« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の記事

2014年6月30日 (月)

starter BUGATTI 57 LE MANS1939

購入は前世紀。
ボディを削り、車体を塗装したのは30代だったはず。それくらい放置と熟成をしています。

20140630_001
この状態で長らく放置してきたのですが、先日のマーコスのデカールが想像以上に粉だったため、もしかしたら
こちらも危うい状態、もしくは手遅れなんじゃないかと思い、慌ててデカールを貼り込む準備に取りかかります。

これに限らず危うい状態になってるキットや、半完成はもっともっとあります。手近にこれがあっただけです。

20140630_002
いくらもないデカールを所定の位置へ貼ります。デカール自体の版ズレには目をつぶります。どうにもできません。
乾いたデカールの余白部分にシルバリング状の密着不足を見つけても見なかったことにしておきます。順調です。

二回目のウレタンコートに向けて、あと何台か用意したいと思います。
ちょっとヨンサンの記事が目に付きます。決して改心したわけではありません。たまたまのことです。

検討課題
・長らく放置していた理由を思い出す
・箱を開け再び箱を閉めるを繰り返さない

2014年6月29日 (日)

帰り道

会社帰り、たいていの場合は自宅まで直通電車でチンタラ帰ります。
毎日8時間近く仕事する振りを続けた後に、帰宅ラッシュの混み合う通勤電車の中で押し合い、へし合いしながら
帰るというのは何ともしんどいことのように感じてしまったりするのです。もう通勤自体が面倒になってきます。

20140629
少し遠回りをして浅草を経由すると、ちょうどいい時間に特急に乗れたりします。
行き先が微妙なためか車内は比較的空席も目立つ乗車率で、かつ特急券も安かったりするので好んで利用します。

唯一の難点はリクライニングしない座席。それを補ってあまりある座席指定の快適な車内。飲酒だってできます。
窓枠と、備え付けられたテーブルにひたすらビールの空き缶を並べ、積み上げるといった作業も楽々できます。
しかも前述の通り行き先が微妙なため、遥か北関東まで乗り過ごすと言った悪夢に見舞われることもありません。

たまの無駄遣いもいいものです。

検討課題
・東京から品川だって新幹線に乗っちゃう
・私鉄特急に積極的に乗ってみる

2014年6月28日 (土)

東向島から浅草

2014年6月21日、午後からの用事もあったため少しばかりの距離を歩きます。

20140628_001
旧駅名の玉ノ井を見つけます。既に高架駅となっているので玉ノ井駅時代の面影は見あたりません。

20140628_002
駅前の東武博物館に屋外展示されるDRC。足場も組まれ再塗装でも行うのでしょうか。

20140628_003
京成曳舟駅周辺は再開発真っ只中といったところ。線路も高架化し立体交差にする模様。

20140628_004
とうきょうスカイツリー駅近くの宝くじ売場に書いてあったので、どんなもんかとトライしてみます。

20140628_005
ビル、電線、のぼり、小屋…スカイツリーは美しくそびえていますが、その周辺にいろいろ入り込んできます。

20140628_006
とうきょうスカイツリー駅から源森橋にかけての東武線の高架。架線柱のデザインに比べ、こちらはスッキリ。

20140628_007
もう少しツリー全体を映り込ませたいと考えます。首都高から撮れる場所を探してみたいと思います。

20140628_008
浅草駅に到着。駅前でがなっている胡散臭い連中は何某かの許可を得ているのか非常に気になります。

薄曇りで風も吹いていたのに歩くと汗も流れてきます。気候ではなく、不摂生による汗と自分に言い聞かせます。

検討課題
・駅前商店街をウロついてみる
・街角のホビーショップを見逃さない

2014年6月27日 (金)

Go West! June

いろいろあるけど現実逃避も込みでフラフラ行くぜ!

20140627
目的があるような無いような。そんな無目的な諸々はまた後日。

検討課題
・時間調整は十分な余裕を持つ
・速度計を見つつ運転する

2014年6月26日 (木)

新味園 神保町店 神保町 麻婆豆腐

店名に神保町店とありますが、店内に他店舗の案内を見つけることはできず、神保町店以外はよく分かりません。

20140626_001
焼売と野菜サラダ。
ランチタイムは1100から1500までと長めで、その時間帯は点心や生野菜、果物にコーヒーなど食べ放題です。
たいへんおいしゅうございました。

20140626_002
生ビール。
麻婆豆腐がやって来るまでの間に点心をつまみに飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20140626_003
麻婆豆腐定食。
さほど待つことなく配膳されます。辛さはあります。痺れるようなものはありません。水っぽい感じもあります。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・食べ放題で普段からの果物不足を補わない
・狭いテーブルでの食事も難なくこなせるようになる

2014年6月25日 (水)

役割

日々、会社勤めの毎日のなかにあって私は、仕事をする振りをするのが仕事といった役回りだったりします。
そんな私が仕事をする事態に陥るということは、ある意味、非常事態であったりします。不安に苛まれます。

20140625
いろいろとどうにかするために必要とあらば汗もかくし、仕事もします。そういう役割なので仕方ありません。
なんやかんやとこなす諸々を考えるだけで頭が痛くなってきます。日頃からいかに仕事をしていなか丸解りです。
文句を言ったところで何も解決しないので、黙々と目の前の懸案を片付けなければなりません。もう面倒です。

既に橋を焼いてしまったので先へ進むしか道はありません。今は、お先真っ暗でないことを祈るばかりです。

検討課題
・段取りの八分の仕事の二分の徹底
・それなりの落としどころを常に探す

2014年6月24日 (火)

PROVENCE MOULAGE K939 SIMCA RALLYE 3 1978 HARIBO

今年最初のウレタンコートをどうにかこなし、2回目のコーティング作業に向けて積極的にヨンサンをいじりだします。
ヨンサン製作は趣味ですし、戦車をいじれないことからくる八つ当たりでもありません。深い理由は無いのです。

シムカは車体を塗装してから半年以上放置していたことになります。良くあることです。たいして気にしません。

20140624
車体色が白いせいか黄変したデカールのニス部分が目立ちます。デカール印刷部周辺の透明ニス部分をギリギリ
まで切除するといったささやかな抵抗を試みてみますが、結果として「繋ぎ」が減少するためデカールの劣化も手伝い
バラバラと細分化されていってしまいました。超諸行無常です。

マルコスの悪夢再びといった感じで細分化されたデカールをチマチマと貼り合わせていきます。

車体の塗装だけ済ませ放置してある半完成の群ををドンドン片付けないと大変なことになりそうです。
急がないといけないようです。

検討課題
・老化を言い訳にするのは控える
・半完成も見切りをつけて処分する勇気を持つ

2014年6月23日 (月)

孤食ロボット 岩岡ヒサエ著 集英社刊

居酒屋での会計時、1000円ごとに1ポイント付与されるポイントシステムにおいて、合計3000ポイントを貯めると
3000円の現金か、表紙に描かれるトンガリ頭をした小振りなロボットのいずれかと交換することが可能になります。

ただ、このロボット(作中で本人はアンドロイドと称しています)は、単身者のみに与えられる権利のようなものがあり、
とかく乱れがちな単身者の食生活を監視し、適切な食生活を送れるようアドバイスしてくれたりします。ありがたいことに
先の居酒屋の経営母体である食品会社から食材を調達する手助けもしてくれる機能も付いてます。

20140623_001
コイツは高確率で油とスパイスにまみれた麻婆豆腐を食べ続ける自分にこそ必要なロボットのような気もします。

岩岡ヒサエ氏といえば、主婦と猫の触れ合いを描いた「ねこみち」での描写が特に記憶に残っています。
こちらの「孤食ロボット」には巻数1と書かれていることから今後の続刊も期待できそうです。

なんかいる繋がりで、

ホクサイと飯 鈴木小波著 角川書店刊

表紙の女性は主人公の山田ブン。じゃあ、タイトルにある「ホクサイ」とは?となる。
彼女と生活を共にするぬいぐるみような何かに付けられた名前が「ホクサイ」だったりします。

20140623_002
忙しい日々を過ごしながら、暢気に飯を作ってる場合じゃない状況であっても無駄に真剣に料理に取り組みます。
かといって食卓はゴージャスでもなく、いたって普通の食事を丁寧に作り、食べる描写が続きます。

同氏の描いた「出落ちガール」はJK成分濃厚なので後日、別に書きたいと思います。

食べる繋がりで、

くうのむところにたべるとこ ヤマシタトモコ著 集英社刊

妙齢の女性がひたすら食べます。そのシーンのいちいちが無駄に性的です。でも実用には耐えません。

20140623_003
ソシアルダンスを部活動とする高校生の青春を描いた「BUTTER!!!」とは違った印象を強く受けます。
そのぶん大人のいろいろを比較できるようで、食べてるシーンだけでも余計な想像を膨らませてくれるこちらを読むと、
やっぱりビールは昼間っから屋外で飲むに限る。と改めて認識させてもくれる内容だったりします。励行しましょう。

検討課題
・普通の和食をきれいに食べる
・肉肉野菜肉肉の徹底を心がける

2014年6月22日 (日)

五指山 神田 麻婆豆腐

神田駅から神田西口通りを歩き、外堀通りを渡ったところに店舗はあります。

20140622_001
麻婆豆腐。
メニューを兼ねた食券の券売機に「麻婆土鍋ご飯」は見あたらず、それでも諦めきれないので麻婆豆腐を頼みます。
待つことしばし、配膳されたアツアツの麻婆豆腐は量もタップリで麻も辣も心ゆくまで思う存分楽しめます。
葬式盛りのようなご飯も麻婆豆腐と一緒にワシワシ食べきることができます。欲を掻いて麻婆豆腐を大盛りにせず
よかったと、スープも無いまま食べてる途中から噴き出した汗に四苦八苦しながら考えます。
たいへんおいしゅうございました。

20140622_002
杏仁豆腐。
ヒリヒリした感じを残す口中と唇を冷やすようにゆっくりと味わいます。
たいへんおいしゅうございました。

やはりビールを飲みながら食べるべきだったかと思ったり思わなかったり。

検討課題
・単品大盛りに挑戦する
・スープ代わりに担々麺とか頼んじゃう

2014年6月21日 (土)

三田から新橋

2014年6月14日、久しぶりにスカッと晴れた土曜日、運動不足解消でも無く出歩くために外出します。

20140621_001
スタートを田町駅にするか、三田駅にするか少しだけ迷い、京急車輌に乗れる三田駅を選びます。

20140621_002
第一京浜に架かる金杉橋から屋形船のたまる古川を見ます。上は首都高・都心環状線。

20140621_003
浜松町駅近くで快晴のなか鉄分を補給します。モノレールと羽田空港は要再戦案件です。

20140621_004
さらに浜松町駅北側から東京タワーの先端を確認します。

20140621_005
道路標識には通称名の「新虎通り」とは表示されず、正式名称の「環二通り」と表示されるようです。
自分の乗る車に搭載されるカーナビには反映されていない道路です。目的も無く走ってみたくなります。

20140621_006
そのまま女学園の健在を確かめながら新橋駅に到着。タミヤギャラリーに寄るべきだったかと思い直します。

検討課題
・新しい施設には一度は行ってみる
・新しい施設周辺の探索を怠らない

2014年6月20日 (金)

もつ焼酒場 豚坊 上野

上野駅〜御徒町駅にまたがるアメ横の山手線ガード下に店舗はあります。
頻繁に行き交う山手線の走行音を感じながら飲むということは、鉄道ファンにとって無上の喜びでもあります。

20140620_001
生ビール。
あと一口で飲みきるような頃合いになると女性店員さんが「もう一杯どうッスか?」と抜群のタイミングで声をかけて
くださいます。ついつい頼んでしまうので飲み過ぎて、切り上げるきっかけを掴むのが難しいときもあります。
たいへんおいしゅうございました。

20140620_002
もつ煮込み。
すぐに用意できる名物の大根煮や、冷や奴もあるなかから温かい煮込みをつまみに頼んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20140620_003
串焼き。
ハラミとウデ。店名の通り豚肉の串焼きを塩で食べます。
品書きには「アブラ」という魔力の塊のような名前を見つけることもできます。二本完食するのは勇気がいります。
たいへんおいしゅうございました。

某所の記事を拝読し、そういえばと酔いの回った頭で思いだします。

20140620_004
同じ上野アメ横地区のガード下でその名残に出くわします。注意書きの他言語対応は現代的でありがたいことです。
希に度し難い行為を知ってか知らずか行う不心得者を見ると、楽しいお酒も途端に不味くなります。マジ勘弁です。

検討課題
・ソースのなかにコンタミを見つけても騒がない
・通過する走行音で車輌種別を判断できるようになる

2014年6月19日 (木)

サッカー

冷やし中華はじめました。そんな軽い感じで2014ワールドカップ・ブラジル大会が始まりました。
日本時間、2014年6月15日に行われたグループリーグ戦の初戦で日本チームは勝ち点を得ることは叶わず、
残念ながら黒星スタートとなっています。次戦のギリシャ戦での奮起を期待したいと思います。

今回編成された日本代表チームには、日頃から応援するチームから選手の選出も少なかったため、特段の思い
入れもなく、少々醒めた感じで観戦したりしています。それでも西川選手には次の大会に繋がるような出場機会を、
長谷部選手にはキャプテンとしてその才能を存分に発揮していただきたいと思ってしまいます。

20140619
ブラジルと極東の日本では時差は最大となり、テレビ観戦はオッサンの自分には過酷なものになります。
更に最近ではあまり目にしたり、耳にすることも無くなった「日本の裏側」といった表現も散見します。

グループリーグ戦では見所のある好カードも多数あります。決勝トーナメント前であっても目が離せません。
早起きは何とやらと言うわりに年齢を重ねた今でも早起きは超苦手なため、早朝のテレビ観戦も困難です。
いい機会でもあります。夜更かしを少し控えて、朝型の生活スタイルを取り入れる実験でもしてみましょう。

検討課題
・庭に穴を掘ってブラジル旅行を企てない
・注目選手の大会後の移籍動向を見逃さない

2014年6月18日 (水)

雨降り

この記事は2014年6月12日に書いています。

関東地方の多くの地域ではこの前週、6月5日から断続的に降雨が一週間近くも続くという状態の天候。
肌寒い日があったり、蒸し暑い日があったりで、衣替えをとうに終えてしまってるため服装での調節にも苦労します。

今年は2月の降雪や、5月の真夏日など天候関連の本気度合いが例年に比べ格段にアップしている感じです。
こんな天気続きだと安易に地球温暖化の影響か?などと言ってしまいそうになります。実際どうなんでしょう。

20140618
雨ばかりだと思うようにフラフラ出歩くのも躊躇してしまいます。出歩かないので汗をかくことも少なくなり、
天気のせいでこの季節らしい暑さを感じることも少なくなってしまいます。美味しくビールを飲めなくなります。
一大事です。困りました。冷房の効いた屋内ビアホールはなんとなく雰囲気に欠けると思ってしまうのです。

そして、屋外で美味しいビールを飲むためにも早いとこ梅雨明けをしていただきたいと心から願ってしまいます。

検討課題
・常温のビールも美味しく飲む
・炭酸の抜けきったビールも残さず飲む

2014年6月17日 (火)

ウレタンコート 1回目

なんとなんと、今年も半ばを過ぎようとする頃合いになってようやく1回目のウレタンコートです。

20140617_001
今回、コーティングの対象にするのはこの5台。昨年の年末前には吹いておきたかった何台かも含まれます。

20140617_002
プジョー。
研ぎ出ししようか、ここからツヤ消しにしようか迷います。

20140617_003
トヨタ。
凹凸の多い車体形状ということもあり研ぎ出しも面倒なので、このままフィニッシュにしようと思います。

20140617_004
ニッサン。
比較的平板な車体ですから面倒でもポリッシュをしようと思います。

20140617_005
マルコス。
デカールの劣化が激しかったせいか、スプレー途中で密着の甘かったデカールがバラバラと剥落していきます。
なんだか諦めの境地です。

20140617_006
コーナウト。
ヌメヌメした感じを強調するため、面倒でも入りくんだ箇所を含めポリッシュしようと思います。

コーティングがじゅうぶん硬化したら面倒でも研ぎ出しをしようと思います。

検討課題
・細かい部品のコーティングも忘れない
・巻き込んだ埃の対処で一喜一憂しない

2014年6月16日 (月)

川府 神保町 麻婆豆腐

駅近く、すずらん通り沿いのビル2階にあります。店舗看板から四川料理と刀削麺をプッシュしているようです。

20140616
麻婆豆腐定食。
麻婆豆腐の他、ご飯、スープ、漬物、杏仁豆腐がセットされます。画像右上の冷菜と生野菜は別卓に用意されており、
果物やコーヒーなどとともに15時までのランチタイムには食べ放題のサービス品となっています。
麻婆豆腐は味噌辛さと僅かな痺れを感じる味付けになっています。控えめな冷房の中でも汗ばむほどではありません。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ランチタイムに単品注文ができなくても文句を言わない
・ランチタイムはグラスビールのみだからといって何杯も頼まない

2014年6月15日 (日)

神保町から九段下

2014年6月8日、週末から降り続く雨のため思い切り歩くこともできないまま出歩きます。

20140615_001
九段下駅近くの「しょうけい館」へ見学に立ち寄ります。
常設展示室となる二階に設けられた南方戦線下を模した原寸大ジオラマは、音声ガイドを聞きながらジッと見ていると、
展示してある負傷した兵士のマネキンの虚ろな目と目が合ってしまうような錯覚に陥り、正視し続けることができません。
政治的側面を廃することはできないジャンルです。ただ、見学することでいろいろと考えさせられます。

一階では企画展として水木しげる氏の従軍日記的ないろいろを展示してあり、ガキの頃から見慣れた画風のイラストや、
水木氏の飄々とした語り口で語る映像などを見ることで、僅かばかりではあってもホッとできます。

20140615_002
少々ぐったりした気持ちになりながら交差点で九段会館を見上げます。
ビアガーデンのあった屋上の植栽は、手入れも行われていないようでモサモサと好き放題に伸びています。

20140615_003
そのまま近在の昭和館を見学するつもりでいましたが、ぐったりした気持ちと蒸し暑い天気のダブルパンチに心と体、
ともにグンニャリしてしまい、靖国神社で催されていた骨董市を冷やかし、参拝はせずに帰宅します。

検討課題
・蒸し暑いときは着替えを携行する
・ビアガーデンやビアホールの料金体系を吟味する

2014年6月14日 (土)

二周年のスカイツリー

2014年5月26日、会社帰りに押上駅で途中下車し、普段と異なるライトアップを見ていきます。
時系列が行ったり来たりするのはいつものことです。

20140614_001
R!

20140614_002
G!

20140614_003
B!

この日は夕方から強い風が吹き出し、撮ってる最中にポツポツと雨まで降り出してきます。
京成橋のあたりから撮ろうと目論むも、時ならぬ驟雨に右往左往することとなり、呆気なく断念します。
二周年記念ライトアップ期間の終盤にツリー全体が金色に輝くライティングもあったと知り歯ぎしりします。
またそのうち機会に恵まれれば撮りたいと思います。

検討課題
・雨用のカメラカバーを入手する
・ちょっとした雨ならブーニーハットで対応する

2014年6月13日 (金)

オルトラン散布

冬場の1月と2月、芽吹きの頃合い寸前の4月上旬に庭木の根元を中心にオルトラン粒状をバラ撒いておきました。
もう大丈夫だろうと思っていたら、アイツ等が葉や枝に肩を寄せ合うように密集しているのを見つけてしまいます。

ボンヤリ庭木を見ていると視界に入ってこないアイツ等ですが、何かの拍子にピントが合う感じでいきなり視界に
乱入してきやがるのです。見つけてしまったからには当然のように即ジェノサイドです。(画像はイメージ)

20140613
いつも通り推奨希釈率を無視し特濃にした液剤を景気良く、かつ徹底的にアイツ等に直接噴霧してさし上げます。
液剤を直に浴びたアイツ等は悶絶するかのように蠢いています。もうダンシンインザシャワー状態です。

噴霧の結果はどうだったか、噴霧器に書き込むキルマークは如何ほどか、成果の確認まで数日は様子見をします。
残存勢力を発見したら再び特濃薬液攻撃の準備に取りかからないとなりません。戦いはまだまだ続きます。

検討課題
・椿の木を切ることを考える
・バーナー併用は慎重に行う

2014年6月12日 (木)

GAFFE Toyota Rav 4 proto T3 AD Sport Dakar 2004

ずいぶんと間が空きました。大判のデカールを貼り終えたのち、チマチマと細かいデカールを貼り込みます。

下地となる大判デカールの貼付位置を間違った箇所もあるため、その影響を受けることとなってしまっています。
製作作業全般においての迂闊さにかけてはヨンサン界随一を自負しているので気にしません。もう手遅れです。

20140612
ルーフダクトに貼られたゼッケン部に欠損部を見つけます。タッチアップをしておかないとなりません。

ようやくといった感じで数もまとまってきたので、そろそろクリアーコート作業に移りたいと思います。
とりあえず使い慣れたエアゾール式ウレタンクリアの調達です。

検討課題
・貼り残したデカールは見なかったことにする
・指定部と違う位置に貼ったとしてもクヨクヨしない

2014年6月11日 (水)

株式会社JR東日本青森商業開発 あおもりシードル[スパークリング]スイート

上野駅構内の地域物産を取り扱う店舗で購入。
製造の主体がJR東日本青森商業開発とあって、これまで数度、冬の青森の酒販店を徘徊しても目にする機会に
与らなかった理由を理解します。それでも豊盃を手に入れた青森駅の駅ビルでも見なかったような気がします。
販売開始時期などの違いによるものなのでしょう。お酒が手に入ってしまえば細かいことなどなんでもいいです。

20140611
朝からジュース代わりとして飲むのにいいように、アルコール度数3%と低いこちらを選んでみます。
これから寝汗の気持ち悪さで起きることも多くなる季節です。早朝起き抜けラッパ飲み。ダメ人間完成です。

つい手頃なビールに手を伸ばしがちな夏到来です。少し踏んばってスパークリングワインのようなものを飲む
習慣をつけたいと、さも当たり前のような大嘘を吹聴するかのようにして適当に飲んでしまおうと思います。

検討課題
・アルコール度数と量の関係を把握しておく
・すぐにアブサンを注ぎ足そうとしない

2014年6月10日 (火)

小虎 仲御徒町 麻婆豆腐

住所地番は上野、店舗の入居する建物には御徒町の名前。それでも直近の駅は日比谷線の仲御徒町となります。
店名には「四川料理 東北料理」と書かれています。後者の成分が濃厚じゃありませんように、と入店時に祈ります。

20140610_001
特別定食。
何とも興味惹かれる名称です。しかも(限定販売1日10人分)とランチメニューに書かれています。当然頼みます。
一汁三菜定食とも書かれ、麻婆豆腐、海老にら玉子、鶏唐揚げの他にライス、スープ、サラダ、漬物、杏仁豆腐と
盛りだくさんな構成です。通常のランチメニューより100円ほど追加しただけで何とも豪勢な感じになってきます。

麻婆豆腐に痺れはなく、程よい辛さ。一人前でこの味だと食べ飽きてしまうかもしれません。ちょうどよい感じです。
唐揚げは揚げたてでした。作り置きかと思い、無防備に齧り付いたら飛び散る油に口中をやられました。驚きです。
おそらく予約もせずに20人で入店して、全員で特別定食を頼んでも対応してくれるのではないかとも思いました。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・店内に水槽を見つけても思いつくまま何かを投げ込まない
・おかずが多かったらビールを頼みつまみにする

2014年6月 9日 (月)

根津から湯島

2014年5月31日、飽きずに懲りずに同じような地区を暑いなか無駄にウロウロ歩き回ります。

20140609_001
千代田線の特徴をよく捉え、丁寧に作られた根津駅に設けられた駅図書館。しばし本棚を品定めします。

20140609_002
スクーター使用時には鉢植えをどかしたり何だりと、始動までの準備に手間取りそうな軒先の車庫。

20140609_003
日陰を探すように東大の塀沿いを歩きます。塀の支柱上部の造作について少しだけ興味を持ちます。
更に東大敷地内を横断するでもなく木陰を選びながら適当に歩きます。

20140609_004
春日通りから霞んで見えるスカイツリー。

20140609_005
湯島天神に参詣し、本郷台地東端から御徒町方面を眺めます。

20140609_006
グルグル歩き回って湯島駅到着。摂氏30度を超える暑さとなったため、涼しい場所を探すように帰宅します。

検討課題
・レンガに抱きついてまでして涼を得ない
・暑い日なりの歩き方を心がける

2014年6月 8日 (日)

菊水酒造株式会社 無冠帝 吟醸生酒

上野駅構内の地域物産取扱店において、たっぷりと試飲をさせていただいたので購入してみます。

20140608_001
菊水といえば金色のカンカンに入ったワンカップを人生の相棒とされてる方も多いと思います。
自分自身これまで菊水と言えば金色のワンカップばかり飲んでいました。なのでこちらは初めて飲むことになります。
冷やした状態での試飲では飲み口も軽く、スッキリとしたもので試飲でありながらゴクゴクと飲んでしまいました。

20140608_002
販売時に720ml瓶は既に売り切れていたのか、扱っていなかったかで300ml瓶しかありませんでした。
以前の安東水軍での失敗もありますから迷わず2本買っておきます。

冷やしてドンドン飲んでしまいましょう。

検討課題
・アイスペールを使って冷やすことを覚える
・瓶から最後の一滴までコップに注ぐ

2014年6月 7日 (土)

二重橋前から日本橋

2014年5月25日、もろもろの所用をこなしがてらに歩きます。

20140607_001
まずは美味しいチョコレートショップへ行くために直近の出口から地上へ出ます。

20140607_002
外はそこそこ暑いので、濃厚な味わいのソフトクリームをベロベロしながら東京駅前を通過します。

20140607_003
丸善のギャラリーで催されていたドールハウスの展示を見学します。
模型のジオラマとは違ったさまざまな表現技法は、じっくりと見ているとたいへん興味深いものがあります。

20140607_004
永代通りの大手町あたりで東京駅北側の鉄骨感を日陰で休みながら見上げます。
右側の中央線や山手線で用いている橋梁の方が趣ある鉄骨のように思えます。

20140607_005
日本橋から首都高を見上げ、近くのフルーツショップにも立ち寄り計画を立てます。

この後、つつがなく当初の予定を果たせたことから上野までダラダラ歩き、串揚げ屋で遅めの昼食をとり帰宅します。

検討課題
・桐箱に入った果物の値段を見てひるまない
・風の抜ける裏道を知っておく

2014年6月 6日 (金)

二周年のスカイツリー

2014年5月24日、葛西臨海水族園で大惨敗を喫し、江戸川区自然動物園では電池残量の低下に苛まれます。
僅かに残った電池は、この日も行われるスカイツリーの開業二周年を記念するスペシャルライトアップを撮るために
残しておこうと無駄な足掻きをしてみます。

20140606_001
19時台の枕橋から。

20140606_002
枕橋から。
19時台から20時台へ移る頃に点灯パターンを切り替えるため、本体のライトアップを消灯させたスカイツリー。

20140606_003
20時台の枕橋から。

20140606_004
20時台の源森橋から。
EOS-Mの電池も切れたので、いつものコンデジで撮ります。色合いはこちらの方が良いような気がします。

機材のせいにするでもなく撮りに行ければ更に撮っておこうと思います。
続くでもなく続きます。

検討課題
・夜景セッティングを過信しすぎない
・濃淡のクッキリした画像を心がける

2014年6月 5日 (木)

江戸川区自然動物園

2014年5月24日、葛西臨海水族園での大惨敗に打ちひしがれた気持ちを癒そうと哺乳類を見に行きます。

20140605_001
西葛西駅から徒歩圏にある行船公園内に併設される動物園です。

20140605_002
オグロプレーリードッグ。
立ち上がったり、駆け回ったり、たまに鳴き出したりと落ち着きの無い連中です。

20140605_003
オタリア。
泳ぎつつ、呼吸の際に水面に顔を出すとけっこうな頻度で大きな声で鳴きます。突然の大音量に驚きます。

20140605_004
ベネットアカクビワラビー。
ビョンビョン跳びはねまくるといった機敏さは見られず、ノソノソと緩慢に歩き回っています。

ここをフラフラしている段階でEOS-Mの電池残量が心もとない状態になります。エンプティーまで早すぎです。
まずスペアのバッテリーの調達です。そして何より機能の把握に努めねばなりません。前途多難です。

検討課題
・ペンギンに話しかけない
・野獣の臭いに素早く慣れる

2014年6月 4日 (水)

葛西臨海水族園

2014年5月24日、先日購入したEOS-Mのデビュー戦ということで水族館へ行ってみます。

20140604_001
以前から淡水魚の展示が少ないこともあり足の向かない場所でしたので、今回が初訪問となった水族館です。

20140604_002
最寄りの駅となる葛西臨海公園駅からチケット売場、チケット売場から水族園入口と少々歩きます。
訪れた日は暑さを感じる陽気だったため、入口にたどり着く前に挫けそうになります。

20140604_003
クエ。
のっさり泳いでいます。

20140604_004
マグロ。
大型の回遊水槽でありながら何かの拍子に内壁に激突してしまうのか、吻部の歪んだ個体を多く見ます。

20140604_005
バーミリオンロックフィッシュ。
海藻の林においてイイ感じで泳いでいた赤い魚。

EOS-Mデビュー戦の結果は大惨敗。魚は車や飛行機、鉄道のように一定方向に一定速度で移動するものではなく、
途中で向きを変えたり、他の魚が前を横切ったりと思いがけない要素に翻弄されます。難しいものです。

習熟を兼ね、更なるチャレンジをしないとならないと痛感します。

検討課題
・タッチプールでナマコを強く握りしめない
・タッチプールのヒトデを手裏剣がわりにしない

2014年6月 3日 (火)

二周年のスカイツリー

2014年5月23日、スカイツリーが開業二周年を記念するスペシャルライトアップをしていると聞きつけます。
せっかくなので会社帰りに途中下車をし、押上周辺をフラフラしながら適当に撮っていきます。

20140603_001
吾妻橋から。

20140603_002
枕橋から。

20140603_003
東武橋から。

スペシャルライトアップは数日にわたって行われるようなので、違う色なら撮っておこうと思います。
続くでもなく続きます。

検討課題
・路地の暗がりを覗き込まない
・上ばかり見て足下の段差に蹴躓かない

2014年6月 2日 (月)

アナーキー・イン・ザ・JK 位置原光Z著 集英社刊

ヤングジャンプ別冊のアオハル誌や、Web上で掲載していたものを単行本としてまとめたもの。
いわゆるJKもの。そんなカテゴリーがあるのか?と思ってしまいます。

20140602_001
表紙に描かれる登場人物などのビジュアルに戸惑う部分もありますが、至って普通に読み楽しめます。
登場するキャラクターの性格が妙にオッサンくさいです。なのでオッサンの自分でも話についていけます。

ジャンプ系のJKもの繋がりで、

オトメの帝国 岸虎次郎著 集英社刊

アナーキー・イン・ザ・JKの登場人物よりもう少し生々しさを伴ったJKが多数登場。

20140602_002
現在では6巻まで刊行されているようです。自分自身は3巻までしか購入していなかったことを今さら知ります。
気が向いたら残りも購入しておきたいと思います。

更にジャンプ系繋がりで、

昔話のできるまで 山田穣著 集英社刊

ヤングジャンプ別冊のアオハル誌で掲載していたものを単行本としてまとめたもの。
タイトルの通り昔話に出てくるような神様や、龍などが出てきて人間と触れあったりします。ほのぼのです。

20140602_003
表紙左側、人物に隠れるように砲身が描かれています。タイガーIを絡めたエピソードも収録されています。

山田穣繋がりで、

がらくたストリート 山田穣著 幻冬舎刊

こちらも人々の暮らしに宇宙人や神様が紛れ込みながら、普通に日々の暮らしが成り立ってる世界の話し。

20140602_004
いつの間にか3巻をもって完結。もっとダラダラと長く続くかと思っていただけに何とも残念。
これを読むと諸星大二郎氏の妖怪ハンターを読まないとならないような気になります。

検討課題
・流行語に敏感になる
・オッサンなんだから無理しない

2014年6月 1日 (日)

Go West! May 第53回 静岡ホビーショー 戦利品

せっかくのホビーショー見学です。遠出の記念にと何かを見繕い買っておきます。

20140601_001
s=1/Free ネコ / アスカモデル
プラモデル入門用のような簡単な部品構成のキット。青い猫と言うことでロシアンブルーとしておきましょう。

20140601_002
s=1/Free リボルテック HELLO KITTY x TAMIYA / KAIYODO
この猫は40年近く看板商品をやってる割りに無表情で仕事を選り好みしません。見習いたいと思える姿勢です。

20140603_003
安倍川餅 / やまだいち
ホビーショー限定パッケージ。生菓子のために現時点で既に消費済み。
たいへんおいしゅうございました。

長々続いた Go West! May 第53回 静岡ホビーショー 関連の項はこれにておしまい。
自分の模型製作を加速させないとなりません。

検討課題
・限定商法に手玉に取られすぎない
・来年こそ田宮本社見学を遂行する

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »