« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の記事

2015年7月31日 (金)

JEMMPY 249 ALPINE A310 V6 GR4 GUSCIANI TOUR DO CORSE 1980

シャーシや小部品を黒で塗った後、車体にデカールを貼っていきます。
今回のJEMMPYのキットに付属されていたデカールは、水に浸け所定の位置に貼り込んでも硬く、軟化剤をドボドボと
かけ回しても硬く、そして気を抜いた瞬間に一気に崩れる脆さを兼ね備えた困った仕様のデカールでした。なんとなく
透明ニス部分に問題があるんじゃなかろうかと責任転嫁だけはしておきます。

20150731
貼るべきデカールは少ないものの、困ったクセのあるデカールに翻弄され、作業は思ったように捗りません。
しかも同梱の説明書に記載されている複数の実車画像と、手書きイラストのデカール貼付位置指示書に整合性が
なく、どれを信じていいか判らなくなります。誰に対して地雷を仕込んでいるのでしょうか、楽しませてくれます。
結果としてはいつも通り、なんとなくのノリで適当に貼ってお茶を濁して濁して濁しまくっておきます。

後日、定着用にクリアをザッと吹いておこうと思います。

検討課題
・説明書は後から見ても手遅れと知る
・軟化剤の切り上げタイミングを把握する

2015年7月29日 (水)

台風11号

タイミングを大いに逸した感じで。

ナンカーさん来日。列島縦断ツアーなんてしなくて結構です、とあからさまに拒絶するも勝手に上陸しやがります。
7月の中旬で既に11号まで発生していたり、それが梅雨時にやってくるなど何ともエルニーニョの悪巧みを感じます。
はっぴいえんどの歌でも口ずさむか、まずはとばかりにコロッケを買いに走り回るか、いちいち準備もたいへんです。

20150729
そんな台風接近の影響もあってムシムシと不快感だけが募るなかにあっても、社畜はイソイソと動き回らねばならず、
働く振りでやり過ごせない諸々を、汗をかきかきこなしていると、顔をドロリと伝うのは汗ではなく涙なんじゃないかと
悲観に暮れながらどんよりとした空を眺めるのです。

いつも書いてるかもしれませんが、年々台風による影響と被害が拡大しているように思えてなりません。
恣意的な報道を旨とするマスコミによる誘導であって欲しいし、勘違いであって欲しいと思わざるを得ません。
通勤時の電車から水量を増した河川を見ると無性にドキドキしてきて、物置からバカ長を引っ張り出してしまいます。

そんなことを考えている間の7月19日に、関東地方では平年より僅かばかり早く梅雨明けとなりました。
ビールを飲み、腹を出し、隙あらばパンイチでうろつくシーズン到来です。

検討課題
・用も無いのに用水路にいかない
・買って帰る途中でコロッケを食べ尽くさない

2015年7月27日 (月)

空想東京百景〈異聞〉 toi8著 ゆずはらとしゆき原作 一迅社刊

講談社BOXシリーズの原作をコミック化。原作は未読。

20150727_001
架空の東京、昭和30年代頃の社会を舞台にしています。
月刊コミックREX誌において連載されるも、自分はREX誌を継続して購読していないため、とびとびに読んだ記憶しか
なく、話しが繋がっていないので単行本でまとめ読みをしようと考えたわけです。作者の描く絵は総天然色において
個性を発揮しているように感じます。ペン画になると頼りなさというか、不安定さを感じます。個人的な感想です。

toi8繋がりで、

20150727_002
追憶都市 toi8 ArtWorks tio8著 一迅社刊
イラスト等過去の作品多数。

さらにtoi8繋がりで、

20150727_003
追憶都市〈異聞〉 toi8 ArtWorks tio8著 一迅社刊
イラスト等過去の作品多数と併せ、下書き的なものも多数収録。私の個人的な感想の範囲で不安定感を味わえます。

とどめにtoi8繋がりで本棚を漁ります。

20150727_004
惑星さんぽ toi8著 ワニマガジン社刊
画集と思いきやSF短編を収録したコミック。緻密な感じでゴチャゴチャと描かれたりした背景に、とぼけた登場人物。
発行する出版社の関係からいろいろ期待しますが、収録されている内容に関してはいたって健全。

自分が細かに描く人を好むのは、どうやっても自分には描けないからなんだろうと気付かされます。

検討課題
・大判ソフトカバー本の収納方法を考える
・しまった場所を忘れない

2015年7月25日 (土)

XI'AN 神田西口店 神田 麻婆豆腐

店舗は神田駅から神田西口通りを歩き、外堀通りを渡った場所の麻婆豆腐でも有名なお店の並びにあります。

20150725_001
麻辣豆腐。
メニューには「今週のランチ定食」と書かれています。メニューに書かれた説明や、定食としてセットされるご飯、漬物、
スープといったものは各店共通なのだろうと思われます。少し辛く、痺れる感じが勝る味付けも共通性を感じさせます。
たいへんおいしゅうございました。

20150725_002
鉄鍋ギョーザ。
餃子の皮は独特な方法をもって餡を包んでいます。有り体に申せば開放型なため肉汁は残っておらず、熱々に
熱せられた鉄鍋のせいもあってパサパサな食感を楽しめる餃子といえます。焦って頰ばったり、噛み切った際の
強烈な肉汁アタックに慌てることのない配慮ともいえます。せっかくなので併せて生ビールも飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20150725_003
杏仁豆腐。
定食に付属されたり、選択したりで、メニューを読み込まないと無事食べることができるのかどうか分からないため、
とりあえず単品で注文します。辛いものと熱いものを食べた後、口に中をリセットするのに最適な甘さと冷たさです。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ラーメンに半ラーメンを追加して食べてみる
・パリパリの餃子で口の中を血まみれにしない

2015年7月23日 (木)

京橋から神田

2015年7月11日、梅雨の中休みとかなんとかで、突然に思い出したかのような猛暑。暑くてもいろいろあって歩きます。

20150723_001
この出口は可能な限り早くに通過しないとなりません。少しでも遅れると美味しい日本酒を供するお店が開店してしまい、
それ以降の行動を取りやめてしまうことになってしまいがちで、自分の役立たず加減を思い知らされることになるのです。

20150723_002
場違いここに極まれり。緊張を伴うでもなく、恐る恐る扉を開け入店をし、ミッションをこなします。

20150723_003
銀座周辺でいくつかの用事をこなし、フラフラと北を目指し歩きます。あまりの熱さに地下に潜りたくもなります。
このビルの壁面はいっそ地衣類で覆うことはできないのかといつも眺めながら考えます。南に面した壁面では難しいか。

20150723_004
大手町でビアガーデンを見つけます。アサヒはエクストラコールド、キリンはフローズンとやってるなかでのサッポロ。
以前はどうしてもサッポロ生を指名飲みするときはライオンに行く必要がありましたが、これがあればもう一安心です。

20150723_005
神田橋から首都高の鋼鉄を見上げつつ、川風を浴びながら少し涼みます。

20150723_006
あてにしていた場所での昼食を摂り損ね、別の場所で腹を満たした後、休日で空いてる商店街をプラプラします。
アーケードの設置された商店街や、いつも何か放送しているような商店街は大好きです。

検討課題
・いつか苔栽培に挑戦してみる
・真夏でも快適な服装を心がける

2015年7月21日 (火)

戦車 限定版

性懲りも無く買うわけです。買ったら積むだけなのに、まるで義務を果たすかの如く当然のように買うのです。大丈夫か?
その前にやることがあるだろう、そんなことよりアレはどうなってんだ、罵詈雑言なんて馬耳東風とばかりに聞き流します。

20150721_001
限定版にはホトホト弱いのです。仕方ありません。そんなもんです。買うことに意義があると言い訳だけはしておきます。

20150721_002
従来のD型のキットから部品を大幅に削減し、かつ劇中モデルに近づくよう再構成されています。
分割されていた履帯が一体化されただけで数量的な意味で部品が減ったと勘違いしてしまいそうです。

20150721_003
限定版キットの実質的な本体。

手が止まっております。どうにかして時間と、模型製作に向き合う余裕を捻りだなさいとなりません。できるのでしょうか。
前途多難と投げ出さずに僅かであってもボンドの匂いにまみれたいと考えます。趣味ですし、好きでやってるんですから。

検討課題
・10積んで1崩すくらいのペースで
・しぶとく諦めず

2015年7月19日 (日)

王記厨房 神保町店 神保町 麻婆豆腐

店舗は靖国通り沿いの書泉グランデ並びにあり、以前は古書店があった場所と記憶しています。
中華系料理店を手広く展開する企業により運営されているようで、気軽に利用できるスタイルといえます。

20150719_001
水餃子 四川辛ダレ。
メニューの四川辛ダレのかかった水餃子に興味をもち、どれくらい辛いか確かめるように頼んでみます。
配膳されたそれは、水餃子に辣油と醤油がかかっているだけと思わずにはいられないもので、実際に食べてみても
それ以上の感想も無く、自分で指先を汚しながら辣油と醤油をかける手間が省かれただけといった感じでした。
たいへんおいしゅうございました。

20150719_002
生ビール。
飲まないとやってられませんので飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20150719_003
マーボー豆腐セット。
見た目のドス黒さからは想像できないほど味付けはマイルド。舌先が痺れることも、辛さで汗ダクになるといった
こともありません。ご飯、スープ、スープがセットされ、190円を支払うと餃子5個を追加することもできます。
たいへんおいしゅうございました。

店内はメニューを書いた札のようなもので壁を埋め尽くしており、その合間合間に四字熟語的なものを書いた札を
配置し、それっぽさを演出しているようです。ただ個人的に最も本場感を感じたのは、什器に清潔さを感じられない
点でした。洗い残し、拭き残しなどなど大陸の下町食堂に負けず劣らずで、期せずして本場感を満喫できました。

検討課題
・焼肉定食は四字熟語と言い張る
・床に落とした食べ物は断腸の思いで諦める

2015年7月17日 (金)

戦果報告

名古屋ですよN☆A☆G☆O☆Y☆A。名古屋といったら言わずと知れた名店をスルーするなんてできやしません。
なので無理矢理にでも立ち寄るべく、走り慣れない道をヌイヌイ走り名東区を目指すわけです。

20150717_001
Provence Miniatures K192 Porsche 935 SILHOUETTE CHAMPIONNAT EUROPE MONTAGNE
レジンは古いBBRのようなザラついた灰色で硬さを感じる成形色。

20150717_002
GAFFE 9909 Mitsubishi Pajero T2 Evolution J.Kleinschmidt Dakar 1999
赤い車体のPlay Station。アゲイン

20150717_003
GAFFE 2206 Mitsubishi Pajero T2 Fontenay Dakar 2002
白くて青くて緑色の車体。

20150717_004
MINI Racing 0337 CITROEN XSARA Kit Car Gr.A TOUR de CORSE 98 / CATALUNYA 98
赤い車体に白い屋根。ボディの細かい部分や、細かな造作や成形色の感じが往年のプロバンス風です。

他にも小パーツをいくつか摘まんでおきます。欲しかったキットは入荷されておらず、またの機会になります。
紙袋を小脇にホクホクの帰り道、買い逃したものがあったことに気づきガックリと肩を落とすことになります。
いつものことです。またお邪魔した際に残っていればどうにかしたいと考えます。

これにてGo West! June アバババの項はおしまい。

検討課題
・忘れないように掌に書いておく
・メモと声だしと指差し確認は重要と知る

2015年7月16日 (木)

株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ 金城ふ頭

対象が弁当ということもあり何とも中途半端なタイトルになっています。
製造と販売は株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズですが、その販売場所は、リニア・鉄道館内に併設
されているデリカステーションとなっており、その最寄り駅はあおなみ線金城ふ頭駅となるため上記とします。

20150716_001
復刻 昭和39年新幹線開業弁当。
新幹線開業当時に東京駅で販売されていた幕の内弁当の復刻版です。掛け紙には東京駅でも二重橋でもなく、
日本橋の麒麟像が描かれています。やはり旅の起点は日本橋だからからでしょうか、不明です。

20150716_002
フタを取ると白身魚フライ、玉子焼き、かまぼこ、牛肉のしぐれ煮、ササミの揚げ物、漬物、さくらんぼ等々
たくさんのおかずが盛りつけられています。梅干しの乗ったご飯が少なく感じるほどのおかずの量と種類です。
たいへんおいしゅうございました。

せっかくなのでお土産として購入した陶器製の土瓶を並べてみます。インチキ旅情満点です。

20150716_003
施設内での食事は館内2階の飲食スペースの他、屋外で展示されている117系車輌の中でも楽しめます。
炎天下丸出し、ドア全開で車内はさぞ暑いだろうと思っていたら、冷房も効いており快適に食事を楽しめました。

検討課題
・東京から名古屋までで弁当4個はノルマとしてやっつける
・東京から名古屋までで飲んで空けた缶ビールで窓を塞ぐ

2015年7月15日 (水)

リニア・鉄道館

2015年6月29日、フラフラと無駄な寄り道をしつつも本来の目的地に到着します。

20150715_001
名古屋へ来る度に訪れてみたいと思っていた施設をようやくといった感じで見学します。

20150715_002
蒸気機関車C62(C6217)。
エントランスホールを抜けると、まず最初に暗がりに並んだ高速鉄道のシンボル展示を見ることができます。

20150715_003
新幹線試験電車[300X]955形(955-6)。

20150715_004
超伝導リニア MLX01-1(MLX01-1)。

20150715_005
明るい展示場には歴代の新幹線はじめ、数多くの車輌の展示が行われています。
しばらく眺めていると自分はやっぱり0系新幹線が好きなんだなと気付きます。300系や700系は社会人になってから
利用するようになった車輌であり、社畜として擂り潰されていく辛く、悲しい日々と合わせて記憶しているのに対して、
0系はガキの頃の楽しい長旅と一緒に記憶しているからなんだろうと、疲れたオッサンなりの感傷に浸るのです。

展示車輌の多くは中部天竜駅に併設されていた「佐久間レールパーク」や、美濃太田車両区に置いてあった車輌と
思われ、それらは過去にも見ていたことから自分が思っていたほどの感動は少なく、時間をかけて見学したつもりで
あっても半日とかからず見尽くせてしまいました。なんともいえない物足りなさを覚えました。

近くには水族館や面白そうな施設も多くあるので、何かの機会に再訪したいと思います。

検討課題
・映像資料などは可能な限り見ておく
・人が写り込まないタイミングを我慢強く待つ

2015年7月14日 (火)

梅雨空のダムツアー

2015年6月29日、本来の目的地を無視するかのように通過し、ドサクサに紛れてダムツアー開催です。

20150714_001
ダムといっても実際には堰で、訪れたのは長良川河口堰。

20150714_002
長良川を横切るように設けられた10門の堰の上には、水滴をイメージした外観の上屋がポコポコと並んでいます。
そして、川の東岸(左岸)には魚道、西岸(右岸)には閘門がそれぞれ設けられています。

20150714_003
閘門を川上から川下に向かって眺めます。訪れた際に通過のために利用する船舶はなく、作動していませんでした。

20150714_004
可動堰を流れる水を上部通路から見下ろします。周辺には、さすが長良川といった感じで佇む野良鵜多数。

20150714_005
管理所においてダムカードの配布を受けます。記号は珍しいMB(Movable Weir)となっています。
併設される資料館のアクアプラザながら、魚道の見学窓などは開館になっていなかったので見ていません。残念。

気を取り直して目的地に向かいます。

検討課題
・重要な語句を平仮名で書いた瞬間に無意味に興奮しない
・魚道を遡る魚を捕らえようとしない

2015年7月13日 (月)

Go West! June アバババ

2015年6月29日、念願果たすべくでもなく、何となく行きそびれていた施設の見学に西を目指し走り出します。

20150713_001
グルグル、グルグル。いつも通り埼玉県から首都高を経由してから東名自動車道を利用します。
圏央道は自宅最寄りにICも新設され、便利そうに思えていながら全線開通には至ってないため、未だに使えません。

20150713_002
途中、休憩に立ち寄るPAやSAのお土産コーナーから春華堂のうなぎパイの姿が消し始め、伊勢名物の赤福を多く
見かけるようになると西にやって来たことを実感します。赤福は日持ちしないのでなかなか購入できません。

20150713_003
目的地の近くに来ていながら、邪な気持ち隠すこと無くドサクサに紛れて通過を試みます。

20150713_004
目的地訪問を果たした後、さらに邪な気持ち隠すこと無くドサクサに紛れて寄り道を試みます。

20150713_005
平日だからか月末の週初めであるのに帰路でも渋滞に巻き込まれることもなく、順調に帰宅することができました。

この項、とりとめも無く続きます。

検討課題
・寄り道の下調べは念入りにしておく
・楽に運転できてもスピードは控え目にしておく

2015年7月11日 (土)

重慶府 新橋店 新橋 麻婆豆腐

本業に関わる展示会がビックサイトで行われていたので、見学の前に腹ごなしと思い新橋経由を画策してみます。
まるでデジャブ

20150711
麻婆豆腐定食。
ランチタイムの定食の書かれたメニューには麻婆豆腐定食(中辛)とあります。もう少し辛く、辣い味付けにして
欲しいなと思うも、忙しい時間帯にわざわざネチネチ言うのも申し訳ないので中辛をモシモシ食べます。
たいへんおいしゅうございました。

いつも通りのお櫃ご飯に食べ放題の生野菜、水餃子、漬物と抜群の安定感。
もっと居座り、ひたすら貪りたい気持ちを断ち切って展示会場へ向かうべくゆりかもめに乗り込みます。

検討課題
・次こそ麻婆豆腐以外のランチメニューにも挑戦してみる
・水餃子を何個食べることができるか挑戦してみる

2015年7月 9日 (木)

CANON EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

ちょっと出掛けるかもしれないし、購入したキット付属のレンズでは少しばかり物足りなさも感じたりしていたので、
いい機会なんじゃないかと自分を奮い立たせるように、会社帰り家電量販店にて気まぐれに追加購入してみます。

20150709_001
さほど所有感を満たす何かを纏うことの無い黒い筒ん棒。

20150709_002
現有のEOS Mに取り付けてみます。
キット付属のレンズ、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMに比べれば長いなといった感想しかありません。
現在、このEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM用の付属品となるレンズフードET-54Bはどこも欠品中となっており、
今回の購入時に併せて手に入れることはできませんでした。いずれ購入したいと思います。

店頭でウロウロしてる際、EOS M3のボディをいじりまくります。
従来のスクリーンタッチで操作していた機能のいくつかが、ダイアル操作となったことで操作性の向上を感じます。
いじればいじるほど欲しくなってきます。ミラーレスなんてと思っていたのに困ったことになりました。

検討課題
・道具なんだしガシガシ使う
・腕の悪さを道具のせいにしない

2015年7月 8日 (水)

あらいやオートコーナー 潮来

店舗は直近の駅となる潮来駅から6kmほど離れた国道51号線沿いにあります。
オートコーナーと書かれた店名の通り、最寄り駅から徒歩では無く、車などで訪れることをお薦めします。

20150708_001
店舗外観。店名を記した看板も出ていますが、店名部分は褪色も激しく、気付かずに見過ごしてしまうかもしれません。

20150708_002
無人の店舗に入ったら、そそくさと目当ての弁当を購入します。緑色の薄紙で包装された状態で販売機から出てきます。

20150708_003
やき肉弁当。
甘辛く味付けされ焼かれた豚肉と、昆布の佃煮、そしてご飯。潔さを感じる構成ながら求めるもの全て揃っています。
おかずの仕切りとして用いられているホイルカップからこぼれた焼肉のタレがご飯しみていい感じになっています。
ほどよく温まった状態の弁当は食べやすく、モシモシとかっ込んでいるとアッという間に完食です。
たいへんおいしゅうございました。

20150708_004
多くの利用者を惹き付けてやまない販売機。この日のメニューはヒレカツ弁当と、やき肉弁当。唐揚げ弁当は無しでした。
様々なメディアで取り上げられたことも紹介されており、注意書きと併せフムフムと読み込みます。

弁当を食べ終わり、国道を走る貨物車の轟音を聞きながらホッと一息ついていると、こここそがきっと「聖地」なんだろうと
柄にも無く思ってしまいながら、弁当もう一つ食べようかどうしようかと食い意地全開のまま逡巡するのです。

ゆるく、ぬるく、食べて、食べて、食べての項はこれにておしまい。

検討課題
・空腹状態で乗り込む
・複数個やっつける健啖さを発揮する

2015年7月 7日 (火)

犬吠マリンパーク

2015年6月20日、電車の写真も撮ったし、かき揚げも食べたし、と観光気分で水族館にも立ち寄ります。

20150707_001
ピンク色の建物外観。一瞬、通り沿いのドライブインかと勘違いしてしまいそうな趣です。

20150707_002
館内に入り、順路を進むとまず始めに「千葉県の魚」として制定されている鯛の泳ぐ水槽が目に飛び込んできます。
この水槽の周囲には大型水槽が配置され、どういうわけか南米の淡水魚を展示してあります。

20150707_003
ドンマイ。明けない夜は無く、やまない雨も無く、萎えないナニだって無いのです。

20150707_004
タマカイ。でかい。

20150707_005
フンボルトペンギン。換毛期のため、どの個体も忙しげに体にまとわりついた毛をどうにかしています。

20150707_006
覚悟はいいか?試されている気持ちになります。イルカプールの最前列、かぶりつきは危険な香りに満ちています。

20150707_007
イルカ。どこから飛び出してくるのか分からないため、どうしても撮り遅れます。このあと盛大に水しぶき。

館内にはスタッフ直筆の説明書きなどもあり、特徴をつかんだイラストと併せ読んでいると非常に勉強になります。
ジャンピングイルカは要再挑戦とします。

検討課題
・水槽にへばりついて涼をとらない
・イルカに真顔で声をかけてみる

2015年7月 6日 (月)

犬若食堂 外川

真剣に撮影に挑む同行の友人に申し訳なさを覚えながら、自分の食欲を最優先に早めの昼食をとります。
店舗は外川駅から海岸沿いの道を銚子マリーナ方向に歩いて行くと、すぐに見つけることができます。

20150706_001
店舗外観。
開放的なオープンテラスで食事を楽しむこともできます。店舗敷地内に大駐車場を完備しています。

20150706_002
アジのたたき。
単品で注文します。新鮮なアジをコンモリと盛りつけてあります。生臭さを感じることは一切ありません。
たいへんおいしゅうございました。

20150706_003
生ビール。
いわゆる「チンカチンカのひゃっこいルービー」を飲みます。当日の運転を友人に任せっきりにする鬼の所業。
一杯目に付く小鉢は、大根と薩摩揚げの煮物でした。
たいへんおいしゅうございました。

20150706_004
サルエビのかき揚げ。
単品で注文します。こちらの名物、あるいは銚子漁港の地物といった感じの産物を使った揚げ物。
皿には4個ほど盛られており、かなりのボリューム。大根おろし、醤油、塩などをつけたりしながら食べていきます。
たいへんおいしゅうございました。

20150706_005
生ビール。
さらに飲み足します。鬼の所業アゲインです。
たいへんおいしゅうございました。

各単品メニューは、そのほぼ全てをご飯、味噌汁、漬物、小鉢のセットされた定食にすることができます。
そしてなによりも昼間から飲む機会を与えてくれた友人に感謝です。ありがとうございました。

検討課題
・太陽をみてクラクラするほど飲まない
・有名店にも臆さず入ってみる

2015年7月 5日 (日)

銚子電鉄

2015年6月20日、友人に誘われ久しぶりに銚子を訪れてみます。
昨今のこともありますので線路近くで撮ることよりも、線路から離れた位置から撮ろうと考え走り回ります。

20150705_001
外川駅。
せっかくなので季節感のある紫陽花を手前にあざとく配置します。

20150705_002
外川駅。
日暮里のミニカーショップの名を冠したヘッドマーク付き。

20150705_003
君ヶ浜〜犬吠間。
モヤモヤ、どうにもモヤモヤ。

20150705_004
外川〜犬吠間。
電柱、電線、樹木、そしてモヤモヤ。

20150705_005
犬吠駅。
背後に灯台。

冬の方がシャッキリするのか、それでも海沿いなら夏だろうとジタバタします。どうにかしたいところです。

検討課題
・風景写真風を心がけてみる
・海や空をきれいに撮る

2015年7月 4日 (土)

オートパーラー シオヤ 滑河

目的地への到着を前に朝食を摂るため立ち寄ります。
オートパーラーですので本来は自動車などで立ち寄り、利用することを想定した店舗になっています。
鉄道利用の場合は、約1.2kmほど離れた成田線滑河駅が直近の駅となります。

20150704_001
広々とした駐車場を有する店舗敷地と外観。
通りを挟んで営業しているガソリンスタンドが運営母体と思われ、給油のついでに、洗車の待ち時間にといった
感じにガソリンスタンドを利用するのと併せて立ち寄り、軽食もつまめる便利な休憩所といえます。

20150704_002
天ぷらうどんとチーズバーガー。
天ぷらは揚げたてサクサクとはいきませんが、具だくさんのかき揚げとなっており、食べ応えじゅうぶんです。
ツユは容器の中にあって若干その濃度に偏りを確認できますので、はしたなさはあるものの食べる前に箸で全体を
グルグル掻き回してから食べることをお薦めしたいと思います。

ハンバーガーは代金投入後、温められたものが箱に入った状態ですぐに出てきます。この味ですよ、この味。
たいへんおいしゅうございました。

20150704_003
店内は清潔で、とても管理が行き届いています。到着は0831と休日なりに早い時刻ではありましたが、既に多くの
利用者のいたことをうかがわせ、誰もがサッと立ち寄り、サッと食べていったことが分かります。

天ぷらそばも食べるべきだったとか、ハンバーガーをいくつか携帯食に購入しておくべきだったと後悔しきり。

検討課題
・次回も立ち寄る
・食べ逃したものを制覇する

2015年7月 3日 (金)

ゆるく、ぬるく、食べて、食べて、食べて

2015年6月20日、友人に声をかけていただき、近いようで遠いような海を見に行きます。友人には感謝、感謝です。
それなりに目論見ようなものはありつつも、自分に至っては行く前から別の目的もあったりでグダグダな感じです。

20150703_001
往路では珍しい色の車と擦れ違います。ナンバーもありがたい連番で、今日はラッキーかもしれないと勘違いします。

20150703_002
成田線をやり過ごし、軽く鉄分補給をしておきます。

20150703_003
海ーっ!故谷岡ヤスジ氏が憑依します。埼玉産まれ、埼玉育ちの私には海を見るだけで心躍ります。
水平線の先を凝視していると、補陀落渡海とばかりに流してもらいたくなります。石を抱いての危機一髪プレイです。

20150703_004
いろいろこなし、グダグダながらも収穫も多く、最後に滅多に利用すること無い圏央道を途中まで走ります。
一車線の高速道路は、追い越し車線の設けられた区間でしか低速走行車を追い越すことができず、少々イライラする
こともあります。そこは心を鎮め、落ち着けてゆったりした気持ちで走ることを心がけるに限ります。

なんとなくこの項、続きます。

検討課題
・成功のために喜んで失敗を重ねる
・なにごともガツガツしない

2015年7月 1日 (水)

ハリモノ

突然「クアーッ!」などと奇声を発し、周囲にいる者を驚かす困った老人のことではありません。

ラベル、シール、ステッカーなどなど。紙やポリエステルフィルムの基材に粘着材を均一に塗布したものです。
自分の言動や行動から知らず知らず貼られている、謂われの無いレッテルというのもあろうかと思います。

街を歩くと電柱や建物の外壁、電話ボックスなどに何やら書かれ、ペタリと貼られているのを見かけたりします。
派手な色柄に扇情的な画像を配し、電話番号を記しただけのいかがわしい内容のラベルであれば理解も及びます。
気持ち悪いイラストやロゴを書いただけのラベルなどは得体もしれず、悪質で自分の理解も及ばなかったりします。

20150701_001
通勤で利用する駅ホームの案内に何か貼られています。
トイレを示すピクトグラムの男女それぞれの頭にピッタリと絶妙なサイズの丸いシールが柄違いで貼られています。
漫然と眺めているだけだと違和感も少なく見過ごしてしまいそうです。何となく微笑ましい悪戯にも思えます。

選挙ポスターなどに描かれた人物の瞳や鼻の穴に、画鋲をブッ刺しているのと同じような感じに思えてきます。
そんな違和感の少なさからか見過ごされいたらしく、10日以上もこのままの状態だったりしました。いい感じです。

20150701_002
国際観光都市を目指す活動に余念の無いTOKYOの片隅にある公衆トイレにもいろいろと貼られています。
海外から訪れたゲストのために他言語表記は必要だよね、と少しでも他国の表現を知りたいと思い近づき見ると、
何のことは無く日本語で「流す」と「ながす」と追表記しているだけでした。誰のための念押しなんだと訝しみます。
あと数年で平和の祭典といわれるスポーツ大会も催されるというのに大丈夫なのか?と不安をおぼえたりもします。

無用なOMOTENASHIを優先するあまり日本語表記が極小となってしまうような本末転倒は避けていただきたいとも
思うのです。日本人なんですからできる限り日本語を読み、日本語で考えたり理解したいのです。とりとめ皆無。

検討課題
・特定言語を忌避しない
・エスペラント語の普及状況を確かめる

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »