焼きそばを注文しています。気になりながらも汁物のラーメンを優先してしまいます。

20180216_02
もやしラーメンとミニチャーハン。
麺類メニューに200円支払うことで小盛りの米飯を追加できるBセットからの組み合わせ。昼ご飯はゴッツリです。
店舗のあるのは平川市ですから使われるもやしは大鰐温泉もやしではなく、通常のもやしをノッサリと盛っています。
麺は太麺。もやしの他、メンマとナルト、豚バラ肉の小片などが盛られています。
たいへんおいしゅうございました。

これだけじゃアレです。ということでラーメン繋がり。

中みそ 中央弘前

店舗は弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅から北へ向かった中三弘前店のデパチカフードコート内にあります。

20180216_03
現在のメニューはみそラーメンと、ピリ辛味噌ラーメンの2種。それぞれ盛りの異なる3サイズと潔さが光ります。
休日昼時の混雑は尋常ではなく、注文を済ませると番号札を渡され出来上がりを呼ばれるまで暫し待ちます。

20180216_04
みそラーメン(中)。
3サイズ、大中小とあるなかの普通盛りに相当するのが中盛り。とりあえずラー油をタラッと適当に垂らしておきます。
麺は太麺。もやしの他、キャベツと玉ねぎ、ひき肉などが盛られています。野菜たっぷりです。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ラーメンは1日1杯まで
・都内の有名なラーメン店に行ってみる

2018年2月15日 (木)

青森ツアー 2018 1日目

2018年2月8日、前日夕方までの降雪から始発前除雪実施の可能性を考え、少し早めに目的地へ向け出発します。
真夜中の東北自動車道は想像していたよりも路上の雪は少なく、激しい降雪により甚大な被害に見舞われたのは
日本海沿岸部でも南部の地域。秋田から新潟、そして福井にかけてであり、青森は蚊帳の外っぽい感じのようです。
チョッピリ不安なまま今年の青森ツアー2018はスタートします。

Blue1_01
0505、早朝の大鰐温泉駅。まだ真っ暗な日の出前。現地に着いて初めに行うべきはパンタチェックです。

Blue1_02
0510、大鰐線 大鰐駅では始発前下げパンタ。せっかくだしED221のパンタをビンビンにしてよと思ってしまいます。

Blue1_03
0600、弘南線 黒石駅に留め置かれたED333も下げパンタ。もしかして不安的中?作戦会議のため朝食タイムです。

Blue1_04
0940、大鰐温泉駅では下げパンタを維持し、午前の除雪作業に向けての準備は行われていません。
この後、黒石駅でも午前の除雪作業は行われないことを確認し、昼食後に再度、大鰐温泉駅と黒石駅の状況確認を
行うも、結果的にこの日は除雪作業を行われないことを再確認させられただけでした。もうガッカリンコです。

Blue1_05
気を取り直して現地のホームセンターへ立ち寄ります。店内のレジャー・スポーツ用品売場で「ソレ」を見つけます。
どうですか、この豊富な個人用除雪用品の充実っぷりは!何をしに青森へきたのか、目的をしばし忘れるほどです。

Blue1_06
先日の降雪で腰を痛めたことから、肉体への負担の少なそうな「雪突き」道具を見繕います。
雪国っぽい東北で購入することでなんとなく本場モノっぽい感じもし、まだ未使用ながら満足感を得ます。

Blue1_07
すべきことを見失ったことから黒石の「中町こみせ通り」をブラつき、まんまと日本酒を買っちゃったりします。

Blue1_08
チッ、弘前市の市章だよ。初日はスカだったこともあり少々やさぐれます。

この項、しばらく続きます。

検討課題
・現地調達を旨とする
・たまに毒づく

2018年2月14日 (水)

2001

さて、これといった新展開もなくヌルヌルと続くわけです。
当初の1000回連続更新、そして休みながらの2000回を達成したことから、これをそのまま継続するのは惰性のように
なってきてる感じもしたりしなかったります。飲んでばかりの記事の多さは自覚しているんです。現実逃避と笑ってください。

20180214
基本的に奇数日を中心に更新していくことは変えずにおこうと考えます。
推敲と校正の時間的余裕を確保するために、
これまで通りイベント報告などの速報性は無視し、10日前後のタイムラグは維持することも変えないでおきます。

掲載する文章や画像による無用な何かを可能な限り避けるためにも、この時間的余裕は今後とも必要だとも考えます。

画像は昨日に引き続き、ナカナカ役に立たないアイテムに輝く未来を約束するかのような「1」を追加してお茶を濁します。

原材料不明の得体の知れない饅頭だって手渡されれば頬張る意気込みのようなものを感じ取っていただければ幸いです。
文章に若干の既視感を感じても、気のせいだよと軽く流すのが大人の嗜み。

検討課題

・とりあえず3000を目指してみる

・続けることだけが目的じゃないと言い聞かせる

2018年2月13日 (火)

2000

あらら、あららと言っていたら2000回。
先達の阿闍梨どのを見倣い、なんの考えも無く1000回を達成したのち、深く考えることも無くいつの間にやら2000回。
全くもって驚いてしまいます。やはり自分はやればできる子だったのか?と知命を目前に控えてようやく実感するのです。

2000
今後も特段なに考えることなど無く、もう少しこのままのダラダラとした感じでとりあえず続けていってみようと思います。
迷走とダッチロール、無為と不安定を基本とすることだけは堅持しておきたいとも考えます。

画像は2000にまつわる適当なモノとして、コンビニで使おうものなら年若い店員さんから偽札だ!と指摘されたりもする

ナカナカ役に立たないアイテムを用いることでお茶を濁しておきます。文章に若干の既視感を感じるのは気のせい。

検討課題

・次の目的のようなモノを探す

・続けることは大切なことと知る

2018年2月12日 (月)

amt/Round2 1/25 King Cobra

キット付属のゴムタイヤに残る盛大なバリを丁寧に除去し、処理するのは面倒なことです。どうにかして楽したいのです。

Cobra_301
なんだか分からないイロイロを無秩序に放り込み、普段なら開けることの無い箱を仕方なしに開け発掘作業を行います。
怪我をする可能性もあるので軍手を装着してから箱をまさぐり、引きずりだしのはアリイ社が別売していたタイヤセット。
マイクロエースじゃないのかよ。なんとも来歴不明ながら、キット付属品より遥かに良質なのでこちらを使うことにします。

Cobra_302
軽くあてがってみます。
前輪はキット付属のタイヤとほぼ同サイズ。もう少し、というかもっと派手に前のめりになるように調整したくなります。
後輪はいい感じでハミ出しています。車体に納めようと思うとナローデフ化は楽勝でも、タイヤハウスの拡張工作をする
必要が生じます。トランクルームやらバルクヘッドなどと併せての工作になるため面倒です。ハミ出しっ放しでOKです。

併せてフロントグリル横に開くオーバーライダー取り付け用の穴を「黒い怪物を製作する巨匠」さまよりいただいた貴重な
アドバイスに従い伸ばしランナーを突っ込んだり、性懲りも無くラッカーパテをなすりつけたりしながから塞いでおきます。

Cobra_303
さらに前輪を小径化します。タイヤサイズとホイールアーチが揃っていません。頭の悪さを醸していてイイ感じです。
ホイールのデザインが前後で異なるのは気にしないことにします。よくあることです。よくあることなんですよ。たぶん。

どさくさに紛れてモノポスト化もしておきます。
助手席を取り付けるのは面倒ですし、開口部を狭めることで手抜きもできると浅はかなことを思いついたからです。

もう少しボディをサスサスします。

検討課題
・ロールバーの取り回しを考えておく
・灯火類をどうするか考えておく

2018年2月11日 (日)

カドハチ 神田店 神田

店舗は神田駅北口から西側の線路沿いを神田駅南口へと向かって歩く途中の場所にあります。

18021101
意地汚さを隠しながら前回の検討課題を果たしておこうと企み、思いがけず短いスパンで飲みに行ってしまいます。

18021102
メガ角ハイボール 小吉。
小吉とはなんぞや。注文時におみくじを引き、引き当てた内容によって値段が変わる趣向のようです。
たいへんおいしゅうございました。

18021103
テーブルに置かれたキャンペーンの案内。
これですよ、酔っ払いを翻弄する運試し。その確率は明らかにされていませんが、酔っ払いなら盛り上がること請け合い。

18021104
串焼き盛り合わせ。
画像は5本セットの二人前分。皿に盛られた辛味噌を付けたり、テーブルに置かれた七味唐辛子をブッかけながら食べます。
たいへんおいしゅうございました。

18021105
鉄火巻。
画像の細巻きの他、手巻きタイプも注文時に選べます。ワサビは別盛りになっています。
たいへんおいしゅうございました。

18021106
店員さんの背中をネットリと見入ります。素早く動く店員さんの背中の表示は、少し酔った状態ではナカナカ視線が定まらず
はじめは何と書いてあるのか判りませんでした。ただ、書かれていた内容には興味を持ったので注文をしておきます。

18021107
焼きネギと豆腐の揚げ出汁。
その名の通り豆腐丸ごと一丁と焼きネギ。海苔も散らされ汁もいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

18021108
メガ角ハイボール 中吉。
結局この日は大吉を引き当てること叶わず。また行って、次こそは大吉を引いてやるという気持ちにさせてくれます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・おでんも食べる
・くじ運の悪さは生まれつきと諦める

2018年2月10日 (土)

東屋 上野

店舗は上野駅広小路口から上野御徒町中央通り(中央通りではありません)を御徒町駅方面へ南下した場所にあります。

2018021001
美味しい日本酒を多数取り揃える居酒屋として利用する機会も多かったりします。
ただ、その美味しい日本酒のラインナップはドンドン変わっていくため、さらに足繁く通う必要に迫られたりもします。

2018021002
九頭竜 純米。
福井県の黒龍酒造株式会社のお酒。以前、両国で飲んだお酒と作っているところが同じと気づきます。
たいへんおいしゅうございました。

2018021003
自家製つくね。
黄身をたっぷり付け、濃いめの味にしてからいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

2018021004
パインサワー。
甘いお酒です。口の周りをベタベタにしながら飲みきります。
たいへんおいしゅうございました。

2018021005
グラタンコロッケ。
揚げたてです。アツアツのホフホフです。手書きメニューに潜む魅力的なおつまみは率先して注文しないといけません。
たいへんおいしゅうございました。

お酒と肴のラインナップは多く、メニューを見てると目移りしてしまいます。
入店前に店頭に置かれた黒板を熟読し、しっかり作戦の立案してから飲み始めることにしたいといつも考え、忘れます。

検討課題
・昼からカウンター席に陣取る
・2階席に案内されたらジックリ飲んじゃう

«駿河屋賀兵衛 秋葉原