« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の記事

2016年4月29日 (金)

GAFFE Range Rover T2 Leclerc Paris Pekin 1992

箱にしまったボルボを熟成している間にバンバンやっつけることを実行していきます。

20160429_001
部品構成が同じなため、ヘッドライトはモールドによる表現になっています。再び無計画モデリング万歳を三唱します。

20160429_002
ヘッドライト部へ慎重にモーターツールを当てがいます。このモデルは、白もピンクもウレタン塗料による塗装が施された
プリペイントキットなので塗膜も厚く、硬くなっています。しかもグリルはピンクのまんま。黒く塗って誤魔化せません。
ライト外径ギリギリまで削り込む根性は最初から無く、ライトパーツを付ければ何とかなると言い聞かせ作業を止めます。

やっつけることを目的にしていますので、ヘッドライト横のターンシグナルや、リアゲートに付く尾灯などは適当に塗装で
表現しようと思います。だってアップにして、ぼかしても窓下のデカールのデロデロがクッキリ判ってしまうんですもの。

検討課題
・いいから続ける
・ここで挫けない

2016年4月27日 (水)

B→W Markt 湯島

店名はビーダブリュ マルクトと読みます。矢印は発音しません。
店舗は千代田線 湯島駅6番出口から中央通りへ向かう途中にあり、店頭に掲げたドイツ国旗が目印になります。

同じ位置に以前はトルコ料理店がありましたが、昼飯でも食べに行こうと思っていたらランチタイム営業を休止する案内が
貼り出され、それなら夜にでも乗り込んでみるか?と思っていたらいつの間にかドイツ料理店へと変貌を遂げていました。

20160427_001
サラダ。
たいへんおいしゅうございました。

20160427_002
ソーセージランチ。
フランクフルトと2本のニュルンベルガー、付け合わせはジャガイモと玉ねぎのザワークラウト。パンがつきます。
店員さんから「パンはお代わりできる」と言われ、意地汚くも食べる気満々ではありましたが、ソーセージのボリュームもあり
昼飯であればパンのお代わりをしなくてもじゅうぶん満腹になれます。
たいへんおいしゅうございました。

20160427_003
アイスコーヒー。
食後に配膳されるドリンク。コーヒー、アイスコーヒー、紅茶などから選べます。
昼なのに、ドイツ料理なのに、ソーセージ食ってんのにビール飲まない自分マジ偉い!と褒めちぎっていたのにビール
グラスです。もう午後はいつも以上に仕事する振りに拍車をかける意味でもビールを飲みたくなってしまうじゃない。
たいへんおいしゅうございました。

ランチメニューにあった限定10食のカツレツランチを食べたいと思うも既に売れ切れ。おそらくシュニッツェルなのでしょう。
食べられなかった悔しさのあまり蘭亭に駆け込みたくなります。

検討課題
・今日もジャガイモ明日もジャガイモでも不平をこぼさない
・夜のドイツ料理を堪能してみる

2016年4月25日 (月)

Jemmpy Ref271K VOLVO 240 TURBO MAGNUM RACING 24H SPA 1985

でも、だからと適当に言い訳をしながら新たに小箱を開けてみます。
というのも「イベントでは物欲に負けまくる巨匠」さまの製作記を読み、そういえばと在庫の山から発掘したからです。
なので取り留めともなく、いつも通りのヤル気のなさを前面に出しながら完成など全く未定のまま作業を開始します。

20160425_001
なにが納得いかないかといえば巨匠のお手元には塗装作業不要のプリペイントモデルが行き渡り、私の手元には何の
因果か塗装をしないとならない未塗装モデルがやってきたことです。思うに任せない世の常に途方に暮れるわけです。

20160425_002
ボディとシャーシの間に隙間があるようでカタカタしています。面倒ごとが増えていく感じしかしません。
ブロックに乗せると室内部分の運転席真下あたりが妙にモッコリしています。カタカタする原因はここにありそうです。

20160425_003
硬く、何となく砂っぽいJemmpyのレジンを熱湯に浸けます。熱湯風呂に入れジックリ煮込むように少々様子をみます。
指で触ってウンニョリしてきたら冷えた台座に押しつけてみたり、ボディに嵌めて揉んでみたりとイロイロいじります。
ボディとの間でカタカタ音がしなくなったので、もう大丈夫と自分に言い聞かせ熱湯チャレンジを終了します。

20160425_004
大まかにバリを削りとった主要部品を組んでみます。
なんだか前のめりで走る気マンマンです。重い重いフロントエンジンの為せる業ということにしておきましょう。

とりあえず元の箱にしまってしばらく寝かせれば、もしかしたら完成しているかもしれないと意味不明な夢想をします。

検討課題
・熱湯芸をそれなりに身につける
・手を出してから作らない決定を下してもいい

2016年4月23日 (土)

大手町から秋葉原

2016年4月9日、都心の桜も散り始め、名残を惜しむように少し歩きます。

20160423_001
経団連ビルに直結する出口から地上に出ます。経済界の重鎮も集まるせいか監視カメラが目を光らせています。

20160423_002
日本橋川に架かる神田橋から花筏を眺めます。あざとさ満点。

20160423_003
フラフラ歩いて境内で猫寛ぐ柳森神社。軽く参拝し、御衣黄の咲き具合を確かめます。

20160423_004
今が咲き頃か。来週にはピンクに色づき、色づいたら散ると教えていただきます。もう一度見に行きたくなります。

20160423_005
神田川に架かる神田ふれあい橋からの花筏。右手に柳森神社。

ヨンサン界の至宝とも呼ばれる方の記事を拝読したこともあり、思い立って模型材料などをいくつか買い込みます。
買うことが目的でもあるので有効活用するか、あるいは有効活用できるかは全くもって不明のまま満足します。

検討課題
・道路脇に吹き寄せられた桜の花びらを愛でる
・花びらという語句に過剰に反応しない

2016年4月21日 (木)

まるかや本店 北千住

店舗は北千住駅西口から日光街道へ向かい、北千住駅西口交差点を南下した込み入った飲み屋街の路地にあります。
店名に「本店」と書かれていますが、支店があるかどうかは重大な問題でもない感じなので未確認です。

20160421_001
生ホッピー。
あれば当然のように飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20160421_002
馬刺し。
生肉は基本。おろしニンニクをたっぷり付けて食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20160421_003
チキンボール。
いわゆる「つくね」です。
たいへんおいしゅうございました。

店舗を探し、たどり着くまで何度か周辺をウロウロするも違う店に吸い寄せられ、なかなか行けませんでした。
焼き豚串を食べ損ねたことと併せ、北千住開拓はまだまだ続けようと考えます。

検討課題
・据わりの悪い丸椅子で泥酔しない
・赤提灯を自分の誘蛾灯と勘違いしない

2016年4月19日 (火)

YOWMODELLINI Lamborghini Countach  QV Bonneville 1985 完成

タイトルの通りYOWMODELLINI Lamborghini Countach  QV Bonneville 1985です。
研ぎ出した、無理矢理な現物合わせを繰り返し、どうにかこうにかやっつけます。

20160419_001
メーカーオリジナルでは、ライトカバーとエンジンフード上面のエアボックスに相当する透明部品は、スモークグレーの
バキュームフォームで成形されていたようですが、自分の入手したキットでは透明部品になっていたため裏側から黒を
塗ってそれらしくしてあります。また、側面窓の接着代を大きく残したため、ドア内張パーツを接着できなくなり省略して
います。内装はいつも通りベッタリと黒で塗りつぶしていますし、窓も小さいのでバレないと思っています。姑息です。

20160419_002
順調に安定の三点設置。
リアウィングは真鍮線を仕込んでおくとボディへの取り付け作業等が容易になります。私は面倒なので仕込みません。
広大なフロントウィンドを拭うワイパーは無く、もちろんドアミラーも付いていません。ボンネビル最高です。

工作において足りない箇所は相変わらず山盛りですが、台座に接着して完成とします。

検討課題
・イッチョンチョンの伊400キット購入を検討する
・イッチョンチョンのTB2を今さら集めるか考える

2016年4月18日 (月)

昼の日本橋

2016年4月3日、歩き足りなかったので銀座から八重洲をフラフラしながら日本橋を目指します。

20160418_001
日本橋橋上では交通規制を敷いて「ジャパン・クラシック・オートモービル2016」というイベントを催しています。
当日は「ゴルフの巨匠」さまもいらしていたようで、模型製作に役立つ画像を多数アップされています。

20160418_002
Panhard PL17 1960。
想像以上に小さいと感じます。もっと地を泳ぐ巨大ナマズのようなイメージがあったため驚くほど小さく感じます。

20160418_003
Facel Vega Fecellia F2 1960。
シャキっとしてます。プロバンスのゴツイ金属パーツの入ったキットを探し出したくなります。

20160418_004
Citroen DS23 Pallas 1974。
神様、今週の一生のお願い!くれ!!

20160418_005
Bentley 3.5L Coupe Baker 1935。
日本橋橋上での展示を終え、走り出すベントレー。
少しずつこの年代の車にも興味を持てるようになりたいのです。グンゼのメタルモデルを発掘しようと考えます。

20160418_006
Fiat Zagato 750 GT MM Derivata 1953。
日本橋三越と三井本館の間の江戸桜通りを走るザガート。車体側面の「Z」の塗り分けがかっこいいです。

車両名の表記は、イベント公式サイトに掲載されている「参加車両リスト」に掲載されている表記に準じています。

桜の咲く頃に思いがけず東京で珍しい車と、赤い車を見ることができ満足感を覚えます。

検討課題
・買えそうな車を真剣すぎる眼差しで凝視しない
・渋滞の車列から珍しい車を目ざとく見つける

2016年4月17日 (日)

八丁堀から銀座

2016年4月3日、降っていた雨は昼前にはやんだので、性懲りも無くウスウスと出歩きます。

20160417_001
八丁堀駅から地上に出てすぐの桜川公園でしばらく桜を見て回ります。

20160417_002
路地を歩いていると、玄関先に置いたパリバケツに桜をブッ刺したお宅を発見します。風流です。

20160417_003
新富町駅近くの銅板たっぷりな建物。今は取り壊されてしまった万世橋近くの銅板建築と非常によく似た外観と屋根。

20160417_004
首都高沿いのミニカーショップで面白いものは無いかと物色し、JPSの完成品を前にしばらく踊ります。
この日はカメラ屋には寄らないと固く決意し、とりあえず銀座到着。

歩き足りないので更に歩きます。

検討課題
・持ち歩きに苦痛を感じない上着を選ぶ
・公園の位置を少しは覚える

2016年4月16日 (土)

香港亭 浅草店 浅草 麻婆豆腐

店舗は都営浅草線A3出口から国道6号線を北上したすぐにあります。

20160416_001
本格四川マーボー豆腐。
通常のランチセットでは無く、メニューから「特選 逸品」と書かれている一品料理から選びます。
メニューで「本格四川」を謳っているのにも関わらず、案の定といった感じで鋭い辛さを感じることはありません。
味付けに焼肉のタレ的を用いているかのような風味を感じます。ようやく思い出します、この道はいつか来た道
たいへんおいしゅうございました。

20160416_002
カニ肉入りチャーハン。
カニ肉は確かに入っています。少しウエットな仕上がりになっていたので、麻婆豆腐をかけ回すことなく食べます。
たいへんおいしゅうございました。

ヤル気マンマンの男性店員と、ヤル気ナシナシの女性店員の掛け合い漫才的会話をBGに素早く完食します。

検討課題
・辛さを示す唐辛子マークをあてにしない
・唐辛子マーク5個くらいからが本番

2016年4月15日 (金)

曳舟から浅草

2016年4月2日、桜も咲いたので隅田川あたりはどうかと歩いてみます。
昨年の同時期に歩いた際は、桜のことに一切触れていません。タイミング的に散ってしまっていたのでしょう。

20160415_001
曳舟駅前では何かを建設中。再開発事業関連の一環でしょうか、曳舟らしさが薄れていくような感じがします。

20160415_002
言問団子近くの墨田公園少年野球場のあたりは歩道の両側に桜を植えており、つい見上げて歩いてしまいます。危険です。

20160415_003
隅田川端を歩きます。桜橋のたもとではちんどん屋による獅子舞も披露されています。当然、噛んでいただきました。

20160415_004
屋形船てんこ盛り、まさに屋形船渋滞。

20160415_005
アサヒタワービルに映り込むスカイツリーと桜。あざとさ満点なれど曇天過ぎてムード台無し。

20160415_006
吾妻橋と浅草駅出口周辺は観光客でごった返しています。
この出口横にあった居酒屋は既になく、ギョニソで有名なリーズナブル居酒屋も閉店してしまい少し困ってしまいます。

さて、どうしたもんか。

検討課題
・富山へチンドンを見に行く
・曇天なりの撮り方を習得する

2016年4月13日 (水)

咲いたかな

朝、会社へいくのに遠回りをして、独特な校舎を持つ台東区立黒門小学校の校庭に植えられた桜を見に行きます。

20160413
2016年3月31日、平成27年度の超年度末。いい感じに咲いています。まだ散る気配もないので楽しめそうです。
週末は自宅近くの公園でも桜祭りを催すと回覧板に書いてあったし、桜見物に歩き回りたいと考えます。

検討課題
・秘密の花見スポットを開拓する
・誰かのブルーシートを無慈悲に剥がす

2016年4月12日 (火)

夜の日本橋

ライトアップイベントを催してると聞き、会社帰りに遠回りをして三越前駅で途中下車をしてみます。

20160412_001
さすが越後屋。役どころを分かっています。

20160412_002
三井本館も桜色にライトアップされています。

20160412_003
COREDO室町の通路ではプロジェクションマッピングのようなものを展開しています。
建物に挟まれた通路のためか常にビル風のような物が吹きつけ、布状の飾りもヒラヒラと動いています。

20160412_004
福徳神社では鳥居前に桜吹雪。

20160412_005
日本橋船着場に到着した屋形船と、橋の袂の桜。

夜桜見物ももっとしたいと考えつつ、いつも飲んでしまうので見た記憶が残らないのが超難点。
日本橋周辺での桜をモチーフとしたライトアップイベントは既に終了。

検討課題
・照明をみたら狐の影絵をしてみる
・坂本冬美氏の演歌をマスターする

2016年4月11日 (月)

日比谷から九段下

2016年3月28日、会社行きたくない気分が最高潮に達したので、電車を少々乗り過ごしから休む理由を考え出します。

一昨年の秋、都心のど真ん中で紅葉を見る機会を得た際に、大手町駅からアプローチするも長い行列が形成されて
いたこともあり、日比谷駅からアブローチした方が良かったかと反省したので今回はその反省を活かすことにします。

20160411_001
坂下門から乾通りの桜を見るためソロソロと歩きます。
この日は気温も低く、大気は不安定になりがちで急な雨や落雷の予報もされていたせいか来場者も心持ち少なく感じます。
ただ、昼間は都心部で傘をさすほどの降雨もなく、建物に逃げ込むほどの落雷もありませんでした。大ハズレじゃん!

20160411_002
そこそこ咲き誇っている桜を見つけると誰もが記念撮影タイムです。
皇居内での自撮り棒を使っての撮影は禁止と看板がでているのに日本語が読めない、ピクトグラムを理解できない方々が
棒を伸ばして撮りまくります。やはりあれは如意棒の国の方々なのでしょうか。素で傍若無人全開は羨ましい限りです。

20160411_003
乾門近くの桜。結界の如きトラロープを張り巡らしているのでこれ以上近づくこともできません。
咲き乱れるほどの桜を堪能できなかった無念さを感じつつ、北の丸公園を北上しながら咲いてる桜は無いかと探します。

20160411_004
北の丸公園の田安門近くで幹からおもむろに咲く桜を見つけます。

20160411_005
同じく田安門近くから千鳥ヶ淵の水面へと向かうように咲く桜。

20160411_006
ついでとばかりに靖国神社へも参詣しておきます。罰当たりな表現です。
ペコペコパンパンペッコリと参拝を済ませたら内苑にある開花宣言を左右する「桜の標準木」を見ておきます。

とりあえずブワッと咲いてる桜を見たいと思います。

検討課題
・弁当を持って東御苑を歩き回る
・外苑でも神社境内で泥酔しない

2016年4月 9日 (土)

千駄木から上野広小路

2016年3月27日、街の桜はどんなもんだろうと偵察ついでに出歩きます。

20160409_001
千駄木駅から地上に出ます。

20160409_002
団子坂から不忍通りを挟み、谷中霊園方面に伸びる谷中さんさき坂からスカイツリー。

20160409_003
この日の谷中霊園は一分咲きくらいか。

20160409_004
上野桜木、この周辺をスイッスイっと歩けるようになりたいと常々うろつくのです。

20160409_005
東京国立博物館、黒門前の桜。この桜はようやく五分咲きに届くか届かないかギリギリな感じ。

20160409_006
不忍池の桜は三分咲きくらい。
それでも上野公園や、不忍池周辺ではブルーシートを敷きつめ宴席を設ける人々多数。花を愛でましょうよ。

20160409_007
人混み疲れたので人の少ないところを探そうと地下に潜ります。

検討課題
・満タンにしたスキットルを持って出かける
・もうちょっと桜の咲いてるところを歩く

2016年4月 7日 (木)

大衆酒蔵 幸楽 北千住

店舗は北千住駅西口すぐの南側路地に連なる飲み屋街の一角にあります。

20160407_001
生ビール。
喉を潤します。
たいへんおいしゅうございました。

20160407_002
厚焼き玉子。
付け合わせは血液サラサラ効果の期待できる玉ねぎスライスと、血液ドロドロ効果が確約されたマヨネーズ。
試しに玉子焼きにマヨネーズをベッチョリと塗り付けて食べてみます。これはこれで悪くないと思ってしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

20160407_003
鯵のたたき。
たいへんおいしゅうございました。

20160407_004
つくね。
串焼きメニューからタレで頼むと口の周りをベタベタにするので塩で注文します。一味をこれでもかとかけ食べます。
たいへんおいしゅうございました。

北千住駅西口には再開発の予定があると聞きます。下町情緒溢れる飲み屋街が一掃されてしまうのは悲しくなります。
この近辺、立ち寄る機会も少なかったので、今さらながら開拓兼ねてフラつきたいと考えます。

検討課題
・黒板メニューのイチオシを瞬時に探る
・すぐに用意できる肴を嗅ぎ分ける

2016年4月 5日 (火)

百貨店ワルツ マツオヒロミ著 実業之日本社刊

大正から昭和初期にかけての20世紀初頭を思わせる時代設定、地方都市の「三紅百貨店」という架空のデパートの
各フロアをイラスト、短編コミック、詳細な資料などとともに紹介していきます。

20160405
百貨店へ行くのに一張羅までとはいかなくとも、それなりの格好で訪れていた時代の雰囲気を感じさせてくれます。
日本橋三越の本館や高島屋、浅草松屋において大理石夥多な内装に触れたときに感じるような感覚です。
自分の体験の範囲だと、地方都市でそんな感覚があったのは宇都宮の上野百貨店でしょうか。

似たような店が並ぶショッピングモールではなく、自分には一生縁の無いような物まで取り扱う百貨店がいいんです。

検討課題
・デパ地下以外もグルグル見て回る
・外商に相手してもらえるような人間になる

2016年4月 3日 (日)

千葉モノレール

2016年3月21日、はっきりしない天候に振り回された三連休の最終日、千葉方面へ足を伸ばしてみます。

20160403_001
都賀駅。

20160403_002
千城台駅。

20160403_003
都賀駅。

車両には複数のカラーリングが施されており、全カラーリングの制覇を目指したいと少しだけ企みます。
乗り心地は非常に良く、湘南ジェットコースターに乗車した際に感じるドキドキやハラハラはありませんでした。

次回は時間をかけて撮りたいと考えつつ、別のことも考えたりで落ち着きがありません。

検討課題
・下には何も無いと考えないで乗る
・全区間を乗りきる根性を養う

2016年4月 1日 (金)

上野駅前 4月

秋葉原駅北側のガード下に2k540 AKI-OKA ARTISANが整備された頃からだったか、震災後だったか判然としませんが、
山手線高架下の耐震補強工事が実施され、その工事は上野駅を目指すように着々と北上してきています。

会社帰りに立ち寄らなければならない居酒屋にもその影響はあるようで、ここ数ヶ月は外で飲めない状態になっています。

20160401
画像左側が御徒町駅方面で、工事のための仮囲いを設置したことから居酒屋店頭の佇まいは圧迫感満点です。
圧迫感から逃れるために普段より多めに飲んで、早めに酔ってしまわないとならないんじゃないかと考えたりもします。
店員さんに聞いてみると工事はお盆の頃まで続くといわれています。いい季節に外で飲めないのは困ったことです。
地震などによって主要インフラに被害がでると生活が大変になります。同時に飲めなくなると私が大変になるのです。

何にせよ何事も上手くいっていただきたいと願うのです。

検討課題
・工事車両に興味を持つ
・仮囲いの隙間から中を覗き見る

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »