« 東京都井の頭自然文化園 水生物園(分園) | トップページ | 知味彩苑 巣鴨 麻婆豆腐 »

2014年7月28日 (月)

板橋区立 熱帯環境植物園

2014年7月20日、EOS-M操作習熟千本ノック第三弾。この日、最後の目的地はこちら。

20140728_001
熱帯環境植物園となっていますが熱帯の多彩な植物の他に、東南アジアの熱帯魚(淡水魚、海水魚)も展示しています。

20140728_002
ナヌカザメ。
まどろむように目を閉じています。そのラブリーな大きさから一般住宅でも飼育可能なんじゃないかと思えてきます。

20140728_003
ユメカサゴ。
底部でじっとしています。丸々とした姿を見るにつけ煮てもよし、焼いてもよしと思わずにいられません。

20140728_004
チンアナゴ。
砂から半身を出し、ユラユラしながら何かをパクパクと食べています。

20140728_005
大型淡水魚の大型水槽。
アロワナといえばシルバーアロワナの展示を多く見かけますが、こちらは施設のコンセプトに沿ったアジアアロワナを
展示しています。他にもパールンや淡水エイなどいろいろ泳いでいます。

20140728_006
ヒマンチュラ・チャオプラヤ。
直径1mはあろうかというサイズの淡水エイ。自然環境下ではもっと大きくなるようです。

20140728_007
滝。
熱帯環境植物園なので熱帯の植物が多数展示してあります。これはその中にあった滝。潤いを感じさせてくれます。

満足のいく結果を得られた実感もないままEOS-M操作習熟千本ノックはこれにて終了。
習熟に向けた習練はまだまだ必要と思い知ります。

検討課題
・食虫植物を屋内で栽培してみる
・サボテンを枯らさない

« 東京都井の頭自然文化園 水生物園(分園) | トップページ | 知味彩苑 巣鴨 麻婆豆腐 »

ヨソユキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都井の頭自然文化園 水生物園(分園) | トップページ | 知味彩苑 巣鴨 麻婆豆腐 »