« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014年5月31日 (土)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー メーカー

各メーカーからの新製品なども見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、メーカー名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については割愛
させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140531_001
s=1/43 リジェ JS31 / CPモデル
手持ちのメリキットのキットをどうしようか思案してしまいます。ただ、やはり踊り子のマークは無しのよう。
隣の赤い車は、人間発電所じゃない方のブルーノが操ったライフ。

20140531_002
s=1/43 Petty #43 / Spark Models
クラシックナスカーは集めたくなってしまいます。ヤーボローとペティは見つけたら買ってしまいそうです。

20140531_003
s=1/43 Rial ARC1 / Spark Models
手持ちのタメオキットのキットをどうしようか思案してしまいます。ただ、やはりマルボロのマークは無しのよう。

20140531_004
s=1/43 ベントレー / Spark Models
上のF1などと併せ、マイナーな車種までモデル化するあたり、業界的にもネタ切れなのでしょうか。

20140531_005
s=1/48 潜水艇 トライトン / アオシマ
シリーズ名に「ディープ シー エクスプローラ No.1」と書かれていることからシリーズ続編に期待してしまいます。

20140531_006
s=1/48 潜水艇 トライトン / アオシマ
キットにはペーパークラフトのダイオウイカも付属されると説明を受けます。久々に楽しみな模型です。

続きます。

検討課題
・シュリンクパックしてある模型のビニールを勝手に破かない
・値札をきれいに剥がせなかったとこを製作しない理由にしない

2014年5月30日 (金)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー 他

他いろいろな作品展示を見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140530_001
s=1/6 ソ連防空軍パイロット / トライアングル
MIGパイロットのスクラッチモデル。ソ連のパイロットってこんな感じだったなぁと思い起こします。

20140530_002
s=1/6 ソ連防空軍パイロット / トライアングル
なかなか図版などで紹介されることの少ない背面のディティールも再現されています。

20140530_003
s=1/Free Ford GP / 伊勢フライングヴィーナス
大塚康生氏監修によるディフォルメモデル。パッケージには「MAX CARTOON SERIES NO.1」と書かれるも
シリーズはこの一作で終了。約40年ほど前のキットでありながら売価350円と、当時的には少々お高めの逸品。

20140530_004
別の席で話題に出た書籍。こちらも表紙に「1」と書かれていたが続刊が出ていたのであろうか。

20140530_005
s=1/不明 仙台城 / 全国城郭模型普及協会
当初、テーブルには画像のような位置で展示してありました。お話を聞くと作品を手に取りクルクル回し始めます。

20140530_006
s=1/不明 仙台城 / 全国城郭模型普及協会
ディフェンス、オフェンスそれぞれの視点で城郭を眺める面白さを教えていただきます。
平面の古地図、総構えの城郭図ではなく、立体で兵士の視線でみることで攻撃点や、防御の要を見つけ出せると興味
深いお話しを聞かせていただき、なるほど城郭模型は奥が深いなと思いました。

20140530_007
s=1/1 堀越二郎のシベリアケーキ / Model Works
今回の展示作品の中で最大の問題作。モデルは原寸サイズでフルスクラッチ。素材に小豆や有精卵、薄力粉に寒天など
用いて製作されています。製作の最大の難所は羊羹部の製作だったと作者のお話。食べられるけど模型です。料理?

20140530_008
s=1/6 大和田暁 / G.I.OPS
澤瀉屋でならした日本一の土下座芸。倍返し寸前の半沢直樹のモデルも同時に展示してありました。

続きます。

検討課題
・どこかにしまった偽ネズミの模型をそろそろ作る
・モノグラムのディフォルメモデルシリーズを処分したことを今さら悔やまない

2014年5月29日 (木)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー 航空機 & 艦船

航空機と艦船の作品展示を見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140529_001
s=1/32 F-105D / 全国ソリッドモデル連合会
フラップをはじめ可動部位多数。製作者は「平行に動くようにするのが手間」と軽くおっしゃいます。
手間なら固定でいいじゃない。面倒なら再現しなくていいじゃない。とすぐに楽することを考える自分にとっては
ソリッドモデル製作者達の模型製作に臨む姿勢の違いにただただ驚かされます。

20140529_002
s=1/32 キャンベラ / オービーズ
木型を作り、ラジコン用FRP材を用いて製作中とのこと。エンジンポッドを持たせていただくと軽く、硬い。

20140529_003
s=1/72 一式陸攻 / 押入れモデラーズ倶楽部
わけがわからないよ

20140529_004
s=1/700 航空城郭艦 伊予 / TEAM MIKANSEI
城の戦艦を見つけます。よく見ていないと見過ごしてしまうほど違和感なく城が紛れ込んでいます。

20140529_005
s=1/700 港湾ジオラマ / ミンダナオ会
見所が多すぎて目移りします。

続きます。

検討課題
・全て無視して自由に作ってみる
・艦船モデル用エッチングパーツを買い込まない

2014年5月28日 (水)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー AFV

AFVの作品展示を見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140528_001
s=1/35 アチザリット / 岐阜コックピット
買うだけ買って棚にしまってあるキットの作例を見ることで自分を奮起させようとします。
そして、見れば見るほど完成までの道のりの遠さを実感し、萎えまくります。

20140528_002
s=1/35 61式戦車 / 岐阜コックピット
履帯を積んでいる状態をみると「高崎駅」か?と一瞬思ってしまいます。高崎駅はコンクリート敷きだったか。

20140528_003
s=1/35 61式戦車 / 小松Gクラブ
61式戦車つながりで。

20140528_004
s=1/35 61式戦車 / 小松Gクラブ
懐かしい薄緑の迷彩服を着た乗員。陸上自衛隊の迷彩服と言えばこのパターンの印象が非常に強いのです。

20140528_005
s=1/35 4号ラングL70 / Plastics Warriors
厳冬期の小川では海から遡上後、産卵を終え息絶えたラングの姿を見ることができます。

20140528_006
s=1/35 4号F型 / Plastics Warriors
作例の前に陣取り1時間ほど眺めていたくなります。

20140528_007
s=1/35 シャール2C / Plastics Warriors
発売間もないような気もするが同一人物による複数台製作。

20140528_008
s=1/35 SU-122 / タカマツニッパーズ
明るい緑色に「うぐいす色」を用いたと説明にあり、これを自分自身の解決に糸口にしようを何かが閃きます。

20140528_009
s=1/35 T-90A / May-Q同盟
今回の展示で見かけることの多かったのが全体に明るめな塗装。あるいは白っぽい感じの作例。
自分のように濃い色をネチネチ塗り重ね、至る所にスミ入れを施そうとする製作手順では到達しない色調です。

続きます。

検討課題
・サラッと作った風は手抜きの素組とは違うことを知る
・細かい部分にも気を配る

2014年5月27日 (火)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー 二輪車

二輪車の作品展示を見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140527_001
s=1/12 ホンダ CX500 / CLUB Two Pinion

20140527_002
s=1/35 ホンダ XLR / 岐阜コックピット

20140527_003
s=1/6 ホンダ DAX / 職人ユニット WILD
風に舞い落ちる銀杏の葉の表現は圧巻。

20140527_004
s=1/6 自転車 / 職人ユニット WILD
スケールは記録していなかったので間違っているかもしれません。同時に並べられたオートバイと同スケールと
して上記とします。自転車の後ろに大量の南京錠があるので、パン屋じゃない方のポンテザールだと分かります。

20140527_005
s=1/12 サイクロン / アルバトロス モデラーズ・クラブ
中途半端にデカール、中途半端に塗装と部品点数は少ない割りに面倒なキットを丁寧に仕上げてあります。

20140527_006
S=1/12 elf 耐久レーサー / CLUB Modeler GP
キット化して欲しいな…

20140527_007
007
S=1/12 elf GPレーサー / CLUB Modeler GP
前輪左側に設置された特徴的なステアリング機構も再現されていました。

続きます。

検討課題
・一度はスポークのピアノ線化に挑戦する
・ネトネトになってるプロターのキットに見切りを付ける

2014年5月26日 (月)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー 四輪車

四輪車の作品展示を見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140526_001
s=1/24 ポルシェ 961 / アサヒ倶楽部
清潔感のある仕上がり。

20140526_002
s=1/24 アバルト 750 / Blog! Modelers
ベースキットから大改造を施してあるとはすぐに分からないほどの破綻のない完成度。

20140526_003
S=1/25 AMC ペーサー / club MODENA
模型イベントでペーサーの作例展示があれば可能な限り掲載するようにしています。というのもMPCにしろ、amtにしろ、
ラフなパーツの梱包で知られたメーカーのキットです。車体後方に広大なグラスエリアを有するペーサーは、購入段階で
そのほとんどのキットにおいてクリアパーツに擦り傷や、ひび割れなど残念な状態になっていることが多くあります。
それを高い透明度を保ちつつ、キズ一つ無い状態で完成させているのは非常な労力だと思うのです。

20140526_004
s=1/25 MODIFIED STOCKER / 模型の会 轍
ダートオーバルを走るストックカー。スケールはもしかしたらs=1/24かもしれません。

20140526_005
s=1/8 トヨペット クラウン / Repricompany
ヨネザワ製クラウンと、リンドバーグ製ドラッグ霊柩車をミックス。発想の過程を知りたくなります。

20140526_006
クジラです。間違えようのないほどクラウンです。いつかは乗るクラウンです。

20140526_007
s=1/10 RC用ボディ / ぺいんと マイスターズ
モデルについてスケール、車種名の詳細は控えていないため上記とします。
RC用透明ボディに裏側から塗装していると説明を受けます。微細な塗りによって表現されておりクラクラします。

続きます。

検討課題
・たまにはニーヨンとか作ってみる
・使いやすい細筆を探す

2014年5月25日 (日)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー ヨンサン

何はなくともヨンサン見学です。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20140525_001
フェラーリ 250GTO / 静岡オートモデラーの集い

20140525_002
ロータス / 静岡オートモデラーの集い
カウルスタンドを用意してあることから解るように、フロントカウルは着脱可能。

20140525_003
パナール ディナビア / ルマンの会
ヨンサン業界最大手にして老舗のクラブらしいバラエティに富んだ作例展示。

20140525_004
シボレー コルベット / ルマンの会
各スケールを通じてこれまでモデル化されたことの非常に少ない73年頃のC3と思われます。

20140525_005
ランチア ストラトス / 四つ葉のクローバー大作戦
模型製作を楽しんでいることが伝わるサークルのテーブルで見つけたアレナのストラトス。

20140525_006
ブガッティ タンク・プジョー LVL / オービーズ
プジョーはCCCのキット。

20140525_007
フェラーリ 312P / 東京ナイト倶楽部

20140525_008
フェラーリ 312PB / 東京ナイト倶楽部

他にもヨンサンの展示はありましたが見落としていたり、記録漏れしたりしています。
続きます。

検討課題
・キットの車種名も記録しておく
・キットのメーカー名も教えていただく

2014年5月24日 (土)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー

2014年5月17日、今年も万障繰り合わせ、どうにか静岡へやってまいりました。

20140524_001
模型の世界首都に到着です。今回、田宮本社の見学も考えていましたが、時間的に果たせずじまいでした。
静岡駅前の静岡ホビースクエアと併せ、いつか見学しておきたいと考えます。

20140524_002
戦車を見ます。日常生活に無い車輌なので、間近に見ているのも関わらず、どうにも現実感がありません。
サイドスカート下の黒いビロビロを触り、その固さを体感したいなぁ、などと思いながら見て回ります。

20140524_003
開場からしばらくして、行列も解消しだした頃に館内に入り様々な作例をゆっくり見学していきます。

20140524_004
帰る前にもう一度戦車を見ていきます。何やら動いた形跡があります。ビロビロ触りたいなぁ。

20140524_005
それでは皆様また来年。

この項しばらく続きます。

検討課題
・全てを見ることを心がける
・人波に逆らわず泳ぐように歩く

2014年5月23日 (金)

餃子の匠 末広町 麻婆豆腐

店舗は地下鉄の湯島駅と、末広町駅の中間くらいの場所にあります。住所は外神田となっているので上記としました。

20140523_001
陳麻婆豆腐と生ビール。
暑いのでとりあえず飲んでおきます。
麻婆豆腐は辛いです。花椒は麻婆豆腐の上に振りかけているのではなく、製造過程で混入していると思われます。
なので食べていると突然、猛烈に痺れる感覚に襲われます。これはこれで面白いです。ただ量が多すぎます。
たいへんおいしゅうございました。

20140523_002
焼き餃子。
店名に「匠」と謳っていることもあり、ご飯の代わりと2枚頼んでみます。
達人や匠と呼ばれる者の為す業というのは、凡庸な人間が受取手となると何のことやら思い及ばぬことになります。
これも食べると私にはどこらへんが匠なのかさっぱり分かりません。火は通り、温かく、香ばしいことは分かりました。
たいへんおいしゅうございました。

別のテーブルのグループ客が瓶ビールを注文します。店員の手により開栓された瓶ビールが配膳されます。
注文をした方が店員に「ビールの量」が少ないことを問い質します。店員は自分が開栓したから間違いないと言います。
細かいことを気にしない。自分の間違いを認めない。日本語が分からない振りしてやり過ごす。個人の素養か国民性か。
埒があかないと痺れを切らした客が「開栓していない別の瓶ビールを持ってきてここで開けろ」と要求します。全くだ。
別の瓶ビールは先のものとは明らかに違う内容量で、本来の内容量といえることもあり客もそれ以上なにも言いません。
店員は初めからそんなことはなかったかのように内容量の少ない瓶ビールをそそくさと片付けます。見たままです。

何が言いたかったかというと、コップに注がれた酒の表面張力の高さが違うと言って、見ず知らずの隣席のオッサンと
殴り合いも厭わない呑助の本気の眼力なめんな。ということです。

検討課題
・性善説には限界もあることを踏まえる
・栓抜きの常時携帯の励行に努める

2014年5月22日 (木)

入谷から末広町

2014年5月18日、前日のホビーショーでの歩き疲れを僅かに感じながらも出歩きます。

20140522_001
それでも前回と重複するエリアもあり、狭い範囲の歩き回りとなってしまうため入谷駅で下車してみます。

20140522_002
この日は浅草でも三社祭を行っっており、絶好の祭日和。祭半纏を着た人たちを多く見かけます。

20140522_003
軽く鉄分を補給します。

20140522_004
不忍池ごしにスカイツリー。

20140522_005
御徒町と湯島周辺を歩き回り末広町に出たところで見つけた新しい事業。欲望の種は尽きないといった感じか。

日なたを歩くと汗をかくほどの陽気でもあったため、寄り道も最小にして帰宅します。

検討課題
・雪駄と下駄の手入れを怠らない
・赤玉が出てから先のことを考える

2014年5月21日 (水)

海蔵 神保町

会社帰りに寄ります。新鮮な海鮮料理と、豊富なお酒を用意する落ち着ける居酒屋です。

20140521_001
生ビール。
お酒の種類が多く、メニューとにらめっこをしていても喉は潤ってこないので、とりあえずビールです。
たいへんおいしゅうございました。

20140521_002
和風コンビーフ。
固めで塊感のあるコンビーフ。肉食ってる感を楽しめます。
たいへんおいしゅうございました。

20140521_003
白エビの唐揚げ。
塩味をきかせた甘い白エビの唐揚げ。甲殻類は基本。
たいへんおいしゅうございました。

20140521_004
つくね。
軟骨も入っているのか噛んでいるとコリコリしたものを感じます。
たいへんおいしゅうございました。

20140521_005
穴子の白焼き。
パリッとした焼き加減。苦手なキュウリと一緒に食べたり努力だけはしてみます。
たいへんおいしゅうございました。

20140521_006
ホンビノス貝のバター焼き。
最近よく見かけることの増えてきた食材。悪質なところでは「ハマグリ」と称して販売したりしています。
自分自身、ホンビノス貝もハマグリも常食としていないため、両者の味の差などを的確に認識することはできません。
こちらのバター焼きは身も詰まっていたし、完璧な砂抜きを施してあったので何思うこと無く完食できました。
たいへんおいしゅうございました。

こちらに入るとまず、刺身を頼むか否かで迷います。刺身の盛り合わせを頼むとそれだけでお腹いっぱいになります。
他の料理を食べたいときは多人数でいったり、刺身を断念するなど苦渋の決断を迫られることになります。困りました。

検討課題
・鯖を克服する
・マヨネーズを塗りたくらない

2014年5月20日 (火)

小林さんちのメイドラゴン クール教信者著 双葉社刊

ざっくりメイドものです。
表紙左側の眼鏡をかけた小林さんと暮らしを共にすることになった「ドラゴン」のお話し。
小林さんの要望もあってメイドの服を着たドラゴン。なのでメイドラゴンです。ボロンと生えた尻尾もあります。

20140520_001
ドラゴンらしく様々な人智を超えた能力を持っています。それを日常生活に取り入れ、普通に暮らしています。
ドラゴンなので神話に出てくるような方々とも交流があります。小林さんとも会話を楽しんでいたりします。

読んでいるとメイドを欲しいと思う気持ちより、会話の成立するドラゴンを欲しいという気持ちになります。
軽くアッチやコッチをドラゴンの火焔をもって、焦土にしてもらいたいと思う気持ちもあったりなかったりです。

20140520_002
もっとメイドものコミックを持っているかと思っていたら、シャリーとこのシリーズのみで思いのほか少なかった感じです。
近頃では公共放送の海外ドラマで多数のメイドの出演するドラマを放送しています。マニアには堪らないでしょう。

個人的には「デストロ246」に出てくる翆と藍をメイドさんとして手元に置けたらなぁと思ってしまうのです。

検討課題
・神話の登場人物に興味を持つ
・いあ!いあ!と叫ばない

2014年5月19日 (月)

富貴坊 上野 麻婆豆腐

ここしばらく辛さを抑えた麻婆豆腐を食べていたので、たまには赤黒いのをと思い上野へ行きます。
店舗は松崎商店の近くのホテル地階にあります。

20140519
成都麻婆豆腐(牛肉入り)。
牛肉入りではない成都麻婆豆腐は他のランチメニューと同じ800円。牛肉が入ると180円増しになります。
スープ、漬物、杏仁豆腐、お代わりのできるご飯がセットされます。
目にも鮮やかな赤い辣油と、食欲をかき立てる黒い花椒のコントラストは額装して床の間に飾りたくなります。
辛さと痺れ、ボリュームと満足できるものでご飯をお代わりしちゃいます。ついでにビールも飲んじゃいます。
たいへんおいしゅうございました。

この界隈、区画整理やらなんやらで異国情緒たっぷりのこぢんまりした建物の取り壊しも多く、いつの間にかどこにも
あるような街並みになってしまいそうです。中途半端な時間帯に撮っておきたいと考えたり、考えなかったりします。

検討課題
・ご飯茶碗を麻婆豆腐で汚さない
・麻婆豆腐の皿にご飯を投入しない

2014年5月18日 (日)

御徒町歩き回り

2014年5月10日、そろそろ半袖で外出しても大丈夫と思える気温のなか、御徒町をひたすら歩き回ります。

20140518_001
北は春日通り、南は蔵前橋通り。西は中央通り、東は清洲橋通りと非常に狭い範囲をウロウロしまくります。

20140518_002
この日はお祭り。いたる所で通行止めが行われていたり、路側のコインパーキングが使えなかったりします。

20140518_003
通行止めの区間には各町内自慢の御神輿がデンと置かれていたりします。
御神輿は飾り物、木工細工、組紐など見所満載です。大量生産品じゃないので個体差も多く見飽きることはありません。

日中、汗ばむほどの気温のなか歩き回りながら、もう少し歩き回らないとならないと考えるのです。

検討課題
・路地のきっかけを覚えておく
・町名表示を見逃さない

2014年5月17日 (土)

Go West! May

連休開けたら静岡だぜ!

20140517
自分自身の模型製作活動は停滞の一途を辿っていますが、珠玉の作例を見学することには積極的です。

諸々はまた後日。

検討課題
・たまには時間いっぱいまで見学してみる
・適切な昼食をとる場所を見つける

2014年5月16日 (金)

天鷹酒造株式会社 天鷹心 純米大吟醸

ダムツアーの帰り道、大田原市内の酒販店で旭興と併せ購入。
酒蔵は旧湯津上村内にあり、現在は町村合併で大田原市と住所表記されています。

20140516
こちらは購入した日にすぐ飲んでしまい、翌日、烏山線を撮ったのち再び購入したりしています。
とても飲みやすく、あっという間に空瓶になってしまいオロオロしてしまいました。

連休関連の諸々はこれにておしまい。

検討課題
・2本買っておけばと後悔しない
・空瓶抱えて慌てて買いに行かない

2014年5月15日 (木)

連休の烏山線 キハ

2014年5月5日、新型車両を撮りつつ、併せて従来からのキハも撮ります。

20140515_001
鴻野山駅~大金駅間。

20140515_002
小塙駅~滝駅間。

20140515_003
小塙駅停車。

中途半端に激しい雨が降るコンディション。こちらも水田への映り込みを意識して撮ります。
今年4月のダイア改正に伴い運行本数の減った烏山線は、今後もう1編成ACCUMを導入する予定のようです。
軽い気持ちで行って撮れる場所からキハがいなくなってしまうのは何とも寂しい気持ちになります。

検討課題
・なるべく撮りに行く
・撮る時間帯を考える

2014年5月14日 (水)

連休の烏山線 ACCUM

2014年5月5日、新型車両を見に烏山へ行きます。

20140514_001
鴻野山駅〜大金駅間。

20140514_002
小塙駅〜滝駅間。

20140514_003
小塙駅〜滝駅間。

20140514_004
烏山駅。架線柱が立ちまくり。

田植え直後の水面に映り込む風景を撮ることを意識します。あざとさ満点です。

検討課題
・下げパンタに文句を言わない
・想像以上の加速に狼狽えない

2014年5月13日 (火)

渡邉酒造株式会社 旭興 純米吟醸

ダムツアーの帰り道、大田原市内の酒販店で購入。
酒蔵は旧黒羽町内にあり、現在は町村合併で大田原市と住所表記されています。

20140513
同社の別ブランドに「たまか」というシリーズもあり、購入時に少し踊りかけましたが、冷やで飲むなら旭興だよと
酒販店で勧められたのでこちらを試してみたいと思います。

検討課題
・電柱の袖看板を見逃さない
・煙突を見つけたら近寄ってみる

2014年5月12日 (月)

連休のダムツアー Bパート

2014年5月4日、川俣ダムからほど近い五十里ダムに到着です。

20140512_001
重力式で3門の吐き出しと、1門の常用吐き出しを擁します。

20140512_002
堤体上部から覗き込むと常用吐き出しと、水位維持用の放水路から僅かばかりの放流を行っていました。

20140512_003
水門に表示される銘板を見ると、開閉扉は造船所で製作されたことが判ります。

20140512_004
資料館に寄ります。隣接する川治ダムとトンネル水路を通じ繋がっており、貯水を共有している様子を学習できます。

20140512_005
管理事務所でダムカードの配布を受けます。カードは連休中らしく鯉のぼりはためく画像になっています。

20140512_006
休憩を挟みつつ、北上しながら湯西川ダムに到着。

20140512_007
4門のクレストゲートを持つ重力式ダムは、2012年に完成とあってコンクリートの新車感が堪りません。

20140512_008
水位維持用と思われる放水路から勢いよく放流が行われており、虹も発生していたのでしばらく眺めます。

20140512_009
管理事務所でダムカードの配布を受けます。完成間もないこともあり資料館のような設備は備わっていません。

連休のダムツアーの項はこれでおしまい。連休中のあれやこれやは続きます。

検討課題
・誰もいないことを確認したら何か叫んでみる
・いつかは水陸両用バスに乗ってみる

2014年5月11日 (日)

連休のダムツアー Aパート

2014年5月4日、慣れない林道を半べそになりながら1時間ほどグイグイ走り、川俣ダムに到着です。

20140511_001
アーチ式で6門のクレストゲートと、2門のコンジットゲート、1門の補助放水路を擁します。

20140511_002
堤体上部から覗き込むと100mを越す落差に得体の知れない恐怖を覚え、身体の一部分が縮こまります。

20140511_003
管理事務所の横から瀬戸合峡遊歩道に行くことができます。
遊歩道を歩くとダム全景を見晴らせる展望台や、吊り橋に行けますが30分近く歩くと案内されていたのでパスします。

20140511_004
管理事務所でダムカードの配布を受けます。高低差を誇示するかのような縦画像になっています。

20140511_005
土呂部ダム、栗山ダムなどいくつかのダムをスルーして川治ダムに到着。ここら辺のダム郡は再訪必至の予感濃厚です。

20140511_006
こちらも川俣ダム同様のアーチ式。堤体に球体を押しつけたような凹面を持つ独特の形状です。

20140511_007
ダム湖の八汐湖湖畔にある日光川治ダム資料館1階の土産物店と、画像奥の管理事務所のいずれかでダムカードの配布を
受けることができます。私は休憩もでき、ダム建設時の資料も見学できる日光川治ダム資料館で配布を受けました。

20140511_008
日光川治ダム資料館には周辺地域の様子を再現した大型ジオラマや、月の輪熊の剥製などの展示もされています。

20140511_009
ダムカードの配布を受けます。川俣ダム同様、じゅうぶんな高低差を持つのに横位置の画像です。気にしません。

続きます。

検討課題
・勇気をもって身を乗り出して覗き込む
・吸い込まれそうな気持ちになったら引き返す努力をする

2014年5月10日 (土)

連休のダムツアー 道

2014年5月4日、中途半端に分断された連休後半に遠出をするわけでもなく関東圏内でウロウロします。
11連休を満喫できる企業にお勤めの方や、職種にお就きの方もいらっしゃるのでしょうが、私は暦通りの休みでした。

20140510_001
中禅寺湖湖畔に設けられた二荒山神社の鳥居をくぐります。日光周辺、二荒山神社や宝物館などに寄りたいと思い
ながらもこれからの行程と、走ったことの無い道への対応諸々を考え、後ろ髪を引かれながら先を急ぐことにします。

20140510_002
戦場ヶ原から林道に分け入ります。目的地の川俣地区までは21km。平地なら大したことない距離に思えます。

20140510_003
実際は路側ギリギリまで雪があったり、多数の隘路区間もあったり、何より手前の「いろは坂」よりもクネクネと
曲がった低速で走るしかないカーブ区間の多さから、21kmの走破に思ってた以上の時間をかけることになります。

20140510_004
川俣から川治を巡り、湯西川地区へ着いたとき湯西川温泉駅の駅前に設けられた足湯に浸かり寄り道します。

20140510_005
再度、日光方面に戻りながらの帰りとなると渋滞に巻き込まれると思ったので、塩原から大田原、矢板と抜けます。
大田原地区に入ると那須与一関連の猛プッシュです。道の駅には勇壮なポーズでキメる銅像も設置されています。
個人的には平野耕太氏の描くファンタジー風味てんこ盛りの那須与一であって欲しかったと思ってしまいます。

この項、いろいろ迷走しながら続きます。

検討課題
・燃料の残量に細心の注意を払う
・給油所を見つけたら即給油しておく

2014年5月 9日 (金)

キヤノン EOS M ダブルレンズキット

昨年催された43modelers' 2013オフ会にて某巨匠さまのお持ちなったEOS kiss X7を触らせていただく機会を得ます。
あまりの軽さと、取り回しの良さに欲しい気持ちがフツフツと湧いてくるのを感じ、物欲を必死に抑え込もうと努力します。

そんな私の努力をよそに、撮影行に誘ってくださる友人がいつの間にかNikon 1を購入し、実戦投入をし始めます。
家電量販店でラッパを欲しがる少年プレイを半年ほど行ったのち、なかなか鎮火しない物欲に抗じきれず購入です。

20140509_001
ダブルレンズキットなのでレンズは2本同梱されています。EF-M22mm F2 STMレンズを装着します。

20140509_002
さらにEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMレンズも装着します。別途、レンズフードも購入してみました。

20140509_003
マウントアダプター EF-EOS Mもあるので現在保有するレンズも使うことができます。すごいことになっちゃったな。

20140509_004
いつも使用しているEOS 50Dと、コンデジの間を埋めるような役割を期待して使っていきたいと考えます。

実戦デビューをどこでするか思案のしどころです。

検討課題
・アクセサリーも買い足していく
・機能を把握し使えるようになる

2014年5月 8日 (木)

君ちゃん 牛込神楽坂 麻婆豆腐

牛込神楽坂駅近く、大久保通り沿いに店舗はあります。
麻婆豆腐は必須として、歩きながら見た蟹の呪縛をどうにかするため入店してみます。

20140508_001
特製・麻婆豆腐。
味噌の辛さと唐辛子の辛さにより強い辛さを感じます。辛いです。どこらへんが特製か判然としませんが辛いです。
たいへんおいしゅうございました。

20140508_002
生ビール。
辛いものにはビールです。ジョッキも凍らしてあってヒエヒエです。
たいへんおいしゅうございました。

20140508_003
かにレタスチャーハン。
蟹成分を求めます。大変残念だったのは、蟹成分はカニカマで補われていたことです。
せめてもう少し蟹肉っぽいカニカマならまだしも、誰しも見紛うことのない超カニカマが申し訳程度に入っていました。
たいへんおいしゅうございました。

蟹食べたいな。

検討課題
・代替食材に詳しくなる
・蟹を食べる最中も会話を途切れさせない

2014年5月 7日 (水)

半蔵門から飯田橋

2014年4月29日、暦の並びから細切れになったゴールデンウィークを持てあますように出歩きます。

20140507_001
適当に地上へ出ます。道路の反対側には大手下着メーカーのビルがあります。
モータースポーツのスポンサー活動は行わないのでしょうか。8耐にエントリーしたマシン外観は好きでした。

20140507_002
駅名の由来となった半蔵門を見に行きます。手前に厳重な柵を設け立ち入り禁止となっているため、近寄れません。

20140507_003
九段小学校の近くで蟹を見ます。昼ご飯に重大な影響を及ぼしそうです。

20140507_004
新見附橋から鉄分を補給します。近くには怒号とともに騒然とし、近寄ることも困難な競売物件があったりします。

20140507_005
牛込あたりのトタンハウス。3階屋上に自転車。

20140507_006
昼食をとり、小雨も降ってきそうな、こなさそうなドンヨリした天気なので神楽坂から飯田橋に抜け帰宅します。

検討課題
・微妙に曲がった道を歩いて方角を間違わない
・適当に道なりに歩き迷子を楽しむ

2014年5月 6日 (火)

大和葡萄酒株式会社 津金りんごのスパークリングワイン

製造は以前、スパークリングワインを購入した大和葡萄酒株式会社。販売は有限会社久保酒店となっています。
リンゴというと漠然と津軽青森や、信州長野を想像しますが甲斐北杜でも美味しいお酒になるリンゴが生産されているようです。

20140506
販売会社の商品説明に冷やすと美味しいと書かれています。よく冷やしてから飲むことにしましょう。

これにて春のダムツアーの項はおしまい。

検討課題
・冷蔵庫内を酒だらけにしない
・飲むために夏を心待ちにしない

2014年5月 5日 (月)

蒼龍葡萄酒株式会社 勝沼ブルーワイン

ダムツアーの土産と思い、立ち寄った道の駅「南きよさと」で購入します。
モンドセレクション銀賞受賞とか、限定品とか書いてあると買わずに見送るなんてできません。青い色にも興味があります。

20140505
裏面のラベルの注意書きには冷やして飲むことを推奨と書かれています。夏になったら冷やして飲んでみましょう。

検討課題
・ボンベイサファイヤが青くなくても落胆しない
・落胆を埋めるようにボルスブルーを何にでも入れない

2014年5月 4日 (日)

春のダムツアー 山梨Bパート

2014年4月26日、昼食をとった後、さらに清里方面へ向け走ります。

20140504_001
塩川ダム到着。
荒川ダムから昇仙峡ラインを西に向かい、いくつかの山の裾野を迂回し北上すると塩川ダムはあります。

20140504_002
トンネルを抜けるといきなり堤体の上に出ます。なのでダム本体を確認しながらの到達といった感慨はありません。

20140504_003
塩川ダムは三門の吐き出しを擁し、地上へ落下すると右方向へ曲がりながら流れていきます。

20140504_004
管理事務所で配布を受けた塩川ダムのダムカード。カードを眺めるにつけ簡単に航空写真を撮る方法はないものかと
余計なことを考え出しそうになります。ラジコン飛行機ならできるか?水色に塗れば大丈夫か?値段を調べます。

20140504_005
大門ダム到着。
自分の乗る車のカーナビでは須玉IC近くまで南下してから国道141号線を北上する案内をしていましたが、途中に新たに
道路が開通していたことから距離と時間を大幅に短縮することが可能になりました。

20140504_006
堤体上の道路は自動車の通行も可能になっています。ただ、渡った先はどこかに繋がっているのか不明な感じです。

20140504_007
大門ダムは比較的下部に一門の吐き出しがあり、画像右側のコンクリート部に吐き出しはあります。

20140504_008
管理事務所で配布を受けた大門ダムのダムカード。管理事務所はダムから一段、高台を登った位置にあります。

昨年、清里周辺をウロウロした際に寄ればよかったのでしょうが、下調べの甘さと迂闊さに定評のある自分にとっては
そこまで気を付けて計画を立てられるはずもなく、それはそれ、これはこれといった感じで右往左往がお似合いなのです。

検討課題
・新しい道ならどこに繋がるか確かめるためにも走ってみる
・高低差によって耳が痛くなっても泣き言を言わない

2014年5月 3日 (土)

ハイジの村 ペーター館 韮崎

春のダムツアーの途中でお腹も空いてきたので移動中に目に留まったこちらに入店します。
徒歩でハイジの村へ行く場合、直近の駅は穴山駅になりますが、公式サイトでの案内では韮崎駅からのバス移動を案内して
いますので上記の通りとします。

20140503_001
エビ塩ラーメン(甲斐サーモン入り)。
山梨県で養殖される大型のニジマスで「甲斐サーモン」と名付けられた具材の他、エビやチャーシューなども入っています。
塩味のスープはスッキリしています。優柔不断な自分は相変わらず温泉玉子を突き崩すタイミングを計りかね逡巡します。
たいへんおいしゅうございました。

20140503_002
エビラー油。
エビ塩ラーメンに付属されます。スープに溶かし入れるとエビの風味と辛さが一気に増し、違ったスープを味わえます。
たいへんおいしゅうございました。

20140503_003
ロードサイドに掲げられた案内看板。複合テーマパークといった趣。数日にわたり連泊すると楽しめるような気がします。

20140503_004
ペーター館ですからペーター君がお出迎えしてくれます。肩を組んで野沢直子氏の歌を朗らかに歌いたくなります。

何はなくとも「ほうとう」が名物のこの地にあってメニューから「ほうとう」を排除することはなかなかできるものじゃないと
思ったり思わなかったりします。それでも敢えて「ほうとう」推しじゃないあたりを入店のきっかけにしてみました。

検討課題
・この話しにパトラッシュは出てこないことを肝に銘じる
・原作を呼んでお爺さんの過去を詮索しない

2014年5月 2日 (金)

春のダムツアー 山梨Aパート

2014年4月26日、二瀬ダムで念願のスペシャルカードの配布を受けたので足取りも軽やかに山梨に乗り込みます。

20140502_001
広瀬ダム到着。
秩父から国道140号線を走り、雁坂トンネルを抜けたらすぐの場所にあり、立ち寄り場所に広瀬ダムはあります。

20140502_002
ロックフィルダムなので積み上げられた大きな岩を飽きるまで見ていることができます。

20140502_003
枯れ木の中にそびえる吐き出しを下から見上げます。

20140502_004
管理事務所で配布を受けた広瀬ダムのダムカード。暖かい季節なら濃い緑を満喫できそうです。

20140502_005
琴川ダム到着。
2007年の竣工とあって自分の乗る車のカーナビに所在地が反映されていなかったため、地図を頼りに走ります。

20140502_006
階段を伝ってダム下まで行けそうですが、当日は施錠がしてあり下まで降りることはできませんでした。

20140502_007
管理事務所で配布を受けた琴川ダムのダムカード。V字型になったダム湖のかたちがよく分かります。

20140502_008
荒川ダム到着。
琴川ダムから直線距離であればたいした距離では無く、林道を使えば楽に到達できる場所にありながら、いまの時期は
まだ林道が封鎖されているらしく一旦山梨市まで南下し、石和温泉を通過し、甲府市から昇仙峡を目指し北上します。

20140502_009
こちらもロックフィルダム。この日は山の上にくると強めの雨、街まで下りると暑いくらいの快晴といった天気。

20140502_011
管理事務所で配布を受けた荒川ダムのダムカード。管理事務所へは能泉湖を一周するようなアプローチになります。

次のダムへ向かいつつ昼食をとる場所を探し始めます。

検討課題
・イチかバチかで林道に突っ込まない
・Uターンできそうな場所を覚えておく

2014年5月 1日 (木)

春のダムツアー 埼玉パート

2014年4月26日、スペシャルカードの配布を受けるため、秩父路を二瀬ダムへ向けて走ります。

20140501_001
管理事務所に着き、インターフォンを連打します。おはよーございますっ!!

20140501_002
スペシャルカードを無事いただき、職員さんに教わったダム近くの「荒川ふれあいログハウス」へも訪れます。
そこには荒川上流に棲息する川魚の展示や、二瀬ダム建設にまつわるエピソードなどの説明パネルもあります。

ログハウスから二瀬ダムを見ます。上部のクレストゲートを確認できます。

20140501_003
これが手作りのスペシャルカード。滅多に実施されない上部4門のクレストゲートからの本気放流を図柄にしています。
職員さんに本気放流はしないのかと尋ねると「前回は何年前だったかなぁ」と返事されるくらい希なことのようです。

まずは秩父ダムツアーの取りこぼしを見事に回収し、意気揚々と山梨に乗り込みます。

検討課題
・放流情報に敏感になる
・街でもサイレンを聞けるようにしておく

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »