« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012年6月30日 (土)

西新井から北千住 鉄

2012年6月24日、先日、清澄白河周辺を歩いた際に感じた鉄分不足を感じないよう注意して歩く。

20120630_001
西新井駅近くにあった東武鉄道の工場はいつの間にか大規模マンションへと変貌していて驚く。
工場があった頃は「西新井」行き、あるいは「西新井」始発の列車もあったような記憶があるが勘違いだろうか。

20120630_002
その名残をマンション近くに見つける。

20120630_003
公園内には車輪が屋外展示されている。
公園もよく整備されており、展示品に悪質なイタズラもされておらず、コンディションも良好。

20120630_004
堀切橋近くから京成電車。近くには鉄橋を渡る鉄道の轟音に負けない勢いでトランペット演奏の練習をする人がいた。

20120630_005
堀切橋を渡り堀切駅を上から見る。やはり堀切駅と鐘ヶ淵駅は、独特の風情があって好ましく思う。

20120630_006
常磐線、北千住駅近くの大踏切を通過する新型特急?不思議なデザインの先頭車両。

城東地区において、上野駅に次ぐターミナル駅として不動の地位を誇る北千住駅周辺は鉄分が濃く、歩いていて飽きない。
ただ、近場でのお手軽鉄分補給ではなく、遠出をしての鉄分を堪能をしてみたい気持ちもある。さぁ7月だ。出掛けるか。

検討課題
・雑に撮りつつも次回に向けたポイント探しも行う
・普通列車も普通に撮っておく

偽者さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
未来都市のモチーフとして、TOKYOや日本の都市が用いられることはあります。それは海外の人にとって真に未来を
感じさせる都市なのか、欧州などから近い北アフリカ、中東のエキゾチックとも違う異国情緒を感じさせているだけなのか、
実際に日本に住み、そのシステムを生まれたときから使っていると彼らの感性が感じ取れないことがあります。

普段から酷い渋滞に悩まされるジャンクションも、徒歩で近寄れば何のこともないただの鉄の塊なんですけどね。

2012年6月29日 (金)

西新井から北千住 歩

2012年6月24日、前日のサッカー観戦で声は枯れ、喉に痛みはあるものの肉体的疲労は皆無なため少し歩きます。

20120629_001
駅前には「王道☆」と書かれた看板があり、西新井駅下車を選択した自分の判断は間違っていなかったと安堵します。

20120629_002
駅前近くで営業する麺類店。東海地方を中心として事業展開するカタカナの同名店の麺類店とは関係は無さそう。

20120629_003
梅島を抜け荒川土手へ。荒川河川敷とスカイツリー。
この地区、地域の主要産品といえば「暮れなずむ街」と、「腐ったミカン」だと実感させてくれる平和な光景。

20120629_004
ガキの頃はこの施設の役割を知らず「小菅の刑務所」と勘違いしていた物件。
施設門前にある名称が記された銘板を撮ろうと試みるも、官憲の威圧的口頭注意と直接的実力排除により断念する。
世の施設銘板撮影マニア、あるいは定礎観察マニアはくれぐれも注意が必要。

20120629_005
最近、日本国憲法第25条を基に造られた社会制度の一部を乱用する向きが目に付く感じがしませんか。悪態をついてみる。
高級マンションと説明したら鵜呑みにする人もいるようですし、こういった関連施設にねぇ。笑いのネタになるでしょうよ。

20120629_006
水戸橋近くから小菅JCT。箱崎に比べると鉄鋼の迫力に欠ける印象。川の濁りは先週の雨のせいか。

このあと堀切、牛田を経由し北千住に至る。別項を設け続く。

検討課題
・風景の変化に乏しい土手沿いを避けて歩く
・土手に登ったら手頃な段ボールを見つける

2012年6月28日 (木)

球春到来 食

2012年6月23日、弁当付きのWONDER SEATでサッカー観戦。

20120628_001
#26 DF 濱田水輝選手の好物といわれるメニューの入った弁当をチケット引換所で受け取る。
メニューは肉類多くボリュームたっぷり。若いスポーツ選手らしく頼もしい。弁当には別途、ソフトドリンクも付く。
たいへんおいしゅうございました。

20120628_002
試合は声を限りに応援するも膠着状態が続いたため喉がひたすら渇く。
ギネスと一番搾りと、カレー風味揚げ餃子。餃子は温かみ無く冷えてシンナリしてモチモチとした食感。冷えてシンナリ。
たいへんおいしゅうございました。

20120628_003
弁当以外にもいろいろ付いてくる。濱田選手マニアなら垂涎もののぬいぐるみ。本人にどの程度似ているのかは不明。

20120628_004
さらにタオルマフラー。ドローゲームの記念品となってしまい何とも言えない気持ち。

席はピッチ全体を見渡せるし、弁当を食べるテーブルもあり快適に観戦できた。また使ってみたいと思える席だ。
球場内で販売されるスナック類は全体に微妙。個人的には神宮球場のスナック類を目指してほしいと密かに願う。
そして、おみやげの入った袋をぶら下げて試合から帰る様は、何だか相撲観戦の帰りにも見えなくもない。

検討課題
・相撲ビスキーはその場で食え
・追加の焼き鳥を頼むときは心付けを渡す

2012年6月27日 (水)

球春到来 芝

本来は野球について用いられる語句なため、そもそもの用法が間違い。今シーズン初めてのサッカー観戦。
2012年6月23日、我が浦和レッドダイアモンズが首位ベガルタ仙台をホーム、埼玉スタジアム2002に迎えての上位決戦。

20120627_001
W杯開催から既に10年の月日が流れたかと思うと感慨ひとしお。試合開始は19時からなれど暑いので早く飲みたい。

20120627_002
試合開始前から気勢を上げるゴール裏のレッズサポーター。
この熱狂的レッズサポーターによる選手を鼓舞する大声援を聞くためだけでも球場に行く価値はじゅうぶんあると思う。

20120627_003
第15節 浦和浦和レッドダイアモンズ vs ベガルタ仙台。自分自身にとって仙台戦の観戦は過去を通じて今回が初めてだ。

20120627_004
選手入場ペコリンコ。現在保有するコンデジではこれが精一杯。今度400mmを持っていってみようと思う。

20120627_005
浦和ボールでキックオフ。今回はハーフラインに近い位置の席からの観戦なため見晴らし良く、全体を隈無く見渡せる。

20120627_006
試合結果は既報の通りスコアレスドロー。さすが首位ベガルタ仙台、そう易々と勝たせてはくれない。
アウェイ側に陣取るベガルタサポーターも統率がとれていて、試合中終始、歌声絶やさないあたり好感が持てた。

#11 田中達也はゴールで良かったんじゃないか?オフサイド判定厳しいな。

検討課題
・歌え!
・叫べ!

偽者さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
NSUはとぼけた風情と相まってなかなかいい感じです。
幸いなことに詳細な資料も見つけられなかったのでお気軽に作れます。機会があれば是非お試しください。
今年最初の完成品、楽しみしています。日頃、悩みの種となる納期やコストに縛られない趣味の模型製作万歳です。

2012年6月26日 (火)

ウレタンコート 1回目

2012年6月19日、折しもグチョルさん強行来日。またの名を台風4号。この時期の台風上陸は珍しいな。
そんななか、声高らかに合唱曲「走れメロス」を歌い上げながらウレタンコートを始めます。独唱です。熱唱です。

既にデカールを貼り終え、定着のためのラッカークリアをザッと噴いておいた4台が今回の対象となります。
1回目の吹きつけの段階ではあまり深く考えることなく、ひたすらクリア層の厚みを稼ぐことに専念します。

20120626_001
ルーフ後端に軍手の繊維がニョロンと見えます。毛や埃、さらに毛を巻き込んでも気にしないで吹き続けます。

20120626_002
右側面後部の円形デカールの“EINE〜”の部分で空気が残っていたのか、デカールが裂けてめくれ上がりました。
半乾きを見計らい、指紋を残す勢いでグイグイ押して圧着しておきます。後日、犯罪捜査に役立つかもしれません。

20120626_003
思いの外ベコベコな塗装面。見たこともない実車もこんなもんだろうと適当に手打ちにするのもいいかもしれない。

20120626_004
やっぱり車体下部のラインとNSUの青みが違う。磨ぎだしもしないでこれでフィニッシュにしてしまおうか。

件のエアゾール式ウレタンクリアはヨンサンなら4〜5台はじゅうぶん塗ることができる容量をもっています。
砂吹きの後、3度噴き重ねます。吹いていてブシュブシュッとなるのが嫌で最後まで使い切るようなことは避けています。
もっと上手くやればヨンサンなら6〜7台くらい塗れるのかもしれませんが、面倒なので試すつもりは毛頭ありません。

とりあえず1ヶ月ほど常温下で放置しながらクリアの硬化を待つことにします。

検討課題
・吸い込んだら南無三と唱える
・趣味なんだから無駄がでてもケチケチしない

2012年6月25日 (月)

天地明察 冲方丁著 角川文庫刊

過去に著者のマルドゥック・スクランブルなどのシリーズを読んだ際に、その独特ともいえる文体にどうしても馴染めず、
無理矢理読み切った記憶があるため、2010年に本屋大賞を受賞した同著の単行本購入も見送っていた次第だ。

それでも会社帰りに立ち寄った本屋でうずたかく平積みされ、どこからでも視界に入るようにディスプレイされていると
なんとなく手にとってしまうし、もしかしたら文体に馴染めるようになっているかもしれないと思い購入してみた。

20120625
新しいカレンダーを作っていく話だ。
今よりも暦に政治的、宗教的な意味あいが大きく、人々の生活が暦に左右されていた時代の新規事業開拓にまつわる話だ。

グローバル化が進む現代日本においても未だに大安や仏滅を気にしながら生活している部分があったりする。
外資系企業が日本に事業所などを建設する際、日取りを気にする話を聞くこともある。土着のしきたりを尊重してるのか?

週休8日を欲する我が身としては、新しいカレンダーを作るのも悪いことじゃないと思ったり思わなかったりする。

検討課題
・日めくりカレンダーは毎日めくる
・旗日には玄関に国旗を飾る

2012年6月24日 (日)

泰山 清澄白河 麻婆豆腐

Fate/Zeroにおいて鬼神の活躍をしたヤング綺礼にあやかり、因縁めいた店名の中華料理店で麻婆豆腐を食べてみます。

20120624_001
そうはいっても訪れたのは2012年6月17日。湿度も気温も高い日でしたので当然ビールです。まず喉の渇きを潤します。
つまみはすぐ用意できる物として店員さんお勧めのネギチャーシュー。ネギの香り少なめながらシャキシャキで美味しい。
たいへんおいしゅうございました。

20120624_002
麻婆豆腐定食。とろみ少なく、むしろ水っぽい印象もある。激辛にはほど遠くラー油、鷹の爪も少ない。汗も出ない。
レンゲではなく金属スプーン。食べやすさにおいてレンゲに比べ圧倒的であるが何かが違う。気にしません。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・麻婆豆腐の美味しさを花椒の量で決めない
・汗だくになっても残さないで食べる

2012年6月23日 (土)

江東区深川江戸資料館

入館時に手渡されるパンフレットには、深川ゆかりの人物と歴史の紹介。江戸時代末期の深川の町並み再現とある。
両国の江戸東京博物館に比べ、よりピンポイントな地域の歴史資料館といったところ。

20120623_001
思わず見過ごしてしまいそうになる施設入り口。

20120623_002
地下の常設展示室に入ると既に夕方。こちらは常設展示品に限り基本的に撮影が許可されている。

20120623_003
真夜中の羅麩天の屋台。エビなどのネタは串に刺された状態で揚げられていたようだ。現代とは食べ方もずいぶん違う。

20120623_004
昼間の小動物、おそらくここの主。機械仕掛けでニャーと鳴く。三味線屋の屋根に居座るあたりが振るってる。
展示スペースは、照明によって数分おきに朝昼晩と変化していくのが面白い。

20120623_005
この地域の有名人。この名前から漫画家を瞬時に思い浮かべた者は石抱きのうえ斬首。

検討課題
・細かい説明も面倒がらず読む
・細かい文字も面倒がらず読む

2012年6月22日 (金)

水天宮前から住吉

2012年6月17日、梅雨どきの晴れ間ということもあり、湿気ムンムンのなかモリモリ歩きます。
通勤経路のなかから適当に途中下車して歩くだけなので無目的です。

20120622_001
駅名にある水天宮へは寄らず東に向かいます。駅前では箱崎JCTを地上から見上げることができます。

20120622_002
清洲橋からスカイツリーと屋形船。
隅田川の川下からやって来る屋形船は、小名木川の合流地点、芭蕉稲荷神社付近でUターンして行きます。
浅草付近で活動している屋形船と営業テリトリーなど取り決めでもあるのでしょうか。不明です。

20120622_003
食事をし、深川江戸資料館を見学した後、東京都現代美術館に立ち寄ります。
トーマス・デマンド展。精巧なペーパークラフト、原寸で製作されているのかは不明ながら実物感は絶大。
どこかに僅かに「紙」と判る部分があり、ようやく実物ではないと認識できる。会期は7月8日まで。

20120622_004_2
清洲橋通り、南砂五叉路交差点近くから鉄分不足を補うため旧小名木川駅方面を望む。
歩いてみて想像以上に普通の住宅地で驚く。以前はもう少し違うイメージを持っていた。あと寺社多い。
深川めしなど食べ逃しもあるので、またフラフラ歩き回ろうと思う。

検討課題
・橋に行く手を阻まれてもしょげない
・歩き疲れたら休む

2012年6月21日 (木)

バンダイ Bトレインショーティー 東京都交通局 製作

欲しかった都電、花100形も手に入ったので一気に作ってみる。
基本的なパーツ構成は同じだし、編成を組むこと無いので手当たり次第に作っていけるのはまことにお気楽だ。

20120621_001
計12両。スナップキットということもあり製作時間は全部まとめて1時間強といったところ。
ピンク色の8800形にのみ動力を仕込んでみた。灯火類を点灯させようなどとは一切考えていない。考えられない。

付属の各種シールは貼っていない。現在のバンダイの技術力をもってすればラベルシートを貼りやすいよう打ち抜いて
おくことなど造作も無いと思ってしまうが、このシリーズは全て事前の打ち抜きがなされていない。打ち抜きに用いる
ビク型と呼ばれるものは射出成形用金型に比べれば決して高額なものでもなく、むしろ安価といっても差し支えない。
それなのにシールの打ち抜きを頑ななまでに行わない真意はどこにあるのか。一般的な模型用デカールだったり、
インスタントレタリング的な硬い棒でこすることで転写するタイプのものであればどんなに楽かと思ってしまう。

チマチマとカッターで切り抜き、なんとか貼り付けていっても日が経つにつれ、ラベルの端部から粘着材が滲み出して
ホコリが付きやすくなる原因にもなる。長期的には汚れていくことがじゅうぶん想像できるのだ。なんとかならんか。

20120621_002
花100形はラベルを貼らないとどうにも締まらない。
内部シャーシと、外部のボディにそれぞれラベルを貼っていくことで実車の雰囲気を再現させるつもりのようだ。
これでは何のかのと理由をつけて「面倒だから貼りたくない」という本心に逆らわなくてはならなくなる。困ったな。

20120621_003
昼用カラーのラベル。電飾無点灯な感じを再現している。

20120621_004
夜用カラーのラベル。電飾点灯時な感じを再現している。

20120621_005
電飾点灯時の方が見た目にも面白そうか?やはり、もう1セット購入して昼夜両方作っておくのもいいかもしれない。

ラベルを貼り込むことも含め少し考えてみることにする。カテゴリーはとりあえずヨクボウとしておく。

検討課題
・切り出す時は新しい刃のカッターを使う
・切り出す時は定規をガイドに使う

2012年6月20日 (水)

エアーウレタン イサムエアーゾール工業株式会社

近所のホームセンターにエアーウレタン(クリヤー)を買いに行く。
比較的大きなホームセンターで、農薬も購入でき、またエアーウレタンが通常在庫されていることから便利に使っている。

20120620_001
基本的に自分がヨンサン製作において使用するクリアペイントはこの3種。
どれも欲しいと思った時に簡単に入手可能な材料を使うことを心がけている。

20120620_002
およそ20年近く前に製作したニーヨン。アメリカ製のプラモデルに添付されることの多いラッカー系塗料を吹き付けると
表面が縮緬状にシワシワになる、独特のデカールに対してクリアコートをしたいがためにウレタン系塗料を使い出す。
スロットカーのボディとして使うつもりだったので厚塗りをしている。しかも換気扇も無い自室で吹いた覚えがある。
スーサイド・モデリング万歳です。身を捨ててこそ浮かぶ瀬は果たしてあるのか今後に期待したいところです。

20120620_003
説明書には24時間で硬化と書いてあったが、余裕を持って48時間以上は硬化のため放置していたような記憶がある。
それでも完全硬化とは至っていなかったようで、経時を含めデカールの際に段差が生じるほどクリア層のヒケが認められる。

20120620_004
こちらは白い車は吹きっぱなし。赤い車はウレタンクリア層を一度磨ぎ出して、上がけのクリアを吹きっぱなしとしたもの。
どちらも完成から10年ほど経過しているが、目視で確認できるほどのクリア層のヒケは見当たらない。

とかく本格派モデラー諸氏から芳しい評判を聞くことの少ないエアゾール式ウレタンクリアだが、自分の経験と低い完成度
から特段の不満を感じることも無く、かえって手離れの良さから愛用するに至っている。今回もこれを吹き付けていきます。

検討課題
・名店の取り扱うウレタン塗料も使ってみる
・マスク着用のうえ換気扇の下で作業する

2012年6月19日 (火)

バンダイ Bトレインショーティー 東京都交通局

以前、2012年1月26日に欲望滾らせる内容を書き記していたのもがリリースされました。「果報は寝て待て」です。
立ち寄ったホビーショップで購入します。

20120619_001
待望の花100形と、8800形の黄色です。花100形はもう1セット購入して動力を仕込みたくなります。

20120619_002
思うに任せないのが人生です。上記の2台がセットになっていれば文句無しなのに、現実は違う車両がセットされます。
当初の目的を果たしたので善しとします。

20120619_003
併せてこちらも購入。
自分にとっては不要なEF71でも「初回限定」と書かれると、まんまと策略に嵌まり買ってしまいます。意志薄弱です。

20120619_004
キハ自体は1月に青森、八甲田丸見学の折り似た形状の車両を見ていたため欲しかったのです。
さっさと作ってしまいましょう。

検討課題
・その「限定」は永続的なものか否か見極める
・闇雲に「限定」だからと買い込まない

2012年6月18日 (月)

新御徒町から御徒町

2012年6月10日、かねてより欲しいと思いながらなかなか踏ん切りがつかないカバンの下見に行く。
カバンといっても通勤カバンではなく、カメラバッグにも使えそうなカバンを探し求めているのである。
素直に撮影機材メーカーのカメラバッグを買えばいいのだが、なかなか気に入ったものを見つけられない。

20120618_001
つくばエクスプレス、新御徒町駅から地上に出ると商店に貼られたポスターがある。今日は祭りがあるようだ。
どおりでいくら暑いとはいえ、ケツを出して落ち着かない動きをみせる男衆がいるわけだ。

20120618_002
神輿が速いスピードで逃げて行く。正面に回り込むことができず背後から。
担ぎ手の半分は後退するように歩を進め、残りの半分はそれを押し返すように前へ、前へと押し進むもんだと
思っていたが熱中症や、交通整理の問題もあるのかガンガンと先へ、まるで走るように行ってしまう。

20120618_003
お囃子カー。伝統と現代の融合を垣間みる。
お囃子と言えば篳篥だ。読めないので「ヒチリキ」と書く。片仮名で書いた瞬間、小松政夫氏を思い起こす。

20120618_004
目当てのお店に行くもカメラバッグとして使うには微妙なカバンしか無く、閑散とした商店街を後にする。
カバン探しはまだまだ続く。

検討課題
・そこそこの妥協も必要
・気に入らなければ買い直す

2012年6月17日 (日)

Jemmpy Ref191 BUGGY SCHLESSER MEGANE RENAULT J L.Schlesser DAKAL2001

過去に一度、同キットを製作しています。自分で製作時期の記録を残していないので完成した時期は不明です。
あいかわずの事とはいえ、無計画なまま半完成の山を築く作業に没頭します。絶好調です。闇雲です。

何色で塗ったのかも定かではないため、面倒を避ける自分ならこうするだろうと手元にあるスプレーを片っ端から
試し塗りしながら記憶の糸をたぐり寄せます。なんとなくタミヤのTS44 ブリリアントブルーが近似に思えます。
たぶんこれです。これで問題無いはずです。他を当たるのは勘弁です。

20120617_001
梅雨空などは無視して景気よく塗ります。シャーシはツヤ消し黒で済ませます。
シャーシ後端のスペアタイヤ周辺にボディ同色となる部分が本来はあります。マスキングも手間なので割愛します。
フロントフェンダー部の彫りを強調しましたが、これはもしかしたら2000年型で施されていた形状かもしれません。
間違っていたらまた作ればいいだけのことです。

20120617_002
これが以前製作したもの。
シュレッサー車#200のリアルーバーはボディ色のままなはずを黒にしてしまっています。
黒は僚車#202の場合だけで、自分の「ルーバーは黒」というスーパーカーブームの頃からの刷り込みによる勝手な解釈に
よってデカールを貼り間違えています。今回は、ここらへんを含め諸々を説明書通りに修正していきたいと思っています。

まず説明書などをジックリ眺めながらデカールを順次貼っていきます。

検討課題
・記録を残すよう努力する
・記憶はあてにしない

2012年6月16日 (土)

衣替え

以前は6月1日になると一斉に衣替えをしたような気がするが、最近は適宜行うような感じになっている。
実際、自分もGW前に早々と半袖シャツなど引っぱり出し、気温が高くなる日などは夏服で過ごしていたりした。

勤務先では基本的に通勤時、勤務時の服飾についてうるさいことを言わないことになっているのに、入社したての若い頃は
甚平に下駄で出勤し窘められ、バミューダにビーサンで出勤し怒られ、ダボシャツに雪駄で出勤したら激怒されたものです。
服で仕事をする職種でもないので納得できない部分もありますが所詮は上司の指示です。理不尽や横暴さを感じながらも
パワハラだの何だのと大騒ぎすることもせず不承不承、それなりの格好をしたものです。

20120616
そんな苦々しい過去もあるので新たにシャツ、パンツを適当に買います。
オッサンが着ても周囲に不快感を与えず清潔感があり、お手頃な価格帯の服ということで結局いつもこの馬マークや
ブルドッグマークを刺繍するブランドのカジュアル服になってしまう。まぁトラッドは楽なのです。

そして、もうずっと叫ばれ続けるシーオーツーサクゲンだの、チキューオンダンカーに加え、昨年からはセツデンも
新たに言われ始めた。クールビズ実施のために新たに服を買い求めるのは是か非か考えてしまう。

あとは靴とベルトを買い足したい。

検討課題
・着ない服は捨てる
・着ない服は買わない

2012年6月15日 (金)

バンダイ Bトレインショーティー 山陽・九州新幹線N700系 R10編成(CM撮影車)

2011年の開業が震災直後という時期に重なったため、テレビCMの放送を自粛した経緯のある車両をモデル化。
動画サイトなどでは、その本来放送されるはずであったCM本編を視聴することができたので、ご覧になった方も
多くいると思う。自分自身、繰り返し放送される震災情報を浴び続けるのに疲れ、動画サイトでCMを見たものだ。

20120615_001
車両モデルそのものは、東海道新幹線でも運用されているN700系と同じと思われる。
もしかしたら実車は細部もろもろ違っているのであろうが、ディフォルメされたこのモデルでは気にならない。

20120615_002
車体側面にラッピングが施された4両セットとなっている。別途N700系山陽・九州新幹線Aセット、Bセットを
購入することでCM撮影時のフル編成を再現できるとなっている。フル編成をお好み方は是非、再現して欲しい。

連結部を密連型に置き換えても隙間が生じてしまい、新幹線らしくない見映えになってしまうのが難点。

Bトレインショーティー、6月発売予定のなかに都電8800形の黄色と、100周年記念の花電車がラインナップ
されている。今年1月に自分が望んだものがリリースされるのは嬉しいことだ。発売まで全裸正座で待機だ。

検討課題
・スナップキットなんだから積まないでドンドン作る
・プラ、ビニール、紙などゴミの分別はキチンと行う

2012年6月14日 (木)

はがれる

時間がとれたのでセッセと靴を磨く。洗うほどの汚れもなかったのでセッセと磨く。
磨いている際、ソールを持つとなんとも頼りない感じがしたのでよく見てみれば、部分的にソールが剥がれている。
ショックで窓から靴を放り投げたくなる。

20120614
日頃、履く靴のサイズはUS 8.0でいい感じなのだが、これは諸々あってUS 7.5にしていたことを思い出す。
履いた際に若干、幅方向にキツさを感じるも履き込んでいけば馴染むだろうと思っていたのが大間違いだったようだ。
それなりにストレスがかかった結果なのだろう。初めてのことに狼狽えてしまう。

とりあえず修理に出すことにする。接着で済むことを祈ってしまう。オールソールになるのもやむ無しか。
そろそろ仕事するふり用の靴を買わないといけないのだが、クールビズにかこつけてカジュアルな靴で夏はやり過ごしたい。
いろいろ物色することにする。

検討課題
・同じ靴でサイズ違いも試しに買ってみる
・ホワイツを普段履きにする勇気をもつ

2012年6月13日 (水)

夏目友人帳 緑川ゆき著 白泉社刊

なんやかやと開始してから半年が経過したわけで、ようやく諸々の機能をいじり始めるようになる。
検索でヒットするのか、今年2月に手に入れたぬいぐるみの記事へのアクセスが飛び抜けて多い。それほど人気なのか?

遅ればせながら原作漫画を購入してみる。
書店にて店員さんに聞くと既に13巻まで発刊されているとのこと。聞いてしまった手前、買わないわけにもいかず全巻
まとめて買ってみた。金銭的には1GAFFEに満たないものの、とにかく重い。書籍類は想像以上に重いから侮れない。

20120613
内容は「ハートフル妖怪漫画」といったところか。ガキの頃、夏休みにテレビで見た「妖怪大戦争」とも趣が違う。
全体に白いな。デビュー当時の志村貴子氏の漫画のような白さを感じる。
ニャンコ先生は仮の姿というのが解る。そもそも猫ではないことも解る。そして本来の姿はなかなか迫力あるお姿だ。

自分の悪い癖で、なにか興味を持つとその周辺の諸々をとにかく買い集めたがる傾向が強い。
とりあえず漫画は来月に最新刊がでる予定になっているし、最終巻が出るまで買い続けてみようと思う。
既に多数リリースされているDVDも買い揃えたくなる。こちらは果たしてGAFFE何個ぶんに相当するのか心配になる。

検討課題
・一気に買い揃えない
・買うときはDVDかBDのどちらかひとつにする

がんま(魔人間)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
紫陽花といえば紫陽花寺。紫陽花寺といえば三室戸寺。近くには京阪宇治線も走る絶好の立地です。
忙しさのなか、なんとか暇とチャンスを見つけて関東地方から離れてみたいですね。

がんま(真人間)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
鯵でしたか。食べた感じも、当該店のホームページでも鯵とは書いていなかったので鰯と思っていました。
機会を見つけ再訪した際には、ワッフルと併せもう一度立ち寄り食べ、確かめたいと思います。

2012年6月12日 (火)

オルトラン 散布

寒い時期に粒剤を撒いていたこともあり、今年はヤツらが発生するのも遅れているような気がします。喜ばしいことです。
早い年ではGW中に液剤散布をすることもあったので、気象条件等を考慮しても粒剤散布の効果はあったと思います。

そんななか、気が付くと庭のバラの枝にヤツが蠢いているのを確認したため、今年初の液剤散布を始めることにします。
一応、月曜日から金曜日までは会社へ行き、真人間風を装っているため薬剤散布は週末に行わざるを得ません。
しかも散布後、1〜3日くらいのあいだに雨が降ってくれるようなタイミングが望ましかったりします。

20120612_001
2012年6月2日、埼玉県は快晴。翌日には降雨も期待出来るまさに絶好の散布日和。蟲殺し日和です。
いそいそと液剤を用意し、蓄圧式噴霧器に流し込みます。説明書きの希釈率は樹木や農作物の種類にもよって
ざっと250倍から1000倍となっています。そんなこと知ったこっちゃありません。とにかくヤツらの殲滅を優先します。

20120612_002
4Lタンクの噴霧器にダウッ…ダウッ…ダウッ…とドンブリ勘定全開の目分量で液剤を投下します。超濃厚です。
180mlの小瓶であれば3回の噴霧で使い切ります。もちろん、野菜や果物など人の口に入る農産物では問題ですが、
庭木に撒くので特濃にしておきます。これでヤツらは見事、悶絶必至となるわけです。市中引き回し打ち首獄門級です。
で、必要以上に濃くしているため、葉についた薬剤を洗い流すのに散布後数日以内の降雨が条件になります。

20120612_003
噴き付けます。10年来使い続けている相棒は今年も絶好調です。気持ち良さそうに噴きまくりです。
上から順に葉の表裏、丹念に薬剤が滴る勢いで、ヤツらの退路を断つように枝や幹にもたっぷり噴き付けます。
いろいろ書かれているので薬剤が体に付着しないようマスク、ゴーグル、長袖シャツ、長ズボン、ゴム手、長靴、帽子等の
着用が望ましいです。私は面倒なので半袖、短パンでブシャー!とやり、散布後シャワーを浴びています。自己責任です。

放っておけば再びヤツらが湧いてくるので、見つけ次第また撒こうと思います。

同様の薬剤散布をされる方は、くれぐれも薬剤の定める使用方法と用法を厳守するようにしてください。

検討課題
・粒剤、液剤、バーナーを使い分ける
・椿系の樹木には念入りに噴霧する

2012年6月11日 (月)

CCC Panhaer 24 Proto 《Paris-Dakar》 1981

ダラダラとデカールを貼り始め、ようやく貼り終えました。

20120611_001
今後、同じキットを製作されるであろう方へ向けた簡単なアドバイスなど。
○ 説明書のイラストと、実際のデカールのサイズが違うため貼り込んでいくと辻褄が合わなくなります。
○ デカールは硬く、ソフターを用いてもなかなか馴染みません。
○ 左右非対称なスポンサーシールのため貼り間違いをしやすいです。

20120611_002
貼ってみれば左右比対称のスポンサーシールは、プライベーターっぽい感じを強調させるかのようで良いものです。
ザッとクリアを吹いて放置しておきましょう。

これでローバー、NSU、パジェロ、パナールと4台集まりましたので、暇をみつけてウレタンコーティングの作業に
取りかかりたいと思います。まずは近所のホームセンターで材料の調達からです。

検討課題
・なんとなく貼らない
・ソフターを使い過ぎて塗装面をダメにしない

2012年6月10日 (日)

するふり

なんやかんやと遊び回った5月も終わり、本業関連で慌ただしさを隠せなくなる6月となってしまいました。
本来、私の仕事は「仕事をするふりをしながら仕事をしない」というもので、まぁろくでもないものなのです。

20120610
そうは言っても9月スタートの諸々など、仕込みの関係から今月中にクリアしないとならない案件も多々あり、
万が一、納期に遅れを生じさせようものなら関係各位からの大吊るし上げ大会開催となり、気も休まりません。

遊びに行きたい気持ちを抑え、仕事するふりもできず真っ当に仕事をしていると逆に遠出したくなります。
今月は連休も無いし、積極的に有給休暇の消化に努めたくなる気持ちがムクムクと沸き上がってきます。困りました。

ぼやいてみただけです。

検討課題
・仕事の前に「段取り八分の仕事二分」を唱える
・息抜きをしながら仕事するふりして休む

2012年6月 9日 (土)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ海へ山へ彷徨うのも楽しい。

20120609_001
仲ノ町駅、デキ3と。

20120609_002
外川駅、デハ801とデハ1002と。

20120609_003
笠上黒生駅、ユ101と。

20120609_004
夕方の仲ノ町駅、デハ2000とZENRA。

検討課題
・日差しの強い時間帯にできる影を考える
・ぷちを有効に使う

2012年6月 8日 (金)

うおっせ 銚子港

2012年5月27日、せっかく海沿いに来たのだし、せっかく漁港もあることだし、きっと美味い海産物があるに違いない!と
漠然としたイメージを勝手にバンバン膨らませ、明確な目標もないまま銚子漁港付近で昼食をとる場所をフラフラと探します。

20120608_001
漁師丼。店外の黒板に書かれた本日のおすすめを頼む。もしかしたら名称が違うかもしれない。
ネギトロ、カニ、甘エビ、生しらす。甲殻類は銚子沖で獲れたものか、銚子港に水揚げされたものか、それとも店の
仕入れの関係で銚子は無関係なものなのかは全くもって不明。生しらすにかかるネギとキュウリは驚くほどドライ。
なぜバラン?緑鮮やかなビニールより大葉の方が食べることもできるしアクセントになるのじゃないか?
たいへんおいしゅうございました。

20120608_002
まぐろクリームコロッケといわしフライ。
まぐろの存在に気がつかないほどクリーミーなコロッケ。14時以降に食事に来た客にサービスされる鰯フライ。
鰯フライは独特の匂いというか、臭みのようなものを一切感じさせない。サービス品が最も美味しく感じられた。
たいへんおいしゅうございました。

20120608_003
デザート代わりに犬吠駅にて銚子電鉄ぬれ煎餅アイス。ふやけた醬油煎餅を冷やして食べてるような不思議な味。
たいへんおいしゅうございました。

漁港近くで美味しい海産物を食べることが出来る地域と、そうじゃない地域の見極めがいまだに出来ない。
何度も通っていろいろ食べ歩かないことには始まらないと思い知らされる。

検討課題
・噛み砕ける骨の太さを把握する
・魚と目が合ってもたじろがない

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
確かに銚子電鉄は素人目にも線路や、枕木の痛みと劣化が判るほどのコンディションでした。
犬吠駅や観音駅など整備された駅舎がありながら、そこまで手が回らない駅舎が大半なのが不安にさせます。
いわゆる「レトロ」さを強調するならするで、それなりの整備はしていただきとも思うところです。

物販に力を入れたり、千葉県内の私鉄と共同の企画を多く立てているようですので期待したいと思います。

2012年6月 7日 (木)

銚子電鉄

2012年5月27日、銚子電気鉄道のある千葉県銚子市へ向かう。
自分の住む地方と同じ「関東地方」にありながら、自宅からは想像以上の遠さを感じさせる地域ということもあり、
今回が初訪問となった。圏央道が無事開通されれば便利も良くなり頻繁に通うことが可能になるかもしれない。

20120607_001
まずは本社を構える仲ノ町駅構内に留め置かれるデキ3を見学。
別途、入場券を購入すると間近に車両を見たり、撮ったり、嗅いだりすることができる。

20120607_002
同じく仲ノ町駅にて再生が難しそうなラビットとともに。
駅周辺は醬油工場になっていて、その感じを収めたいと思うも近代的配管設備が過剰な工場の背景になってしまう。

20120607_003
君ケ浜駅近くの収穫を終えたキャベツ畑にて。
目を離すと地上に出たがる丸ノ内線だが、都会の喧噪を離れのんびり海岸近くを走るのもなかなか景色に映える。

20120607_004
夕方の観音駅にて。
架線の頼りなさ、車両の古さ、駅舎の整備され具合。いろいろアンバランスな感じが面白い。

20120607_005
夕方になり再び仲ノ町駅にて。
タンクには醬油が満たされていると思うと、西原理恵子氏の漫画にでてきた一升瓶で醬油を飲む登場人物を思い出す。

当日は日差しも強く、露出した肌は見事なほど赤く日焼けした。準備を怠ったせいでヒリヒリと痛む。
何度か通うようにして色々試しながら撮ってみたいと思う。

検討課題
・日の向き、光の向きを考える
・逆光もアリだけど多用しない

2012年6月 6日 (水)

GAFFE Range Rover Euskai Paris Dakar 1989 完成

タイトルの通り、GAFFE Range Rover Euskai Paris Dakar 1989です。
正月あたりからダラダラと作りながらも、他の諸々の製作に手こずり完成が遅れておりましたがようやくの完成です。
手当たり次第、作りかけを量産するような墓穴をセッセと掘りさえしなければ良いものを、堪え性の無さが性分です。

20120606_001_2
パーツ構成は最近のGAFFEに多い、シャーシ部品が充実したパターンのキットです。
ドライブシャフト長が足りない、ドライブシャフトが折れてる。そもそもデフの部品が入っていない。そんなことで
製作を躊躇っているようでは楽しい人生を送れません。ボディ部品が梱包されているだけでも僥倖と喜びましょう。

20120606_002_2
後部の追突防止灯の台座周辺などの詳細はよく判っていません。調べる気も起きないので適当にソッとしておきます。
黒い台座、金属色の台座。どちらも考えられますが塗り分けやら何やらも面倒なのでボディ同色のままとします。
白い車体色のせいで毛埃など目立ちまくりですが完成とします。

検討課題
・キャメルだからって黄色だと思い込まない
・白を塗るときは全裸か白い服で作業する

偽者さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
雲があったため直視でき、雲があったため中途半端となり。なんとも微妙です。
先日のホビーショーの会場でキャラクター図柄の日食メガネを売ってるのを見逃したのが大失態でした。
万が一購入して、ライダー柄の日食メガネ装着で仁王立ちして大空を見上げる姿をご近所の方に見られるのも大失態です。

2012年6月 5日 (火)

金環日食

2012年5月21日、世紀の天体ショーと呼び名も高い金環日食を目視する。忘れた頃の周回遅れです。
まぁ、事前の準備などは一切せず、相変わらずの粗忽さをいかんなく発揮するわけです。
長時間にわたり裸眼のまま、太陽をネットリと睨めつけるわけでもないのでフィルター無しで撮ってみました。

20120605_001
なにかのイラストなどに描かれることがあるような印象的な形状の三日月風太陽。

20120605_002
2シュトリヒ左!情け無用、お涙頂戴フォイア!!そんな感じ。

20120605_003
ほぼ真ん中としてオッケーにします。
フィルターがあればもっとそれらしい画像になったとは思いますが、そのまま撮った太陽ってのも、それはそれで
いいもんだと強がってみたり、自分を慰めたりしてみます。次があるさ!ドンマイ!!

検討課題
・流行りにはとりあえず乗っておく
・お天道様に顔向けできるようにする

2012年6月 4日 (月)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ西へ東へ彷徨うのも楽しい。

20120604_001
岳南原田駅にて7000系と。

20120604_002
岳南富士岡駅にてED403と。

20120604_003
沼津のゼロ戦と。

静岡鉄道で撮り逃がしたのは無念無念。次回再訪時のリベンジ事項とする。
ナガナガと書き連ねたGo West! Mayの項はこれにておしまい。

検討課題
・自然光下でも別途光源を用意することを考える
・日の丸が付いていればテキサンでもゼロ戦と断言する

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
地方鉄道はなかなかその存続そのものが厳しいようで、前途多難どころか前途暗澹といったところでしょうか。
岳南鉄道も貨物運送を止めてしまいましたが、名物ともいえる貨物の突放を客車に見学者を乗せて行うような
イベントにするくらいの企画が欲しいところです。そんな簡単に出来るものなら既に実施してますよね。

2012年6月 3日 (日)

岳南鉄道

2012年5月19日、東静岡を後にし富士へ向かいます。ホビーショーで見学したAFVの素晴らしい作例に刺激を受け、
直前まで若獅子神社へ行って赤錆分を堪能したいと考えておりましたが、それ以前に「外神田一丁目サーキット」で
走行が叶わなかったことのリベンジのため富士の名店に立ち寄ることを決意します。作戦変更です。臨機応変と捉えます。
単純に富士ICから近い方を選んだだけというのが本音だったりするのは秘密です。

結果は大惨敗。富士の名店はお休みです。
ガッカリした気持ちのまま、せめて鉄分だけでも!と思い往生際悪く岳南鉄道、岳南富士岡駅へ足を伸ばします。

20120603_001
まずは岳南原田駅に停車中の普通列車を適当に撮ります。

20120603_002
岳南富士岡駅に着いたら庫内の電気機関車ED501を確認します。

20120603_003
屋外の定位置の鎮座するED291。来るたびにツヤ消しの度合いが増しているような気がしてならない。

20120603_004
屋外にはさらにED402。貨物(ワム)と連結されています。

20120603_005
貨物の先にはED403。岳南鉄道の電気機関車オールスターか?

前回2008年訪問時、岳南富士岡駅には駅員が常駐し、硬券の入場券や記念グッズなどの販売も行っていました。
今回は窓口は閉ざされ、駅員はおらず工事関係者のみ存在が確認でき、そして電車もワンマン化されていました。
2012年3月をもって貨物輸送が廃止されて以降、鉄道事業そのものが存続の危機に晒されているは残念なことです。
貨物輸送の廃止に伴い経営悪化の道を辿った鹿島鉄道同様に、事業廃止にならないことを切望してやみません。

検討課題
・廃止が決まってから慌てて撮りに行ったりしない
・鉄道事業存続のため「乗る・撮る・買う」を励行する

2012年6月 2日 (土)

静岡鉄道 静鉄電車車両展示撮影会

2012年5月19日、静岡ホビーショー見学の行き帰りに利用した静岡鉄道、長沼駅で何やらイベント開催中。
模型見てるってレベルじゃねぇぞ!タイムスクープハンター、初鰹回以上の興奮を見せます。

20120602_001
まずは落ち着いた体を装いながら、春日町駅に入線してくる普通列車を駅撮り。

20120602_002
車両のラッピング率高い。カラフルな彩りで見ていて飽きない。

20120602_003
好天に恵まれデワ1形も屋外展示。

20120602_004
ラッピング無しのオリジナルカラー急行列車も展示されていた。

グランシップにて同日開催されているトレインフェスタ2012と連動企画となっているが、詳しい案内などが
見つけられないような状態のせいなのか、東静岡駅から長沼駅に誘導させるような感じになっていない。
長沼駅で撮影している人も大半がタミヤのビニール袋を持っていることから、ホビーショーの行き帰りに偶然
イベント開催を知り、なんとなくやってきたようにも思えた。

その御陰もあって自分自身はのんびり撮ることができたのは幸い。
市街地を走る路線で、本数も多いため日を改めて撮影のために再訪したいと思う。

検討課題
・とにかく適当に撮る
・撮るだけ撮って後から選ぶ

2012年6月 1日 (金)

株式会社花山 正雪 特別本醸造山田錦

2012年5月19日、静岡ホビーショー見学後、車を駐めた東静岡駅前に戻る道すがら春日町駅近くの鈴木酒店にて購入。
行きにも店頭を通りかかり、ガラス越しに見かけた気になるモノもあったため立ち寄ってみた。

こちらの「常温で呑める美味しい地酒」の要望に対してこの酒を薦めてくださいました。

20120601_001
今の季節、もう汗をジットリとかくようになり、腰を据えて日本酒を呑むよりビールを呷ることが多くなってしまった。
そのため残念な気持ちが無いわけではないものの、しばらく呑まずにとっておこうと思う。なので呑んだ感想は無し。

20120601_002
これを見て鈴木酒店に立ち寄る決意をする。木彫りだぜ!テレビの上に置いてある鮭熊やニポポとはチョット違うぜ。

20120601_003
併せて「英君酒造株式会社 桜野沢ゆい 特別本醸造」を購入。こちらもしばらく呑む機会は訪れなさそう。

会計時にレジ横にあった地ワインに興味を持つも、支払い時にモタモタするのも嫌なので今回は購入を見送る。
次回来訪時にもう少しいろいろ買い漁ってみようと企む。

今般、萌え○○と銘打ち様々な商品が販売されている。米であったり、カレーであったりと枚挙に暇がない感じだ。
この動きはどこまで広がりを見せるのか興味がある。くどいようだが「若者の△△離れ」と呼ばれる現象を食い止める
有効な手段となりうるのか?各種公共施設、高級腕時計、注文住宅…手当たり次第に萌え化された日本社会も見てみたい。

検討課題
・ノルマを消化するような呑み方はしない
・店員さんのお薦めに従ってみる

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »