« ロスジェネの逆襲 池井戸潤著 文春文庫刊 | トップページ | ならぶれろ »

2015年10月21日 (水)

かっぱ橋道具まつり2015

2015年10月10日、体育の日として記憶していたのも今は昔。今年も菊屋橋を目指して出歩きます。

20151021_001
屋上のオッサンは健在。欲しかったのは魔法瓶。道具街を一通り冷やかして最安値を付けていたニイミにおいて購入します。
念願を叶えてしまえばあとは気楽にプラプラします。

20151021_002
かぱぱぱぱぱぱぱぱ。
河童まみれの街灯。風に吹かれてクルクル回るようなギミックはないようです。

20151021_003
野生の河童が現れた!
さすが合羽橋、生憎きゅうりを持ち合わせておらず接触を図ることを断念します。尻子玉を抜かれたらピンチですもの。

20151021_004
そして大人気の金色のカッパ。入れ替わり立ち替わり記念撮影される方がやってきます。

グルグル見て回って寿司屋にあるような魚の名前がズラリと書いてある湯飲みを衝動買いします。
昨年から探してる小振りのメスパンを見つけ出すことはできず、来年もまた探してみようと誓うのです。

検討課題
・業務用食材店も冷やかしてみる
・模型製作にも使える食器や調理器を探す

« ロスジェネの逆襲 池井戸潤著 文春文庫刊 | トップページ | ならぶれろ »

ヨソユキ」カテゴリの記事

コメント

こいでさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
本業では2005年頃に樹脂を用いた三次元造型機への完全移行となるまで形状検討は、造形用石膏を用いることが多くありました。
その当時まで作業の際に便利に使えたのはケーキ用調理器でした。ゴムべらや茶漉し、大型のステンレスボウルにタッパウェア等々。
硬め濃いめに整えた石膏はバタークリームのようにも思えたものです。

ん〜「模型製作にも使える食器や調理器を探す」有りそうですねぇ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロスジェネの逆襲 池井戸潤著 文春文庫刊 | トップページ | ならぶれろ »