2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

2017年6月23日 (金)

台北苑 神田 麻婆豆腐

店舗は神田駅南口から竜閑橋交差点に向かう途中、ちょっと路地に入った場所にあります。提灯など派手な店舗外観です。

20170623_001
辛くて痺れる麻婆豆腐を食べたいと考え、周辺の店で手軽に済まそうと考えますが、暑くて歩くのも億劫になり、
駅近くの店に飛び込んでしまいます。ただ、過去には駅近くで簡単にし、自らの選択を呪うことも多々ありました。

20170623_002
生ビール。
そんなことは飲んで忘れる。暑いんだからまずビール。小皿に盛られたシナチクも付きます。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_003
腸詰。
花びらのように盛りつけられた独特の甘さのあるソーセージ。提供までに時間のかからないつまみとして最良です。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_004
水餃子。
ひとつ食べてから醤油と辣油をかけまわし味の調節をします。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_005
ハイボール。
ジンビームのジョッキですが角ハイボールです。ビールを数杯飲んだ後、ハイボールに切り替えます。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_006
麻婆豆腐。
味付けは甘辛く、痺れることはありません。店名を見れば重慶方面の要素は皆無であることは容易に想像できます。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_007
チャーハン。
ご飯の上に胡椒をタップリ振りかけ、さらに麻婆豆腐をかけ回してから食べて〆とします。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・たまには小籠包のみでどうにかする
・自分好みの担仔麺を探しだす

2017年6月22日 (木)

ガッカリしたりチャンスを待ったり

神田駅の柱に貼られたポスターに興味を持ちます。神田駅北口、銀座線への乗換口付近に新しくできた飲食店です。
ポスター下方に小さく「定休日:土・日・祝日」と書かれており、自分には、なかなか訪れる機会は巡ってこないということに
少しばかりガッカリします。どうにかして昼休みの自主的延長や、開き直って職務放棄をしちゃうとか画策したくなります。

20170622_001
調べてみると、食堂車のカツカレーをメニューに用意しています。自分にとってはガキの頃に食べた思い出の味です。
JR東管内ということもあり、東海道新幹線の浜松駅あたりから提供されていた鰻重はメニューに無く、残念に思います。

なかなか行けなさそう、自分の食べたい全ては望めなさそう。ということで気持ちを切り替えるために飲んでおきます。

20170622_002
オマケ欲しさに買うでもなく、オマケのために義務的に飲むでもなく、特急「つばさ」を手に入れられて満足します。

検討課題
・販売促進にまんまと嵌まっても後悔しない
・今ならヘパリーゼを飲みまくっておく

2017年6月21日 (水)

GAFFE Espace Mokricki Blue Valley Paris Dakar 1989

やる気も無いまま製作を続けます。

20170621_001
グリルをシコシコし、窓周辺のパーティングラインもシコシコします。シコシコしすぎて左Bピラーを砕きます。

20170621_002
以前、ターレットを製作した際に使った茶色が残っていたので、内装部分に吹きつけておきます。市販車丸出しです。

20170621_003
キット同梱の小部品。レーシングカーを匂わす部品は、ホイールと牽引フック、助手席側のフットプレート程度です。

20170621_004
製作放棄したキットから内装をでっち上げるための部品を拝借します。見える範囲くらいは、それっぽくします。

20170621_005
模型製作のためにシコシコするのはいかがなものかと、手を抜けるものなら徹底的にヌキヌキするため、在庫の中から
JPS社のエスパスを発掘します。後部窓を白く塗れば大丈夫だろうと、両者の比較をしないまま安易に考えていましたが、
実際に並べてみると細部の違いの多さを突きつけられます。手を抜く邪な目論見はあっさり瓦解することになります。

自らの浅はかさを見透かされたまま製作を続けます。

検討課題
・手を抜くことばかり考えない
・力を抜いて作ることが大切

2017年6月19日 (月)

FineMolds 1/35 GIRLS und PANZER サンダース大学付属高校 M4シャーマン75mm砲搭載型

常日頃、私はお天道様の下でも大手を振って歩くことができるようにと、真人間のフリをしながら生きています。

誰かに後ろ指を差されることもなく、官憲に艪櫂の果てまで追い回されることも無い生活を送ることを心がけています。

日々、僅かずつであっても積み重ねてきた善行のようなものは、時として突然に自分の元に舞い戻ってきたりします。

そしてそれは、KITACの台に座り数ゲームの後、レバーを叩いてもスタート音が鳴らないときくらいの驚きを私に与えます。

皆様いかがお過ごしでしょうか、既視感を覚えつつ順調に意味不明ながら私は今日も元気に暮らしているようです。

20170619_001
2017年5月24日、上野の裏路地にある居酒屋において「トソメシブーム到来中の巨匠」さまより紙袋をあずかります。
紙袋の中の堅牢な段ボール箱に収納されながらも燦然と輝きを放っていたのはこちら。ありがたくて涙が溢れてきます。

いろいろあって静岡で見たばかりの珠玉の名品を、何と再びいただいてしまいました!ホントウニヨロシイノデスカ?

20170619_002
もちろん、入手に当たっては特殊な交渉術を用いています。その交渉方法は極秘事項のため詳細は秘密になっています。
以前、船を乗り込んでまで偵察に行ったサンダース大学付属高校のM4とあって、秋山殿も颯爽とバイクで駆けつけます。

20170619_003
ねんどろⅣ号戦車がどこかに埋もれてしまっているので、手近にあったCV33、T-34/85と並べ、その雄姿を確認します。

20170619_004
どうです、この揃い踏み。短い人生の幸運はこうやって使うべきなのですよ。
デモドリさまには重ね重ね感謝申し上げます。ありがとうございます。間違いのないよう保管、鑑賞させていただきます。

検討課題

・TigerIとBT-42のねんどろ確保に蠢動する

・そんなことより自分の金色の製作を再開しろ

2017年6月18日 (日)

大木大吉本店 自然郷 磨き伍○% 純米大吟醸

福島空港で合流した別の友人から矢吹駅近くにある酒蔵の情報を聞きつけ、帰路に立ち寄り吟味します。

20170618_001
数種類あるなかから僅かに喉に引っかかる感じを残す磨き50%を選び購入します。
これ以上磨いてあるお酒は、飲み口の良さから一気に飲みきってしまう可能性が非常に高いと判断し購入を見送ります。

大木大吉本店 自然郷 ヨーグルト酒 ポンカン

20170618_002
ヨーグルトの酸味と、柑橘の甘みを楽しめます。
欲しいと思った500mlは人気のため品切れ。飲みきりサイズの300mlを購入します。

ダラッと続いた福島関連の項はこれにておしまい。

検討課題
・試飲できるときは試飲しておく
・試飲で泥酔しようと努々思わない

2017年6月17日 (土)

玉ちゃん食堂 泉郷

店舗は水郡線、泉郷駅から福島空港へと向かう県道208号線沿い、ボートピア玉川の施設内にあります。
最寄りの鉄道駅として泉郷駅を記していますが、県道208号線を使わない最短距離でも駅から約3.1kmの距離となります。

20170617_001
いわゆる「ギャンブル飯」です。ここでなら勝った人にも、勝てなかった人にも等しく温かい食事等を提供してくれます。
浅草や錦糸町ではその勝負の結果を残酷なまでの格差として見せつけ、ある者は昼から寿司屋へ繰り出し、ある者は
立ったまま缶チューハイを呷っていたりします。諸行無常、帰りの電車賃まで突っ込むようになったら駄目なのですよ。

20170617_002
からあげ丼。
ご飯の上に玉子とじした唐揚げを乗せ、刻み海苔を散らしています。味噌汁と漬物がセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

20170617_003
焼きそば。
サイドメニューとして用意されていたので食べます。屋台のそれとは異なり、ちゃんと肉も混入した焼きそばです。
たいへんおいしゅうございました。

福島空港での撮影のおり、昼食を食べる場所を探す過程で気まぐれに入店してみました。
調子に乗って各地のギャンブル飯を探訪してみたくなります。

検討課題
・最新の投票権購入方法を会得する
・殺伐とした現場の雰囲気を味わう

2017年6月16日 (金)

BREITLING DC-3 WORLD TOUR Fukushima

2017年5月27日、福島空港において「BREITLING」のカラーリングを施されたDC-3が飛行するというので見学に行きます。
震災復興の理念の元、福島〜神戸〜熊本を巡る飛行計画があり、近場で見ることのできる福島へと馳せ参じたわけです。

20170616_001
0700、福島空港に駐機するDC-3。
小雨のせいもあってヌレヌレです。飛んでくれるのか不安になります。

20170616_002
0955、エンジン始動。
片側ずつプロペラを回します。エンジン始動時、バフン!と排出される白煙を期待しますが、おそろしく整備の行き届いた
このDC-3は白煙を撒き散らすこと無く、あまりにもスムーズに始動、エンジン音のバラつきもなく暖機運転を行います。

20170616_003
離陸するDC-3。
手ブレにビビッてシャッタースピードを鬼にした結果、プロペラの静止した状態での飛行風景となっています。

20170616_004
水平飛行をするDC-3。
曇天曇天また曇天。ここでもしっかりプロペラは止まっています。

20170616_005
着陸姿勢をとるDC-3。
主脚を下ろし始め、着陸姿勢をとります。エンジンカットをしたわけでもなく、ここでもプロペラは止まっています。
ギュンギュン回ってる風のプロペラを撮ろうと思うと1/30〜1/60くらいとなり、私では全てがブレブレになるのです。

20170616_006
この日、福島へと誘ってくれた友人には感謝感謝です。ありがとうございました。

検討課題
・シャバクのミニチュアを思い出したときに購入する
・イタレリのナナニーを見つけたら確保だけしておく

2017年6月15日 (木)

福島空港

2017年5月27日、友人から「珍しい飛行機が来るから福島空港へ行こう」と誘っていただきます。ありがとうございます。
朝、確実に起きることの出来ない私のわがままから夜中に出発し、阿武隈PAで仮眠をとり現地へと向かいます。

20170615_001
0630、福島空港到着。
前日の天気予報では曇のち時々晴れ、最高気温24℃。当日の現地は、小雨の降ったりやんだりする超肌寒い気温14℃。
駐機場の位置を確認したり、朝飯をどうするかなど考えながら初めての場所と言うこともあってウロウロし始めてみます。

20170615_002
ジェットビートルと小型ビートル。
円谷英二の誕生地、福島県須賀川市に近いということもあり、ウルトラマン関連のオブジェなどを常設展示しています。

20170615_003
ウルトラマン。
ターミナルビル2階の国内線発着ロビーに設置されたウルトラマン立像。床に敷かれたカーペットにはウルトラマンの足跡も。

20170615_004
本命のアレをターミナルビル1階に飾られたジオラマの中に発見します。そう、コレコレ。コレを撮りにきたのです。

20170615_005
展望デッキに上がると小雨のなか虹が出現します。円弧の端から端までクッキリ見ることはなかなか無いため興奮します。

20170615_006
せっかくですからB737も撮っておきます。

福島空港的な感じで続くでもなく続きます。

検討課題
・初めての場所なら全体の把握に努める
・まず土産物屋を覗いておく

2017年6月13日 (火)

GAFFE Nissan Patrol Pirelli Scorpion Dakar 1997

ボディに塗った緑色も乾いちゃった、銀色も乾いちゃった。もう、しょうがないと諦めてデカールを貼っていきます。

20170613_001
ボンネット両脇に貼られたキルスイッチのデカールは、本来おそらく白丸に赤い縁取り、赤い「E」の文字で表示されていると
思われます。キット同梱のデカールはただの赤丸のみでした。使われることのなかったデカールの束の中から「E」の文字を
探し、適当に貼っておきます。今後、このキットを製作される方はキルスイッチのデカールについてご注意ください。

同時に内装もチマチマ作っておきます。基本的にキット同梱の部品を塗って並べて接着しただけです。こんなもんです。

20170613_002
後部荷台に積まれたイロイロなんて、ボディを乗せれば見えなくなってしまうのです。手を入れてもチットモ報われません。

とりあえずウレタンクリヤを吹く前に、ラッカーでクリヤコートをしておきます。

検討課題
・作られなかったキットの活用法を考える
・部品取りを潤沢に用意して心の安寧を得る

2017年6月12日 (月)

美華園 新橋 麻婆豆腐

店舗は新橋駅地下に広がるウィング新橋にあります。雨の日でも店舗到達まで一切濡れることのない場所といえます。

20170612_001
余裕を持ってメニューと睨めっこするのは大切だと痛感します。席につき何も考えることなく「麻婆豆腐」と即答することは
厳に慎むべきことではないかと近頃ほんの少しだけ思ったりします。その後、結果的に麻婆豆腐を頼むにしてもです。

20170612_002
麻婆豆腐定食。
麻婆豆腐は辛くなく、痺れることもなく、木綿豆腐のしっかりした歯応えと全体の水っぽさを堪能できます。
ご飯、スープ、漬物と、画像には写っていませんが遅れて別皿に盛られた焼売1個を点心としてセットされています。
たいへんおいしゅうございました。

店内壁面に「四川風麻婆丼」の貼り紙を見つけます。印刷された麻婆豆腐は食欲を激しくかき立てる色合いでした。
席に着いたらグルリと店内を見渡す余裕を持たないといけないと、常に浅ましさだけが先行する自分を反省するのです。

検討課題
・とりあえずビールで時間を稼いでみる
・卓上の辣油は全て使いきる

«GAFFE Espace Mokricki Blue Valley Paris Dakar 1989