2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の記事

2013年3月31日 (日)

鐘楼 水道橋西口店 水道橋 麻婆豆腐

以前から外堀通りを通る際に何となく気になっていた店に入ってみます。
屋外には「刀削麺」と大きく書かれていますが、それ以外のメニューも豊富に取り揃えられています。

20130331_001
エビ入りシューマイとビール。
メニューには「エビ入り」となっていますが、シューマイのアンにエビを練り込んであるわけでは無く、エビを乗せた
状態のシューマイとなっています。箸で二つに割るのは困難です。マヨネーズを付けて食べるようです。初体験です。
たいへんおいしゅうございました。

20130331_002
辛口!マーボードーフ定食。
辣麻辣豆腐と書かれており、突き刺すような辛さを味わえます。西安では小学生からこの辛さを食べるそうです。
ランチタイムには「定番!マーボードーフ定食 ★★★ 麻辣豆腐」というのも用意されています。辛さは星三つです。
こちらの辣麻辣豆腐の辛さは★★★★★と表示されており、痺れより辛さを強く感じます。
たいへんおいしゅうございました。

20130331_003
感嘆符の多いメニュー。
近在に場外馬券売り場を有する施設があるため、午後も頑張るチャレンジャーで店内は混雑していました。
刀削麺は店によって、調理人によって色々違うので思いがけず自分好みじゃ無いことが多々ありガッカリしたりします。
こちらではハーフサイズも用意されているようなのでいずれ試してみようと思いました。

検討課題
・暗い店内では不用意な行動を慎む
・辛いからといって昼からビールを4杯も5杯も飲まない

2013年3月30日 (土)

東京都水道歴史館

2013年3月23日、サッカーミュージアムの見学後にこちらへも立ち寄ってみます。

20130330_001
水道局の施設というと何となく四谷にあるような気がしていましたが、ただの思い違いだったようです。

20130330_002
館内に入ると水滴くんのお出迎えです。
形状とネーミングに安直さを感じないこともない。多くの人に記憶され、永く愛されることを目的とすればこれもアリか。

20130330_003
2階では江戸時代を中心とした水道施設、敷設の歴史を展示してあります。
これは300年ほど前の「木樋(もくひ)」と呼ばれる木製水道管。

20130330_004
傘貼り浪人のお宅拝見。糊を用いて製作する番傘は「張る」ものなのか、「貼る」ものなのか判然としない。
長屋と思われる居室内は、収納スペースとプライバシー保護にやや不満を感じます。住めば都なのでしょうか。

20130330_005
江戸時代の公衆便所を再現した扉に貼られた注意書き。お前のオネストジョンが何だって?

20130330_006
1階には近世の水道設備や建設の歴史を展示しています。
これは明治期に馬場先門近くに設置された馬用の水飲み場。歩道側にあたる背面には人用の水飲み場が設けられている。

20130330_007
馬用なれど獅子の口からゴージャスな感じで水が供給されます。イギリスから寄贈されたものです。

20130330_008
淀橋浄水場の今昔を見る。副都心建設以前の新宿西口の様子。

20130330_009
高層ビルの林立と大規模な区画整理が行われたことが解る。新宿駅の拡大も驚くところだ。

20130330_010
屋外には隣接するように公苑もあります。今の時期はまだ冬枯れな感じもしたので立ち寄らず見送ります。

土曜日の昼時とあって自分以外に見学者のいない館内。時期になれば社会科見学の子供たちで溢れるのでしょうか。
これと同じような広報施設的なものを見かけたら迷わず入館してみようと思いました。

検討課題
・休憩がてら立ち寄ることを恐れない
・意外な収穫があれば素直に喜ぶ

2013年3月29日 (金)

入谷から水道橋

2013年3月23日、随所で桜咲き乱れるとの報を受けフラフラと歩き回ります。

20130329_001
真源寺。日常会話において「恐れ入谷の鬼子母神」と言ったり言わなかったりする場面があったり無かったりします。
「その手は桑名の焼き蛤」、「そうはイカのキ○タマ」と並び、慣用句として用いられることの多い表現の語源を訪ねます。

20130329_002
鶯谷あたりでフェンス越しに鉄分を得ます。

20130329_003
上野公園は花見客で大混雑。午前中からデキ上がってる大将、ポツネンと場所取りをする若い衆など様々な人を見る。

20130329_004
不忍池のほとりで写真を撮る人を撮ってる人を撮る。自分の後ろに自分を撮る人がいれば望外の喜びとなろう。

20130329_005
湯島天神は参詣すること無くパスします。上野の盛況ぶりに比べ、閑散といってよい程の静けさ。

20130329_006
湯島からお茶の水方面へ歩きながら見つけたサッカーミュージアムに立ち寄ります。

20130329_007
ゼッケン8。誰だ?

20130329_008
日本代表、澤穂希選手による貴重な書。

20130329_009
本郷、昌清寺に咲く桜と隣にあった桜ビル。狙って名付けたビル名なのだろうか。
この周辺の本郷、白山、春日は就職活動時にずいぶんと歩き回ったが、どこに行き訪れたかはもう覚えていない。

20130329_010
花咲く女子校のそばの急な坂道を下り水道橋へとたどり着き、昼食をとりながら歩き足して帰宅する。

検討課題
・未成年のいる教育機関周辺で不審な行動をしない
・坂道をみたら迂回しない

こいでさま
ご訪問、情報ありがとうございます。
都内でも胸元と、口元を黄色に染め上げる魅力的なメニューを楽しめるのですね!是非、たぐってみたくなります。
ブラつきがてら探索を行い、見つけ出すことが出来たら白シャツに着替えて挑戦したいと思います。

2013年3月28日 (木)

参考資料

工事車両の履帯周辺を邪な視線をもって観察します。

20130328_001
塗装は剥げ、赤錆で覆われています。
車体と同じ青で塗装されていたことを考えると、車体下部側は劣化の進みが早いといえます。

20130328_002
塗装は残っていますが良好とはいえない感じです。

20130328_003
画像1枚目と同じ形式の車体と思われる別個体。泥濘地を走り回ったわけでも無いのに乾いた泥が詰まっています。
何かで擦る、あるいは引っ掻いたような傷を確認することができます。

全ては38(t)戦車のために。

検討課題
・ほどほどの汚し塗装を会得する
・実車資料もチラ見する

2013年3月27日 (水)

工具

プラスチックモデルを製作する機会が増えそうなため、いろいろ買ったり試したりします。

四谷の名店に入荷とあったので会社を逃げ出し、決して広いとはいえない店内通路をくまなく歩き工具を探します。
結果的に既に売り切れており無念を噛みしめます。あまりの落胆ぶりに店長氏は「秋葉原あたりの大型店であれば
仕入れ系統は変わらないから店頭在庫があるかもしれないよ?」と有益な情報を授けてくださったりします。

四谷から黄色い電車に乗り秋葉原を目指します。駅前のホビーショップでまんまと手に入れることができました。
四谷の名店に足を向けて寝るなんてことは出来ません。気になる商品も多々あったので、通いたいと思う次第です。

20130327_001
PLATZ / ALEC 精密R面取りツール Rボコ
なんだか独特の口調で話す芸人を思い起こさせる商品名です。R面に残るパーティングラインなどの突起を削ります。
厚さ0.4mmの鋼であるため作業時に力を入れてもへこたれることはありません。面白いようにスカスカ削れます。

20130327_002
グッドスマイルレーシング 匠TOOLS 極薄刃ニッパー
☆★のニッパーに常々不甲斐なさを感じていた頃、模型の先輩から歯科技工士が用いるニッパーを融通していただき
その切れ味の良さに驚いたのも今は昔。気持ちいいほどスッパリ切れるのです。ねじ切る感覚は一切ありません。
握りしめていると、無為にランナーから部品を切り出す作業に没頭してしまいかねません。時代は進化するものです。

今更ながら諸々含め工具に限らず材料なども、いろいろ見直さないといけないと実感させられます。

検討課題
・工具は使ってなんぼ
・工具を修理するか買い換えるか少し考える

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
受け取った釣り銭に沖縄海洋博覧会の100円玉や、長野冬季五輪大会の500円玉などの記念貨幣を見つけると
なんだかガッカリするのに、薄汚れていてもギザ十を見つけるとほんの少しだけ嬉しいのはナゼでしょうか。
最近は二千円札と共に熾烈な絶滅レースを戦っている貴重なギザ十です。早めに確保しておきましょう。

知也さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
なかなか甘い汁にありつくことができない立ち位置と、覚束ない足元の状況に不安になってしまいがちです。
それでも、そんなときだからこそ模型を作って現実逃避に邁進するのです。ちっとも問題は解決されません。

2013年3月26日 (火)

年度末

年度末なりにいろいろ面倒を片付ける。
得たものと得られなかったもの、どちらがどうだったか判然とするのは数年後のことだろう。

20130326
製造業の縁辺での労務を生業とする者としては、始まるものが始まり、巡るものが巡って来てくれないことには
どうにもならない部分もあったり無かったりする。始まる前に終わってしまいやしないかと不安にもなってくる。

さてと、どうなりますやら。

検討課題
・ケセラセラ
・無理に抗わない

yowさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
GAFFEサイト内で「別の原型師」の起用について書かれていたのは、そういった事情があってのことでしたか。
既に齢70を越えていらっしゃるとのこと。彼の地ではとっくにリタイアをしていてもおかしくない年齢といえます。
何はなくともGAFFEブランドで新製品をリリースし続けていただけるよう、極東から願うばかりでございます。

2013年3月25日 (月)

GAFFE Toyota HJ 60 Proto Koro Paris Dakar 1985

だらだらと作るでも無く作り始めているランクルです。デカールを貼りながら不足部分を補います。

20130325_001
キット同梱のデカールにはグリル下部分に該当するシートがありません。未同梱ですのでこのままでいいのでしょうか?

20130325_002
バンパーを所定の位置に置き、どういった状況か確かめてみます。間の抜けた感じがするようなしないような。

20130325_003
塗るでしょ!言ってみたかっただけです。緑2号をグリル下に適当にペタペタと塗ります。

29139325_004
バンパーを所定の位置に置き、どういった状況か確かめてみます。間の抜けた感じは少しは治まった気がします。

ヘッドライトの組み付けはこれから考えたいと思っています。行き当たりバッタリでなんとかしようと思います。

実車の前縁部が明瞭に解る画像などの資料を見つけ出すことは出来ませんでした。
唯一の資料として活用するGAFFEのカタログ画像では、グリル下は濃緑色になっているような感じもするのです。
であれば、GAFFEを全面的に信頼し、自らの野生の勘に従うまでです。

検討課題
・勢いだけで適当に作る
・詳細の明らかで無い車種を選んで作る

2013年3月24日 (日)

飯田町から日本橋

2013年3月16日、神楽坂で昼食後さらに歩き回ります。

20130324_001
春にしては日差しも強く、食事で噴き出した汗をなだめるよう日陰の飯田橋駅下で鋼鉄を味わいます。

20130324_002
飯田町です。
貨物ヤードがあった頃は通常の駅名表示もあったかと記憶していますが、その跡地の名残は探せずじまいです。

20130324_003
楽して歩きたく坂を下りるように「みんな大好き明大博物館」に立ち寄ってみます。

20130324_004
なにやってんだよ!こんなんじゃ後日また、会社を抜け出し見学に来ないとならないじゃないか!

20130324_005
アイアンメイデンに会えなかったのでジーザスのおわします所へ立ち寄ります。背後の施設は完成間近な感じ。

20130324_006
再び坂を下りるように神田から常盤橋方面に向かい、流行の「なんだらミクス」に関連した施設を眺めます。
どうにもミクスなどというと、お得感を倍増させたような粉モノの何かを想起します。

20130324_007
咲きました。
日本橋三越の本館北側にある街路樹で開花を確認。
同日には靖国神社で開花も確認されており、桜が咲くと新聞広告を出すところがあったことを思い出します。

検討課題
・桜の花粉はぞんぶんに浴びる
・花見酒とかかっこつけてみる

yowさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
お勧めのマーボ麺、是非食べてみたく思います。

2013年3月23日 (土)

芝蘭 飯田橋 麻婆豆腐

店舗住所は神楽坂地区にあります。
駅から徒歩での移動を考えた場合、直近の駅は牛込神楽坂駅ではなく飯田橋駅となるため上記の表記とします。

北の丸公園をウロウロしたため喉に渇きを覚えます。
汗もかきたりない気持ちもしたので昼食を兼ね、喉の渇きを癒しながら汗もかけるこちらへ立ち寄ります。

20130323
芝蘭麻婆豆腐とビール。
ランチの定番メニュー。通常の定価に200円追加すると「本場陳麻婆豆腐」に変更可能です。当然変更します。

喉ごしはマイルドですが頬張った瞬間の辛さはなかなかです。大口をあけて食べるとその辛さで激しく噎せます。
そうは言っても「ただ辛い」だけではないので豆腐を少し崩し、その豆腐の破断面にラー油をまとわりつかせながら
食べるとジンワリ汗が噴き出してくる美味しさです。夏真っ盛りになったら再び食べに訪れたいと思いました。

漬け物、ご飯、杏仁豆腐、フルーツは別卓に用意され、お代わり自由となっています。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・むせないように慎重に食べる
・ハンドタオルと手拭いを常備する

2013年3月22日 (金)

九段下から飯田橋

咲いたかな。
2013年3月16日、暖かい日もあったり無かったりで気の早いヤツなら咲き出しているかと思い、探してみます。

20130322_001
天気は快晴、バスへは乗らず竹橋方面へと歩き出します。

20130322_002
東京国立近代美術館で開催中の展示を確認します。どれも会期は長いので出直そうと思います。

20130322_003
北の丸公園で烏の行水を観察します。公園内の烏の多さに恐怖します。

20130322_004
同じく北の丸公園で色づき始めた蕾を確認します。もう少しすれば咲きそうです。

20130322_005
多安門近くの歩道橋からの眺め。夜間の方がキレイに見ることができるかもしれない。

20130322_006
飯田橋駅のダラダラとした傾斜のついた通路を見ながら僅かばかりの鉄分補給を行います。

歩き足りません。昼食のあとにも歩き回りたいと思います。

検討課題
・池や堀にどんな生き物がいるか覗いて確認しておく
・立ち入り禁止の先に何があるか可能な限り身を乗り出して様子を窺う

2013年3月21日 (木)

ミニスケール

仏壇の如き38t戦車のみを買うのもアレなので、ついでとばかりにナナニーや、ナナロクを買い込みます。
書店で恥ずかしい本を買うために、学習雑誌に紛れ込ませレジに持って行った青臭い中学生の頃を思い出します。

20130321_001
RODEN 1/72 Opel Blitzbus Ludewig "Aero" (1937)

20130321_002
RODEN 1/72 Opel Blitz "Strassenzepp Essen" omnibus
これは昨秋に購入したまま、マゼンダ強めのマルーンをどうしようか思案して放置しているキットです。
ローデンからは更に、オペルの軍用バスもリリースされているようなので見つけ次第、手に入れる予定にしています。

20130321_003
REVELL 1/76 L.R.D.G. Jeep & 30cwt Chevrolet & Jeep

20130321_004
REVELL 1/76 Jagdppanzer IV L/70 German Tank Destroyer

ローデンのキットは、観光バス風ですが詳細については知りません。見た目の流麗さで購入してみました。
レベルのキットは旧マッチボックスのジオラマベース付きのキットです。昔と同じ派手な成形色だったらどうしよう。

検討課題
・日東のナナロクを作る際は部品を全て使い切る
・エッシーのナナニーは丁寧に作る

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
誘惑には勝てませなんだ。あまりにも呆気なく、いとも簡単に陥落した次第でございます。
当面は製作に着手する前に何点かAFVを作り、リハビリと習練を重ねようと考えているところです。

2013年3月20日 (水)

PLATZ / CYBER-HOBBY 1/35 GIRLS und PANZER 38(t)戦車 カメさんチームver. GOLD EDITION

ガルパンになんか負けない!

20130320_001
ガルパンには勝てなかったよ…

20130320_002
ホビーショップに入荷したと告知されていたので早めに会社を逃げ出し、ひとまず確保だけはしておきます。

先日、幕張で催されたWonder Festival 2013 Winterにおいて、同内容の商品の先行販売がなされていたものの
のんびり出掛けた結果、当然のように完売となっており入手できませんでした。ラッパを見つめる少年状態となります。

ご覧の通り金メッキの施された何とも煌びやかな仕上がりです。部品の切断や加工は慎重を期したいところです。
あまり深く考えず、転輪のゴム部分など気になる箇所だけ適当に塗ったくって完成に漕ぎつけたいと目論むのです。
まずは資料集めと称して今すぐBDを買い揃えるか、BD-Boxがリリースされるまで臥薪嘗胆するか。踊ってみます。

ねんどろ用に4号戦車も手に入れないといけないことを考えると、前途多難な予感を感じずにはいられません。

検討課題
・プラガ38トンとか言わない
・メッキ調スプレーの塗り上がりに一喜一憂しない

2013年3月19日 (火)

直通運転

2013年3月16日、多くの鉄道会社はこの日、ダイア改正を行った。
安全に、遅延することなく安定的に運行できる改正であれば、一般利用者としてもありがたいことだと思う。

20130319
日比谷線の東急東横線直通列車は、今回のダイア改正を機に廃止された。
日比谷線は便利に使っているが、直通運転で示される「菊名」や、「日吉」といった微妙な行き先からこれまで東横線を
利用することは非常に少なかった。それでも日比谷線内や、北千住駅からの始発電車で稀に見かけた東急の車両は、
ガキの頃の自分にとって「アタリ」の電車であったような記憶がある。なにを持って「アタリ」だったのかは定かではない。

東横線は渋谷駅の終点部分も無くしていくそうだ。狭いホームと、混雑する改札とコンコースを縫うように走って銀座線へ
続く階段を駆け上がることももう出来なくなるのは何となく寂しい。何が寂しいのかはよく分からない。

なにを言いたいのかというと「田園都市線は日常的に遅れるな」ということだ。まったくもって支離滅裂だ。

検討課題
・半直打ち切りの情報は早めに知る
・押上駅と旧業平橋駅は同じ場所と心得る

2013年3月18日 (月)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ舞っている何かを浴びまくるのも楽しい。

20130318_001
真岡駅にてモオカ14と。

20130318_002
真岡駅にてDE10と。

20130318_003
真岡駅にてキハ20と。

20130318_004
真岡駅にてガラス張りの車庫に収まるC12と。

先日、茂木駅へ行った際に蒸気機関車と絡めて撮った気がしていたが、気のせいだったことに帰ってから気付く。
結果として今回、蒸気機関車絡みのねんどろはこの車庫に格納された一枚のみ。なんだかな。

検討課題
・煙霧なんぞ知らん
・過去に撮ったものを再確認しておく

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
私も蒸気機関車の重連走行を見るのは今回が初めてで、迫力ある走行シーンを堪能することができました。
ナッパ服欲しいですね。でも私が着ると、どこぞに収容された受刑者風になりそうで着こなしに自信が持てません。

2013年3月17日 (日)

真岡駅

2013年3月10日、終日吹き荒れた強風も夕方の真岡駅周辺では穏やかな状態となり、舞い散る何かも気になりません。
この日の夕方、運行を終えた震災復興応援号が下館から戻ってくるのをノンビリ待ちながら駅周辺をウロウロします。

現在、真岡駅周辺は新たなSL資料館を建設中だったり、駅前の再開発を行うようで数年以内に様変わりすることでしょう。

20130317_001
蒸気機関車を模した特徴的な外観の真岡駅。20130317_002
転車台で方向を変えるC1266。

20130317_003
転車台で方向を変えるC11325。

20130317_004
一般公開をやめた船の科学館に併設されていた羊蹄丸から移設されたスハフ4425。

20130317_005
かっこいい関係者1。カウンタック同様、後進時に見せる運転の巧みさは心に響くものがあります。

20130317_006
かっこいい関係者2。石炭の燃えかすを除去する職員。制服のヤレた着こなしにプロを感じます。

20130317_007
かっこいい関係者3。停車後に車止めなどを無駄のないキビキビした動作で設置していきます。

20130317_008
かっこいい関係者4。各部をハンマーで叩きながら状態をチェックします。熟練のなせる技。

20130317_009
一日も早い復興が実現されるよう、僅かであっても関与していきたいと思う。

検討課題
・電車以外のいろいろも撮るようにする
・自分に何ができるか考える

2013年3月16日 (土)

真岡鐵道 震災復興応援号

2013年3月10日、東日本大震災の発生から2年目を翌日に迎えようとする日曜日、震災復興応援号と銘打ち
「がんばれ東北」と特別なヘッドマークを掲げた蒸気機関車を重連で走行させるイベントが強風のなか催された。

事前に親切な友人が誘ってくれたこともあり貴重な機会に恵まれる。お誘いいただき心より感謝申し上げます。

20130316_001
真岡〜寺内間。
朝の下館へと向かう回送列車。客車を挟むように蒸気機関車が連結されている。
実際は、画像右から左へと走行している。

20130316_002
真岡〜寺内間。
先ほどと同じ位置で真岡駅に向かう蒸気機関車を流し撮り風に撮るつもりが、ただのピンボケ写真となる。

20130316_003
市塙〜笹原田間。
市塙駅から出発して最初の踏切近くから。周囲は多数の撮影者でごった返している。

20130316_004
市塙〜多田羅間。
レベル調整を施しても背景に溶け込んでしまっている。蒸気機関車は撮るのが難しいと改めて実感してしまう。

検討課題
・背景を意識する
・流し撮りを練習する

2013年3月15日 (金)

翠園 新橋 麻婆豆腐

2013年3月9日、夏日といってもいい陽気と暑さ。少し歩いて疲れたので食事とビールを所望します。

20130315_001
地下があれば潜るのが人の性、日の光を避けたがるオッサンの習性ともいえます。新橋であればひとまず潜ります。

20130315_002
ビールとエビ玉子炒め。
エビ大きい。玉子も柔らかく、半熟すぎるところもないため食べやすい。
たいへんおいしゅうございました。

20130315_003
麻婆豆腐定食。
色のオレンジさに期待薄だったが想像以上に辛い。それでも激辛というほどでもないので一気に飲める。
甘いタクアンを久しぶりに食べる。生野菜のやるせなさは大陸的標準ということで。
たいへんおいしゅうございました。

周辺や同じ地下に「本格」や「本場」を謳う店は多数あるものの「居酒屋」を名乗る中華はここだけだったので
チャレンジ気分で入店する。普通に飲んだり、普通に食べたりするのに適したこぢんまりした店で使いやすい。

検討課題
・テレビを置いてる店で適当に飲む
・店の新聞雑誌に汁とかこぼさない

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
この「話題の〜」コーナーにヘッツァーの展示は無かったような気がします。もしかしたらあったかもしれません。
調子にのってピンクの戦車を展示しなかったあたりにタミヤの矜持というか、老舗の意地を見た感じがしました。

2013年3月14日 (木)

スケールモータースポーツフェア 2013 タミヤプラモデルファクトリー 新橋

2013年3月9日、銀座での用事を済ませた後、こちらを見学していきます。

20130314_001
もっと派手派手しく案内、告知をしてもよいのではないでしょうか?とても控えめであると感じます。

20130314_002
大判デカールをいかに上手く貼れるかによって完成度は段違いの差となって現れると思う。
この作品はじめ、展示されていた作品はどれも破綻の無い非常に素晴らしい完成度。

20130314_003
滲み出る愛情。タミヤの部品はどこに使っているのだろうかと考える。もしかしてタイヤのみか?

20130314_004
右の#19は1984年のデイトナ200においてスペンサーが乗ったものと思われる。給油口を追加している。
左の#1はアンダーカウルを外し、意外な位置に配された燃料タンクを見せる工夫が為されている。これを見ると
どうしてもWGP開幕戦、南アフリカでコムスターホイールも砕けたクラッシュ、そしてリタイアを思い起こさせる。

20130314_005
タミヤの新製品などの展示もある。
ポルシェ934。イエーガーマイスターは基本。カラーリングのバリエーションには事欠かない車種だ。

20130314_006
少ない部品で構成される。フジミ社製の911は二度と作りたくなくなるかもしれないと思わずにはいられない。

20130314_007
スケールは1/48の虎戦車。後期型はスチールホイールだから少しだけ楽できるかもしれない。

20130314_008
ツィメリットコーティングを容易にする部品も用意されるとのこと。個人的には履帯の方が気になってしまう。

20130314_009
密やかに西住殿に乗っかろうという思惑を感じずにはいられないラインナップ。

20130314_010
再販とはいえ久しぶりにニーヨンを買うべきか踊ってみようと思う。旧エッシーの少しダルいモールドのキットだろう。
ベースとなるキットがあるのにアフターパーツとしてデカールが充実されないのはどうにも納得できない。

いっそGAFFEあたりでニーヨンのデカールをバンバン出してくれればいいのにとさえ思い始める。

検討課題
・じてドイツを解る人と交流を深める
・箱絵はなによりの資料として活用する

2013年3月13日 (水)

電池交換 After

長いこと使っている腕時計の電池交換しようと思っていたら、結果としてオーバーホールを要することとなる。

20130313_001
2013年3月9日、コンプリートメンテナンスサービスと呼ばれる作業が完了したと連絡を受けたので引き取りに行く。

20130313_002
既に一部の部品などは供給も終了していたりで、Assy.丸ごと全取っ替えを喰らいつつ約20GAFFEほどの作業となる。
それでもクロノグラフのプッシュボタンなど動きが渋くなっていた箇所も治っており、その結果には満足している。

使用状況は以前と変わらないことを考えれば、いずれ同じように動かなくなることは必定。次の修理は無いな。
虎や豹を飼い慣らす巨匠さまにオヌヌメいただいた時計を探しつつ、次期主力腕時計の選定を始めたいと考えだす。

検討課題
・防水機能があるからと水浸しにしない
・腕時計をしてる方の手で裏拳を繰り出さない

2013年3月12日 (火)

銀座から押上

2013年3月9日、西方より飛来するものあれど夏の陽気を味わいたくなりウスウス出歩きます。

20130312_001
銀座四丁目交差点から銀座八丁目交差点方面を望みます。わずか500m先にある首都高は何かで霞んでいます。

20130312_002
屋内にキリンを設置したところで用事を済ませます。

20130312_003
用事を済ませ、左腕に慣れた重みを感じながら新橋を目指します。新橋駅手前で投げ遣りに鉄分補給をします。

20130312_004
新橋での立ち寄った場所近くのマッカーサー道路(誤)の地下工事区間を見ます。進捗状況等よく分かりません。

20130312_005
昼食の後、駅前で軽く予行練習をこなします。

20130312_006
適当にフラフラと有楽町へ戻り、数寄屋橋辺りで再び鉄分を補給しておきます。

20130312_007
東京でキリンといえばやっぱり日本橋三丁目交差点にいるコイツだと思うのです。

20130312_008
欲しい本を探し求め銀座、日本橋、八重洲の大型書店をハシゴするも取り扱いがないと言われ途方に暮れます。
東京駅は新宿駅、渋谷駅と並び永遠に工事の終わらない構築物のように思えたりするのです。

20130312_009
本を探しに勤務地近くまで、この時間からノコノコ行くのもなんとなく負けたような気がするので作戦を練り直します。
東京駅から直通バスに乗り込み大型書店をテナントに持つランドマークに向かいます。吉と出るか、吉と出ないか。

20130312_010
休日の混雑する館内を歩き回り書店にたどり着くもやはり取り扱いは無し。ガッカリ気分を味わいながら帰ります。

徒労感と喉にイガイガしたのもを感じつつ、手に入れられなかった本は会社近くで探し直そうと思い直します。

検討課題
・地球の自転に抗う何かを生み出す気概を持つ
・勝手に飛ばされた何かは倍返しの返礼をする

2013年3月11日 (月)

九段第二合同庁舎

千代田区役所の並びにある東京法務局に本業関連のいろいろで行ったりします。サボりじゃないです。本当です。

20130311_001
日常的に利用するということも無いのですが、勤務地から歩いて行ける範囲にあるというのは便利で楽なのです。
慣れない手つきで所用を済ませ、いろいろ手続きだけはしておきます。

20130311_002
会社に戻る途中で清水門の改修工事を眺めます。間もなく合戦でもあるのでしょう。入念で周到な準備は必要です。

面倒なこととはいえ手続きなどはこなしておかないと後々、余計に面倒なことになったりします。面倒なことだらけです。

検討課題
・迷惑をかけない程度にほどほどに
・面倒がらずに着実に

2013年3月10日 (日)

抜け出す作法

可能な限り気配を消すようにしながら、誰にも気づかれようにソッと出掛けます。

20130310_001
思い出したように緑2号と、ロシアングリーン(2)を買い求めます。呆気ないほどの容易さで任務完了です。

☆ 携帯電話などは置いていきます。(持ち出して連絡されたら堪りません)
☆ 煙草もライターも残しておきます。(外出先で簡単に現地調達できる物品を持ち出す必要はありません)
☆ 財布本体も置きっ放しにします。(中身の現金とカード類は当然持っていきます)

まるですぐに帰ってくるような感じで振る舞うことが何より大事だったりします。
喫煙をしていた頃は、タバコ休憩を装いながらフラッと居なくなること心がけていました。

20130310_002
放置していた塗装済みのボディにデカールを貼るわけです。手際は悪いのに短気な性格なものですから凹部などへ
上手く密着するまで待てなかったりします。なので適当にナイフで切り込みを入れて無理矢理貼り込んで行きます。

赤で囲った部位などはタッチアップペイントを施さないとならない状態になっています。

20130310_003
緑2号を筆を使って適当にペロペロと塗っていきます。重大な違和感をおぼえることのないくらいの色の差です。
徹底的に調色するなんてまっぴらです。面倒です。チャッチャとやっつけたい気持ちで胸が張り裂ける思いです。

そんな邪な気持ちを見透かすように、今度は赤で囲った部位でペイントをはみ出させます。慎重にすべきでした。

結果としてロシアングリーン(2)は使わずじまいです。いずれ鬼戦車でも作る機会があればその時に使いましょう。

20130310_004
おい、準備はいいか?
出掛けた折りの戦利品として配布物を手に入れます。平面でも禍々しさを周囲に振りまくようで見ていて怖くなります。

なんだかよく分からないまま、とりあえずヨンサンのカテゴリーとしておきます。

検討課題
・筆塗りをするときは息を止める
・デカールの上に塗るときは勇気をもって

2013年3月 9日 (土)

世界から猫がきえたなら 川村元気著 マガジンハウス刊

余命短い主人公が大切な何かを一つこの世から消し去ることで、生存期間を1日ずつ引き延ばしていく一週間の物語。

20130309_001
自分なら寿命の延長と引き替えに何を消し去りたいか主人公になった気持ちで考える。

○ 彼方此方を隔てる国境や境界
○ 伝達する内容を持つ言語と発話
○ 伝達する内容を持つ文字と絵画
○ 徒歩以外の移動手段
○ 素手以外の作業手段
○ 素肌に纏うあらゆる装束と羞恥心

どこぞの神が6日で何かを為したように自分も6日かけて何かを無くし、休息の後この世とおさらばしたいと考える。
人生の締めくくりとなる最後っ屁にしては意地悪に過ぎるか。

20130309_002
購入は昨年末。なんとなく読まずに放っておいた。
神保町の大型書店では普段、周辺の書店などを記した地図のブックカバーを施してくれるが、このときは新規出店を
行ったランドマーク周辺の地図となっていた。いろいろ知らなかった飲食店の記された地図でもあるので、プラプラと
この周辺を出歩く際のガイドとして使ってみようと思う。

検討課題
・身支度だけは早めに済ませておくよう算段する
・猫の眉間の毛を逆立たせない

2013年3月 8日 (金)

GAFFE Nissan Patrol GR LWB FPEE Paris Dakar 2001

ボディへの塗装も乾燥したような気がするのでデカールをチマチマ貼っていきます。
A6用紙サイズにレイアウトされたデカールはたいした量でもないので、貼り込む作業も楽勝です。

屋根上面と、車体側面に貼る「F.P.E.E」のデカール貼付面に凹凸があるため、適当に切り刻んだり何だりしながら
いい感じなるまで密着させます。おそらく#91丸ノ内線メトロレッドに含まれる塗料成分のせいか、デカール軟化剤を
ダバダバ使っていると白い部分に赤色が僅かに滲んできます。発色のため染料材を用いているのでしょうか。

20130308
作業中にボンネット上面に設けられるワイパー取り付けのための穴を開けていないことに気がつきます。

なんにせよ、各自動車メーカーは常に自社製品が模型化されることを念頭に置いた外観デザインを行うべきです。
車体外表面にコルゲート状の形状処理を施すなど、デカール貼りを阻害するだけです。昂然と八つ当たりをします。

ザッとクリアーを吹き、デカールを定着させ他の車両の作業に移りたいと思います。

検討課題
・染料系と思われる塗料の扱いに慎重になる
・タッチアップの際に色味が違っても気にしない

2013年3月 7日 (木)

ねんどろ 購入

会社帰りに「ねんどろいどぷち TYPE-MOON COLLECTION」をホビーショップ店頭で見つけたので箱買い。
12個入りで11種+シークレット1種とあるので重複するものは無い。そのシークレットはネコアルクとのこと。

20130307
適当に開封した上で、以前にも触れたように思い立ったらすぐ使えるよう収納し、整理整頓をしておきたい。

TYPE-MOON関連キャラクターのねんどろいど化は非常に多いが、立体化されるキャラクターに偏りがあると思える。
セイバーのバリエーションの多さは一体どうしたことなのだろうか。今回も12種類中3種と25%のセイバー混入率だ。
個人的には他のTYPE-MOON関連キャラクターの立体化を希望してしまうが、そこは他力本願ということで。

もう少し出回ってきたら改造用に別途、何匹か買い足しておこうと思う。

検討課題
・色移り防止用のビニールは丁寧に除去する
・各部品を外すときに無理にこじらない

知也さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
ワークブーツとはいえ長い年月をかけ丁寧に、修理と修繕を重ねながら履き込むことは楽しいものです。
脱いだブーツの匂いを嗅いだ猫がマジギレするくらいになると、自分好みに「育てた」と実感できるような気がします。

2013年3月 6日 (水)

境耘閣 新館 浅草橋 麻婆豆腐

東京マラソンの参加者に声援を送り、喉も渇いたのでコース沿道で見つけた店に入ります。

20130306_001
本番四川マーポー豆腐定食。
麻婆豆腐、ご飯、スープの他にザーサイと豆腐、杏仁豆腐もセットされます。ボリュームたっぷりです。
辛さはマイルドです。汁っけの多い麻婆豆腐ですが、硬めに炊かれたご飯に程よく合いモリモリ食べられます。
たいへんおいしゅうございました。

20130306_002
本番?栗橋や越谷のことではありません。メニューの表記でそうなっています。ビールも飲んで満腹です。
魅力的な単品の小皿料理をいくつか頼めば良かったと満腹の腹をさすりながら後悔します。

検討課題
・本日のおすすめも注文してみる
・店長のおすすめは得てしてハズレであることを知る

2013年3月 5日 (火)

入谷から浅草橋

2013年2月24日、前日の陽気から一転して冷たい風の吹く日曜日、バス移動で歩き損ねた箇所などを歩き直します。

20130305_001
入谷駅から言問通りを行ったり来たりしながら浅草方面に向かって歩きます。合羽橋界隈は日曜なのでスルーします。

20130305_002
ひさご通り商店街。アーケード街につながる横道に何かないかと探るようにジリジリとゆっくり歩きます。

20130305_003
伝法院通りあたりの煮込み屋に入りたい気持ちをグッとこらえ、呼び込みの声を聞かないように早足で通り過ぎます。

20130305_004
雷門を浅草寺側から撮ってみます。参詣にきた人々と視線合いまくりで何とも言えない気持ちになります。

20130305_005
この日は東京マラソン。雷門交差点でランナーが右折するため、雷門交差点と吾妻橋交差点と駒形橋西詰交差点を
結んだ三角形の周辺は応援する人々で溢れ、歩行も困難なほどの混雑ぶり。移動に一苦労する。

20130305_006
江戸通りをダラダラ南下しながらランナーに声援を送ってみる。ニッコリ笑顔で応えるランナー、ゼハーゼハーとして
息絶え絶えでそれどころじゃない状態のランナー、自慢の仮装を強風に煽られてヨタヨタするランナーと多種多様。
30km地点での足切りと収容を終え、交通封鎖を解くまでなんとなく見続ける。

20130305_007
遅めの昼食をとり、浅草橋駅で鉄分を補給して終了。

検討課題
・疲れるからと走ることを拒まない
・いざ走るとなったら入念な準備運動を怠らない

2013年3月 4日 (月)

京香房 新御徒町 麻婆豆腐

新御徒町といえば鰻の「やしま」ですが今回は麻婆豆腐です。
ランチメニューにあった麻婆ライスと半ラーメンのセットを食べてみます。

20130304_001
麻婆ライスとモヒート。
辛くないです。それでも盛りの良さから完食する頃には少しばかり汗をかきます。
ニラに混じってピーマンが入っており、その青苦い味がアクセントとなっているため食べていても食べ飽きません。
モヒートとはいってもミントを使っているわけでも無く、チューハイ的な飲み物です。そのジョッキが全てを物語っています。
たいへんおいしゅうございました。

20130304_002
半ラーメン。
味は薄めでヘルシーさを感じます。とりあえずラー油をダバダバ入れ、自分好みの味に調整したのち完食しました。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・残すか食べるか迷ったときは食べる
・中華料理だからって当たり前に残さない

2013年3月 3日 (日)

牛田から御徒町

2013年2月23日、気温も低くなく、風も強くないと予報されていたので歩きます。

20130303_001
牛田駅で下車すると京成関屋駅を見ることになります。雨が降ればこの僅かな距離でズブ濡れになる横断歩道に
アーケード的な屋根を作って欲しいと常々思ったりするのです。車の往来も激しいので地下通路でもいいです。
濡れたくないのです。この駅を使うことは5年に一度あるか無いかで、今まで雨に降られたことは一度もありませんが。

20130303_002
乗りたくなります。看板の指示に従い船着き場を目指します。

20130303_003
乗れません。どこぞのローカル線もかくやと思ってしまうほどの難易度の高い発着時刻表です。再挑戦を希望します。

20130303_004
仕方ないので千住汐入大橋を渡り、隅田川沿いを白鬚団地や渋滞する首都高向島線を眺めながら歩きます。

20130303_005
高専やガスタンク周辺をウロウロします。戦後になってから建てられた波板トタン板の家をいくつか観察します。

水上バスに乗れなかったので南千住で[上46]東部ひろば館から都バスに乗ります。

20130303_006
浅草を経由したり、時刻も昼時に近いなどいろいろあって無料パスを利用できる都民の乗客が大勢乗ってきます。
発車と停車のたびにフラフラするさまを見るにつけ、いたたまれなくなり席を譲るでも無く菊屋橋で降ります。

そのまま上野の名店には寄らず、佐竹商店街方面へ向かい戦前からと思われる銅板建築を見たり撫でたりします。
上記の銅板建築を建てた正確な時期は把握していません。もしかしたら戦後の建築物かもしれません。適当です。

20130303_007
秋葉原近くで赤煉瓦を堪能します。建物本体の外装は赤煉瓦風タイルになっており興ざめです。解っていません。

20130303_008
中途半端なまま御徒町に戻って帰ります。

検討課題
・途中で見かけたチョウザメ釣りにいつか挑む
・川辺を歩くときは犬の落とし物に注意する

2013年3月 2日 (土)

GAFFE Toyota Rav 4 proto T3 AD Sport Dakar 2004

昨年、名古屋の名店を通じ取り寄せたキットに手を出します。
何にせよ自ら手を動かさないことにはいつまで経っても完成しません。相変わらずの乱れ撃ちではありますが、
そろそろペイントで手を汚す作業もドンドンこなしていかないと山の頂は高くなるばかりでございます。

20130302_001
ザッとバリなどを削り落とします。
リアデフ周辺の組み付けに若干の不安を残します。行き当たりばったりで対応しようと見なかったことにします。

20130302_002
ボディとシャーシは東武白。ホイールは京急バーミリオン、消火器と牽引フックは西武レッドで塗っておきます。

他の仕掛品と合わせ、適当に乾燥したらデカールを貼っていくことにします。
5月の連休頃にクリアーコーティングの工程に進めることを目論みます。

検討課題
・思い入れのない車を作るときは資料を探さない
・キット同梱の説明書を唯一の手がかりとする

2013年3月 1日 (金)

神保町駅前 3月

靖国通り沿いのガードレールに取り付けられた横断禁止を訴える警告表示。

孫に当たるであろう人物から老人に対してのメッセージ風となっている。
子供的表現として平仮名を多用しているのか、老人の識字率を鑑みて平仮名を多用しているのか訝しんでしまう。

20130301
この場所以外にも設置されるであろう掲示物の内容について、関係各位による決定プロセスがどういったもので
あったのか下衆の勘ぐり以上に興味がある。少なからず製作には市民の税金が用いられていることであるし。

何も無理に難しい漢字を使うこともないが、平易な漢字表現でも平仮名を用いる昨今の風潮にも疑問を抱く。
平仮名で書けば誰かが溜飲を下げるのだろう。無用な軋轢を避けるため、言われたとおりにするのも処世術です。

しらばっくれて「おっしゃるとおりでございます。」と慇懃無礼に言うヤツを殴りたくなる堪え性の無さを反省します。

検討課題
・難しい漢字を読めるようになる
・難しくない漢字は書けるようにする

知也さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
溢れ出るミナルディ愛、いったい現在の日本国内でどれほどの人の心に響くことになるのでしょうか。
いつの日か学校教育の教材として取り上げられ、児童たちが教室で声高らかにミナルディの戦績と逸話などを
唱和する素敵な時代がやってくることを密かに願ってやみません。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »