2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014年10月31日 (金)

指さす先は

仕事の振りをするときも、仕事とは関わりの無いときでも移動のたびに利用することの多い永田町駅です。
永田町駅側から赤坂見附駅側へと歩くと、中途半端な段数の階段を昇ったり降りたりするのは面倒に感じます。
腹を括って適度な運動と思い込まないとやってられません。

現在はその半蔵門線側から銀座線側へ乗り替える際に使う通路で改修工事を行っていたりしています。
節電もあって間引かれた蛍光灯と、随所に設けられた仮囲いの圧迫感と併せ通路は薄暗い箇所もあったりします。

20141031
そんな時間帯によっては通る人も途絶える寂しげな通路には、乗り換えのための案内ポスターが貼られています。
そして方向を示す矢印の先端部だけ色が薄くなっています。これだけ大きく書かれ、表示されているのにもかかわらず
人は直前まで行き、矢印の先端部を触らずにはいられないのでしょうか。ここまで色が薄くなっているということから
数多くの人が先端部をサスサスしているようです。このままではいずれ矢印の役目を果たせなくなることでしょう。

想像してみましょう。行き交う人もおらず、尋ねるべき誘導員もいない薄暗い通路でやっと見つけた案内ポスター。
自らの進むべき方向を見つけた喜びの余り先端を擦る歩行者。昨日も一人サスサス、今日も一人サスサス。
なんとも不思議な感じです。

工事が終わればお役御免となる案内ポスターです。私も次に通りかかったらサスサスしておこうと思います。

検討課題
・とりあえず先っちょは優しく接する
・何事も必要以上に強く擦らない

2014年10月29日 (水)

ミニバイク

先日「連続更新を続ける巨匠」さまの興味深い記事を拝読します。やはりCB50Sは名車だと個人的に強く強く思うのです。
その後、9月のオフ会会場において「ワンダフルモーターサイクルライフを送る巨匠」さまの愛車を拝見させていただきます。
いろいろあって納屋から見て見ぬふりを続けている悩みの種を数年ぶりに太陽の下に引きずり出してみます。

20141029_001
購入後、リアセクションと吸気系に手を入れたところで、当時それどころじゃない状況の到来により諸々を断念しました。
リアを弄ったのですからフロントも弄りたい、吸気系を変えたのなら排気系も変えたいと目論見自体はあったものの、今と
なってはご覧と通りの不動車となってしまっています。何とかしないと思いながら幾星霜、本当にどうしたものやら。

今後考えられる展開としては、
1, 意を決して本気オーバーホールという名のフルレストアに着手する
2, これはこれとして処分した上で同型車を再度購入する
3, 見なかったことにして納屋にしまい永久の眠りについてもらう
いずれにせよ先立つものも必要なわけで、それなりの費用をプールしようかGAFFEのキットに充当すべきなのか迷います。

20141029_002
とりあえず廃車にすること無く、毎年いくばくかの納税をしながら車輌の維持は続けたりしています。
廃車手付きを済ますと処分まで一直線な気もして、まったくの未練でしかないのですが納税額的には大した金額と
いうことでもないので放置をするとともに手元に残していたりします。

ほぼノーマルで程度の良いCB50Sは無いものかと探し物をしつつ、これはこれで考えないとならんとも思うのです。
カテゴリーは手慰み込みで「ヨロズ」としておきます。

検討課題
・手放す勇気について真剣に考える
・原付なら関係法令の許す範囲内で弄り倒す

2014年10月27日 (月)

赤い電車と白い電車

本業での打合せ先に向かう途中、東武動物公園駅で乗り換えのため降り立ったホームでぼんやりします。

20141027
駅西口の再開発と併せ、連絡通路も壁で覆われた新しいものとなり、横殴りの風雨に曝されれたり、寒風や熱風に
さらされることも今後はなくなりそうで、通路を利用する人々にとっては便利になることでしょう。

そんななか駅構内には赤い電車白い電車が停車しています。珍しいことです。
平日に運行することなどあまりない車輌ですが、まれに鉄道イベントではない正真正銘の臨時列車として運行する
こともあるようです。詳細については知ることも無いので実際に走っていることを待ち構えることもできません。

白い電車は土日祝日に定期運行しているので気軽に乗ることもできます。また乗ってみたいとも思います。
そんなことを考えながら仕事を放棄することなく、打合せ先へまっすぐ行った自分を褒めたいとも思うのです。

検討課題
・リクライニングしない椅子でも文句をいわない
・付属のテーブルに空き缶の山を築かない

2014年10月25日 (土)

ESDO PEUGEOT D3A 完成

タイトルの通りESDO PEUGEOT D3Aです。
懸案事項の解決策を見いだせないまま、チマチマと小さな部品を取付けたり、取りこぼしたりしながら完成とします。

20141025_001
ヘッドライトと前面にあるべきターンライトとの位置関係や詳細が不明なためバッサリ省略します。
グリル上部にも銀地のプレートのようなものがあります。これも何が書いてあるのか分からなかったので省略します。

20141025_002
車体後部の灯火類の部品はキットに含まれていなかったので、仕方なくトロン社のパーツを適当に接着します。
ナンバープレート部分は黒くすべきです。後日、切り出したカッティングシートを貼っておこうと思います。

商用車風を目指し、嘘デカールを貼り込んだところで満足しきっていたため完成しちゃったことに驚いてしまいます。
年内にもう一台くらい完成させたいと考えつつ、あくまで予定は未定と謙虚な素振りなままでいようと思います。

検討課題
・嘘デカールの救済策を考える
・ESDOのベタベタとGAFFEのベタベタを撫で比べる

2014年10月23日 (木)

超合金 太陽の塔のロボ

岡本太郎記念館公認の「太陽の塔のロボ」を検討課題を果たすように購入します。
バンダイ社の超合金シリーズのラインナップ炸裂なので「太陽の塔」ではなく「太陽の塔のロボ」となっています。

20141023_001
パッケージからして大阪吹田の万博記念公園にそびえ立つそれとは違っています。

20141023_002
第一形態 塔形態。
おそらく多くの人にとって太陽の塔といえばと思い浮かべる形態です。しかし、本物には無い分割線があります。

20141023_003
第二形態 ロボ形態。
超合金と同時期に発売された「フィギュア王 No.200」株式会社ワールド・フォト・プレス刊の特別付録とともに。

20141023_004
第三形態 超兵器発動形態。
勝てる気がしません。そもそも戦う前に逃げ出したくなります。

20141023_005
通天閣に襲いかかる太陽の塔のロボ。ビリケンさん大ピンチ!

1970年に開催された大阪万博へ自分は見学に行ったこともなく、仮に行けたとしても物心つく前の出来事となるため
なんら思い入れなどなかったりします。万博公園へは高校生の頃に修学旅行の途中に訪れた国立民族学博物館の
見学で立ち寄った程度です。その際も太陽の塔などを真剣に見た記憶は無かったりします。

これで東京都庁のロボでもリリースされれば、夢の東西対決ができるのにと夢想してしまいます。

検討課題
・大阪の誰かのテリトリーを掘り返しに行く
・闘魂こめてを歌う際は場所をよく見極める

2014年10月21日 (火)

かっぱ橋道具まつり2014

2014年10月11日、欲しいものがあれば嬉しいな、などと軽い気持ちで田原町駅からノコノコ出歩き始めます。

20141021_001
菊屋橋交差点というより、屋上にオッサンのいる交差点と呼んだほうが話も早いと思うのです。

20141021_002
路地の隙間からスカイツリー。電線!

20141021_003
カッパを撮る人を撮ります。金色のカッパ大人気。このカッパも商品化すれば良いのにと思ったり思わなかったり。

欲しいと思っていたのはオイルサーディンを軽く焼くための小振りのメスパン。
鉄板プレスがいいのか鋳造品がいいのか、はたまたアルミの軽いものがいいのか店先で迷っているといつの間にか
片手で振り回せる中華鍋を吟味していたりして、本来の目的をなかなか果たせずといった感じだったりします。

面白かったのはセール品から流行の変遷を何となく感じられること。厨房関連、食器関連のお店を中心に猛プッシュ
していたのは「アヒージョ鍋」、叩き売りになりつつあるのは「タジン鍋」と「シリコーン調理器具」諸行無常です。

狭い歩道に溢れる来場者にへどもどしながら、別の機会にまた探しに来ようと考えるに至ります。

検討課題
・つい余計なものまで買ってもクヨクヨしない
・掘り出し物を掘り返せなくてもガッカリしない

2014年10月19日 (日)

リンハウス 末広町 麻婆豆腐

店舗は銀座線・末広町駅を中央通りを1ブロックほど北へ進み、路地を入ったところにあります。

20141019_001
激辛本格四川麻婆豆腐。
注文時に店員さんから二度ほど「激辛だけど大丈夫か?」と聞かれ「本当に辛いんだぞ」と念押しされます。
痺れよりも辛さがはるかに勝る味付けです。ストレートホットという感じで髪の生え際から汗が噴き出してきます。
たいへんおいしゅうございました。

20141019_002
カニ肉入りチャーハン。
通常時なら二人前、酒席の〆なら四人前といっていいほどの盛りの良さです。具材のカニも多く食べ応えあります。
激辛の麻婆豆腐をかけながら食べればアッという間に完食できます。
たいへんおいしゅうございました。

注文時に食べたいものを注文すると店員さんから「辛いし、量もあるから控えた方がいい」とセーブを勧められます。
食べ損なったいろいろを食べるため何度も通いたいと思う次第でございます。

検討課題
・まずはランチメニューの完全制覇
・店員さんの念押しは心して拝聴する

2014年10月17日 (金)

皆既月食

2014年10月8日、天体関連や天文関連にさほどの興味は無いもの、それを理由に会社から逃げ出します。
会社から外へ出ると数人の方々が、路上において欠け始めた月を撮るため東の空へスマホを向けていました。

20141017_001
2015、ようやく家に帰り着き、三脚を用意しだした頃に妖しく輝く赤い月を確認します。

20141017_002
2100、いろいろ試しながら撮ったり眺めたりしていたら既に月も戻り始め、いつもの白い月になります。
白く輝く側にはぼんやりとしたモヤモヤを見ることができます。なかなかシャキっとした感じに撮れません。

シャッタースピードを30秒と少し長めにして撮ると月はボヤけ、思いのほか月の運行が早いと実感できます。
2012年に見た金環日食に比べ、道端で観察する人も少なかったような気もします。どうしてでしょうか。

天体写真は難しいと思い知らされつつ、またチャンスに恵まれれば撮ってみたいとも思いました。

検討課題
・どこかにしまったままのエクステンダーを探し出す
・400mmで足りなかったからといって600mm購入を検討しない

2014年10月16日 (木)

フェイク 楡周平著 角川文庫刊

事件や事故など起こった際、最近では決まって「飲食店勤務」と職業をザックリ報道される業界を舞台にしています。
騙したり、騙されたり、裏切ったり、裏をかいたりと気の休まることの無い日常を過ごすことはさぞ大変なことと思います。

20141016_001
いろいろありつつも主人公とその周辺の登場人物はだいたい何とかなって、命を落とすシーンも無くハッピーエンド。
どうにもこの業界、真鍋昌平著の「闇金ウシジマくん」においては悲しい結末で終わることが多いだけに楡周平氏の
著作ということもあり少しばかりドキドキしながら読み進めることとなりました。

楡周平氏といえば「朝倉恭介シリーズ」です。
初めて読んだときにはハードボイルド系作家のいろいろを混ぜ込み、荒唐無稽さも感じないでもない点もありました。
文庫本を捨てずに残していたので読み返してみて、当時の記憶や印象が今ならどうかを確かめてみたいとも思います。

20141016_002
9月から勤務地が変わり、通勤経路や乗車する列車も変わったことから読書に当てる時間もできそうです。
つまり座って居眠りをすることが出来なくなったということです。ここ数年、読書量も減ってきていたのでチャンスと
捉え、積極的に積んだままにしていた本を通勤時間にモキモキ読んでいこうとも考えます。

検討課題
・ボトルキープをしてみたい店を探してみる
・調子に乗ってフルーツとか間違っても頼まない

2014年10月15日 (水)

ファンフォン来日

2014年10月6日、関東へ台風18号が接近しました。どうも台風の命名に真剣度が欠けてる感じがします。
近年、太平洋海水温の高温化を原因として台風の勢力、規模の大型化も顕著になりつつあります。
台風の通過コース周辺の地域に多大な被害をもたらすことも増え、安穏としていていることもできません。

天気、天災なので地べたに這いずり回り、やる気も無く日々を過ごす自分に出来ることなどありません。
それでも仕事をする振りのために会社に行こうとする社畜根性は誰にも負ける気はしなかったりします。

20141015
日頃通勤に利用する東武鉄道は台風来日に合わせ、特急列車の運休情報を早々に発表していました。
しかし、社畜の私が利用する普通列車の運休情報については、当日駅にて発表という驚きの仕掛けもあり、
とりあえず駅に行ってみないことには何も判らないという困った状況になっていました。やるせないです。

結果的には朝の通勤時間帯に、いくつかの普通列車を運休にし間引き運転をしたことで激しい遅延もなく
無事、会社へたどり着けたことだけでもありがたいことだと思わないといけないような気もします。

濡れたズボンを乾かすため、仕事場においてパンイチになろうか迷いながら余計なことを考えたりします。

検討課題
・ゴム引きカッパの匂いを嗅いで気持ち悪くならない
・出勤直前まで運転中止のニュースに期待をかける

2014年10月13日 (月)

ESDO PEUGEOT D3A

デカールを貼り終えてから既に一年以上経過し、コーティングを終えてからもずいぶん経ってしまっています。
一日15分見つめていれば自然に完成する未来技術の実現を待っていられないので仕方なしに作業を再開します。

20141013
クリア層の凹凸の目立つ屋根部分のみ簡単に研ぎ出しておきます。車体側面にもそれなりに凹凸が残っています。
そちらは面倒なので研ぎ出しはしません。手の入る部分の作業をするだけで精一杯です。そんなもんです。

製作当初から懸案となっているステアリングシャフトの固定と、シャーシとの接合については現段階においても
未だ解決策を見いだせない状況だったりします。エポキシボンドをゴッテリ盛って無理矢理に固定しましょう。

細かい部品をどうにかするダルい作業に移ります。

検討課題
・なんともなればジオラマのストラクチャーにしちゃう
・どうにかできそうな手段は一通り試してみる

2014年10月12日 (日)

株式会社奄美大島開運酒造 れんと

お酒をいただきます。ありがたいことです。ただ酒に勝るものなし、を実感しながら飲みます。
奄美大島の焼酎と言うことで黒糖を用いたものになっています。飲み口は非常にいいものです。

20141012
ラベルには「音響熟成」と書かれています。
熟成にあたり長期間の保存とともに海底に沈めたり、音響による振動を加えたりと焼酎も休む暇もありません。
悲しいことに同じ焼酎で「音響熟成」を施したものと、施していないものを飲み比べることができないことから、
どの程度の差があるのかを確かめることはできないようです。両方飲めば倍飲めるとかそういう話ではないです。

せめて一週間は保たせるペースで飲みたいと思います。

検討課題
・食卓に一升瓶のある生活を満喫する
・とりあえずホッピーを用意しておく

2014年10月11日 (土)

華味 浅草橋 麻婆豆腐

店舗は浅草橋駅北口、江戸通りから銀杏岡八幡神社へと向かう路地にあります。

20141011_001
茹で水餃子。
メニューには無湯水餃と表記されています。水餃子の水抜きといった感じでした。
迂闊に頰ばれば、飛び散る肉汁に口中をやられることになります。少し冷めるのを待ってからつまみにします。
たいへんおいしゅうございました。

20141011_002
ハイボール。
氷のたっぷりの入った冷たいハイボールで熱々の肉汁対策とします。
たいへんおいしゅうございました。

20141011_003
特製麻婆豆腐。
味噌辛さはあるものの、麻も辣もさほど感じられない穏やかな味付けです。どこらへんが特製かは完食後も不明。
たいへんおいしゅうございました。

20141011_004
カニ肉チャーハン。
ほぐした蟹肉をわずかに確認することができます。決してカニカマチャーハンではないので安心して食べられます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・老酒ハイボールを飲み過ぎて腰を抜かさない
・勇気を持って特製の意味合いを聞いてから注文する

2014年10月 9日 (木)

浅草から浅草橋

2014年9月28日、勤務地が台東区に変わったこともあるので、浅草寺にお参りとばかりに朝からやってきます。

20141009_001
混み合う仲見世をショートカットしたいので北口から下車し、急なカーブを描くホーム先端部を外から窺います。

20141009_002
晴れわたった空に映える朱の宝蔵門。赤く大きな提灯がありません。

20141009_003
雷門から南下して駒形橋西詰交差点からスカイツリーを眺めます。

20141009_004
江戸通りを歩きながらバンダイ本社前に並ぶ各種キャラクターを見て回ります。
ガキの頃、スーパーマーケットや玩具店の店先で見たベンディングマシンというわけではないようです。

20141009_005
引き締まった臀部。せめて目やカラータイマーなど気まぐれに発光すればいいのにと考えてしまいます。

20141009_006
店内で受け取ることを前提にした食券発行機でありますように。マグロがゴロンと出てきたらチョット怖いです。

20141009_007
気になっていた雑貨店に寄ったり、昼食をとったり、梱包材商店で段ボールを撫でたりするうちに浅草橋駅到着。

立ち寄れなかった場所はまたの機会にお預けとし、帰宅します。

検討課題
・浅草お祭りミュージアムを見学する
・世界のカバン博物館を見学する

2014年10月 7日 (火)

ねんどろ購入

ぷちであれば箱買いが基本です。1箱でざっくりGAFFE1個分といった感じです。何も逡巡することはありません。
迷うこと無くねんどろぷちを買い、GAFFEも買えばいいだけです。両方とも手に入れば嬉しさもひとしおです。

20141007_001
全10種とシークレット1種を含めた12個入り。シークレットは既報の通り安斎千代美さんの雄姿をねんどろ化。

20141007_002
購入直後にその場で開梱というのもはしたないので、大きな箱をそのままエッチラオッチラ家に持ち帰ります。
そして、箱を開けると一面の秋山殿。

20141007_003
試しに一つ開封してみます。中列の下から二段目を開封すると秋山殿を引き当てます。

20141007_004
差し替え可能な顔パーツを付け替えてみます。朗らかな秋山殿の印象は薄れ、禍々しさ6割増しになります。

このシリーズに合わせて、ねんどろ用の戦車も発売されるようです。ひとまず入手しておきたいと考えます。
figma用の戦車の購入を検討しているいま、たいした問題でもないと少々麻痺している気もしないでもありません。

検討課題
・複数個ダブることを厭わない
・首のジョイントが折れたら買い増しのチャンスと捉える

2014年10月 5日 (日)

上野駅前 10月

モスキート!
データイースト社のピンボール「ジュラシックパーク」のミニゲームではありません。
駅前の上野恩賜公園入口に掲げられた看板の警告文からは、衣替えの季節到来ということが嘘のようです。

20141005
警告文を読むと、猛威を振るいつつあるデング熱について具体的な言及は為されてはいません。
警告すべき原因と結果として発生する被害、それを防ぐための対処法などを明記しないと対応のしようもありません。
上記の通りもう長袖を着る季節だし、そろそろ蚊も息絶える気温になるからといって曖昧な表現すぎやしないかと
少しだけ不安になります。

真冬でも薄着で過ごせるようになれば、さぞやビールを飲むことも楽しくなることでしょう。
それに伴う気候変動を基にする外来生物によるリスクさえ無ければの話しですが。巧くいかないものです。

高脂血症により蚊に嫌われるドロドロ血液を有する者としては、自衛のため血中コレステロールの濃度をさらに高め
健康被害もなんのそのと、リスクヘッジもありゃしない訳の判らない対策を打とうとしてみます。

検討課題
・若ぶってモスキート音が聞こえるとか言わない
・庭に蚊取り線香を焚きしめる

2014年10月 3日 (金)

梅林 神田 麻婆豆腐

神田駅南口から日銀方面へ向かい徒歩1分くらいの位置に店舗はあります。

20141003_001
生ビールと落花生。
明るい時間でも暗い時間でも飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20141003_002
麻婆豆腐。
店員さんから「チュカラト、ケキカラ、ドッチスル?」と聞かれたので「中辛と激辛の中間で」と無茶ぶりをしてみます。
言われた店員さんは「ムツカシイネ…」と半笑いになりながらもそこそこ辛い麻婆豆腐を作ってくださり、配膳前に
花椒をバッバッバッバッ…バッバッと盛大にまぶしていただけたので痺れる味も満喫できました。
たいへんおいしゅうございました。

20141003_003
レタスチャーハン。
ザク切りのレタスがチャーハンの熱でしんなりしてきて、シャキシャキとクタクタの両方を噛みしめられます。
たいへんおいしゅうございました。

20141003_004
腸詰め。
ビールのつまみに頼んだのに配膳は最後でした。それもそのはず、表面を炙り余分な脂を落としていたからで、
ひと手間かけただけのことはあります。温かい腸詰めをつまみながら、もう一杯ビールを頼んでしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

店名には鉄板餃子とも書いてあります。激辛麻婆豆腐を食べる際に餃子も食べてみようと思います。

検討課題
・辛い水餃子でロシアンルーレットをしない
・無茶ぶりの限界を確かめるようにして遊ぶ

2014年10月 1日 (水)

錦糸町から水天宮前

2014年9月23日、月曜出勤後の中途半端な火曜日の休日にブラブラと歩きます。

20141001_001
駅前広場はいつも賑やか。半蔵門線の地上出口から濡れずにJR側へたどり着く術は無いものか思案します。

20141001_002
朱書きにするくらいなら文字サイズそのものを大きくすればいいのにと思ったり、五七五調にするなら改行しようよと
思ってみたりと逆さになった喫煙禁止のマークと併せ気になります。町への愛着溢れる文言だけに残念に思えます。

20141001_003
清澄通り二之橋から首都高の鋼鉄を日陰で休みながら見上げます。

20141001_004
両国橋の車道と歩道を隔てる柵には隅田川らしい花火と、両国らしい軍配の模様があしらわれています。

20141001_005
東日本橋の薬研堀不動院近くからスカイツリーを眺めます。

20141001_006
建替え中の水天宮を前に仮宮の場所を探しあぐねている方を見かける。
看板を見る位置と、看板に書かれた地図の南北や位置関係が合っていないため少々迷ってしまいがち。

天気もいいのでさらに歩き回り、ほどよく疲れだしたところで帰宅します。

検討課題
・地図はW型に折る癖を忘れない
・古い町名の由来などにも興味を持つ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »