« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の記事

2012年9月30日 (日)

あじたろう 五反田店 五反田

オフ会終了後、懇親会として会場からほど近い「居酒屋あじたろう」で酒盛り。
どういうわけか店内には蚊取り線香が猛烈な勢いで焚きしめられていた。東京の蚊は地下住まいが好きなのか?

20120930_001
もずく酢。
ここ数年のことであるがヌルヌル、ネバネバとしたものを苦痛を覚えること無く食べることができるようになった。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_002
ビール。
乾杯の音頭はKAZさん。飲み放題プランを選んでくださった幹事さまのおかげで飲みまくりです。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_003
サラダ。
マグロとサーモンと生野菜。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_004
カツオのたたき。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_005
お造り。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_006
串焼き。
牛肉と葱に大根おろし。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_007
天ぷら。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_008
厚焼き玉子。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_009
漬け物。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_010
握り寿司。
サラダでも用いられたマグロとサーモンが再び登場。
たいへんおいしゅうございました。

20120930_011
デザート。
パインを切ったもの。有楽町駅前やアメ横の果物店のように串に刺したものにむしゃぶりつきたくなる。
たいへんおいしゅうございました。

飲み、食べ、語らう。多人数のオッサンでも狭さを感じない個室を用意してくださった幹事さまには感謝感謝である。
この後、場所を変えコーヒーショップで更に話し込む。難しい話、面倒な話、いろいろな話を聞くことができ、ためになる。
自分自身、久しぶりに話し続けたので喉がガラガラする。それもまた楽しいもんだと思う。

検討課題
・まずは両手に酒を確保する
・飲み放題なら飲んだこと無い酒を頼んでみる

2012年9月29日 (土)

PROVENCE MOULAGE PORSCHE 910 TARGA FLORIO 1967

その43modelers' 2012オフ会にて購入。
事前に「闇取引」などという物騒な名前でキットの放出が行われることが判っていました。判ってしまえば我慢しきれず
買ってしまうのが軟弱な自分の性格です。なので当日は小型の鞄で参加し、買わないことを誓って出掛けました。

20120929
我慢できなかったんですよ。
実車についての思い入れは皆無ですが、ツルンとした外観と、サッパリしたカラーリングはなかなか清潔感があって
良いなぁと思い、出品者さまに現金を渡していたのです。鞄に生じたわずかな隙間が敗因だったのだろうと反省します。

そのうち派手なカラーリングに飽きたタイミングで作ってみましょう。
ファンネルカバーを網に置き換えたり、テールランプを透明樹脂で作り直したりはしません。面倒な作業は避けたいです。

検討課題
・譲ってくださった方のことを思い出して作る
・身の丈に合った製作レベルで満足する

2012年9月28日 (金)

43modelers' 2012オフ会

2012年9月22日、五反田で43modelers' 2012オフ会が催され、参加させていただく。
実物を直接拝見するとともに製作者にいろいろ質問もできるまたとないチャンス。
製作者名、作品名詳細等々省略のうえ、いくつか掲載させていただく。各位ご容赦の程を。

20120928_001
セリカ

20120928_002
リスター

20120928_003
ランサー

20120928_004
カニ目

20120928_005
アルファロメオ
フルスクラッチとのこと。原型も持ち込まれていたが、なぜこのムクのレンジの塊がこうなるのか分からない。
何も無いところから作り上げる製作者の根性、執念、愛着は計り知れないものであることだけは解る。

20120928_006
ルノー

他にも多数の作品が所狭しと並べられ、手に取りマジマジと見入る。どれも素晴らしいものばかり。
開催にあたり幹事さまには心より感謝感謝である。次回の集まりは11月の横浜。今から楽しみだ。

検討課題
・作ったことのない車種も作ってみる
・使ったことのない色柄も使ってみる

2012年9月27日 (木)

陳家私菜 五反田店 五反田 麻婆豆腐

2012年9月22日、五反田で催される43modelers' 2012オフ会を前に軽く腹ごしらえ。
五反田で麻婆豆腐と言えば、大崎広小路駅近くの四川料理店が真っ先に頭に浮かぶ。ただ、辛いものを食べれば汗もかくし、
荷物を持っての移動距離を最短にしたいと考え、会場に近い場所にあるこちらで食べてみた。

20120927_001
店舗は2階で営業。
1階部はなにやら当世流行の政治的主張を隠れ蓑にした暴動、略奪行為を中心とした憂さ晴らしを喰らった後であるかの様。

20120927_002
頂点麻婆豆腐。
ランチメニューの定食。グツグツ煮えたぎる溶岩のようで、食べ終わるころまで熱が冷めることはない。ひたすら熱い。
辛いより「熱い」、痺れるより「熱い」。なので時間をかけ、冷ましながら食べれば良かったと舌先を痛めながら自省する。
ご飯、スープ、水餃子が付く。
たいへんおいしゅうございました。

20120927_003
小籠包とビール。
出来たてで熱いはずの小籠包も先の麻婆豆腐のおかげでさほど熱いと感じない。刻み生姜がなかったのが残念。
それでも何となく熱いと感じたりするのでとりあえず飲んでおきます。いい感じです。
たいへんおいしゅうございました。

多店舗展開しているので、通勤経路に近い秋葉原店で別のメニューにも挑戦してみようと思う。

検討課題
・早食いは控える
・麻婆豆腐も飲み物と肝に銘ずる

2012年9月26日 (水)

Fate/Zero B・D!! B・D!!

GT! GT!で歌い出されるのはCKBの名曲。今回のボックスセットはDVDが用意されておらずBDのみ。

20120926
ケイネス先生と、弟子0号の活躍を視聴するだけでも買う価値があるってものです。

耐久レース的に一気に見てしまおうか、毎日少しずつ連続視聴するか迷います。二度、三度と見ればいいんです。

検討課題
・付属する冊子にも目を通す
・特典映像も面倒がらず見る

せぶりんぐさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
いつまで経っても上達しない未熟者ゆえ、できるだけ誰かとバッティングしない車種選定をしていると自然、なんだか
まとまりのない訳の分からないラインナップになっていきます。それもまた自分では楽しんでいるんですけどね。

新興メーカーに対しては強く「買う」姿勢を見せるため、まとめ買いも有効な手法と考えられます。
地道に魅力的なキットを持つ新興メーカーを探し出しましょう。

2012年9月25日 (火)

上野から神田

2012年9月15日、9月も半ばとなりそろそろ秋めいてきてもいい頃だろう、歩くのも苦にならぬだろうと考え歩いてみます。
それでも夏真っ盛りな暑さを感じるようなら即座にリタイアできるよう、山手線に沿って短い距離を歩くに留めます。

20120925_001
あいかわらずトゥトアンクアメン好き。なんだかんだといいながら、いつも上野はパンダとエジプトにまみれている印象。

20120925_002
駅前のあそこ。建設中かと思いきや既に落成しており営業中。足場の残ったような外観は流行のデザインなのだろうか。

20120925_003
偽モンローが脳内再生されますか?赤い絨毯を敷き詰めたお好み食堂的老舗の名前がありません。由々しきことです。
画像手前、中央通りを挟んでアメ横側にレストラン、居酒屋は健在ですが、従来の場所で営業再開していただきたかった。

20120925_004
高架の上に高架を建て増しします。この調子で何層まで重ねることが可能か今後の匠の活躍に期待しちゃいます。

20120925_005
東京駅にどのように入り込んでいくのか興味があります。高崎線、宇都宮線、常磐線といった上野止まりの近郊線が東京駅に
乗り入れることで上野駅〜東京駅間の山手線、京浜東北線の混雑を緩和させることが可能だという。そんなことはいいんだ。

湘南新宿線に代わる新しい黒磯発→沼津行的な列車ができないかと妄想してしまう。朝ラッシュ時に小田原駅で発生した車両
点検が巡り巡って宝積寺駅あたりまで影響し、挙げ句の果てに烏山線もとばっちりを食うという阿鼻叫喚がなければいいが。

検討課題
・上野で一件目は立ち飲みにする
・上野で〆の店は立ち飲みにする

2012年9月24日 (月)

GAFFE Mitsubishi Pajero T1 Warsteiner Granada Dakar 1995 完成

タイトルの通り、GAFFE Mitsubishi Pajero T1 Warsteiner Granada Dakar 1995です。
敗者復活戦的に手を出したキットでしたが、結果として望んだような復活劇はなしえず敗者確定といったところです。

20120924_001
前記の通り、デカールのコンディションが良くなかったため、貼るべき箇所に貼られるデカールを省略しています。
◇ フロントバンパーの「WARSTEINER」
◇ フロントグリルの三菱エンブレム

また、フロントウィンド上部に貼るべきデカールは、3種類用意されていますが全て完成見本と違うものだったりします。
完成見本では白ベースということは判ります。キット同梱の白ベースのデカールは高確率で粉になる予感濃厚です。
とりあえず「貼る」という行為のみを優先して粉にならない柄のデカールを貼っています。確実に間違っています。

20120924_002
リアウィンドウは目張りしているのにワイパーが取り付きます。
後部識別灯は本来、薄型になっていますが、面倒なのでキットに付属されていたネトネトの透明レジンでお茶を濁します。
シャーシ前端2箇所、リアバンパー中央1箇所に付く牽引フックは赤なのか、黄色なのか判らなかったので省略しました。

何もかも適当ですっかり負けた感を味わいつつ、これで完成とします。

20120924_003
パジェロは何回か作っていますが、年式によって車体形状が大きく変わるのでローバーのように流れ作業的に作れません。
仕掛品も違った車体形状になっています。予定は未定ながら、もう少し作りだめしてみたいと思いました。

検討課題
・細かいことは気にしない
・デカールはできるだけフレッシュなものを用意する

2012年9月23日 (日)

JADE MINIATURES N.S.U. Land Speed Record 1951 完成

タイトルの通り、JADE MINIATURES N.S.U. Land Speed Record 1951です。
初めて手にするJADE MINIATURESというメーカーのキットを何とか完成にこぎ着けることが出来ました。

20120923_001
側面や車体前端部など、目立つ箇所のみザッとヤスリがけをし、ピカールで少しだけ磨いています。
ウィンドスクリーンは、接着しろが無いような構成になっていたため固定に手間取ります。
エッチングパーツの端材を適当に切り出し「ベロ」を作り、それを接着のきっかけにしてみました。

いろいろな解釈ができる部分です。実車の画像を見つけることが出来た方、別の解釈を展開される方、いろいろと
あると思います。キットを購入のうえ、納得のいくまで製作に反映していただければと思います。

20120923_002
スジ彫りは全体に浅く不鮮明なため、あらかじめ深く掘りなおしておいた方がメリハリが利いたかと思われます。

よく分からない車ですがこれで完成とします。
キットの入手にあたって取りまとめの労を担ってくださったせぶりんぐ氏には心より感謝申し上げます。

検討課題
・予備知識皆無で独自解釈も混ぜて製作する
・間違っていたらまた作る

2012年9月22日 (土)

今日は

本日はお日柄良く、43modelers' 2012オフ会が賑々しく催されます。

20120922
諸々はまた後日。

検討課題
・枯れ木も山のにぎわい係を自認する
・塵を積らせ山とする

2012年9月21日 (金)

萬世橋

会社帰りにボンド、ネジなどを買おうと思い、秋葉原に寄り道をする。

20120921_001
勤務地の神保町から秋葉原というのはタラタラ歩くのにちょうど良い距離なのだが、まだ残暑も厳しく汗もかく。
電車に乗って電気街へ行こうとする際、電気街南端といえる万世橋を基準とすると都営新宿線・小川町駅からの
距離が最も短く歩きやすい。勿論、目的地によって岩本町駅や末広町駅を適宜、使い分けるのは言うまでもない。

20120921_002
万世橋と言えば「肉タワー」だ。利用する機会も多い場所だが5階より上階へ到達したことがないのが悲しい。
そして2006年に惜しまれながら閉館した「交通博物館」も万世橋の顔と言ってもよいと思う。

その跡地には現在このようなオフィスビル的高層建築をゴンゴン建設している。
近在の神田郵便局の向かいにも新たなビルを建設しているし、ここ数年で一気に高層化が進むような感じがする。

20120921_003
一方、万世橋駅が営業し、駅前に広瀬中佐の銅像があったころからの銅板建築も残っているあたりに面白さも感じる。

20120921_004
これまで交通博物館の建物で隠れていたガード下を隙間から覗いてみる。煉瓦分が少ないことが分かる。
新しいビルには商業施設、飲食店なども併設されるようなので、完成したら雨上がりの神田川の香りを楽しみながら
飲みに行ければと思う。

中途半端で取り留めもないままながら「ヨソユキ」のカテゴリーとしておく。

検討課題
・いつか肉タワー10階を登頂制覇する
・万かつサンドはオヤツと心得る

カ○リーヌさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
車内販売員の造形は、これまで精緻なカプセルフィギュアを数多くリリースしてきたバンダイ社と同じ会社のものとは
思えないほど素朴なものだったりします。なるほど北関東を爆走する東武鉄道らしさを密かに表現しているのでしょう。

そして私が最近気になっているのが奇譚クラブ社の「コップのフチ子」シリーズだったりします。画像はボケ気味。

Moe001
ノンスケールですが、1/35サイズでの小柄な女性といったところでしょうか。なかなかトボけていて、いい感じです。
そして同社の「タレびんストラップ」シリーズです。

Moe002
左からシーラカンス、シュモクザメ、メガネモチノウオとなっています。
近頃は、仕出し弁当でも見る機会の減った鯛の形をした醤油入れですが、魚の種類が変わるだけで微妙さ二割増しです。
実際に食品を入れて大丈夫か検証していないので、とりあえずネタ要員として使える機会を窺いたいと思います。

2012年9月20日 (木)

GAFFE Range Rover CAMPER Paris Dakar 1989 完成

タイトルの通り、GAFFE Range Rover CAMPER Paris Dakar 1989です。
コーティングも硬化したので、適当に#1500の紙ヤスリを使って目立つ段差箇所を平滑にし、ピカールを塗り込みます。

20120920_001
こちらも以前、完成させたキット同様にパーツ構成は最近のGAFFEに多い、シャーシ部品が充実したキットです。
そんな訳ですから、ドライブシャフト長が足りない、ドライブシャフトが折れてる。ここらへんも同様になっています。
タイヤを取り付けてしまえば、よっぽど意地悪な角度から覗きこまなければ確認できません。重大な問題ではありません。
砕けていないボディ部品と、フレッシュなデカールが梱包されているだけでも僥倖と喜びましょう。

20120920_002
あいかわらずデカール貼付時の手際の悪さから、塗装面とデカールの隙間に空気溜まりが残ってしまっています。
もはやこれを自らの作風、もしくは芸風として確立した方が良いのかとさえ思えてきてしまいます。迷走しまくりです。
牽引フックも付けていませんが、オフ会前に何とか間に合わせることはできました。この状態で完成とします。

検討課題
・同系統のシャーシのローバーをもう少し作ってみる
・手は抜けるだけ抜く

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
カーモデルは可能な限り市販の缶スプレーで対応していることを考えると、ネチネチと混色と調整を繰り返しながら塗装し、
黒目の位置を左右で0.25mmずつ違えて微調整したデカール製作に没頭する自分が向かう先が判らなくなってきました。

2012年9月19日 (水)

ちぇりーBoy's シテヤンヨ 塗装 4/6

先日、ちぇりーBoy'sさまより直々のコメントをいただき、製作意欲が俄然盛り上がってまいりました。
削り残しがないか確認のためサフェーサーをザッと吹き、離型材除去も兼ねラッカーシンナーで洗い流します。
そんな感じで下処理も終わったので塗装作業に移ります。

20120919_001
まずは白い成形色に対しての下塗りとしてツヤ消し黒を吹き付けます。

20120919_002
次にメタリックブラックを吹き付けます。
初めて使う色ですが、とても重厚なメタリックの色合いです。下塗りに使うのがもったいないくらいに思われてきます。

20120919_003
Mr.クリスタルカラーのターコイズグリーンとトルマリングリーンを混ぜ、シルバーパールを加えた塗料を作り塗ります。
配合比率は、ターコイズ3:トルマリン2:シルバーパール適当、といったところです。

20120919_004
ソフト99のクリアを4回、吹き重ねます。自分では始めて見るような何とも言えないメタリックの色合いになりました。
磨ぎ出しは面倒なので吹きっぱなしのうえ、じゅうぶん乾燥させたらオッケーにしようと思います。

20120919_005
黒目が気になったので再度デカールを作ります。黒目のサイズをφ2.5(上段)から、φ2.0(下段)にしてみました。

今回は専用台座を用意しようと既に発注しています。台座が納品され次第、順次部品を接着していこうと企んでいます。

検討課題
・接着は念入りに行う
・接着剤をハミ出させない

2012年9月18日 (火)

バンダイ Bトレインショーティー 東武鉄道 100系 スペーシア  製作

新色も出揃ったことだし一気にまとめて作ります。

20120918_001
製作済みのオリジナルカラーは、台車と動力をKATO製汎用部品からBトレイン用のものに交換してみた。

20120918_002
購入時にも触れたが新色のキットは構成上、共通使用が可能な先頭車と中間車のセットとなっている。
そのためカウンタービュッフェのある3号車と、パンタグラフの無い4号車を用意することができない。抜き部が当該車。
窓とドアの形状の違い、屋根の形状の違いから自作もなかなか難しそうな感じだ。Nゲージ車両を切り刻むか?

20120918_003
オリジナルカラーのキットに付属されていた車内販売員のフィギュア。2006年3月までの制服と注釈がある。
新色のセットにはもちろん付属されていない。
せっかくなので現行のフィギュアがあればと思うが、それなら多少高額になってでも欲しいかと問われると返答に困る。

検討課題
・いつか中間車が発売されることを待つ
・待ちきれなくても下手な自作は控える

2012年9月17日 (月)

御菓子 花岡

長野をぶらついたついでに以前、頂き物として食べた際に美味しく感じた菓子を買って帰る。

20120917_001
くるみの初恋。
メレンゲにくるまれた胡桃の菓子。
日頃、ナッツといえば酒のつまみにカシューナッツを食べることは多いが、胡桃は好んで食べることも無くため新鮮に感じる。
たいへんおいしゅうございました。

20120917_002
手作りフルーツゼリー。
こちらは「御菓子司さわむら」で購入。やはり以前、頂き物として食べ美味しく感じたので足を伸ばして買いにいく。
たいへんおいしゅうございました。

なんで局所的な地域の菓子をとなる。
自分が現業に就いた際、手ほどきしていただいた師匠がいるのだ。現在は同業を辞し、信州にお住まいになっている。
諸々の機会を通じて地元の銘菓を送っていただくことがあったりして知ることとなる。おやきは苦手なのだが。

そんなこんなで望んだ菓子を手に入れることができ、勢いに任せてモリモリ食べることに徹する。
これにて長々続いたGo West! Septemberの項はおしまい。

検討課題
・銘菓といえば十万石まんじゅう
・地方銘菓という地雷を食らっても泣かない

kawakami(偽物)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
やはり烏賊は購入しておくべきでしたね。何かの機会に運良く見つけることができたら購入したいと思います。
素晴らしい完成度を前にして、こちらからのリクエストを受けていただけるのか興味があります。
アレとか、コレとかお願いしたくなります。

2012年9月16日 (日)

木彫りの魚

2012年9月8日、先日開催された十人十色展の会場にて販売されていたので興味を持ち購入。

20120916_001
甘鯛。
甘鯛なのか尼鯛なのかいまだに迷う。モデルは体色からアカアマダイと思われる。大小2点を購入。

20120916_002
秋刀魚。
もう間もなくシーズン到来のはず。初物はやせ我慢して300円もやむ無しだが、普段食べるなら98円で手を打ちたい。
こちらは最初から同じ台座に大小2点が固定されおり、それを購入。

手頃なサイズでコレクションしたくなる。帰宅後、木地も綺麗な烏賊を購入しておけばと後悔しきり。

検討課題
・迷ったら買っておく
・鮭熊と王将は基本

2012年9月15日 (土)

ちゃーはんや / Latin America Store 上田

役回りとしては雉、あるいは巌氏といったところ。

20120915_001
正式な店名はLatin America Storeなのか、炒飯専門店「ちゃーはんや」であるのか不明。
店内の調理場、キャッシャーは共用していながら、調理人とメニューは別という同居しながらの営業形態の様子。
ゆるやかなブラジル歌謡?流れる店内に何となくソレっぽい雑貨などの販売もしている。

20120915_002
ちゃーはんやのオムライス。
ガーリック風味強くスパイシー。刺激が強いぶん、200gという米飯の量の多さから食べてる途中に食べ飽きることとなる。
付け合わせの水菜がもう少しあれば、口の中をサッパリさせながら美味しく食べきることもできるのにと思う。
冷たいスープが付き、口の中に残る味の濃さを和らげることができる。こちらのおかげで完食できた。
たいへんおいしゅうございました。

20120915_003
チーズバーガー。
おそらくこちらがLatin America Store側のオリジナルメニューと思われる。
パンはしっとり蒸すでもなく、きっちり焼き目をつけるでもなく微妙に焼かれ、モサモサとした喉が渇く食感。
パテは肉の味がしっかりしている。ただし、基本的にケチャップ味が強くレタスなど挟まれていないため食べ飽きる。
せめてピクルスが挟まれているか、ザワークラウトが添えられていれば美味しく食べることができるのにと思う。
たいへんおいしゅうございました。

こっそりタバスコ、あるいは刻んだハラペーニョでも持ち込んで味を調整しながらなら、再挑戦もあるかと思った。

検討課題
・粋がってデスソースを直接なめない
・日和ってタバスコを酢で薄めない

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日はお忙しいなか、たいへんお世話になりました。
その後、ホームセンターへ行ったり、丸子方面に行ったりすることもあり長居できませんでした。
またの機会には準備万端で伺いたいと思います。

2012年9月14日 (金)

祭り会場にて

阿闍梨さまのおわすところ。素通りできるはずもなく是非にも伺候せねばなるまいと、図々しくも立ち寄らせていただく。

Keep_out
広大な会場の案内板。なれど立ち入り禁止だよ。

20120914_002
骨付きチキンをご相伴にあずかる。名古屋系の手羽先では無く、一般的な唐揚げでとても食べやすい。
たいへんおいしゅうございました。

20120914_03
ビョンビョン踊ってる。さらに樽酒割って、振る舞い酒も行われる。

20120914_004
焼きそば。
内容は、肉5:ソバ2.5:野菜2:紅ショウガ0.5の比率。ソバは表層だけで下層はひたすら肉のみ。どう考えてもおかしい。
たいへんおいしゅうございました。

20120914_005
多数の来場者で盛況。みな昼から腰を据えて飲み、食べ楽しんでおられる。

20120914_006
大きなお友達は重量制限があったりでご遠慮いただいております。
せっかくなので画像加工しないで済むよう、搭乗されているお子様が皆そっぽを向くまでカメラを構えて待つ。
端から見ればさぞ怪しかろう。係員に注意されることもなく、摘み出されることもなかった。胸をなで下ろす。

自分の住む地域の盆踊りでさえ何年も行ってない。祭り会場独特の華やいだ雰囲気を思い出し、楽しい気分を味わえた。
お声掛けくださった阿闍梨さまには感謝感謝でございます。

検討課題
・祭りなら飲める状態で参加する
・甚平か浴衣かで悩まずバミューダにランニングを旨とする。

2012年9月13日 (木)

十人十色展

2012年9月8日、長野駅近くのえちぜん画廊にて催された展示会を見学に行く。

20120913_001
タミヤ製1/24のF40を作ることをテーマに多数の完成品が並ぶ。

20120913_002
余裕を持って展示されており微に入り細に入りとても見やすい。静岡の展示もこれくらいスペースに余裕があると嬉しい。

20120913_003
カウルを開けるか、閉めるかで工作の手順いろいろが変わってくる難儀なキット。

20120913_004
F40といえば赤という強いイメージを放り投げる配色。いまリリースされればマットブラックのボディが用意されるはず。

20120913_005
ヨンサンの展示も行われていた。プロバンスでシビックがあったのか、知らなかったよ。
いろいろ技術、環境も整ってきた今、持っていたら長谷川のデカールをどうにかして、ピンクの水玉模様を再現したのにな。

20120913_006
イェーガーマイスターは鉄板。

20120913_007
FW12。戦績はパッとしないものだったが、外観はとても好きだったりする。

20120913_008
ミニカーをリビルトし、更に電飾の追加工作を施してある。欲しくなる。ヨンサンでどうにかならんか。

展示会初日の早い時間に訪れたことで各作品をゆっくり見学することが出来た。誰かの作品をみると刺激をうけるので楽しい。
この項、展示会のメインはニーヨンであったが、ヨンサンも多数出展されていたので「ヨンサン」のカテゴリーとする。

検討課題
・自分が塩漬けにしているキットの完成品を見たら自分も頑張って作る
・たまにはヨンサン以外のカーモデルも作ってみたり買ってみたりする

ちぇりーBOY’Sさま
ご訪問、直々のコメントありがとうございます。
足指、足の爪。踵からふくらはぎ、膝裏にわたる造形に惚れ込んで製作を進めています。
現段階で各部品の塗装作業まで終了し、塗装面の乾燥と台座の納品を待っている状態です。
完成したらこちらを通じご報告させていただきます。

2012年9月12日 (水)

Go West! September 信州行ったり来たり

2012年9月8日、まとめて諸々を回ってしまおうと企み上信越自動車道をひた走ります。

20120912_001
ジャンプする鯉。「飛躍」と書くとつい「飛ぶ」イメージが強くなり、モチーフも鳥類になりがちだが、ここ佐久平では鯉。
滝を登った鯉は龍になると言われているからだろうか。なら最初から龍で作ればいいものを敢えて鯉。鯉食ってないなぁ。

20120912_002
とりあえず六文銭が目につき始めたら信州に着いた気がします。実際は違います。
松代の真田と言えば、当主の信幸より小松姫が先に思い起こされます。善政を布いた藩主がとても不憫です。

20120912_003
長野市北石堂という区画を少し歩きます。いい感じの食料品店です。

20120912_004
Hトラックがいました。レストアして爆走するようになればいいのにと思う。

20120912_005
長野市内から上田に向かう途中に通り過ぎた屋代線跡。レールが撤去される前に撮りに行っておきたい。

20120912_006
上田に行くなら高速より地蔵峠を通った方が早いと教えていただき峠道をグイグイ走る。峠のピークにあったナゾ食堂。

20120912_007
鉄分補給に走ってくる「しなの鉄道」を走りながら撮る。適当の極み。流し流され撮り。

20120912_008
帰りの横川SAで再度鉄分補給。こうじゃない。

この項しばらく続きます。

検討課題
・史跡巡りも気が向いたらやってみる
・盛りだくさんの行程にしない

2012年9月11日 (火)

東武鉄道 特急スペーシア 残念賞 サニーコーラルオレンジ

2012年8月に何度かオリジナルカラーを撮りに行った際、思いがけず撮れたサニーコーラルオレンジを掲載する。

20120911_009
板荷駅~下小代駅間

20120911_010
東武金崎駅~楡木駅間

20120911_011
板荷駅~下小代駅間
線路際にお住まいのご婦人から教えていただいた撮影ポイントの近くから撮ってみる。ピン甘い。要再挑戦。

20120911_012
栗橋駅~新古河駅間

南北方向に路線を伸ばす東武日光線だが、午前中の順光になる東側から撮ると売店部分の様子が分かりやすいものとなる。
今回は東側から撮った物が無く、そのうちの再挑戦時にお預けとする。

検討課題
・必要なら早起きもする
・夕闇の時間帯まで粘る

demobirdさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
撮りたい場所、撮れる場所。撮りたい絵面、撮れた絵面。
何もかもチグハグなまま、迷いながら連写した結果撮れたラッキーショットでございます。
そういった映り込み諸々を想定し、意識して撮れるようになりたいと思うのですが難しすぎます。
精進、精進また精進。日差し効果が面白くなるこれからの季節、ガンガン撮りたいと思います。

2012年9月10日 (月)

東武鉄道 特急スペーシア 残念賞 粋カラー

2012年8月に何度かオリジナルカラーを撮りに行った際、思いがけず撮れた粋カラーを掲載する。

20120910_005
明神駅~下今市駅間

20120910_006
下小代駅~明神駅間

20120910_007
板荷駅~下小代駅間

20120910_008
栗橋駅~新古河駅間

側面の青メタリック部は、ちょとした光の加減で反射して白く飛んでしまったり、暗く濁ったような色合いになってしまう。
綺麗な青メタリックに撮れるよう精進が必要。

検討課題
・地図を過信しない
・歩き回って撮れる場所を探す

2012年9月 9日 (日)

東武鉄道 特急スペーシア 残念賞 雅カラー

2012年8月に何度かオリジナルカラーを撮りに行った際、思いがけず撮れた雅カラーを掲載する。

20120909_001
東武金崎駅~楡木駅間

20120909_002
東武金崎駅~楡木駅間

20120909_003
栗橋駅~新古河駅間

20120909_004
栗橋駅~新古河駅間

側面の紫メタリック部は、ちょとした光の加減で黒く、暗く見えてしまう。綺麗な紫メタリックに撮れるよう精進が必要。

残念賞の項、新色3色分について3日間続きます。

検討課題
・太陽の位置をなるべく確認しておく
・撮る瞬間曇ってきても文句を言わない

2012年9月 8日 (土)

Go West! September

9月だぜ!碓氷の峠を越えるぜ!!

20120908
誰かのテリトリーに不躾に立ち入る。そんな徳川秀忠の気分を味わいに出掛けてみます。

諸々はまた後日。

検討課題
・紛れ込むよう行動する
・目立たぬよう行動する

鈴木酒店さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
桜野沢ゆいを購入する際、無理をお願いしてわざわざ銘板を貼っていただき申し訳なく、また感謝申し上げます。
まだ封を切っていないので、お薦めのとおり冷やして飲んでみようと思います。

正雪は我慢できず6月中に飲みきってしまいました。クセの無い飲み口でとても楽しく飲むことができました。
ツインメッセ静岡に駐車できず歩き回ったことで美味しい酒を見つけることができ、ラッキーと思っております。

2012年9月 7日 (金)

源来酒家 神保町 麻婆豆腐

勤務地からほど近い靖国通り沿いにある中華料理店。店頭の看板には寧波家郷料理と書かれている。よく分からない。
夏場は節電が殊更叫ばれるこの時勢のなか、いい感じで冷房が効いた店内であるため利用する機会も自然と増える。

20120907_001
麻婆カレー麺のハーフ&ハーフ
辛い麻婆に辛いカレーを合わせる。日本人にとっての国民食といっても過言ではないカレーとラーメンを合わせる。
まるで麻婆豆腐の言峰神父と、ガラムマサラなシエル先輩が黒鍵を携え、手を組んだ状態である。もう鉄壁じゃないか。

麻婆カレー麺で痺れた舌を休ませるのに、セットの炒飯と大ぶりのコップに注がれた氷水がとてもありがたい。
たいへんおいしゅうございました。

20120907_002
小籠包
皮は厚いというほどでもなくモチモチとした食感。肉もおいしい。
たいへんおいしゅうございました。

20120907_003
生ビール。
店頭にはアサヒスーパードライ、エクストラコールドの貼り紙があるが、店内に設置された温度計に温度表示は無い。
昼は提供していないのか、エクストラコールドを飲むあては外れた。やってられないので生ビールを飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

訪れたときは他のメニューも試そうと思うものの、結局いつも麻婆カレー麺を頼んでしまう。
店のメニューに書かれた自慢の名物料理に弱いと自覚する。

検討課題
・汗をかかないようゆっくり食べる
・慌てて飲み込んで途中でむせない

2012年9月 6日 (木)

ちぇりーBoy's シテヤンヨ 仕込 3/6

目の表現について楽な方法を考えます。

20120906_001
こんな感じにしたいと思うのです。オリジナルに比べ黒目が大きいような気がしても気にしません。視線調整は難しいな。

20120906_002
目の凹部に合わせたデカールを作ります。部品を実測し、左右9.5mm、天地3.5mmの正楕円とします。

20120906_003
顔の肌の色はよく分からないので適当に色を混ぜようと思います。細かなグラデーションなど施さず、ベタ塗りにします。

20120906_004
本体?色については基となるイラストや、出展者の完成サンプルを見ても厳密な指定は無いように思えてきます。

20120906_005
今回もMr.クリスタルカラーを使います。ただし、下塗りは黒ではなくメタリックブラックとする予定です。
また、クリアーに粉末のパール粉を混ぜて少しMr.クリスタルカラーを増量してみようと思っています。

なんだか実験的塗装になってしまう予感がします。それでも敢えて、失敗上等で吹いてみようと思います。

検討課題
・作例の色彩にこだわらない
・作例のイメージから逸脱しない

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
6両編成は、カーブなどで正面がちで撮ると寸足らずを味わってしまいますが、側面からはちょうどいい感じです。
埼玉県北部でも稲の刈り取りが始まっており、これからの季節は撮る場所を考えないとなりません。
新宿駅〜池袋駅の都会で撮るのも一興ですね。ネオン輝く歌舞伎町バックが可能か検討したいところです。

2012年9月 5日 (水)

東武鉄道 特急スペーシア オリジナルカラー

2012年8月25日、悪あがきを重ねるように再度、先日と同様の栗橋駅〜利根川橋梁間で撮影を試みます。

20120905_001
現地に到着後、さほど待つこと無くオリジナルカラーを側面から撮ることが出来ました。ノルマ達成です。

20120905_002
ノルマ達成に気をよくして逆光で撮ったりします。余計なことをするもんじゃないと改めて思い知らされます。

20120905_003
日が傾き始めた頃に通過したオリジナルカラー。これを撮って撤収。

東武鉄道が何かのイベントで再塗装を施すとなれば話は別ですが、自分は特急スペーシア オリジナルカラーは
これで撮り納めです。慌ただしく撮ったため満足いかない点も多々あります。日頃の行いのせいと思うことにします。

思いがけず、さほど遠出することも無く、いい具合に撮れる場所を何カ所か見つけることが出来ました。収穫です。
冬になったら寒くても面倒がらずホイホイ撮りに行こうと思った次第です。

検討課題
・東武動物園駅以南でも撮ってみる
・伊勢崎線方面へも撮りに行ってみる

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
私は10歳の頃から眼鏡を使用し今に至ります。ヘタレゆえコンタクトレンズに切り替える度胸も無いのです。
月の家圓鏡氏の名文句の通り、鍋では「料理すっかり食う物なし」を味わい、温泉では前も後ろも判らなかったりします。
今では近視に乱視が加わり、悲しいかな加齢による老眼も確認され、レンズ調整はもう訳の分からない状態です。

模型の眼鏡については昨今、エッチングパーツや透明樹脂による射出成型品も出回り選択肢も増えてきています。
セルフレームなら気になりませんが、メタルフレームの場合は、ノーズパッド周辺の処理と表現は悩ましいところです。
逆にセルフレームは、フレームとレンズの“キワ”の処理に大いに考え悩まされるところです。痛し痒しです。
そんなこともあって、鉤鼻の旦那の製作を楽しみに拝見させていただいております。

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
クリスマスシーズンの鼻メガネ装着者も見かけなくなり、絶滅の危機に瀕していることを予感させます。
鼻メガネ、三角帽、寿司折りをぶら下げての千鳥足。日本のクリスマスに無くてはならない様式美です。
某メーカーでは既にクリスマスケーキの仕込みを始め、冷凍庫を満たしている頃です。今年は、やはり最近とんと
見かける機会、食べる機会の減ったバタークリームたっぷりの、ねっとりとしたケーキを堪能してみましょうか。

2012年9月 4日 (火)

ねんどろ 購入

付属品欲しさに購入。

20120904_001
原作についての知識は皆無。なんとなく買い揃えるのがこのシリーズのいいところ。

20120904_002
すっきりした顔立ちのキャラクターです。

20120904_003
眼鏡パーツに交換してみます。
メガネキャラクターといえば、後の何度目かの人生でRPGのような物さえ使いこなすに至った中学生もいました。

20120904_004
本命の鼻メガネ。
最近は、宴会などで鼻メガネの着用者が絶滅の危機に瀕しており、早急な保護と次世代の育成が求められています。

20120904_005
中学生にも着用させます。
部品構成と分割位置の関係で、眼鏡パーツをそのまま取り付けることはできませんでした。無理矢理に差し込みます。

なんとかなるものなのか色々いじってみようと思います。

検討課題
・ネクタイで鉢巻きをしない
・宴席でメートルを上げすぎない

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
彼の芸人さんが飄々としているように見えるのは祖父からの薫陶あってのことなのですね。
ただサッカー関連での言動と、行動については少々いきすぎている感じもしないではないですが。

2012年9月 3日 (月)

TOMIX 東武100系スペーシア(粋カラー)セット

東武鉄道の新カラーリングをまとったスペーシアを購入。まるでデジャヴ

20120903_001
雅カラーセット同様、付属品などは用意されていない。

20120903_002
従来のカラーリングの同型車と。
側面窓周辺は青メタリックとなる。白い車体に青の濃淡2色の配色は、同社の通勤型8000系のようで親しみを持てる。
もう発売されているサニーコーラルオレンジのセットも購入しないといけない。

検討課題
・カラーリング3種全部揃えること

・Bトレの新スペーシアを早く作ること

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
信州の塀に囲まれた別荘住まいの方も言いました、事業に失敗して身ぐるみ剥がされても命は取られないから大丈夫。
名言です。命まで取られたら大変です。それでも再チャレンジが叶うのなら、どうにでもなるってもんです。

2012年9月 2日 (日)

嫌われ松子の一生 山田宗樹著 幻冬舎文庫刊

玉座製作時の気分を高めるために読んでみます。ふざけた内容ではなく転落し、流浪する。そんな感じの話。

人生には常に数多の選択肢はあるものの、自らが選べる選択肢は一つしかなく、複数の人生を歩むことは出来ない。
上手く最良の選択をし続けることが叶えば薔薇色の人生だろうし、ひたすら悪い選択をし続けてしまうこともある。

本書において「嫌われ松子」こと川尻松子は後者のパターンに近く、有り体にいえば「引きの悪い」人生を歩み続ける。

20120902
このご時世、自分自身でさえ何がきっかけで、どこで躓き転落するか分かったもんじゃない。
笑い話で「ついてない」といえばカタヤイネンのことだが、それさえ実はとても幸運に溢れた人生だったりもする。
読み終えて残りの人生、上手くやり過ごしたいと思った次第だ。

検討課題
・人生晴れたり曇ったり
・何事も行って来いでチャラを善とする

2012年9月 1日 (土)

歯を、磨いちゃってくださいね After

連日の猛暑日続きのためか、ウレタンコートの硬化に要する時間は普段より短いような気がします。

20120901_001
玉座完成。ラメのザラザラ感が強調され、クリア層のテラテラが感じられませんが実物はそこそこの光沢があります。

20120901_002
試しにいろいろ腰掛けさせてみましょう。ベンジャミン伊東の相棒は1/6サイズです。オーバーサイズな感じです。

20120901_003
電気つながりで正統派ヒーローに座っていただきます。製品はノンスケールとなっていますが1/10相当でしょうか。
股関節周辺の可動域が少ないため、足を前に放り出すような姿勢をとるのがやっとです。玉座とのサイズ感は良好です。

20120901_004
タックルさん、おなしゃす! いろいろチャージされて光ります。

20120901_005
やはり玉座にふさわしい王にも腰掛けていただきます。こちらも製品はノンスケールになっています。
約1/12サイズと言われていますが小柄なキャラクターのため玉座が大きく感じられます。大柄な1/15といった感じです。
しかし、玉座中央の凹みに対して最も適切な腕のサイズと思えたフィギュアはこれでした。

20120901_006
とりあえず、ねんどろも座らせます。思いのほかフィットしているような気がします。

久しぶりの完成がこれでした。息抜きしすぎな感じもしますが、夏ってことでご容赦いただきたいと思います。

検討課題
・効果的な展示方法について考える
・魅力的な使用方法について考える

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »