2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月28日 (木)

ポワソンルージュ 大井町

2013年2月16日、カトリーヌ氏とY御大にお声がけいただき43モデラーの集う新年会に参加させていただく。
お誘いいただき心より感謝申し上げるとともに、参加された皆様と楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。

20130228_001
場所は昨年同様、大井町のレストラン。駅からの道を今年も間違え、Y御大に「そっちじゃない」と笑われる。

20130228_002
ビール。
まずは乾杯。お酒をはじめ飲み物の種類を豊富に取り揃えている店は、いろいろ選び楽しめるから良い。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_003
サラダ。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_004
豚のテリーヌ。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_005
エスカルゴ。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_006
ワイン。
赤だの白だの飲みます。美味しいワインを選んでくださる方と同席するととても楽だったりします。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_007
牡蠣。
ホワイトソースがかけてあり、ツルリと食べることができます。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_008
メダイのポアレ。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_009
牛ホホ肉のワイン煮込み。
柔らかくすることだけを目的とし、圧力鍋にビールやコーラで煮込むお手軽料理ではなく、手間暇かけた本格料理。
たいへんおいしゅうございました。

20130228_010
デザート。
たいへんおいしゅうございました。

店員さんの応対とても良く、テキパキした所作に感心する。
奥まった個室に、オッサンを1打ほどギウギウに詰めた蟹工船状態であるのにだ。
参加者のミナルディ偏愛に理解を示してくださる店員もおり、VTRの鬼もさぞ感涙したことと思う。

盛りだくさんの話題と完成品など興味深い話しは尽きない。あっという間に時間は過ぎる。
春の静岡、夏のミィーティングでの再会を誓い解散となる。

検討課題
・好き嫌いをなるべく減らす
・食わず嫌いを克服する

2013年2月27日 (水)

RACERS Vol.19 RG-γ SUZUKIスクエア4の結晶 三栄書房刊

書店に積まれていたので迷わず購入。自分自身はスズキに対しての忠誠心などはこれっぽっちもない。
それでも初めて「買った」スクーターは、購入特典として付属するMJの付録欲しさにLOVEを選んだ記憶がある。

20130227_001
1982年、前年に続きスズキがWGP500クラスにおいて総合優勝を果たしたマシンを中心に誌面は構成される。

翌1983年シーズンはHBカラーとなる。お手元に資料のある方は是非、1983年と1984年にウンチーニの纏った
レーシングスーツをご覧になっていただきたい。そして、その下半身部分の配色に男伊達を感じ取って欲しい。
比べてタッグを組んだマモラのレーシングスーツの配色の野暮ったさといったら見ていて恥ずかしくなるほどだ。

20130227_002
アルタヤ社製、scale=1/12のフランコ・ウンチーニ車。タンクなど独特の形状も巧く再現されている。
1982年のウンチーニ車は、ゼッケンが#10、13、#14とコロコロ変わっていたりする。当時的には良くあること。

20130227_003
RACERS Vol.12 Historic RG500 & RGB500 三栄書房刊
RG-γの前段となるRGBを特集している。
後段はV型エンジンを搭載するRGV-γを特集したRACERS Vol.3 Schwantz γ 三栄書房刊となる。画像省略。

20130227_004
Riders Spirit CBSソニー出版刊
模型製作に有効に使える資料とはいえないが、1980年代のコンチネンタルサーカスの雰囲気を伝える内容である。
保存状態が著しく悪く、クリアペイントをこぼしてしまっている。ノスタルジー込みで発掘してみた。

20130227_005
我が愛するドンキホ−テ達 2 坪内隆直著 ヴェガ・インタ−ナショナル刊
グランプリ・イラストレイテッド誌などで撮影と編集を行っていた坪内隆直氏による写真集。こちらもなかなか良い。

年間10冊程度で刊行されていた頃のグランプリ・イラストレイテッド誌は、WGP主要クラスのラップチャートなどの
記事もあり、インターネットも無かった当時はレースレポートと合わせドキドキしながら読み耽ったものだ。
惜しむらくは年間誌以外のグランプリ・イラストレイテッド誌を引っ越しなどで処分、散逸させてしまったこと。

20130227_006
RACERS Vol.8 84NSR500 三栄書房刊
模型化された燃料タンクを車体下部に配置した4気筒NSRを特集している。ホンダらしい意欲的なレーシングマシン。
エッチングパーツは購入したもののプラモデルキットの購入はいまだに果たしていない。

20130227_007
RACERS Vol.7 Marlboro YZR Part 1 三栄書房刊
どこに埋まってしまっているのか判然としなかったが、もろもろの発掘作業の折りに無事救出。
表紙に描かれるマシンのフロントフォークに貼られたタイヤメーカーのステッカーについては突っ込まないということで。

検討課題
・資料を有効に使えるように準備する
・本に挟まった何かを見つけたら秘かにニンマリする

すぎもりさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日のイベントではご挨拶に伺えず不義理をいたしたこと申し訳ございません。
なるほど青春モノは、その姿をいろいろと変えながらも現在でも続いているのですね。もう少し勉強します。

自分は床屋の待合いなどで読むことがありますが、ジャンプ系の呪縛に囚われた「ワン○ース」は、なかなか着地点を
見いだせずにいるように思えてなりません。単行本100巻あたりで大団円を迎えられるか老婆心ながら心配になります。

2013年2月26日 (火)

Wonder Festival 2013 Winter 買 / 済

完成品、製作済みの出展物もあったりするので気になった物はとりあえず買っておく。

Wfw017
猫土鈴 / 逃猫舎。
振るとコロコロと音がする。手作りで個体差もあるため、どれも大きさと鳴る音が少しずつ違っていて面白い。
購入するまで一つずつ手に取りコロコロ鳴らし音を確かめる。

Wfw018
お弁当ねこ / まめプロ。
昨年の夏に購入を迷い、見送った猫を購入する。オッドアイの白猫を入手した。

Wfw019
どろぼうマント / まめプロ。
お弁当ねこ用オプションパーツを併せて購入。頬被りにも獲物を包んだりにも使える便利な拡張パーツ。

Wfw020
足を踏むとそっと踏み返す猫 のび〜るたん完成品 / MJSガレージキット。
動画サイトなどで紹介されている猫の立体化。キットも用意されていたが完成品を購入してみる。

他いろいろ買ったりもするが割愛する。
これにてWonder Festival 2013 Winterの項はおしまい。

検討課題
・気になった出展者の動向をチェックする
・買い逃した物は次のチャンスを待つ

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
再放送でさんざん見たような記憶がある青春賛歌的ドラマって最近も製作されているのでしょうか?
どうにも大声で罵りあうような言語で愛を語るソープオペラや、考証に150%の妄想と願望を盛り込むアジアン歴史
ドラマばかりが目について、なかなか連続ドラマやテレビ番組そのものを見る気になれなかったりしています。
もちろん個人の意見ですよ。

2013年2月25日 (月)

Wonder Festival 2013 Winter 買 / 作

当然いろいろ目移りしながら気になったキットを見つけたらそそくさと買うわけです。

Wfw008
1/12 テーブル筐体キット(80年代前半バージョン) / ギガドライバー。
昨夏のイベントでは試作品の展示のみでありながら予約を受け付けてくださったので迷わず予約。
開催前にメールによる連絡をいただいていたので購入に伺う。今回のメインイベントと言っても過言ではない。

Wfw009
完成するとこのような感じとなる。
プレス製の灰皿と、丸椅子も付属するフルキット。

Wfw010
オオグソクムシ / 出戻り473。
こちらも前回、出遅れたために購入の叶わなかった逸品。再販とあって無事購入でき一安心。

Wfw011
完成見本。なかなか生っぽくて素晴らしい。

Wfw012
NSR500 '84 / Three Sheeps Design。
ディティールアップ用エッチングパーツ。元となるプラモデルキットは未購入。まず先に周辺部品から買い固める。
資料が集まればYZR500 (0W98) 1988用エッチングパーツも企画したいと話されていた。とても待ち遠しい。

Wfw013
先生の三角定規 / Three Sheeps Design。
算数の授業で用いられ、ことあるごとに体罰用利器として存在感を示した学校の備品をエッチングパーツで再現。

Wfw014
MG42と対戦車セット / OM規格。
1/6サイズの物しか持っていなかったので、使い回ししやすい1/12サイズは即購入。拳にはデカールも付属する。

Wfw015
MG42の完成見本。
キットはドラム式弾倉タイプと合わせ2挺セットとなっているのかは未確認。

Wfw016
対戦車セットの完成見本。
パンツァーシュレッケ、パンツァーファウスト、地雷のセット。拳用の搬送木箱を自作するか迷う。

検討課題
・切羽詰まる前に作っておく
・屋外使用に耐える強度を持たせる

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
正解です。さすがです。10両編成の列車が停車可能な駅なのに屋根の無いホームを見て驚きます。
構内敷地は比較的広いのに妙にガランとした感じで印象的な駅でした。

2013年2月24日 (日)

Wonder Festival 2013 Winter 観

2013年2月10日、強風の吹き荒れた前日と打って変わり、穏やかで暖かとなった日曜日に幕張メッセへ赴く。

義務を果たし、義理を欠く。物欲を満たし、目星を付ける。そんな感じで気になった物をランダムに。

Wfw001
WTMディフォルメ版 / 海洋堂。
カプセルベンダーで3月以降の販売とのこと。ワールドタンクと銘打ちながら「戦車」はタイガーのみ。
見つけたら当然のようにゴリゴリ回し全種かき集めることとなる予定。

Wfw002
HONEY BONESによる原型展示。
虎と象で履帯パターンも変えてあり、シャーシ裏面まで再現されていた。
プルバックゼンマイを仕込む予定の車両などは、裏面の精密な彫刻表現が消えてしまわないことを希望したい。

Wfw003
左翼ゲリラ / おもしろジオラマ倶楽部。
ゲバ棒を小脇に抱えたり、火炎瓶を振りかざしたり。あと足りないのはスクラムを組んだムカデ行進部隊か。

Wfw004
機動隊(旧)大盾 / おもしろジオラマ倶楽部。
迎え撃つ国家権力の最前線部隊。
整列し対峙、威圧するよりデモ参加者独りを集団で囲み戦意喪失するまで警棒を用いボコボコにする方が彼ららしい。

Wfw005
畳 / PINKTANK。
スケールは1/12のインジェクションキット。畳表の両脇に畳縁を接着する総部品3点による構成。購入できず残念。

Wfw006
俺達の1/12男子便所 / MILESTONE x AOSHIMA。
青島文化教材社から3月下旬に発売予定。若者のプラモデル離れに歯止めをかけることが出来るか興味が尽きない。

Wfw007
その部品構成。
和式トイレと朝顔型トイレは別シリーズによってリリースされるのだろうか。

検討課題
・出展者の説明を良く聞く
・欲しいモノは憶えておく

2013年2月23日 (土)

カチッと音がしたら

小林源文氏の描くマンガのエピソードではない。もしかしたら内容はそれに近いかもしれない。

2013年2月7日、会社帰りに半蔵門線沿線付近にお勤めの巨匠お二人と押上のソラマチで軽く飲みます。
お誘いくださいました「世界一ARENA MODELSを作る巨匠」さまに感謝申し上げます。
併せて「本格派モデラー、テニスもゴルフもネコも極める巨匠」さまにおきましては示唆に富む助言ありがとうございます。

酒席での話題は下記の通り。
○ 鉄道乗車運賃の圧縮のため行う反社会的行為の実行と限界について。
○ 地雷原の正しい歩き方と、いつか踏み抜く地雷に対しての心構えについて。
○ 地下鉄車両の空調設備完備に向けた電磁チョッパの功績について。

20130223
すっかり楽しい話題に気分を良くし、気がついてみれば知らない駅にたどり着く。どうやら乗り過ごしたようだ。
幸いにして、まだまだ列車のある時間であったため、行ったり来たりしながら無事に帰宅することができた。

なんにせよ気をつけないといけない。
ボウと乗っていると栃木や群馬、果ては福島まで連れて行かれる列車の走る路線であることだし。

検討課題
・行き先を確かめる
・降りる駅を忘れない

2013年2月22日 (金)

ねんどろ

ねんどろ一匹を握りしめ西へ東へ彷徨うのも楽しい。

20130222_001
小塙駅近くにて。

20130222_002
茂木駅近くにて。

20130222_003
宝積寺駅近くにて。

検討課題
・ピントの位置を考える
・配置と構図のバリエーションを増やす

2013年2月21日 (木)

茂木

2013年2月3日、烏山線から足を伸ばし真岡鐵道、茂木駅に蒸気機関車を見に行く。
近在のツインリンクもてぎには、もう10年以上訪れていないことに気づく。今回も諸般の事情から立ち寄っていない。

20130221_001
意外と住宅地。その割りにフェンス等の敷設はラフな仕上がり。

20130221_002
意外と住宅地。そんなことお構いなしに勢いよく煙を吐き出す。

20130221_003
意外と住宅地。お昼時でもガッチョンガッチョン大音量の金属音を響かせる。

有名な撮影ポイントはいろいろあるようです。それはそれとして真岡鐵道と関東鉄道はいつかキッチリ撮りたいと思う。

検討課題
・なんとか定番以外の撮影地を見つける努力をする
・せっかくなんだし元気あっぷむらに寄ってみる

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
どうも同色ペアにはならないみたいなのですよ。タラコ+烏山カラーなんてパターンに会わなかっただけでもマシかと。
ならばいっそ、昼間の乗客の少ない時間帯は1両で運用すればいいのにと詮無い気持ちを罵声に乗せて叫びたくなります。

ハルパパさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
現在公開されている新型車両のカラーリングは、現状の車両の緑色を残した派手派手しいものでは無さそうですね。
派手なカラーリングも嫌いじゃないので、何パターンか用意してくれると撮りに行くのも楽しくなりそうです。

2013年2月20日 (水)

烏山

2013年2月3日、新型車導入の予定が決まった烏山線に現役で頑張るベテランを撮りに行く。
烏山駅から鴻野山駅間を行ったり来たりしつつ、相変わらずのシャキッとしない芸風のあがりとなる。

20130220_001
側面をたっぷり光らせたあざとい感じで。正面丸潰れはご愛敬。

20130220_002
滝から。ピントは合っているのにシャープさが無い。列車通過時に自動車が並走してしまいガッカリ。

20130220_003
撮っているときはいい感じに思えたが、想像以上にいろいろ入り込んでいた。

20130220_004
田んぼが冬仕様のためどうにも寂しい。

20130220_005
左上の影はレンズフードのものか。

夏になって緑の色も濃くなり、空も青みを増したら車両更新の前に再挑戦を行いたいと思う。

検討課題
・垂直水平をピッチリだす
・冬枯れ感の度合いを効果的に取り入れる

知也さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日は素晴らしいミナルディ愛に触れさせていただき、貴重な体験となりました。ありがとうございます。
日々、こんな感じでグダグダ書き連ねております。ヨンサン成分少なめですが、ご笑覧いただければ幸いです。
蛇車も作りますよ。ご承知の通りの適当な仕上がりになることは間違いありませんが。

2013年2月19日 (火)

Chocolatier Erica

ミントチョコが好きなんですよ。
何というか歯磨き粉と、甘いチョコを一度に頰ばるような不思議な感覚がとても楽しく、好きなのですよ。

20130219_001
パッケージをみると、知らず知らずのうちにレイトンカラーの記憶がムクムクと思い起こされます。

20130219_002
ミントと、オレンジピールを買います。

オレンジは、アルナマスの板チョコの方が濃厚で、ネットリとした味わいを楽しめると思います。個人的な意見です。

20130219_003
そうはいっても普段は、輸入菓子を扱っている店で買える安価なミントチョコで我慢する日々を送っていたりします。

検討課題
・歯を磨きながらチョコを食べない
・歯を磨いた後はなるべくチョコを食べない

2013年2月18日 (月)

ねんどろ

ねんどろ数匹握りしめ北で寒風にさらされるのも楽しい。

20130218_001
鯖石駅で除雪車にチキンを勧める。

20130218_002
田舎館にて「ネギ or チキン?」プレイ。

20130218_003
木造駅にて古代のフィギュアと。

20130218_004
青森駅にて特急スーパー白鳥と。

20130218_005
青森駅にて寝台特急あけぼのと。

長々と続いた青森ツアー 2013の項はこれにておしまい。

検討課題
・寒いときはジョイントを無理に動かさない
・雪に埋めるときは部品の脱落に注意する

2013年2月17日 (日)

有限会社サンマモルワイナリー 下北ワイン スチューベン

青森でワインといえばコチラを外すことはできません。帰り際に「道の駅ひろさき」にて購入。

20130217
青森ブラッシュは昨年書いたとおり大瓶をまんまと手に入れます。今回初めてロゼを購入します。楽しみです。

みやげもの店などでは取り扱う種類、量も少ないので、そろそろ同社の別のワインにも手を出してみようと企みます。

検討課題
・まず飲んで美味しかったら続けて飲んでみる
・美味しいと感じたら更に続けて飲んでみる

2013年2月16日 (土)

創作料理 御幸 黒石

青森での最後の食事に当地でのお薦めB級グルメ「黒石やきそば」を扱う店として紹介されていたので入ります。

20130216
欲張り天丼セット。
エビ、キス、白身魚×2、カボチャ、ナス、シシトウ×2の盛られた天丼。ジュンサイ入りの蕎麦も付く。
確かに「欲張り」だ。更に欲を言わせてもらえれば、僅かでいいのでヒジキ煮の代わりに漬物が欲しかった。
たいへんおいしゅうございました。

各地で大きなイベントまで催される「B級グルメ」であるが、行列に並んでまで食べたいなどと思えない自分なのだ。
B級に甘んじ、A級を目指さない自堕落な自分に重なる部分があるような気がして、どうしても忌避してしまう。
もちろん個人の意見だ。関係者各位には、全く新しいご当地B級メニューの開発に励んでいただきたいと切に思う。

検討課題
・検索結果上位のグルメ情報は玉石混淆と知る
・旅先ではできるだけチェーン店を避けてみる

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
欲を言えば大鰐線と弘南線で三日間、除雪車のフル出場を希望し、あわよくば臨時の出場さえ願っていたりします。
そんななか移動の途中に現地の生活感と、季節感を感じさせるスナップを残すようにしたりするのも楽しいものです。

Oowani_snow

2013年2月15日 (金)

青森ツアー 2013 3日目 収

2013年1月29日、おはようございます。青森ツアー3日目、最終日の始まりです。

20130215_001
0701、宿から外を眺めます。天気予報は「雪のち曇り」となっており、午前中の除雪車の出場に期待します。

20130215_002
時間的な制約から大鰐駅、黒石駅で除雪車の待機、準備状態を確認せずに撮影地に赴きます。
時折、思い出したように雪が降りますが概ね快晴となり、天気予報に裏切られた気持ちになります。

20130215_003
除雪車は通過予定時刻を過ぎても撮影地に現れることなく、午後の出場に一縷の望みをかけ大鰐駅、黒石駅へと
除雪車を確認に行きますが当日の出場は期待できない状態をみて撮影行は終了となります。

大鰐駅前でおみやげを買い漁り、来年の再訪を駅前のピンクの鰐に誓い、やるせない気持ちをどうにか鎮めます。

検討課題
・行動原則を確立する
・切り上げるタイミングの程良さを設定する

ハルパパさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
まったくです。国鉄色が基本です。下心ありありの特別色に一喜一憂するのは御子様過ぎるような気がするのです。
もしかしたら気がするだけかもしれません。

ganmaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
それはまるで大仏俯瞰に挑戦せよとの啓示でございましょうか。次回の好天時に向け計画しましょう。
現地での天候次第ではございますが、まずは立ち席乗車を執り行いと思う気持ちもあったりします。

2013年2月14日 (木)

尾崎酒造株式会社 安東水軍 大吟醸

2013年1月28日、午前中に立ち寄った鰺ヶ沢にある「海の駅わんど」にて購入。

20130214_001
白神のしずく 純米大吟醸と合わせ180mlのお試し的なセット。

20130214_002
酒袋に収納された気の利いたパッケージ。飲みきった後にどうやって使うか考えたい。

我慢できずに安東水軍 大吟醸を飲んでしまう。ひるんで180mlを選んだ自分の腰抜けぶりを呪う美味しさ。
次は物足りなさを感じることの無いよう大瓶を買わないと、と反省する。白神のしずくを飲みながら反省会を催します。
白神のしずくを飲みながら行った反省会の結果、やっぱり寸前でビビってしまう自分の小心さを呪うこととなります。

検討課題
・試飲が出来れば試させてもらう
・試飲でヘベレケにならない

寒風吹きすさぶなか戦果の乏しかったカメラーデンに送るちょっとした業務連絡。

485
うん、確かにコレじゃない。コレじゃあないんだよ!こんなんじゃないんだよっ!

2013年2月13日 (水)

黒潮市場 弘前

夜の青森駅でたっぷり楽しんだのち、宿近くにある昨年も利用した店で飲みます。

20130213_001
黒砂糖ふ菓子。
お通し代わりに店員さんの差し出す中身の見えない状態の籠から取り出します。何が出るかはお楽しみという趣向。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_002
ビール。
グラスの内側、外側まで氷で覆われるほど冷やされたジョッキで飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_003
マトウダイの刺身。
初めて食べる魚種です。つい食べてしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_004
イカとタコの刺身。
近年になってようやく生のタコを食べることが出来るようになった。酢蛸関連の克服はまだまだ先になりそう。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_005
エダマメ。
店員さんの持つザルから片手で掴めるだけを皿に移し食べます。手の小さい人、握力の少ない人には厳しいイベント。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_006
焼き鳥の盛り合わせ。
昨日も食べたような気がしますが今日も食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_007
鶏の唐揚げ。
揚げ物は男のロマン。ギトギトの油は男の燃料。夜中でも何ら躊躇することなくバリバリ食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_008
シシャモの唐揚げ。
揚げ物は!シシャモは頭を食べる派、食べない派。マヨを付ける派、醤油を付ける派で埋めがたい深い溝があります。
たいへんおいしゅうございました。

20130213_009
ネギ飯。
〆の食事。そぼろに甘辛いタレ、大量のネギを乗せてあるためサッパリと食べきれます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・知らない魚介類はとりあえず食べてみる
・お茶漬けと焼きおにぎりで迷ったら両方食べる

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
思いつきの日帰りで遠征気分を味わえる路線などからジリジリ攻めるのも一興かと思います。
空の開けた開放感ある水郡線、大糸線、長良川鉄道、明知鉄道、ガルパンな鹿島臨海鉄道などなどいかがですか?
西へ行けば名古屋の名店へも立ち寄れますよ。

2013年2月12日 (火)

青森ツアー 2013 2日目 夜

2013年1月28日、夜の青森駅に向かいます。

20130212_001
140円の入場券で楽しみたいと考えます。

20130212_002
改札機を抜けると激しい寝グセに顔を青ざめさせた男性と目にします。

今朝方、大鰐温泉駅より乗り込むことの叶わなかった寝台特急あけぼの上野行きを一目見ようと思うわけです。
しかしながら乗ることの叶わなかった理由は「列車事故」であり、事故車両の点検、整備に時間を要するため
定刻1822の時点でホームにその姿を確認することはできません。時間を潰しながら待つことにします。

20130212_003
新鋭のリゾートあすなろと、五能線のベテラン、キハ40が並びます。

20130212_004
リゾートしらかみの連結部にベテランの匂いを嗅ぎつけます。

20130212_005
青い除雪車を見つけます。どこかで見たような気がしたので古い画像を確かめます。

20130212_006
2008年9月12日、米坂線、羽前小松駅で見かけた同型車。非常に迷いのある撮り方をしています。

20130212_007
津軽線、蟹田行きのキハ40。

20130212_008
2017、ホヒッ!っとタイフォンを鳴らし、寝台特急あけぼのが牽引されながら入線してきました。

20130212_009
雪もガンガン降ってきて雰囲気もなかなか良くなってきます。

20130212_010
2033、定刻より2時間余り遅れての発車。

結局、寒いなか2時間以上ホームをウロウロしていたため、出札時に追加料金140円を改めて支払うことになる。

検討課題
・ホームに残った雪で滑って転ばない
・ホーム内に持ち込める機材の限界をそれとなく調べておく

ちぇりーBOY’Sさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日はお忙しいなか、お休みのところ突然お伺いしましてたいへん失礼いたしました。
また、お邪魔しましたことと併せ、ご寛恕くださいますようお願い申し上げます。

2013年2月11日 (月)

青森ツアー 2013 2日目 昼

2013年1月28日、航空自衛隊T-2高等練習機と絡めた構図を求め津軽鉄道、芦野公園駅周辺で撮影場所を探します。
こちらは正面がちな構図になりやすいのと、桜の咲く頃に適した撮影地のようでもあるため少し移動します。

20130211_001
金木駅〜嘉瀬駅間で五所川原駅方面に向かう普通列車を後方から撮ります。

20130211_002
同じ場所でストーブ列車を撮ります。ディーゼル機関車の姿が見当たりません。どうしたことでしょう。

20130211_003
振り返りつつ更に後方から撮ります。ディーゼル機関車による牽引は、休日のみの運用なのでしょうか。

20130211_004
2011年1月27日に金木駅を五所川原駅方面に向けて出発するストーブ列車。ディーゼル機関車を確認出来ます。

20130211_005
その際の編成は、ディーゼル機関車ーキハー客車ー客車となっていました。

気を取り直して夜の青森に向かいます。

検討課題
・雪面と空の割合を考える
・正面が逆行でも気にしない

2013年2月10日 (日)

青森ツアー 2013 2日目 朝

2013年1月28日、おはようございます。青森ツアー2日目の始まりです。

20130210_001
0628、宿から外を眺めます。天気予報は「晴れのち雪」となっており、午前中の除雪車の出場は期待できません。

20130210_002
ひとまず大鰐駅に向かいます。コンプレッサーの作動音を発していない除雪車を確認します。

20130210_003
隣接するJR大鰐温泉駅で切符を購入します。大鰐温泉駅0903発の「寝台特急あけぼの」に乗り込もうと企てます。
乗車可能な車両を指定されており、さらに立ち席のみの利用という制限がつきます。

ホームでワクワクしつつ列車到着を待っていると、駅員さんがやってきて告げます。「大館手前で事故ったもんで
今日は来ないってよ」しょぼくれながら払い戻しをします。後から死者を出すほどの事故だったことを知ります。

20130210_004
気を取り直して黒石駅に向かいます。こちらでも除雪車の下げパンタを確認します。

20130210_005
遮光器土偶が出土した亀ヶ岡遺跡に近い五能線、木造駅を見学します。迫力ある駅舎の造作ですが終日逆光です。

20130210_006
さらに鰺ヶ沢駅の近くにある「海の駅わんど」に設置されている当地で有名なWASAOの雪像を撫でます。
生きてる犬そのものは本来のイカ焼き店にもおらず、その実物を確認することはできませんでした。

20130210_007
津軽鉄道、芦野公園駅近くの公園で展示されていた航空自衛隊T-2高等練習機を眺めます。
あまりの積雪のため近づくことは無理でした。

除雪車の出場が無かったことで、場当たり的にフラフラしますが収穫はたっぷりあったります。

検討課題
・果たせなかった色々は次回に持ち越す
・上手くいかないことを楽しむ

2013年2月 9日 (土)

三浦酒造株式会社 豊盃 特別純米酒

邂逅の余韻醒めやらぬうちに見つけたので迷うこと無く確保しておきます。もうこれで後顧の憂い無しです。

20130209
三浦酒造といえば「モヒカン娘」で有名ですが、まずは基本のメインブランドである豊盃です。

叶うなら「豊盃 純米吟醸 豊盃米55」や、「豊盃 つるし酒 大吟醸」も心ゆくまで味わってみたいところです。
それはまたの機会に探し歩いてみたいと思います。

検討課題
・少しは味わって飲む
・ビキニ娘を諦めない

2013年2月 8日 (金)

樽満 城東店 弘前

2013年1月27日、宿に着き荷を解いたのち、宿から近い店で飲みます。

20130208_001
ビール。
たとえ外気温は氷点下となっていても店内は暖房が効き、汗ばむほどの暖かさですので当然ビールです。
たいへんおいしゅうございました。

20130208_002
焼き鳥スペシャル。
大皿に各種焼き鳥、合計15本の盛り合わせ。塩でいただきます。久しぶりに砂肝を食べる。
たいへんおいしゅうございました。

20130208_003
若どりのもも唐揚げと、カキフライ。
揚げ物は基本。カキの産地表記は無し。
たいへんおいしゅうございました。

20130208_004
明太子とカニの玉子焼き。
カニの風味、食感はよく判らなかった。玉子焼きにマヨネーズは初体験。明太子と合わせコレステロール多めか。
たいへんおいしゅうございました。

20130208_005
豆アジの唐揚げ。
住んでいる地域ではなかなか食べる機会に巡り会うことのない豆アジを食べる。
たいへんおいしゅうございました。

20130208_006
竹鳥物語。
鶏のササミとチーズを春巻きで包んだ揚げ物。酔いも回り、店内のほの暗さと相まってカニの爪系の何かと勘違いする。
たいへんおいしゅうございました。

20130208_007
豊盃。
一度は飲んでみたいと思っていた酒と邂逅する。旨いのだ。
たいへん、たいへんおいしゅうございました。

20130208_008
黒みつときな粉の三角関係。
バニラアイスに黒蜜と、青みを残したきな粉をかけ回す。酒の後のデザートは格別。
たいへんおいしゅうございました。

各テーブルは通路と暖簾で仕切られており、思う存分フリースタイル飲酒を楽しむことが可能である。
画像が暗いのは店内照明のため。料理画像を美味しく見せるようなレベル調整等の処理は施していない。

検討課題
・お薦めの郷土料理に臆すること無く挑戦する
・方言メインの会話に耳をそばだてる

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
好天ではラッセル車は走らず満足にロケハンをすることもできず、荒天では走ってもロケハンさえ非常に困難になります。
初めて訪れた2011年のファーストショットは横殴りの吹雪の中でした。これで15〜20m離れたところです。降りすぎです。
目を開けていられないし、指はかじかむし、電池残量はガンガン減るしで厳しい初陣となった記憶があります。

20110128

2013年2月 7日 (木)

青森ツアー 2013 1日目 鉄

2013年1月27日、青森到着。撮れると思えば無遠慮に撮っていきます。

20130207_001
鯖石駅で除雪作業を行う除雪車。

20130207_002
真横から雪煙を狙うも、雪煙を派手に巻き上げる気配無し。

20130207_003
更に同位置からバックショット気味に雪煙を狙う。

20130207_004
弘南鉄道弘南線、田舎館駅付近で黒石駅へ向かって引き返す車両を撮る。

検討課題
・背景に微妙な民家をいれてもどうにかなる構図を考える
・風景写真的なものにも挑戦する

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
往路では吹雪に行く手を遮られてしまった区間ですが、どうやら難所だったのですね。
仙台は東北地方にあって雪の少ない土地と勝手に想像していました。それは豪雪地帯に比べてのことであって、
関東平野部での積雪との比較ではなかったことを知りました。幸いにして事故車を見なかったことは救いでした。

2013年2月 6日 (水)

青森ツアー 2013 1日目 序

2013年1月26日、もう間もなく27日へと日付の変わる頃に北へ向けて出発。

20130206_001
東北自動車道、矢板IC付近から雪がちらつき始める。前途多難の予感をヒシヒシと感じながら北上する。

20130206_002
降雪は激しさを増す。前を走る大型貨物車の尾灯を確認することも難しくなる。
そして、郡山IC〜本宮IC間において降雪のため通行止め。郡山ICで高速道路を降り、一般道を走る。

20130206_003
本宮ICから再び高速道路を走る。今度は、仙台宮城IC〜築館IC間において吹雪のため通行止めとの表示がでる。
一般道を60km以上走ることになるが、一般道も当然のように吹雪なのだ。猛烈な吹雪で前方を確認できない。

20130206_004
0630、前沢SA着。空が白み始める。

20130206_005 0930、弘南鉄道大鰐線、鯖石駅着。今年の青森ツアーが始まります。

この項、しばらく続きます。

検討課題
・通過した地名の記録を残す
・雪を見て浮かれない

2013年2月 5日 (火)

街路樹

最寄り駅から伸びる遊歩道の街路樹をガンガン剪定している。
実のなる常緑樹で、冬場は大挙して飛来する鳥たちの落とし物で路面は酷い有様になったりするのも剪定の理由だろうか。

20130205
ここまで切るか?と思わずにいられない。樹木の再生能力と根性について詳しいことを知らないが、鳥たちを
枝に留まらせることを断固として許さない強い姿勢だけはじゅうぶん伝わる。

春先に新芽を見つけることができるよう観察を続けてみたい。

検討課題
・思いがけず木から降ってくる虫に注意する
・鳥の落とし物を踏まないよう注意して歩く

2013年2月 4日 (月)

Provence Moulage K786 ALFA ROMEO 155GTA DTM 1993 Prepainted by YOWMODELLINI

昨年12月にYOWMODELLINIへ訪問した際、お譲りいただいたアルファロメオのキットを何となく作り始めます。
ボディ側の製作作業が既に完了している点を考慮し、年内の完成を目指してダラダラと作業しようと目論みます。

20130204_001
塗装を施されていないシャーシ、ホイール、リアスポイラーなどをツヤ消し黒でザッと塗っておきます。
リアスポイラーは説明書の表記が非常に曖昧なため、タミヤのキットを完成させた作例を参考に組み立てます。
それでも何か、いろいろ違うような気がしてなりません。

20130204_002
バキュームフォームで作られた窓パーツに適当に切り込みを入れ、嵌め合いの調整をしておきます。
JPSや、ミニレーシングのキットくらいピッチリ合うと嬉しいのですが、この頃のプロバンスのキットは意外と
ラフな合いになっていたりします。コルヌーさんは窓関係の造形を投げ遣りにしすぎと思います。

検討課題
・エッチングパーツの固定は面倒なら瞬間接着剤で済ます
・エッチングパーツは塗装前に洗浄とヤスリで表面を荒らす作業を施しておく

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
キット付属の説明書も残っていましたので、必要なようでしたらご連絡ください。後日、掲載します。
少しでも参考になればと思います。

2013年2月 3日 (日)

プリントアウト

さんざん撮るだけ撮ってそのままにしてしまうクセが抜けない。
出不精な私を撮影行に誘ってくれる友人から「プリントをするからこそ気がつくこともあるんだよ」と助言をいただく。
なるほど、実際にプリントするとPCの画面では気がつかなかった点を見つけたりすることができる。

20130203
画像処理ソフトを用い画質を調整し、必要に応じてトリミングもする。何かが入り込んでいたり、ピントの甘い箇所を
見つけガッカリすることもある。それも修行と心得て僅かでも技術、センスが向上するように努めるのも楽しいことだ。

バンバン撮って、どんどんプリントしていこうと考える。

検討課題
・たまには額装をしてみる
・気が向いたら大判プリントをしてみる

業務連絡
Provence Moulage K859 LANCIA DELTA "Servia" P.DAKAR 94

Delta_001
いつ作ったか記録を残していません。タイヤサイズのせいか車高は高めになっています。

Delta_002
泥道区間を走った風、あるいは渡河後風な適当ウェザリングを施しています。

Delta_003
比較対象として、同年の Provence Moulage K868 SUBARU IMPREZA MONTE CARLO 94 と並べてみます。

2013年2月 2日 (土)

MOUNTAIN EQUIPMENT 80's Retro Lightline Duvet

寒いし、雪降るし、青森行くし、風邪もひくしで適当に理由を付けてモコモコなダウンジャケットを購入します。
製品名に「レトロ」とあるように裁断や機能は現代的ではありません。ファスナーが襟最上部まで到達していないため
首回りの防寒対策が必要になると思われます。その代わり、フードを取り外せるのは便利な部分でもあります。

20130202_001
袖口はジャージタイプなので脱いだり、着たりが楽に行えます。
昨年購入したHAGLOFS BARRIER II JACKETは、体を動かしていれば暖かさに何の問題もないのですが、雪中で
列車到着まで撮影ポイントでジッとしていると、夏でも極厚の肉襦袢を標準装備する私でさえ、寒さを感じたりします。

防水、撥水は期待できないので、雪中で降雪無しならMOUNTAIN EQUIPMENT 80's Retro Lightline Duvetを着用し、
雪中で降雪有りならHAGLOFS BARRIER II JACKETにハードシェルを重ね着しようと考えております。

20130202_002
付属のスタッフバッグに収納してみます。ねんどろとの比較でサイズは把握できると思います。
だいたい夏用のシュラフくらいの大きさになります。HAGLOFS BARRIER II JACKETはポケットにグイグイねじ込む
ように収納します。収納時、展開時などに必要以上にシワシワになります。着てれば直りますので気になりません。

まずは現地でテストです。

検討課題
・自身の脂肪層を減らす努力をする
・ダウンジャケットなどの耐用年数を考える

2013年2月 1日 (金)

神保町駅前 2月

年も改まってから靖国通り沿いにオリンピック招致に向けたペナントが掲げられていたりする。
東京での開催について、不要だ!震災被災地の復興を優先せよ!否定的な意見を積極的に伝えるマスコミもある。

20130201
個人的にはオリンピック開催と併せ、老朽化した各施設の改修を行えるチャンスなのではないかと思ったりもする。
長野は冬季大会の開催により、冬場の移動に困難を伴わない道路が整備された印象を持つ。東京も首都高を建て直す
いい機会になるのではないかとも思ってしまう。もちろん建設期間や建設費用といった解決すべき問題も残っているが。

難題山積であっても開催に肯定的な市民が増えてくれることを願ってやまない。
なんたってオリンピックは、開催に否定的な意見を昂然と宣う特定の連中の好んで使う「平和」の祭典なんだしさ。

検討課題
・入場行進と開会式は最後まで全部見る
・滅多に見られない競技を集中的に見る

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »