2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の記事

2012年2月29日 (水)

東武鉄道 特急スペーシア

2012年2月25日、新年会ののち皆と別れ、帰り道に北千住から特急スペーシアに乗る。

20120229_001
全くの気まぐれではあるが乗車時間までさほど待たないほどタイミングが良かったのと、北千住駅構内に貼られた
このポスターを見、「雅」に乗りたいと思いついたからである。乗ってしまえば外装は見えないのであるが…

20120229_002
目も眩む光量のヘッドライトで闇夜を照らし、大地を揺るがす猛スピードで音も無く北千住駅特急専用ホームに入線してきた
特急スペーシア。残念なことに、新しい「サニーコーラルオレンジ」ではなく旧来からの見慣れたカラーリングの車両。

20120229_003
最終の特急スペーシアは春日部止まり。迂闊に寝過ごしたとしても、真夜中の日光に放り出されることはないので
安心して乗ってられるし、寝ることもできる。できれば最終だけは東武動物公園行きにして欲しいと思っている。

20120229_004
これは今回は乗れなかったものの、2012年1月17日の朝、北千住駅に到着した浅草行きの特急スペーシア「雅」。
今までとは違う見慣れない新色のせいかホームで列車を待つ客の一部が驚いたように注目する。

検討課題
・前の人が背もたれを目いっぱい倒してきても腹を立てない
・自分の座席番号の席に知らない人が座っていても腹を立てない

2012年2月28日 (火)

ポワソンルージュ 大井町

2012年2月25日、カトリーヌ氏のお取り計らいによる新年会の催しに参加させていただく。
自分が参加する43の集まりでは初となると思われるフレンチ。8名が集まりビールで乾杯ののち楽しく飲み、食べ、語らう。

20120228_001
サラダは食べきってしまったので画像無し。豚のテリーヌ。たいへんおいしゅうございました。

20120228_002
エスカルゴ。ヒメサザエに逃げることが多かったので久しぶりの食感を楽しむ。たいへんおいしゅうございました。

20120228_003
ホワイトアスパラガスと生ハム。マスタード風味のソースの刺激が良い。たいへんおいしゅうございました。

20120228_004
鯛のポアレ。たいへんおいしゅうございました。

20120228_005
鴨!脂身もなく噛み応えじゅうぶんの肉質と焼き加減。たいへんおいしゅうございました。

ワインを飲みながら完食。最後にデザートを食べ満腹。
43の話題、京急の話題、他諸々の話題。常に新しい話題、知らなかった話題を興味深く聞かせてもらう。とても為になる。
とりあえず5月の静岡での再会を約束し解散。

検討課題
・目的地への道順は事前に確認しておく
・呑んだ帰りの電車で寝ない

2012年2月27日 (月)

神保町駅前 After

2012年2月20日の朝の段階でようやく最新地図への更新が終了し、付け替えられた模様。
もうこれで地図のない案内板を前に途方に暮れ、行く先の見当がつかず困惑する人を見ることもないでしょう。

20120227_001
何が違うのか?雑誌巻末の「間違い探し」の要領で霞がかった過去の記憶をほじくり返します。モヤモヤします。
ここ最近の区画整理のあった地区の番地などが新たに書き記されていたりします。重大事項とは思えません。

20120227_002
震災の影響か北の丸公園に赤字に白文字で「帰宅困難者支援場所」と表示が新たに追加されていたりもします。
駅前から北の丸公園を目指すと清水門に向かうのが最短距離になります。しかし、この清水門は堅牢な枡形門なので
大勢の帰宅困難者が押し寄せると簡単にパンクします。家康の策略にまんまと嵌まるのは悔しい気持ちでいっぱいになります。

屋根のない公園に帰宅困難者を集めて何を始めるのでしょうか?もちろん近在の科学技術館や武道館に被災者の
全てを収容できるとは思えません。それでももう少し配慮があってしかるべきではないかと考えてしまいます。

検討課題
・会社にエマージェンシーキットを準備する
・平時に非常食を味見と称して食べない

KAWAKAMI(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
早速のご提案、感謝いたします。部品は残っていますので近日中に送らさせていただきます。ご自由に弄んでください。
同梱できる「ナニカ」を鋭意選択中ですので、しばしお待ちください。

2012年2月26日 (日)

GAFFE Mitsubishi Pajero T2 Evolution J.Kleinschmidt Dakar 1999 砕

PLAYBOYの前にPlay Stationで腕試し…のつもりが斯様な仕儀とありなり候。
デカールが使えないJemmpyのパジェロを作る前に、ベタベタを感じたいがために手を出したGAFFEのパジェロを
ヤスリがけの最中にファンブルし、床に落ちパキリと砕け散るさまをスローモーションで見送っていたのであります。
クラインシュミット先生ごめんなさい。

20120226_001
過去に、佐々木倫子氏はシベリアンハスキーを「ドブ落ちの犬種」と、その著書の中で喝破されました。慧眼です。
翻って自分は、つくづく「床落としの人種」だと痛感します。そしてGAFFEは受け身を取らないことを改めて思い知ります。

きれいに砕けているので瞬間接着剤を用いて固定することも可能と考えらますが、床落としのオーソリティとしては
この状態であれば「たいへん残念ながら…」と、諦めるのが妥当と瞬時に判別がついてしまうのです。

20120226_002
そしてこちら、同じくGAFFEのMitsubishi Pajero Evo T2 Prieto Dakar 2000。
以前することがなかったので、とりあえず主要部品だけ塗装を施したまま製作を中断していたキットがあります。
製作中断の理由は、こちらもデカールが残念な状態になっていたためで、名古屋に聳え建つ名店に注文しようかと
考えあぐねていたところなわけです。年式は違うもののボディ形状は同じです。GAFFEの模型ならなおさらです。

こちらを赤く塗り直してPlay Stationのドナーにしたくなる気持ちを抑えることができません。
名古屋へは5月に行こうかと画策しているので、それまで放置しながら考えましょう。

検討課題
・製作中に床に落とさない
・潤沢な在庫を維持する

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
無責任男は1/6サイズです。メーカーによって基本となる素体のプロポーションの違いもあるので一概に
完璧なアーリア人種たるバウアー氏と比較しづらい、感覚が攫みにくいといったこともありますね。
この系統のフィギュアも気を抜くといつの間にか増えていることがあるので注意が必要だと思っています。

2012年2月25日 (土)

童友社 1/3000 東京スカイツリー 美意識の雅風 After

勢いに任せて寝しなに枕元で作り始めます。
製作時間は手際の悪い私で45分ほどかかりました。日頃から作り慣れていらっしゃる建築物系モデラーであれば
正味30分もかからないで見事完成も可能ではないかと思います。がんばってください。

20120225_001
精密な設計のおかげで製作にストレスを感じることはありません。
ただし部品の設計に塗装時の塗膜は考慮されていないと思われるため、穴などに差し込む部分は全てキツいです。
適宜、ナイフなどを用いて穴を拡げる加工を施しておくことをお勧めします。台座にある2カ所のボスも事前に
切り取っておくと、キツくてタワー基部となる街並がわずかに宙に浮かないで済みます。

20120225_002
単三電池を2本使うことで「美意識の雅風」を思う存分堪能することができます。常時発光ではなく数秒置きに
明滅します。周囲が明るいと紫色に光っていることを実感できにくので漆黒の闇の中でお楽しみください。
蛍が光るのを見るようで団扇の代わりに無意識に殺虫剤を探してしまいそうです。隅田川に蛍が戻りますように。

20120225_003
スカイツリーといえば東武鉄道。東武鉄道といえば夢の超特急DRCです。透明オレンジ色のドアが綺麗でしょ?
騎乗スキルに優れたライダーならDRCの操縦も容易です。紫色の髪の毛が「美意識の雅風」を彷彿とさせます。
東武鉄道は今すぐ向島と岩槻にあるDRCをレストアさせなければなりません。思いつきで言ってみただけです。

検討課題
・スナップタイトのキットでも仮組みをする
・タワーが開業したら一度は登ってみる

追記
1/3000のスカイツリーに1/150のDRC、さらにギリシア神話の登場人物ではカオスすぎると反省しています。

Hitoshi

某所でポーズ確認用にエルンスト・フォン・バウワー氏を使用していたことを思い出し、こちらでもサイズ比較用に
無責任男に登場してもらいます。爽やかな笑顔のおかげで、猫も住み暮らしやすい東京になることは確実です。

2012年2月24日 (金)

JOEL DURAND 銀座本店

先日、パフェもプリンアラモードも食べることが叶わなかった腹いせにチョコを買い求めに銀座に行きます。捲土重来です。
隣にはピエール・マルコリーニ、イルサンジェーと軒を並べ、あれもこれも何もかも食べ散らかしたくなります。

20120224_001
パッケージはプロバンス名産のラベンダーを想わせる薄紫色。
一部の方々にとってプロバンスの名を冠する製品の外箱は「白」、もしくは「青」と信じて疑わぬ傾向が今なおあることは
周知の事実です。忘れた向きもいらっしゃると思いますので再確認します。プロバンスといえば「ムラージュ」です。

20120224_002
個別に味が違っており、アルファベット26文字に相当する26の味を持つとされています。とことん食べ比べです。
パッケージは、サイトでは8個入りとなっていますが現状、店頭では9個入りになっています。何があったかは知りません。

20120224_003
店内では買い物客が味や配列をどうするか思案し、なかなか注文、購入する順番が巡ってきません。
あらかじめ考えておくべきだと思います。1個数百円のチョコです。「AからZまで右から左、一揃い詰めてくんなぁ!」で
注文は済むと思うのにまどろっこしいことこの上ありません。口に入るものでモタモタするのは嫌なもんです。

検討課題
・微妙な隙間は大人の事情と知る
・味の判別ができるまで食べ尽くす

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
塗装済みキットの台座は黒で成形されており、電鋳プレートによるマスキング塗装が施されていると思われます。
エッジ部周辺に塗装時のボケが見られますが、塗装の色数や細かな凹凸部への追従を考えると非常に良いデキです。

Narihira

無塗装キットの台座は灰白色の樹脂で成形されています。塗装済みキットの仕上がりを再現するのは難しそうです。
サイズは20cmくらいですね。いま適切なサイズ比較対象を探していますので、後日、画像を掲載しておきます。

KAWAKAMI(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。お役に立てたようで光栄です。
模型製作は、キットの確保と製作資料の収集と整理、小部品の調達がなされれば作る前に完成したも同然です。
いにしえの職人の口伝があります。「段取り八分の仕事二分」事前の仕込みが重要で、作る作業はさほど重要ではありません。
嘘です。

aoiさま
ご訪問、コメントありがとうございます。お楽しみいただけたようで幸いです。
facebookはどうでしょうかね。本名と素顔を曝してまでツラツラと泣き言を垂れ流すのも情けないものがあります。
まずはこちらで「継続は力」となるか「惰性は堕落」となるかを検証したいと考えております。
お暇なときに、世間の荒波に揉まれ右往左往するオッサンをニヨニヨと半笑いで眺めていただければ本望でございます。

2012年2月23日 (木)

童友社 1/3000 東京スカイツリー 美意識の雅風

まもなく開業する東京スカイツリーの模型である。
城郭模型などマニアックなプラモデルを多くリリースしている童友社から発売される。
スケールの1/3000というのは普段見慣れた1/43や1/12、あるいは1/144といったスケール感覚と全く違い、
なんだか大きさが上手く把握できなかったりする。まるで「人が○○のようだ」といった感想が漏れそうになる。

20120223_001
パッケージに「美意識の雅風」とある。(がふう)ではなく(みやびふう)と読むようだ。
何が美意識なのか判らないものの、タワー本体がLEDにより紫色に点灯されるギミックが内蔵されている。
もしや江戸紫を意識してるのか?特急も走る路線に隣接しているし、ほりのぶゆき氏も喜ばしく思っていることだろう。

20120223_002
業平橋周辺は既に塗装済みである。なるほど東京の下町はネズミ色なんだなぁと思わずにはいられない。
そして、自分でここまで細かく塗り分けられるか?という難問にブチ当たってしまう。とても塗れない。

20120223_003
先に発売された未塗装のキットがあったりする。どうしよう…
こちらは「心意気の粋風」とあり同じく青く光るギミックが内蔵されている。上記の業平橋周辺を自分が同じように塗装で
再現できるとは思えないので、このキットはお蔵入りにするか手放すかしようと思う。

20120223_004
これは2010年10月13日、建設途中のさなかタワーのライトアップ試験の折りの「美意識の雅風」の様子。

検討課題
・塗装済みならチャッチャと作る
・東京タワーの模型も作ってみる

追記。どこかの誰かに向けたささやかな業務連絡。必要としてる人の目に留まりますように。

C1_001

こんな本があります。諸般の事情でスキャンした画像の掲載は控えさせていただきます。

C1_002

断定不能ながらタイヤの明度から黒、もしくは紺色といった濃色であることが想像されるボディカラーの一例。

C1_003

手前から3台目。水色、もしくはアイスブルーといったボディカラーの一例。

※上記で「黒、もしくは紺色」と書きましたが、"CORVERE MOTORAMA"で画像検索すると赤メタリックのボディカラーが表示されます。

黒系のボディカラーは存在しない可能性があります。

2012年2月22日 (水)

バンプレスト 夏目友人帳 どーんとでっかいふんわり顔型ぬいぐるみ

アニメ化もされ、好評を得ているという「夏目友人帳」緑川ゆき著・白泉社に出てくるキャラクター、
ニャンコ先生のぬいぐるみ的クッションを秋葉原にある中古品ショップ店頭で見かけ、思わず衝動買いをする。
どう見ても猫だが、これで妖怪なんだそうだ。だいたいニャンコ先生といえば大佐衛門であろうと思ってしまうのも今は昔。
当世はこちらが正統たるニャンコ先生らしい。ニャンパラリ

20120222_001
もとがバンプレスト製であることから、ゲームセンターなどに置かれたプライズゲームの景品だと思われる。
何事にも不器用な自分が簡単に取れるとも思えず、ましてオッサンがゲームセンターでコインを山積みにして、
なかなか取れぬ景品を前にひたすら熱中する絵図は痛々しいにも程がある。

購入した金額が果たして高いのか、安いのかは何とも判別つきかねる値段なのである。
少なくとも43キットは到底買えぬし、ねんどろ1個も買えない値段なので個人的にはさほど高いと
感じぬ程度のお買い物である。

20120222_002
デカイ。
手前でニャンコ先生から必死に逃げるスターターのベンツと比べると異様なほどの大きさである。
素材はポリエステルとあり、ちょっと横になるときのクッションとしては適してると思う。

検討課題
・白い表面を汚さない
・ゲームに熱中しない

2012年2月21日 (火)

Jemmpy RENGE RAYMONDEIS LECLERC DALAR 1989

2012年2月18日、まんまと塗装を失敗したのでユックリ風呂につかっていただいたわけです。
いつまでも入浴されていても湯あたりを起こしてしまうので、しばらくキッチンペーパーの上でお休みいただきます。

20120221_001
カナリアはどうした?
会社帰りに立ち寄ったホビーショップでカナリアイエローを握りしめ、しばし悶々と考えに耽ります。不審者です。
自分がイメージしていたのは現行の総武線の車体側面の黄色で、スプレーで販売されている黄色は、昔の車体全体が
黄色く塗られていた頃のものであるらしいことが判明。握りしめ生温かくなったスプレーをソッと棚に返します。

とりあえずワゴンで120円で叩き売られていたガンダム・イエローと、西武線の黄色を買って再挑戦を誓います。

20120221_002
まずガンダム・イエローを塗ってみました。
若干、白く濁っているような感じがしますが明るめな黄色でいい感じです。凹部など、完全に塗りきれていないのは
製作者の力量を如実に示すもので、キットや素材に一切の非はありません。前回より改善されたので善しとします。

乾かした後、そのうちデカールを貼ります。

検討課題
・ワゴンセールを見逃さない
・常に次善の策を用意する

ハルパパさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
PENTHOUSE、lui、PLAYBOYといった男性誌が積極的にモーターレーシングを支援していた
事例もありますから、丸っきり出鱈目ということもなく可能性はじゅうぶんあると考えられますね。
デカールもウサギは1/72、1/144スケールのF-14 TOMCATから持ってくれば対応できるでしょうし、
女性の柄は最近よく見かける痛車デカールを適当に貼ってお茶を濁す手もあると思います。
ボディも黒地に白ウサギ、または黒地に金ウサギといったシックなカラーリングが似合いそうです。

