« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月30日 (月)

豊乃鶴酒造 大多喜城 純米大吟醸 & 生貯蔵酒

2012年4月7日、桜を求め訪れた大多喜にて購入。
以前にも撮影で訪れた際、近辺を通りかかるたびに看板を掲げる酒販店を目にすることがあり興味を持つ。

連休ということもあるし、最近は「休肝日」なる意味不明の休養日は不要という研究報告もあるので、自分にとって
都合の良い情報だけを選択し、飲み鍛えていきたいと思います。肝臓は眠れる器官。休ませずに鍛え上げましょう。

20120430
同じ関東圏であっても埼玉県ではなかなかお目にかかれない千葉の地酒です。味わっていきます。

初めてということもあり、とりあえず小瓶をやっつけます。いかがなものでございましょうか。
しっかりと味わう前に飲み干してしまったので即、純米大吟醸の封を切ります。やはり300mlは少ないな。
飲み口は、トロリとした舌触りを僅かに感じながら、引っかかりを感じることも無く、ほど良い喉ごしを楽しめます。
トゲトゲしさや、ピリピリしたものは一切無く、全方位に向けて美味しいです。味わってますよ。本当ですよ。

検討課題
・知らない酒はとりあえず買って飲む
・飲んで美味しかったら満足するまで買い足す

2012年4月29日 (日)

Go West! April

連休だぜ!箱根の山を越えるぜ!!

20120429
毎年、この時期になると何はなくとも無理な注文のお願いするため、いそいそと名古屋の名店へ赴きます。
ネット社会全盛の世でございますが、やはり実店舗でアレコレ迷いながらお買い物をするのは楽しいものです。

諸々はまた後日。

検討課題
・買い物メモを忘れない
・無理なスケジュールを組まない

2012年4月28日 (土)

JADE MINIATURES N.S.U. Land Speed Record 1951

することも無いので暇つぶしにデカールを貼っていきます。
といっても貼る量は僅かなため、30分程度の簡単な作業です。

20120428
車体を取り囲む青ラインのデカールは、GSRカラーデカール(ブルー)を用いています。
最近のタミヤのカーモデルなどに付属されるような光沢があり、貼り込む際に若干の固さを感じる系統のデカールです。
Viragesなどの柔らかく、デカール軟化剤を使うと簡単にへこたれるデカールを日頃から貼っていると、この硬さは新鮮に
感じたりもします。もちろん硬いと言ってもダバダバとデカール軟化剤を用いればすぐに従順になるので大丈夫です。

車体上面の「NSU」の文字色と、ラインの色が違っていますが気にしません。オッケーです。
定着のためのクリアーを吹いて放置します。

検討課題
・細かいことは気にしない
・直線デカールは真っ直ぐ貼る

2012年4月27日 (金)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ北へ南へ彷徨うのも楽しい。

20120427_001
沢入駅にて「わたらせIII」と初音ミク。

20120427_002
神戸駅にて山桃と春ちゃん。

20120427_003
間藤駅先の廃線区間でガーター橋と初音ミク。

20120427_004
本宿駅でようやく見つけた桜と春ちゃん。

これにて「わたらせ渓谷鐵道」〜「足尾銅山」関連の項はおしまい。
引き延ばしていたのは、これからの連休時の諸々に影響させないためで、その内容はまた後日。

検討課題
・使い分けのタイミングを計る
・アホっぽさを醸す

2012年4月26日 (木)

丸美屋自販機コーナー

関東近縁の自販機マニアにはつとに有名な自販機コーナーである。
24時間営業のコンビニが現在のように数多くない頃、深夜の移動中など小腹が空いたときはよく利用したものだ。

20120426_001
うどん、そば、トースト、ラーメン。ホットスナックが充実しているのがありがたい。

20120426_002
同タイプのうどん自販機を稼働させている所もあるが、ここではエビ天入り大当たりを設け、他店と差別化している。

20120426_003
トースト自販機には「チョー熱い」との注意書き。利用者に対しての心配りも万全。
使い終わった容器や割り箸も所定の場所に整頓されており、ゴミも散らばっていない清潔な状態を保っている。
運営者、利用者ともにこの施設を丁寧に扱っていることが窺え好感を持てる。

次に立ち寄った際は全メニュー制覇に挑戦したい。
もしくは大当たりのエビ天が出るまで連続うどんチャレンジもしてみたい。

あとチョット続きます。

検討課題
・待ち時間に踊らない
・使った後は使う前よりきれいにする

2012年4月25日 (水)

廃墟

廃墟マニア諸氏にとっては垂涎の地ではなかろうかと思えるほど至る所に古い廃墟がある。

20120425_001
わたらせ渓谷鐵道の終点、間藤駅から先の廃線区間の先にある古河機械金属株式会社の鉱山施設跡。
一般開放はしておらず、厳重な施錠がなされています。

本山鉱山神社方面に向かう道沿いにも多数の廃墟があり、人影もない現状ではなんとも怖い印象を持ちます。

20120425_002_2
足尾銅山観光横の廃墟。画像右の屋外照明は足尾中央グランドのもの。

もう少し続きます。

検討課題
・むやみに立ち入らない
・無理に煽るような撮り方をしない

2012年4月24日 (火)

足尾銅山観光 鉄

銅山なのに鉄とは此れ如何に。
入園料ではなく「入坑料」とあるようにトロッコ列車に乗り通洞坑へ向かいます。

20120424_001
ラックレール式鉄道のような軌道をもつ専用線で急勾配を一気に駆け下ります。

20120424_002
バッテリー機関車の車体側面には「源さん」が描かれています。痛車です。

20120424_003
途中駅で機関車を分離し、坑内へ突入します。もう気分は坑夫、訳も分からず蟹工船の一節を暗唱します。意味不明です。

20120424_004
屋外には、現在では自走不能と思われるバッテリーカーが展示されています。
坑内展示室にも赤く塗装されたバッテリカーの展示もありました。

飽きずに続きます。

検討課題
・窓が無いからといってハコ乗りしない
・音声説明はよく聞いておく

2012年4月23日 (月)

足尾銅山観光 人

2012年4月13日、過去の政治的なこと、環境破壊や公害など無視して「観光」に徹します。

自分が小学生の頃に、田中正造の後半生を取り上げる内容の国語か道徳の授業があったため、足尾銅山には
ネガティブな印象を持ってしまい、田中正造には死したときに所持していた荷物の内容に興味を持ったものです。

20120423_001
唐突な入口。CGで描かれるキャラクター「源さん」がお出迎え。ワクワクしてきます。

20120423_002
入坑料800円を払います。トロッコ列車の待ち合い所には坑夫のマネキン。顔つきがダッフンダで笑顔を誘います。

20120423_003
坑内は江戸時代、明治大正時代、昭和時代のそれぞれの採掘風景がわかりやすく展示されています。
過酷な労働環境を示す展示でありながら、どうしても見学者を笑わすことに執心しているように思えてなりません。

20120423_004
ふんぬぁっ!どのマネキンも表情豊かです。

資料館や土産物販売所、食堂なども併設され小中学校の社会科見学などに対応しているような感じです。

飽きずに続きます。

検討課題
・真剣に見学している人の横で爆笑しない
・展示内容の説明は一応読んでおく

2012年4月22日 (日)

草木ドライブイン

なにはなくとも暴飲暴食。
移動の合間に国道122号線沿いにあるドライブインで食事をとる。

20120422_001
近年は地方でもファミリーレストランや、コンビニエンスストアが進出、出店したため、どこででも同じような食事を
安定的に取ることが可能になった。しかしながら、独立系ドライブインにはつい立ち寄りたくなる魅力がある。

20120422_002
鳥めしにハズレ無し。
一見の客相手のドライブインにありがちな量も少なく、味も切ないものかと思いきやさにあらず。食べ過ぎです。
量も多く、味もしっかりしています。特に天ぷらうどんのかき揚げは、注文してから揚げたようでサクサクでした。
たいへんおいしゅうございました。

さらに続きます。

検討課題
・ヤル気の無さそうな店で、やっぱりヤル気の無い物を出されてもガッカリしない
・メニューの写真や食品サンプルを信じない

2012年4月21日 (土)

草木ダム

わたらせ渓谷鐵道、神戸駅〜沢入駅間にあるダムです。

20120421_001
列車ではトンネル区間になっているため、水をたたえたダムの姿を確認することは難しくなっています。

20120421_002
紳士淑女の嗜みとして、ダム訪問の折りには管理事務所に立ち寄り、ダムカードをいただくのは当然のことです。
平日に訪れたこともあり、係の方にお願いして簡単にいただくことができました。他のダムを含め土日、祝祭日は
配布を行わないことが多いなか、草木ダムでは休日でもダムカードの配布を行っていおり、ありがたいかぎりです。

20120421_003
カード裏面には各種スペックが記載されています。足型や必殺技、攻撃能力や弱点などは書かれていません。
プロ野球にマスクドライダーなど、スナック菓子のオマケカードにまみれた子供時代を経験してきた者としては、
配布されるカードがあると聞いてしまった以上、とりあえず入手しておきたくなるものです。

さらに続きます。

検討課題
・放水も見ておく
・むやみに近寄りすぎない

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
近いと思ってなかなか行かない久留里線。いつでも行けると思ってなかなか行かない久留里線。

Kururi
これは昨年、2011年6月に撮ったものですが、最近はどんどん色柄が派手な車両に切り替わりつつあるようです。
いろいろな方の撮影記を拝見すると、これから暖かくなるにつれ沿線の好撮影ポイントでは「蛭」が発生し、
撮影者をチューチューすると恐ろしい情報を散見することが出来ます。撮影時は注意と用心が必要みたいです。

2012年4月20日 (金)

わたらせ渓谷鐵道 足尾駅

2012年4月13日、沿線随一のメジャー駅かと思ってみれば、留置線を有しながらもガランとした無人駅。
足尾銅山に近い駅は隣の通洞駅で、わたらせ渓谷鐵道の各種関連グッズ販売も行う有人駅となっている。

20120420_001
こちらもいい感じの木造駅舎。

20120420_002
ホームの片隅にキハ30が置かれています。
久留里線、八高線、川越線などで使われた乗車扉が外側に剥き出しになっている車両です。
はるか以前、指扇の駅で降車ボタンを押してから扉を開けるシステムを知らず、車内に取り残されたのは秘密です。

20120420_003
ダルマ?思い出されるのは大泉洋氏の派手なライディングフォームです。

20120420_004
他にも車両や貨車、カバーのかけられたディーゼル機関車と思われる車両が確認できました。

まだまだ続きます。

検討課題
・少しだけ下調べをしておく
・たまたま見つけたラッキーを喜ぶ

2012年4月19日 (木)

わたらせ渓谷鐵道 神戸駅

2012年4月13日、神戸駅にて。(こうべ-えき)ではなく(ごうど-えき)と読みます。

20120419_001
いい感じの木造駅舎。沿線に残る木造駅舎は古いなりに手入れ、掃除も行き届いており状態も非常に良い。
別の駅、上神梅駅でお話しした駅前にお住まいの方は、駅舎屋根が苔むして古くさく格好悪いと嘆かれていた。
それさえも近年ではなかなか見ることも出来ない良いものであると思っていただきたいと願ってやまない。

20120419_002
神戸駅にての交換風景。ピンク色の花は山桃。紅梅も咲いている。桜は…

20120419_003
神戸駅と言えば、駅に併設されるレストラン清流。こちらで販売される駅弁が美味しいとの評判を聞く。
客席は、東武鉄道が世界に誇る夢の超特急DRCの中間車を利用しています。せめて先頭車両だったらと思ってしまった。

20120419_004
間藤方面へ出発。車体側面にはこの地方に生息する野生動物のシルエットが描かれています。熊、鹿、猿、猪、兎…

まだまだ続きます。

検討課題
・周辺の人物も入れ込んで撮ってみる
・光の向きは無視する

2012年4月18日 (水)

わたらせ渓谷鐵道

2012年4月13日、そろそろ北関東でも桜は満開になってるだろうと思い、わたらせ渓谷鐵道方面へ向かいます。
東北自動車道、岩船JCTから北関東自動車道へ移り、太田桐生ICで高速道路を降りて一般道を北上します。

20120418_001
満開!の桜並木の横を中野駅に入線する「わ89-310形」
2012年4月7日の房総半島で五分咲き以上の開花であったし、それから春めいた日が続いていたことあり桜も咲き
誇っているだろうと思ったものの北関東侮りがたし。山間部はそれほど寒いのか?まるで咲いてない…

20120418_002
大間々駅〜上神梅駅間。なんだろ…桜の蕾みに色づきも無く、まるで真冬の風情に思える。

20120418_003
沢入駅にての交換風景。もう桜は諦めるか。

この項、自分的に思わぬ収穫もあったためしばらく続きます。

検討課題
・天候、陽気は思い通りにならないことを知る
・その条件下でどうにかする

2012年4月17日 (火)

R.A.E. MODELS LTD. ROLLS ROYCE / BENTLEY T SEREIS

来歴など含め予備知識皆無です。入手経緯も忘れ去り、何故いま自分の手元にこのキットがあるのかも不明です。

20120417
ロールス・ロイスと、ベントレーのいずれかを製作可能となっています。やはりベントレーが順当かとも思えます。

カテゴリーは本来「ヨクボウ」となるものですが、せっかくのことでもあるため「ヨンサン」にしておきます。
いろいろアレします。

検討課題
・頑丈になるようお願いする
・ある程度お任せでお願いする

2012年4月16日 (月)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ西へ東へ彷徨うのも楽しい。

20120416_001
春の到来を本気で伝える。

20120416_002
田植えに備え水を導き入れる。

20120416_003
新型車両と。

検討課題
・光の加減を考える
・考え過ぎず適当に撮る

おささま
ご訪問、コメントありがとうございます。
ここも千葉県で、千葉県といえば関東地方くくりだと「首都圏」なんですけど、山また山なんですよね。
列車の運行本数も日頃、山手線や京浜東北線を利用していると絶望感を味わうほどの少なさで、万が一
乗るべき列車1本でも逃そうものなら遅刻確定な感じで毎日スリルが味わえそうで怖いです。

デモドリさま
ご訪問、お褒めいただきありがとうございます。
ユルく、ヌルく撮ることを心がけております。
たまの名古屋遠征時に、午前:明智鉄道、午後:ラクーン。午前:長良川鉄道、午後:ラクーン。
など強行軍を行っておりますが事前調査の甘さからなかなか納得のいく撮影ができていません。
今年も隙を見て、午前中に犬山線か樽見鉄道あたりに挑戦したいと企んでおります。

2012年4月15日 (日)

いすみ鉄道

2012年4月7日、そろそろ桜も満開だろうと予想し、いすみ鉄道方面へ行ってみる。
千葉県の房総といえば温暖な気候の印象を持ってしまうが、それは沿岸部だけなのかもしれないと半島中央部へ
行くにしたがい思い始める。菜の花は見事に咲いているものの、桜は五分咲きから七分咲きといった感じだ。

20120415_001
待ちに待った新型車両!沿線利用者の方にとって快適な乗車環境を約束してくれること間違い無しだ。

20120415_002
大多喜城をバックにキハ52。

20120415_003
木陰の中から。

プロでもあるまいし奇をてらった撮り方を積極的に行っていこうと思う。

検討課題
・荷物の最小化に努める
・足ごしらえを考える

2012年4月14日 (土)

昼桜

そんな言葉、表現があるかなど知らない。
先日、自宅近くの桜並木に夜桜を見に行くも、まだ気温も低く、三分咲きにも満たない状態であったため
2012年4月8日、満開の知らせを聞き再び桜を見に行く。

20120414_001
満開になった感じ。いつも思うのは、桜を撮るのは難しいなぁ。ということ。花を撮ってるのか、木を撮ってるのか。

20120414_002
桜の木の下には…ロマンも怪談もなく車座の酔っぱらいが多数。
昨年は震災後の自粛ムード全開であったせいか、今年はなかなかの賑わい。昼酒はことのほか堪えるのだよ。
ブルーシートはいただけない。ゴザの調達が無理なら、せめてネズミ柄などのレジャーシートにして欲しい。
どうにも現場感丸出しというか、ブルーシートは、隅田川辺リにお住まいの方々を彷彿とさせてしまうのです。

20120414_003
桜の散り際の潔さを好む人も多いと思う。しかしながら私にとっては、これから始まる秋に向けての長い長い
虫どもとの闘いを告げる合図であったりもするのだ。

検討課題
・なにかと「桜」にかこつけて行わない
・とりあえず「花見」を言い訳にする

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
レコードやCDのジャケ買い同様、書籍でも表紙にグラッとして買ってしまうことは、よくあることでございます。
鶴田氏が関与したブレイブストーリーは既刊が4冊となっているようですので、もうちょっと少なく2冊が刊行された
白倉由美氏の「おおきくなりません」シリーズなど表紙買いしてみるのはいかがでしょうか。

私と言えば最近は、里見英樹氏の装丁だと買ってしまう傾向が強まっていると感じることがあります。コミックですけど。

2012年4月13日 (金)

さすらいエマノン 鶴田謙二著 梶尾真治原作 徳間書店刊

既刊「おもいでエマノン」と併せ、梶尾真治氏による同名小説のコミカライズ。原作小説は未読。
何度か書店経由で出版社に問い合わせるも、出版社に在庫が無いとの回答を得ている。そろそろ原作版の重版お願いします。

作画は寡作家ともいえる鶴田謙二氏。氏の新刊が出ると内容も確かめずつい買ってしまう。
自分が中学生、高校生の頃に接した漫画による刷り込み的なもののせいだろうか。小林源文然り、バロン吉元然り。

20120413
タイムトラベル、タイムリープと呼ばれる系統のお話。プラプラと放浪する感じがフリーダム。柴又のナイスガイとは趣が異なる。
表紙に描かれる女性が主人公のエマノンさん。地球に原始の生命が誕生してからの記憶を持ち続けるという奇特な御仁。
タイムリープとはいえ、高橋克彦氏の書く「緋い記憶」のようなオドロオドロしさはないので安心して読み進めることができる。

ややもすると、昨日の夕食の内容を思い出すのに四苦八苦する自分にとってはそれだけで驚異。
さまざまな記録装置が発達した現代において、個人が何かを記憶し続ける利点はなにかと考えてしまう。

検討課題
・嫌なことはサッさと忘れる
・忘れないよう書き留めることをクセにする

2012年4月12日 (木)

夜桜

自宅近くの桜が咲き出したので撮ってみる。

20120412_001
ストロボを使いたくないのでシャッタースピードを遅くすると、僅かな風のせいでブレてしまう。

20120412_002まだ蕾も多い。もう少し咲いたら再度、撮ってみようと思う。

夜だというのに歩く人、走る人、犬に引きずられるようにしている人、会社帰りの人などいて落ち着いて撮ることもできない。
自分が出歩かないような時間帯に敢えて外に出るのも面白いことと気づく。
三脚抱えて歩く姿を通報されないよう注意が必要と思い直す。

検討課題
・飲むために腰掛けるいい感じの段差を探さない
・花見で泥酔しない

せぶさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
レジンのボディは収縮しているため、ソリドのメタルボディと幅が違ってしまっているんですよ。
そんな現状があるので切った貼ったは難しいですね。最大の要因は私が面倒に感じているからなんですけどね。
とりあえず工作しやすいレジンボディを活かす方向で何とかしたいと考え中です。

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
なかなか侮れない「ブツ」ですよ。パーツ単体では非常にデキが良いのが悩ましいくらいです。
ボディとデカールはキットの物を使うべく善処しようと思っています。
差し当たり、完成に向けて如何に楽できるかを深慮したいと考えております。

2012年4月11日 (水)

graphyland PORSCHE 924 PARIS-DAKAR 81 SONAUTO

古来、大陸文明より伝わる「鉄は熱いうちに飲め」の諺の通り、とりあえず手をつけます。嘘です。

まずsolidoのミニカーを適当に分解します。組み立てにネジを使っていない匠の構造を堪能できます。
前縁側に刺さる楔形の樹脂製ストッパーが外しにくくなっています。今後、同じ作業をされる方へ向けたアドバイスです。

20120411_001
solidoのシャーシはそのまま使える感じがしないため、レジンボディに嵌まるよう余分な箇所を削ります。
亜鉛ダイカストと思われる素材のため、Pカッターでアタリをつけペンチでグニグニやってると簡単にもげます。
ボディをかぶせ様子をみます。期待が持てそうです。

20120411_002
期待は敢えなく潰えます。シャーシの幅側をグニグニしているときに気づくべきでした。
このレジンボディは経時によって収縮し、ダイカストはチョットやソッとじゃ収縮しないということを。

☆ 窓から投げ捨てる。
☆ シャーシをプラ板から切り出す。
☆ ミニチャンプの924を使う。

ミニチャンプを使うとボンネットにNASAダクトを設ける工作が必要になります。一気に面倒になりそうです。
ボディ側に内装を接着し、位置関係の辻褄を合わせプラ板のシャーシで蓋をするのが現実的で簡単でしょうか。
作業を中断します。

検討課題
・ペンディングの理由を箱に書いておく
・次善の策を早めに仕込む

2012年4月10日 (火)

TOMYTECH 鉄道コレクション 第15弾

箱で買うのが大人の嗜み。
2012年3月13日で触れたとおり予約を済ませ、入荷のあった専門店へ引き取りに行く。

20120410_001
シークレットは樽見鉄道の車輌とのこと。ザッと開梱し中身を確認。自分が購入した箱には未混入であった。
併せて専用ケースも購入。詳細についてはまた後日。

20120410_002
専用ケースにはボーナスとして未塗装の車両が付属する。
地方鉄道なりのラッピング車輌を考える。鉄板のロスマンズカラーか、それとも十万石カラーにしてみるか。

いくつかには動力を仕込んでおこうと思う。

検討課題
・旅先では地方鉄道グッズを買う
・シークレット目当てで買わない

2012年4月 9日 (月)

有楽町から日本橋

2012年4月1日、肌寒さを感じないこともない春めいた休日に歩行者天国の銀座を歩き再び日本橋を目指す。
途中、中央通り沿いの東海東京証券にて「おかえり、はやぶさ」展が催されていたので見学に立ち寄ってみた。

20120409_001
公開中の映画で使用された原寸大の模型が展示されていた。どうにも衛星といえば「ひまわり」を思い起こすのです。

20120409_002
度重なる困難のなか地球に戻るためがんばったイオンエンジン。
小型、小型と言われており自分自身ももっと小さいモノと思っていたが、実際には一辺が1m以上の大きさの箱であり、
模型とはいえしっかり作り込まれた印象を受けるソレの迫力はなかなかのものであった。

20120409_003
帰還カプセルの模型。削りだし表面の平滑さを触って確かめたくなる。

20120409_004
ソーラーパネルを展開した状態を示すscale=1/2の模型。

併せて宇宙ヨット「イカロス」の模型や説明パネルなどの展示もあり読み耽る。
JAXAの宇宙服を着ることができる体験コーナーがあり、すんでのところで我慢して会場を後にする。

検討課題
・SHIWAKEの意義を深慮する
・バンダイの船外活動宇宙服モデルを作ってみる

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
河川管理事務所の車両は、現在の国土交通省カラーではなく「建設省」だった頃のカラーリングを目論んでいます。
年代やら何やら諸々の辻褄が…という問題は残りますが嘘設定ということで。

2012年4月 8日 (日)

日本橋から有楽町

2012年4月1日、日本橋で桜の開花を確認できたので陽の光を避けるように地下に潜ります。
ガランとした新日本橋の駅から東京駅に向かいます。

20120408_001
適当に地上に出ます。ここはどこだ?と、しばらく辺りを見回します。
東京駅付近に地上高架を東西に走る路線は無いので、南北を把握してから南下します。

有楽町駅付近では4月1日(シガツ・イッピ)に入社式を行う企業があるのか、プレーンノットをよれて結ぶのもやっとの
ようなルーキーの集団が歩道を占拠し、休日の歩行者の通行を妨げる。今すぐ社会人の自覚を求めるのは酷か。
厳しい就職活動から解放された喜びからか、社章を付けていない気安さからかは不明。世間様ってのは狭いぞ。
これから40数余年に及ぶ椅子取りゲームに励めと、ささやかなエールを送る。

20120408_002
ドラマが始まるのに合わせたプロモーションが行われていた。ミニ展示会なるを見にビルに入る。
きっと歴代パンナム機の1/144模型がズラリと並んでいるのだろうと勝手な期待に胸を膨らませる。

ガラスケースに運行当時のチケットや、報道記事。スケール不明のダイカストモデルが数点。アレレレ
スチュワーデス(当時の呼称を用います)の制服に関する記事等。アテンドの女性がパンナムの制服をスラリと
着こなしていたのがせめての救い。近在の天賞堂の協力は無しだったのか?と思ってしまうような展示物。

20120408_003
年代測定「ヒョーショージョー!」判るな?
生パンナム杯の展示。力士が持つとさほどとも思えぬが、全高1mを超える想像以上の大きさ。これは収穫。

20120408_004
さらにジェシーの化粧まわし。
カメハメハな柄とパンナムのマークが憧れのアメリカ、ハワイを印象づける。

自社の企業イメージ、ブランドイメージを良好なものするために積極的な活動を行っている企業はどこかと思い廻らす。
続きます。

検討課題
・コンコルドをパンナムカラーで作ってみる
・パンナムマークがプリントされたショルダーバックをたまに使う

2012年4月 7日 (土)

常盤橋から日本橋

2012年4月1日、前日に気象庁から都内での桜の開花宣言がなされたため、いそいそと出かける。

日頃なにかとハンタイ!ハンタイ!と叫ぶ連中は「キサマトオレトハ」で歌われる歌詞に出てくる花に対して
どういった感情を持つのか聞いてみたい。あるいは開花宣言の標準木の設置位置についての感想などとか。

20120407_001
とりあえず三越前駅から地上を目指します。
常盤橋が地震の影響から通行止めになったことに伴い、継続的アウトドアライフ実践者の皆様が排除されてる
ことと思い、橋の袂の公園に行くも何かの工事らしく重機が留置されており、公園に入ることもせずに退散。

20120407_002
気を取り直してド本命?日本橋に行き、無事の開花を確認する。これは天松側の桜。

20120407_003
こちらは野村証券側。開花宣言があったとは言え、宣言当日の午後は大雨が降り、気温が下がったこともあり
どちらの木も数輪咲いている程度で満開にはほど遠い状態。

チータを引き延ばしたせいでタイムラグが生じています。
続きます。

検討課題
・花見の弁当はケチケチしない
・春咲小紅を歌ってみる

2012年4月 6日 (金)

ThreeBond 7700シリーズ Gold Label 瞬間接着剤

信州より春を告げる便りが届く。
今春、沿線住民はじめ多くの利用者、愛好家に惜しまれつつ引退となった長野電鉄2000系、通称「りんご電車」の
イラストが描かれたパッケージの八幡屋礒五郎の七味唐辛子をいただく。お心遣い感謝申し上げます。

20120406_001
分別、良識のある方から「七味を舐めて少し落ち着け」とのありがたい助言と思い、むせるまで舐めることを誓う。

20120406_002
同封にてスリーボンド製瞬間接着剤、7731(超高はく離、耐衝撃)と、7781(超速硬化)もいただく。
七味と併せ並べてみる。己が体に開く穴にブチこんで後悔の少ないのはどちらかを暫し考える。

ことの発端は、2012年2月26日にパジェロのボディを落下させ粉砕し、途方に暮れていたところを見るに見かねて
救いの手を差し伸べてくださった次第なのだ。心より感謝しつつ、これで思う存分キットを床に落とせると安堵する。

20120406_003
だいたいにおいて初めてではなく、2010年に完成させた GAFFE Range Rover Seiko Paris Dakar 1982 の車体、
右前フェンダー周辺を含め4分割させたりもしているのだ。SEIKOの「K」あたりから砕けた跡が斜めの線となって
残っているのが確認できる。このときは慌てて釣具屋で購入した瞬間接着剤で対処したはずだ。

なんにせよ、まず床に落とさず作業することを心がけねばなるまい。

検討課題
・適切な接着剤を選び使う
・調味料の多量摂取を控える

2012年4月 5日 (木)

ひとりで歩く京都本 Lmaga Mook 京阪神エルマガジン社刊

知らない土地において恥ずかしい行い、法に触れる行いをしでかし、粟田口にその首を晒されぬように事前に勉強します。

昼休みに立ち寄った書店で目に付いたため購入。
持ち帰って眺め、読んでいくと編集が女性誌ベースのせいなのか、そこはかとなくオサレな感じを漂わせていることに気づく。
同時に写真、記事ともども京都ゆえの安易な「どすえ感」をプッシュしていないあたりに好感を持てる内容だったりもする。

20120405
思いつきの日帰りだと決まった所に行くか、何かで見知った有名どころを決め撃ちで訪れがちになっていまうのが難点。
たまにガイドブック的なものを見てからルートを考え、未知を開拓するのも楽しい。

別の雑誌「ワンダーJAPAN」を読み、蹴上の先にある浄水場を見てみたい気持ちをたくましくしています。
なんにせよ京都に行けばセットで名古屋にも寄るわけで、むしろそちらがメインなのは当然の理なわけです。

検討課題
・底意地の悪い対応だと感じても知らん顔でやり過ごす
・滞在時間と行程に無理のない計画を立てる

2012年4月 4日 (水)

YOWMODELLINI Lamborghini CHEETAH 4/4 完成

ボクのおじいちゃん

ボクのおじいちゃんはビル・キルゴアといいます。職業は退役軍人です。南部訛りがひどく、とてもタバコ臭いです。
ボクが朝寝坊をすると庭に焼夷弾を撃ち込んで起こしてくれます。朝はナパームの香りが一番といつも言っています。
パパはもう3年もアフガンに行ったきりなので、野球やナスカーレースはおじいちゃんと見に行きます。楽しいです。

去年、ボクに妹ができました。ボクもお兄ちゃんです。
おじいちゃんも、パパもママもボクも日に焼けると真っ赤になるのに、妹は産まれたときからすっかり日に焼けています。
パパには黙ってろとおじいちゃんは言います。「それがテックサス男の心意気だぜ!」とガハハと笑いながら言われました。
いつも滅茶苦茶でママは困った顔をしているけどボクはおじいちゃんが大好きです。

20120404_001
タイトルの通りYOWMODELLINI Lamborghini CHEETAHです。どんどん組み立て、細かい部品を接着していきます。
ライトパーツや、セルフタップネジなど小部品が未梱入でした。そんなことは気にせず適当に合う部品を用意し取り付けます。
後部に設置されるアンテナは、手頃なピアノ線を入手できなかったので基部のみ接着しアンテナは省略しています。

四座の素敵オフローダーに乗るのは運転手、ビル君、サーファー、無線通信兵の4人ですから車両に通信機がなくても
オッケー、オッケーという嘘設定をいま慌てて考えておきます。

20120404_002
リアバンパーは接着面が少ないため、ジェリカンと牽引フックで挟みこむように接着しました。位置関係に不安を残します。
半光沢の塗装面に小部品を固定する際にボンドがはみ出し、ツヤが出ています。相変わらずの低い完成度でございます。
名札を付けていない、台座に固定していないなどイロイロとツッコミどころ満載ですが完成とします。平常運行です。

また隙を狙って嘘車を作りたい気持ちに駆られます。
UN、POLIZIA、CARABINIERI、千曲川河川管理事務所などなど妄想がパンパンに膨らんでいきます。
次はどうしましょ。

検討課題
・適当なことばっかりしない
・適当になんでも楽しむ

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
スツーカにはサイレン、イロコイにはスピーカー。ロングボードも載せるべきでしたね。
4月のネタものなので完成を急ぐあまり、なにもかもが中途半端な結果になってしまいました。
ルーフからリアにかけて広大な平面が残っていますので気が向いたら追加工作を考えます。

2012年4月 3日 (火)

YOWMODELLINI Lamborghini CHEETAH 3/4

デカールを貼っていきます。半光沢のクリアーを塗り、順調に出来上がったシルバリングを確認し肩を落とします。
ビル君の所属する第一騎兵師団のエンブレムを両側面と、テールエンドに貼ります。
前面に貼らないのは車両メーカーの牛さんマークが既にあり、サーベルのマーキングも施したかったからです。

20120403_003_2
両側面にはUNITED STATES ARMYと、車両番号も貼っておきます。
車両番号は航空機のデカールをそのまま貼っているため、実際の採番系統と違っていると思われますが無視します。
YOWMODELLINIのキット付属のデカールは余白部が繋がっていることがあるので、適宜切り出してから貼りつけます。

20120403_002_2
SF関連などでリアリティを持たせようと注意書きをはじめ、マーキングを必要以上に貼っているように思える作例を目にする
ことがあります。確かに現代の戦闘機などは機体各部に様々な注意書きが為されています。それでもフィクションであれば
そこらへんは適当にアレンジするのもいいのではないかと個人的には考えています。

本音をいえば、たくさんのデカールをミチミチ貼るのが嫌なんです。面倒なんです。左右対称とかコリゴリなんです。
続きます。

検討課題
・厄介事回避のための言い訳を用意する
・手持ちの材料で辻褄を合わせる

2012年4月 2日 (月)

YOWMODELLINI Lamborghini CHEETAH 2/4

下塗りの黒はツヤ消しということもあり、早くに乾燥しましたので車体色を塗っていきます。

20120402_001
ベトナムから還ってきたビル君は、現地でやらかしたアレやコレやでテキサスに戻ってから肩身の狭い思いをしています。
それでも現地で知り合ったパーキンス君に無理を言って陸軍の試験車両を融通してもらい、基地内で乗り回したりしています。
国内で使用される陸軍車両に塗られるオリーブドラブは嫌いなので、部下に愛機UH-1と同じオリーブグリーンに塗るよう
命じます。職権濫用ですが後ろ暗いところが少なからずある関係諸氏は見て見ぬ振りをするのがやっとです。

20120402_002
嘘の裏付けに適当なデカールを探してきます。こういった際の自分の嗅覚の良さに驚くことがあります。
もうワルキューレの騎行が脳内再生され始めます。

20120402_003
近似のスケールなら1/48のデカールが妥当ですが、マーキングの航空機での視認性と、自動車での視認性は違うであろうと
解釈し、小さめな1/72のデカールから派手にならない程度に貼るべきマーキングを選びます。
続きます。

検討課題
・信号弾に怯えない
・奢りのビールならたらふく飲む

2012年4月 1日 (日)

YOWMODELLINI Lamborghini CHEETAH 1/4

4月になったので嘘をつきます。といっても「ミニクジラ」のような大掛かりな大嘘ではなくヒッソリと。
テーマは " I love the smell of napalm in the morning. " 。戸田奈津子氏による邦訳は「朝のナパーム弾の臭いは格別だ」です。

キットは収縮率が低く、経時による変形も少ないレジンにより主要な部品が作られています。
完成品のリリースを中心にYow Modelliブランドでの活動期に無理なお願いをしてキット状態でお譲りしていただいたことが
何度かありますが、当時の部品構成は作家の製作手順に沿ったもので、そこを意識しないと作りにくく感じたりもしました。
ブランド名をYOWMODELLINIに変更してからは、リリースごとに部品構成が見直され、作りやすさが格段に向上しているのが
実感できます。もちろん、部品の取り付け位置など曖昧な箇所もありますがヨンサンキットとしては当たり前のことですし、
タミヤや、バンダイの模型を作るのとは違いますのでそれはそれとして楽しんで作れます。

20120401_001
各部の摺り合わせをしながら仮組みをします。前窓の取り付けに不安を残しながら製作を進めます。

20120401_002
下塗りをします。嘘をつくために全ての部品をツヤ消し黒で塗りつぶします。ストーンズの影響からではありません。
愛くるしいレッサーパンダを「腹黒いヤツ」と評したのは村上たかし氏です。立ち上がった彼の小獣の腹は確かに黒いです。
続きます。

検討課題
・嘘なりの裏付けを考える
・その嘘で被害を受ける人がいないか慎重に行動する

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »