« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014年3月31日 (月)

Go West!! March 一富士二富士三富山 沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム

2014年3月21日、東海大学海洋科学博物館と東海大学自然史博物館の見学を終え、三保の松原も散策しながらも
消化不良っぽい物足りなさを感じたので、帰路途中にある以前から気になっていたこちらにも立ち寄ってみます。

20140331_001
沼津港の魚市場、魚介類を取り扱う様々な商店のなかに唐突に建っています。

20140331_002
ラブリーなオオグソクムシ。想像とは違い俊敏に泳ぐ様にビックリ。

20140331_003
館内2階は館名の通り、シーラカンス関連の資料を多く展示しています。しかも、この置物はたまに動いたりします。

20140331_004
古代の海底を再現したジオラマにイキイキと泳ぐ状態で展示してある彩色剥製。

20140331_005
冷凍シーラカンス。採集地において実食した体験記を読むかぎりでは、美味しいとはいえない肉質のようですが、
意地汚い私としては丁寧に解凍を施したうえで是非、蒸し焼きか塩焼きのようにして食べてみたいと思うのです。

20140331_006
剥製標本も展示されています。別のコーナーには触ることのできる硬いシーラカンスの鱗もありました。もう触りまくりです。

20140331_007
そしてラブカ。

20140331_008
来館記念にマグロのマブネットを購入。同シリーズのリュウグウノツカイは品切れにより購入できず残念。

館内は薄暗く、展示物と展示物の間隔の詰まった場所も多数あり、順路もこれといって示されていないこともあり展示物前は
見学者が長時間滞留するためスムーズに見学することが困難な場面に多く出くわします。観光地ということで我慢ガマンです。

検討課題
・暗い場所で誰かの足を踏みつけない
・土産物はパッケージではなく内容物で選ぶ

2014年3月30日 (日)

Go West!! March 一富士二富士三富山 東海大学自然史博物館

2014年3月21日、東海大学海洋科学博物館の見学を終えたのち、共通入場券を購入した東海大学自然史博物館へも
見学をするため入館します。

20140330_001
こちらも白亜の建物外観。隣接する東海大学海洋科学博物館からは徒歩1分もかからぬ距離にあります。

20140330_002
屋外に展示されているタルボサウルス。昭和の恐竜然として私には非常に馴染みやすいポーズで仁王立ちしています。

20140330_003
館内3階に展示してあるタルボサウルスの全身骨格標本。攻撃的で現代的なポーズをとっています。

20140330_004
ステゴザウルスの全身骨格標本。頭骨の小ささが際立ちます。

20140330_005
サーベルタイガーの頭骨標本。気まぐれの甘噛みでも噛まれた方は致命傷になるのではないかと思える鋭い牙。にゃー

20140330_006
ステラーカイギュウの全身骨格標本。人類が絶滅に追いやった哺乳類。何か言ってる連中に言い訳を聞いてみたい。

単純に生体の展示がないためか長々と見入ることもなく、来館者の少なさもあって比較的短時間で見学を終えてしまう。
なんだが消化不良です。検討課題を果たしたいと思います。

検討課題
・お触り自由な骨は心ゆくまで触りまくる
・図鑑等で恐竜の最新の体色を知っておく

2014年3月29日 (土)

Go West!! March 一富士二富士三富山 東海大学海洋科学博物館

2014年3月21日、静岡ホビーショーの行き帰りのついでに寄りたいと思いつつ、いつでも行けるような気がしてなかなか
訪れようとしてこなかった東海大学海洋科学博物館にようやく行きます。早めに行っておけば良かったと今さら後悔です。

20140329_001
白亜の建物外観。隣接する東海大学自然史博物館との共通入場券を購入して、いそいそと見学スタートです。

20140329_002
入ってすぐの水槽でトグロを巻いたり、ウニウニしたりしてたウツボ。

20140329_003
高さ5mを超える大型水槽。白ワニと呼ばれるサメのゆったりした泳ぎをしばらく見続けます。

20140329_004
リュウグウノツカイ。輝く体色も、赤い部位も確認できなくなっていますが間近にゆっくり観察できます。

20140329_005
ラブカ。つぶらな目元がラブリー。こちらも保存のため体色は真っ白。

20140329_006
壁一面に展示された深海魚。

20140329_007
2階ではクジラの全身骨格の展示。骨からしみ出す油を実際に触って確かめることができます。ヌルヌルです。ヌルヌルです!

20140329_008
屋外では模型の市街地と津波発生装置を用いて、チリ地震の際に起きた津波が沿岸の街に到達する様子を再現していました。

生体展示も多数あり、これは食べた、これは美味しかったと思いながら見て回るとアッという間に時間が過ぎていきます。

検討課題
・採集地もなんとなく見ておく
・図鑑で見た印象より実物の印象を記憶する

2014年3月28日 (金)

Go West!! March 一富士二富士三富山 往

2014年3月21日、休むことには真剣に取り組む姿勢を見せつつ西を目指します。

20140328_001
前日の火災事故により、大橋JCTから都心環状線へは通行止めの措置がとられています。後戻りできません。

20140328_002
名古屋に行きたくなる気持ちを必死に押さえ込みます。押さえ込む必要も無く、そのまま行けばいいのです。

20140328_003
最初の目的地でいろいろ堪能したのち走っていると、隠れるように立てかけられた気になる看板を見つけます。

20140328_004
格納庫はなく、カバーされた小型機が駐機していました。人影もなく、飛びそうな感じは微塵もありません。

20140328_005
さらに路傍に看板を見つけたので寄り道をしてみます。

20140328_006
風の影響か、砂地という軟弱な地面のせいか松の木は寝るように低く生えています。羽衣も天女も確認できず。

この項続きます。

検討課題
・思いつきの目的地変更もやってのける
・年に数回は名古屋成分を補給する

2014年3月27日 (木)

GAFFE Toyota Rav 4 proto T3 AD Sport Dakar 2004

大判のデカールを貼り込み、各部の帳尻が合わず破綻した状態をどうにかしようと辻褄を合わせていきます。

20140327_001
まず黄色と黒でタッチアップしつつ、デカールでカバーしきれていない部分もヌグヌグと筆塗りしていきます。
ここまで直線部などは無いカラーリングのため、マスキングなどはせずフリーハンドでやっつけます。十分です。

20140327_002
さらに比較的大きいデカールを貼り込みます。
テールゲート上部に設けられた尾灯を格納する凹み部分は、完成画像では白になっていますが面倒なので黒く
塗っています。本格派モデラー諸氏には大判デカールのきっかけと併せ、くれぐれもご注意ください。

貼り込んだ大判デカールの浮きを潰しきったら、細々したデカールを貼っていこうと思います。

検討課題
・デカール貼付後の空気溜まりを見逃さない
・デカール貼付後の空気溜まりは周囲を切り刻んで無理矢理追い出す

2014年3月26日 (水)

休むに休めず

2014年3月20日、三連休前の木曜日。いろいろあったり何だりで四連休にすべく画策するも予定は脆くも水泡に帰し、
午前中を抜けられない所用に費やし、午後は日頃無い真顔になったり、汗をかく時間として過ごすことになります。

折しも年度末、連休前の実質的週末、締め日の20日、雨降りの悪天候、首都高各所での事故などの諸々が重なり、
道路はどこも酷い渋滞。遅々として進まぬ都心へ向かう道路状況に自動車での移動は困難を極めます。

20140326
そんなこんなで予定していた時間ギリギリに目的地に到着。関係各位に不義理をせずに済みました。

午後には渋谷あたりで発生した首都高の火災事故により、都心の道路は混迷の一途を辿ることになります。
なんとしても連休中は休みを確保したいと足掻きますが、それさえ叶わない状況に追いやられます。

おかしいな、こんなはずじゃない。遊ぶための最強打線を組んでいたのに上手く状況が回っていないようです。
どうにもズル休みは当面できなさそうなので、為すべきことを粛々と片付けてしまおうと殊勝にも考えます。

検討課題
・それも仕事と諦める
・時間に余裕をもった行動を心がける

2014年3月25日 (火)

四合院 御徒町 麻婆豆腐

店舗はざっくりアメ横エリアにあり、直近の駅はJR御徒町駅か、銀座線上野広小路駅となります。

20140325_001
エビと玉子の塩炒め。
エビの少なさを露骨に感じますが「玉子の塩炒め エビ入り」と思えばなんてことはないです。
たいへんおいしゅうございました。

20140325_002
生ビール。
とりあえず飲んでおきます。大切なことですのでこの後、もう一杯飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20140325_003
石焼マーポー豆腐。
かなり熱せられた石鍋は配膳後もしばらく冷めることはなく、麻婆豆腐は沸騰し、テーブル周辺にラー油を飛び散らせます。
白いシャツで臨めばオレンジ色の斑模様のシャツになるかと思えるほどです。そして、なかなか箸をつけることができません。
沸騰も長く続き豆腐の水分をじゅうぶん飛ばしてくれるため、豆腐からでる水分もなくなるためベチョベチョした食感や
水っぽく薄まった食感を味あわずに済み、辛さと痺れをじゅうぶん味わえます。
たいへんおいしゅうございました。

20140325_004
004

豚バラ角煮チャーハン。
大振りではないものの小振りというほどでもなく、大量ということもなく僅少というわけでもない角煮が混ざっています。
濃いめの味付けのチャーハンに熱した麻婆豆腐をかけ回して食べればアッという間に完食できます。
たいへんおいしゅうございました。

昼間はメニューにある盛りつけを少なめにした「小皿」での注文が出来ないと店員さんにいわれます。食べ過ぎです。

検討課題
・冷菜で飲むことで季節の移ろいを実感する
・猫舌なりの食べ方で楽しむ

2014年3月24日 (月)

押上から上野

2014年3月16日、気温も高くなると予報されていたのでプラプラと歩き回ります。

20140324_001
押上駅から地上に出ます。日曜日とあってスカイツリー周辺は多くの人で賑わっています。
そんななか東武橋袂で咲く河津桜とともに、今日も元気にそびえ立つスカイツリー。

20140324_002
牛嶋神社に参詣したのち撫で牛を撫でまくります。

20140324_003
言問橋を渡り浅草神社へ。境内で猿回しのイベントの開催告知。時間が合わず見ることはできませんでした。

20140324_004
合羽橋でセクシーポーズをキメる河童をみます。半眼の眼差しは何を見ているのか気になります。

20140324_005
そのまま上野へ到着。高い気温と無目的に歩いたため、少しだけ汗をかきます。
体を冷やす場所を探しつつ帰宅します。

検討課題
・住宅街に隠れるナゾ店を見つけ出す
・サルと本気で目を合わさない

2014年3月23日 (日)

国立歴史民俗博物館 景

せっかくなので常設展も見て回ります。
興味深い展示物を見ながら、日本の歴史と文化を通じて民俗を学ぶことができます。とても一日では足りないくらいです。
とりあえず気になった大型の情景展示など。

20140323_001
奈良。

20140323_002
沖ノ島。


20140323_003
京都。

20140323_004
鎌倉。

20140323_005
江戸橋。

20140323_006
田園。

20140323_007
横浜。

スケールはまちまちながら大量の情景展示を見るだけでも楽しいと思います。
ゆっくり時間をとって何度も訪れたいと思いました。

検討課題
・大阪の民族博物館も見学に行く
・ユネスコ村で撮った記念写真を探し出す

2014年3月22日 (土)

国立歴史民俗博物館 震

2014年3月15日、これまでなかなか時間を取って訪れる機会のなかった博物館へようやく行きます。

20140322_001
現在催されている企画展を見たいと思ったのです。

20140322_002
歴史にみる震災 人は震災をどう生きたか
しっかりした心構えをするためにも、後学のためにも見学しておきます。

20140322_003
企画展は二部構成になっており、第一会場では東北での地震を中心とした展示が行われています。
2011年の東北大震災が引き起こした津波が日本海側に回り込んだり、南米まで到達後、ドレーク海峡やマゼラン海峡を
通り、遠く大西洋まで影響を及ぼしたことを示す動画などを見るとその巨大なエネルギーにただただ驚くばかりです。

20140322_004
第二会場では近代に起きた地震の展示があります。遅々として進まない東北の再開発を見るにつけ、関東大震災後の
清澄、深川地区の再開発と復興の様子は、現代的な権利意識のない時代だから為し得た都市計画のようにも思えます。
戦時中に起きた地震ということで、自分自身あまり意識することの少ない1944年の昭和東南海地震の資料の展示もあり
厳しい報道規制の様子なども知ることができます。

会期は2014年5月6日まで。

検討課題
・30分72時間1週間で行うことを考えておく
・何があってもオロオロしすぎない

2014年3月21日 (金)

Go West!! March

春休みとか三連休初日とかいろいろあるけど行くんだぜ!

20140321
行こう行こうと思いつつ後回しにしていたこともあるので、思いつきで重い腰を上げておこうと思います。

検討課題
・二つは回る
・チャンスがあれば三つ回る

2014年3月20日 (木)

運賃改定のお知らせ

4月から消費税率が変わることに伴い、各所で価格や料金の改定を行うといわれています。
日々利用する機会の多い鉄道運賃もその例に漏れず、駅などには細々と詳細を記した案内を掲示しています。

20140320_001
見る気も失せます。蒙昧な自分にとっては「税率変更に伴う料金改定」などといわれてもピンと来ず、むしろ単純に
ただ「値上げ」といってもらえたほうがしっくり来たりするのです。いずれにせよ抗うことはできないのですから。

ここ最近は通勤定期券としてICカードを利用していることもあり、そのカードでいろいろ買い物もできたりして
便利に使うことに慣れてしまいました。これまでは、駅の売店などで使った際に一円単位の端数を出さないように
使ってきましたが、今後はカード利用の場合は運賃自体が一円単位になるとポスターで知らせています。

20140320_002
上手いこと計算し、端数を出さないようにしてきた苦労が水の泡になるような気分になります。
そして末尾の桁を「0」にした際感じていた小市民的な喜びも半減してしまうような気持ちになります。どうでもいいか。

中途半端な8%という消費税率は、5%に比べて順応するまでに時間を要するような予感がしています。
暗算ですぐに計算できるよう訓練に励みたいと、相も変わらずモヤのかかったボンヤリした頭で考えます。

検討課題
・国際競争力を理由にした値上げは少しだけ疑う
・端数でオイチョカブをしない

2014年3月19日 (水)

ロッキーバーガー 利根店 布佐

半田にあったオリエントバーガーが惜しまれながら閉店し、地域で長く愛される独立系バーガーショップも減りつつ
あるなか、関東に於いて利根川沿いを通る際には何はなくとも立ち寄りたくなるのが、こちらのお店であったりします。

直近の駅である成田線布佐駅からは約4kmと少々離れた場所に店舗はあります。

20140319_001
チーズバーガー、テリヤキバーガー、ポテト、ジュース。
奇をてらうことのない安心、安定の味とボリュームです。
たいへんおいしゅうございました。

20140319_002
前回寄ったのは2011年10月。この画像だけ見ると年代を計りかねます。

千葉県の関宿にも同名店があり、近くを通る際には是非寄ってみようと思います。

検討課題
・自動販売機のハンバーガーを見つけたら必ず食べる
・ハンバーガーを解体して肴とご飯に分けて食べない

2014年3月18日 (火)

戦車!戦車?

店頭でいろいろ見つけると、ついつい買い増してしまいます。悪い兆候が表面化しつつあります。気にしません。

20140318_001
中期型。
履帯は前期型、後期型のどちらを巻くべきなのでしょうか。誘導輪が6穴タイプだと物欲衝動を抑えられません。

20140318_002
後期型。
部品構成は国産キットに類似した点を多く見ることが出来ます。難解な文字の説明書を読まずに作れそうで安心です。

20140318_003
装甲車用に懸案となっていた金属履帯も手に入れます。

20140318_004
Racing Team TSUKIJI。
同じキットが2個入っています。色を変えて作りましょうか、1個作ればじゅうぶんな気もしないでもありません。

迷走を続けています。いつも通りと自分に言い聞かせ、それさえも聞かなかったことにしようとしています。

検討課題
・いいから金色のを早く
・ヨンサンもちゃんとやれ

2014年3月17日 (月)

神保町駅前 3月 After

靖国通り沿いの植栽に変更を加え、街路樹を整備すると先月頃から案内の掲示がなされていました。

20140317_001
3月4日の時点で近隣住民の植えた草木は無慈悲にも根こそぎ撤去され、鉢植えなどは歩道脇に並べ置かれるように
なりました。すぐに竹柵も設置され、年度末のせいか作業の進み具合に自分の予想を超える素早さを感じます。

20140317_002
3月10日を過ぎると新たに何かを植えたことも判るようになりました。何が植わったのか自分には判別不能です。
花の咲く木々ではなさそうな感じを受けます。何年かしてモッサモサに茂ると印象も変わるのでしょうか。

これまでは近隣住民により植栽の手入れも行われていましたが、先日の無慈悲な撤去を受け、今後も協力を仰げる
かは微妙な雰囲気を感じたりします。木々の根元にゴミの散らかるようにならないことを祈るばかりです。

検討課題
・キャベツを完璧に育ててみる
・自宅庭の除草は慎重に行う

2014年3月16日 (日)

GAFFE Toyota Rav 4 proto T3 AD Sport Dakar 2004

ずいぶんとが空いています。牛歩であっても作業を進めます。

20140316
車体側面後部の黄色と黒の帯状のカラーリングが破綻しています。思い切りタッチアップを施す必要があります。
まず、黄色と黒のタッチアップをしてから細々としたデカールを貼っていこうと考えます。

検討課題
・それでも完成見本の画像を信じる
・つじつまが合うようデカールは迷わず切り刻む

2014年3月15日 (土)

本所防災館

2014年3月8日、歩きついでの気まぐれに入館してみます。

20140315_001
本来は予約のうえ、高い学習意欲を持って見学と体験をすべき場所です。ほろ酔いで入ってはいけません。

20140315_002
体験学習の前に約20分の映像を視聴します。
映像の内容は東北大震災に沿ったもので、地震・津波・火災・東京と4つのテーマで構成されています。
その後、地震シミュレータで地震発生時に為すべき作業の再確認を実地体験します。

大人向けには震度7以上の地震の再現した揺れを体験することも可能です。私は東北大震災の再現を体験しましたが、
止まることのない1分間の揺れのなか、テーブルの下で頭をかばいつつ雌豹のポーズをとり続け、軽く腰を抜かします。
這うように湯沸かし器の消火と、ドアの開放を手順に沿って行いますが、実際の揺れの時間は2分と聞き、とても冷静に
対応などできないと胸を張って断言できる結果となります。

20140315_003
体験学習を行うとカードを受領できます。そしてカードを5枚集めると「修了証」の交付も受けられます。

20140315_004
館内には様々な資料の展示もあります。係員の案内と説明を聞きながら見学できます。

20140315_005
施設の建築模型。本所消防署と併設された建物外観は秘密基地風でワンダバ感満点です。

20140315_006
記念にと思い購入したピンバッジ。カード集めの折りに他のバッジも購入していこうと思います。

検討課題
・心頭滅却しても火からは逃げる
・どこにどうやって逃げるか普段から考えておく

2014年3月14日 (金)

天府酒楼 錦糸町 麻婆豆腐

蔵前橋通り沿い、オリナス錦糸町の近くに「四川料理」と赤い看板を掲げた店舗を見つけることができます。

20140314_001
腸詰め。
香辛料の少なさから、下に敷かれたキュウリの匂いと味を強く感じます。
たいへんおいしゅうございました。

20140314_002
ハイボール。
金曜日までに生ビール、瓶ビールともに完売とのことで、昼から紹興酒もアレと思いハイボールを飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20140314_003
麻婆豆腐。
辛いです。痺れる感覚は無いものの、辛さはじゅうぶんあります。四川風味は感じられませんが辛いです。
たいへんおいしゅうございました。

20140314_004
豚肉角煮チャーハン。
量多いです。二人前分は余裕であります。ベッチョリとしたなかに焦げ味と、きつい塩味が混ざり合っています。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・メニュー画像に写る苦手食材を素早く見つける
・残すか予め排除して貰うか正しい判断をする

2014年3月13日 (木)

住吉から浅草

2014年3月8日、碁盤の目のような街区のため、歩いても面白くないと避けていた地区ですが歩いてみます。

20140313_001
住吉駅から地上に出て、猿江恩賜公園内を散策します。園内の池に魚影はなく、鴨の集団がいるばかりです。

20140313_002
横十間川を横切る新大橋通り本村橋からスカイツリーを眺めます。カヌーをする人多数。アメンボのよう。

20140313_003
錦糸町の馬関連施設と、玉関連施設の居並ぶ横丁。意識をしっかり保っていないとケツの毛まで毟り取られます。

20140313_004
喫茶店のだす看板といえば「高校野球放送中」や「サッカー日本代表戦」などを思い浮かべますが、上記の馬関連
施設もあるためか「競馬中継中」の看板をだす店を多く見かけます。
店先の看板として夏に「冷房中」と掲げた喫茶店を見かけなくなったと寒い今の時期に思い出します。

20140313_005
錦糸公園の河津桜も咲き始め、そこに鶯も飛んできます。

20140313_006
北十間川を横切る墨堤通り枕橋から鉄分を補給しつつ、再びスカイツリーを見上げてみます。
この区間は特急列車はじめ進入してくる列車はスローダウンするため、落ち着いて撮れるような気がします。

そのまま休憩場所を探すように雷門近くまでフラフラ歩き、水分補給の後帰宅。

検討課題
・ギャンブルの引き際は早め早めを旨とする
・高校野球は品行方正に視聴する

2014年3月12日 (水)

密室なんとか

エレベータ内部に緊急時用のキットが設置されていることを近ごろ目にします。
カーゴから携帯電話を用いて外部へ通話ができない場合もあるため、管理や監視を行う場所へ連絡するための機能は
従来から用意されていても、地震などの災害により同時多発的にトラブルが発生すると対応するまでの時間もかかり、
それまではカーゴに取り残された人たちの自力で対処してくださいね。ファイトッ!ということなのでしょう。

20140312_001
ベンチや物を置く台にもならない微妙なサイズ。厳重な封印を剥がし、無為に中身を見たくなります。
何が入っているのか分からないというのは訳もなく不安になります。緊急時に焦って開けてみたら望んだものは入って
おらず落胆を増幅させることになるかもしれません。アイドル雑誌の歌本、発煙筒、雨合羽などなど、もうガッカリです。

20140312_002
内容物についての説明と、封印を解除した際の注意を表示してあるものもあります。
非常用保存食、LEDランタン、救急セット、携帯用簡易トイレ、アルミブランケット、ホイッスル、テッシュ、飲料水を
内蔵していると書かれています。保存食の味と量についての詳細に興味もありますが、なんとなく安心できます。

個人的にはカーゴから脱出するための道具も用意されていればと思うのです。
脚立、掛矢、バールのようなもの、マーチンベーカーMk.4、コンポジション4などが準備されていれば便利に使えそうです。
長時間、閉所に留まるのを苦手とする方もいるでしょう。粘土のような保存食をチマチマ囓ってる場合じゃないんです。
なら日頃から階段を使えよと指摘されそうです。高層階まで歩いて登ったり降りたりなんぞ疲れるのでまっぴらです。

検討課題
・赤色や黄色のボタンを興味本位で連打しない
・保存食といえども消費期限内に食べておく

2014年3月11日 (火)

物流博物館

2014年3月1日、品川駅から歩いて訪れたのはこちら。
先日、関東地方に降り積もった大雪や、3年前の震災の際などに物流網が機能しなくなったことなど記憶もまだまだ
生々しいものであり、興味を持って見学しようと思いつきノコノコと出掛けたわけです。

20140311_001
建物外観は非常にサッパリしたもので、歩きながら注意していないと見過ごしてしまうかもしれないほどです。

20140311_002
館内地下展示場には大型ジオラマがあり、陸海空それぞれの運搬を動きのあるミニチュアで確認することができます。

20140311_003
しばらく眺めていると照明が落ち、夜間でも止まらない物流を時間の経過とともに表すような表現もなされます。

20140311_004
学習ゲームコーナーもあります。運搬にかかる費用と日数の関係を解りやすく教えてくれます。

20140311_005
鉄道ポスター展という企画写真展も行われていました。

江戸時代の伝馬制度や問屋制度などから、現代の宅配便システムまでを様々な資料とともに学ぶことが出来ます。
そして、今日頼んで明日届く不思議の一端を理解することになり、まったくもって有難いことなのだと思うのです。

検討課題
・届いた荷物の中身が全損してても配達員に当たり散らさない
・在宅時に不在票だけ配達されても冷静な電話応対を心がける

追記

Kamotsu
船の科学館が一般公開を休止する前の2011年9月に訪れた際に撮った貨物船のカットモデルとジオラマ。
こちらで記事にしたのは2013年8月におとずれた「東京みなと館」の港湾ジオラマです。
下が万世橋駅舎跡にできた「mAAch マーチ エキュート」に展示されている旧万世橋駅周辺のジオラマ。

Manseibashi

2014年3月10日 (月)

品川から春日

2014年3月1日、曇りときどき小糠雨といった空模様のなか歩くでもなく外へ出ます。

20140310_001
品川駅前。高輪口からフラフラと坂を上り、目的地を目指します。
後から地図を見て、高輪台駅から歩いた方が目的地までの距離も短く、下り坂で行けたことを知ります。

20140310_002
再度、品川駅に向かう途中にみた警告看板。キリル文字が先頭にくるなんてどうしちゃったのでしょうか。

20140310_003
春日駅から連絡通路で直結している文京シビックホールに寄ります。ナントカですから高い所に登りたがります。

20140310_004
25階の展望室からスカイツリーを眺めます。

20140310_005
視界不良の天候なので地上を見下ろし鉄分を補給します。

20140310_006
更に鉄分補給です。架線のない鉄道の素晴らしさを再確認します。

20140310_007
春日町交差点から春日通りを東に移動し、文京ふるさと歴史館へ立ち寄ります。
短い距離ながら、本郷台地へ向かう上り坂を堪能できます。

20140310_008
現在の文京区に居を構えた田村家の資料等を展示した「武士の家系図 田村家資料の世界」を見学します。
家系図にあって女性名の書かれていない時代の長さに驚きます。また徳川家の円形の家系図は初めて見る形式でした。
展示品にあった縮緬細工の猫の人形がとてもラブリーな出来映え。
会期は2014年3月16日まで。

外に出ると小糠雨から小雨に変わりだしたのでイソイソと慌てて帰ります。

検討課題
・事前に坂の上り下りを調べる
・悪天候化での効率的な移動を考える

2014年3月 9日 (日)

ねんどろ 購入

下心あって女子高生フィギュアを購入。

20140209_001
原作となったコミックを買ったような気がしますが、本棚に見あたらないので捨ててしまったのかも知れません。

20140209_002
ネガティブな思考を隠すことのない顔色の悪さ。ジャージをなぜ履く。

20140209_003
この顔パーツを手に入れたかったのです。

20140209_004
女子高生繋がりで西住隊長に付けてみます。

20140209_005
赤王さまにも取り付けてみます。

これは色々便利に使えるような感じがします。

検討課題
・不要と思えば本体でも処分する
・壊れやすそうな小パーツは複製も考えておく

2014年3月 8日 (土)

王府酒家 淡路町 麻婆豆腐

靖国通り淡路町交差点から路地を一本入ったところのビル地階に店舗はあります。

20140208_001
色々選べる!4点セット。
ランチタイムのセットメニュー。指定のメニューから任意に4点を選ぶ形式。
麻婆豆腐、炒飯、焼売、杏仁豆腐の4点を選びます。店員さんに麻婆豆腐を辛くして欲しいとお願いしてみますが、
セットメニューでは通常の辛さしかできない、辛いのを希望するなら単品で頼んでくれと言われます。
全体に物足りなさを感じる分量の盛りつけ。腹八分目にはちょうど良いのだろうと捉えます。
たいへんおいしゅうございました。

物足りなさを放置するのも精神衛生上良くないのではないかと考え、追加注文を試みます。
我慢しきれず「スイマセン」と声を張り上げますが見事にシカトされます。
厨房A:ホールは俺の仕事じゃねぇ
厨房B:客の注文より俺の喫煙を優先するぜ
店員C:アタシは仕事しない仕事に忙しいアル
店員D:ボク日本語判らないアル
店員E:しょがない、面倒だけど俺が行くしかないか
といった感じで、注文を取り消したくなる気持ちがムクムク湧き起こってきます。

20140208_002
生ビールと焼き餃子。
頼んでしばらくしてから喫煙からお戻りの厨房担当者の手を煩わせ、ようやく配膳。焦げてる割りに中は半生。
たいへんおいしゅうございました。

店内の客数より店員の方が多いのに、何とも言えないレスポンスの悪さだけを猛烈に感じました。

検討課題
・シカトされたら現地語で悪口を呟いてみる
・言葉の通じない場合は敢えて横柄に振る舞う

2014年3月 7日 (金)

大型書店にて

勤務地近くにあるガラス張りのエレベータを有する大型書店にて、書籍の刊行を記念するかのように誌面に掲載された
作例を展示していたので、ケースに張り付きネトネトと長時間にわたり見入ります。そう、ラッパの少年のアレです。

20140207_001
作例の製作者は松本洲平氏。1980年代、氏の作品から多大な影響を受けたモデラーも多いと思います。
自分自身にとってカリスマといっても過言ではなく、特に「改造しちゃいかん!」は、現在に至るまで金言として忠実に
模型製作時の規範としているほどです。その影響を与えてくださったモデラーの作例を誰憚ることなく見られるのです。

翻って自分はどうかというと製作は停滞の一途を辿っています。

20140207_002
言い訳はいくらでもできますが、書いたところで製作のペースに変化は見られないで割愛しておきます。
今年一年のうちに完成させるくらいの気構えで緩慢に作っていきたいと考えています。

とりとめも無いままカテゴリーは「ヨマイゴト」とします。

検討課題
・タダ見だけじゃなく掲載誌も購入する
・生作例を見学する機会を増やす

2014年3月 6日 (木)

危ノーマル系女子 真田ジューイチ著 フレックスコミックス刊

秋葉原のコミックス専門店に掲げられた屋外広告を見て、新刊が発売されたことを知ったので買っておきます。

20140306_001
街路樹が枯れていたから気付いたものの、葉の生い茂る季節だったら見過ごしていたのかもしれません。

20140306_002
高校に通う主人公の周りに集う女性が悉く変態。身も蓋もない表現ですがそんな感じなのです。現実感皆無です。
WEBコミック「COMICメテオ」誌上にて連載中ですが、自分はいつも連載更新や、新刊案内をチェックし忘れます。
おそらく自分自身にマンガをウェブ上で見る習慣が無いことからくるものだと思っています。
なので単行本がでたのを書店で確認したら、慌てて買って読むことになります。

20140306_003
著者は「カトウハルアキ」というペンネームでも描いており、その棲み分けの基準はよく分かっていません。
とりあえずこのシリーズは今後も続けて欲しいと思っているのですが、詳細については不明のようになっています。

続きそうな感じのまま終了してしまうマンガも多く、その理由はさまざまです。
紙ベースの発表、刊行が困難であればウェブ上で未完の作品を補完していただきたいと切に願ってしまうのです。
もちろん現在でも行っているところもありますが、原作者や著作者、出版社や編集者のいろいろで再発表の機会を
失ってしまっている過去のマンガを手軽に読み返したい欲求だけはあったり無かったりするのです。

検討課題
・気に入ったからといって作者の過去のマンガを全部買い揃えない
・気に入った作者が過去に描いたマンガの画風が好みじゃ無くてもガッカリしない

2014年3月 5日 (水)

馨香 岩本町 麻婆豆腐

店名は「しんこう」と読みます。なかなか読めません。
店舗は靖国通り東神田交差点の近くにあり、最寄りの駅は岩本町駅、または馬喰町駅となります。

20140305_001
麻婆豆腐定食。
ランチタイムの定食。ご飯、スープ、小鉢、デザートが付きます。
麻婆豆腐は甘辛さと控えめな痺れを楽しめます。食べていると次第にジンワリ汗もかくくらいの穏やかな辛さです。
たいへんおいしゅうございました。

20140305_002
生ビール。
店内のテレビで東京マラソンを見ていたため、不思議と喉の渇きを覚えたので飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20140305_003
エビマヨネーズ。
単品メニューを頼みます。中途半端な時間に入店し、自分以外の客もいなかったことで注文を受けていただけました。
たいへんおいしゅうございました。

20140305_004
トマトと玉子炒め。
こちらもテレビ観戦用に単品メニューの中から選び、頼んでみます。配膳されてからギョッとします。
トマトとキュウリと玉子とキュウリ炒めといっても過言じゃないほどのキュウリ混入率。食べる前から涙目です。
たいへんおいしゅうございました。

訪れたときは休日の中途半端な時間だったこともあり、周辺に歩く人もおらず、店内にも自分だけという状態。
それでもテキパキと動く愛想の良い店員や、お手頃な価格など駅からの微妙な距離を補うものはあると思いました。

検討課題
・テレビ桟敷の素人解説に耳を傾ける
・店内テレビのチャンネルを勝手に変えない

2014年3月 4日 (火)

茅場町から御徒町

2014年2月23日、浅草橋で買い物をしたい気持ちがありながら、昨年の同時期に浅草周辺で東京マラソン開催の
関係から思うように歩くことができなかったこともあり、コースを外そうと思い茅場町あたりから歩き出します。

20140304_001
地上に出てみれば新大橋通りから永代通りに曲がるマラソンコースとなっており、下調べなど考えたこともない
自分の迂闊さを呪うことになります。後悔しても始まらないのでランナーに声援を送りつつ、道路をいかにして
渡るかを思案します。だらだら歩き、水天宮駅の出口通路を使い道路の横断に成功します。

20140304_002
人形町あたりの居酒屋店頭の置物。ほのぼのさは感じられず、三毛別な雰囲気満点です。

20140304_003
注染といわれる染色用型紙を屋外に展示していたのでシゲシゲと見入ります。
現代であれば線画データを作り、レーザカッタでチュゥーっと切ってしまえば済む作業も、過去には失敗など
許されない環境下でひたすら人力作業だったのだろうなと思いながら自分好みの柄を探そうとします。

20140304_004
かっこいいトタンハウス。看板を見るとチェリーも取り扱えば、REもこなすと掲げられています。

20140304_005
東日本橋駅近くから電線の彼方に先端部を覗かせるスカイツリーを見つけます。

20140304_006
馬喰町の問屋街をウロウロしながら浅草橋交差点で、マラソンコースへの車両の進入を阻む現場に遭遇します。

20140304_007
神田川に架かる美倉橋から浅草橋方面を眺めます。青い橋の名前を調べ忘れます。

20140304_008
神田和泉町あたりから秋葉原駅に近い家電量販店を見ます。空を塞ぐような壁のごとき店舗外壁です。

そのまま御徒町まで歩き、改装作業中の百貨店で食材を買い込み帰宅します。

検討課題
・コース変更は柔軟に行う
・予定をこなせなくても落胆しない

2014年3月 3日 (月)

東京マラソン 2014

2014年2月23日、出歩こうと思い出掛けた先で思いがけずマラソンを見ることになります。

20140303_001
ゆるキャラ。
ランナーより過酷なのでは?と思うほどよく動いていました。そして応援に着た人々に撮られまくっていました。

20140303_002
コースに直交する幹線道路は部分的に通行止め。走る車がいないだけなのに、なんとも不思議な感じがします。

20140303_003
怪獣が走ります。

20140303_004
光の戦士も走ります。

20140303_005
ライダーも走れば、アルヘンティナの至宝も走ります。

20140303_006
兄弟で仲良く走ります。

20140303_007
応援している人々も思い思いの衣装に身を包み、ランナーにありったけの声援を送っていました。

検討課題
・海外からの参加者と思しき人にはその国の言葉で声援を送る
・間違っても自分も走るなどと考えない

2014年3月 2日 (日)

ポワソンルージュ 大井町

2014年2月22日、先日の降雪によって日延べとなっていた43モデラーの新年会が無事、行われることになります。
場所は大井町駅に近く。これまで数度利用させていただき参加者からも好評を博しているポワソンルージュ。

20140302_001
ひとしきりフィギュアスケート関連の話題などに興じつつ、涙腺の緩みがちなお年頃となった方の機微に触れます。
まずワインで乾杯。サラダ、テリーヌなど食べながら会話のテーマはあらぬ方向へと推移していきます。
たいへんおいしゅうございました。

20140302_002
俺の塩2014。

20140302_003
エスカルゴ。
たいへんおいしゅうございました。

20140302_004

豚肉。

20140302_005
魚の裏漉しスープ。
魚を飲んでる。といった感じの濃厚な味わい。
たいへんおいしゅうございました。

20140302_006
イタ車。

20140302_007
鯛のポワレ。
トマトソースをかけて食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20140302_008
ダッツン。

20140302_009
牛頬肉のワイン煮込み。
いくつかから選ぶなら手の込んだ料理にしようということでこちらを選択。
たいへんおいしゅうございました。

20140302_010
フォンダンショコラ。
甘いものをコーヒーと共にいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

モデラーの集いらしく馬鹿話のなかにも「残りの人生で作れる数」というものを現実的に考えないといけないと
予想外の真面目な話もあったりで、翻って適当にしか作っていない自分にとっては痛い所を突かれた気持ちにも
なる。なんにせよ、寒いだなんだと言ってないで手を動かさないことには始まらないとも痛感するのです。

検討課題
・壁一面のキットの山を見て尻込みしない
・テーマをもって作ることを少しだけ意識する

2014年3月 1日 (土)

神保町駅前 3月

今年2月になった頃から靖国通り沿いの植栽に何やら札がかけられています。

20140301_001
小さな文字でギチギチ書かれています。

20140301_002
これまで東京都が満足に管理してこなかった街路樹周辺の植栽に、近隣の方々が思い思いに草木を植え育てて
きたのを予定が変わったので全部撤去しろよという内容。筋は通っているけど釈然としないものを感じます。

20140301_003
振り返って歩道を狭めるプランターには何の指示も無し。釈然としない気分が更に倍増していくのを感じます。

上記の画像を記録したのは2月21日だったりします。そして、その時点で当初の撤去期限は既に過ぎています。
予定では今月中には植栽の変更も完了するとなっています。果たしてどうなるか後々確認したいと思います。

検討課題
・除湿剤に溜まった水は有効に使う
・道端にミントの種をこぼさない

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »