« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月31日 (土)

小海線 静

2013年8月24日、小海線で目的としていたキハ110と、キハE200を撮れたため余計なものも撮り出します。

20130831_001
野辺山駅。駅舎の前に置かれた看板には「最高駅」との表示。
訪れた日は、近在の国立天文台 野辺山の年に1回の特別公開日とあって駅前は天文マニアでごった返す盛況ぶり。
自分自身は天文について語る知識もないので、見学者のための臨時列車を見られたことに喜ぶ程度の反応しかない。

20130831_002
駅舎北側のサイン。記念撮影をする人もなく、大きなサインなのに見過ごされている感が強い。

20130831_003
駅前の公園に置かれた蒸気機関車C56 96。お子様向け英才教育として運転台に登れるようなアトラクションは無し。

20130831_004
鉄道最高地点と隣接する鉄道神社。動輪、輪切りのレール、犬釘と鉄道関連のいろいろ多数。
合格祈願を主とする願掛けの絵馬をしばらく眺める。当世流の名前の多さに驚く。本当に人の名前かと思い驚く。

20130831_005
清里駅。駅から降り立てば避暑地に来た感じを満喫できそうな、できなさそうな。

20130831_006
清里駅の駅前にも蒸気機関車C56 149が置かれる。こちらも運転台への侵入は固く拒まれている。

今回は、海瀬駅あたりから小淵沢駅方面へ向けて南下する行程となったが、次の機会には小諸駅方面に向けて北上
する行程でいろいろ見て回りたい。小諸の懐古園にも興味を持ちながらなかなか訪れる機会を作れていないし。

検討課題
・撮りたい場所を塞ぐようにする人がいてもジッと待つ
・裏に回った見たり少し離れた場所から見たりしてみる

2013年8月30日 (金)

小海線 動

2013年8月24日、避暑地でのメインイベントとばかりに小海線沿線をフラフラします。

20130830_001
八千穂駅〜海瀬駅間。小諸方面から八千穂駅への進入。ハイブリッド車に初対面。

20130830_002
高岩駅〜八千穂駅間。小淵沢方面から八千穂駅に向かうキハ110。

20130830_003
清里駅〜野辺山駅間。何のマーキングも無いが「鉄道最高地点」を通過するキハE200。

20130830_004
鉄道最高地点を過ぎ、野辺山駅に向かうキハE200のバックショット。モウモウたる煙を吐くハイブリッド車。

20130830_005
小淵沢駅〜甲斐小泉駅間。背後の山並みは雲に覆われ、全てボンヤリ。

曇り空ゆえ夏らしいクッキリした画像にならなかったが、それはそれでまた良しということで。

検討課題
・沿線周辺情報も入手しておく
・背景とか気にせずバンバン撮る

2013年8月29日 (木)

秩父鉄道

2013年8月24日、まだ標高差を感じることのない平地を走行中、熊谷車両区へ立ち寄ります。

20130829_001
車両区を西側、大麻生駅方面からを望む。早朝、逆光、レールの光。あざとさ満点です。

20130829_002
貨物車、電車、機関車。車両区らしくバラエティに富んだ車両群を見ることができます。
車両区東側には転車台もあり、ひろせ野鳥の森駅からほど近い跨線橋からの見学も可能とのこと。

20130829_003
2両編成のワンマン運行車。
電車のカラーリングも数種類有り、時間をかけて撮りたいと考えるも、どういうわけか実行に移せないでいる。

ここはそこそこに先を急ぎます。

検討課題
・一度は全区間乗車をしてみる
・貨物メインで撮ってみる

2013年8月28日 (水)

避暑地へ

2013年8月24日、夏も終わりの頃合いに白いパラソルを持つこともなく、友人と避暑地と呼ばれる地域を目指します。

20130828_001
グッドモーニング曇天。朝から順調に天候不順を感じさせる雲行きです。暑くなければそれだけでラッキーです。

20130828_002
目的地方面への往路は基本的に一般道を用いて移動しましたが、有料道路の区間も利用します。

20130828_003
一部区間が全面通行止となっているため指示された迂回路を走ります。途中、倒木が道を半分ほど塞いでいたりで
なかなかワイルドな急坂と、急カーブの連続する山道。

20130828_004
十石峠頂上。午前10時でこの気温。強い山風も吹き、涼しいを通り越して肌寒さを感じます。

20130828_005
その頂上であることを示す年季の入った看板。標高がどれほどか判読することは非常に困難なコンディション。

20130828_006
避暑地での光景。ひっそりとした印象さえ受けるメインストリートと、歩く人の少なさにいろいろ驚いてしまう。

20130828_007
一通りの目的を何となく果たし、復路は中央道と圏央道を用いて帰宅。圏央道の早期全面開通を心から願う。

この項、明確なタイトルもないまま、しばらくグダグダと続きます。

検討課題
・行程を忘れないようなるべく記録しておく
・寄れなかった寄り道スポットは後で行く

2013年8月27日 (火)

DANNER LIGHT III

那須にあるアウトレットモール内において、お手頃価格であったため試しに購入してみる。

20130827_001
日本国内での販売などにまつわる権利の移行が行われ、その後の現在、権利を有する者による企画商品と思われる。
爪先から踵にかけての革部分に従来品との違いを確認することができる。
ベロにパンチ穴があることから解るように、いわゆるB級品となっている。店員さんに聞くとソール部分に接着剤のはみ出した
跡が残っていることが原因との説明を受ける。探してみると確認できるが、さして気になるほどのものではなかった。

いろいろ書かれていて評価に迷うところであるが、丁重に扱うような履き方を要求されるものでもない。
所詮ワークブーツだ。ガシガシ履いて、この新商品がどんなもんだか判断したい。

20130827_002
DANNER VERTIGO CROSBY
併せてもう一足購入してみた。
スエード素材に再挑戦する前の予行演習として、こちらは取り扱いに気をつけながら履いてみたいと考えている。

検討課題
・安売りされている理由を把握する
・情報やレビューは多角的に判断する

2013年8月26日 (月)

那須野が原博物館

なんとなく立ち寄る。
那須塩原地域の成り立ち、開拓と開発の歴史を貴重な資料とともに展示する道の駅を併設する博物館。

20130826_001
建物前には何らかの縁のあると思われる立像。暑かったので詳細を調べることもせず、急いで館内へ移動します。

20130826_002
大田原地区に敷設されていた人車軌道の原寸大復元模型の展示があります。思わぬ所で鉄分補給ができました。

20130826_003
直接押します。制動システムは確認できませんでした。急勾配の区間はいろいろたいへんそうだなぁと他人事に思います。

20130826_004
車内は木製の椅子に8人程度が腰掛けることができそうです。室内灯、空調、行き先表示等の無いスパルタンな仕様の客車。

20130826_005
訪れた日は、企画展開催の真っ只中。甲殻類好きには堪らない内容の企画展。
夏休み期間中の学童の皆さまにとっては、自由研究の格好のネタになること請け合いの充実した展示。
意地汚い自分にとっては試食コーナーが設けられていないことがただただ残念。

20130826_006
生きてるエビの展示もあったり、

20130826_007
生きていないエビの展示もあったりと多種多様。淡水棲、海水棲のエビとカニを多数展示。
会期は9月29日まで。

検討課題
・いつの日にか伊勢海老の干物を食べてみる
・おしゃべりしながらカニを食べる技能を身につける

2013年8月25日 (日)

麺 みの作 インターパーク店 雀宮

北関東道 上三川IC近くの商業地区、インターパーク内にあるラーメン店。最寄りの駅は約3km離れた雀宮駅。
最近、栃木県北部を中心に味噌ラーメンをメインとするラーメン店の出店ラッシュが続き、流行っていると聞く。

20130825_001
辛みそ野菜ラーメン。
スープの辛さは、辛い・中辛・激辛の三段階から選べ、今回は初めてとあって中庸まる出しで中辛でお願いしてみる。
麺の太さも細麺と太麺の二種類から選べ、こちらには太麺が合うと店員さんからアドバイスをいただいたので太麺とする。

麺に辿り着く前に盛りだくさんの野菜を食べることで何となく健康的な気持ちになる。スープも飲むに従い辛さを感じてくる。
量は多いようにも感じつつ、モリモリ食べているといつの間にか完食することができた。
たいへんおいしゅうございました。

20130825_002
なんでかといえば、店内POPに書かれる文章に心揺り動かされたからだ。
1日に摂取すべき野菜の量を、このラーメン一杯でほぼ摂れるというのは野菜嫌いの自分にはお手軽かと思えるからだ。

店内は穏やかな空調であったため、食べるにつれ噴き出す汗と格闘することになったが食後に出されたジャスミン茶の
おかげでゆっくりクールダウンをすることもできた。

検討課題
・スープを全て飲み干さない
・食べる前にラー油や胡椒をダバダバ入れない

hamadaさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
杉戸駅と呼ばれていた頃までは、蒸気機関車のための施設や設備も残っていたような気がします。
謎解明等、詳しいお話を伺えることを楽しみにしています。

コモドーレ、ミニレーシングのキットも良いのですが、こちらもなかなか格好良くできています。
こちらのお店は、自分が過去に買い逃したGr. A車両のキットをはじめ、興味深いキットも販売されていたので、折を見て
再訪したいと図々しさを隠す羞恥心など一切見せることなく、企んでいる次第でございます。

2013年8月24日 (土)

ジングル

埼玉県北東部に「東武動物公園駅」という駅がある。その名の通り、駅から徒歩で行ける位置に東武動物公園という
動物園と遊園地を併せた大型レジャー施設があったりする。そして旧駅名は「杉戸駅」と呼ばれるものだった。

20130824_001
この駅を境に群馬県方面に向かう電車と、栃木県方面へ向かう電車が分岐するため日々、乗り替えに失敗した乗客に
よる阿鼻叫喚の地獄絵図が終日繰り広げられていたりもする。

20130824_002
今年に入ってから駅構内に点在するように残っていた古い鉄道施設なども撤去され、更地にするよう整備され始めた。
画面奥の白い仮囲いあたりまでが鉄道用地だ。そして、それを跨ぐように長い東西連絡用の通路があったりもする。

20130824_003
整備工場だったと思われる建物も取り壊しが進んでいる。はたして今後、この広い土地はどのような活用がなされるのか。

そんななか、7月頃からだろうか駅での発車ベルが新しいメロディージングルに変わっていた。
聞いていると、顔面をパンとアンコで構成するヒーローのテーマソングに似ているような気がしないでもない旋律だ。
発車ベルと知らず乗るべき列車をやり過ごすこと数回。なんのアナウンスもなく唐突に変わったことに納得がいかない。

土地整備は続いていくのだろうが、せめて過去に蒸気機関車のための設備がここにあったことを示す銘板のような物だけ
でも整備された土地のどこかに残しておいて欲しいと勝手に願ってしまう。

検討課題
・乗るべき電車の行き先はよく見る
・乗り過ごしても過度に慌てない

2013年8月23日 (金)

保健指導 After

2013年8月12日、午前中にかねてより予定のあった保健指導を受けることとなる。
赤いフレームの眼鏡をかけた女性保健指導員による脂質、肝機能、コレステロール等について説明を受け、日頃の食生活
全般に対しての質問などを受け、今後の体重削減に向けた取り組みなどの提案や、目標設定をどうするかイロイロと行う。
そして、どのタイミングで薔薇鞭が唸りをあげるかと緊張に打ち震えながらも、終始そういった雰囲気は訪れることはなかった。

20130823
痩せなければ今後、動脈硬化のリスクが急上昇するという。現状では未来科学の新薬でササッと治ることは無いらしい。

○ 摂取カロリーを1日あたり50kcal程度減らす努力をする。
○ 運動する代わりに1日あたり5000歩を目標に歩き回る。
○ 上記をこなしつつ半年後に体重1kg減を達成する。

なんだ、簡単じゃないか。と思わなくもないが、目標設定を低めにすることで脱落者の発生を防止するという考えとともに、
これしきのことさえもままならない者がいるということなのだろうと、自堕落な自分を含め推察してみる。
まずはピンヒールで踏みつけられても、ヒールがめり込むような過剰な贅肉を少しでも減らす努力をしたいと考える。

検討課題
・よく噛んでゆっくり食事をする
・バランスのとれた食事を意識する


Kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
日の出の柄をあしらったような大漁旗をはためかせれば、思いがけず誰かから忌避されるメリットがありそうです。
その反面、いらぬ暴力装置を呼び寄せ、再び肝を冷やす事態となりかねないので慎重を期さないとなりません。
ルノーのデカールは注意します。箱に製作時の留意点として書き込んでおきましょう。

こいでさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
詳しくない土地で望外の釣果に恵まれると本当に嬉しいものです。
ヨンサン・ガリンペイロに向けて敢えて言うなら「ここにはある、としか言えない」といった感じでした。
行くか行かないか、掘るか掘らないかはあなた次第。でございます。

2013年8月22日 (木)

戦果報告

行けば行ったで誰かのテリトリーでもあるかもしれないのに平気な顔して掘り返します。

20130822_001
ずいぶん前から訪れたいと思いながら、結局さらに足を伸ばして名古屋に行ったり、手前の静岡や富士で足止めしたりで
なかなか立ち寄れなかった浜松の名店に初めて足を踏み入れてみます。本格派ホビーショップの匂いムンムンです。

20130822_002
PROVENCE MOULAGE OPEL COMMODORE GR2 RAGNOTTI CEVENNES 71

20130822_003
PROVENCE MOULAGE RENAULT 12 GORDINI PIRONI TC 75

20130822_004
ずいぶん前にこのキットを入手できなかった代わりに市販車タイプを作り、遣る瀬ない気持ちになったのでリベンジです。

20130822_005
PROVENCE MOULAGE CITROEN XM BREAK 92

20130822_006
JPS VESPA 400

20130822_007
VESPA 400は非常に小さく、CITROEN XM BREAKと比べるとご覧の通り。

自分的には思いがけないほどの収穫。地元モデラー諸氏には、ヨソ者による収奪についてご寛恕いただきたいところ。

Go West! Augustの項はこれにておしまい。

検討課題
・また掘りに行く
・ヨソ者が掘りすぎないこと

2013年8月21日 (水)

チャイニーズキッチン錦華 新浜松 麻婆豆腐

遠州鉄道 新浜松駅に隣接する遠州百貨店の本館最上階のレストラン街にある中華料理店。
土地勘もなく、事前に何かを調べることもせず目に付いた百貨店なら涼しかろうし、食事もできるだろうと飛び込みます。

20130821_001
風。
ランチタイムのセットメニュー。麻婆豆腐、水餃子、コーンスープ、ザーサイ、ご飯、杏仁豆腐と盛りだくさん。
麻婆豆腐は辛さも油も控えめでいたってマイルド。かけられた山椒は風味はあるものの痺れを感じることはは無い。
みじん切りのネギが混ぜ込まれており、その歯応えも良い。サッパリとした食感のままアッという間に完食できる。
たいへんおいしゅうございました。

20130821_002
焼き餃子。
浜松ですもの、食べますよ。いたって普通の焼き餃子。添えられたモヤシと合わせて食べると食感がとても良くなる。
たいへんおいしゅうございました。

百貨店のレストランとあって老若男女の客で溢れる。メニューも肩肘張った本格を謳うものでもなく、一般に想像する
中華料理全般を万遍なく取り揃えてあり、適当に選んでもだいたい満足のいく内容のラインナップのように感じました。

検討課題
・浜松なら餃子専門店で餃子固め食いをする
・浜松なら浜松らしく鰻を食べる

2013年8月20日 (火)

Go West! August ウナギの郷へ餃子を求めて 登

2013年8月10日、情景展示は1時間もかからず見学を終えてしまったので、時間潰しも兼ねて少し歩きます。

20130820_001
浜松城公園。広大な公園施設になっていますが、当日の猛暑もあり天守閣への登頂をメインにしておきます。

20130820_002
散歩したそうです。甲斐の武田と戦うための策でも練ったのでしょうか。

20130820_003
天守閣周辺では防備を固めるための工事も行われています。来年の田植え前に合戦を行う腹づもりに思えます。

20130820_004
権現もこの有り様。ミカンを思わせる緑、富士山を思わせる青。楽器と鰻の街であることは一目瞭然です。
表情について。本来は長円の部分が瞳となり愛くるしい顔つきとなります。視点を替えて鼻の両脇にある楔型部分を
瞳として見た場合、なんだかとても底意地の悪い人物の顔つきに見えてきます。あくまで個人の意見です。

20130820_005
どどーん!三層となった天守。石垣の表面は凹凸が多く、黒い外装の城と併せワイルドな印象を与えます。

20130820_006
上層の回廊からの眺め。この先に富士山と説明にありますが、当日は視界不良もあり山体を確認することはできず。

20130820_007
天守閣の地下、石垣部分に設けられた井戸。暑い日でしたので水浴びをしたくなります。

20130820_008
浜松城登城記念のメダル販売機。
打刻機は打ち間違いの危険性を軽減するタッチキー式。これなら安心してゴリゴリ打ち込むことができます。

天守回廊の西側、浜名湖方面から吹き付ける風が涼しく気持ちいい。
バカと煙は高いところにの喩えから、前者を自認するからには汗をかいてでも最上階に行かねばなりません。
空気が澄んで見晴らしの良くなる季節になったら再訪したい気持ちになったりならなかったりです。

検討課題
・涼しい場所を見つけたら汗が引くまで居座る
・石垣に忍者気分で足をかけない

2013年8月19日 (月)

Go West! August ウナギの郷へ餃子を求めて 景

2013年8月10日、思い立って浜松まで行ったのは、行こうと考えつつ行かなかった場所へ行くためでもあります。

20130819_001
訪れたのはザザシティ浜松にあるこちら。

20130819_002
撮影をし、ブログなどで宣伝してくれと注釈のあったジオラマ。
警官の服装は現代のものとは違うことが良く分かります。スケールは、建物横の自転車からs=1/12くらいと想像されます。

20130819_003
泥棒、あるいは警官と同じポーズで記念撮影をしてみよう!と注釈のあった撮影の許可されていたジオラマ。
いまどき唐草模様の風呂敷を担いだ人を見かけることもないが、泥棒らしい記号ではあると思いました。s=1/6相当です。

20130819_004
現在「渡辺昇 ブルースアートの世界」も併催中。会期は9月6日まで。

撮影禁止と書かれた作品と、撮影オーケーと書かれた作品があるなか、何も書かれていない情景作品が多数ある。
面倒なのでアテンダントに聞くこともなく、撮ることもなかったが実際の所はどうだったのだろうか。よく分からない。
ジオラマの場合、限られた方向から見せることで成立する作品もあるため、作者の意図しない方向から無遠慮に撮られる
ことを望まないこともあるのだろうとも思う。早い時間に訪れ、ゆっくり鑑賞できたことだけでも僥倖としたいと思う。

検討課題
・プロの仕事ぶりから得られる何かを探す
・無理をしてまで記念品を購入しない

2013年8月18日 (日)

Go West! August ウナギの郷へ餃子を求めて 走

2013年8月10日、社会全般的に夏休みに突入しようかとういう日に無謀にも出掛けてみます。

20130818_001
案の定というべきか、大橋JCT手前から用賀にかけて酷い渋滞。
そんななか、トンネル内ではドライミストを噴霧している。冷却効果はいかほどか不明だが、渋滞しない何らかの対策を
講じるべきではないのかと、エクトプラズムのようなモヤモヤをボンヤリ眺めながら一向に進まない車列の中で考えます。

20130818_002
ウンザリするような渋滞を抜け、ようやく東名自動車道を走り出します。
こちらも貨物車同士の熾烈なデッドヒートと、サンデードライバーの予測不可能なトリッキーな動きによって御殿場ICを
過ぎるまで断続的に渋滞が続きます。新東名と分岐し、車列もバラけてきて順次渋滞も解消してきました。

20130818_003
浜松らしさを感じる看板をおさえておきます。

20130818_004
浜松駅近くで見たユルキャラ?耳代わりにツイン富士を頭部にいただき、尻尾は鰻、鈴は三ヶ日ミカンを装備しています。

20130818_005
これは「とうかいどう」と読みます。大切なことなのでもう一度、「とうかいどう」と読みます。いいですね?

20130818_006
浜松での諸々を無事こなし、浜松浜北ICから新東名道を使い帰路につきます。
先日、この付近で肝をキンキンに冷やす事例もあったため、オートクルーズ機能を用い控えめな速度を維持しておきます。

20130818_007
都心にたどり着き、赤く光らない東京タワーを右手に見つつ無事帰宅です。

この項、続きます。

検討課題
・車中で仮眠する場合は日の出後に日陰になる場所を選ぶ
・渋滞に巻き込まれたらアルゴリズム行進の歌を歌う

2013年8月17日 (土)

GAFFE Toyota HJ 60 Proto Koro Paris Dakar 1985 完成

タイトルの通り、GAFFE Toyota HJ 60 Proto Koro Paris Dakar 1985です。
半完成の山を少しでも削り、つき崩すように元気よくグイグイ組み立てます。
車体表面はコーティング後、研ぎ出しをしていないのでベコベコのままですが、細かい事は気にしません。

20130817_001
前部バンパーに設置されたフォグランプの白いカバーは、ハセガワ社製ホワイトフィニッシュをφ4のポンチで打ち抜き
貼付しています。この程度の曲面であれば貼付後もエッジ部などから剥がれることなく、追従した状態を維持できます。

20130817_002
車体をグルリと取り囲む濃緑のラインは、いろいろ辻褄があっていません。貼り込むことに意義があるんです。
ホイールの形状と色。細かいスポンサーデカールの位置とサイズ。ラリープレートの設置位置など、メーカー完成品や
キット同梱の説明書を信頼し作りましたが、けっこう騙されてしまっています。完成させてしまえばこっちのものです。

辻褄の合わなさの原因は、車体形状の若干違う1986年にエントリーした200号車と共通のデカールにしていることが
原因ではないかと当該のGAFFE #9405 Toyota FJ 60 Proto Koro Paris Dakar 1986を手に入れることなく文句を
言ってみます。1986年型はボディ形状は面白いのでピンクの車体でリベンジしたいところです。予定は未定です。

20130817_003
今回購入したキットにはフロントグリルに付くべき「TOYOTA」と書かれたエンブレムが同梱されていませんでした。
パリダカの舞台となるコース近隣で活躍するゲリラカーにも燦然と輝く社名が記されているのに、こちらにはありません。
悔し紛れに2011年に製作し、TOYOTAのエンブレムの入ったBJ75と並べてみます。

続けて85年の219号車を完成させてしまおうと気を逸らせながら、このままで完成とします。

検討課題
・パーツがダブっていたら大切に保管しておく
・パーツが足りないことを作らない理由にしない

2013年8月16日 (金)

ねんどろ 購入

自らを叱咤する意味で箱から出しておきます。

20130816_001
いっそ砲塔だけといわず、PVC樹脂製成形品のIV号戦車を丸ごと付属品としてくれればいいのにと、可能なかぎり
模型を製作したくない面倒くさがりな自分の気持ちを隠すことなく、当たり前のように要求だけはしてしまいがちです。

20130816_002
これだけみると普通の女子高生然として何の面白味もありません。

20130816_003
西住隊長:教育してやれ!
伝説の男:ヤーボール!ドーン!!

20130816_004
手に入れてしまうことで発生する義務を噛みしめます。
既にエンブレムなどの別売りデカールは入手済みなので、細部に不満はあっても部品点数も少なく、簡単に作る
こともできそうなタミヤ社製IV号D型でもよかったのではないかと余剰部品多数のキットを前に後悔しきりです。

検討課題
・まずは38(t)戦車の製作にこぎ着ける
・秋山殿もリリースされたら手に入れる

2013年8月15日 (木)

中途半端

ここしばらく遠出をしていない。
肘を痛めて後、週末の午前中に整形外科に行き診察をしてもらっていたためだからだ。
傍目にはすこぶる健康に見える後期高齢者に交じり、診察の順番を待っていると午前中などアッという間に潰れる。
それから出掛けられる先は手近な所ばかりで、連日の暑さもあることから何とも満足を覚えるにも至らない。

20130815
肘から手首にかけての腱の痛みと、それに伴う手首の痛みはお陰様をもって治まることとなった。
結果として中途半端に残ったアンダーラップテープと、テーピングテープの処遇に困ってしまっている。
今後、継続的に使うことは考えにくいが捨てるには何となく惜しい量を残してしまっている。見事なまでに貧乏性炸裂だ。

しばらく薬箱にしまい、特にテーピングテープは、側面から粘着材が滲み出してくるまで放置し様子を見ようと考える。
痛み引いたし、夏休みもやってきた。少しは出掛けてみようとも思う。

検討課題
・しまった場所を忘れない
・使い残しの山を築かない

2013年8月14日 (水)

四川飯店 日本橋 ~Chen Kenichi's China~ 三越前 麻婆豆腐

店名に「日本橋」と書かれていますが、コレド室町に直結しているのは三越前駅なので上記とします。

20130814_001
名物セット。
麻婆豆腐、担々麺、ワンタンと店自慢の名物をセットにしたメニュー。
訪れた日は始めにワンタン、ご飯、漬物が出されました。それから5分ほど経ち、ご飯もすっかり冷めた頃合いになって
ようやく担々麺が出されます。グダグダ言わねぇで当店ご自慢のワンタン食って待ってろよ、と言わんばかりに思えます。
たいへんおいしゅうございました。

20130814_002
麻婆豆腐。
ご飯も担々麺も食べ終わる頃になって麻婆豆腐のお出ましです。注文時に店員から辛さを調節するか聞かれます。
普通でも辛いと自信満々にいうので、ものは試しとばかりに「普通」の辛さで頼んでみます。大した辛さじゃないです。
食べてる最中でも空いた容器をガンガン下げます。出てくるまでは驚くほど遅く、下げるのは驚きの早さだったりします。
たいへんおいしゅうございました。

20130814_003
杏仁豆腐。
プラス200円で食べることができます。容器を下げるのは早いのに、麻婆豆腐を食べてる最中にデザートを出してきます。
たいへんおいしゅうございました。

メリハリの無い味の料理、ダメダメと思わざるを得ない接客、名物を供するトンチンカンなタイミング。本場感満点です。
全てにおいて店名に記される創始者の思想、経営哲学のようなものを体現しているのかと訝しんでしまうほどです。

検討課題
・自信満々な物言いの時は話半分に聞いておく
・誰かの名を騙る店には注意する

Kawakami(偽者)さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
劇中の年代を現実に重ね合わせると、次の巳年は大荒れになりそうですね。
それまでに劇中にあるような国際的組織、科学技術が現実の物として実現されていることを願ってしまいます。
相変わらずの他力本願からくる革新技術のおこぼれに与りたいだけの浅ましい欲望があるだけなんですけどね。

2013年8月13日 (火)

サンダーバード博

2013年8月3日、東京みなと館からの眺望を楽しんだ後、日本科学未来館にて催されているイベントを見学します。

20130813_001
手前の白い仮囲いのせいで建物全景や、建物前の水辺を収めることができません。

20130813_002
ご安心ください。アメリカ版など初めから無かったかのような構成、展示になっています。勿論、清水アキラ氏も無し。

20130813_003
ワイヤーアクションの再現展示。シート状になっている背景の空は、左から右に向かって移動していきます。

20130813_004
コンテナアクションの再現展示。2号の外装色の変遷を示す模型展示もあります。

20130813_005
手に汗握るドッキングシーンの再現展示。綿を多用し煙を表現した3号発射シーンの展示もあります。

20130813_006
ガキの頃に作った懐かしいプラモデル。車輪に金属シャフトを上手く通せず、付属するボンドは常に足りなかった記憶。

20130813_007
記念撮影用に設けられた1号のコックピット。口角脇にマジックで線を引けばスコット・トレーシーの気分を味わえます。
いろいろ趣向を凝らした展示や体験展示など盛りだくさん。未来技術との関連展示などもお見逃しないように。

記念ということでお土産をいくつか買い込みます。購入したTシャツはしばらく寝かせてから着る予定。
せっかくなので常設展示も見ていきます。

20130813_008
常設展示されている国際宇宙ステーションモデルの前に、サンダーバード博にまつわるパネルが設置されています。

20130813_009
そのISS宇宙居住棟内部。床が微妙に傾いでいるようで、平衡感覚が保てなくなります。トイレと居室の構成は必見です。

20130813_010
脂質とタンパク質、塩分と含有ビタミンなど構成成分に優れた万能食品であるマヨネーズは宇宙空間でも大活躍。
緊急時や災害時など、マヨネーズとコンデンスミルクがあれば数日は凌げると信じている自分がいます。

20130813_011
アストロノーツ・ソウイチのサインを見つけ興奮します。

20130813_012
ジオ・コスモスに映し出される暗黒大陸。しばらく見ていたい気持ちになります。

20130813_013
訪れた日は大陸からの団体客がいたせいか、館内での案内放送の多くが大陸語であり、他言語を解しない自分にとっては
アウェー感をヒシヒシと感じることとなりました。これも国際化、未来の世界のことと思い、自らの気持ちを納めます。

サンダーバード博の会期は9月23日まで。

検討課題
・2号の模型を適当に塗装してみる
・パーカー氏の銃器使用に対しての迷いの無さを我が物とする

2013年8月12日 (月)

東京みなと館

2013年8月3日、テレコムセンター駅に直結する青海フロンティアビル20階の展望台を有する資料館に立ち寄ります。

20130812_001
案内看板、サイン等は目立ちにくく、見過ごしてしまいがちなほどであったりします。

20130812_002
新川河岸模型。 s=1/20
江戸時代末期、文久3年(1863年)落合芳幾により描かれた「新酒番船入津繁栄図」をもとに製作されたジオラマ。

20130812_003
酒樽の陸揚げ作業中に堀に転落したと思しき丁稚も再現されています。

20130812_004
大井コンテナ埠頭模型。 s=1/150
東京みなと館の対岸にある大井埠頭を再現したジオラマ。大型トレーラー等は、Nゲージのストラクチャーを流用か。

20130812_005
貨物船へ重量バランスを考え搭載場所を指定するオペレーターと、ガントリークレーンオペレーターは憧れの職業。

20130812_006
東京臨海副都心模型。 s=1/700
ざっくり有明地区から台場地区にかけてのエリアを再現したジオラマ。

20130812_007
船の科学館周辺からは既に、船の科学館別館として展示されていた羊蹄丸が撤去されていることが窺えます。

20130812_008
台場の商業施設前には白い巨人も設置されています。上記と併せ、最近の様子を再現していることが分かります。

20130812_009
20階からの展望。ガントリークレーンによる生搭載プレイを鑑賞できます。
館内には飲料自販機が設置されていたり、座り心地の良いソファもあるため弁当持参でたっぷり眺めていたくなります。

20130812_010
展望ついでにソッと鉄分を補給しておきます。
無料で使える展望用の双眼鏡を用いて眺める景色は格別で、Mr. 亀太郎の気分を味わえます。

港湾地区の大型再現ジオラマ3点の他、各種船舶模型や、港湾開発の歴史展示など興味深い展示多数。
訪れたときは自分以外に誰もおらず、好き放題に見学できたことも思いがけない収穫。

検討課題
・文字の説明は面倒でも一通り読む
・展示品にあるボタンは迷わず押す

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
心から楽しもうと考えれば防音、防振、防臭を万全なものにしないとなりません。模型製作の環境整備についてです。
最近は店舗型より無店舗型や、マンションの一室などで密やかに行われていたりします。模型の通販業者のことです。
さて、いかなる結末を向かえることなりますやら。とりあえず正座して待っていた方が無難ですかね。

2013年8月11日 (日)

保健指導

先月のことになるが「保健指導のご案内」なるものが勤務地に届く。
これまで健康診断受診後の診断結果に注意が添えられることはあったが、今回は勤務地まで指導にやって来るらしい。
しつこいほど、と言っても過言ではないくらい勤務地にいる日と時間を何度も、何度も確認するかのように連絡が来る。
もはや逃げることなどできない状況であることは明白で、観念するしかないようだ。困ったもんだよ。

20130811
重量にして0.1tに僅かに足りない豊満な肉体を常日頃、少々持て余し気味に感じないことも無い自分だったりする。
指導員から「このブタ野郎!」と罵られるような指導を受けることになるのだろうか。初めてのことで不安でもある。

明日8月12日に行われる予定の保健指導についての内容、顛末については後日、改めて報告したいと思う。

検討課題
・跪くことを躊躇わない
・ブーと鳴けと命じられたら素直に従う

2013年8月10日 (土)

Go West! August

もはや庶民に鰻は無理っぽいけど行ってみるぜ!

20130810
いつでも行ける気がしてるだけで、行こう!と勢いをつけないと行く機会も訪れそうにないので行ってきます。
時節柄、夏期休暇中の学童の皆々様で溢れかえっていないことを図々しくも切に願ってしますのです。

検討課題
・知らない街でも違和感なく歩く
・チャンスがあれば軽く掘る

信濃町在住者さま
ご訪問、コメントありがとうございます。
近年の戦隊物を含め、ウルトラマンや仮面ライダーなど、テレビ番組と連動したお子様向け玩具の商品展開が
はじめにありきな状態を見ると、なんだか大人の深刻な事情を見せつけられているようでゲンナリしてしまいます。
そして、細々したアイテムを使うことなく戦い抜いた技の1号、力の2号はやはり良いものと思わざるを得ないのです。

2013年8月 9日 (金)

豊洲から新橋

2013年8月3日、前日の天気予報で予想最高気温は30℃などと言う気象予報士の発言を鵜呑みにして、もしかして
心持ち涼しいのでは?と感覚の麻痺からくる訳の分からぬ勘違いをし、フラフラと少しだけ出掛けてみます。

20130809_001
そうは言ってもタイトル区間を全て歩くのは無謀に過ぎると思い、豊洲駅から臨海新交通ゆりかもめに乗ります。

20130809_002
テレコムセンター駅で下車します。目的は日本科学未来館にて催されているイベントの見学です。
車内アナウンスでは、日本科学未来館を利用する際は船の科学館駅下車を促す案内がなされます。

20130809_003
そんな車内アナウンスがありながら、言うことも聞かず下車してみれば駅構内に案内パネルが設置されていたりします。
イベントについては後日、別項とします。

20130809_004
イベント見学前にテレコムセンター駅前の青海フロンティアビルにある東京みなと館にも立ち寄ります。
気まぐれで立ち寄ったのに思いがけず見応えもあったので、こちらも後日、別項とします。

20130809_005
イベント見学後、羊蹄丸がいなくなったことで側舷を見やすくなった宗谷を眺めます。宗谷館内の見学は可能です。

20130809_006
水上バス乗り場に寄ります。やはり乗船のチャンスはなかなか難易度の高いものでした。

20130809_007
徒歩は駅間にして僅か一区間。それでも汗は噴き出し、ヘロヘロになりながら船の科学館駅から新橋に向かいます。

20130809_008
新橋駅から銀座線に乗り三越前駅で下車します。人がサスサスする場所の偏り具合が非常によく判ります。

20130809_009
ウルトラセブン展を見学します。
展示品の多くは本放送以降、様々なイベント用などで再現製作されたレプリカ品を中心したものになっています。
撮影時に用いられた台本や、各種資料。過去に販売された関連商品などの展示もありました。

20130809_010
展示品のほとんどが撮影不可になっています。
会場出口付近に展示されたマネキンは記念撮影用ということもあり、撮影可能になっていました。

20130809_011
平成ライダー同様、最近のウルトラマンシリーズはもうよく把握できません。ウルトラセブン展は会期終了。

検討課題
・日陰を選んで歩く
・エアコンの吹き出し口を目ざとく見つける

2013年8月 8日 (木)

PROVENCE MOULAGE K627 SAAB 93 de Record 1964 完成

タイトルの通り、PROVENCE MOULAGE SAAB 93 de Record 1964です。
93なのにゼッケン96とはこれ如何に。半完成を消化するようにグイグイ組み立てていきます。

20130808_001
なんだかんだでバンパーはキットのまま、何の加工も処理もせずそのままです。
ヘッドライトの感じは何とも間抜けに感じます。実車の前部ウィンカーケースはクリアで、オレンジ成分は無しです。
ウィンドワイパーや、ドアミラーが無いと言うだけで製作のストレスがとても軽減されます。

20130808_002
ピラーや、側面後部窓の周辺などはよく分からなかったので適当です。徹底調査を行った作例の出現を待ちましょう。

20130808_003
2006年に製作したMini Racing SAAB 96 V4 RALLY SWEDEN 1976と並べてみます。
並んだ姿はバニラアイスと抹茶アイスのようで、夏らしいものであると自画自賛しておきます。

キットをお手頃価格で購入できたこともあり、相変わらずの低クオリティですが満足をし、台座に接着して完成とします。

検討課題
・ミニレーの気になるキットは早めに確保しておく
・ミニレーの無駄に硬いデカールに当たったときは密やかに泣く

東北名無しさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
ミクダヨーさんは、これまでリリースされてきたソレと違い、愛らしさや可憐さよりも陰惨な雰囲気を漂わせることでより
魅力が引き立つような感じに思えてなりません。その結果としての釘バットであったり、ライティングだったりします。
日頃の屋外撮影では環境光任せになってしまうため、なかなか効果的なライティングを施すことが難しかったりします。
今後はそこらへんのことも考えたり、何も考えなかったりしながら試行錯誤を繰り返していきたいと考えております。

2013年8月 7日 (水)

資料!資料!

ヘッツァーの製作は遅々として進まないなか、書店で見かけてしまえば何も考えず買ってしまうわけです。

20130807_001
公式戦車ガイドブック アハトゥンク・ガールズ&パンツァー 大日本絵画刊
模型製作な有用な設定資料集。

20130807_002
ガールズ&パンツァーモデリングブック IV号戦車D型&38(t)編 大日本絵画刊
IV号戦車D型と、38(t)戦車の模型製作に特化したガイドブック。邪悪な野望を完遂するために必須の本。

20130807_003
国本戦車塾 第5号 戦車第五大隊戦記 国本戦車塾刊
旧日本軍の戦車などについて全く知識のない自分にも非常に解りやすい内容であったため、役立つと思い購入。

20130807_004
MGデカール ガールズ&パンツァー Vol.1
書籍ではないがいずれ使うときもくると考え、とりあえず入手だけはしておく。
商品名に「Vol.1」とあるからには、今後「Vol.2」と商品展開されていくのだろうと勝手に考える。何がでる?

活用してこその資料だというのに、資料を集めておくだけで一安心してしまう自らの悪癖の最たるものだ。
作りたい気持ちはモキモキあっても手の遅さは如何ともしがたい。趣味だし、言い訳満載でユックリとやります。

全ては38(t)戦車のために。

検討課題
・細かいことを知って愕然としない
・ガイドに沿ってちゃんと作る

2013年8月 6日 (火)

貨物車

車での移動の途中、前を走る貨物車の後部に貼られたステッカーを眺める。
軽油価格が高騰しているとのこと。なるほど、最近は普通車でも新型ディーゼル車と呼ばれ、燃費に優れたエンジンを
搭載している車種をラインナップしているのだから、全体としての燃料費の高騰にも繋がってしまっているのだろう。
実際は世界経済のなんちゃらが主な原因だと思うのだけど。ところでガソリン値下げ隊はどこに逃げやがったんだ?

20130806
高速道路などを走っていると89km/hで走る貨物車に、90km/hで追い越しを仕掛ける貨物車を見かける。
荷物の遅配など許さないプライドを賭けた譲れない戦いなのだろう。ただ、そんな息詰まるデッドヒートを延々と
数kmにわたって後部から見せつけられるこちらの身にもなって欲しいと思わずにはいられない。本当に。

モーダルシフトという概念も近ごろはあまり聞かなくなった。貨物列車で運べばいいじゃないかとも思う。
百里基地への燃料輸送の減少により経営の継続が困難になった鉄道会社があったことは記憶に新しい。
線路のそばに暮らす人には申し訳ないが、夜行列車も少なくなった現在、ノスタルジー込みで深夜に長大な
貨物列車を全国津々浦々まで走り巡らせ欲しいと妄想を逞しくしてしまう。

何を言いたかったかというと、チンタラ走る貨物車をイライラしながら邪険に扱う自分の矮小さが嫌だな、
ということだったりもするのです。

検討課題
・深く考えずハイビームにしない
・あいつらの制動距離を少しだけ斟酌してあげる

2013年8月 5日 (月)

四季ボウ坊 新橋 麻婆豆腐

場所は新橋駅近くの赤レンガ通り沿い。

20130805_001
店名の「ボウ」は、自分の使うPC環境では文字変換候補に出てきませんでした。「保」の下に「火」と書きます。

20130805_002
ビール。
暑いし、辛いのを食べるので当たり前のように飲みます。冷たいお茶もジョッキで出されます。いい感じです。
たいへんおいしゅうございました

20130805_003
本格 四川風麻婆豆腐。
単品で頼んでみます。ドライパウダーの花椒がかけまわされいて良い風味です。具材の中に粒のままの花椒も
潜んでいるため、モッシモシ勢いよく食べている最中に噛み砕くと、思わずビクッとしてしまいます。
たいへんおいしゅうございました

20130805_004
チャーシュー入りレタスチャーハン。
少しだけ火を通し、シャキシャキ感を残しながらクッタリしたレタスは食べやすく、自分好みだったりします。
量は多く感じますが、単品で頼んだ麻婆豆腐と合わせて食べるとアッという間に完食できます。
たいへんおいしゅうございました。

ステンレスなカウンター席から覗ける厨房では、鼻歌交じりに淡々と調理する大陸系調理人の姿を眺めることが
でき、店内のしつらいと合わせ向こう風の食堂的雰囲気を味わうことが出来ます。

検討課題
・テレビを見ながらご飯を食べない
・人の鼻歌に合わせ輪唱しない

2013年8月 4日 (日)

アンドレアス・グルスキー展

2013年7月28日、乃木坂駅にも直結されている新国立美術館へ見学に行く。

20130804_001
六本木側から訪れると正門を通ることになる。
特徴的な建物外観は、成長した植栽によって遮られてしまい、建物全貌を眺めることができず何とも残念。
それでも日中の暑いこの時期は、木陰で休む人たちに重宝されているので伸びた木も決して無駄ではない。

20130804_002
カミオカンデ。
会場出口に設けられていたパネル。
岐阜県にある偉い先生が難しい学問をし、何かを解き明かそうとするための施設内部。

20130804_003
99セント。
会場で販売されていたポストカード。

20130804_004
パリ、フランス共産党本部。
会場で販売されていたポストカード。
実際を知らないため、どこをどのように撮ったものなのかよく分からない。

20130804_005
F1 ピットストップ IV。
会場で販売されていたポストカード。
実物は右隣に同サイズのボリュームで、ホンダチームのピット作業の画像が連なる長大な作品。

どの作品もそうなのだが、水平や垂直が妙にシャープで奥までピントが合っていたりする。
人が目で見て、こんな感じとイメージする画像、もしくは精密なパース図のようで球面レンズを用いて撮影した際に
生じる歪みのようなものが感じられず、長時間見つめているとクラクラと酔ってくる不思議な感覚を覚える。

F1 ピットストップ IVは、通常、ピットの向こう正面にグランドスタンドがあり、引きの構図で左右方向を一度に収める
ことは困難であろうし、ピット上部の観覧席ガラスに映り込みが無いのも不自然だ。それなのにしっかりまとまっている。

離れて見たり、近づいて細部を覗き込んだり。大判の作品を何度も繰り返し見入ることで面白さも増す。
会場内にベンチなどなど無いため、ひたすら立ちっぱなしなのが辛いところ。
会期は9月16日まで。

20130804_006
8月7日からはアメリカン・ポップ・アート展も開催される。

検討課題
・T型定規を孫の手代わりに使わない
・三角定規を手頃なアクリル材として切り出さない

2013年8月 3日 (土)

ねんどろ 購入

買うわけです。発売時期が何度も遅れ、購入希望者をヤキモキさせ、焦らす販売戦略は見事としか言えません。

20130803_001
付加パーツの少なさから久しぶりともいえる細箱。いつ以来だろうか。
小さい箱であることのメリットは、同じアイテムを複数個購入しても収納スペースがかさばらないことだ。

20130803_002
いい感じです。猪首なあたりは本物の特徴を非常によく捉えていると思います。

20130803_003
先行して発売された2.0と並べてみます。並べるといろいろと違いがあることにようやく気付かされます。

20130803_004
以前作った釘バットがここでようやくその真価を発揮します。

20130803_005
大きいのと並べてみます。こうしてみると大きい方が「Real Figure」と謳っていたことから、小さい方もあまり
ディフォルメされていないような気がしてきます。目の錯覚でしょうか。

販売状況について現況を知りませんが、店頭在庫を見つけたらまた購入してしまいそうな吸引力を感じます。

検討課題
・次世代の主役として活用してみる
・握らせるアイテムをよく吟味する

2013年8月 2日 (金)

SANKOUEN CHINA CAFE & DINING 神保町

こちらは昨年末にも書いたが、勤務地から近いこともあり、昼飯時に利用することの方が多かったりする。

20130802
カニレタスチャーハンセット。
ランチタイムのセットメニュー。炒飯の米飯は大盛りに感じるほどのボリュームがありながら、レタスのシャキシャキした
歯応えや、漬け物、サラダなどもあるので蟹の量は決して多いとはいえないが、飽きること無く完食することが出来る。
どちらかと言えば「レタスカニチャーハン」あるいは「レタスチャーハン、カニ入り」といった感じに思える。
もちろん、カニを味わいたいなら専門店に行けばいいだけのことなので、これはこれで善とするのがいいのだろう。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・対上海蟹用に七つ道具をいつか手に入れる
・カニ缶の薄紙をめくる一瞬に心をときめかさない

2013年8月 1日 (木)

THOROGOOD 633-1 ROOFER

夏でもブーツを履きます。

20130801
自分にとって鬼門のスエード表皮。いつも雑に扱い毛羽立ち、そして汚れて見るも無惨な状態となる。
その失敗を繰り返してきたため敬遠していたが、そろそろ上手く扱えるのではないかと、裏付けのないまま購入。
再び失敗を重ね靴をダメにするか、今度こそ上手く付き合えるか慎重にいきたいところだ。

検討課題
・いざとなったら染めてしまう
・古いスエードにクリームを塗り込む暴挙も一興

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »