2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012年1月31日 (火)

中古キット

2012年1月28日、猫瓶を購入後、再び車を停めた秋葉原に戻る途中、上野の名店に立ち寄らないわけにはいかない。
入店後、おもむろにゴソゴソとエッチングパーツなど物色しながら中古キットも鋭くチェックしてみる。
近在の銀座線の車庫も見たかったが思いのほか猫瓶が重く、そちらは別の機会に訪れようと断念する。

Gt

買ってはいけない。と思いつつも景気回復を願いエッチングパーツなどとともに中古キット2点ほど購入。
何処の誰からの放出品かは知らねど、無事成仏させようと販売価格と同程度の大安売りの誓いを立てる。

完成品に非常に気になるアレやコレやを目にする。気になる。気になる。

検討課題
・とりあえず13万貯めろ
・欲しかった部品が無くてもめげない

2012年1月30日 (月)

丸猫瓶

2012年1月28日、合羽橋道具街にある高村製缶株式会社で購入。
香箱を組んだ猫のような形からの名称らしいが、ガキの頃、駄菓子屋でさんざん見かけたアレである。

Neko001
ガラス製である程度のサイズになると選択肢は限られており、自らの目論みのため大きめの物を購入する。
ありがちだが飲み干した後のコルク栓をしまい込んでおこうということである。

Neko002
とりあえず昨年末、大晦日あたりからの分を入れてみた。
年明け1ヶ月でこの有様だ。果たして暮れまで蓋が閉まる状態を維持していてくれるだろうか。不安だ。

飲んだ結果を目の当たりにすることで飲酒量が減るか、瓶をコルクで満たすため精進に励むか楽しみでもある。

検討課題
・ビールに逃げない
・ウオッカに挑まない

2012年1月29日 (日)

かっぱ橋道具街

2012年1月28日、合羽橋道具街をブラつく。
かねてから購入したい物もあり、大きさ重さもあるものだから車を秋葉原に置き道具街を目指しトボトボ歩きます。
末広町から地下を走る銀座線を足下に感じながら上野をやり過ごし、居並ぶ仏具店を眺めつつ稲荷町を過ぎれば
屋上から下界を見下ろすシェフで知られたニイミ洋食器店が見えます。道具街の始まりです。

Kappa001
歩いていると金色に輝くヤツがいたので撮っておきます。妙にリアルな頭身で可愛げがありません。
緑のペンキで塗るのは他所さまの御家芸ですので、代わりに抹茶かクロレラでもブッカケてあげましょうか。

Kappa002
商店の屋号を記すサインは、黄桜風味濃厚なカッパで統一感のあるものでした。
43モデリングに転用ききそうな物は無いか物色します。これはと思い手に取ったのは卓上おでんマシン。
ん~これの購入はもう少し冷静になって考えないといけません。

Kappa003
これだよっ!カッパといえば擦れ違い様、問答無用で尻子玉ブチ抜くくらいの迫力ある顔つきじゃないと困ります。
近隣周辺の子供達の夢に出てくること間違い無しです。麿赤兒とニラメッコして欲しいくらいです。

検討課題
・購入は2周して検討してから
・気になった物でも一旦保留する

2012年1月28日 (土)

さて次は

無事ランクルが完成したので早くも次を物色します。落ち着きがありません。活発と捉えておきます。
手を付けている仕掛品も多いなか、手っ取り早く完成に持っていけそうなキットを選びたいところです。
楽することしか考えていません。

Next_one
一応の候補はこんな感じかと。
溜まっていくラリーカーをチャッチャと作って片付けたいと思う反面、たまには違う系統のレースカーも
作ってみたいと思い揺れ動くオッサン心を仄かに堪能します。

クリアの浮いたタンベイと併せ、もう少し考えましょう。まずはウレタン用シンナーの入手です。

検討課題
・闇雲に手をださない
・未完成を減らすことに努める

2012年1月27日 (金)

GAFFE Toyota HDJ 8O Adecco T3 Dakar 2001 完成

タイトルの通り、GAFFE Toyota HDJ 8O Adecco T3 Dakar 2001です。
Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987のクリア剥げに打ちひしがれていた折りの逃避とばかりに
完成に漕ぎ着けました。年明け始めの1月に完成品を目にすることができ幸先よい感じがします。

ご覧のように街なかでもよく見かけるランクル80系です。諸々は知りません。どうでもいいです。
車高の高さからか思いのほか寸詰まりに見えます。オフローダー然としてかっこいいです。

Yota001
メーカーはGAFFEです。大部分のレジンパーツは当たり前のようにベトベトしています。気にしてはいけません。
完成写真と部品を見比べながら作れば適当な作業でも誰が見てもランクルな車が出来上がります。楽勝です。

Yota002
購入したキットにはワイパーが未梱入でした。エッチングパーツやメタルパーツが入ってないと
泣き言を吐いていたのではいつまで経っても完成しません。いつものことです。よくあることです。
Zモデルのワイパーが手元にあったのでいい感じのサイズを取り付けます。何とかなるもんです。

Yota003
これもシャーシ部品が作り込まれた構成になっています。面倒なことこの上無しです。暴言です。
細身のレジンパーツで構成されますが、組んでいくとガッチリと強度が増すので落としたりしなければ
壊れたりすることはありません。大丈夫です。

台座に名札を貼付けていませんが完成とします。相変わらずダメダメな部分はいつものことです。

検討課題
・完成したら次に着手する
・完成品に思い入れを持たない

2012年1月26日 (木)

バンダイ Bトレインショーティー 東京都交通局

Bトレと呼ばれブラインドボックス形式の鉄道コレクションである。
今回のこのシリーズは1~4までナンバリングされ、各2種類入る中身も判るようになっている。

Toden001
6000系は、昭和中期の東京都心をイメージさせるアイコンとして様々な場面で紹介されることがあるが
自分にとっては乗ったこともなく、何の思い入れも無い古い時代の路面電車のひとつでしかない。

Toden002
8800系がラインナップされているのが嬉しい。
池袋の高層ビルや、スカイツリーをバックに新しい車両が走る下町というのもなかなか良いと思う。

Toden003
個人的には黄色の8800系が欲しかったところ。塗り替えるのも面倒なのでリリースを念じて待つ。

Toden004
このタイミングで都電をまとめて出してきたので、都営交通100周年記念の花電車も出るかと期待したがアナウンス無し。
黄色の8800系と併せてリリースしてくれることを更に念じて待つことにする。

このシリーズ、個々は安価ながら買い集めていくと財布になかなか厳しい。さすが鉄道模型のはしくれといったところ。
台車や動力ユニットまでそれぞれに個別に買いそろえていくとレジで驚くことになるので注意が必要。

検討課題
・無いものねだりはしない
・果報は寝て待て

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
大砲のかたちをしたライター、太鼓のかたちをしたタバコ入れや小物入れ。
2時間サスペンスドラマで重要な役割を担う応接間のガラスでできた重厚な灰皿とともに
喫煙習慣への風当たりが強くなる昨今、めっきり見かける機会が減り寂しい限りです。
フリーマーケットで叩き売られる様を見るにつけ、諸行無常を感じてしまいます。

せぶさま
ご訪問、アドバイスありがとうございます。
普段は肉体から滲み出る脂に悪戦苦闘しているというのに、冬期とあって乾燥してるのを忘れていました。
ウレタンシンナーですか。現状、木工ボンドで何とかならないものかと思案していたので朗報です。
せっかく両サイド剥がれているのでいい機会です。いろいろ試してみたいと思います。

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
読まなくなったコミック全巻を捨てることはままあることです。自分で不要と思い捨てた物が
思いがけず清掃員の余暇に役立っていると思えばいいのですがなんだか釈然としない気持ちもあります。
どうしてくれようか。コミック全巻まるごと捨てず、物語のターニングポイントになる巻と最終巻を
抜いてから捨てるといった意地悪を試してみましょうか。

2012年1月25日 (水)

クロネコ

前を走る車のリアウィンドウ越しにぬいぐるみが並んでいたりすると、つい無駄に車間を詰めたくなります。

仕事の打ち合わせに行く途中に見かけたゴミ収集車の後部に投げやりな感じでクロネコのぬいぐるみを発見。
ゴミの臭気と排気ガスにまかれ、風雨に曝されており動物愛護団体が見たら卒倒すること間違い無しです。

K001
せっかくなので車間を詰めて確認してみます。

K002
ニンヤリとイヤラシい顔つきで笑っています。運転するこちらもニヤけてしまいます。
車を運転しているといろいろな場面で腹が立ったりすることがあったりしますが、無理で無謀な割り込みを
されてもこんなぬいぐるみがニンヤリしていたら許してしまいそうです。日常にはささやかなユーモアが必要です。

車窓から見かけた風景。
どういう趣旨のもとか不明ながら無料廃品収集を行っている場所でのこと。今では見かけない家具調テレビ。

K003
薄型テレビ全盛となったいま、その存続が危ぶまれて久しい厚型テレビ。そして各家庭の居間などに鎮座し、
家電の王者といった風格と威容を誇っていた家具調テレビ。彼らの衰退は、木彫りの熊と王将の居所を奪い去り、
冬場の猫が暖をとれなくなるといった不都合が頻出させています。メーカーは対策を考えないといけません。

検討課題
・後ろから煽るような運転は控える
・車の中に余計なものを置かない

2012年1月24日 (火)

岩村醸造 一斎

若い頃は、日本酒なんてのはオッサンが飲むもんだと思っていました。
今では見紛うこと無くオッサンになったので当たり前に日本酒を飲みます。ダメ人間です。

Sake001
昨年5月、名古屋のラクーンオートに行く折り、思い立って恵那の明智鉄道を見に行こうと思い
途中立ち寄った岩村駅に展示されていた地元物産紹介で興味をもち、駅からほど近い岩村醸造で
買い求めました。これはその後さらに注文して取り寄せたものです。

Sake002
のどかな雰囲気の山間のなかの木造駅舎で、駅員さんにお願いすれば列車の来ないタイミングで
手動でのポイントの切替操作を体験させてもらえたりします。

Sake003
醸造所内にはトロッコを移動させるためのレールが敷設されています。話を聞くと現役とのとこ。
酒の味も味わい方もよく知りませんが、飲んで気持ちよく酔えるので美味しい酒だと思います。

検討課題
・寝酒はコップ半分
・日本酒は米から出来てる。を忘れない

2012年1月23日 (月)

GAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987

製作中です。念押しします、決してモデリングダイアリーではないです。安心してください。
いつまでも白濁液を塗り込んでいても終わりがないので磨ぎ出しは一段落とし、フロントバンパーと
グリル部分をツヤ消し黒で塗ります。ウレタンコートの上に迷わずラッカースプレーを吹き付けます。
しばしば懸念される塗装面が縮緬状になることもなく、とりあえず必要部分の塗装はできました。

Ls001
調子良くマスキングテープを剥がしていたところ…

Ls002
赤丸で囲んだ部分のクリアコートが浮き上がるトラブル発生。矢印部はデカールごと剥落しています。

Ls003
反対側も注意深くマスキングテープを剥がすものの、ほぼ同じ部位でクリアコートの浮き上がりが発生。
今回のデカール、マーシュモデルズやミニレーシングの古いデカールに散見されるニス部分を含め固い
ビニール状になったデカールで、塗装面への密着が足りなかったのが原因だろうと考えています。

日頃、盛大なシルバリング祭りを催している身としては、パッと見た感じで当該部位にシルバリングが
なかったため喜び勇んで製作を進めていましたが思わぬところで大ピンチです。さてどうしましょう。

○浮き上がった部分を一端剥がして、エポキシ系接着材で再接着
△浮き上がった部分を一端剥がして、シリコン系接着材で再接着
○浮き上がった部分にポンプでエナメルクリアーを流し込み接着
◎見なかったことにする

悩ましいところです。少し考えてから作業したいと思います。

Ls004
しょげていても仕方ないのでランクルにクリアーを塗って気分転換です。

検討課題
・諦めが肝心
・割り切りが大切

2012年1月22日 (日)

新年会

2012年1月20日、新年会を催すには今さらな時期ではある。
取引先の窓口主催で、そこに出入りする関係会社を集めての新年会に参加する。
いつの頃から「下請け会社」を「協力会社」などと呼び表わすようになった。やることも、やらせることも同じ会社なのに。

Shin001
宴席の前に軽く汗を流すのが恒例。ピンボケ御容赦。
燦然と輝く金ラメのボールで始球式。最近なかなか見る機会の減った存在感のあるカラーリングにうっとりする。
日頃の不摂生ここに極まり。9ポンドのボールでさえ重く感じ、ゲーム中に腰と肩に鈍痛を覚える。

Shin002
倒したピンが手前に転がりこんでくること数回。そのつど係員に対応をお願いする。
狭いところを飛び跳ねるように駆けていきピンを排除する手際の良さに驚く。自分ではこうはいかず無様に転ぶこと必定。

Shin003
立食形式の戦場。日頃から下請け同士でもやりとりがあるため見知った顔もあれば、全く知らない顔もある。
一心不乱に食べて飲んで、食べて飲んでを繰り返し、短針が60°傾くのをひたすら待つ。
表彰やらビンゴゲームやらをつつがなくこなし無事終了。素敵な参加賞をありがたく頂戴する。

当日は雪の予報が出され、天候に不安があったが開催時刻に降雪、降雨ともになく一安心。
雪が3cm積もれば交通機関が麻痺し、5cm積もれば首都機能が麻痺するとまで言われる。
先週訪れた津軽地方とは大違いだ。

検討課題
・パセリとピクルスを独り占めして食べない
・皿への盛り付けに心を配る

2012年1月21日 (土)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ北へ南へ彷徨うのも楽しい。

21_001
新里駅にて除雪車と初音ミク。

21_002
新里駅にて除雪車と暁美ほむら。

21_003
八甲田丸操舵室にて初音ミク。

21_004
ねぶたとののワさん。

検討課題
・現地で破損しても泣かない
・破損に堪えるバックアップ体制を維持する

2012年1月20日 (金)

青森ツアー 2012 いろいろ

旅先で気になったりならなかったりしたアレやコレや。

19_001
キャラクターとして登用しているのに、実際の運行状況などアナウンスしないのは何故なんだろうか。
世の中には「地吹雪ツアー」なるものもあるというのに、観光資源になりそうなものは徹底利用すればいいと思う。
ただ、近年の鉄道写真撮影者の傍若無人な振る舞いを見ると、忌避したくなる気持ちも解らないでもない。

19_002
いつ行っても実演を見れない黒石駅前の民芸品店。○○系と敢えて謳うほど流派などがあるのか興味が湧く。
厳しい寒さがある地域の建物なのに防寒対策がラフに感じられるのは、暖房設備を充実させることで補っているからだろうか。
それとも冬期は商売をせず、春から秋にかけてのビジネスに徹していると想像するのが順当か。

19_003
八甲田丸入口に設けられた鳥居。自由に千社札を貼っていいとのことだが誰得なのか、誰向けメッセージか勘ぐってしまう。

19_004
八甲田丸周辺に敷設され、夕方から点灯する「ねぶた」的マトリョーシカ。どうにもマミさんに見えてしまう。毒されすぎ。

何事にも不慣れになる旅先ではついつい「旅の恥はかき捨て」を手前勝手に解釈してはしゃいでしまう。
自分の行いがそこに暮らす人々にとって不快を感じるものでないことを願う。
旅人だから旅先で何もかも許容されるわけじゃない事を知る頃合いだと思い始める今日この頃だ。

検討課題
・落ち着け
・深呼吸を絶やすな

2012年1月19日 (木)

青森ツアー 2012

食ったり飲んだり、食い散らかして。

Eat001
イオン平賀内でご当地B級グルメ的「黒石やきそば」風なものを食べる。たいへんおいしゅうございました。

Eat002
JR大鰐温泉駅近くの山崎食堂にて「大鰐もやしラーメン」を食べる。細身のもやしがタップリ乗っている。
噛み応えのあるチャーシューと併せ食べていると冷えきった体にしみる。たいへんおいしゅうございました。

Eat003
宿近くの黒潮市場で飲む。海鮮居酒屋かと思いきや鶏串などのメニューも豊富で満腹。
〆の「やきめし」が絶品。たいへんおいしゅうございました。

とにかく寒いので温かい食事というだけでありがたくなる。
宿の朝食はつい食べ過ぎてしまう。旅先で日常を離れている環境からテンションも高くなるからだろう。
バイキング方式だと手当たり次第皿に乗せ、全品制覇したくなる悪食。しかも気に入った物はお代わりまでしてしまう。
体重、脂質、腹囲と医者から色々不穏なキーワードを示唆されるが、開き直ることも健康の第一歩と言い訳してみる。

検討課題
・腹八分目を唱和してから食卓につく
・ダイエットは明日から。をモットーとする

2012年1月18日 (水)

青森ツアー 2012 3日目

2012年1月14日、ツアー最終日。

03_000
JR大鰐温泉駅10時58分の運行案内。この後「あけぼの」が通過したのが12時04分。約3時間の遅れ。

03_001
宿川原駅近くにて大鰐温泉スキー場をバックに除雪車を撮る。いい感じの雪かき。

03_002
中央弘前駅近く川沿いの住宅街をゆっくり走る除雪車を撮る。大自然と格闘する雰囲気無しでいい。

埼玉県に住む身としては想像が及ばない自然の猛威をただただ感じる。
わずかであっても震災復興の一助と思い、東北地方での無駄遣いに勤しむ。機会を設け夏にも訪れようと思う。

検討課題
・地元の人を敵視しない
・地元の人から敵視されない

2012年1月17日 (火)

青森ツアー 2012 2日目

2012年1月13日、再び「日本海」チャレンジ。

02_001
やはり雪が付着してヘッドマーク確認できず。撮影時に雪が降り出し8時25分と朝なのに暗めな感じ。

02_002
天気予報では津軽地方は激しい降雪と言っているものの、降ったり止んだりで除雪車が動く気配無し。大鰐駅にて。

02_003
黒石駅の除雪車も動く気配が無いので、足を伸ばし青森港へ。八甲田丸を見学。

02_004
1階の猛烈な冷気漂う車両甲板にはキハ82をはじめ、いくつもの車両が展示されており見応えタップリ。

02_005
16気筒タービンエンジンが右舷左舷に各4基、計8基に発電用エンジンも加わり見ているだけでクラクラします。

この項しばらく続きます。

検討課題
・予定変更に柔軟に対応する
・予定は未定を楽しむ

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
雪原、ピーカン、雪煙といろいろ望んでみたものの、結果はごらんの通りでございます。
なんにせよ天気は如何ともしがたく、そのなかでベストを尽くすべく精進が必要です。
忘れていましたが、ここは鉄メインでもなくオッサンの泣き言をつらつら書いていくところだったりします。
まぁニヨニヨほくそ笑みながらご笑覧いただければ幸いです。

ハルパパさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
大湊線いい感じですね。緑色のキハ100が現役のあいだに撮っておきたいところです。
寒いだけの寒さなら意外と耐えられるものです。難敵は風だということが今回身に沁みて判りました。
防寒と併せ、防風性の高い衣類の必要性をひしひしと感じた次第でございます。

kawakami(偽者)さま
ご訪問、ご紹介ありがとうございます。
ご指摘の点、さっそく月別アーカイブの設置をしてみました。
改善されず積み重なっていく検討課題に四苦八苦するさまを半笑いで眺めていただければ幸いです。
まず次の目標として100日、そして1年を目指してみようと目論んでいますので、
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
弘南線、大鰐線の両方で撮影をすることができました。大鰐線は2012年1月18日にご紹介します。
現地までの行程、現地の環境等なかなか厳しく、それゆえ遠征の成果があると喜びもひとしおです。
今年は近所でスペーシアを撮りまくることを目論んでいたりもしますので、今後ともよろしくお願いします。

2012年1月16日 (月)

青森ツアー 2012 1日目

2012年1月11日夜に北を目指し出発。
2012年1月12日、夜も明けて青森到着。陣場駅近くからトンネルを出てきた「日本海」を撮る。

01_001
雪が付着してヘッドマーク確認できず。先頭ボケてしまう。

01_002
弘南鉄道弘南線の新里駅でラッセル車を撮る。島式ホームの駅のため除雪作業を間近に見ることが出来る。

01_003
次の駅に向け発車していく電気機関車。赤い車体が雪に映える。

01_004
五能線で走っていた蒸気機関車が構内に静態保存されている。木造駅舎から改装になった新駅舎に現役当時の写真が
展示されていた。駅舎も木造駅舎当時の雰囲気を残したままのリニューアルになっており上手いもんだと思った。

この項しばらく続きます。

検討課題
・撮影前のシミュレーションは念入りに
・氷点下10℃を超えても泣き言を言わない

2012年1月15日 (日)

Jemmpy Ref240 PROTO COURTY C3 Monster V6 4x4

またもや適当に手を出す。
このキットは往年のプロバンス・ムラージュのようなベージュ色の切削性のよい柔らかいレジンで構成されています。

20120115_001
バリなど削り落としたあと主要部品を塗っていきます。
内装は床がグレー、シートは青などと説明書にありますが面倒なのでツヤ消黒で塗っておきます。
ロールゲージはオレンジの指示ですが、手元にオレンジが無かったのでガンダムカラーのGピンクで塗りました。
文句があれば謝ります。スイマセン。

20120115_002
ボディは、ガイアノーツの003 ブライトレッドに「どけよーどけよー殺すゾー♪」で御馴染みの名鉄スカーレットを
適当に混ぜた明るめの赤にしています。

20120115_003
参考までに、ガイアノーツの003 ブライトレッドに「ダァシエリイェス」で御馴染みの京急バーミリオンを適当に
混ぜ暗めの赤にしたGAFFE Range Rover CAMPER Paris Dakar 1989との比較も貼っておきます。

検討課題
・説明書に書いてあることを守ろうと努力する
・とにかく完成させろ

2012年1月14日 (土)

銀座マツナガ 淡路町店からダラダラ

2012年1月9日、事務所に購入した年賀の品を置いた後、銀座マツナガ淡路町店へ散髪へ向かう。
連休最終日、午後の中途半端な時間とあって予約も簡単に取れた。駅出口すぐという立地も便利でいい。

Seijin009
カット、ヘッドスパなどしてもらいスッキリしたら秋葉原方面へ向けブラブラと歩きます。
ポニー?なぜ街中に馬がいるのか。

Seijin010
ベルサール秋葉原にて斯様なイベントを実施中。毎度のことながら年中お祭り騒ぎをしている印象がある。
それにしても直球なイベントタイトルである。もう少しひねりがあってもよかろうに。

Seijin011
イベント会場では京商製1/43スケールスロットカーの体験走行が行われていた。
従来のスロットカーにありがちな1/43や、HOといったスケールを謳いながら縮尺比が全く違うということもなく、
普通に1/43スケールのミニカーが走ってるといったところ。
走る姿はロケット花火を股ぐらに仕込んだ鼠の如くであり、目が追いついていかない。でも欲しくなる。

Seijin012
スペアボディ、諸々の交換部品等も用意されているとのこと。見れば見るほど欲しくなってきてしまう。
この後、結局上野まで歩き、途中、扇寿司でチョットつまんで家へ帰る。
健康的に歩き充実したかと思えばいつも通りのダメダメな休日でございました。

ここまで成人の日の外歩きを引っ張ったのは、現在青森近辺をウロウロしているためで、その話題はまた後日。

検討課題
・モーターライズには気をつけろ
・1/32でマッタリ走行の方がお気楽

2012年1月13日 (金)

丸の内パークビル 暖

寒い寒い思いをしてようやく焼き菓子を手に入れたバター屋を後にし、隣接するカカオ・サンパカへも寄る。

Seijin005
前日のこと、上記のこともありこちらでの購入量を増やす。他意は無いが思うことはある。

Seijin006
品切れとなっていた物もあるが、まずはフルータス、イノバシオーネスなど8個入り、16個入りなど用途別に購入。

Seijin007
商品を用意してもらっている待ち時間にホットココアを飲む。寒さのなか冷えきった体にとても良い。美味しい。
こちらも取引先へ持っていく物につき中身の開陳は御容赦。

Seijin008
改修作業の進む東京駅。日産リーフのタクシーがあれば乗ってみたいと思い駅前をウロウロするも見つからず、
荷物を事務所まで徒歩にて搬入する。皇居周辺のマラソンランナー多数。寒いのによく走るなぁと思う。

諸般の事情でこの項さらに、まだまだ引き延ばし続きます。

検討課題
・背後から「どけ!コラッ!」と罵声を浴びたら素直に道を譲る
・左右にフラフラせず、まっすぐ歩くことを心がける

2012年1月12日 (木)

丸の内パークビル 寒

2012年1月9日、成人の日に翌週から仕事も本格的始業ということで取引先への年賀の品を買い求めに行く。
どうにも昭和な感覚がいまだ拭えず、成人の日は1月15日だろ。荒れた式典こそ華だろと思ってしまう不謹慎。

Seijin001
ここで勤務時間後を過ごす人とはどういった人たちなんだろう。休日に来ることが多いため思い及ばない。

Seijin002
エシレ到着。開店1時間後頃だが行列少ない。一時期のブームも去ったか、流行のステマにうんざりしたのかは不明。
早い時間だというのに名物のバターケーキが既に売り切れている。客捌きも決して良いとはいえず、商品案内をする
店員も機械的な対応に終始し、そこはかとなく「売ってやってる」雰囲気を醸し出す。もう一度書く、行列少ない。

Seijin003
日陰の店先に寒風吹きすさぶなか数十分待ちようやく入店を許される。とりあえず焼き菓子を購入。
フィナンシェとサブレ。自分の貧乏舌基準で今現在ここより美味しい店を知らないのが悔しいことこのうえない。

Seijin004
取引先へ持っていく物につき中身の開陳は御容赦。
諸般の事情でこの項まだまだ引き延ばし続きます。

検討課題
・客側の立場で「お客様は神様です」を言わない
・店員の雑な態度に目くじらを立てない

2012年1月11日 (水)

開始一月

ダラダラと書き連ね始めて一ヶ月。
何をやるのも飽きっぽい性格の自分が一ヶ月にわたり毎日書いていることにただただ驚く。

20120111
日々の暮らしは平坦である。
ドラマチックな事柄は皆無ながらも些細なネタを探し、拾っていくことに面白さを感じ始めてもいる。
もうしばらく積極的にやっていこうと考える。

検討課題
・ピンチはチャンス?
・小さなことをコツコツと

2012年1月10日 (火)

Jemmpy 378 TOYOTA PROTO KORO FOUGEROUSSE DAKAL 1985

ジェンピーのキットである。このメーカーはレジンの種類が豊富なのか、キットによってずいぶん違う。
このキットは灰色の硬いレジンで、床に落としさえしなければ非常に作業性のよい素材であった。

To001
汗をかかなくなる秋から冬にかけてとりあえずキットのバリ取りなどしていたものを順次製作していく。
手当たり次第に作り始め、未完成の山をモリモリと築いていくわけだが自分はこれを「ロシアンルーレット式」
あるいは「回転寿司」と呼びそれなりに楽しんでる。一球入魂で完成させてから次に着手というのがなかなかできない。
解ってはいるんだが治らない悪癖だ。
シャーシ部品は潔さを感じさせる男前な構成になってる。
ボディの下地を黒で塗装する。説明書の不鮮明なカラーコピーではボディはどうもメタリックパープルに思える。

To002
今回このMr.クリスタルカラーの「アメジストパープル」を使ってメタリックパープルを表現しようと思う。
失敗した場合を考え、通常のメタリックパープルの塗料もあらかじめ用意しておく。使わなくて済みますように。

To003
いい感じだ。VIPカー的な色あいにも見えるが実際に塗ったものは個人的になかなか良い印象を持つ。
しばらく乾かし、思い出したときにデカール貼りを始めていこうと思う。

検討課題
・新しい素材、塗料を試してみる
・ちゃんと完成させる

2012年1月 9日 (月)

TOMIX JR ディーゼルカー キハ52 100型 大糸線キハ52 115

Nゲージ車両を購入。
何度か撮影に行ったこともあり思い入れも何となくある。

52_001
レイアウトも無く、ゴリゴリ走らせることも無いが、いつか小型レイアウトを作り走らせてみたい。
今のところ思い出したときに床にレールを敷き走らせる程度でしかない。

52_003
2010年3月の引退間近ながら大糸線を走る現役当時のキハ52。

52_002
購入したIMON秋葉原でバッグインバッグなるものを年賀にいただく。使うのか、使えるのかは不明。

検討課題
・レイアウトに挑戦してみよう
・HOに手を出してはいけない

2012年1月 8日 (日)

ねんどろ 購入

えぇ、もうなにも怖くないですよ。

20120108_001
予約するタイミングを逃し、一般販売されていたものを購入。元々安価なためつい買い集めてしまう。

20120108_002
他の2匹もいたりします。
ピンクの制服版に手を出すと複数個購入してしまう可能性が高いので、断じて買わぬことを心に誓う。
リリースが予定されてる赤と水色は買わないつもり。
安価だからと手当たり次第買い続けていると、思わぬ数量になってしまい収集がつかなくなる。

20120108_003
20120108_004
20120108_005
顔パーツをいろいろ変えてみる。

検討課題
・購入は計画的に
・出したパーツは元の箱にキチンとしまう

2012年1月 7日 (土)

靖國神社 参拝後

2012年1月3日、参拝帰りに参道横の露店を冷やかす。胡散臭さ漂うベタな露店は何故か人の心を惹き付ける。
献酒会なる団体から献上されたと思われる樽酒が積んであった。これが神社内での振舞酒の正体なのか。
日本各地からの銘酒、知ってる銘柄、知らない銘柄多数あり。とりあえず全部利かせて欲しい。

20120107_002
ロシアンな露店。ペリメニだよ!ペリメニ!!まるでDTBの黒さんじゃないか!グローバリズム万歳だよ。

20120107_003
今日の戦場。正月と花見シーズン、御霊祭りの頃にしか出てこないような露店型休憩所。

20120107_004
店内にあった酔いも醒めるような注意書き。財布と相談しながら飲むことを肝に命じる。
煮込み、焼き鳥、ビール2缶で2000円也。おいおい世の中はデフレってヤツじゃないのかよ?

20120107_005
射的。コルク弾を詰める昔ながらの射的も健在。景品の棚から断じて落ちるまいとする意気込みに感服する。
未来のゴルゴが育まれる貴重なシーンを目撃する。何事にもおいても幼少からの英才教育は必要だと思う。

検討課題
・食い逃げはしない
・たまの露店ならチャレンジしてみる

2012年1月 6日 (金)

靖國神社

2012年1月3日、今度は勤務地にほど近い靖國神社に詣でてみた。

20120106_001
勤務地周辺には三崎神社、神田明神、東京大神宮といったメジャーなところが多くあるが、専大前交差点から
鳥居を望むことのできる靖國神社に足が向いてしまう。熱田神宮や明治神宮のような段差の少ない長い参道が
ある神社は、ダラダラ歩いているうちに参拝する気分が盛り上がってくるあたりが何となく自分好みのようだ。

20120106_002
参道脇の露店が多いのも楽しい。
年末に放火のあった門では焼け焦げた柱を撮影している人が複数いた。神社に放火など罰当たりも甚だしい。
正月も三日とあって参拝客も少ないのか滞ることも無く賽銭箱前に辿り着く。また神頼みをしてしまう。
誰かの願掛けの絵馬を見てみる。微笑ましい願いから切実すぎる願いまで多種多様。願いが叶うことを願う。

20120106_003
なかなか見る機会の減った獅子舞。神楽ではなく人の頭を甘噛みすることに余念がない。
外国人観光客は頭をガブリとされたうえ、金を要求されるプレイを訝しむことしきり。縁起物の余興なんだよ。

検討課題
・振舞酒を飲み過ぎない
・参道の真ん中を歩かない

2012年1月 5日 (木)

HAGLOFS BARRIER II JACKET

年明け一発目の物欲です。
2012年1月2日、初詣後の浅草からフラフラと上野を目指し歩きます。銀座線でもすぐですが歩いてもすぐです。

20120105
昨年1月、弘前周辺に行った際、ソフトシェルにハードシェルと着込んだものの、寒さを遮ることができず現地で寒い
思いをしたので今回は、インシュレーションと呼ばれる化繊綿を使ったインナーをとなったわけです。

着丈だけならSサイズがジャストながら、前ファスナーを閉めると腹囲周辺の余裕がなくなるのでMサイズを購入。
今年はこれを着て弘南ツアーです。

検討課題
・まず痩せろ
・とにかく痩せろ

2012年1月 4日 (水)

アミューズ ミュージアム

同2012年1月2日、浅草寺での初詣後に寄ってみる。

20120103_000
田中忠三郎氏のコレクションを中心とした展示物が圧巻。
常設展の展示物の多くは撮影可能で、実際に手に取ることを許されている展示品もある。

20120103_001_2
収集した時期、場所等の正確な情報がないものの、昭和初期くらいまでの青森県を中心とした農村部に暮らす人々の衣類だ。

20120103_002_2
ドンジャと呼ばれる重い寝間着兼布団といった夜具。

20120103_003_2
イケメン。思い出したのは、頭にネクタイの鉢巻きをしたメートル上がったオッサンを見かけなくって久しいこと。

20120103_004_2
企画展として「菱刺し」と呼ばれる刺し子の前掛けが多数展示してある。当時の女性のお洒落への執念を垣間みる。

検討課題
・興味がない分野の展示も見るよう心がける
・説明書きをよく読む

2012年1月 3日 (火)

初詣

2012年1月2日、大晦日から飲んだくれていてもしょうがないので浅草寺に詣でてみる。
なかなか盛況である。周辺道路は歩行者天国にしてあるが、スカイツリーと記念撮影する人や、リキシャの客引きなど
スムースな人の移動を阻害する要素満点で思うように歩くこともままならない。それもこれも、まぁ正月ってことで。

20120103_001
雷門に辿り着く。歩行順路についてガナる警官。誰ひとり注意を聞いちゃいない。そのわりに酔客少ない。

20120103_002
仲見世をノロノロと歩く。我先にと人波をかき分けていく猛者もいた。
揚げまんじゅうの店先に人だかり。店員の客さばきが悪く、店頭で参拝者の移動を鉄壁のブロック。買うもんか。

20120103_003
ようやく参拝。直前で煙を浴びることも水を飲むことも出来ずそのまま賽銭を投擲する。
健康、平安、商売繁盛などなど神頼みしまくり。年明けから頼まれまくる神様も堪ったもんじゃない。それもお仕事。

20120103_004
撮ってる場所が微妙過ぎるが、お約束の下町タワー。もうあと数ヶ月で電波ゆんゆんだ。

検討課題
・神頼みをしない
・最後は神頼み

2012年1月 2日 (月)

GAFFE Range Rover Euskai Paris Dakar 1989

正月から43なぞ無粋の極みでございます。

昨年末、2011年12月29日で書きましたGAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987のボディを
ネチネチと磨き出すといった柄にも無い余計なことをしたために製作が滞っているわけなんです。

20120102_001
まぁ、こちらはデカールの段差を消す程度にザッとペーパーがけし、再度クリアーを吹いてフィニッシュと
したいと考えております。正直に言えば面倒なんです。これに尽きるんです。

20120102_002
面倒な気分を加速させている原因がコレ。最近リリースされたキットの大半のシャーシが新しい部品構成に
なっていたりして、部品点数が増えてます。これに更にエキゾストパイプも取り付きます。もう勘弁です。
多少車高が高いからって下面を愛でる方は少ないと思います。GAFFEのくせに生意気です。暴言です。

20120102_003
GAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987のシャーシです。もうスッキリ、サッパリです。
車高調整も、トレッド調整も、軸間調整も簡単にできます。GAFFEはこうでないといけません。暴言です。
この潔さが滲み出るシャーシの構成に惚れて購入、製作をしているGAFFEファンが極東にいることを思い
知らせないといけません。ただしフランス語は解しません。手立て無しです。前途多難過ぎます。

検討課題
・変化に柔軟に対応する
・新しいものの良さを見つけ出す

2012年1月 1日 (日)

元旦

新年あけました。

駿河台下交差点近くにある大型書店に設置された屋上広告。

20120101
今年も明日があるとは思わなくても「物欲」に翻弄されるんだろうな。
まぁそんな感じでボチボチやっていきます。

検討課題
・いろいろ考える
・何事も控えめに

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »