« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の記事

2014年12月31日 (水)

PLATZ / CYBER-HOBBY 1/35 GIRLS und PANZER 38(t)戦車 カメさんチームver. GOLD EDITION

今年中に完成させたいとの目論見は敢えなく破綻し、製作は停滞を続けたままになっていたりします。まったくダメだな。

20141231
パーティングラインを処理しながらメッキ層を剥がし、かつ溶剤による接着面を確保しながらタッチアップをするべき
箇所がなるべく少なくなるようにと考えながらの作業になりがちで、つい手も止まってしまうというものです。

なにも義務でもないので、製作は来年も継続しながら完成を目指したいと思います。
そして気付いてみれば大晦日。大掃除なんて本当に面倒なので、チラチラと埃の舞う部屋のままだったりします。
いろいろあった一年です。たいした怪我も病気もなく、健康に過ごせただけも感謝感謝でございます。

検討課題
・未完成で投げ出さない
・やる気を喚起させるためBD再視聴を行う

2014年12月30日 (火)

天府舫 新宿 麻婆豆腐

年内ラストの麻婆豆腐ということでもなく、汗をかきつつ少しだけ咽せるため年末の混み合う新宿へ行きます。

20141230
麻婆豆腐定食。
内容的には以前と同じなため割愛。この日はランチタイムの食べ放題に水餃子の他、煮卵も用意されていました。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ゆで玉子を丸呑みしてオエッとしない
・相席の人の独特な食べ方に気圧されない

2014年12月29日 (月)

株式会社越後鶴亀 越後鶴亀 しぼりたて 純米生原酒

本業における同業に近い業界でご活躍中の先輩からお酒をいただきます。ありがたいことです。感謝感謝。

20141229
米どころ新潟の地酒ということで心ある酒販店も太鼓判を押す美味しさと伺っております。
年末にド演歌を聞きながら飲むか、正月にお屠蘇代わりに飲むか、今すぐ飲んでしまうか悩みます。

検討課題
・悩むまえに飲む
・待てや伏せといった我慢することを覚える

2014年12月27日 (土)

九州飯店 岩本町 麻婆豆腐

店舗は靖国通りに面しており、直近の駅は岩本町駅。店舗の立地はこちらの並びで、こちらの向かい。

20141227
麻婆豆腐定食。
辛さはなく水っぽく、痺れることもなく水っぽい。熱さを感じることもなく水っぽく、さらに量はあるけど水っぽい。
マイルドで家庭的な味付けです。
たいへんおいしゅうございました。

店名の九州はどこらへんを指しているのかを示す何かを探すことはできませんでした。
店外に置かれたメニューにある麻婆豆腐とは全く違うものが供されました。店舗運営が大陸系の方の場合に往々にして
みられるもので、彼等的には誤差の範囲と言うことなのでしょう。私的には人生幸朗が憑依するくらい違っていました。

検討課題
・我慢してでも行列店の方に並ぶことを覚悟する
・無為にぼやかない

2014年12月26日 (金)

HERMES LEATHER FOREVER

2014年12月20日、天気予報では小雨も降るとか言っていたので、もしかしたら悪天候のため来場者も出控えたりして
空いているのではないかと思い、上野の東京国立博物館にある表慶館へ折りたたみ傘を握りしめて行ってみます。

20141226_001
入場はその場でQRコードを提示するだけで、入門と入館時に引き替えとなるパンフレットのためのチケットを貰います。

20141226_002
画像右下の入口から館内に入ると、エントランスホール一面に様々な革の展示をしています。
厚い薄い、硬い柔らかい、表面加工の違いや素材となる動物の違い等をナデナデと触りながら確かめることができます。

20141226_003
ズーズー。オーストリッチ革をふんだんに用いて製作された白い犀。白いワニはいないのかと周囲を探してしまいます。

20141226_004
バッチコイ!おらぁ!!野球小僧垂涎のグラブ。ガキの頃、ミズノの赤カップを買ってもらったことを思い出します。

20141226_005
乗馬シミュレータが設置されており自由に跨がることができます。ニーグリップの大切さをこれでもかと思い知ります。

20141226_006
バーキンとケリーがこれでもかと。好きなだけ買いなさい、とサラッと言える大人に早くなりたいと切に思うのです。

20141226_007
館内の展示の最後には、盆栽とそれを取り巻くように吊されたミニチュアサイズのバッグの展示を見ることができます。
なんとも幻想的な演出の施された空間で、もっと長い時間ずっと眺めていたいと思わずにはいられない場所でした。

勤務地が上野に変わり、歩いて行けるほど近くだからと呑気にしてたらいつの間にか会期終了間近になっていました。
見たいと思う展示を行ってるときは仕事する振りすら投げ捨ててセッセと通うように心がけたいと思いました。

HERMES LEATHER FOREVERは、2014年12月23日をもって会期終了。

検討課題
・職人の手業から盗めるものはないかジッと凝視する
・ブランドの積み重ねてきたものを少しだけ調べてみる

2014年12月25日 (木)

殉教者 馳星周著 角川文庫刊

2010年に刊行された「エウスカディ」を改題のうえ文庫化。

1970年代に世界平和を目指し、日本赤軍から紆余曲折あってバスク地方の独立運動に身を投じる日本人ワルテルと、
2000年代にオリンピック選手から引退したワルテルの息子アイトールが、若い頃の父の軌跡を追っていく話し。

二つの年代を交互に書きながら、両方の時代を生きた人々や、その周辺の関係者を巻き込みながら終幕を迎えます。

20141225_001
いつも通りというか馳ワールド全開で、主要登場人物もドンドン死んでいきます。夢も希望もございません。
裏切ったり裏切られたり、騙したり騙されたりと心休まることもなく、上下巻一気に読み進めることができます。

地域独立や、民族運動といわれてもピンとこないのは自分だけで、日本国内においても背後関係など怪しいながら
熱心に活動を行う団体の存在を稀に見たり聞いたりすることもあります。彼等の望む未来の姿に興味があります。

時系列行ったり来たり繋がりで、

人喰いの時代 山田正紀著 ハルキ文庫刊

開戦前の混沌とした一時期、人の命が非常に軽かった頃を「人喰いの時代」と称し、北海道を中心に短編が続きます。
タイトルの通り、主人公に絡む人物がいとも簡単に死んでいきます。まさに何かに喰われるように死んでいきます。

20141225_002
文庫本に巻かれた帯の「必ず驚愕する」といった読後感は得られず、おそらくそれは自分の読み足りなさに起因する
のだろうと考えます。しばらく間を開けて二度三度と読み直し、読み込み「必ず驚愕する」を味わいたいと思います。

間もなく冬休み。読んでない本を読もうと書店で付けたブックカバーを外しながら同じ本が出てきて項垂れます。

検討課題
・胡散臭い連中の真意を探る
・安易につまらないと決めつけない

2014年12月23日 (火)

五十鈴 新宿

店舗は新宿駅西口から北側にある大ガード方面へ向かった場所にあります。
この一角、現在では「思いで横丁」と看板も掲げられていますが、違う名称で記憶されている方も多い場所でもあります。

20141223_001
生ビール。
いろいろあってコップ酒ではなく生ビールを飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20141223_002
モツ煮。
すぐに用意できるメニューから選びます。
たいへんおいしゅうございました。

20141223_003
串焼き。
右から鶏ネギ間、豚ネギ間、豚カシラ、シシトウx2。全て塩。
たいへんおいしゅうございました。

こちらでは串焼きを始めに頼む際、必ず5本以上を一度に頼まなければなりません。1本100円と安価ではありますが
このシステムもあってネギ焼き2本とコップ酒で500円以内に納めてどうにかするということは難しかったりします。

検討課題
・店固有のシステムを素早く把握する
・早い時間から腰を据えて飲んだくれない

2014年12月21日 (日)

暮れのスカイツリー

今年も赤いライティングの点灯を行うと知り、会社帰りに少しだけ遠回りして浅草方面へ寄り道します。

20141221_001
駒形橋西詰めから。

20141221_002
吾妻橋西詰め袂から。

20141221_003
枕橋から。

20141221_004
ノーベル賞に関連して青く光らせるでもなく、昨年と同じように白く光り輝くソラカラちゃん。

駒形橋周辺から見る並びを気に入ったので、次回はいろいろ試しながら再挑戦をしたいと考えます。

検討課題
・いつか三脚持参で撮ってみる
・少しだけ日の残る時間帯で撮ってみる

2014年12月19日 (金)

日暮里から上野

2014年12月7日、前日の皇居内は人混みもあって思うように歩けなかったので、人の少なそうな場所を歩きます。

20141219_001
以前は西日暮里駅から谷中ぎんざを歩いたので、今回は日暮里駅から適当に歩き出します。

20141219_002
谷中霊園をウロウロします。夏目漱石の墓は谷中に無いと書かれた貼り紙を見つけます。

20141219_003
霊園内で見かけた作業車。小型特殊で登録すれば公道走行も可能になるのでしょうか。

20141219_004
墓石の背後にスカイツリー。夜には色を変えるスカイツリーを卒塔婆の代わりに出来ることに羨ましさを感じます。

20141219_005
上野公園内を大道芸を見るでもなく見つつフラフラ歩き、大仏フェイスを拝みます。

20141219_006
公園内で見かけた作業車。電動式のターレでした。

太股に倦怠感を覚えるまで歩き回り満足できたので軽く一杯ひっかけてから帰宅します。

検討課題
・駅前ロータリーに集う紳士を観察しない
・お供え物の饅頭に手を付けない

2014年12月17日 (水)

大手町から九段下

2014年12月6日、やんごとなき方おわす所の端に足を踏み入れることを許されると聞き、せっかくの機会だからと
いうこともあり、物珍しさや野次馬根性丸出しで朝っぱらから少々ワクワクしながら出掛けてみます。

20141217_001
事前情報として入場門となる坂下門の開門は0930となっていたので、余裕を持って0900に大手町駅に到着します。

20141217_002
目論見の甘さはいつも通り。既に入場を待つ待機行列が形成され、手荷物検査の後しばらく待つこととなります。
悲しいかな日本人の習い性か、寒いなかにあっても不平不満を漏らすこと無く、皆、前の人に続くように並びます。

20141217_003
坂下門から入場すると奥に宮殿を覗いたり、宮内庁庁舎を眺めたりできます。そして人混みの中を紅葉を愛でながら
ノロノロと歩きます。警備担当者から撮影含め長時間立ち止まることを制限する注意を延々ガナられたりもします。
感覚的には初詣の頃の明治神宮や鶴岡八幡宮といった感じの混雑っぷり。

20141217_004
訪れた人々は紅葉を見るため上を向きがちに歩きます。足を踏まれたり、体当たりされても我慢ガマンと歩きます。
普段は立ち入ることの出来ない場所からの眺めはいい思い出になると思いつつ歩き、乾門を出て見学終了です。

20141217_005
乾門から代官町ICの脇を通り、先日の雨で思うように歩けなかった北の丸公園を歩きます。
ここで以前探せなかった「北の丸公園1」を見つけます。とりあえず2と3を順次探そうと思ったりします。

20141217_006
北の丸公園内に移設されたアメダスの機械を見たり、武道館前の公孫樹を見たりしながら、

20141217_007
開催されていたフリーマーケットを冷やかしつつ靖国神社の紅葉も見て回り、昼食をとって帰宅します。

検討課題
・手荷物検査にはビックリ箱を仕込んだうえで臨む
・ドングリを拾って抽斗の中に入れっぱなしにしない

2014年12月15日 (月)

大福楼 神田 麻婆豆腐

店舗はJR神田駅西口から徒歩1分と駅から非常に近い場所にあります。

20141215_001
麻辣麻婆豆腐。
店内に新メニューとして貼り紙をしてあったので頼んでみます。土鍋にグツグツと煮えたぎった状態で配膳されます。
辛さはブツ切りにされ、ふんだんに投入された唐辛子からじゅうぶんに感じられますが、痺れを感じることはありません。
貼り紙に書かれた「ピリ辛」味はその通りで、決して激辛というほどの辛さを味わうことはできません。
たいへんおいしゅうございました。

20141215_002
カニチャーハン。
ランチタイムの定食メニューから選びます。米飯ものの定食にはスープと杏仁豆腐がセットされます。
カニの味より塊のまま入っている塩の味を強く感じます。血圧の気になる方は完食は控えるべき味といえます。
カニの他にレタスと千切りにされたキャベツを具材にしています。いろいろな歯応えを楽しむことができます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・血圧を測るときは手をグッパグッパする
・採血をするときは手をグッパグッパする

2014年12月13日 (土)

衆院選

なにもこの年末になってから貴重な週末を潰すような日程で選挙を行うのか?と疑問に思わないでもありません。
諸々ありますので投票日の前に政治的な事柄を書くことは自重しておきます。ただし有権者は投票に行きましょう。

20141213
開票速報番組の都合からか、大河ドラマの最終回の放送日そのものを変更することに納得できなかったりします。
同時に日常生活のパターンを崩されることに釈然としないものを感じます。モヤさま〜大河ドラマと18時台から21時
までは毎週あまり変わらぬテレビ視聴を繰り返しています。おそらく東京12チャンネルの番組編成は安泰と思います。
それに引き換え公共放送に対しては、視聴料を負担してるだけに文句の一つも言いたくなります。八つ当たりです。
当日は新聞のテレビ欄とにらめっこをしなければなりません。困ったことになりました。

まずは如何なる結果になろうとも文句を言えるように投票だけはしておこうと思います。

検討課題
・桑原茂一の出てたスネークマンショーを久しぶりに聴いてみる
・投票用紙に名前の代わりとばかりに似顔絵を描いたりしない

2014年12月11日 (木)

三周年

三年寝太郎、桃栗三年、石の上にも三年。そんなこんなで三周年です。
当初の目的でもある1000回更新を無事果たし、それでも仕様を変えつつ続けている自分の諦めの悪さに薄ら寒い
気持ちの悪さを感じます。もっと飽きっぽく、いとも簡単に放り出すと自分自身が信じていたはずなのにです。

20141211
過去を振り返り、この三年間で自分がどうなったか、少しは進歩したのか、ちょっとは真っ当な大人になれたのか、
見直してみたいとも思います。併せて現状では止める理由もさしてないのでグジグジと続けてみようとも思います。

検討課題
・ヌルッと4年目に突入する
・仕様変更は適宜行う

2014年12月 9日 (火)

GAFFE Toyota Rav 4 proto T3 AD Sport Dakar 2004 完成

タイトルの通りGAFFE Toyota Rav 4 proto T3 AD Sport Dakar 2004です。
シャーシに細々とした部品を取り付けたりなんだりしながらボディの研ぎ出しなどもせずにやっつけます。

20141209_001
ヘッドライトは透明レジンの塊となっています。ライトカバーをヒートプレスなどで作ったパーツに置き換えるだけで
高い完成度になることでしょう。模型製作を趣味とする真摯なモデラー諸氏にはうってつけのワンポイント改造です。
私は改造などまっぴらですのでキットに用意された透明レジン製ヘッドライトをありがたく使います。当然です。

20141209_002
後方識別灯部分は白くなっています。私はマスキングするのも面倒なので黒で塗ってオッケーにしています。

20141209_003
やはり日常生活で見かけることのある車がT3クラス出場用に改造されているのは見ていて面白いものです。
いくつかの記号でカングーと判別できるほどまで原型を失いつつある2001年の車輌もお気に入りのひとつです。

デカール貼付に難儀しつつも、どうにか形になったので台座に接着して完成とします。

検討課題
・2000年以降の車輌もできるだけ作ってみる
・デカールを貼る順序は慎重に検討する

2014年12月 7日 (日)

竹橋から飯田橋

2014年11月29日、本来行きたかった場所へは天気の関係から訪れることを断念せざるを得ませんでした。20141207_001
代替案として訪れたのは竹橋駅から程近くの国立公文書館。

20141207_002
平成26年特別展「江戸時代の罪と罰」展を見学します。もちろんドストエフスキー成分皆無の展示となっています。
会期は2014年12月14日まで。

20141207_003
小伝馬町にあった牢屋の見取り図。
食事をはじめある程度の差し入れが認められていたようで、現代のフィリピンの刑務所のようなシステムです。

20141207_004
見たかった史料を見つけ満足します。いわゆる牢名主を収容者の頂点にした牢内自治が行われていたことが解ります。
積み敷かれた畳の枚数でその役割を示すさまは、日曜夕方の大喜利のそれとは全く違ったもののようです。

20141207_005
天気予報では曇り、所によって激しい雨。見事に激しい雨のエリアにいたようでモッズの唄でも歌いたくなります。
天気の悪さから出足も悪く竹橋JCTも珍しくガラガラで、通過する車は水煙をあげながらスイスイ走っていきます。

20141207_006
車に水を浴びせかけられるのも嫌なので北の丸公園内を歩き、飯田橋駅方面へ歩きます。
11月も末、雨も降っているのに歩いていると妙に暑さを感じるおかしな天気なので身体を冷やしてから帰ります。

検討課題
・行けなかった場所へはそのうち行ってみる
・雨の日は長靴を履いて出歩くことを躊躇わない

2014年12月 5日 (金)

上野駅前 12月

年末に向けて混沌の度合いを増していくとで築地と並びつとに知られる上野です。
その混沌に拍車をかけるかのように駅前の百貨店店頭に巨人の頭部が据え置かれています。

画像は2014年11月28日に撮ったもので、同日から上野の森美術館にて開催される「進撃の巨人展」との連動企画、
あるいは宣伝告知ということなのでしょう。通り過ぎる人々も思わず振り返るほどのインパクトがあります。

20141205
あっという間に年末です。今年は仕事をしない振りに専念した割りにそこそこ忙しかったような気持ちになります。
それなりに忙しかったということは少しは休んでもいいのかなと、相変わらず自分へはアマアマな判断を下します。
休む際の暇つぶしにまとめて読んでみたいと思っているコミックもあります。

・進撃の巨人 諫山創著 講談社刊
・テラフォーマーズ 橘賢一著 貴家悠作 集英社刊
・東京喰種 石田スイ著 集英社刊

まとめて読むのは完結してからでもいいような感じもします。買ったまま読まずに積んでいるコミックを読むのを
優先することも大切なような感じもします。とりあえず先々のことはあまり深く考えないようにしておきましょう。

検討課題
・大晦日に慌ててカニを買いに行かない
・待ち合わせの際に京成デパートの前とか言わない

2014年12月 3日 (水)

名古屋の名店へ凄いの見にいく

諸々をこなすためといいながら、名古屋へ行こうと思ったのは「ゴルフの巨匠」さまの記事を拝読したからだったりします。
当日はガレージセールを行っていたこともありお忙しい様子だったので、ショーケースの外から舐めるように見入ります。
これは確かに凄いですよ。掌に乗るヨンサンなんですよ。しばらくショーケースの周りをグルグル回っていましたよ。

それはそうと、名店の二階に上がってしまえば事後の立ちくらみも何のその。しゃがみこんで掘り返し作業に熱中します。

20141203_001
JEMMPY 249 ALPINE A310 V6 GR4 GUSCIANI TOUR DO CORSE 1980
ボディは赤で塗装済み。デカールだけ貼ってコーティング無しで完成させちゃってもいいやと思えてきます。

20141203_002
PROVENCE MOULAGE K1621 FORD CAPRI GR2 "RIPOLIN"  1972
どういうわけか黄色と赤のカラーリングから「リプトン」だとばっかり思い込んでいたキットをようやく買います。
そして、やっぱり「リプトン」じゃないと気付いたのは買って帰って、家でパーツチェックをしている最中でした。

20141203_003
PROVENCE MOULAGE K1412 RENAULT 11 TURBO 2 TOUR REUNION 1988
ミニレーのキットではなくプロバンス社製のルノー11。黄色っぽいワークスカラーとは違いボンネットは緑色のパンツ柄。

20141203_004
PROVENCE MOULAGE K1533 RENAULT 5 GT TURBO Marlboro 1990
セール品の中からマルボロカラーをサルベージ。使えないと好評を博すプロバンス名物ロールバーが同梱されていました。

20141203_005_2
セール品を購入すると福引きのチャンスがあり、三角くじを引くと見事三等賞が当たりました。
いくつかの賞品の中から最も荷物としてかさばらないトロロッソのカードをいただいてみます。ありがとうございました。

併せて自分の技量では手に余るキットの製作をお願いします。色はキット提供者さまの仰っていたボンドカーのそれとは
違うカラーリングになりそうです。それについてはまた後日、おいおいと。

これにて「Go West!! November 凄いの見にいく」の項はおしまい。

検討課題
・やっぱり実店舗での発掘作業は大切なことと知る
・興奮のまま鼻息でショーケースを曇らせない

2014年12月 2日 (火)

錦城 本店 高畑 麻婆豆腐

大名古屋温泉が惜しまれながら閉館したいま、名古屋で為すべきことを考えます。そう!近くに錦城があるじゃない!!
ランチタイムのお楽しみを思いだし、トヨタ博物館のある長久手からスタコラサッサと中川区へ向けて走り出します。

20141202_001
担々麺セット。
ワンテンポ遅れて口中に広がる辛さを楽しめます。調子に乗って勢いよくすすると高確率で咽せます。激しく咽せます。
担々麺そのものだけをみれば物足りなさを感じないことも無いハーフポーションに思えますが、これはこれでいいのです。
たいへんおいしゅうございました。

20141202_002
ご飯と麻婆豆腐。
担々麺セットにセットされるお櫃ご飯と、ランチタイム限定の食べ放題麻婆豆腐。食べ放題、なんとも麗しい響きです。
大鍋に用意された麻婆豆腐は、私が訪れたときには既に少なくなっていましたが、それでも十分な量が残っていました。
辣味の効いた麻婆豆腐に別途用意されている花椒を振りかけ、自分好みの味に調節してモシモシ食べまくります。
たいへんおいしゅうございました。

ここで口卑しい私は、朝からの出遅れを回復できなかったことを大層悔やむことになります。
次回は是非ともランチタイム開始と同時に入店し、大鍋の前にドッカと陣取り麻婆豆腐を平らげようと誓うのです。

検討課題
・お櫃のご飯をお代わりしない
・スープ代わりに担々麺を完食する

2014年12月 1日 (月)

トヨタ博物館

2014年11月23日、新館で催された「名古屋オートモデラーの集い 2014」を見学したついでにせっかくなので立ち寄ります。

20141201_001
開館後すぐに訪れたきりで、こちらへは25年振りの再訪となりました。

20141201_002
トヨダAA型と並び爆走するC57のレリーフを見て不足気味な鉄分補給をしつつ、蒸気機関車成分も補給します。

20141201_003
館内では開館25周年記念の企画展「語る」展を開催中。
副題が〜ワクテカの隔世連鎖〜じゃない!と、巨大掲示板の用語に毒されている自分の気持ち悪さに気付かされます。
会期は2015年4月12日まで。

20141201_004
神様、今週の一生のお願い!くれ!!

20141201_005
大八車の展示もあります。ヨンサンで作りたくなります。

20141201_006
展示品のなかにブリキ製玩具、鴨宮モデルの新幹線を見つけます。ドテッ腹に夢のある何かが書かれています。

20141201_007
スーパーカーにはしゃぐのは大人ばかり。お子様たちは強い興味を示さないご様子。

トヨタ博物館を見学しながらトヨタ車、そもそも自動車の画像少なめのままだったりします。
久しぶりとあってゆっくり見て回ってしまい、時計を見ればもう13時。お腹も減ってきたのでメインイベントです。

検討課題
・戦前のクラシックカーに興味を持つ
・買えるか否かだけで車を見ない

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »