2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月31日 (水)

八角文化会館 八角出版部刊

脱力系というか、そういった系統のアレである。順序としては先にVol.2を購入し、そののち創刊号を手に入れている。

20121031_001
表紙にある通り「終末観光」案内といったところ。地方都市や観光地などで役割を終えた施設が廃墟となっていく様を
面白おかしく訪ね歩くことに否定的な意見を持つ方もいると思う。実際、誰かの土地建物に無断で侵入するわけだから
決して褒められた行為じゃない。とはいっても覗き見感覚で誌面を通して垣間見たいと思う卑しい根性もあったりする。

20121031_002
一人で出掛けるときに気が向いたら立ち寄ってみようかと思う程度のガイドブックとして活用したい。
この分野で雑誌形式といえばワンダーJAPAN誌が刊行数、物件の案内数で飛び抜けていると思う。まだまだ知らない
見つかっていない不思議な場所がこの雑誌などを通して紹介されていくことと思う。色んな意味で楽しみにしている。

検討課題
・知ってる場所があったら近寄ってみる
・トラロープが張り巡らされていたら立ち入らない

2012年10月30日 (火)

あわだま

思い出したように1kgチャレンジを行う。前回はパインアメだったが、今回はアソートものにしてみた。
ソーダキャンディーと袋に書かれているが、弾ける炭酸風味を強烈に感じることは無い。

20121030
パインアメと同じメーカーにより製造されている。なので当然、パイン味がラインナップされる。
前回のパインアメも半年も保たずに消費してしまった。これも今後ダラダラなめて消費しようと考える。

検討課題
・早めに歯科医のメンテナンスを受ける
・ポッケに入れたままにしない

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
パリダカ黎明期ともいえる80年代の車両は、プライベーターも多かったせいか改造もワイルドでワクワクします。
近年のパリダカ攻略の要点を踏まえた改造車は「やっつけ仕事」の部分が減ってきており、私としては魅力的に
感じられない部分があったり無かったりします。

2012年10月29日 (月)

どうにかならんものか

今年も残すところおよそ二月。もう間もなく酒を飲んだり、餅をついたり、酒を飲んだり、酒に飲まれたりと忙しくなる。
中途半端に残った日数とはいえ、もう1点どうにか完成に漕ぎつけられそうなものは無いかといろいろ見繕ってみる。

20121029
期限や納期のあるものではないから急いで作る必要は全くない。ただ何となく手を動かしていたいのだ。
製作を中断しているものも多数あるし、適当にどうにかしてみようと思う。

検討課題
・泳ぎ続けるマグロのように
・泳ぎを止めたからといって息絶えない

2012年10月28日 (日)

CCC Panhaer 24 Proto 《Paris-Dakar》 1981 完成

タイトルの通り、CCC Panhaer 24 Proto 《Paris-Dakar》 1981です。
今年9月のオフ会に間に合わず、その後も気分が盛り上がらず何となく製作が滞っていたものです。

20121028_001
リサーチ不足から配色、色彩、デカール貼付位置などに不安を残します。ライト周辺もここまで黒くありません。
ホイールもリム部は白、または銀色なのではないかと思っています。
フロントウィンドにのしかかるように設置されたエキゾーストが男前な印象を与えます。

20121028_002
テールライトの合いは絶望的に悪く、無理矢理エポキシボンドで接着して固定しています。

数々のおかしい点が確認されます。あいにく現状ではCCCのキットの入手は困難を極め、再製作も難しい状況です。
それでもなお、綿密なリサーチを行ったうえで製作に取りかかるモデラーの出現を待ちたいと思います。

それはそれとして、これで完成とします。

20121028_003
来歴不明のまま入手したパナール・ディナと並べてみます。CCC社製で箱書きにはDYNA Z 55M.Cとあります。

検討課題
・後から出てきた資料は見ないようにする
・後から出てきた資料を見ちゃったら直せる箇所だけできるでけ直す

2012年10月27日 (土)

オルトラン 散布 秋

庭木に残る蝉の抜け殻を数えようとしていたらアイツ等がいるのを発見したので慌てて散布します。
条件は前回同様、推奨希釈率を無視したドンブリ勘定な特濃液剤を蓄圧式噴霧器を使い、景気よく散布して差し上げます。

20121027
アイツ等、葉の裏の葉脈に沿うかたちで集団で潜んでいやがるんです。(画像はイメージ)
なので徹底的に浴びせかけます。悶絶する様に爽快感さえ覚えます。思い残すこと無く蛹となり、越冬など断固させません。

葉が枯れ落ちたら粒剤を適宜バラ撒いておきましょう。
今シーズンは、芽吹き前に粒剤を撒くなどの仕込みもあったため液剤散布は2回実施するに留まりました。楽できました。

検討課題
・見つけたら即散布する
・息絶えるのを確認するまで丹念に散布する

ハルパパさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
何かのときのために「備えあれば憂い無し」を念頭に置きながら、「大は小を兼ねる」を併せると携行する荷物の増大や、
衝動買いを加速させますので細心の注意が求められます。心穏やかに「腹八分目」「足を知る」を実行したいと願いながら
やはり自分の場合「暴飲暴食」「買わずに後悔より買って後悔」がお似合いのようで。ちょっと違うか。

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
昨今は諸般の事情のせいか、海を隔てた先からの買い物ツアー客が心なし減少し、買い物もしやすく感じます。
なので中央区の商店、百貨店に近づくとつい無駄遣いをしてしまいがちです。気をつけないといけません。

バックルは集めるでもなく散漫に収拾しています。
・ターコイズ風味は買わない
・ロックンロール風味は買わない
・テキサス風味は避ける
購入と収拾にあたっては、ここらへんに留意はしています。

2012年10月26日 (金)

Cote&Ciel Messenger for 15" Laptop

カメラバッグ探しの旅はまだまだ続く。
新宿では探せず、有楽町ではピンとこなかったので銀座で購入。

20121026_001
持ち手はなく基本的には肩掛け、または斜めがけでの使用となる。

20121026_002
中はざっくり。けっこう入る感じがする。カメラ本体とソフトケースに入れたレンズを数本なら余裕で収納できる。
体に当たる部分にタオルでも挟み込んでおけば問題なく使用できるはず。実戦投入はもうしばらくしてからか。

20121026_003
サイズ確認用にお馴染みの青い小箱を置き、比較してみる。
ここらへんの小箱だと10個以上余裕で収納できてしまうため、買い物に持って行くのは自分的に不向きと考える。
来月の横浜でデビューさせようものなら大変なことになることが予想される。

専用のバッグがいいに決まっているが、もう少し悪あがきをしてみる。

検討課題
・ねんどろのスペースを確保する
・パッキングの順番を考える

2012年10月25日 (木)

天府舫 新宿 麻婆豆腐

新宿にいくと揚げ物が食べたくなります。当日もトンカツを食べる気満々でした。
買い物が不調に終わったため、フラフラと無目的に北上しながら店頭に「四川料理之聖地」と掲げたこちらに入店します。

20121025_001
マーボー豆腐定食。
辛さよりも痺れを強く感じます。舌先がビリビリします。いい感じです。
たいへんおいしゅうございました。

20121025_002
水餃子とビール。
ランチタイムは水餃子が食べ放題です。ラー油をダブダブとかけ回し食べます。辛いので当然飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20121025_003
定食ですのでご飯、スープ、この日はキクラゲとモヤシの何かが付きました。
先の食べ放題の水餃子を併せると、これだけでも美味しいランチメニューにもなるような気さえします。炭水化物固めです。
たいへんおいしゅうございました。

なかなか行く機会の少ないエリアなれど、また食べに行きたくなります。その前に新宿では揚げ物チャレンジだ。

検討課題
・酢と黒酢の匂いと味を克服する
・キクラゲを飲み込むタイミングを自然にする

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
その攻略法もゴールに対して何度のアタックで成就するかを考えるのがサガでして、何度もくじけずアタックするより
少ないアタック回数でゲートを開くことを目的とするあまり、本末転倒となることも多ございます。全くなんのことやら。

2012年10月24日 (水)

有楽町から銀座

2012年10月20日、新宿で果たせなかった物欲を果たすため、一縷の望みを賭け有楽町に向かいます。

20121024_001
数寄屋橋交差点から高級ブランド店を眺め、屋上の造作の旗の柄に興味を持つ。手持ちのコンデジではこれが精一杯。

20121024_002
カボチャ祭りはどれほど日本に定着しているのだろう。自分がその流行に乗っていないだけなのか?どうにも判らない。

20121024_003
銀座駅は笑い男だらけ。どうも風俗遊戯に関連した広告のようだ。

昨今は「オマエガヤッタンダロッ!」の掛け声のもと、シナリオをこなすように犯罪者を量産する組織もあります。
自分のようなヘタレは、卓上ライトを顔に近づけ大声で恫喝されでもしたら「ハイ、ワタシガヤリマシタ」と即座に答えます。
既に用意された筋書きの通りに、さも自分がやったかの様にペラペラと歌うことになるでしょう。

怖い世の中になったもんだと思いながら、とりあえず目的を一つだけこなしたので善とする。

検討課題
・落ち着ける喫茶店を見つける技術を習得する
・欲しい物の妥協点を設定しておく

2012年10月23日 (火)

新宿三丁目から新大久保

2012年10月20日、買い物がてら歩きます。

20121023_001
駅から地上に出るとこの表示。駅名と地番表示が違っていると困惑します。
交差点近くの大型画材店は、以前はなんやかんやと頻繁に利用していました。最近は勤務地近くの神保町、
お茶の水の画材店ばかり利用しています。それでも前世紀に比べ、購入する画材の量は激減しました。

20121023_002
この付近にスロットカーのコースがあったんですよ。ヨンサンを取り扱うホビーショップもありました。

20121023_003
この周辺は未開拓だったりします。攻めあぐねていると言った表現が適切だったりします。攻略しないといけません。

20121023_004
そして歌舞伎町で気になる店の場所を確認します。ブーム来るか?

20121023_005
新宿界隈の百貨店など歩き回り、服とバッグと靴を探し求めるも欲した物は悉く空振りに終わり落胆して昼食をとります。
新大久保駅から適当に鉄分を補給します。

納得できないのでさらに足を伸ばします。

検討課題
・靖国通り側と甲州街道側の移動をスムーズにこなす
・知らない業界のシステムを把握する

2012年10月22日 (月)

衣替え 秋

いよいよパンイチで眠るにはいささか以上に肌寒さを感じ、明け方には寒さで足をつるほどとなりました。
そういったところから季節は秋に移ろい、あれほど暑かった夏も既に過ぎ去ったことを体感します。

秋物衣料というのを未だに掴みかねている。重ね着の枚数を減らすのが良いのか、上着で調整するべきか。
都心から電車で1時間余り離れた埼玉では、出勤時の気温で着るものを選ぶと会社に着く頃には汗をかく。
その都度脱ぐことができれば問題無いが電車の中はそこそこ混んでいたりして、それもままならない。

20121022
夏毛と冬毛を切り替えることで1年を通じ、着の身着のままでいられる動物をこんなときだけ羨ましく思える。

薄手の冬物衣料を何着か買うことを目的として百貨店巡りをするも、いつの間にか靴売場で音頭を踊っている。
どうにも当初の目的を見失うこと数度。服以外にも靴も併せて買おうと決心し、目的を少しだけ変えてみる。

検討課題
・ダボッとした服ばかり選ばない
・パンツを試着したらヒンズースクワットをする

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
長寿番組のDVD化は買い揃える身になって考えていただきたいときがあります。
その点、磯野家クロニクルが発売されないで現在に至ることは、原作者の叡智と温情なのではないかと思います。
新聞などで森繁シリーズの広告を見ると、注文など間違ってもしないよう自制するので精一杯だったりします。

2012年10月21日 (日)

竜のかわいい七つの子 九井諒子著 エンターブレイン刊

今作は既刊のようなケンタウロス成分無し。
タイトルからしてこの著者は、竜をモチーフした話が好きなんだろうと勝手に推察する。

20121021_001
人と、人ならざる者たちが言葉を交わしたり、意思疎通ができなかったりするオムニバス形式7編のお話。
人ならざる者といっても「人でなし」のことではないので安心して読み進めることができます。
本編を読み終えてから表紙裏の四コマ漫画を読むと面白い。

セントールの悩み #3 村井慶著 徳間書店刊

20121021_002
不足したケンタウロス成分はこちらで補給。表紙に描かれる主人公とその従妹の日常が淡々と描かれる。
終盤、主人公の通う学校に転校生がやって来る。既刊に伏線のようなものもありながら、転校生は主人公の隣の席に座る。
新キャラクターも加わり、次巻から物語も進むのかもしれない。

検討課題
・続刊を買い集めるか否かを慎重に決める
・若気の至りで捨てた本は後日大人買いで買い揃える

ちぇりーBOY’Sさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
初挑戦となった美少女フィギュア製作も無事、完成することができました。得るものが多い初体験でした。
WFなどのイベントでちぇりーBOY’Sさまの新作を拝見、購入させていただくことができればと思います。

2012年10月20日 (土)

GAFFE Nissan Patrol GR LWB FPEE Paris Dakar 2001

先日のトヨタに続き、赤くてデカくて大きくて赤いニッサンにも手を出します。大丈夫でしょうか、不安になります。

20121020_001
ひとしきりレジン表面のベトベトの感触を楽しんだ後バリを取ります。鼻歌交じりの作業で窓枠を砕きます。迂闊です。

20121020_002
泣く泣くベトベトを洗い流した後、仕方なくグレンコモデルのランナーを溶かし、伸ばし適当に埋めてリカバーします。

20121020_003
今回は赤い車体です。
塗装の前に西武線、京浜急行、丸ノ内線の「赤」を用意し吹き比べてみます。鉄道カラーに固執する自分が気持ち悪いです。
西武は朱が強く、若干濁りがあります。京急は暗いです。丸の内はマゼンダ強めで、色味が薄いです。

20121020_004
まず#27西武線レッドAを下塗りとして吹き付けます。あまり赤さを感じません。

20121020_005
乾いたような気がしたら#91丸ノ内線メトロレッドを吹き付けます。限定品らしさを感じる非常に赤い赤色です。意味不明。

これからの寒い季節に向け、越冬の準備とばかりにデカールを貼る前の段階に進めた半完成の山を築きます。

検討課題
・止まってるアレはどうするんだ
・いつまでも止めてないで進める

2012年10月19日 (金)

今日、ホームレスになった 増田明利著 彩図社刊

平積みの中から手に取る。
自分でさえ、どこでどう躓いて突然職を失う可能性はじゅうぶんある。思わず街を歩く彼らに自分を重ねてしまう。

通勤途中に荒川を渡る際、鉄橋下に見える秘密基地めいた狭小住宅は増えもせず、減りもせず一定数を維持している。
本書を読むとホームレス業界での泳ぎ方が見えてくる。だからといって自分が明日から新規参入できるとも思えない。

20121019
年末に盛大に行われた「年越し派遣村」はここ数年やっていない。どうしてやらなくなった?深刻な事態は過ぎたのか?
鬼に笑われるが来年は霞ヶ関でフルーツバスケットの叫び声が上がるはず。来年末には年越し派遣村は再開されるのか?

どうなるにせよ「命あっての物種」なんて言葉もある。どうにかなるようにどうにかしないと。

検討課題
・ベテランのライフスタイルを観察する
・ロハスとか真に受けない

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
リアルフィギュア…芸の幅を広げる意味でもいつかは挑戦しないといけないものでしょうか。悩みます。
台座も既製品ではインパクトに欠けるような気がして専用にあつらえてみました。迷走の証としておきましょう。

2012年10月18日 (木)

ちぇりーBoy's シテヤンヨ After 6/6

台座に固定します。至らない点は多々あるものの、初挑戦の美少女フィギュア製作はこれにて完成とします。

20121018_001
オリジナルの完成見本に比べ膝小僧同士を接触させるほど内股にし、美少女らしらを必要以上に強調してみます。
結果として左足部品に過度のストレスを与えてしまい、塗装面に横方向のヒビを入れてしまいました。

20121018_002
踵から膝裏にかけての流れるようなラインを嘗めるようにご覧ください。
真剣にライティングを施し、流麗なさまを明瞭にすべきだったかもと反省します。

20121018_003
今回、台座は若手金工作家の永井理明氏に製作をお願いしました。素晴らしい出来映えです。
多忙な創作活動のなか、ポンチキな依頼を快く引き受けていただき心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
溶断と鍛金という技法を用い、全体を熱したのち蜜蝋を塗り込むという表面処理まで施していただきました。

この分野、奥深いものを感じつつ必要以上にのめり込まないよう注意が必要と改めて思い知る。

検討課題
・原型師の別アイテムにも挑戦する
・注意深く配色決定をする

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
麻婆豆腐は、どこで食べてもそれぞれに味の個性があり、食べてよし飲んでよしといった具合で飽きないですね。
バットモービルはサンニーですか。確かにヨンサンとすれば巨大すぎます。今度、比較してみましょう。
サンニーならスロットカーに改造してみるのも一興です。あくまで予定は未定でありますが。

2012年10月17日 (水)

香港亭 中野店 中野 麻婆豆腐

サンモールの人ごみを避けるように脇道をぶらつき目に入った店に入る。

20121017_001
腸詰めとビール。
当然飲みます。腸詰めはスパイス抑えめなで甘みさえ感じ、ブリッとした噛み応えも乏しい。
たいへんおいしゅうございました。

20121017_002
マーボ豆腐土鍋ご飯セット。
先日の五反田の麻婆豆腐のように煮えたぎる気配は無く、口内をやけどすることなくスムーズに食べることができる。
豆板醤を用いているのか辛いが痺れは感じない。生野菜の扱いのラフさは中華食堂的スタンダードなので気にしない。
たいへんおいしゅうございました。

香港と言ってるのだから四川の辛さは期待できないと始めに自分に言い聞かせておくべきだった。
かなりの店舗数がある店のようで、各店で独自メニューがあるのか興味を持つ。なにかの機会に別店舗にもいこうと思う。

検討課題
・野菜のつまみも頼む
・つまみ無しで飲まない

2012年10月16日 (火)

APOLLO BATMOBILE SCALE:1/42

中野ブロードウェイで目的を果たせずウィンドウショッピングに時間を費やす。
途中でマスカラスのマスクを販売する店を見つけ、しばし音頭を踊る。次に行ったときに残っていれば成仏させようと思う。

20121016_001
で、悔し紛れに購入。詳細不明、アポロ社とある。スケールも微妙なヨンニー。なにゆえヨンサンじゃないのか聞きたい。

20121016_002
ヨンサンのコルベットと並べると巨大さが判る。改めて感じるのは、ウェインさんはやることが派手ですな。ということ。
車体を紫に塗り、クリアスモークを吹き重ねて黒っぽい色調した作例を見たことがある。いずれこれで再現したいと考える。

20121016_003
雪上車 SM100型。
付属パンフレットには「TAKARA TOMY A.R.T.S 立体カプセル百科事典 南極・北極科学図鑑」とある。
スケール不明、気まぐれに購入。

とりあえず、バットモービルはスケール表記が違うものの「ヨンサン」のカテゴリーとしておく。

検討課題
・バラして組んで部品を余らせない
・リビルトに情熱を傾けすぎない

2012年10月15日 (月)

中野から新宿

2012年10月8日、ずいぶんと久しぶりに中野に行きます。
以前、勤務地が新中野駅の杉山公園近くにあったことから頻繁に飲み食いにと足を伸ばしたりもしていました。

20121015_001
中野駅北口からサンモールに向かう。以前は屋根が無く、僅かな距離でありながら雨天時には濡れることとなった
難所は姿を変え、雨よけと思われる屋根が設置されていました。警察学校の跡地再開発がらみなのでしょう。

20121015_002
活気のあるアーケードは歩いていて楽しい。まとまりの無い配置の商店街なら尚いい。

20121015_003
突き当たりにはブロードウェイ。サンモールと微妙に連結されていないのは納得いかない。この隙間で雨に濡れる。

20121015_004
午前中に行ったりするとシャッターが下ろされ、不気味な感じさえ覚える。
夏のイベントで見つけた覆面ショップに行くつもりが、着いてみれば臨時休業の貼り紙。アテが外れて残念、ガッカリ。

20121015_005
昼飯をどこで食べようかと外に出て、適当に鉄分を補給。
外観は何となく鉄風味なれど、店内はいたって普通の居酒屋で魚介類のメニューが美味しかったりする店と記憶してる。

20121015_006
昼食後ダラダラ青梅街道沿いを歩くこと無く新宿へ向かう。

とりとめも無いまま三連休終了。初日10月6日未明に左足をつったのが敗因と分析する。養生が必要。

検討課題
・足をつる寸前のスリルを堪能する
・アーケードからの横丁探訪に精を出す

2012年10月14日 (日)

銀座から秋葉原

満腹になったので腹ごなしに歩きます。

20121014_001
セーラム亡き今、むしろこちらから押しかけるべきか?いやそうじゃない、でもそうに違いない。
飲み放題プランもありますし、43モデラーの歓談に良いのではないでしょうか。幹事さまに下心を隠すことなく提案します。
まずは人柱係としてランチに寄ってみましょう。

20121014_002
取り壊し真っ最中なのか、既に新規建設着工となっているのか不明のラジオ会館前に4号戦車のイラスト。
前を歩く男性と比較するとイラストは原寸大に近いと思える。戦車でさえ萌えの対象にし、消費してしまうのだろうか。

銀座は歩行者天国となっていたが秋葉原では行われておらず、歩道の混雑に辟易し裏路地をトボトボ歩く。
そのまま上野まで歩き、稲荷町の名店に立ち寄りたい気持ちをグッと抑えて帰宅する。

検討課題
・知らない店に下調べなしに入ってみる
・知ってる店ばかり通わない

2012年10月13日 (土)

桃花源 銀座 麻婆豆腐

2012年10月6日、思いがけず円高差益還元なんやらもあったので、無駄遣いとばかりに腹を満たしに足を伸ばします。
最寄りの駅は新橋駅になります。ただ、住所や並びにある有名大型玩具店も「銀座」の名を冠しているので銀座とします。

20121013_001
水餃子。
自分でも好きなのか、そうでもないのか未だによく分からないので積極的に食べるようにしています。
たいへんおいしゅうございました。

20121013_002
麻婆豆腐とビール。
10月となり衣替えの季節となりましたが、まだまだ微妙に暑かったりもするので当たり前のように飲んでおきます。
麻婆豆腐は辛い普通の麻婆豆腐と、辛い辛い四川麻婆豆腐を選べます。辛い辛い四川麻婆豆腐のSサイズを頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

20121013_003
五目炒飯。
注文時に量が多いと言われたので残すのも申し訳ないと思い、盛りを減らしていただいた。おかげで完食できました。
たいへんおいしゅうございました。

休日に訪れたためランチメニューを試すことができませんでした。それはまた別の機会にということで。

検討課題
・量が多そうな場合は聞いて確認する
・量が多くても出来るだけ残さない

2012年10月12日 (金)

NAMIKI FALCON

円! 高! 万! 歳!
注意深く見守るだけに終始するボンクラどものおかげで史上希にみる円高になりました。少しだけおこぼれに与ります。
そうはいっても製造業の縁辺で仕事をする身にとっては、ヘラヘラと笑ってもいられない状況であったり無かったりします。

20121012_001
銀座レモン社にて購入。ダメ人間にコクとキレの磨きをかけ、更にダメダメな人間にもれなく仕立てあげる名店です。
できるだけ近づかないよう、間違ってもポイントカードを作り足繁く通わないよう心がけていますが、ダメ人間ですから
どうしてもフラフラと立ち寄ってしまいます。

20121012_002
漆黒の樹脂ボディ。金色がアクセントになっています。
なんにせよ深い世界ですので詳評は避けたいと思います。誰もがいろいろ思い入れも考えもあるでしょうし。

国内ではパイロット社エラボーシリーズとして購入が可能です。エラボーシリーズはバリエーションも豊富です。
それでもやっぱりNAMIKIの銘の入った万年筆に憧れたりするものなのです。

20121012_003
この独特の形状をしたペン先が日本語の文字を書きやすくすると言われています。

現在使っているWATERMANも書きやすく馴染んではいるものの、もうちょっと柔らかければいいのにと思うこともあり、
今回の購入に至ったわけです。見解の相違は多々あると思います。あくまで私見ということに留めます。

20121012_004
横着なのでインクはカートリッジ式を愛用します。なので伊東屋に向かいます。
いつできた?中央通りに面した銀座本店から万年筆売り場が消えており、あやうく途方に暮れるところでした。

どのタイミングで使い始めるか慎重に機を窺いたいと思います。

検討課題
・丁寧に書く
・丁寧に扱う

せぶさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
天網恢々疎にしたもんだからダダ漏れです。やはり世界は広く、世間は狭いを思い知らされます。
台風接近に伴う下り坂の天候のなか、トラブルでは無かったということで何よりです。

おささま
ご訪問、コメントありがとうございます。
現代のエル・マタドールなにやってんだ!日本GPで早々にリタイアしたのは人形抱えて遊びたいからか?
一流スポーツ選手とはいえ空港での手荷物検査で、どう言い繕っているのか興味を持ってしまいます。

2012年10月11日 (木)

GAFFE Toyota HDJ 80 Jacky Ickx Granada Dakar 1995

美少女フィギュアモデリングに目処がついたので、今年4月に名古屋の名店で購入したキットに手を出します。

20121011
屋根が盛大に凹んでいたので熱湯風呂を堪能していただきます。
主要部品は相変わらず東武ホワイト、ボディ下部はマスキングのうえ京急バーミリオンで塗ります。

内装は適当にしたいのですが、リア窓が潰されていないため車内を覗き込むことができたりします。面倒です。
仕方ないのでロールバーなど説明書の通りに組み上げます。この後、スペアタイヤ等も積み込む予定です。

他にデカールを貼るべき仕掛品を山積みにしながら、いつも通りの乱れ撃ちを続けてみます。

検討課題
・マスキング漏れがあっても泣かない
・マスキングの密着不足が無いか慎重に作業する

ハルパパさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
佐世保はなんだか遠そうですね。行程を考えるだけでクラクラしてきます。
九州であればネタ的には、嘉例川に駅弁を食べに行くことを目的とし、到着するも駅弁売り切れで食べられず。
といったプレイを敢えて楽しみたいとも思ってしまいます。

2012年10月10日 (水)

ロングロングドライブ 食

移動中の食事は簡単に済ませたい。
近年は高速道路のSA、PAともに施設の充実が図られ、やる気のない切ないメニューに出会う機会も減り寂しささえ感じる。

20121010_001
肉うどん。
大津SAにて。ここは上り側SAと、下り側SAを徒歩なら移動可能でウロウロできる。琵琶湖の眺望は下り側が良いと思う。
たいへんおいしゅうございました。

20121010_002
湯郷鷺温泉館。
入浴料600円で温泉につかれる。施設内に飲料販売機があり飲酒も可能だが、食事をする設備は無い。残念なことだ。

20121010_003
温泉館前の貼り紙。
消えない傷を残してこそ生まれる友情もある。ここには榊さんを連れてこないといけない。

20121010_004
青ねぎラーメン&半炒飯。
つるや 林野店にて。店内にイートイン設備を併設しており、購入した弁当や惣菜を店内で食べることもできるようだ。
たいへんおいしゅうございました。

20121010_005
鰻そば。
浜名湖SAにて。鰻の小片を乗せた丼ものと、海苔の浮いたそばのセット。そばに鰻は入っていない。
たいへんおいしゅうございました。

結果として麺尽くし。
調子に乗って朝からステーキ丼など食べれば痛い目に遭うこと必定。暴飲暴食は何かの折りに行うこととする。

検討課題
・足りないような気がしても追加しない
・1日3食をできるだけ守る

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
梅小路は名古屋の名店にお邪魔するついでに行ける距離なので、いつでも行けると勘違いしちゃってます。
併せて空いた時間に京都水族館に行くか、嵐電、嵯峨野トロッコに行くか、木刀買いに新京極に乗り込むか迷います。
山口線は腰を据えて作戦を練らないと難しそうですね。計画は立てておきましょう。北は弘南以北に行ってみたいです。

2012年10月 9日 (火)

ロングロングドライブ 還

そういえば!と思うことあり。

20121009_001
美作IC。
自分のルーツに繋がる土地の看板を見つける。せっかくだ、ここを最終目的地にしてみよう。

20121009_002
先祖たちの眠る墓に参り、途中で手に入れた線香をバラ撒くように供え、火をつける。
花屋を見つけることができなかったのでそこらへんは省略。適当に掃除のようなことをし、しばらく墓で休む。
きちんと法要を執り行うべきなんだろうな、と思う。それはまた後日、日を改めておいおいということで。

罰当たりは生まれつきと墓の住人に悪態をつき、帰路につく。

20121009_003
中国地方といえばコレ。

20121009_004
湾岸長島IC。
時刻は1837、朝に見たジェットコースターがライトアップされている。
この伊勢湾岸自動車道は夜間に走ると照明に浮かび上がる港湾施設を見ることができ、なかなかの絶景だった。

20121009_005
芝公園IC。
赤く光輝く東京タワー。埼玉住まいであるが、東京タワーをみると西から戻ってきたと実感する。

休憩をしながら24時間使っての移動を楽しむ。しばらくロングドライブはいいやと思うも、機会が有れば逃げるように遠出したい。

検討課題
・もっと距離を伸ばせるか試す
・使ったことのない道を積極的に使う

せぶさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
関西地区は、徹底的に蹂躙しないとならない名店が数多くあるのに、なかなかその機会に恵まれません。
それはまた別の機会に譲るとしましょう。帰路の途中、どこだったか詳細を忘れましたが吹田〜草津間においてエンジ色の
カニ目がトラブル風で停車していました。部品を落としたのかドライバーが路側を駆けるのを見て驚き、肝を冷やしました。

2012年10月 8日 (月)

ロングロングドライブ 彷

約90分の仮眠の効果を味わいながら目的地をどこにしようか考え始めます。

20121008_001
湾岸長島PA。
長島スパーランドのジェットコースター。開業時間前のため稼働を確認できず。

20121008_002
鈴鹿IC。
ここにもずいぶん訪れていない。この後、亀山JCTから新名神高速道路を走る。

20121008_003
吹田JCT。
大阪市内に行こうか、西宮方面に行こうか迷っているうちに鉄分を適当に補給しておく。

20121008_004
社PA。
なんとなく中国自動車道を選び、知らない所に辿り着く。ここを最終目的地にしてみようかとぼんやり考えてみる。

20121008_005
佐用JCT。
この時点ではまだ体力に余裕があるように感じられたので足を伸ばす。

帰れるのか?

検討課題
・知らない道を走るときは怪しい車に敏感になる
・知らないPAではお薦めのお土産を買い漁る

2012年10月 7日 (日)

ロングロングドライブ 往

なんとなく遠出をしたくなることが数年に一度あります。現実逃避とか、リフレッシュとかそんな感じで。

20121007_001
川口PA。
若くないのは重々承知のうえで無駄な行為に没頭できるか、肉体的な限界はどこらへんにあるのか試します。

20121007_002
向島IC。
今日は青く光る日です。

20121007_003
由比PA。
太平洋も真っ暗です。

20121007_004
同じく由比PA。
時刻は0139、東名高速は夜中でも交通量は多い。

20121007_005
日本坂トンネル。
白い蛍光灯は走りやすくていい。赤やオレンジの独特の照明は苦手だったりします。

このまま0430頃に伊勢湾岸自動車道、湾岸長島PAに辿り着き仮眠をとる。
さて、どっちに向かおうか。

この項、しばらく続きます。

検討課題
・眠くなったらコーヒールンバを聞く
・手狭で便利なPAを把握しておく

2012年10月 6日 (土)

TOMIX 東武100系スペーシア(サニーコーラルオレンジカラー)セット

東武鉄道の新カラーリングをまとったスペーシアを購入。まるでデジャブ、いつか来た道

20121006_001
他の新カラーリングのセット同様、付属品などは用意されていない。

20121006_002
従来のカラーリングの同型車と。
同じオレンジでも窓部周辺を黒からオレンジへ変わったことで軽やかな印象に感じられる。

20121006_003
オリジナルカラーでは小豆色だった細いラインは、新カラーリングになって全て青色になっている。
サニーコーラルオレンジと青色のコンビネーションは未だになかなか慣れない。

りょうもう200系、250系も買い集めるか迷う。

検討課題
・3色組み合わせて走らせてみる
・Nゲージ車両へのウェザリングに挑戦してみる

2012年10月 5日 (金)

女奴隷は夢を見ない 大石圭著 光文社文庫刊

読書の秋です。
夏休みの読書感想文を書くための課題図書とばかりに買ったままにしていた本書を読みます。

20121005_001
横浜を舞台とし、買われたり売られたりする内容です。
もっとオドロオドロしい内容かと思っていたらそれほどでも無く、なんともサラッと物語は終わります。
横浜周辺の小説というと花村萬月氏の著作を思い浮かべてしまうので、どうしてもそれと比較してしまいます。
無意味です。

思っていた内容と違っていたので同じ著者の別の小説も読んでみます。

人を殺す、という仕事 大石圭著 光文社文庫刊

20121005_002
仕事としてやってるといえば「藤枝梅安」が頭に浮かんだので本書を手に取ります。
なんだかよく分からない話の進み具合と、中途半端な感じさえおぼえる結末の締めくくりが印象に残ります。
八つ当たりです。

検討課題
・書評を少しだけ参考にする
・2冊読んでから自分の判断を下す

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
なるほど巨大施設では待ち合わせ場所を探し、伝え、そこで落ち合うことに難儀することがあります。
その店でkawakami(偽者)さまの名前を告げるといかな対応、サービスを受けられるか試したくなります。

2012年10月 4日 (木)

ちぇりーBoy's シテヤンヨ 組立 5/6

アストンマーチン風味を仄かに醸しながら塗装面も乾燥したようなので組み立てていきます。

後頭部の髪パーツと、美脚パーツでピンク色のリボンを挟み込み固定する構成になっています。
美脚パーツ側にφ2.2の穴を開け、φ2.0の真鍮線を埋め込みます。後頭部パーツ側にはφ2.5の穴を開け、
若干ルーズにしておきながらエポキシボンドをベットリ塗りつけ適当に固定します。

キットは部品側に下穴を開ける部分を凹で表示してあります。そこに沿って穴を開けるだけで位置決めができます。
とても親切な設計なため、自分のような門外漢でも組立に迷うことがありません。

20121004
右足踵部にはφ2.1の穴を開け、こちらにも台座への固定用にφ2.0の真鍮線を埋め込みます。
踵部の穴は、台座への固定を目的としますので穴径はタイトにしておきます。

配色を考えれば足の爪にはリボンと同じ蛍光ピンクを塗りたいところです。
● 自分の技術では塗装時に筆先がプルプルしてしまう
● 蛍光ピンクの発色を確保するため再度の下塗り工程が必要
● 注目する点が増えることで、せっかくの曖昧な視線の妙が薄れてしまう
といった点から足の爪は美脚と同色にしています。細かい部位をネチネチとマスキングするなんてまっぴらです。

台座が届き次第、固定しようと思います。年内には完成となるはずです。

検討課題
・まず確実に完成させる
・顔の表現について練習する

ちぇりーBOY’Sさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
いただいたコメントへのご返答は翌日にするようにしていますが、せっかくなので少しズラさせていただきました。
塗装は実験的な部分を含め、何となくソレっぽい色で塗装してみました。ここは要検討といったところです。
なんだか超合金のような塗りあがりになりましたが、それも御愛嬌ということでご容赦ください。

2012年10月 3日 (水)

BEER&PUB SUPER"DRY" 東京ソラマチ とうきょうスカイツリー

秘密の「闇取引」の場所に選ばれたのはこちら。
ツリー周辺の施設では比較的お手軽価格で飲食することができ、エクストラコールドも飲める。

20121003_001
エクストラコールド黒生。
待ちきれず慌てて口をつける。まず飲みます。どんどん飲みましょう。
たいへんおいしゅうございました。

20121003_002
大根のタワーサラダ。
隣の施設が「ツリー」と名乗るのにナゼ「タワー」と名付けた?
店員さんが透明ケースを外すと、皿にサラダが溢れるように盛りつけられる。楽しいアトラクション。
たいへんおいしゅうございました。

20121003_003
オニオンリング タワー仕立て。
だから、隣の施設が「ツリー」と名乗るのにナゼ「タワー」と名付ける?ツリー仕立てでいいだろう、あやかろうよ。
たいへんおいしゅうございました。

20121003_004
大山鶏のから揚げ。
揚げ物は男のロマン。稀に傷害事件にまで発展するきっかけにもなるレモンが付随していないのはナイス判断。
たいへんおいしゅうございました。

20121003_005
シンケンクラカワソーセージ。
歯ごたえよく美味しい。キャベツは酸味少なく残念。
たいへんおいしゅうございました。

客足の絶えることのない盛況ぶり。ホールスタッフもキビキビしていて好感が持てる。なによりも大パノラマの夜景を
ボンヤリ眺めながら飲み、食べることができるのは今までなかった経験だけにとても新鮮。ドンドン行きたいと思った。

検討課題
・ガラスに鼻の脂をこすりつけない
・少しお高めの店にも挑戦してみる

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日はお誘いいただけたことで運良くソラマチ探訪もできました。
通勤経路でもありますし、また是非プチオフ兼ねて飲みましょう。

おささま
ご訪問、コメントありがとうございます。
お勤めは近くでしたね。
スカイツリーに隣接する東京ソラマチの飲食店街は、特に夕方になるとカップルだらけかと思っていましたが、
想像以上にオッサン集団が多かったのが印象的でした。大丈夫です、すぐ馴染めるはずです。飲みましょう。

2012年10月 2日 (火)

夜のスカイツリー

2012年9月25日、先日のオフ会の続きとばかりに「日本一ARENA MODELSを作る巨匠」さまよりお声がけいただく。

20121002_001
押上駅側より紫色に照らし出されるスカイツリー。

20121002_002
ツリーに隣接する東京ソラマチ30階からの眺め。この時点で酔っているため普段より手ブレ、ボケ倍増になっています。

20121002_003
真横からの様子。鉄骨感バリバリで意味もなく高揚してくる。

20121002_004
ツリー先端もよく見える。宝石を埋め込んだステッキのような先端は、自分が巨大化してもぎ折りたくなる。

20121002_005
30階から超俯瞰を試みる。特急列車と快速列車が整列している状態を確認できる。

巨匠さまから内容を明かすことのできないとても興味深いお話を伺うことができ、また本当の「闇取引」を堂々と行う。
当然、その取引内容についても厳に明かすことはできない。巨匠さまには心より感謝申し上げます。

検討課題
・誰かのためのバタフライ効果に貢献する
・ふらつくのは足のすくみか酔いか自覚する

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
山口線、行ってみたいですね。現地で中一日を撮影に当てると、どうしても最低二泊は必要となる感じでしょうか。
どうやって会社を抜け出すか真剣に考えないとなりません。まずは近場の真岡鉄道で練習を積むことにします。

2012年10月 1日 (月)

架線とか柱とか

2012年9月22日の43modelers' 2012オフ会にて「本格派モデラー、ライカもあるでよ!な巨匠」さまと話す。
曰く「蒸気機関車は、架線のある路線じゃ絵にならない。」と。なるほど架線があるなら電気機関車で間に合う。

このオフ会は、1/43モデルカー製作者の集まりです。

20121001_001
2011年5月の磐越西線。
写りの未熟さは置いとくとして、煙を架線で蓋をし、車両と空を架線で分かつことが無いのがよく分かる。

20121001_002
2011年12月の水上駅。
構内とは言え架線があると上を押さえつけられているようにも見えてくる。

さすが、日々たゆまぬ朝練をこなしている「本格派モデラー、ライカもあるでよ!な巨匠」さまの言葉には重みがある。

20121001_003
2008年4月の津山駅。
たとえ屋根があっても架線がないだけで車庫にも趣があるように思えてくる。

ぞんざいに撮ることが多い自分であるが、もう少しいろいろ気をつけて撮ることを心がけてみようと思う。
まずは撮影のため実際に遠出をしてみないことには。

検討課題
・望んだ絵面を撮れるようになる
・構図にバリエーションを持つ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »