« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の記事

2015年8月31日 (月)

仙台ぐらし 伊坂幸太郎著 集英社文庫刊

夏休みの課題読書ということでもなく、なんとなく読んでみます。
地元コミュニティ誌に2005年から2012年にかけて掲載されたエッセイなどをまとめたもの。内容は虚実ない交ぜです。
執筆された時期的に、仙台へも甚大な被害をもたらした2011年の震災にも触れられています。

20150831
これまで伊坂幸太郎氏の著作を読んだことはありません。
20代の終わり頃、仙台に本社を置く企業への転職を考えたことがありました。同時期になんやかんやあったことで残念ながら
転職は叶わず、いまも埼玉と東京を往復しながら燻り続けているわけです。居を移していたらどんな生活だったか夢想します。

新幹線の停まる駅、空港、高速道路のICを有している街はおそらく便利なんだろう、と全て無い街に住む私は思うのです。
ただ、城下町や市内に川の流れる街は移動に不便なんだろうなとも思ったりします。仙台とはどんな街なのか思い及びません。
いつか猫の多くいる島へ行ってみたいと思っています。その際に立ち寄れたらどんな街なのか見て歩きたいとも思うのです。

検討課題
・転職のチャンスを諦めない
・知らない街をブラブラ歩く

2015年8月29日 (土)

うらめしや~ 冥途のみやげ展

2015年8月22日、見学に行こうと思い、重い腰を上げたのに、はぐらかされてしまった展覧会を見学に行きます。

20150829_001
お盆も過ぎ、一時帰宅されていた冥界の方々も牛に乗って帰ったことだし、いまさら怪談やら幽霊でもあるまいと
思いながらも暑さはまだまだ感じられるので、少しでもヒンヤリ気分を味わうべくお手軽ホラーツアーとなるわけです。

看板をよく見ます。看板にあしらわれた上村松園描「焔」は9月1日からの展示と書いてあります。なんとなんとです。
またしても迂闊さ炸裂で思うに任せません。見学を諦めるのも癪ですから再訪を画策するでもなく入館します。

20150829_002
一通り見学を終え、記念品でも物色しようとミュージアムショップを冷やかします。
1階ロビーに設けられた「冥土ショップ」なる特設コーナーも冷やかします。それぞれで取扱品に多少違いがあります。

20150829_003
見学の記念に購入したのはマグネット。
右は今回見学できた鰭崎英朋描「蚊帳の前の幽霊」、左は今回見学できなかった上村松園描「焔」のマグネット。
ご丁寧に上部隅に「冥土のみやげ」と書かれています。棺桶にそっと忍ばせておいてもられるよう考えておきます。
とりあえず冥土のみやげ用に保管しておくために、ビニール封は開けないようにしておきましょう。

法事などで世話になった寺の住職によれば、死んでしまえば幽霊などになることもなく皆成仏するとのこと。
この世に無念を残しいちいち残られていたのでは、現在の世界人口よりも多くの幽霊で現世は満たされてしまうし、
死んで成仏できなかった魂魄がこの世に舞い戻ってきた例しはない。と読経後にトークしていたことを思い出します。

うらめしや~ 冥途のみやげ展の会期は、2015年9月13日まで。

検討課題
・乗るならヒュードロクーペ
・木目に潜む人の顔らしきものを探し出す

2015年8月27日 (木)

Red Wing LINEMAN LUG #2937

誰かの平癒祈願のための応援企画を装いつつ、自らの物欲全開で靴を買います。

20150827
オイルドスエードなのか革は幾分しっとりしています。
きれいに満遍なく汚しつつ、味のある風合いにしたいと考えます。

検討課題
・スエード用オイルを手に入れる
・時間を掛けて履き馴らす

2015年8月25日 (火)

お盆のダムツアー 栃木パート

2015年8月14日、昼食を摂った後、次第に強まる雨脚に午後はどうしたものかと思案します。
当初の予定では田子倉ダム、奥只見ダムと巡る行程を考えていましたが、大内ダム行き帰りの渋滞に悩まされた
こともあり、地図を見ながら作戦変更を簡単に決断します。フットワークが軽いと肯定的に捉えておきます。

20150825_001
国道121号線から下郷の街を抜け、更に国道269号線を走ります。途中の甲子トンネルをひたすら下り降ります。
その後、那須岳東側のクネクネとした道を走り回り、1430頃に本格的に雨も降り出した深山ダムに到着します。

20150825_002
ダムは3門のラジアルゲートのみで、利水放流などにも用いられる常用洪水吐きのようなものは確認できません。

20150825_003
アスファルトフェイシングフィルダムと呼ばれ、ロックフィルをアスファルトで覆ったようなことが判ります。

20150825_004
管理事務所でダムカードの配布を受けます。訪れたのが8月なので夏バージョンのカードです。
季節ごとに図柄は変わり、全4種が用意されています。横着しないで4回訪れておきたいところです。

20150825_005
更に板室ダムのダムカードもいただきます。こちらは県道369号線沿いに設置されていますが一般人の立ち入りは
禁止されているため実態を見ることは叶いません。

20150825_006
深山ダム西岸にある沼原発電所展示館「森の発電おはなし館」へも立ち寄ります。この時点で雨は土砂降りんこ。

20150825_007
森の発電おはなし館で沼原ダムのダムカードの配布を受けます。
沼原ダムへは既に土砂降りとなっていることから現地への到達を諦めます。残念ですが再挑戦をしたいと思います。

雨に悩まされ続けたお盆のダムツアーの項はこれにておしまい。夏休みもおしまい。悲しいことです。

検討課題
・紙の地図はやっぱり重要と知る
・本当に立入禁止か吟味する

2015年8月24日 (月)

林家川魚店 烏山

店舗は栃木県北東部の那珂川町にあります。
鉄道を利用した際の最寄り駅として烏山駅と上記しましたが、店舗へはバスを乗り継ぐか、タクシーに乗って訪れる
必要があります。烏山駅から徒歩で到達を目指すことはお薦めしできません。

以前の店舗は旧小川町、旧国道293号線沿いにあり国鉄バスや東野バスのひっきりなしに通る場所にありました。
国道293号線バイパスの建設に伴い、店舗も移り広い駐車場も整備され、買い物にも便利になりました。

20150824_001
鮎飯。
前日、茨城北部をウロウロした折り、昼食を食べ損なったので今回は準備万端、弁当用に鮎飯を用意します。
鮎といえば川の水、そこに生える苔などにより身の味が変わり、いろいろ好みの分かれることがあったりします。
個人的には那珂川水系や、鬼怒川水系の鮎の味が食べ慣れているからか好みだったりします。

20150824_002
パックに鮎の身をほぐした炊き込みご飯を敷き、その上に小振りな鮎の塩焼きと漬物を乗せています。
鮎の塩焼きは頭から丸ごと食べることができます。量的に不安だったので2個購入し、2個完食しました。
たいへんおいしゅうございました。

那珂川沿いはじめ「やな」の看板を見ると立ち寄りたい気持ちを抑えることができなくなります。
塩焼きのハラワタにかぶりつき、はしたなさ全開で心ゆくまで貪ることに無上の幸せを感じたりします。
頭を押さえ、身を箸でモニモニし、中骨をズルッと引き抜いてきれいに食べるなんて面倒なんです。

検討課題
・アイソも食べる
・満腹になるまで塩焼きだけを食べてみる

2015年8月23日 (日)

お盆のダムツアー 福島パート

2015年8月14日、晴れるとまではいかないものの、降らないと予報されていたので出掛けます。

20150823_001
大川ダム到着。降らないと言っていたのに小雨模様。高度と気温ほど涼しさは感じられず、蒸し蒸しとしています。

20150823_002
若郷湖左側から堤体を眺めます。
堤体は4門のクレストゲートの先に設置された選択取水塔付近から右岸方向に向かって「く」の字に曲がっています。
その奥側の堤体はロックフィル構造となっていることも分かります。

20150823_003
下流部の広場に向かう道の途中から見晴らすと、ようやく5門のコンジットゲートの存在を確認できます。

20150823_004
管理事務所に併設された資料館にはホルマリン漬けの魚類、剥製となった鳥獣類などダム付近に生息する野生生物の
資料を見学できるとともに、ダム建設時の貴重な資料を見学することもできます。残念だったのはダムの役割を説明、
解説をする大型ジオラマが調整中で稼働していなかったこと。ゴンゴン動く様を見たかったと思うのです。

20150823_005
管理事務所でダムカードの配布を受けます。重力式とロックフィルの複合型を示す「G+R」の記載があります。

20150823_006
大川ダム西側にある小野岳の南側を迂回するように上流の大内ダムへ向かいます。
途中、県道131号線沿いの大内宿を通過するのに時間を要します。中途半端な観光地化によって駐車場は全く不足し、
周辺は大渋滞。逃げ場の無い山間部にあって交通整理も追いついておらず、無駄な時間を過ごすことになります。

20150823_007
ロックフィルは癒し。誰もいない場所で僅かなさざ波をしばらく見て歩きます。ここには誰もいないのです。

20150823_008
事前に調べておけば判ることですが、大内ダムのダムカードは大川ダム左岸の下郷展示館で配布されています。

20150823_009
下郷展示館では大内ダムの役割の説明や、大型ジオラマの展示もあります。
可動式のジオラマをみると、大内ダムと大川のダムの位置関係などを把握することもできます。

20150823_010
ダムカードの配布を受けます。ダムカードは実際には下郷展示館隣の下郷電力所で配布されていました。

小雨から降り方が強まってきたので昼食にします。

検討課題
・渋滞時に気を抜いて走らない
・無人の場所では脱ぐか歌うかする

2015年8月22日 (土)

お盆のダムツアー 茨城Bパート

2015年8月13日、花貫ダムから足を伸ばすようにダムを求め北上します。

20150822_001
小山ダム到着。小雨以上の雨降りのなか、傘もささずにウロウロしていると先着の同好の士と行き会います。

20150822_002
ダムから少し離れた位置のから放流を眺めます。

20150822_003
堤体は長く、堂々たるものです。ただ、雨脚も強まってきたため、そそくさと移動することになります。

20150822_004
管理事務所にて配布を受けたダムカード。現状は草がモイモイと生い茂っているため、なかなか全体を見渡せません。

20150822_005
雨だったり、小雨だったり、霧だったり、濃霧だったりと走行に悩む要素いっぱいのなか水沼ダムに到着します。

20150822_006
水沼ダム湖側から堤体を眺めます。堤体の立ち入りは禁止されているため、周辺から眺めることしかできません。

20150822_007
下流部にある公園から眺めます。ローラーゲートからの放流を確認できます。
完成から半世紀近くを経過したダム本体は黒ずみ、年季の入った雰囲気を醸しています。

20150822_008
管理事務所でダムカードの配布を受けます。
カードの画像からもダム正面を見渡せる場所は、もしかしたら無いんじゃないかと勝手に想像します。

雨に悩まされるダムツアーはもう少し続きます。

検討課題
・外周を回りながら撮れそうな場所を探す
・傘や合羽を常備する周到さを兼ね備える

2015年8月21日 (金)

お盆のダムツアー 茨城Aパート

2015年8月13日、現地は降っていないと勝手に予想したのに、予報通り小雨降るなか茨城県北部を目指します。

20150821_001
十王ダムに到着します。

20150821_002
十王湖側から赤いローラーゲートを眺めます。あと数分ここに留まっていれば、噴水を見ることができたと後から知ります。

20150821_003
そんなことは後の祭りでダム下流部へ移動します。オリフィスゲートからの放流を見ることができました。

20150821_004
管理事務所で配布を受けたダムカード。晴天時に再訪したい場所です。

20150821_005
十王ダムから近い場所にある花貫ダムに到着します。

20150821_006
海が見えると聞くだけで心躍る埼玉県民はいるのです。

20150821_007
あいにくの小雨、そして濃霧。晴れる兆しさえ感じられず、画像中央のV字部の先に見えるであろう海を想像します。

20150821_008
仕方ないので堤体上部からラジアルゲートを見下ろしてみます。

20150821_009
ダム下流部にある公園に移動しダムを見上げます。公園には水道と竈の設備もあるためバーベキューし放題です。

20150821_010
管理事務所でダムカードの配布を受けます。海を見るためにも晴天時に再訪したい場所です。

検討課題
・海が見えたらとりあえず叫ぶ
・雨が降っても文句は言わない

2015年8月19日 (水)

日光詣

2015年8月6日、帰宅ラッシュの時間帯を狙い撃ちするかのように沿線途中駅で信号トラブル発生。
鉄道事情に精通していらっしゃる巨匠にいただいたアドバイスに従い、特急始発駅の浅草駅を目指します。

20150819_001
浅草駅1930発の指定席券を手に入れた後、ホーム売店でビールの品定めをしていると珍しいカラーリングの特急
スペーシアがホームに滑り込んできました。なかなかお目にかかれない特急なので、思わず撮っておきます。

日光のランドマークのひとつである陽明門などを思い浮かべた際の金色とはいささか異なる色調に感じます。
もっとこうキンキラで、沿線の野生動物が車体に映る自らの姿を別個体と誤認し、飛び込んでくるくらいの輝きと
照りを与えてもよかったのではないかと個人的には思うのです。塗り直していただきと願わずにはいられません。

20150819_002
個室を有する6号車の連結部そばに掲げられた眠り猫と三猿のエンブレム。
はて、自分はいつ以来日光へ行っていないのか。記憶に残るのは小学校高学年での遠足で訪れたきりに思えます。
昨年5月のダムツアーの折りは日光の近くを通っただけで、寺社へ立ち寄ることもありませんでした。
大人になってから再び見て回れば面白い発見もありそうです。涼しくなったら考えたいと思います。

20150819_003
特急スペーシアは鬼怒川方面へも向けて走っています。「鬼」にちなんで真っ赤だったり真っ青のカラーリングも
あってもいいんじゃないかと妄想全開で無責任なことを考えます。無駄で無為なバリエーション展開は大切です。
リバイバル塗装としてDRCの茶色を塗ることだけは控えていただきたいな、とも無責任に思うのです。

この金色の車体のNゲージ化は今年9月にリリース予定と既にアナウンスされています。待ち遠しいかぎりです。
Bトレインではどうなのでしょうか。出れば当然買わなければなりません。

カテゴリーはとりとめもなく「ヨマイゴト」としておきます。

検討課題
・一人で個室を利用してみる
・通勤でも特急を使っちゃう

2015年8月17日 (月)

カースタイリング 三栄書房

表紙に「CS」書かれた雑誌タイトルと、判型から以前のcar styling誌と結びつかず書店でスルーしていました。
2010年の春先に休刊となった同誌とは似て非なる誌面構成なれど、最新の自動車デザインを始めとする様々な
工業デザイン関係の記事に触れることができるだけでも参考になったりいろいろします。

20150817_001
先日の暑気払いの際に立ち寄った大型書店で見つけたので、バックナンバー全てを購入しておきます。
といっても昨夏の刊行からまだ5冊しか出版されていないので簡単なものです。
定期購読にも対応すると巻末に書かれていたので、買い忘れを防ぐ意味でも申込と手続きをしておこうと思います。

20150817_002
旧car styling。
旧という表現が適切か判断できませんが、正方形に近い判型だったころのcar styling誌は1980年の31号からしか
所有していません。そうはいってもこれより古い号が販売されていても今さら購入するか迷うところではあります。

20150817_003
Auto & Design。
国内において現在、比較的容易に入手でき、定期刊行している自動車デザインを中心とした雑誌。
付録冊子も付く号もあり、お得感もあります。難点は英文で書かれた本文。読むのは面倒なので見るだけにします。

20150817_004
三栄書房繋がりでRACERS。魅力的な特集を続けているのでついつい購入してしまいます。
望むべくは、この資料を活かせるモデルキットのリリースです。今の勢いならハセガワやフジミ、アオシマに期待を
しながら新製品の登場を待ちたいと思ってしまうのです。

とりとめもなく買い込んでいると本の重みで木造住宅は簡単に歪んでいき、日々の生活に支障を来します。
不要な本は思い切ってバンバン処分しないとと考えつつ、まだまだ暑いのでまた後日でいいやと目を逸らします。

検討課題
・頑丈な書架を選ぶ
・雑誌の日焼けなんて気にしない

2015年8月15日 (土)

九段下から飯田橋

2015年8月1日、暑い暑いと百回唱えれば体感温度が1℃くらいは下がるんじゃないかと己に言い聞かせるようにしつつ
ちょっとした用事をこなすため、飯田橋を目標に僅かな距離を歩きます。とてもじゃないけど長距離を歩くのは無理です。

20150815_001
目的地に地下鉄のみで到達することを考え、安易に半蔵門線の九段下駅を選んでしまいます。これがそもそもの失敗。
東西線の飯田橋駅でもよかったのですが、自宅最寄り駅からの場合、途中で乗り換えがあったため面倒だったのです。
しかも九段下駅から地上に出たのが5番出口。少しでもエスカレータを使用できる1番出口から地上に出るべきだったと
またしても考え無しの行動により失敗を重ねます。

20150815_002
靖国通りと内堀通りの交わる九段下交差点を渡ります。地下鉄出口からここまでの数十メートルを歩いただけで汗だくに
なります。照りつける日差しと高まる気温から明確な殺意を感じてしまうほどです。マジ勘弁してください。

20150815_003
とりあえず立ち寄っておきます。フリーマーケットを催していましたが、ゆっくり冷やかすのもしんどいのでパスします。

20150815_004
賽銭をブン投げて世界平和とか8月っぽい感じでサラッと祈念しておきます。

20150815_005
簡単な用事を済ませ、飯田橋駅から鉄分を少々補給します。

この日、外出をするのにハンカチを4枚用意しました。無駄に手回り品を多く持ちたがる悪癖は治らないもんだと諦めて
いましたが、ヨボヨボと歩いただけで汗だくとなり、むしろシャツの着替えも持ってくるべきだったと用意の足りなさを
感じ、この季節、気象条件下での手回り品を考え直さねばと思うことしきり。

検討課題
・正午のサイレンに耳を傾ける
・必要に応じて着替え持参で外出する

2015年8月13日 (木)

Wonder Festival 2015 Summer 買

気になりながらも前回入手できなかった出展物をイソイソと買うわけです。そんなこんなで手に入れたいろいろ。

備忘録を兼ね簡単な出展物名と、出展ディーラー名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については

割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20150813_001
猫いろいろ / 負けて笑顔
前回はことごとく完売していた猫を選び放題の状況でいくつか見繕います。

20150813_002
ねんどろいど改造キット / めんたむぱきっと
製作にあたっては#419 イオナを最低でも2個用意しないとならないこと。探さないとなりません。

20150813_003
ペンギン / フライングメガロポリス
勇気凜々なポーズから、哀愁漂うポーズまで様々な表情をみせるペンギンフィギュア。

20150813_004
ヘッツァー / プラスチック・ツームストン
前回の段階で抱えていた問題を解消されたようでキットの頒布を行っていました。
製作にあたっては別途、タミヤ社製 s=1/48 マーダーIIIのキットを用意する必要があります。

20150813_005
雑誌自販機くん / ターボ基地
誰しも排出時の大きなブザー音に怯えたことと思います。切断時のコバの処理を丁寧に行いたいと思います。

20150813_006
日本軍ネタハンコ / R・CRAFT WORKs
前回の購入を見送っていた判子と併せ、メモ帳も購入します。新作の作戦指令書ノートも欲しくなります。

他にもいろいろ購入しながらも詳細は割愛。

これにてWonder Festival 2015 Summerの項はおしまい。

検討課題
・美少女フィギュア製作を再開する
・購入できなかったのもは次回に期待する

2015年8月12日 (水)

Wonder Festival 2015 Summer 廻

会場内をウロウロと廻りながら見つけた興味深い出展物いろいろ。

備忘録を兼ね簡単な出展物名と、出展ディーラー名を付記します。製作者名など敬称略のうえ詳細については
割愛させていただきますとともに、記載に間違いがある場合もあります。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

20150812_001
猫 / A仮面
ほぼ原寸大の猫。複雑な製作法により独特の表面と色彩となっており、強烈な存在感を示していました。

20150812_002
フエルトの帽子 /出展は個人名だったため記載を見送ります
ハンドメイドでオーダーメイドにも応じていただけるとのこと。試着を勧められるも会場内が暑すぎるため断念。
秋から冬にかけて参加するイベントをチェックして、製作をお願いしたいと考えます。

20150812_003
箱庭の悪魔 / うろしば
魅力的な人外。完売につき入手かなわず残念。

20150812_004
とことこ けんたろうすちゃん / フラワーショップ
魅力的な人外。こちらも完売につき入手かなわず残念。このジャンルの競争率は高いと思い知らされます。

20150812_005
2500億円の何か /
このスピード感、そして存在感。

20150812_006
ゴム銃 / 玖須美屋
前日の宴席において「子供のうちは6inchでも大人になったら2inchだよね」などと話していたことをすっかり忘れ、
購入を見送ってしまったことを悔やむことしきり。購入のチャンスを窺いたいと思います。

20150812_007
38(t)戦車 B/C型 エンディング Ver. / ピットロード
手は止まっていても出れば買うのが義務ってもんです。

20150812_008
IV号戦車D型 本戦仕様 / GOOD SMILE COMPANY
製品版ということなのか、サンプルなのか不明。制服姿の西住殿もリリース予定。また5匹買い揃えるのか。
というのも昨夏の展示品は転輪ゴム部など、ある程度の彩色が施されていたため判断に迷います。

20150812_009
IV号戦車D型 車外装備品セット / GOOD SMILE COMPANY
戦車は単体のみでOVMは別売りなのか、戦車に付属されるも無塗装なのか、謎は深まるばかりです。
いずれ9月なれば入手することになるので、その際に全貌は明らかになることでしょう。

20150812_010
IV号戦車D型改(H型仕様) / GOOD SMILE COMPANY
ねんどろ用戦車のバリエーション。ねんどろ用にH型が用意されるということは、figma用もそれに倣うのでしょうか。
パンツァージャケットをきた西住殿をはじめとする乗員は既にモデル化され、リリースされているので出るのでしょう。

欲しいと思ったいろいろは完売となっており残念を噛みしめます。
かといって策を弄するのも大人げないし、ましてや早起きなど言語道断です。何事もノンビリやることにします。

検討課題
・オリジナル作品に注目する
・人混みの流れに逆らわないで見学する

2015年8月11日 (火)

Wonder Festival 2015 Summer 熱

2015年7月26日、前日に催された暑気払いのおかげもあって何となくスッキリした気分のまま幕張を目指します。

20150811_001
高速道路は渋滞もなくスイスイと走れたのに湾岸習志野ICを降り、メッセ駐車場に駐車するまでに1時間以上の時間を
要することになります。ひどい渋滞と混雑の原因となったのは、同会場において同日催されていたアイドルグループの
イベント、恐竜関係のイベント、宗教団体関係のイベント、そしてこのWFなどが重なったためと後から耳にします。

のんびり出掛けたこともあり、昼前に入場できればいいと思っていたものの、現着は1215とけっこう遅くなりました。
そして自分自身、今回初めて駐車場料金所近くの区画に駐車するなど過去になかった経験をすることになりました。

20150811_002
強烈なカラーリング。デカールを貼らなければならないモデルキットがリリースされたら挑戦したい気持ちになります。

当日は恐ろしいまでの気温と暑さ。屋外に留まることは危険な状態を招くこと必至。空調設備のある幕張メッセ館内と
いえども来場者の熱気以上に猛烈な暑さを感じ、拭っても拭っても全身から汗がとめどなくダラダラと噴き出してきます。

熱気にやられレロレロと歩いていると、大流行の艦船関係コスプレをされる参加者の纏う構造物や突起物にあらぬ方向
から突かれ痛い思いをしたり、よろけたりします。そんな混沌を極める会場内で非常に目立っていたのがこちら。

20150811_003
天狗ガール /  ホットパワーズ
未成年の入場を規制するエリア内において、その猛烈な熱気のなか顔面を覆う天狗の面を装着されていました。

20150811_004
海洋堂の新製品案内。四国新幹線欲しいな。マイクロエースのNゲージも買っておこうかな。

20150811_005
企業ブースの並ぶ会場も混雑。とにかく熱く、長時間の滞在も考え込んでしまうほど。逃げるように会場を後にします。

この項、少しだけ続きます。

検討課題
・男性更衣室からでてくる女性キャラクターのコスプレ参加者を凝視しない
・冷却剤や冷感剤を効果的に使う

2015年8月 9日 (日)

暑気払い 観

集まりの主体が43モデラーなわけですから、皆さんいろいろネタを仕込んで来られるのです。

20150809_001
食べ散らかした料理の合間に珠玉の作品を紛れ込ますように置き、少々酔っ払った状態で鑑賞タイムスタートです。

20150809_002
レッドブル F-1。
製作は「工業団地の巨匠」さま。見晴らしの良いところにおらず、早く地上に戻って来いと祈ります。

20150809_003
ブガッティ タンク。
ヨンサン黎明期の貴重なキットを持ち込まれたのは「セミリタイアを謳歌する巨匠」さま。

20150809_004
312。
同じく「セミリタイアを謳歌する巨匠」さまの製作中のキット。

20150809_005
コモドーレ。
製作は「日本一アレナを製作する巨匠」さまによる珍しいプロバンスのキット。

20150809_006
パンテーラ。
日本国内で流通するアレナキットを枯渇状態に追い込む「日本一アレナを製作する巨匠」さまによる作品。

20150809_007
C1とSS。
C1は怪鳥さま、SSはKawakami(偽物)さまがそれぞれ持ち込んだ貴重な貴重なキット。

20150809_008
さらに当日、Kawakami(偽物)さまよりいただいた添加剤的なにか。
極辛麻婆豆腐の素となってはいますが、炒飯に混ぜても使えそうですし、もしかしたらスパゲッティに絡めて
使うこともできるかもしれません。空腹の折に粉末だけ舐めてみるのも面白そうです。ありがとうございます。

つくづく思うのは「作らないとならんなぁ」ということ。9月の集まりまでの完成は絶望的ではありますが。

検討課題
・閃く可能性を信じて手当たり次第に手を付けてみる
・回転寿司もロシアンルーレットも楽しむ気概を持つ

2015年8月 8日 (土)

暑気払い 食 麻婆豆腐

暑気払いの会場は神保町の川国志。飲み放題付きのリーズナブルなコースに少し料理を追加してみます。

20150808_001
前菜。
牛、鴨、鶏、海月、鳳凰。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_002
生ビール。
瓶ビールで乾杯の後、飲み放題を満喫するようにジョッキでグビグビ飲みまくります。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_003
豆苗炒め。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_004
焼き餃子。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_005
回鍋肉。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_006
エビマヨ。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_007
白身魚の黒酢ソース。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_008
麻辣水餃子。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_009
麻婆豆腐(小辛)。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_010
辣子鶏。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_011
炒飯
〆の米飯。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_012
麻婆豆腐(大辛)。
炒飯にかけ回して食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20150808_013
杏仁豆腐。
たいへんおいしゅうございました。

今回は暑気払いということで熱く、辛いものを食べて汗をかき、ひたすら飲もうとお店を選ばせていただきましたが、
ご参加いただいたなかには辛いものが苦手という方もいらっしゃり、私の独断で申し訳ないことをしたと反省しきり。
仮にもし次の機会があれば、辛さを控えたマイルド方向に振るか、後悔を伴うほど辛くするかになるでしょう。

検討課題
・酔った勢いで唐辛子の種をひたすら食べる
・飲み放題なら普段飲まないものに挑戦する

2015年8月 7日 (金)

暑気払い 集

2015年7月25日、暑気払い日和といっても過言ではないくらいの気温となった、暑い暑い週末の都心に出掛けます。

20150807_001
幻の集合場所に佇んでみます。
しばらく誰か出てくるか待ってみるも、そんな気配さえ感じられないので仕方なく移動します。

20150807_002
鳩ライドン象。
老舗画材店横の薬局でブレーメンの音楽隊的なものを見ます。

20150807_003
アルコールストーブを物色するためアウトドア用品店をウロウロします。五徳との兼ね合いなど考え、今回は購入せず。
さらに大型書店をはしごするように、ゆっくりいろいろ見て回り、気になった本など重さを気にせず買い込んでみます。

20150807_004b

レシートに印字された連番のような合計金額を見て、小市民的な喜びを感じたりします。

周辺をフラフラしつつ、夕方になったので暑気払い会場へと移動します。飲むぞ!

検討課題
・涼める場所を速やかに探し陣取る
・飲み会の前に前哨戦と称して飲まない

2015年8月 5日 (水)

秋葉原ヨロヨロ

2015年7月20日、台風一過の梅雨明け後、突然のように猛烈な暑さとなった三連休最終日。午前中は中途半端な
用事をこなすことに専心します。用事を片付けた後は、せっかく東京まででてきたんだし面白いものでもないかと
物色するように灼熱の秋葉原をヨロヨロと歩き回ります。

20150805_001
休日でも歩行者天国は無し。歩行者天国は「赤い日」に催されるのではなく「日曜日」のみの開催なのかと考えます。
この日、中央通りが歩行者天国になっていても炎天の下、日なたを歩く勇気はサラサラなく、日陰を伝って歩くことは
生命維持のためにも厳守といったところ。

日陰を選びながら路地をアッチコッチとウロウロします。探していたのは廊下に置いておきたい常夜灯的な何か。
ソケット差しっぱなしよりも電池式にしたいと考え、希望に合った商品を探し回ります。

20150805_002
そんななか、軽く熱にやられた体を装うでもなく、深く考えることも無しに予約をします。大丈夫か?大丈夫なのか?
金額的には約2GAFFE程度と財布には厳しくないものの、占有体積は尋常じゃないものになりそうです。
後々の状況を努めて想像しないようにしながら軽挙全開でポイントオブノータリンです。

まずは購入後にどうにかできるよう、部屋の片付けをしておこうと思います。

検討課題
・もう1台買うかどうかは慎重に検討する
・H型が出るなら死なば諸共で迷わず買う

2015年8月 3日 (月)

華龍飯店 神保町 麻婆豆腐

店舗は靖国通り、ランチョン脇の路地を北へ少し歩いた角地の白いビル、赤い看板の目立つ地階にあります。

20150803_001
ねぎ叉焼。
ビールのつまみに頼みます。食べているとピリッとした辛さを少しだけ感じ、ビールがとても進みます。
たいへんおいしゅうございました。

20150803_002
腸詰。
目視で確認はできないものの、若干薬臭いような独特の香辛料の味付けを感じます。個人的には苦手な味付けです。
上記の「ねぎ叉焼」とこちらは共にお手頃価格なのに盛りつけが良いと思えます。つい食べ過ぎてしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

20150803_003
麻婆チャーハン。
ランチメニューの定食。スープ、漬物、小鉢がセットされます。この日の小鉢は煮卵。漬物はなんとも切なさ全開。
炒飯にかけまわされた麻婆豆腐は、ほどほどの辛さで痺れも無く、その特徴の無さが却って功を奏し、食べ飽きる
こともなくモイモイと食べることができます。いつの間にかという感じでアッという間に完食です。
たいへんおいしゅうございました。

店内ではホールを取り仕切るオーナーと思しき男性が、携帯電話で深刻な話しをしつつ客の注文をテキパキとこなす
シュールというか不思議なムードになっており、暢気に飯なんか食ってていいのかと不安になるほどでした。

検討課題
・ネギ8割のネギチャーシューには一言申し述べる
・周囲の状況に左右されない鋼の意志と食欲を鍛える

2015年8月 1日 (土)

上野駅前 8月

ビールの美味しい季節になりました。昼間からでも隙をみては「とりあえずビール」とばかりに飲みたくなるものです。
飲めば当然のように人体の神秘を体験することになります。諸行無常のインアウトは生命維持に必要な行為です。
そんななか、ちょっとした暗がりでドレン行為に適しているんじゃないかと泥酔状態なら迷わずモゾモゾしだす場所に
貼り紙の警告を見つけ、熟読すると冷水を浴びたように酔いもすっかり覚めてしまいます。

20150801
撮られるのは致し方あるまい。こちらも不法行為をしているし、バーターと言うことで撮って使うのも自由と思います。
ただブログにアップは勘弁して欲しいと思ってしまうのです。せめてモザイク処理などを部分的に施して欲しいのです。
そもそもそこで致してしまう側に全面的な非があるのは先刻承知ではありますが、そこは武士の情けと申しましょうか、
相身互いと言うことで御容赦いただきたいのです。慌てて駆け込んだ先にこれがあったら却って漏らすかもしれません。

なんにせよ過ぎたるは及ばざるがごとし、飲み過ぎにはご用心、ご用心。

検討課題
・自らの適量を超えるほど飲まない
・脂汗をかくほど我慢なんかしない

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »