2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

2019年3月26日 (火)

神田応援団 大分からあげと鉄板焼 勝男 神田

店舗は神田駅北口から神田ふれあい通りを線路伝いに北上した交差点角にあります。

20190322_01
黒を基調をした店舗外観に書かれた非常に分かりやすい内容をみれば勝男がどんな店か全て把握することができます。

20190322_02
ハイボール。
とてもお安いので財布を気にすることなく何杯でも飲めます。この日は都合3杯ほどいただきました。
たいへんおいしゅうございました。

20190322_03
ももからあげ(5個)。
大分からあげというジャンルについての知識は皆無ですが、揚げ物は必須ですから注文するしかありません。
たいへんおいしゅうございました。

20190322_04
豚平焼。
関東にいると食べる機会に恵まれない豚平焼ですが、マヨネーズは必須ですから注文するしかありません。
たいへんおいしゅうございました。

店員さんに聞いてみるとランチタイムでもお酒の提供はできると教えていただきます。ナイスな対応です。

検討課題
・日曜の昼間から飲める店を把握する
・神田の安定感に溺れない

2019年3月25日 (月)

神楽屋 上野広小路

店舗は上野広小路駅から中央通り沿いの黒門交番を西へ入り、湯島中坂下交差点へ向かう途中にあります。
湯島駅6番出口から湯島中坂下交差点を中央通りに向かい、東へ歩くと最短距離ですが住所地番は上野となっている
ことから最寄り駅は上記の上野広小路としています。

20190323_01
店舗前では山口県にある「小さな酒蔵」のお酒をプッシュしています。

20190323_02
生ビール。
まずはビールで乾杯です。
たいへんおいしゅうございました。

20190323_03
お刺身。
ブリと中トロの盛り合わせ。店舗看板には鮮魚仲卸直営と書いてあったので海鮮を中心に注文していきます。
たいへんおいしゅうございました。

20190323_04
てっさ。
とらふぐのお刺身が期間限定でお安くなっていたので当然のように注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20190323_05
日本酒タイム。
萩の鶴 純米吟醸 別仕込み こたつ猫。 名前に惹かれ宮城県栗原市の萩野酒造株式会社のお酒を飲みます。
百十郎 山廃純米。 さらに岐阜県各務原市の株式会社林本店のお酒を飲み足していきます。

20190323_06
通風鍋。
本日のメインイベント。牡蠣、白子、アン肝をドッサリ乗せた鍋をいただきます。画像は二人前の盛りつけです。
食べきってしまえば満腹になり、〆のうどんや雑炊を収める余裕はとても無く、敢えなくここでフィニッシュとなりました。
たいへんおいしゅうございました。

20190323_07
飲んだり食べたりしている最中、ずっと何かの視線を感じます。勘違い、被害妄想かと思えば棚に飾られたハチワレさまと
目が合います。ニャニャ〜ン、瞬きもせず瞳孔も開きぎみなまま終始こちらを凝視していたのは君だったか。

検討課題
・次は鍋抜きで
・隣接する地下の店にも行ってみる

2019年3月24日 (日)

starter PONTIAC GENUINE DRAFT No.2 1992

もうドンドンいきます。後先なんて一顧だにすることさえしない見境無しタイムです。

黒の塗装が苦手です。
黄色はもっと苦手です。

今年掲げたテーマに沿った既視感を覚えつつ、じゃあ黒と黄色を一緒に塗れば苦手克服の近道になるんじゃないか?と
失敗回避を目指すでも無く、頭の悪さを丸出しにしながら浜松で手に入れたキットを引っ張りだし生贄にしてみます。

Miller_11
とりあえず熱湯に浸け、歪んでいるシャーシ、ボディルーフ、私の心根を矯正したらガリガリと削って仮組をしてみます。

Miller_12
特に問題となるような箇所は見当たりません。毎回、直したい箇所はあるのですが今回も見て見ぬ振りをしておきます。

Miller_13
このボディ形状のポンティアック全般における手抜きモデリングのための仕込みをしておきます。
フロントウィンドウに相当するバQを接着する際、バQの“ベロ”差し込みやすくするための隙間を大きく設けておきます。
こうすることでダッシュボードに挟み込まれたバQにかかるストレスを軽減でき、パッキリと砕き割る恐怖から逃れられます。

Miller_14
リアスポイラーのエッチングパーツは独特の部品分割のせいで、レジン製のボディ後端とミチミチに合わせられません。
ポンティアック攻略のために楽できる対策を模索したいと考えます。

まずは黒と黄色のこいつでイロイロ試してみようと思います。

検討課題
・たまにはリゲインを飲んでみる
・日常的にミラーを飲めるようにする

2019年3月23日 (土)

フレンチオフ

2019年3月9日、大井町のポアソンルージュにおいてフレンチオフ、もしくは遅めの新年会が催されます。
幹事、取りまとめをしてくださったY御大には心より感謝申し上げます。毎年、本当にありがとうございます。

20190325_01
店舗奥の個室に陣取り、オッサン8名が食べて飲んでを繰り広げるわけです。
当日の料理の詳細等々については「上田の巨匠」さまの速報をご参照ください。

20190325_02
Maserati A6 GCS 1954
いわく付きとは本人談のModelart111社製キット3点盛り。製作はOSさま。

20190325_03
ワイン。
赤だの白だの注文します。
ここで注目は岩本(偽名)さまによる発注方法。リストをザッと見渡し、的確な指示で美味しいワインを選んでくださいます。
たいへんおいしゅうございました。

20190325_04
Maserati A6 GCS 1954
エンジン単体。

20190325_05
アンコウのポアレ。
他に今年はエスカルゴではなく、白子が配膳されたりします。
たいへんおいしゅうございました。

20190325_06
Tyrrell 005
テナリブのキットを徹底的に調教するのはカトリーヌさま。

20190325_07
アンガス牛のロースト。
メインは肉。赤ワイン煮も素晴らしいものですが、こちらのローストも肉々しくて食べ応えがあります。
たいへんおいしゅうございました。

20190325_08
Ferrari Mondial ‪SPA24h 1989
難の多いスターター社のキットを精密感タップリに再構成するのは「ゴルフの巨匠」さま。

20190325_09
デザート。
クリームブリュレとフォンダンショコラ。

20190325_10
デザート。
くりのタルト カモミールアイスぞえ。

20190325_11
デザート。
いちごのショートケーキ。
たいへんおいしゅうございました。

話題は多岐にわたり、そのなかでも“いまだに怒られる話”で盛り上がります。
齢50をとうに過ぎても怒られ、部長職に就きながら部下の前で怒られ、定年後だって誰かの尻ぬぐいのため怒られと、
おかしいな、俺たちが若い頃は上司はふんぞり返って新聞読んでたのになと理不尽を噛みしめることしきりなわけです。

カテゴリは今年もなんとなく「ヨンサン」としておきます。

検討課題
・怒られることの無いように仕事をする
・ハイハイと適当に返事をして怒られタイムを延長させない

2019年3月22日 (金)

上野ブラブラ

2019年3月2日、翌日は雛祭り、そして東京マラソン。さらに天気予報は雨とあって晴れ間を満喫するため出かけます。

20190324_01
奇想の系譜展
副題として「江戸絵画ミラクルワールド」と銘打った日本画展を東京都美術館で見学します。
来場者の多くはやはりというか若冲コーナーで足を止めるようで、私は目当ての蕭白コーナーと国芳コーナーをジックリと
見て回ります。そして空いてそうな頃合いを見計らい、若冲コーナーに戻りニンヤリした象の絵とにらめっこします。

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド 会期は2019年4月17日まで。

一通り見て回り、おみやげも買い込んでもまだ昼前。さてと、午前中からアメ横で飲み戦うのもチョット…となるわけです。
とりあえず迷ったら揺れ動くフーコーの振り子を眺めているだけで数時間を費やすことのできる科博へと行くのです。

20190324_02
明治150年記念 日本を変えた 千の技術展
題名として記された「千の技術」といわれ思い起こすのは、お墓がどうしたこうしたの歌だったのは秘密にしておきます。
アレーアレレレ、千の技術だから必ずあると思った南極1号は会場内くまなく探してもその存在を確かめることは叶わず。

20190324_03
コマツ ブルドーザー G40。
タミヤのプラモでも作ってみますか、どうせ完成しないけど。そんな気持ちにさせてくれる重機も展示されていました。

20190324_04
ケロリン。
日本国内の公衆浴場を支配下に置くケロリンの桶。物販コーナーで販売されていましたが、用意されていた桶は関東型か
関西型かを確かめることはできませんでした。そして、そろそろ自宅用のケロリン桶を新調しないとと思い出します。

明治150年記念 日本を変えた 千の技術展 2019年3月3日で会期終了。

せっかくなので常設展なども流し見していきます。

20190324_05
天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち
画像はピンボケです。副題に「天皇陛下御即位三十年記念展示」と添えられた今上天皇による研究の一部を展示。

20190324_06
やはり平成の天皇陛下といえばハゼの研究だと思うのです。

20190324_07
さらに皇居内に住んでいるタヌキの研究についても見応えがあります。

天皇陛下御即位三十年記念展示 天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち 会期は2019年3月31日まで。

20190324_08
砂丘に眠る弥生人
副題「山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀」とした1950年代の発掘調査に基づく研究成果を展示しています。
受傷痕のある人骨が多数発掘されており、弥生人さんったらけっこう喧嘩っぱやいの?と考えてしまったりします。

砂丘に眠る弥生人 山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀 会期は2019年3月24日まで。

20190324_09
館内を一通りグルグル見て回り、ソロソロ飲み始めても後ろ指さされない時間になってきたので街へ飛び出します。

検討課題
・土井ヶ浜遺跡 人類学ミュージアムに行ってみる
・吉野ヶ里歴史公園にも行けるよう計画してみる

2019年3月21日 (木)

津軽鉄道 レール・オーナー

今年の青森ツアー 2019において雪も降らないことから作戦を変更して訪れた津軽中里駅で面白いものを見つけます。
路線1mほどのレール・オーナーになれるというのです。記念品もいただけるみたいですし試しに申し込みをしてみました。

20190321
申し込みから数日後に届いたのはレール・オーナー証明書、記念乗車券、そして限定ピンバッジ。これが欲しかった。
証明書には金木駅~芦野公園駅間のレール・オーナーだと記されています。少しだけ誇らしいような感慨を持ちます。

また訪れる機会があれば申し込みをしてみようとも思います。

検討課題
・他の鉄道会社のサポートもしてみる
・応援ついでに鉄道グッズも購入する

2019年3月19日 (火)

starter FORD THUNDERBIRD MC DONALD 1993

どうしたことかナスカー製作の記事が続きます。気持ち悪さ、嫌悪感を催したら他のページに移動されることを強くお勧めします。

Mc_9311
いつもお世話になっております。
無茶で無謀なオーダーを聞いてくださる敏腕エージェント“OS”さまよりスターター社のキットを融通していただきます。
乗っていたのはジミー・スペンサーではなく、ハット・ストリクリン。誰だよそれ?という感想しかでてこないドライバーです。

Mc_9312
経年劣化を原因とするようなデカールの欠損、剥落を一部に確認します。
これは入手段階で敏腕エージェント“OS”さまから事前に条件として提示されていた注意点ですから問題は無い部分です。
むしろ実際に貼ることになった場合、最も注意しないといけないのはボンネットに表示される「M」を囲む白い細線部分です。

逃げ出したくなります。

Mc_9313
困ったら黒く塗れ。
ひとまずシャーシをツヤ消し黒でベットリ塗り、事態打開の吉報を待ちたいと思います。

検討課題
・日本でマッダーナル言っちゃう人と距離を取る
・東日本でも胸を張ってマクドと言い切る

2019年3月18日 (月)

starter PONTIAC GRAND PRIX PEAK 1990

やっぱり私には黄色を塗るなんてことは無理なんです。苦手克服なんておこがましいことなんです。なので逃げます。
以前の検討課題をこなすでもなく、ただただ青系の色を吹きたいだけで倅ペティのポンティアックに手を出すのです。

Peak_11
おピンクを塗ります。青を塗るためだったり、とち狂ったうえでの下塗りでもなく、それなりの理由があってのおピンクです。

Peak_12
使ってみたのはガイアノーツ社 Ex-016 ブリリアントピンクという鮮やかさの強いおピンクです。
あわよくばEXIDEカラーのサンダーバードにも使えるかどうかというテストも兼ねておきたかったというのが実情です。

Peak_13
というのも同梱デカールに印刷されている赤帯部分が気に入らないからです。
仕方なくイヤイヤ調べてみると、車体をグルリと囲んだ帯は赤ではなく、どこからどう見てもおピンクに見えるのです。
仮におピンクのデカールが用意されていたらどうだったか。おそらくフロントグリル周辺や、リアバンパー周辺に追従させる
ようにデカールを貼り込むことは困難でしょうから、色がうんぬんに関わらず結局おピンクを塗ることになったことでしょう。

Peak_14
ドライバーネームの綴りを間違えていたのか、正しい表記を印刷した小片のデカールが箱の底に紛れていました。
厚紙に貼り付けて、ひび割れと粉々になるのを防ぐためドバドバとクリアを吹いておきます。

検討課題
・いっそポンティアックを集中して作ってみる
・でもやっぱり黄色克服を少しだけ頑張る

2019年3月17日 (日)

starter FOR052 FORD GALAXIE No.29 LARRY FRANK 500 M. DAYTONA 1964

今年は完成に漕ぎつける台数が激減する年です。理由は昨年、無為に完成品を増やしたためです。リバウンドです。
であれば、せっかくのことですし苦手克服を意識したヨンサンモデリングに注力しようかなとも考えたりもするのです。

黒の塗装が苦手です。
黄色はもっと苦手です。

そんな感じで昨年のオフ会においてうっかり手に入れたフォード ギャラクシーを削り始めてみます。

Galaxie_11
適当にゴリゴリ削ったら、あわよくばこれでオッケーにしたいと目論んでガイアノーツ社 #025 橙黄色を吹いてみます。
目論見失敗。サイドシルにあった気泡を潰すためポリパテを使って補修した場所が丸わかりになっています。ダメです。

Galaxie_12
デカールはすっかり黄ばんでいて、黄色い車体なら黄ばんだデカールを貼ったところでバレやしないと安易に考えます。
上記の易きに流れる自分の習性からデカールを紫外線に曝すこともしないまま、ひとまず保護のためクリアを吹きます。

Galaxie_13
仕方ない。そんな感じでシンナー風呂、そして後回しにしていた仮組をここで始めます。製作順序がメチャクチャです。

苦手克服のため黄色い車を集中的に手を出していこうと思います。

検討課題
・なぜ苦手なのかハッキリさせる
・それでもダメなら苦手克服を諦める

2019年3月15日 (金)

渡邉酒造株式会社 千

できるだけ真人間の振りをして生きています。
欲しい欲しい、何とかして飲みたいと願っていたお酒を心ある方からいただきます。感謝しかございません。

20190315
この2018年版「千」というお酒、旭興の貴醸酒「百」を用いながら12回仕込んだウルトラ貴醸酒なわけです。
かつては10回仕込みだったのに、さらに2回分追加しての12回仕込みです。もう超々甘口ということが想像できます。

アマアマな飲み口が気にならなくなるくらい冷蔵庫でキンキンに冷やしてからいただこうと考えます。

検討課題
・大福餅を肴に貴醸酒を飲む
・日本酒度の限界を飲み比べる

«葵丸進 浅草