2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の記事

2015年5月31日 (日)

戦果報告

今回はなるべく早いうちに確保しておきたいと考えるいくつかを探すため、物販コーナーを積極的にウロウロします。
結果として探していたものは何一つ手に入らず、買うつもりのなかったヨンサンのキットをやっぱり買ってしまいます。

20150531_001
PROVENCE MOULAGE K977 RENAULT 5  TURBO PROST VAR 82
昨年、名古屋の名店で手に入れたものと微妙に異なる教授乗車のマルボロカラーのルノー5。

20150531_002
BARNINI N15 FIAT ABARTH 030 GIRO D' ITALIA 1974
探していたのもが無かったことで失意に打ちひしがれ、下を向いてトボトボ歩いていたら見つけたので買っておきます。
若干ボディの収縮を確認できますが、熱湯風呂に入れればどうにかなる程度です。

長々続いた「Go West! May 第54回 静岡ホビーショー」の項はおしまい。
気が付けば出歩く機会の多かった5月ももうおしまい。

検討課題
・上も前も向かずに歩くことも大切と知る
・期待していなかったときの収穫は素直に喜ぶ

2015年5月30日 (土)

萩錦酒造株式会社 あおこ酒 純米酒

静岡ホビーショーの催される静岡ツインメッセからほど近く、徒歩でもいける鈴木酒店に数年ぶりに立ち寄ります。

20150530_001
業界の狂犬と異名を誇るアオシマ文化教材社のマスコットガール「あおこ」をラベルに配した限定生産のお酒。
こちらは第二弾の数量限定復刻版。第一弾はアトランジャーをフィーチャーしたものになっており入手できなかった
ことを悔やみまくります。富士誉という酒米を使用した純米酒、冷やしてから飲んでみたいと思います。

併せて東北産品を店頭にて見つけたので、ささやかな復興支援ということもなく購入します。

花春酒造株式会社 東北ずん子さくらんぼリキュール リキュール

20150530_002
製造している酒造メーカーのサイトにおいては、購入者の不安を払拭する活動を積極的に行っていることが分かります。
なにはなくとも飲んで応援ということで、適当に炭酸で割って飲んでみようと思います。

20150530_003
購入した鈴木酒店の店舗は以前と比べとても賑やかになっており、目を引いた木彫りの人形が埋没しています。

検討課題
・また買いに行く
・地酒ならとりあえず買って飲む

2015年5月29日 (金)

八幡四川飯店 & ガーデンズ 静岡 麻婆豆腐

第54回 静岡ホビーショーの会場にて偶然お目にかかったkawakami(偽者)さまを、半ば強引に拉致するがごとく
行ってみたいと考えていた店へと連れ去ります。店舗は静岡駅と、ツインメッセの中間地点くらいにあります。

20150529_001
小海老のマヨネーズソース炒め。
メニューには蛋黄醤蝦仁とも書かれています。
完全食品であるマヨネーズをふんだんに用いた甲殻類料理を小盆で頼み、取り分けていただきます。
たいへんおいしゅうございました。

20150529_002
海鮮サラダ。
麻婆豆腐セットに付くサラダ。最初に配膳され、何となくモシモシと食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20150529_003
麻婆豆腐セット。
メニューを見ていると、お子様メニューの米飯を追加料金を支払うことで炒飯に変更できると書かれていたので、
迷うことなくkawakami(偽者)さまも問答無用で道連れにするかのように炒飯に変えます。麻婆豆腐は熱く、辛く、
痺れる味付けで、もう少しご飯を欲しくなってしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

元来せっかちで粗忽者の私と、ホールスタッフのケン・シュウチュウさんの間の悪さから食後に供されるはずの
杏仁豆腐が月餅になってしまうという不測の事態が発生します。本場感の演出ということにしておきます。

店舗の経営母体である静岡中島屋ホテルチェーンの中華料理最高顧問には、四川料理の鉄人が就任しています。
彼の名を冠した日本橋の店舗ではガッカリ感を強く感じましたが、こちらではそういった感じはありませんでした。
またの機会に静岡を訪れた際には単品固めでいくつか頼んでみたいと思いました。

検討課題
・メニューを熟読する
・遠出した際の立ち寄り先は事前に調べておく

2015年5月28日 (木)

Go West! May 第54回 静岡ホビーショー 他

他いろいろ欲しくなったり、特に気になったりしたモデル作品の見学をします。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細については割愛
させていただきますとともに、記載内容に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20150528_001
s=1/12 工藤ちゃん / 沖縄モデラーズ
説明では作品名「探偵物語」、使用キットは「ニューレイ社製ベスパP200」となっていましたが、フルスクラッチで
製作された松田優作氏のクオリティの高さに目を奪われたので、二輪車ではなく他の分類にさせていただきました。

20150528_002
s=1/不明 タイガーシャーク / 奈良模型愛好会
オッサンのハート鷲掴みの完成度。ガキの頃買ったプラモはこうなって欲しいと思っていたものです。

20150528_003
s=1/35 例のプール / DORO☆OFF
自分が泳ぐことに使ったことはないけど、なんとなく使ったような記憶のあるプール。

検討課題
・死後探し出されたら困るものは気付いたときに処分しておく
・おとこの秘図を読み返してみる

2015年5月27日 (水)

Go West! May 第54回 静岡ホビーショー 艦船

うここ数年、AFVモデル共に盛り上がりを見せる艦船モデル作品の見学をします。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細については割愛
させていただきますとともに、記載内容に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20150527_001
s=1/35 ゼーフント・ビーバー / HIYAMESI
魚雷をテーマに据えた作品展示のなかにあった潜水艦2隻。

20150527_002
s=1/700 イ56 / 徳島モデラーズ倶楽部
ピットロード社製キットをカットモデル化。

20150527_003
s=1/72 U-Boat VIIC / トライアングル
作品には「時化の索敵」と名付けられ、荒れ狂う北太平洋をダッパーン!しているかのような臨場感タップリのジオラマ。

20150527_004
s=1/72 CVN-68 ニミッツ / おおなみ会
空母ニミッツに搭載される艦載機を展示するための甲板。大きさもさることながら空母の回りをグルグル見て回ります。

20150527_005
s=1/不明 糸満ハーレー / 沖縄モデラーズ
委細不明ながら作品は実在するチームのよう。

20150527_006
s=1/48 伊400/ アサヒ倶楽部
晴嵐射出部周辺をフルスクラッチ。

検討課題
・艦船モデルに挑戦するときは目もと手もとに厳しい部品は省略する
・作るか否かは置いといて気になる艦船モデルは早めに積んでおく

2015年5月26日 (火)

Go West! May 第54回 静岡ホビーショー AFV & 航空機

AFVモデル、航空機モデル作品の見学をします。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細については割愛
させていただきますとともに、記載内容に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20150526_001
s=1/35 61式戦車 / Plastics Warriors
戦車と言えば61式戦車です。自分の中ではいまだに74式戦車が最新鋭です。

20150526_002
s=1/35 パンサー戦車 / Plastics Warriors
2013年の展示から大きく変わった点は、作品背後に密やかに置かれた盾。

20150526_003
s=1/35 三号戦車 / Plastics Warriors
神とも至宝とも呼ばれる製作者様から直接、製作途中のキットを前にいろいろお話しを聞かせていただきます。
これもショーならではの醍醐味。

20150526_004
s=1/35 M113 / AMOS ☆ Tokyo
作品には「IMAGINE」と名付けられ、地球儀を模した様を見ていると深く深く考えさせられます。

20150526_005
s=1/35 四号戦車 / プラッツ新製品
まだまだ盛り上がるガルパン。部品点数を大幅に減らし、完成への到達率を高める内容になっているようです。

20150526_006
s=1/48 F-14 / F-14 Tomcat @e Group
トムキャットってブルーズに採用されていたっけ?と思いつつも何故か違和感の無さに納得してしまいます。
メタリックの塗装がシャープに感じさせ、可変翼機の展示飛行はどんなものになるのか想像が膨らんでしまいます。

20150526_007
s=1/144 一式陸攻 / 押入れモデラーズ倶楽部
中央に置かれたs=1/72の一式陸攻は昨年も展示。その一式陸攻周辺に配されたs=1/144キラキラ一式陸攻。
わけがわからないよ

20150526_008
s=1/72 A4, AV8, F-18 / AMOS ☆ Tokyo
航空自衛隊の配備は充実したなぁ、と勘違いしてしまいそうな現実にありそうで無さそうな作品群。

20150526_009
s=1/32 トーネード / NAM
2011年のタイガーミートに参加したブラックパンサー。マスキング地獄とは作者の弁。

20150526_010
s=1/72 Beriev VVA-14 / A Star Of Wings
珍しい機体の作例を見ることができるのもショーの醍醐味。

検討課題
・キットの情報なども記録しておく
・製作者がいればグイグイ聞きまくる

2015年5月25日 (月)

Go West! May 第54回 静岡ホビーショー 四輪車 & 二輪車

1/43スケール以外の四輪車モデル、二輪車モデル作品の見学をします。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細については割愛
させていただきますとともに、記載内容に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20150525_001
s=1/32 MINI / Plastics Warriors
見所は台、水しぶき、ドライバーフィギュア、そして台。その最たる見所である台は割愛。

20150525_002
s=1/24 謎の円盤 UFO シャドーカー / 模楽
現存する劇中車は屋外に放置され酷いコンディションと聞きます。モデルはフルスクラッチで製作中。

20150525_003
s=1/8? Red Baron / Repricompany
画像右端に見える小振りなタイヤは、ご機嫌最高MONOGRAM社製s=1/24のレッドバロン。

20150525_004
s=1/24 シボレーサイテーションX / N.O.S
MONOGRAM社のパッケージが小箱の頃のキット。車種として不人気なせいかなかなか再販されません。

20150525_005
s=1/24 インターセプター / 東つく会
主役は何と言ってもウェズ・ジョーンズなので、アオシマ社製の車輌は割愛させていただきました。

20150525_006
s=1/12 NSR / G & car's
八代選手の駆ったマシンを展示。

20150525_007
s=1/6 フルカバード / club Two Pinion
タミヤ社製キットから流用したのはエンジンとタイヤのみとの説明。

20150525_008
s=1/12 NSR / ハセガワ新製品
キリのキットは過去にプロターからs=1/24のモデルがあったように記憶していますが定かではありません。
当世のことですHBのスポンサーデカールはアフターパーツを待つことになるでしょう。

検討課題
・タバコデカールは潤沢に確保しておく
・今さらタバコの価格を見て驚かない

2015年5月24日 (日)

Go West! May 第54回 静岡ホビーショー ヨンサン

買い物なんぞは後回しにして、何はなくともヨンサン見学です。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細については割愛
させていただきますとともに、記載内容に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

会場に入るやいなや老舗クラブの「ルマンの会」の展示を目指します。今年のテーマはフェラーリとのことです。

20150524_001
フェラーリ 250GT 1959 TDF / ルマンの会

20150524_002
フェラーリ 250GTO 1964 le Mans / ルマンの会

20150524_003
フェラーリ F60 2009 MONACO GP / ルマンの会

20150524_004
フェラーリ 312B プロトタイプ / ルマンの会

20150524_005
フェラーリ 512BB TURBO 1977 Gr.6 / ルマンの会

20150524_006
ランボルギーニ レヴェントン / G & car's

20150524_007
ランチア デルタ S4 / S.E.M
ベースはエレールのプラキット。

20150524_008
トライアンフ レコードブレーカー・ランチア アプリリア / オービーズ

20150524_009
ロータス エリート 1966 / 和歌山ノン・フライトクラブ

20150524_010
ランチア ストラトス / 四つ葉のクローバー大作戦

他にもヨンサン作例多数展示。皆さん熱心に製作されているようで大いに刺激を受けます。

検討課題
・たまにはフェラーリのモデルを作ってみる
・作るなら赤くないフェラーリを選んでみる

2015年5月23日 (土)

Go West! May 第54回 静岡ホビーショー

2015年5月16日、今年は例年とは異なり、物販コーナーで探したいものもあったため何が何でも向かいます。

20150523_001
0601。午前中は降雨との天気予報もあり、少し早めに家を出てみます。運転の負担感の少ない新東名を走って
みますが、御殿場JCTあたりから雨と、濃霧発生による視界不良のためスピードダウンを強いられます。
海沿いを走る旧東名を走った方が天気は良かったのかと思いつつ、選択の誤りを安全運転にぶつけてみます。

20150523_002
0716。会場に到着します。悪天候と物販に賭ける思いから施設併設の駐車場を利用するための早起きでした。

20150523_003
開場までの時間潰しに陸上自衛隊の車輌を見学したりします。

20150523_004
見たいものを見ることが叶ったり、買いたいと目論んだものは手に入らなかったり、予想外のものを買えたりと
いろいろありつつ会場を後にします。画像は開場前の雨降る午前中に記録しています。

20150523_005
1600。午後からは天気も回復すると予報されていたのに、帰路でも濃霧は残っており名古屋へ向かおうとする
気力をゴリゴリと削いでいきます。名古屋方面等々はまた日を改めてということにしましょう。

20150523_006
2008。高速道路は重大な渋滞もなくイライラせずに走れましたが、多めに休憩を取ったり、アクセルを必要以上に
踏まないようにしたので帰宅時刻は少々遅めとなりました。疲れずに安全運転を維持することが大切です。

この項、しばらく続きます。

検討課題
・悪天候の際は貨物車の群に紛れて走る
・休憩で停まる度に甘いものを貪らない

2015年5月21日 (木)

大連餃子房 新橋店 新橋 麻婆豆腐

新橋での飲食となると普段どうしても外堀通り南側にある飲食店街から探してしまいがちになります。
休日に訪れたこともあり、目当てのお店は営業していなかったり、目当てじゃ無いお店もなんとなくパッとしなかった
ことから、適当に目に付いた外堀通り北側で休日のオフィス街でも営業していたお店に入ってみます。

店舗は上記の通り外堀通り北側に面しており、直近の駅は新橋、または内幸町となります。

20150521_001
エビと玉子の炒め。
休日でも注文できる定食メニューから選びます。定食にはご飯、スープ、漬物、杏仁豆腐がセットされます。
玉子の炒め加減は、最近よく見かけるトロトロ、フワフワと一線を画すしっかりと焼かれたものです。
ニラの噛み応えも塩加減も丁度良い感じなので、こちらをビールのつまみにします。
たいへんおいしゅうございました。

20150521_002
四川陳マーボ豆腐。
定食メニューにあった麻婆豆腐定食は、その色柄含め自分の期待するものとは違うような気配を察知したので
単品メニューから選び、ご飯のおかずにしてみます。ビリビリと痺れるような感じはあまりなく、じっとりと辛さが
こみ上げてくるような味付けです。具材の挽肉は「肉」の噛み応えが判るほどの小片に刻まれた肉になっており、
食べ終えた後の満足感をじゅうぶんなものにしています。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・餃子屋なら義理でも餃子を頼む
・時間の経過の判りづらい地下では飲み過ぎない

2015年5月19日 (火)

日本橋から新橋

2015年5月6日、私にとっての黄金週間最終日。実益のようなものを兼ねつつ趣味全開で歩き回ります。

20150519_001
三越前駅を常盤橋側から地上に出ます。日本橋周辺の百貨店でグルグルと品定めのようなことをします。

20150519_002
中央通りから外堀通りへ移動し、東京駅周辺でもグルグルと品定めのようなことをします。
この時点で既に強い日差しから汗をかき始め、八重洲の地下街に潜り込みたい衝動に駆られます。
潜ってしまうと早い時間から飲める店に腰を落ち着けてしまうので、意地でも地上をノロノロと歩きます。

20150519_003
再び中央通りに戻り、京橋側から銀座周辺をジグザグに歩き、ここでもグルグルと品定めのようなことをします。

20150519_004
グルグル歩き回り銀座八丁目に到着。なんとなく目星もついたので、博品館に寄りスロットカーを見ていきます。

20150519_005
交差点で信号待ちの間、コーヒールンバを踊りながら昼食を考え、タミヤに寄りたいと思い新橋に足を伸ばします。
タミヤでは欲しかったいくつかを購入できたので満足しながら帰宅します。

検討課題
・試食はできるだけしない
・深夜のSAとPAでは必ずコーヒールンバに合わせて踊る

2015年5月18日 (月)

ねんどろ

ねんどろ一匹握りしめ北でジタバタするのも楽しい。

20150518_001
浅瀬石川ダムにて。

20150518_002
大鰐駅にて。
冬に見た列車とは違うカラーリングの車輌を見つけます。

20150518_003
笑内駅にて。

20150518_004
玉川ダムにて。

ダラダラ続いたロングロングドライブ 2015の項はこれにておしまい。

検討課題
・近場のダムに行っておく
・傷んだねんどろは早急に更新する

2015年5月17日 (日)

初夏のダムツアー 秋田パート

2015年5月4日、大館から国道105号線を南下しながら本日最初の目的地を目指します。

20150517_001
森吉山ダム到着です。

20150517_002
ダム手前の道路から吐き出しを確認することができます。

20150517_003
ロックフィルは癒し。

20150517_004
吐き出し部は幅広になっており、また階段状になった場所を水が流れるため轟音を響かせることなく、とても静か。

20150517_005
管理事務所でダムカードの配布を受けます。
管理事務所に隣設される森吉山ダム資料館は開館時間になっていなかっため見学を断念し、先を急ぐことにします。

最後の目的地を目指して更に国道105号線を南下し、田沢湖を周回するように走り国道341号線を北上します。

20150517_006
1051。玉川ダム到着です。

20150517_007
ダム手前の駐車帯から吐き出しを確認します。手前に廃線跡のような鉄橋も確認できます。

20150517_008
ダム直下にある「玉川ダム下流公園」からオリフィスゲートからの吐き出しを見上げます。

20150517_009
クレストゲート直上から吐き出しを見下ろします。ダム湖の宝仙湖は、田沢湖と似た色の水をたたえています。

20150517_010
管理事務所に隣接された資料館には精巧なジオラマが展示されており、見学者がボタンを押すとクレストゲートから
吐き出される様をジックリ堪能できるようになっています。

20150517_011
管理事務所でダムカードの配布を受けます。

見事、グダグダな無計画っぷりを発揮しながら全ての目的地を無事回ることができました。
そして帰路に就き、この後どうにもならないような渋滞にはまることになります。

検討課題
・近在の温泉地に寄れる余裕を持つ
・盛りだくさんな行程を組まない

2015年5月16日 (土)

ロングロングドライブ 2015 彷

2015年5月4日、こなすべき予定もあるので朝もはよからモソモソ起き出し、朝食も摂らずに宿を出ます。

20150516_001
0725。東北道を小坂JCTから秋田自動車道へと移り、対面通行のなか安全に留意しながら大館方面へ向けて走ります。

20150516_002
0909。最初の目的地から次の目的地に向かう途中、笑内駅に立ち寄ります。時刻表を見ると列車到着まで1時間以上の
間があり、先を急ぐので列車到着を待たずに移動を優先させます。この秋田内陸線、どこでも撮影に適しているような
ロケーションばかりのように感じます。なんとかして再訪のうえ行ったり来たりしながら撮ってみたいと思いました。

20150516_003
0930。マタギの里と呼ばれる阿仁を通過します。走っていると人家から離れた場所では山菜採りなのか、狩猟なのか
判別つきかねる集団をチラホラと見かけます。道の駅で販売してた熊の毛皮を買うべきだったかと最後まで迷います。

20150516_004
1012。田沢湖を周回する道路を走ります。湖面は独特の色合いで不思議な気持ちになります。

この後、正午頃には全ての予定をこなし終え、帰路に就くことになります。まずは一般道を走り、盛岡ICから東北道を
南下するようにひたすら走ります。ただ、帰路でも福島西ICから本宮ICにかけて事故による通行止めを喰らってしまい、
その渋滞は福島飯坂ICまで伸びたりしていたので、やむなく国見ICから一般道を走らざるを得なくなります。

通行止め区間と並行するかのような国道4号線はド渋滞。しかも最後の最後で国道から本宮ICに向かう入路は、右折信号
無しのだたの右折レーンなため、一度に動ける車は5台前後となってしまい渋滞は悪化の一途を辿ることになります。
もしかしたら国見SAで仮眠を取りながら通行止め解除、渋滞解消を待っていた方が良かったかもしれません。
本当に安全運転でお願いしますよ。

なんやかんやで帰宅したのは5月5日と日付も変わった0030。当初の目論見は崩れ、予定通りに進まない行程に難儀した
ロングロングドライブとなりました。まだまだこの項続きます。

検討課題
・知らない土地で不用意に細い道に入らない
・渋滞中はイライラすせずにひたすら耐える

2015年5月15日 (金)

田舎館村埋蔵文化財センター / 田舎館村博物館

2015年5月3日、浅瀬石川ダムをグルグル見て回ったのち、やはり、冬期に訪れながら立ち寄れずにいた場所へ
見学に行きます。施設は弘南鉄道弘南線、田んぼアート駅から徒歩2分程度の場所にあります。

20150515_001
両館共通のチケットを購入後、まず始めに田舎館村埋蔵文化財センターから見学開始です。

20150515_002
国道102号線のバイパス工事を行う際の事前調査に発見された垂柳遺跡の水田遺構を思う存分見学できます。
遺構は屋内に移築され、保存処理を施された上で管理、展示されています。

20150515_003
許可された区画に限り、足を踏み入れることが可能になっています。特に畦の幅は現代のものより細くなっており、
当時この地にいた農民の体格を想起させます。

20150515_004
出土品のレプリカ、または素焼き素材に樹脂含浸処理を行ったと考えられる実物らしき土器を触ることもできます。

他にも多数の出土品の展示などあり、2000年ほど昔の北限とされる水田跡をたっぷり感じることができます。

20150515_005
隣接する田舎館村博物館は、郷土の芸術家の作品を展示していたり、民具や農機具の展示を行っています。

20150515_006
展示品には名称を記した簡単なプレートが添えられているだけで、収拾地や時期などについての解説は無し。
以前、浅草で見学した施設と似た何かを感じます。

なかなか興味深い展示物をゆっくり見学できたことで満足します。
ただ、無計画に動き、通行止めという思いもしないトラブルに巻き込まれもしたため、この後どうしたものかと
思案します。とりあえず汗を流したいので風呂に入るため宿を確保したいなと考え、無い知恵をフルに使います。
最悪の場合、この地にいくつもある温浴施設を利用し、車中泊もやむなしと思いながらゴニャゴニャしてみると
過去に利用したことのある宿で空室を見つけることができ、まんまと滑り込みます。まだまだ続きます。

検討課題
・触れるものはとにかく触っておく
・古代は意外と近くにあることを知る

2015年5月14日 (木)

初夏のダムツアー 青森パート

2015年5月3日、念願を成就させるかのように黒石ICから更に足を伸ばし浅瀬石川ダムに訪れます。

20150514_001
冬季は管理事務所も閉鎖されており、ダムカード収集のため弘南鉄道の写真撮影のついでに立ち寄れずにいました。

20150514_002
ダム下の発電所付近から見上げてみます。
この時期は雪解け水を排出しているのか、オリフィスゲートから勢いよく吐き出しを行っていました。

20150514_003
クレストゲート直上から吐き出しを覗き込みます。

20150514_004
併設される資料館では精巧に作られたジオラマの展示もあり、降雨から吐き出しまでのサイクルを学習できます。

20150514_005
資料館でダムカードの配布を受けます。

ここからの長距離移動は肉体的に厳しいので、もう一箇所これまで寄れなかった施設に向かいます。続きます。

検討課題
・水しぶきを感じられる場所を探す
・ダム湖の周回路も走り回っておく

2015年5月13日 (水)

ロングロングドライブ 2015 往

2015年5月3日、深夜にクー・フーリンの侠気溢れる活躍を見たのち、ユルユルと出発の準備に取りかかります。
目的地は巨匠の助言に従うでもなく津軽。ここ数年、冬になると訪れながら果たせずにいることを果たそうと画策します。
併せて先頃購入したZOOM-ZOOMな小型車の操作習熟も行いたいとも考え、長距離を走ることにします。

20150513_001
0111。利根川を渡り群馬県、そして栃木県縦断に取りかかります。

20150513_002
0404。泉IC付近で濃霧。
運転の疲労も、眠さも感じ始めたので仮眠を取るべくPA、SAに寄りますが連休中の大移動もありどこもかしこも満車。
ようやく駐車スペースを見つけた長者原SAに車を停め、仮眠をとります。

最初の目的地へは本来0830に到着したいと浅はかで無理な計画のもと目論みますが、望みは呆気なく崩れ熟睡をします。
そして仮眠から目覚めたのが0830。既に前途多難な雲行きを猛烈に感じることになります。

20150513_003
半ば開き直りつつ、当初の計画は適宜ズレ込ませながら達成すればいいかとノンビリ考えながら運転してると、道路上の
電光掲示板に好ましくない表示を読まされることになります。安全運転厳守でお願いしますよ。

20150513_004
一関ICでは出口渋滞が発生していたので、手前の若柳金成ICで一般道へ下り、0957頃に中尊寺付近を通過します。
それなりに混み合う一般道をなんとか走り、平泉前沢ICから再び高速道路を走り始めます。中尊寺には寄らずじまい。

20150513_005
1204。津軽SA到着。初夏らしく霞んだ空の色から岩木山を展望することできず。昼食を摂ります。

20150513_006
津軽SAの売店で丼プリンを見つけます。買うべきだけど今すぐ食べたい。でもさっき昼食を摂ったばかりで満腹すぎる。
後ろ髪引きちぎられ、引き抜かれるほどの何とも言えない悔しさを感じながら購入と喫食を断念します。

既に予定は狂いまくり、計画は思うように果たせる感じが全くしません。
この項、ダラダラと続きます。

検討課題
・無理をするよりまず休憩
・目覚まし時計に頼りすぎない

2015年5月11日 (月)

信号機故障

日頃通勤に利用している鉄道路線において信号機故障が数度あり、その復旧作業が帰宅ラッシュ時にまでズレ込みます。
自分にできることなどないので、復旧までの短い時間は飲んだくれていようと楽観的に考え、忠実に実行しています。

20150511
以前、そのスジの超事情通の方からアドバイスをいただいたので、こういった際にはアドバイスに沿って行動します。
1・スッパリ諦める
2・諦めきれないときは特急に乗る
事前に運休を伴うトラブルが発生していると判っているときは、迷うこと無く勤務地から浅草駅に移動し、自動券売機
ではなく駅員さんのいる窓口に張り付き、ソソクサと特急列車の3号車のチケットを確保します。無事チケットを確保
したら、あとは海路の日和を待つでも無く適当にいろいろ買い込み、列車出発の合図まで飲んで時間を潰します。

特急券を購入し、飲んで食って飲んで飲んで、とどめにタクシーに乗ると思わぬ出費となり驚いていまいます。
驚く原因は飲んでしまうことで際限のなくなる出費によるもので、飲まなければ1GAFFEはいけたかと後悔したり、
いっそ勤務地近くのビジネスホテルに泊まったほうが安上がりなんじゃないかとも思ったり逡巡します。

いつ帰るとも判らず飲んでいるのと、宿を確保した上で飲むのとどちらがトラブル時の対策として良策なのか考えます。
併せて、運行に支障を来すトラブルはできるだけ早く復旧していただきたいとも思うのです。

画像の信号は、2009年に天竜二俣駅で撮ったもの。

検討課題
・万が一のお泊まりセットを会社に置いておく
・それもアトラクションと割り切る

2015年5月 9日 (土)

麻辣王豆腐 新宿 麻婆豆腐

新宿に行かないとならない用事があったため、休日の午前中からノコノコと人混みに出向きます。
簡単な用事を無事済ませた後、昼食を摂るために駅前のこちらに久しぶりに寄ってみます。

20150509
麻辣王豆腐セット。
ランチメニューにある麻婆豆腐。お代わり自由のご飯、小皿(この日は辛いキャベツの冷菜)、スープがセットされます。
以前は注文時に辛さを確認されましたが今回は特に無し。スムーズに食べることができたことから普通、もしくは小辛と
思われます。個人的には中辛で頼みたかったので、肩すかしを喰らったようにも感じられ残念に思えました。
たいへんおいしゅうございました。

迷宮のような新宿駅にあって、駅の出口から例え大雨が降っていてもさほど濡れることもなく入店できるこちらは便利に
使ってしまいます。別の機会には昼でも単品メニューをいくつか頼んでみたいと思いました。

検討課題
・辛さが足りないときはゆっくり食べる
・辛すぎるときはビールで中和する

2015年5月 7日 (木)

ねんどろ購入

買ってないような気がしたので買おうと思いつつ、その前に一度軽く発掘したら見事、未開封のまま出土したので、
いい機会と捉え開封して中身がどんなものだったか確認をしてみます。

20150507_001
通常品のねんどろとはパッケージサイズも違っています。
このサイズ違いにより自分の場合、購入後の収納場所を全く別の場所にしてしまったことを思い出します。

20150507_002
車体に取り付くジャッキやハッチなど、いくつかは別部品として同梱されており自分で組み立てる必要があります。

20150507_003
比較として珠玉の名品と並べてみます。
画像右の小さいIV号戦車D型は、海洋堂社のカプセルQミュージアム「ワールドタンクデフォルメ4 WWII主力戦車編」
にラインナップされているプルバックモデルです。こちらのIV号戦車D型は今回発掘できず、間に合いませんでした。

20150507_004
通常サイズのねんどろ西住殿を乗せてみます。
砲塔形状はs=1/35のスケールモデルに準拠しているため、ディフォルメされたモデルに載せると違和感があります。
また成形色も異なっており、砲塔のみ異質な感じを受けます。

20150507_005
パンツァーフォー!ヤーボール!!
通常サイズのねんどろ西住殿の制服部品を、秋山殿のパンツァージャケットと交換して珠玉の名品に乗せてみます。
また、ぷちサイズのねんどろ西住殿も乗せてみます。

20150507_006
開放可能なハッチを全て開け、所定の位置にあんこうチームの乗員を配置します。
ゼンマイで走る様を真夜中に見ていると、オッサンといえども「えんたーえんたー」と歌い出してしまいそうです。

20150507_007
コマンダーハッチは開口部の大きさから搭載可能なねんどろを選びます。破損防止のため無理な搭載は避けましょう。

検討課題
・違う戦車もモデル化されたら買っておく
・確認せず複数個買いしても悔やまない

2015年5月 5日 (火)

川国志 神保町店 神保町 麻婆豆腐

春日にある同名店の2号店として、今年1月にオープンしたと書かれていた四川料理のお店。
店舗はすずらん通りと平行する南側の路地の角にあり、案内看板に従って地下へと降りたところにあります。

20150505_001
麻婆豆腐定食。
店員さん曰く「当店の名物メニュー」と強く勧められたので当然のように注文します。
味付けは、初めてということもあり中庸まる出しの中辛にしておきます。生ぬるく生意気なことをいう店と違い、こちらの
中辛はどちらかというと激辛寄りの中辛なので安心してラー油たっぷり、辣味の際立つ辛さを楽しむことができます。
定食なのでご飯、スープ、漬物、小皿(この日は揚げ春巻き)、杏仁豆腐がセットされます。ご飯のお代わりは有料に
なっていますが、注文時に大盛にするのは無料ですので、お腹に余裕があれば大盛を頼んでおくといいと思います。
たいへんおいしゅうございました。

20150505_002
生ビール。
麻婆豆腐が辛かったので飲んでおきます。理由なんてどうでもいいです。
ジョッキサイズでも割安感を感じさせる値段設定になっていますので、2杯飲んでもへっちゃらです。
たいへんおいしゅうございました。

20150505_003
エビのマヨネーズ。
ランチタイムは1500までと長めに時間帯を設けていますが、ランチタイムでも単品メニューに対応していただけます。
付け合わせの野菜に施された飾り包丁の細工など、近在で同価格帯の中華料理店では見かけることのないものでした。
たいへんおいしゅうございました。

店員は大陸系の方で構成されていますが、大陸系スタンダード的な不快感を覚える接客は感じられずとても快適です。
神保町に勤務している頃に利用できたなら週8で通っていたかもと思わせるお店です。

検討課題
・大辛にも挑戦してみる
・単品で麻婆豆腐のみを食べてみる

2015年5月 3日 (日)

TOMYTEC 鉄道コレクション 東武鉄道の

東武鉄道の電気機関車等々をホビーショップ店頭で見かけたので購入します。

20150503_001
ED5080型。
上段のED5083には動力を仕込んでおきます。
下段のED5082もパンタグラフを交換したかったのですが手持ちの在庫を切らしてしまい、樹脂パーツのままです。

20150503_002
ヨ101型。
ED5080型同様、手すり等の小部品を自分で組み立てる構成になっています。
細く、小さい部品は取り扱いに細心の注意を求められ、ラフに扱うともう1セット買う羽目に陥ります。

20150503_003
長戸路公園。
実際の車輌構成とは違っていますし、公園に置かれたEDはパンタが伸びきっています。そこは雰囲気で。

検討課題
・別売の追加部品を常備しておく
・公園に置かれた車輌を愛でる

2015年5月 2日 (土)

神保町駅前 5月

昨秋から勤務地が上野に変わったことから触れることの少なくなった当地ではありますが、本業関連で利用を
している金融機関を代えることがなかなかできず、月末近くになると少しだけ訪れていたりもしています。
諸々の処理をしている時間を使って大型書店へ赴き、本業関連の書籍や趣味の本などを買い漁ったりもします。
それでも半年も過ぎると、フラフラ歩きつつもアウェー感をヒシヒシと感じたりもします。

20150502_001
駅前の路地に古くからある喫茶店の60周年を祝う花輪が飾られています。
区画整理や路地の整備以前から営業していたことを窺わせるように、路上に伸びた樹木と共に鬱蒼とした感じを
強調しているかのようです。自分にとって喫煙を止めてから足を運ぶことの無くなった喫茶店ではありますが、
通りかかった際に奇跡的に店内が空いていたら、イチゴジュースを飲みに寄ってみたいと思います。

今年は各所で「戦後70年」と何やら記念行事を催す予定を見聞します。最も驚くのは匪賊、あるいはゲリラとして
同胞が30億人以上も酷い目に遭っていたとされているのに、その頭目と取り巻きは山中に潜み隠れ、酒を飲み、
女を抱いて逃げ回っていた連中の末裔が戦勝国を気取っていることです。馬鹿も休み休み言うべきです。
そんなことはさておき、夏に向けて訳の分からない自虐特別番組が増えませんようにと祈ったりします。

20150502_002
5月となれば神田祭です。いろいろと盛り上がりそうな告知ポスターを随所で見かけます。
各町会ごとの神輿関連の予定を伝えるポスターとはいささか以上に異なり、華やかさを感じさせます。
見に行きたいような、人波に揉まれるのは勘弁と思い結局、見学を避けてしまいそうな。

検討課題
・デパートに行ったら生ジュースを飲んでおく
・本格的喫茶店を意識して利用する

2015年5月 1日 (金)

上野駅前 5月

上野と書きながら下の画像は、上野広小路駅に直結する百貨店近くの工事現場で見たものだったりします。
工事期間中、狭くなった通路に掲げられた注意表示ですが警告文の内容と図版は微妙にあっていないような気がします。
図版だけみると「自転車使用者からのアタックあり」というような感じに受け取れます。怖くて外を歩けなくなります。
自転車使用者の目につく位置に掲げられた注意ではありますが、どんなものかと観察してみます。結果は信号待ちの僅かな
時間にあっても注意に従い自転車を降り、押しながら通路を通過する自転車使用者を見かけることは皆無という有様でした。

20150501_001
自転車利用者の傍若無人な様は今に始まったことではないので、半ば諦めている部分もあったりします。
何となく気になるのは警告表示についてであり、矩形の表示はオレンジ地であるべきじゃないのかと思ってしまいます。
オレンジ地ということは「注意」「警告」「危険」のうち「警告」にあたるわけで、警告文にはやはり自転車を降りず
通った場合に起こりうるトラブルを書くべきじゃないかとグジグジと考えてしまうのです。

図記号について詳細を記したISOやJISの規格をみると、意外にも細かく触れてはおらず共通認識の範囲で伝達可能なら
自由に図版を書いても許されるように受け取れます。警告文についてはむしろPL法がらみなのかもしれません。

20150501_002
以前、本業に関わる作業の中で「落下物に注意」という表現のための図版を書いたことがあります。
実際に落下してくる物とは形状が異なっていながらも、盥が落ちる絵であれば伝わるだろうと思ってのイタズラ描きです。
ところが若い方にコレの意味が伝わらなかったのです。ショックで眠れなくなります。スタジオセットをしっかりと用意
してのコントなどめっきり減った現代では致し方ないのかもしれません。つまり、このオチは共通認識たり得ないのです。
なんともはや、ドリフも遠きになりにけりです。

検討課題
・説明書の重要項目を読む癖をつける
・邪魔だといって警告銘板を剥がさない

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »