2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月30日 (日)

日本橋から神田

2013年6月23日、体調は復調し、首筋に残るこわばりも軽減された感じもしてきたので歩きます。

20130630_001
前日の6月22日に歩きたいと考えながら、土曜日の天候は不安定になるとの予報もあり、天気に振り回されるのも
嫌なので、晴れの確率の高かった日曜日に地味な目的もこなすため銀座界隈まで含めフラフラ歩き回ります。

20130630_002
業界統一書式かと思っていたのは勘違いで食品メーカー、食材商社の販促物的ポスターでした。
しかも「〜始めました。」の一文も無い。もしかしたら豊富なバリエーションが他にもあるのかもしれない。

20130630_003
中央通り京橋交差点から銀座方面を見る。信号が全て赤で点灯される。なんともなしに清々しい気持ちになります。

午前中から体感気温で30℃を超えたような気もしたので、エクストラコールドバーで水分補給を兼ねて飲みます。
ドライだけでは物足りなかったので黒ドライも飲み足して腹の中でハーフ&ハーフにしておきます。

20130630_004
俺の!

20130630_005
俺の!!

20130630_006
俺の!!!
上記2店舗は料理の由来を示すように国旗柄があしらわれています。こちらの店舗にはそれが示されていません。
いっそ日章や旭日をあしらった図案を盛り込み、魔除けとすればいいのにと他人事全開で無責任なことを考えます。

20130630_007
数寄屋橋交差点の角地は工事中。アウトドアショップが移転したようで足も遠のきます。

20130630_008
東京中央郵便局にも立ち寄ります。
ザッとテナントを見ると昼から飲める店も、麻婆豆腐を供する店もないようなので立ち寄る機会は少ないと思います。

20130630_009
東京駅も内部をゆっくり見て歩きたいと思いながら、なかなかタイミングを設けることができていません。
泊まりがけでもと企てたい気持ちもありながら面倒が先に立ってしまいます。

20130630_010
神田駅前のカレーショップ。なんだかどこかの政党のスローガンのよう。
この日、投票の行われた東京都議選は、埼玉住まいの自分にとって関わることのできないイベントのためやはり他人事。

検討課題
・中元選びは試食と実食を繰り返しながら決める
・熱中症予防のためこまめに飲むことを意識する

2013年6月29日 (土)

Go West! June

あてはあるような無いような感じだけど、梅雨真っ盛りのなかとりあえず行くぜ!

20130629
たまにはそんな感じでフラフラしてきます。

検討課題
・寄るべき場所では目的を果たす
・時間に余裕を持って行動する

kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
大胸筋サポーター外したらいいですか?外したら許してもらえますか?

2013年6月28日 (金)

ねんどろ 購入

すっかり時機を逸した感はあるものの、遠出を前に使えるか否かを判断するため箱から引きずり出してみる。

20130628_001
パッケージレイアウトも変更された初音ミク 2.0。詳細は各レビューで既報であるため割愛する。

20130628_002
単品で見ると従来品との差違は感じにくい。

20130628_003
左の従来品と並べると、2.0の方が若干シュッとした印象を持つ。

20130628_004
顔パーツを付け替える。アホっぽさだけなら好みもあるが、従来品の圧勝のような気がしないでも無い。

20130628_005
今回、大きな変更となった首回りの接続であるが、アタッチメントをどうにかするだけで旧シリーズにも対応可能と
なっているので、うずたかく積み集めた旧シリーズを慌てて廃棄処分する必要は全くない。

顔パーツの付け替え作業が簡便になることで屋外での運用は非常に楽になる。
これまで付け替え作業中に顔付近にある部品を落下、紛失することで落胆したことも一度や二度じゃ無い。
ただ、上記の通りアホっぽい顔の強みもあるので今しばらくは、旧シリーズを使い倒そうかと考える。

検討課題
・部品を紛失し悔いるならサッサと買い増す。
・いろんなタイプを満遍なく使う

2013年6月27日 (木)

BD! BD!

模型製作の参考資料ということでもなく買い揃えます。

20130627_001
音声切替を堪能するには三度、四度と視聴を繰り返す必要があると思われます。
豊富な特典映像なども盛り込まれているため、全て視聴するとなると多大な時間を費やすことになりそうです。

20130627_002
薄手のケースには各巻に付随する「鑑賞の手引き」をはじめとする付帯資料を収めることができます。

ディスクが摺り切れるまで何度も視聴したら、いよいよ野望完遂に向けた模型製作に移りたいと思います。

全ては38(t)戦車のために。
本当にそうか?

検討課題
・収録内容は一応全部視聴する
・続編など出たらとりあえず手に入れる

2013年6月26日 (水)

Jemmpy RENGE RAYMONDEIS LECLERC DALAR 1989

戦車モデリングを楽しんでいたせいか、ウレタンコートは硬化しているのに放置しっぱなしだったヨンサンを
完成に向けてチマチマと組み立てます。6月中に完成させる目論見は何となく達成できそうにありません。

20130626_001
Jemmpyのキットを購入すると高確率で同梱されてくる共通エッチングパーツ。
車両ごとの専用パーツではないため問題なく使える部品は決して多くありません。
特にウィンドワイパーの部品は使いにくいのです。また、部品間も狭いため切り出す際に難儀します。

20130626_002
適当に見繕ったTAMEO社製ウィンドワイパーの部品を取り付けてみます。
ワイパーアームとワイパーブレードのそれぞれが長く、助手席側のワイパーは窓から大きくはみ出してしまいます。

前窓上部の日差し除けステッカーは、貼る順番を間違えたため中途半端な状態で貼り付けられることとなりました。
簡単に言えば見積の甘さからの失敗ということです。

20130626_003
再度適当に見繕ったTAMEO社製ウィンドワイパーの部品を取り付けてみます。
こちらの方が前者よりも全体に短くできているため、窓からはみ出すこともなく良い感じのような気がします。

20130626_004
マッドフラップも用意します。
面倒なので省略したかったのですが、ここに貼られるデカールもあったため、カッティングシートの粘着材を落とし
共通エッチングパーツに含まれる矩形の部品でブラケットを表現するため、折り曲げて接着しておきます。

梅雨時のスプレー塗装が上手くいかないこともあるので、半完成を完成にするべく製作を進めようと思います。

検討課題
・使えない部品も後生大事にとっておく
・汎用部品はできるだけいろいろ揃えておく

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
ラングとは違ったヘッツァーの「寸詰まり感」は、なかなか良い感じのように思えてきます。
イタレリデビューはヘッツァーでしたか。私はシャーマン回収車でイタレリデビューを果たした憶えがあります。
そして、イタレリといえばやはり「じてドイツ」に限るとオッサンは思い起こしてしまうのです。

2013年6月25日 (火)

TAMIYA 1/35 Jagdpanzer 38(t) Hetzer Mittlere Produktion

今回の主題とも言えるロコ組に向け、さらに接着できそうな小部品を手当たり次第に取り付けていきます。

20130625_001
履帯部品は説明書を見るでもなく、こういう配置なら自然な感じになるかなと思いながら適当に接着します。
結果として、一コマの履帯部品が2個連続する箇所を1個詰めたり、そのせいで隙間の生じた別の箇所に1個埋めたりと、
無理矢理でもなく辻褄を合わせてオッケーとします。そして、初挑戦にしては上出来と自画自賛し、達成感を味わいます。

20130625_002
履帯は全ての転輪に接していないため、常に不安定な状態です。裏面となる車体側から溶剤を流し込み、より強固な
履帯と転輪を固定を目指します。流動性の高い溶剤は表面にも流れ込み、レロレロになってしまいました。ここで失敗。

反省点を箱裏に書き記しながら、もう少し小部品を取り付けつつ、塗装工程に移りたいと画策します。

全ては38(t)戦車のために。

検討課題
・条件をクリアしたら手癖になるまで繰り返し習練する
・余る部品があってもオタオタしない

2013年6月24日 (月)

麺覇王 末広町

店舗住所は湯島となっていますが、最寄り駅となる湯島駅、お茶の水駅、末広町駅のなかから店舗までの最短距離は
末広町駅だったため、タイトルへはそのように記載します。

こちらをご覧の方から稀に「おまえはいつも麻婆豆腐ばかり食べているのか?」と、直接お目にかかった際に問われる
ことがあったりします。もちろん答えは否です。そうは言っても私自身、麻婆豆腐は好きなので週8回くらいは食べています。
一週間の食事の回数は誰しも35回以上ですから、麻婆豆腐を週8食べていても確率は25%以下になり、決して多くないと
いうことが分かります。もう少し回数と量をこなしたいと考えるも最近では食も細まり、なかなか思うようにいきません。

20130624
台湾ラーメンと五目炒飯。
真珠粉入り薬膳スープと書かれた台湾ラーメンはサッパリした塩味で、食べていてくどさを感じることはありません。
五目炒飯はパラパラになるまで炒められていないため、レンゲですくやすくポロポロとこぼすことなく食べられます。
ランチタイムのセットメニューは控えめな量と味付けで、通い詰めても食べ飽きることがないと思います。
たいへんおいしゅうございました。

体調不良の現在、強い刺激を避けるだけの分別と自制心の芽生えを感じ、大人になったとしみじみ実感します。

検討課題
・名物と謳ってるものを最初に外す
・入った瞬間失敗と思ったら引き返す勇気を発揮する

2013年6月23日 (日)

末広町から日本橋

2013年6月15日、午後から荒れ模様との天気予報のなか、痛む体をなだめながら少しだけ歩きます。

20130623_001
銀座線は走っている場所の良さもさることながら、地上への移動距離が少ないので非常に便利に使えます。
これが大江戸線や、南北線では地中深くまでゴンゴン降りて行かねばならず、とても不便に感じてしまいます。

20130623_002
裏参道も堂々としたものです。

20130623_003
夏越大祓式に向け、茅の輪が設置されていたのでくぐっておきます。体の痛みが和らぐことをソッと願います。

20130623_004
レモンを投げましょうか、レモンで買い物をしましょうか。

20130623_005
小川町駅近くの神田美土代町にあったアンテナショップ?通りがかった日はシャッターを下ろしていたため、どんな
店なのか確認出来ず。茨城県のアンテナショップは銀座にもあったはず。

20130623_006
夏の訪れを告げる貼り紙。
以前は、業界で統一された告知貼り紙を使用していたように記憶しているが、最近はそういったことをしないのだろうか。

20130623_007
結局、天気は崩れること無く、天気予報に振り回されることとなる。
日本銀行の前を歩きながら速やかな景気回復を願い、監視カメラに向かってダブルピースを送ってみる。

検討課題
・アベノに続く言葉で人を判断しない
・用は無くとも画材店にはたまに行くようにする

知也さま
ご訪問、お気遣いありがとうございます。
アクシデント直後はどういうわけか痛みを感じにくくなるのが不思議でなりません。
数日後、あるいは季節の変わり目になって初めて、痛みを感じだすこともあるので暫くは様子見をしようと思います。
何はなくとも健康一番です。知也さまもどうかご自愛ください。

デモドリさま
ご訪問、お心遣いありがとうございます。
災難がこれで打ち止めであれば喜ばしい限りです。もしかしてこれが災難続きの序章であったらどうしましょう。
後半戦に災難を持ち越さないよう、なんとかしたいと考えたり何だりしようと考えます。

2013年6月22日 (土)

体調不良 After

弱り目に祟り目をその身をもって思い知ります。
雨に濡れた階段の縁に足下をすくわれ滑り、派手に転倒する事態となります。
掌をつき受け身をとるか、空中大回転で危機回避するかを迷うも重力には勝てず、階段に必殺のエルボードロップを
お見舞いします。その後、階段を数段にわたりテンテンと尻餅をつき、滑りながら落ちていく様はまるでマンガのようで、
端から見てればさぞ面白い光景であったことだろうと、地面に蹲りながら痛さと恥ずかしさのなか余計なことを考えます。

20130622
肘に打撲、首筋から脇腹にかけてこわばりを残します。激しいマッチメイクの割りに骨にダメージが無かったのは幸運。
とりあえず行ってみた医者から処方されたのは湿布薬のみなので、取り立てて重症でもないと楽観したりします。
この湿布薬、紫外線に反応しやすく、少しばかり肌のかぶれやすい自分にとっては使うことを躊躇するものなのです。
使用はもう少し様子をみてからにしようと半袖の季節なりのジレンマを感じつつ、更にジッと潜むことに専念します。

検討課題
・天候に合わせた足ごしらえを心がける
・ダメージの少ない受け身と着地方法を会得する

2013年6月21日 (金)

ねんどろ 購入

通常サイズのねんどろミクダヨーの発売が遅れているため、店頭に並んでいたこちらを購入し無聊を慰める。

20130621_001
厳密には箱絵に書かれているように「1/8 Scale Real Figure」となっているので「ねんどろ」ではない。

20130621_002
なんともいえないバランス。ある意味、実物の再現性は高いと思う。そして自立は非常に困難だったりする。
髪の毛にあたる部分はモサモサした素材の何かで覆われている。地面に落としたり、水没させたりは厳禁だ。

20130621_003
各サイズのバリエーションと一緒に見ていると感覚の麻痺を感じる。オリジナルはどれだ?

20130621_004
上記の通り、屋外での運用には細心の注意を求められる。今後、どう使うのが適切なのか考えないといけない。
屋外では通常サイズのねんどろミクダヨーを使いたいと思うので、いずれ入手しておきたいと思う。

検討課題
・扱いに困ったら丑虎あたりに安置しておく
・安定させるために下半身にデブコンを詰めない

ストーンワーゲンさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
事前に製作者様の許諾を得ず、製作者様の詳細を記することなく掲載したことをお詫び申し上げます。

現在、マイブームとして数十年ぶりに訪れたAFVモデリングの参考にすべく、先日の静岡ホビーショー会場において
展示されていた作例のなかから、特に気になった塗装表現を施してあった作例を中心に掲載させていただきました。
まだまだリハビリ期間であり拙作を積み重ねる状態ですが、今後ともご笑覧いただければ幸いです。

2013年6月20日 (木)

TAMIYA 1/35 Jagdpanzer 38(t) Hetzer Mittlere Produktion

あたりの様子を窺いながらソロソロと製作に着手します。

20130620_001
適当に思いついたパーツを指定された箇所に接着していきます。
嵌め合いにルーズなところは無く、日頃から何事も曖昧にしたまま人生を送る自分には気持ち悪ささえ感じるほどです。

現状、まだまだ習練を重ねることを目的としているため、各部のハッチは全て閉じておきます。開放部は無しです。

20130620_002
戦闘室上面の工作に四苦八苦します。
赤矢印:双眼鏡の付くハッチを閉じた際、接着剤がはみ出てしまいました。
青矢印:指定の通り組み立てたつもりで盛大な隙間を生じさせてしまいました。
ダメだった部分は修整など施さずそのままにし、戒めにしておこうと殊勝な態度をとりつつ手抜きをします。

穴と見れば深く穿ちたがり、パネルと見れば開口せずにはいられない性癖を持つモデラーも少なからずおります。
逆に私のように可能な限り面倒を避けたがるモデラーもいるにはいるので、できれば全閉状態の別部品を用意して
おいてくれれば良いのにと、自らの未熟さを棚に上げ、世界の田宮に昂然と八つ当たり気味の要求をしてみます。

20130620_003
もう少し部品を接着していきます。
板バネ部分のパーティングラインは削りきっていません。チマチマとした作業は大嫌いです。

スプロケットホイールを固定する車体側から伸びる軸は、ユルユルになるまで削って細くしておきます。
ロコ組に挑戦する都合上、ホイールと履帯を丸ごと取り外せるようにしておきたいからです。

さらに接着できる細かい部品を接着したら、深呼吸をして履帯部の工作に取りかかります。

全ては38(t)戦車のために。

検討課題
・ボンドと掛け声はタップリで
・スムーズに作れることを素直に喜ぶ

2013年6月19日 (水)

体調不良

何の冗談だ。
そんなものは気合いと飲酒、根性と飲酒、頑張る気持ちと飲酒、とにかく飲酒でどうにかなると信じています。

だいたい今ごろの梅雨時になると体調を崩しやすくなります。理由はじゅうぶん過ぎるほど自覚しているのです。
A:ネイキッドスタイルで寝て、払暁の気温低下に丸出し故に対応できず体を冷やし体調を崩す。
B:ネイキッドスタイルで寝て、深更の暑さに耐えかねエアコンを使うも冷やしすぎて体調を崩す。
どちらかが常に原因となり、何年も繰り返しているのに学習をすることなく同じ轍を踏みまくることとなります。

20130619
それも本格的な夏を迎える前の恒例行事であり、この時期に体調を崩すことで季節の移ろいを感じたりもします。

復調を目指し伏せるとともに、場合によっては医師のもとへ行ったりもします。これが難敵。
短い時間の診察と診断により処方される薬剤。これを服用し、薬効を確認するまで飲酒を控えなくてはなりません。

これではせっかく買った酒も飲めやしない。飲酒と飲酒と飲酒で何事にも対処してきた我が身にとっては辛いのです。
速やかに復調させ、飲酒三昧を堪能し尽くす夏らしい生活に戻らなければと自重しながら暫しジッとします。

検討課題

・パジャマを着て寝ることを心がける

・錠剤を噛み砕いて味わわない

2013年6月18日 (火)

GAFFE Nissan Terrano T1 Delavergne Granada Dakar 1995

なんとも意図を測りかねる大判の青デカールの貼り込みも終えたので、順次、細かいスポンサーデカールを貼っていきます。

20130618
左フェンダーにあるKENWOODはレロレロになってしまっています。
車体上面と、両側面に貼られる踊り子は密着させるため切り刻んでいるのでタッチアップをしておきます。
ボンネットのGITANESはいくつかの作例で車体側面同様、斜めに貼られているものもありましたが、キット付属の説明書と
GAFFE社の作例では水平に貼られていたのでメーカーを全面的に信用して水平になるように貼ってみました。

キット付属のデカールは、いくつか貼る必要のないと思われるスポンサーも印刷されています。
もしかしたら不鮮明でゲバゲバなコピーのせいで確認できないだけかもしれませんし、車体内部に貼るのかもしれません。
もちろん面倒なので詳細を調べることもせず、そのまま余剰として放置します。

後ほどデカール定着のためのクリアーを吹いておきます。

検討課題
・無理に調べるより軽く流す
・スポンサー繋がりで作ってみる

2013年6月17日 (月)

烏山線 小塙駅

2013年6月8日、今年2月に訪れ、気に入った小塙駅に何の事前準備もなくチャラっと撮りに行く。

20130617_001
夕焼けにはまだ早い17時という時間と、曇天の空模様と相まって思っていたような照り返しを得られず。

20130617_002
季節が変われば光の向きも変わる。事前準備の無さが露呈する。

20130617_003
次の列車まで1時間空くことから簡単に撮って即撤収。
たまたま田んぼに接する築堤のり面を地元の農家の方が除草されており、草ボーボーの悲しい画面にならずに済んだ。

20130617_004
烏山駅前には廃線となったと思われる路線のバス停が集積されていた。
古くから使われてきた「つばめ」マークの国鉄バスのバス停も奥に確認できる。古いバス停の方は手のかかった物だ。

検討課題
・少しは準備していく
・無計画でもなんとかする

2013年6月16日 (日)

ねんどろ

ねんどろ数匹を握りしめ行った先で場当たり的にやらかすのも楽しい。

20130616_001_2
鳥居を眺めおろす。

20130616_002
灯籠の空洞から。

20130616_003
阿形の狛犬と共に口を開けて。

20130616_004
ヤツらは木の股から生える。

検討課題
・薄暗い感じの中で撮ってみる
・何匹も使う際の効率的な運搬を考える

2013年6月15日 (土)

株式会社島崎酒造 東力士 夏 純米吟醸

栃木県北部において古くから親しまれている東力士を買いに行く。

20130615_001
通常の東力士・純米吟醸と瓶などを変え、洞窟酒と書いたラベルも貼られる。
どこらへんが「夏」なのか確かめるためにも早いとこ飲んでしまいたい。

20130615_002
夏にごり 清酒
併せて購入してみる。奥の松のにごり酒のような発泡性はないとのこと。たっぷり冷やしてから飲んでみたい。

20130615_003
烏山駅から徒歩でいける場所に蔵もあり、時期によっては蔵の見学もできる。もちろん各種試飲もできる。

検討課題
・日本酒もロックで飲んでみる
・時間をとって蔵見学もしてみる

2013年6月14日 (金)

那珂川町馬頭広重美術館 溪斎英泉展

2013年6月8日、所用あって栃木県北部へ向かう。用事を済ませた後に思いついて立ち寄ってみた。

20130614_001
町村合併前は「馬頭町」と呼ばれる土地であり、美術館の名称に旧町名を留める。
そしてその美術館は、広重といえばの馬と鹿をあしらった落款をシンボルマークとしている。
収蔵品の多くは青木コレクションから寄贈された歌川広重の浮世絵などであり、それらを中心に展示されている。

20130614_002
美術館は先ごろリニューアルされた歌舞伎座周辺施設も手がけた隈研吾氏による設計。
オープン当時は屋根の材木も白く、清々しい印象だった。開館から10年以上を経て今では風格さえ感じる佇まいだ。

20130614_003
館内内部の桟などはまだ白く、開館当時の様子をわずかに残し伝えている。

20130614_004
訪れたときは、春季特別展・ゴッホ生誕160周年「—ゴッホに愛された花魁— 溪斎英泉展」を催していた。
ゴッホの「タンギー爺さんの肖像」や「花魁」で描かれる元となった溪斎英泉作「雲龍打掛の花魁」などの浮世絵を
展示している。また遊郭の遊女の一枚絵もあったりで、さながら江戸時代のピンナップ揃えといった感じ。

溪斎英泉展の会期は6月30日まで。

検討課題
・都バス上46と草64を究める
・故隆慶一郎氏の著作をたまに読み返す

2013年6月13日 (木)

SCI-FI REVOLTECH [SERIES No.044] THUNDERBIRD 2

空想科学フィギュア大全集 特撮リボルテックと銘打たれたシリーズから発売されていたので購入。

自分が小学生だった頃は、夏休みになると午前中はサンダーバード、ウルトラセブン、ピュンピュン丸などの再放送が
定番であり、昼時の「あなたの知らない世界」を見るまで宿題もせず、どっぷりテレビ漬けだったような記憶がある。

20130613_001
リボルバージョイントと呼ばれるフィギュアの姿勢固定を容易にする球体関節が用いられているという。一体どこに?

20130613_002
コンテナ着脱時に機能する伸縮脚の本体側根元に球体関節を装備する。付属する伸縮脚は伸縮しない。
なので伸縮脚は常に伸びきった状態であり、コンテナが機体に半分ほど埋まった状態の再現はできない。
それでも、誰もが心に刻むコンテナから4号を産む2号の貴重な産卵シーンの再現はできるので安心して欲しい。

20130613_003
やぁ! 球体関節を自由に曲げることで大型メカも元気に立ち上がることさえ可能になる。
互換性のある関節ジョイントのサイズが合えば、同シリーズの美少女フィギュアと合体させることもできるだろう。
いままで誰も見たことのないサンダーバードを生み出し、新たな地平を切り開ける。遊びの幅は広がるばかりだ。

20130613_004
このように、生まれたての草食動物のような不安定な姿勢も思いのままだ。

20130613_005
緑色の機体で小型メカを格納する日英代表を並べてみる。
7月には機体をメタリックグリーンに塗装されたサンダーバード2号も発売予定になっている。
何かの刷り込みか、自分はサンダーバード2号のメタリックというと、メタリックブルーを思い浮かべてしまう。

各コンテナの発売を期待したいが、リボルバージョイントの使いどころも無いので望み薄か。

検討課題
・トレーシーの旦那の家族構成を詮索しない
・秘密基地のキットを確保だけしておく

信濃町在住者さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
フリウルの履帯は亀のマークを掲げたヘッツァーに使ってみようと考えております。
まずはスチロール樹脂製履帯で習練を積もうと思いますので、悪戦苦闘するさまをご笑覧ください。

2013年6月12日 (水)

TAMIYA 1/35 Jagdpanzer 38(t) Hetzer Mittlere Produktion

邪悪な野望に向け、リハビリの段階を少しだけ進めてみます。

20130612_001
挑戦するのは安定のタミヤ。
フランソアな作例見たさにイタレリのキットを探すも入手できなったためというのが実際の理由。

20130612_002
履帯は軟質樹脂製と、スチロール樹脂製の選択式。今回は下記の企てもあるのでスチロール樹脂製の履帯を使います。

目的:
○ 38(t)戦車に少しだけにじり寄ってみる。

条件:
○ ロコ組に挑戦。
○ 下塗りはしない。
○ 過度に塗り重ねない。

20130612_003
箱はなんだか大き過ぎやしませんか?説明書の用紙サイズを調整すれば、箱は半分の大きさに出来るような気がします。
キットにはカラー印刷された迷彩塗装ガイドも添付されていますが、今回はイエロー1色でどうにかします。

全ては38(t)戦車のために。

検討課題
・サンゴーの手順を探す
・失敗することを前提にいろいろ試す

2013年6月11日 (火)

バンダイ Bトレインショーティー 東急電鉄 8500系 / 8000系

Bトレと呼ばれるシリーズでの専用セットである。
東急の主力車輌といっても差し支えないと思っている8000系を見つけたので購入する。

内容は先頭車と、中間車の2両セットとなっている。実際に運用されている10両編成をこれで再現しようとすると
中間車のために10セット用意せねばならず、結果、先頭車が余りまくるので2セットのみの購入に留める。

20130611
通勤で使う東武スカイツリーラインでの遭遇率も高く、よく乗車している。とにかく車内がうるさいのだ。
走行音そのものの轟音、扇風機とエアコンの空調機器からの送風音。車内での会話は困難であったりする。

早いところ5000系の車輌へ更新していただきたいと思う。積極的な沿線開発に比べ、鉄道事業は消極的以上に
とんと執着しない東急なのでいつになるやらだ。

いずれ消えゆくだろう車輌と言うことで思い入れもないまま作ってしまおう。

検討課題
・地方鉄道の東急車輌を愛でる
・青い線の8000系の写真を撮っておく

2013年6月10日 (月)

ワカコ酒 新久千映著 コミックゼノン/徳間書店刊

26歳の女性による独り酒の様子を描写する。
酒呑みの作法、うんちくなど語ることなく、まして人生訓をブチ挙げることもない。淡々と酒を飲み、肴をつつく。

20130610_001
主人公は飲んだ後の第一声に「ぶはー」でも「くーっ」でもなく、表紙にあるように「ぷしゅー」とこぼす。
飲むことでウエストゲートが開くようで、仕事や日常の憂さを開放してる感じにも受け取れる。
ゆるい感じがとても良いので、変な方向に流れないで欲しいと願う。

女性の飲み食い繋がりのコミック。

くーねるまるた 高尾じんぐ著 小学館刊

ポルトガルからの留学後、そのまま彼女にとって異世界とも言える日本に滞在を続ける主人公の食生活日記。

20130610_002
留学後の貧乏生活の描写となるが、無理矢理な節約マニュアル的なところもなく、それはそれで楽しみながら読める。
ポルトガル料理について思い浮かぶことが無いので、少し学習を兼ねていろいろ食べてみたいと思う。

更に異世界繋がりのコミック。

放課後のトラットリア 水口鷹志著 橙乃ままれ原作 フレックスコミック刊

料理部の女子高校生が異世界に迷い込み、行った先で料理をしたり、いろいろ食べたりする話し。

20130610_003
無事、彼女たちの暮らす日本に帰還できるかが今後のメインテーマとなろう。ざっくり「信長のシェフ」系といったところか。

近年、掲載をWeb上で行い、単行本化にあたっては別途、出版社から行うというスタイルが増えつつある。
結果として連載、編集、出版が全て違う場合もあり、最初に買い逃すと調べることが面倒になることもあり困ったりする。
Web連載になれば掲載誌の休刊、廃刊による連載継続が断たれる可能性も低くなるので喜ぶべきことと思うが、なかなか
自分自身が旧メディアにどっぷり浸かった身であるため、切り替えがどうにもスムーズにいかない。どうでもいいことだ。

検討課題
・注文時にはISBNナンバーを間違えずに伝える
・知らない漫画は度胸試しで買ってみる

2013年6月 9日 (日)

隆福 秋葉原 麻婆豆腐

電気街と呼ばれるエリアから少しばかり外れた昌平小学校近く、以前は萬珍酒家があった場所と思われます。
席数の多い店ながら、上記の立地のせいか訪れた土曜日の昼時にあって自分以外の客はいませんでした。

20130609_001
ビール。
飲んでおきます。ジョッキから溢れた泡は店員の不慣れか、店の心意気か判断に迷います。
たいへんおいしゅうございました。

20130609_002
小龍包。
大陸系の方だけで店舗運営を切り盛りしている店であればランチタイムのメニューにない単品を頼んでみます。
場所柄、電器製品を買い付けに来るアッチ方面の来客も多いでしょうから、多少の無理難題は軽くこなすはずです。
頼んでから配膳までに時間はかかりましたが熱々で、肉汁少なめな小龍包を食べることができました。
たいへんおいしゅうございました。

20130609_003
マーボー豆腐。
ランチタイムの定食セットにあるメニュー。
痺れの勝ったしっかりした味付け。だからといって舌や唇がビリビリと痺れ、午後の業務に支障を来すことはありません。
辛さも程よく、挽肉多めとあってご飯がすすみます。スープ、ザーサイ、杏仁豆腐が付きます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・無理難題を押しつけるチャレンジで中華店でオムレツとか頼まない
・本格を謳う中華居酒屋に過剰な期待はしない

2013年6月 8日 (土)

グレートジャーニー 人類の旅展

2013年6月1日、まだ行ってなかったので干し首を見に行く旅へ出る。

20130608_001
アフリカで発生した人類が、6万年の時間をかけて地球上に拡散していくさまを貴重な展示品と併せて見られる。
テレビ番組の企画と重なっており、展示品には各地の少数民族の生活用品なども多かったりする。

20130608_002
宗教観、死生観などの観点からの禁止項目なのであろか。
雰囲気を盛り上げるために「おおいたち」のごとき展示であれば納得もできようものだが、人骨の撮影は可能で、
皮膚の残るものはダメという境界を知りたいと思ってしまう。

20130608_003
とりあえず館内で偉容を誇っていたホッキョクグマ仁王立ちの剥製の様子など。
肝心の干し首。はるか昔の記憶との摺り合わせを行う。思っていたより小さく、サラサラヘアーだったことに気づく。
もっと黒かったような気もしたが、展示環境の違いと自らの勘違いだろう。

20130608_004
というのも物販コーナーにおいて、南米で発掘された約5000年ほど前のミイラを模した記念品が販売されたりするのだ。
パッケージには「ちんちょろちゃんフィギュア」と平仮名で書かれている。文化、文明の表記に対し尊敬の念を感じられない。
撮影は許可せず、展示の企画者は模型化して益を得ようとする。資本主義万歳だ。もちろん自分は買っておく。

20130608_005
納得できない気持ちを抱えたまま同時に展示されていた「江戸人展」も見学していく。
各地で発掘された江戸期の貴族、武士、町民の頭骨を中心とした人骨と、それを基にした復顔模型が展示される。
武士の歯並びの悪さに驚くとともに、全体の出っ歯率の高さに更に驚く。病気や刀傷の痕を残す人骨も目をひく。
こちらではミイラの展示は映像のみなので、骨に限れば思う存分、ストロボを使わないことを条件に撮りまくれる。

20130608_006
気を取り直して次回の深海展を楽しみに待つこととする。透明球体状の深海艇の展示があればいいなと思う。

グレートジャーニー展の会期は6月9日まで。江戸人展の会期は6月16日まで。骨マニアはレッツゴー!

検討課題
・現代利器の無い生活環境を想像する
・骨粗鬆症をかまずに早口で言えるようになる

KAWAKAMI(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
素早いズームとピント調整、ニョキニョキしないレンズなら不審がられることなくアップ画像獲得も容易です。
やはり数少ないこういった機会にSONY Cyber-shot DSC-TX20は真価を発揮するのだな、と実感した次第です。

2013年6月 7日 (金)

GAFFE Nissan Terrano T1 Delavergne Granada Dakar 1995

車体に基本となるカラーリングに相当するデカールを貼り付けていきます。
90年代、F1などでも用いられることのあった煙草の煙をモチーフとしたジタン独特のカラーリングです。

20130607_001
青い部位と、赤い部位をデカールによって表現します。面積的には青でカバーする部分が圧倒的に多いです。
車体側面のパネルラインなどをはじめ、細かい凹部にデカールを密着、追従させることが困難であったためナイフで
デカールを切り刻み、適宜どうにか辻褄を合わせていきます。

どう考えても青い部分をデカールで再現していくのはおかしいように思えます。
グリルやバンパー等は別パーツ化して、塗装工程を容易にしておけば車体カラーリングの白い部位と、赤い部位を
デカールで表現することもできたのではないかと、常に楽することだけを考えて製作する私のようなデキの悪い製作者は
考えてしまうのです。GAFFE担当者殿には八つ当たりをすると共に、デカールの構成の再考をお願いしたいと思います。

20130607_002
なんとなく水分が抜けきったら、デカールの密着不足を確認できる部分に軟化剤を塗り込み密着させます。

下地色の白が見えている部分をタッチアップしていきます。
青はキャラクターブルー、赤はキャラクターレッドを使っています。青は色調が一致していません。
赤に至ってはデカール色よりも濃色となってしまいました。パネル凹部など陰になる部分へのタッチアップとなることから
相変わらずの自分に対して甘々の及第点を与えておこうと思います。

塗料が乾いたら細かいスポンサーデカールを貼っていきます。

検討課題
・大判デカールも丁寧に貼る技量をもつ
・カラーリングやデカールの面倒さで作る車種を選ばない

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
お喜びいただけたようで何よりです。雑誌は何かの集まりの際にお持ちします。

2013年6月 6日 (木)

古雑誌

先日、巨匠からいただいたコメントを読み、霞がかった脳内に何かが閃きます。僅かにシナプスの活性を感じます。
本棚の前に無秩序に積まれた書籍と雑誌により、既に機能を失いつつある本棚に当たりを付け発掘してみます。

20130606_001
Hobby Japan 1984年6月号 ホビージャパン刊。
あるもんだ。捨てずに残しておいた30年前の自分の本能を少しだけ褒めてあげたくなります。

20130606_002
特集に沿い、松本州平氏により製作された惚れ惚れするようなラング L/48の作例。
当時のエッシー社、現行ではイタレリ社のJAGDPANZER IV AUSF.F SD.KFZ.162をベースキットにしています。

20130606_003
松本州平ギャラリーではシャーマン戦車を例にとり、ハードディティールアップについての御高説を拝読できます。
30年前でこの仕上がり。多くのモデラーに多大な影響を与えた素晴らしい作例を、誌面を通じてじっくり堪能できます。

諸々の障りもありますのでスキャン画像の掲載は控えさせていただきます。

20130606_004
この号で掲載されていた連載漫画は後日、株式会社大日本絵画から月刊モデルグラフィックス別冊として刊行されています。

20130606_005
更に本棚を発掘すると同年のバックナンバーとして、映画「THE RIGHT STUFF」を特集した11月号を残していました。
上記のノルマンディー特集に比べると内容に薄さを感じます。調べるとモデルグラフィックス誌創刊のタイミングに重なる
時期だったということを知ります。いろいろあったのでしょう。どうでもいいことです。

ペーパーメディアはどうにかしていかないとなりません。家屋が歪み始めてからでは手遅れになります。
溜まった古本、古雑誌などは意を決し、立米単位で迷わずにバンバン処分しないと隙間が生じてこないとさえ思えてきます。
これからの夏場は暑いので涼しくなったら手を付けたいと思うことにします。

検討課題
・本棚の整理整頓を怠らない
・資料は有効活用する

追記
戦車道ではなくリビ道について阿闍梨様がネタを振ります。そしてそれに巨匠が応えます。お約束の様式美というやつです。
それを眺めていたへっぽこは、空気を読むことなく浅慮のままに画像を貼り付けます。

Breastshoot
つまり、こうゆーほーでよろしかったでしょうか?

2013年6月 5日 (水)

珍味館 御徒町 麻婆豆腐

JR山手線、御徒町駅南側のガード下にある中国料理居酒屋。
店名から熊の手はじめ、日本ではなかなか食べられないと思わしきメニューが並ぶかと思いきや普通の中華居酒屋。

20130605_001
海老のマヨネーズ。メニューには富貴蝦仁と併記される。
味付けと衣はしっかりしている。大半の海老は尾部の殻を除去しきれていないため、独特の歯ごたえを楽しめる。
たいへんおいしゅうございました。

20130605_002
ビール。
枡にこぼれた酒の量、ジョッキに注がれた泡の量に一喜一憂してはいけません。わだかまる事なく飲み干します。
たいへんおいしゅうございました。

20130605_003
本格四川麻婆豆腐定食。
小鉢もいろいろ付いてはいるが、肝心の麻婆豆腐の味付けは全方位に対してメリハリのないものだったりする。
たいへんおいしゅうございました。

昼食や、帰宅時に一杯といった感じで利用するのには便利な感じ。
ドアを開け放しただけで空調を用いないムッとした湿気と温度の店内、ぬるい水、叫び渡る大陸語。本場感は満点。

検討課題
・短時間で見切りを付けない
・3時間は管を巻くつもりで飲み食いする

2013年6月 4日 (火)

初夏のスカイツリー

2013年5月25日、出掛ける際の乗り継ぎのためスカイツリー際を歩く。

20130604_001
いつもの通勤時でも半蔵門線は、東武線への直通運転をいともたやすく打ち切るので押上駅からスカイツリー駅まで
歩くことなど慣れたものになりつつある。この日はスカイツリー駅から押上駅までタラタラ歩くこととなった。

20130604_002
そのスカイツリー、開業からはや1年となる。ツリーへの入場者数は単純計算で1日あたりおよそ2万人近くになる。
もちろん天候などによって休業となることもあるため、営業日だけで考えれば1日あたり2万人を超える入場者だ。

なんとなく登ってみたいと思っても、それほど日々の入場者がいると思うと出掛けるのも億劫になってしまう。
天気の良い日など気まぐれに出掛けて、待つことも無く登れる日が早く来ますようにと祈ってしまいそうになる。

20130604_003
屋外の広場では何かのイベントを催しており、熊本の黒いヤツがせわしげに踊るでもない挙動をみせていた。

公共放送の1年がかりで放送を続けるドラマの主役に、ヤツの出身地の偉人ともいえる加藤清正、隣国の島津義弘、
いずれかが取り上げられる日の来ることを、受信料を負担する側の要望として強く願いながら足早に通り過ぎる。

検討課題
・お座敷遊びとか真剣にやろうと考えない
・高い所にはとりあえず登ってみる

せぶさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
静岡は会場スペースに対して出展するモデルサークル、模型メーカーが多いためかどうしても圧迫感を感じます。
結果としてモデルサークルの展示スペースに、しわ寄せが来ているようにも思えて残念でなりません。

揺れや震動、万が一のボディアタックへの対処、対応が可能であれば立ち歩く見学者の目線の高さで展示するのも
見やすくなる一手なのかな。と一介の観覧者としての意見を言ってみたりします。合同展では難しいところです。

国産メタルキットのリリースで活気づいてきた感じもする43業界です。その波に乗ってバンバン作りましょう。

2013年6月 3日 (月)

街路樹 After

今冬、最寄り駅から伸びる遊歩道において、見ている方が不安になるほどガンガン剪定された街路樹のその後だ。

20130603
剪定後数ヶ月で新芽以上の小枝の茂りを見せている。
日頃から下を向いて歩くことが多いせいで全く気づきこともなかった。旺盛な生命力にただただ驚くこととなる。

このまま再び生い茂り、樹木らしい外観に復活していくことは喜ぶべきだろう。
ただし、鳥たちが舞い戻ってこなければという条件付きになる。彼らの高所からの粗相は勘弁いただきたいのだ。

検討課題
・地面に粗相の痕跡を見つけたら警戒する
・憎いからと礫を投げない

2013年6月 2日 (日)

Go West! May 第52回 静岡ホビーショー お買い物

会場ではフリーマーケットも催されていたので買う気マンマンを漂わせつつ入場料を支払い乗り込みます。

20130602_001
過去に再版されたタイミングで買う機会を逸し、その後、重版されなかったため長らく探していた本書を手に入れる。
模型の製作資料としては微妙だったり、現在の参加車両についての追補等が無かったりと不満も無いわけではないが
ポルシェ、英国車と本棚に並べることが叶ったので満足することにする。

20130602_002
都内の模型店で欠品になっていたりしたアイテムをまとめて入手する。組立を考えると憂鬱になってしまう。

20130602_003
迷彩柄のデカール。
塗装で再現するのは面倒極まりない。細切りにしながらチマチマ貼り込んだ方がもしかしたら楽できるかもと思い購入。

20130602_004
迷彩柄のデカール。
同じメーカーのミスプリント品を格安で販売していたので練習用も含め数枚購入しておく。

会場併設の駐車場に車を置けたので心おきなく買い物をします。ヨンサンキットの販売は無く悲しい気持ちになります。

長々と続いた「Go West! May 第52回 静岡ホビーショー」の項はこれにておしまい。
気になった作例や、新製品などは折を見て適宜紹介することがあるかもしれません。

検討課題
・中古品に支払える限度のガイドを持つ
・箱絵で衝動買いは基本

2013年6月 1日 (土)

Go West! May 第52回 静岡ホビーショー ガルパン

自らが果たすべき課題の参考として、また今回、最も多いジャンルとなった感もあるガルパン関連を見学をします。
モデル名、製作者名など敬称略のうえ詳細は割愛させていただきます。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20130601_001
別棟には物販と、雑誌に掲載された作例の展示を行う特設ブースまで設けられる熱の入りよう。

20130601_002
38(t)。
限定品キットの作例。

20130601_003
38(t)。
赤金系の金色を用いた塗装により表現した作例。

20130601_004
38(t)。
青金系の金色を用いた塗装により表現した作例。スミ入れなど施してあり重厚感溢れる仕上がり。

20130601_005
ヘッツァー。

20130601_006
ヘッツァー。

20130601_007
JS-2。
冬期迷彩に塗装の剥がれと、汚れた部分。下地の緑を感じさせる塗装。

20130601_008
T-34。
冬期迷彩にあって純白ではなく、白っぽい白を表現する塗装。

20130601_009
4号戦車。
汚れと泥濘の付着は少なめ。

20130601_010
4号戦車。
汚れと泥濘の付着は多め。

20130601_011
マウスと疑似ヘッツァー。
最終回の名シーン。この後、バレー部員による名セリフ。

検討課題
・キットと映像のモデルが違っていても気にしない
・ブームが去ってからが本番

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
画面を通じての鑑賞ではなく、実物を直接見学することは何ものにも代えがたいものがあります。
願わくば珠玉の逸品は、メリージェーンのBGとともにミラーボールの照明付き回転テーブルでの展示であったのならと
詮無いことを夢想してしまいます。そして見学を終え、つくづく「生」は最高であると思いを新たにした次第でございます。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »