2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

2018年7月19日 (木)

starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968

何もかもを諦めて完成させることだけを目標に据え製作を続けます。

Torino_91
内装をツヤ消し黒でベットリ塗りたくります。ツヤ消し黒さえ塗っておけば、だいたいのことはどうにかなるってもんです。

Torino_92
ある意味メインイベント。ここをどうにかできるかで完成度は大きく違ってくると思います。
ハセガワ社製 「曲面追従金属光沢シート」 ミラーフィニッシュを貼り込もうとしますが上手くいくはずなんてありません。
何度か貼ったり剥がしたり、シワを伸ばしたり伸ばしすぎて引き裂いたりと如何ともしがたい気分を味わいます。

俺にはまだ早かったのか? 果たして何が早いのかも分からぬまま、そんな不安な気持ちにさえなってきます。

Torino_93
今回のトリノ・コブラはフロントグリル内の凹凸も大きく、前後バンパー角部の曲率も小さいことから金属光沢シートを
貼り込んでいくとを断念し、適当に銀色に塗って自分を納得させようと思います。悔しいことです。断腸の思いです。
決して解決策を見いだせず、面倒になったからということではないんです。戦略的撤退でもなく、転進というやつです。

検討課題
・金属表現部分の別パーツ化を考える
・塗装後に擦るタイプの塗料も使ってみる

2018年7月18日 (水)

居酒屋 伸 新宿

店舗は新宿駅北側の一角を占めるワンダーランドのにあります。

20180718_001
懸案事項ということでもなく、とりあえずの確認もできたことから安堵し、かいた汗を補充するためにピットインします。

20180718_002
生ビールとお通し。
こんなヤル気のかけらさえ認められないお通しでも有料とするから、外国人観光客から要らぬ文句を付けられることに
なるんじゃないかと思ったりするのです。いっそのこと席料○○円でいいじゃないですか。そんなことを考えてしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

20180718_003
ウィンナー焼き。
惜しい!焦げ目たっぷりの赤いウィンナーなら完璧なのに。
たいへんおいしゅうございました。

20180718_004
ししとう焼き。
盛り合わせ以外の単品串焼きは2本から注文可能とのことですので、野菜のラインナップからシシトウを注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20180718_005
つくね。
軟骨も混入するタイプのつくね。噛んでるとコリコリした歯触りを感じます。
たいへんおいしゅうございました。

会計はいつも通りキッチリキッチリ。ただ、日本語での会話はかなり不自由を感じなくなっていました。

検討課題
・長居しない
・はしごを楽しむ

2018年7月17日 (火)

新宿三丁目から新宿

2018年6月24日、その約一週間前に某所で気になる文章を拝読し、暑いさなか新宿まで出掛けます。

20180717_001
今から10年ほど前まで勤務地は中野にあり、しかも中野といっても青梅街道沿いだったことから丸ノ内線を利用する
ことが主でした。そんな勤務環境のなか画材を買いに行く、印画紙出力を受け取りに行く、クロマティックを発注する、
本業絡みの打ち合わせ込みで新宿三丁目という場所は頻繁に訪れる場所でもありました。

特にこの地下飲食店街の並ぶ出口から地上に出れば「さくらやホビー館」もあり、よくフラフラしていました。
打ち合わせの時刻より早めに会社を出てカレーを飲んだり、打ち合わせ後に会社に戻らず直帰といって酒処に居座る。
さらに三平のゲーセンで、台の向こうに座る見知らぬ人に心ゆくまでザンギエフのスクリュードライバーをお見舞いする。
今に繋がるダメリーマンをかたち作る揺りかごのような街だったわけです。

ひとまず地下飲食店街に大幅な変更は確認できなかったことから一安心し、どこかで一休みしようと考えます。

20180717_002
大ガード下の注意書き。やっぱり日本語だけじゃ伝わらないんですよ、多言語対応しなきゃですよ。

20180717_003
小学校の6年間、誰かを殴る武器となり、誰かから身を守る防具ともなるランドセル。戦い終われば椅子にもなるし、
気が向けば教科書を入れたり、給食のパンをしまったままにしカビさせることもできるランドセルがこのお値段!
その多様な使い途を考えると、日々の通勤に重いビジネスバッグを抱えていることなんて馬鹿らしくなってきます。
派手な色合いの多機能ランドセル背負って通勤するか真剣に考えようかと。

20180717_004
そのランドセルを売っていたのはヨドバシカメラのトラベル館。なるほど小旅行にも最適なランドセルか。

20180717_005
くだらないことを考えつつ西口までグルッと一回りし、バスに乗ってどこかに行きたい気持ちを揉んでから帰宅します。

検討課題
・ピヨッたらとにかくボタン連打
・タイガーアパカに注意する

2018年7月15日 (日)

starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968

失敗を積み重ね、ちょっとやそっとのレタッチごときでは誤魔化しきれない状態になりながらも製作を続けます。

Torino_81
この期に及んでも塗ったり、削ったりを繰り返した後、再度クリアを吹き付けます。もうこれで勘弁してくださいよ。

Torino_82
リアスポをどうにかするのを忘れていました。入手時点でリアスポに相当するエッチングパーツは用意されていなかった
ことから、実車資料など見つつリアスポ無しの可能性を探ってみます。それはもう血眼になって本気で探しまくります。
その結果、市販車ではリアスポ無しも確認できましたが、今回製作中のレース用車両ではリアスポ無しは存在しないと
いうこと。さらに1968年の#17は確実にリアスポ無しじゃないということ。リアスポを再建しないといけません。

Torino_83
プラバンから切り出すのも面倒ですから、他のトリノ・コブラからエッチングパーツを拝借します。共食いプレイです。
さらにエアブラシを起動させるのも面倒ですからクレオス社 #9 ゴールドを手っ取り早く吹き付けてみます。
吹いてみて分かります。クレオス社の金色は、青金ではなく赤金であるということ。楽したつもりが超骨折り損ですよ。

Torino_84
結局、青金を吹き付けます。上手くいかないもんです。

検討課題
・模型の神様に見られていることを意識する
・それでも楽することだけを考えて作る

2018年7月14日 (土)

ほまれ酒造有限会社 苺にごり酒

先日、旧熱塩駅へ行った際に通りかかった喜多方で寄り道をしてお酒を購入します。

20180714
ほまれ酒造といえば会津ほまれや雲嶺庵、そして唐橋ユミ氏なわけですが、物珍しさもあって苺にごり酒を手に取ります。
アルコール度数は8%と低く、甘酸っぱい飲み口から酒の肴の選択に迷いながらも、迷ってるうちに完飲しちゃってます。

検討課題
・次は吟醸酒を買ってみる
・手当たり次第試飲する

2018年7月13日 (金)

笹祝酒造有限会社 笹祝 新潟印普通酒

先日、旧月潟駅へ行った際に見かけた飲食店の袖看板などに書かれていた銘柄のお酒を購入します。

20180713
立ち寄った酒販店で取り扱いを伺うと、こちらを冷蔵庫から取り出してくださいます。
300ml瓶。透明樹脂製のお猪口も付属され、はしたなくラッパ飲みしないで済む親切設計です。
地元で愛されるお酒とあって、すぐに飲みきってしまう美味しさです。

検討課題
・次はワンカップも買っておく
・知らない地酒は飲んでみる

2018年7月12日 (木)

木下酒造有限会社 玉川 純米吟醸 Ice Breaker

友人からお酒をいただきます。それも季節限定のなかなか入手することさえ難しいお酒です。
友人には珍しいお酒を譲っていただき感謝しかありません。なので思い切りよく飲みきってしまおうと思うのです。

20180712
冷やして、ロックで、そんな風にして飲むと美味しいと教えてもらいます。いわゆる「冷や」ではなく「冷酒」状態です。
とりあえず冷蔵庫にいれよく冷やし、氷も買ってきてから飲んでみることにします。オンザロックにすると氷の溶けるに
従い、そのお酒の濃さも刻一刻と変化していきます。その変化は夏とあって目まぐるしく変わっていきます。
自分の美味しいと感じる濃さを探すためグビグビ飲み干します。はて、なにを探していたんだっけと振り返ります。

そんなこんなで転がる空瓶を見つめながらの感謝感謝でございます。ありがとうございます。

検討課題
・ありがたく飲み干す
・ロックアイスを常備する

2018年7月11日 (水)

starter FORD THUNDERBIRD CHAMPION 1988

意を決してシンナー風呂。もはや逃れられないシンナー風呂芸。サッパリしたことで心機一転でもなく製作を続けます。

T_bird_51
まず白を塗ります。

今回から愛用の鉄道カラー #37 東武ホワイトの使用を当面のあいだ封印します。鉄道カラー自体に問題があるとは
思ってはいません。同時に使用したソフト99のクリアにも問題は無いと思っています。ただ、ライレールノーに対して
鉄道カラーとソフト99のクリアの組み合わせの相性が良くなかったことは、塗膜のガビガビ状態から明らかと思います。

よって、解決策を見いだせず、デカール貼付後に失敗する可能性をできるだけ低くするため、ガイアカラーを用います。
今回、白はガイアノーツ社製 #001 ピュアホワイトを塗っています。ここまではいい。

T_bird_52
白く残したい部分をマスキングします。失敗してるかもしれない気分を実感しつつ、ここまでもいい。

T_bird_53
赤を吹きます。特に「BMWに着手した巨匠」さまよりいただいたアドバイスに沿い、上記の通りガイアノーツ社固めで
塗装しようと考えます。ということで、使った赤は#003 ブライトレッド。とまぁ、概ねここまではよかったんですよ。

T_bird_54
脳内でドラムロールを轟かせながらマスキングテープを剥がします。ある意味順調なんじゃないでしょうか。
安定のお漏らしです。やっぱりこうでなくちゃ、そんな感じです。もはやお家芸、お漏らし芸でございます。

T_bird_55
白を塗り直し、フレッシュな塗装面になっただけ善しとしようと思います。

全く進歩の兆しを見せないまま、もうこのままどうにかしていこうと投げやりモデリングを究めます。

検討課題
・先々の問題点は考えない
・塗装した直線デカールを活用してみる

2018年7月10日 (火)

starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968

タッチアップも何となく上手くいったような気もするので、そのまま製作を続けます。

Torino_71
もう一度、ソフト99のクリアをブシャーっと、それはそれは盛大にブシャーっと吹き付けます。

Torino_72
吹き付けすぎたよ。
エッジ部の金色が流れ出してしまっています。なんと申しましょうか、これが「流出もの」かと感想を抱きます。

Torino_73
軽く磨いたら、磨きすぎてボンネット先端の突出部からレジンの黄色がコンニチワしてしまいました。もはや案の定です。

失敗を繰り返しているため思うように製作も進みません。それもこれも、なにもかもが自らの粗忽さ、適当さに起因して
いるといえ、重ね重ね学習能力の無さと、技術の蓄積のでき無さ加減にゲンナリしてしまうのです。

検討課題
・ひとまずカタチにしてみる
・失敗の量を霞が関ビルで換算する

2018年7月 9日 (月)

北千住駅

日々の通勤の行き帰りに北千住駅を乗り換えなどに利用しています。
四半世紀近く前に行われた駅コンコースの大改修により、東武線ホームは1階、日比谷線ホームは3階へと分離されました。
それによりラッシュ時に東武線から日比谷線にフライングボディアタックをかましながらの乗り換えはできなくなりましたが、
2階コンコースに喫茶店や飲食店などのテナントも呼び込み、すぐに家に帰りたくないときの時間つぶしも容易になりました。

唯一、不満を述べさせていただくなら超特急スペーシアに乗車するための専用ホームを分離し、整備していないこと。
線路の配置、つくばエクスプレスやJR常磐線など他社路線との複雑な絡みもあって難しいことは重々承知のうえのことです。
始発駅である浅草駅から超特急スペーシアに乗り込むことを考えれば、そして春日部駅で乗ることに比べると北千住駅の
それは整備されている方と言っても過言では無いとも思ったりもします。乗れてしまえばどうでもいいことかもしれません。

20180709
今年に入ってからか、東武線のホームなどでチャカポコとした感じのイージーリスニングが垂れ流され始めました。
個人的にはこれがなかなか良いと思ったりしています。仕事する振りをしきって疲れた体にとても心地よいのです。
聴こうと思って意識すれば何の曲か分かる程度の音量と、聴いたところで誰も忌避感を覚えなさそうな選曲が素晴らしい。
今から30年ほど前、朝ラッシュ時の秋葉原駅に大音量で鳴り響いていたロッキーのテーマを聴かされたときは、そのまま
家に帰りたくなったものです。どういう選曲だったのかは分かりませんが、長続きしなかったことはしっかり覚えています。

唯一と下記ながら不満に思ってることがもう1点ありました。
1階の東武線ホームに林立する太い柱です。あれだけの建築物、そして電車と駅利用者を支える柱ですから太いんです。
どれくらい太いかといえば、ラッシュ時にホームを歩いて移動することさえ困難になるくらいです。それくらい太いんです。
どうにかできるとは思えません。遠い将来に行われるかもしれない次の駅舎大改修において、ホームに林立する太い柱の
群れが無くなり、ホーム上の移動も容易になればいいなと願望を書き記しておきましょう。俺が生きてる間にゃ無理か。

画像は北千住駅2階コンコースのトイレ前に設置された穴あきパネル。何故、トイレ前に設置したのやら。

検討課題
・歌うならベサメムーチョ
・踊るならセレソローサ

«ねんどろ