それとも、もしかして「週刊プレイボ〜イ」でしょうか?
1992年であれば日本企業のスポンサー活動もまだ行われていた時期です。とても魅力的です。
日本の男性誌であれば「デラべっぴん」も捨てがたいと邪な気持ちを高ぶらせてしまいます。

2012年2月20日 (月)

Jemmpy MITSUBISHI PAJERO T3 PARIS LE CAP 1992 "Rothmans"

友人から非常に安価に譲っていただいたキットである。
ジェンピーのこの年式のパジェロのキットは、ついリアカウルが開くタイプが欲しくなってしまいがちだ。
ただレジン製であり素材そのものの性質上、収縮していたり、梱包時に無理な力が加わり歪んでいたりと
思うようにいい感じのキットに巡り会えなかったりするのでカウルが開かないキットを入手できたことは
自分にとって僥倖だったりする。

Pajero
ただこのキット、部品は揃っているもののデカールが残念な状態になっている。
貼るとなかなか密着せず、デカール軟化剤を使うとチリチリと丸まるようにシワになることが予想される。
ローバー・タンベイのキットで味わったばかりの挫折を再現させてくれること間違い無しだ。

時代的にタバコスポンサーが許されていた頃でもあるし、適当なカラーリングにしてみようと思う。
王道のマルボロか、パリダカと言えばキャメルか。奇をてらって峰も捨てがたい。

検討課題
・適当に作るときもそれなりに真剣に作る
・ありそうで無さそうな人を傷つけない嘘をつく

2012年2月19日 (日)

バンダイ Bトレインショーティー 583系

Bトレと呼ばれるシリーズでの専用セットである。
過去にブラインドボックス形式で同型車がリリースされていたものの、発売時に入手することができず、今回、
新規のシャーシへの対応と併せ6両セットでリリースされたので購入してみる。寝台特急はかっこいいよ。
同時に中間車2両セットもリリースされたのでこちらも購入。ただし買ったものを合わせ10両編成になるものが
実際に運行されていたかは全く知らない。

Jnr583
以前、2012年1月26日の都電でも書いたが動力車や走行台車、密連形連結器やパンタグラフなど諸々の部品を
買い足していくと走らせたり、見映えが良くなる反面、とにかく出費がかさむのが難点だとつくづく思う。

Jnr581
こちらは昨年リリースされた581系のセット。どうにも「限定品」と書かれると思わず買ってしまう。意思弱し。

なんにせよ積んでいても仕方ないし、接着剤いらずのスナップタイトキットであるからパチパチ作ろうと思う。

検討課題
・考証とか気にしない
・あるときに買え

2012年2月18日 (土)

Jemmpy RENGE RAYMONDIS LECLERC DAKAR 1989

GAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987が完成したので早くも別のキットに手を出します。
実車についての知識は皆無ですが、ローバーを作っていないと禁断症状がでます。手が震え、目が霞みます。処置無しです。
心に刻みます「お前の名前はレンジローバー、そしてお前がいないと俺は43モデリングが出来ないんだぞ」皆様ご唱和ください。
小林源文氏はその著書を通じ、読者の魂に訴えかける金言を多く残されておられます。

キットは、主要部品が比較的硬いレジンで構成されています。いつも通りといえます。ザッとバリなどを取り除きます。
GAFFEのようにレジン表面がベトベトしていなので物足りません。もう訳が分かりません。目的を見失いつつあります。

Jemmpy
Finisher'sカラーのピュアイエローを塗りましたが希釈しすぎて塗りきれていません。相変わらずのこととはいえダメダメです。
寒い季節に申し訳ないことと思いながら今年最初のシンナー風呂に入っていただきました。湯加減はどうでしょう。

方針転換です。まず発色より隠蔽力に優れるグリーンマックスの黄色5号(カナリア)を塗ります。それで発色が鈍いような
感じであれば、クレオスのキャラクターイエローを塗り重ねてみようと考えます。再チャレンジです。
まずは塗料の調達です。例年、2月は時間に余裕ができるためモリモリ作業が進みます。困ったもんだよ。

検討課題
・苦手な色は慎重に塗る
・苦手な色を克服する

2012年2月17日 (金)

森薫拾遺集 森薫著 エンターブレイン刊

新しいカテゴリーに別けながら何のことはないコミックである。紙媒体についての諸々としようと思う。

書店街に勤務地があるため昼休みなど本屋に立ち寄ることも多いのだが、どういうわけか新刊を扱う書店の多くで
出版社発表の発売日前日や、数日前に新刊が店頭に平積みされていたりして戸惑うことがある。早売りというやつだ。
このコミックも発売日前日の2012年2月14日に購入している。僅かばかり得した気持ちが無いわけではない。

Mori
内容は著者の既刊単行本に未収録の短編や、付録冊子などの内容をまとめたもので、なんとなく読んだ記憶のあるものが
ほとんどだったが、「エマ」や「乙嫁」の時代とは違う現代日本の学生を題材にした短編漫画もあったりで面白い。

実際、個人的にいちばん面白いと思うのは単行本巻末などに描かれる著者の「あとがき」だったりするのだが。

検討課題
・立ち読みは最小限に
・マンガを買い過ぎない

YOWさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日の個展では貴重な体験をさせていただきました。
今後とも43スケールでのコンセプトカー製作活動を楽しみにしています。
とりあえず私は、Lamborghini CHEETAHをインチキ設定で完成させないといけません。

2012年2月16日 (木)

GAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987 完成

タイトルの通り、GAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987です。

紆余曲折ありまくりながら完成に漕ぎ着けました。

キットは相変わらずです。レジン表面のベタベタが多いと得した気分になるくらい麻痺しないと楽しめません。勘違いです。

旧来のスッキリした部品構成ですので、手際の良いモデラーであればベタベタを楽しむ間もなく完成してしまいます。

20120216_001
ボディに窓を接着し、窓前縁をシャーシ側のダッシュボードで押したせいか、無用なストレスを与えてしまい側面窓の下部が

内側に倒れ込んでしまいました。シャーシを接着してしまったので後の祭りです。フィッティング不足です。自業自得です。

20120216_002
デカールが歪んで貼られていたり、シャフトを塗装せず真ちゅう丸出しだったりしますが完成とします。

クリアコートの浮き上がりに関して、解決に向けた助言を授けてくれた“せぶりんぐ”氏には心より感謝を申し上げます。

ありがとうございます。

検討課題

・失敗を糧とする

・失敗しても気にしない

2012年2月15日 (水)

銀ダラダラ

2012年2月12日、さらに無目的に歩きます。日本橋から北上し湯島方面へ向かいます。
2週間後に東京マラソンがあるせいか、日本橋周辺ではコース確認がてらに疾走するランナーを多数見かける。がんばるなぁ。

20120215_001
神田ガード下のジンギスカン屋。誇らしげな手書きポップと微妙なランキングがなかなか良い。

20120215_002
いいのか?昨今いろいろ話題、問題視されることが多くなってきてると思う。ハーブは何をもって合法、非合法となるのか。
合法を謳ったところでラベンダーやミント、セージというわけでは無いだろうに。いつまで営業できるかな。

20120215_003
錬成公園近くでアーチストイベントを見る。部外者然とした感想として石黒正数氏がいう駄サイクルを目の当たりにする。
簡単に否定しているわけでもなく、おそらく自らの若かりし頃、デザイン学校の課題製作としてネチネチとこねくり回した何かを
いま突然、目の前に突きつけられた時に感じる気持ち悪さ、こっ恥ずかしさ、その他諸々に似た感情を想起させるからだろう。

検討課題
・恥ずかしい過去も隠さない
・過去をことさら卑下しない

2012年2月14日 (火)

銀ダラ

魚のことではない。銀ブラならぬ銀座ダラダラである。
2012年2月12日、思い立って無目的に歩き回ってみる。日頃なかなか注視しないところ、店などを見て回る。
折しも聖ワレンティヌの名を冠したイベントを控え、どの洋菓子店も思惑みなぎる買い物客で溢れかえっている。
オッサン独り、飛び込みでパフェを貪る勇気もなく、資生堂、不二家をローパス。甘味三昧は日を改めてとする。

20120214_001
正午をもって始まる歩行者天国。周囲を見渡せば皆それぞれにソワソワしてる。
中央通りに取り残された自動車を排除しようと注意、警告をガナリ続ける警官の無粋さ極まりなし。

20120214_002
わかるな? 煉瓦亭は日曜定休だったことを失念し、昼食プランが一気に行き詰まる。厚いローストビーフ食べたい。
青い建物の店頭に掲示された日本地図をしばし眺める。
そのままダラダラ歩き、八重洲地下街の宝田水産で寿司をつまむ。煉瓦亭はどこいった?呑めれば妥協もまたよし。

20120214_003
腹ごなしにダラダラ歩きます。千鳥足にはほど遠いのでシャキシャキしてます。気持ちだけです。
日本橋は公開中の映画の影響か、平忠盛が絶命したガーゴイル周辺には見物客が多数。

20120214_004
いかんせん高速道路が空を塞いでしまい、写真映りも悪くなりがち。夜間の方が雰囲気ある写真が撮れると思う。

まだまだ歩きます。

検討課題
・昼酒は控えめに
・歩くペースは臨機応変に

2012年2月13日 (月)

バッタ

昨日の虫を話題を引きずります。
自宅門扉である。お分かりいただけるだろうか?その欲と世俗で濁りきった目を凝らし見て欲しい。

20120213_001
もうずっと毎日、開け閉めしているというのに全く気が付かなかった。キミはいつからいたんだ?

20120213_002
バッタである。氷点下を記録するほどの寒さのなか、このバッタはいつからここに身を潜ませていたのか。
まず何よりも生きているのか?越冬する種類なのか?迂闊に触って得体の知れない小虫が出てこないか?
疑問と不安が渦まいてしまう。

早朝から騒ぎ立てることもなく、餌を無心することもない。なにか住人に危害を加えることもない様なので
とりあえずは暖かくなるまで放置しておこうと思う。見たこと無い変態が見られると嬉しいと密かに思う。

検討課題
・考え無しに触らない
・食える食えないで物を見ない

2012年2月12日 (日)

オルトラン

2012年2月11日、近所のホームセンターへ行く。
2階建てのホームセンター本館に食品を扱うマーケットが併設されていたり、2階では簡単な食事もできる。
国道を挟みペットショップ、園芸用品、物置や外構などを扱うコーナーがあったりで盛りだくさんなため
近在、あるいは他県からも買い物客が集まり週末になると周辺は渋滞が発生してしまう。

自宅の庭木に虫がたかるので、今の時期から準備を進めるため殺虫剤を買い求める。
農業を営む親類の助言、庭木の剪定をお願いしている庭師の助言から「オルトラン」という殺虫剤が良いと
アドバイスを受け、昨年から指示された散布時期を守りながら実行すると驚くほど効果がでた。
そのため、まず新芽が芽吹く前に散布する粒状剤を買ってきた次第だ。

20120212
椿やミカンの木にこれでもか!とたかる虫に蓄圧式噴霧器で薬剤を散布し、悶絶し息絶える虫を見ていると
神にでもなったかのような錯覚を覚える。仮に虫たちが、断末魔の怨嗟と呪詛を人語をもって発したら同じ
ことが果たして自分にできるか考えてしまう。犬猫ほどの豊かな感情をもっていなくて幸いだ。

検討課題
・過剰散布で庭木を傷めない
・虫殺しに情熱を傾けすぎない

2012年2月11日 (土)

パインアメ

見よ!この量。見よ!この重さ。何と言っても1kgである。
虫歯治療に目処がつきはじめたので早くも甘い物を頬張る浅ましさである。

今日頼めば明日届く系のカタログに掲載されていたため、つい買ってしまったのである。
賞味期限は2012/12とある。まぁ口に入れるだけの簡単なお仕事だから楽勝だ。

20120211
パッケージ裏面に書かれた製造者は「パイン株式会社」。社名と製品名に潔さを感じる。
これまでも高速道路のSAなどで見かければ購入していたが、今回初めての1kgチャレンジである。
ポッケやカバン、いたるところに忍ばせて、すぐに舐められるようにしておこうと思う。

検討課題
・最後まで舐める
・途中で噛み砕かない

2012年2月10日 (金)

歯医者

恐怖のグリグリタイム終了。
なんにせよ最も奥の歯の治療であるため、口を横に目一杯拡げられる。クチビルが地味に痛い。
膿みが排出されたせいか歯茎の腫れもなくなり、心無しか口臭も低減されたような気がする。
土台を設け、次回には被せ物をするという。

そんななか、やはり気になってしまうのが歯の型取り材である。治療中は怖くて目を開けて
いられなので詳細を目視したことはないが果たして43を含めたモデル製作の一助になるのか?
型取り材、歯科用石膏、リューター等の特に歯科技工士の使う道具には興味が湧く。

20120110
一段落したので歯石除去をしてもらう。
チリチリとした痛みを歯と歯茎の間に感じながら施術してもらう。上顎側はオリジナルの歯の
残りも少なく歯石の付着も少ないためか、施術もすぐに終わったが、下顎側はまだまだ自前の
歯が残っているため時間をかけてチリチリしてもらう。施術後は案の定、血がダバァと出る。
痛みを感じつつも口中はスッキリとした感じになる。

治療はまだまだ続きます。

検討課題
・医療用具を勝手に触らない
・血を見てもオロオロしない

2012年2月 9日 (木)

HONDA NSR250 "HB" Roth 1989

タミヤ製 scale=1/12 HONDA NSR 250 "AJINOMOTO " 1990と、Ragged Edge Designs製デカール
HONDA NSR250 "HB" Roth 1989/1990です。

Nsr01
限定生産のせいかフロントカウルが透明樹脂で成形されています。余計なことをしてくれたもんです。

Nsr02
厳密には1989年仕様と、1990年仕様は細部で異なる箇所もありますが、概ね同じとして目をつぶります。
個人的には1989年度の外観が好みです。なんとなくですけど。

いろいろアレします。

検討課題
・リクエストは簡潔に
・リクエストは詳細に

2012年2月 8日 (水)

神保町駅前

書店街はずれに勤務するため通勤で使う最寄り駅は、自宅からの利便を考え半蔵門線神保町駅を利用している。

以前、事務所のあった中野へは、3度の乗り換えを含み90分近い通勤時間を要したが、現在は乗り換え無しの

60分程度で済んでいるので楽チンである。もちろん通勤時間は短い方がいいに決まっているが本を読んだり、

居眠りをしたり、場合によっては簡単な模型製作を行う貴重な時間であったりもする。長時間通勤を楽しもう!

Eki01_2
地下鉄の壁面サインは書店街をイメージさせるが、投げやりな平積みは本を傷めると見るたびに思ってしまう。

連日遅れる田園都市線のおかげもあり、着ぶくれる冬場は特に遅れがちになる半蔵門線だが諦めも肝心と思う。

Eki02_2
地上に上がると地域案内版が設置されているのだが…「最新地図に更新中」らしく地図部分が外されている。

周辺には土地柄、大小の出版社をはじめ印刷関連、各種教育機関やもちろん様々な書店がひしめいている。

携帯電話やスマートフォンの地図機能などを駆使し、目的の場所にサッサといける人はまだしも、アテにならない

案内板を前に呆然と立ち尽くしている人も少なからず見かける。一週間以上この状態ってのはどうなんですかね?

Eki03_2
折からの寒波、強風のなかA4サイズの紙に書かれた注意書きがハタハタと揺れている。

架け替えるまでは古い案内板を残しておけばそれなりに使えるのに千代田区はビジターに厳しい態度をとる

姿勢のようだ。他の地下鉄出口前の案内板は更新も架け替えもしないのか外されること無く存在している。



ただでさえ地下鉄の駅前なんてのは殺風景なんだから早いとこ新しい案内板を取り付けて欲しい物だ。



検討課題

・地図に頼らず歩く

・道を間違えたら来た道を引き返す

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
私は現在、東武ホワイトのスプレーを3本ほど手元に確保しております。
半ツヤではありますが、隠蔽力と塗料のノリの良さを持つ東武ホワイトはなかなかだと思います。

ボトル形状は、ガイアノーツもGMも同じに見えますね。もしかしたら製造元は同じかもしれません。
ではいずれ、ガイアノーツもエアゾール式スプレーペイントを出してくれるのでしょか。期待しちゃいます。

2012年2月 7日 (火)

JADE MINIATURES N.S.U. Land Speed Record 1951

またもや無計画に製作に取りかかります。モデリングダイアリーではありませんよ。
以前、43モデリングを通じて得た知己の骨折りと、尽力により入手がかなったキットです。
相変わらずではありますが実車について何ひとつ知っていることはありません。たぶん大丈夫です。

Jade01
箱の中身を見ること無く内容物が分かる親切なパッケージ。mpcでもJO-HANでも当たり前のことです。
いっそ、箱と中身を取り替えシャッフルして模型神経衰弱でもやってみましょうか。

Jade02
シャーシとホイールはツヤ消し黒で塗り、ボディは東武線ホワイトを吹き付けておきます。
用いたスプレーの関係でボディは半ツヤになっていますがデカールを貼った後、クリアーを吹いて
適当に磨くことを考えればこの段階でのツヤなどどうでもいいことだと思っています。

諸々と同時進行でノロノロと作っていきます。

検討課題
・東武ホワイトはあるったけ買い占める
・ツヤ消し黒はあるったけ買い占める

2012年2月 6日 (月)

GAFFE Range Rover P.Tambay Paris Dakar 1987

製作中です。モデリングダイアリーではないです。往生際が悪いだけです。安心してください。

2012年1月23日で触れた通り、クリアコートの浮きと剥落のリカバリーをしています。

Pomp01
なにやら怪しげな試薬瓶とポンプにみえます。

先日いただいたアドバイスに沿ってフィニッシャーズのウレタンシンナーを用意してみました。

併せてホビー用のポンプと、瞬間接着剤用ニードル(内径0.2mm)も準備しておきます。

Pomp02
まずは練習をと思い、クリアコートの剥落も無く、浮き上がりの面積の小さい面でトライしてみます。

静脈の血流を探るような心持ちで慎重に指の腹 を使ってシリンダを押し出し、そっとシンナーを注入していきます。

デカールが歪んで貼られているのは、製作者の心根を表わしているだけなので気にするこ とはありません。

側面「GENEVE」周辺にあったクリアコートの浮き上がりが解消されているように見えます。

Pomp03
ボケていますが「LE RICHEMOND」周辺にもシンナーを注入します。

クリアコート自体が剥落した「MO」部分もシンナーを用いて接着します。
いい感じです。
細部まで シンナーが回りきってない箇所もあり、ガン見するとバレバレです。

シンナー揮発後「HOTEL」周辺が再び浮き上がってきています。まぁ、とりあえず固定されている印象です。

数日のあいだ自然乾燥させたら小部品の取り付けを行う予定です。いつまで経っても完成しません。

月末の新年会に持ち込めるよう完成に漕ぎ着けたいと皮算用を始めていたりします。

検討課題

・力加減をわきまえる
・ほどよい頃合いを知る

2012年2月 5日 (日)

東京ゲートブリッジ

2012年2月4日、近日開通する東京ゲートブリッジを撮りに若洲へ行く。
当日は、橋の開通前の「渡り初め」的なイベントがあり、歩行者と自転車で周囲は混雑していた。
イベント開催の関係で周囲の駐車場も閉鎖されており、離れた場所に車を置き現場まで歩くこととなる。
この日は日中の気温も上がり、風も無かったため沿岸でありながら厳しい寒さを感じることもなかった。

Hashi01
イベント帰りだろう。金曜ロードショウのようである。

Hashi02
羽田から離陸した飛行機が橋をかすめて飛んでいく。
機種によってか、パイロットの技量によるものか判別不能だが飛ぶ位置が微妙に異なるのが面白い。

Hashi03
完全な夜景になるまで粘ってみたい気持ちもありながら、とりあえず光跡を撮ることができたので撤収。
初めての対象物、撮影場所であったため撮る場所を移動せずいろいろ試す。
同じ場所から遥か彼方に富士山や、ライトアップされた東京タワーを確認することができたので季節が
変わったら機会を設けて再チャレンジしてみたいと思った。

検討課題
・ロケハンは入念に行う
・意外な位置からも撮る

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
松本州平氏に限らず、当時はフランソワ・バーリンデンやシェパード・ペインといったモデラーの作る
作例を雑誌など誌面を通じてや、タミヤモデラーズギャラリーなどで穴の開くほど見たりしたものです。
州平先生、最近ドライブラシしていないんですか…残念ですね。6色ローゼンジを筆塗りで表現とかを
是非やっていただきたいと願ってやみませんね。

2012年2月 4日 (土)

JPS BUGATTI 55 Tank Coupe des Prisonniers 1945 完成

タイトルの通り、JPS BUGATTI 55 Tank  Coupe des Prisonniers 1945です。
プリペイントキットを多くリリースしているJPSですが最近は低調な感じがします。ランクル完成の勢いのまま作ります。
構成される部品点数も少なく、チャッラっと作るのに適しています。もちろん本格派のモデラーの皆様にも対応できる優れた
キットメーカーです。安心して作り込んで製作し、遺憾なくその実力を発揮することもできます。がんばってください。

Bug001
キットは銀色で塗装されていましたが、どうにもテラテラ光り輝くさまに違和感を覚えます。
実車についての知識は皆無です。もしかしたら丁寧な銀塗装を施されていた可能性は当然あります。
あるいは金属板を叩き出した素地を丸出しにしていたかもしれません。まったく裏付けの無いまま後者を選択します。
1945年という戦後すぐの状況や、 Coupe des Prisonniers(囚人のクーペ)などいう直訳するとなんとも物騒な名称を
与えられた車両です。なにがあってもおかしくありません。ナッターのパイロットになった気分です。
もう寒い、どうにも景気が上向かないなど日頃の鬱憤を晴らすためドライブラシに専念します。

Bug002
塗装済みボディに薄めたエナメル系の黒を適当に塗り、ラッカー系のシルバー各色でネチネチとドライブラシを施します。
最近、自分にとっての判断基準である四号戦車を作っていないので、ドライブラシのストロークも乱れ、安定していません。
エンジンなど小部品への凹凸表現でもドライブラシを用いることを好まないモデラーもいますが個人の趣味の範囲です。
好きにやらせていただきます。ブガッティファンの皆様、ほんとうに申し訳ございません。

ウィンドスクリーンのフレームをダヴァサモデルの「旧国窓枠700mm幅」エッチングパーツに置き換えました。
工作能力のせいで効果が発揮されていませし、接着剤も盛大にはみ出しています。いつものことです。諦めます。

黒騎士物語読みたさにHJ誌を買い続けていた洟垂れ小僧は、誌面を飾る松本州平氏の影響を受け、長じて43モデリングに
おいてもドライブラシを多用するに至りました。たとえ寒くとも縁側で作るべきでした。スダコフツ万歳です。
ラリーレイド系の車両が続いたので気分転換にいい感じです。名札がありませんが完成とします。

検討課題
・改造しちゃイカン
・まず自分が楽しむ

2012年2月 3日 (金)

朝日酒造 久保田 翠寿

勤務地近くの酒屋に別の酒の入荷案内が貼り出されていたのでフラフラと店内に入ります。
別の酒を買う際、店員さんから勧められたこちらも併せて購入してみました。

Kubota
既に開封し、飲み始めています。
昨年5月製造と記された限定出荷品です。じゅうぶん冷やすとスルスルと飲めます。飲めてしまうのです。
飲み口も軽く、スッキリした味わいなので調子に乗って飲み過ぎてしまう危険性大です。

検討課題
・慌てて飲まない
・飲むことをノルマにしない

2012年2月 2日 (木)

バックル

2012年2月1日、少し早めに仕事を切り上げ、健康増進の掛け声のもと会社からダラダラ歩き出します。
先週土曜日も歩いた同じコースを歩く途中、アメ横JRガード下のウェスタン調の店で気になるバックル発見。
ん〜なんのかんの言いながら衝動買いです。

20120202_001
NASCARと書かれている。
嘘っぱちかと重いきやバックル裏面に長々と、ライセンス許諾うんぬんらしいことが彫刻されています。
車はポンティアック・グランプリ。ゼッケンはなんとなく1994年の「94」のような気がします。
もし94年ならシボレー・ルミナであって欲しかったところですが調べていません。どうでもいいことです。

20120202_002
気に入って長いこと愛用しているマスカラス。こいつの次はドスカラスと信じて疑わなかったのに残念です。
ベルトの色が目の部分から覗くので、派手な色のベルトにすると気分が盛り上がります。
朝の千代田線に乗る満員の乗客めがけ、トペをお見舞いしてあげたくなるくらい高揚してきます。

20120202_003
NASCARバックルと併せ、目が合ってしまったために購入したアパッチなバックル。最強目ヂカラです。
適当に色でも塗ってみましょうか。

検討課題
・細身のベルトより細身の肉体
・ベルトの穴位置に注意する

2012年2月 1日 (水)

歯医者

昨夏から奥歯というか頬のあたりに鈍痛を覚え、歯医者に行かなきゃと思いつつ自らの治癒力に一縷の望みをかけ放置。
診察券をみると昨年も同じ時期に治療していたことが判り、意を決して虫歯治療のため歯科医通いを開始する。

診察、レントゲン撮影などこなし状況説明を受ける。
20数年前に治療した奥歯が、詰め物の隙間から再び虫歯となり、歯の根で炎症を起こして膿みが溜まっているとのこと。
治療方針としては詰め物を外し、神経を抜いて膿みを排出させ、再び新たに詰め物をする。という行程になるそうだ。

こう、なんというか、怖いのである。
針状の何かでグリグリ、コシコシしているとき、稀にジャストミートして汗が噴き出す瞬間がある。怖いのである。

Ha
まず最初の治療やらが終わり、恐怖にうち震えながら会計を済ませているとき受付の方からサラリと問われる。
「ちっちゃい子供とネコ、どっちが好きですか?」返答を誤ると大音量の江戸の黒豹が流れるなか官憲が駆けつけてきそうです。

ドキドキしながら「猫です」と無難に答えるとカレンダーをいただきました。ホッと一安心です。
虫歯治療はまだまだ続きます。

検討課題
・二択問題の解答は慎重に
・歯科医でオドオドしない

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
新橋でROMUの営業が続けられていれば少なくとも確実にTameoのキット、各種部品、
デカールなどの入手に困ることは無かったと思うと早期の撤退はたいへん残念でした。
中途半端に貯まってしまったポイントカードの扱いもどうしたらよいか判りません。
関西在住の青年に会う機会があれば投げつけてあげようと考えている次第でございます。

こいでさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
未知のキットを前にして一期一会と思うか、見敵必戦と思うか迷うところでございます。
私の場合「買わずに後悔より買って後悔」を実践するよう日々勤めているところでございます。

Saab

参考までにプロバンススタンダードの丁寧に書かれたカラー説明書をご覧ください。
実車の詳細など全く知りませんが、このサーブも無事完成すればクリーム色の美味しそうな色柄になること間違い無しです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »