« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016年11月30日 (水)

香氣 四川麺条 学芸大学店 麻婆豆腐

店舗は学芸大学駅東口から目黒通り方面へ歩き、信号のある五叉路にぶつかった場所にあります。
店名は旧字を用いた「香氣」となっています。他に世田谷区を中心として都内西部で多店舗展開しています。

20161129_001
ランチ麻婆飯。
ご飯も上にかかる麻婆も少なめではありますが、麻も辣もしっかり感じられるハッキリした味付けです。
このサイズだからか、わんこそば的に何杯も食べたくなります。
たいへんおいしゅうございました。

20161129_002
担々麺。
人気No.1メニューとあり、豊富なバリエーションの中にあって最もプレーンな担々麺をいただきます。
上記のランチ麻婆飯と合わせて食べたせいか、刺激的な味付けは控えられているようにも感じられ、胡麻の風味を
強く感じました。もしかしたら担々麺のみを単品で食べれば違った感想を持つかもしれません。
たいへんおいしゅうございました。

カウンターには青山椒や花椒など、香辛料や調味料も用意されているので自分好みの味に調節可能です。

単品で麻婆豆腐を頼み、ゆっくりと食べたいと思っていましたが、カウンター席のみで回転の速い学芸大学店では
そういったことをできる雰囲気でもなかったため、ザッと食べて背後で待っている方に席を譲ることにします。

検討課題
・ランチ麻婆飯をダブルダブルで頼む
・麻婆豆腐を単品で頼めるチャンスを窺う

2016年11月29日 (火)

風邪をひく Again

先月のに風邪をひき、体力等々の衰えを感じないでもない状況にあり、しばし伏せってどうにかしていました。
その後、横浜に行ったり、酒を飲んだり、さらに酒を飲んだりと、相変わらずの無軌道な生活を再開したら再びというか
またしても風邪をひくことになります。治ってすぐこじらせるというのは今まで無かったような気もします。参ったな。

治ったと思った瞬間、風呂上がりにパンイチになりたがる自らが招いた病状とはいえ情けなさも感じたりするのです。

20161128
いつも行く内科医で、これまでと違う薬を処方してもらいます。前に使った薬は効きが甘いような気がしたのです。

風邪でゲホゲホしだした始めに土日の休日を挟めると、ゆっくり寝ていることもできるのですが、週初めに風邪をひくと
休むに休めず、仕事する振りも普段に比べて上手くいきません。なんというか仕事する振りのキレがないんです。

あまり長引かせると、稀に生じる本当に仕事しないとならないときに差し障りもあるので早く治しておこうと思うのです。

検討課題
・パンイチタイムを短縮する
・布団をかぶることを覚える

2016年11月28日 (月)

秋のミニレー収穫祭

晩秋クライマックス。パンイチでは肌寒いなと自覚し、そろそろ冬の訪れを感じ始めたらミニレーを刈り取る頃合いです。
先だってJEMMPY狩りに名古屋の名店へお邪魔した折、マダムラクーンより「ミニレーの取り寄せをするけどどうする?」と
お声がけいただき、ここ最近ミニレーも低調なので、早めに確保してとおきたいと相乗りするが如く取り寄せをお願いします。

古い番号のキットもあり、絶版となっている可能性も考慮し、2つ3つでは申し訳ないとも思い、軽く10点ほどお願いします。

20161127_001
頼んだ10点無事到着します。おかしいな、こんなはずじゃなかったんだけどな。全部在庫ありやんの。
代金の合計金額に目眩を覚えつつ、払込を済ませたらセッセと開梱し、簡単にチェックだけしておきます。

20161127_002
コンタミ。いやいや、伝統のありがたい、とてもありがたいメタルボディーキットも混入しています。10打数2安打です。
#0095 MERCEDES 500 SLC DAKAR 1984 BOSS 懐かしのエッシーからニーヨンでリリースされていたアレです。
#0139 PORSCHE 935 DAKAR 1988 FOLTENE とりあえずスターターのレジンボディを探しますか。

20161127_003
思わぬラッキーだったキットもあります。
#0188 PEUGEOT 605 4x4 DAKAR 1991 ライオン柄や、ラクダ柄ではないプライベーターっぽい白い車体の605。
#0350 PEUGEOT 309 GT1 Gr.N 1992 珍しい309のキット。

デカールはどのキットも黄変しており、それなりに前途多難。それにしても全部あるとは思わなかったよ。

検討課題
・懲りずに頼んでみる
・メタルボディをハズレと断じない

2016年11月27日 (日)

CCC F12 DYNA PANHARD No.54 LM50

ひととおりボディ表面をゴリゴリ削り、いとも簡単にオッケーを出しておきます。こんなもんです。

20161126_001
野太い革バンド部分を削り落とし、適当に均してみます。
ここから無改造でどうにかできる手立てはないものか、手抜きを基本とすることに留意しながら考えます。

20161126_002
工具箱をひっくり返し、いつだか購入した新兵器を試しに使ってみます。
新兵器は「極小」の名の通り、スジ彫りとして極細の線を刻みます。ただ、CCCのキットのパネルラインは極太で
しかも泥酔者の足取りの如くヨレヨレです。運河のようなパネルラインは「マッチボックス知ってるかい?」と、つい
口ずさみたくなるものです。どうにもならないようならば、どうにかしようとしなければよいだけです。

投げ遣りになりつつあります。

20161126_003
キット同梱の小袋の中身を確認するようにモニモニと揉みしだきます。
ドイツ戦車の前照灯のようなパーツを見つけます。1950年、戦後のルマンで灯火管制してまでレースは無いです。

20161126_004
ヤギの目のようなパーツは、ホイールキャップと思われます。
タイヤからは既に汁が抜けきり、脆くなるほど硬化していたので適当に余っていたタイヤをあてがっておきます。

ヤル気の欠片も見せないまま、適当モデリングはマダマダ続く。

検討課題
・スジ彫りにはPカッター
・部品取り用にと無駄に買い込まない

2016年11月26日 (土)

吉池食堂 御徒町

店舗は御徒町駅前にそびえるビルの最上階にあります。勤務地からそう遠くないので利用頻度も高くなります。

20161125_001
赤黒くないと、ドス赤くないと関係各位からツッコミが入ります。私だって麻婆豆腐以外のものを食べることもあるんです。

20161125_002
海鮮丼。
ランチタイムのメニューから選びます。サラダ、蜆の味噌汁が付きます。
なんだか分からないくらい色々なネタが乗っています。エビやカニは手づかみでチュッチュと吸い付いてしまいます。
丼といってもご飯は思っているより少なめなので、ガガッとかっこめば簡単に完食できます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・醤油を全体にかけ回さないで食べてみる
・しその実を使うべき分量を把握する

2016年11月25日 (金)

降雪

2016年11月24日、関東平野部に雪が降りました。天気予報の通りとなって驚きました。
0100、もう寝るかとモゾモゾしながら外を見れば、未明の埼玉県東部に雪はおろか雨さえ降っていませんでした。
0600、会社には行きたくはないけどノソノソ起きてみるとベランダに1cm程度の僅かな積雪。いつ降り出したんだよ。

Snow
出勤前に外で見て見れば、諦め悪く未だに乗り続けている zoom zoom な小型車にも雪が積もり始めています。
アスファルトの道路は溶けた雪でビチャビチャとしています。気温が下がれば道路にも積雪するのでしょう。
早朝には地震も発生し、通勤電車は各線で当然のように遅れまくってくれます。もう会社を休みたくなります。

2016年11月22日にも福島県沖において地震も発生しており、震災から5年を経過しても影響がまだまだある事を
実感させられます。差しあたり貯め込んでいる缶詰の消費期限の確認をしておくことにしましょう。

慌てず、騒がず、諦めず。そんな感じを実践できるよう、会社を休む準備だけは怠らないようにしておきます。

検討課題
・雪の日は歩幅を小さくして歩く
・天気ごときに翻弄されない

2016年11月24日 (木)

第55回農林水産祭 実りのフェスティバル

2015年11月12日、今年もいそいそと昨年と同じく池袋サンシャインシティへと出掛けるわけです。

20161124_001
今年はいろいろあって開催初日の金曜日に行けず、土曜日になってしまったため開店待ちの行列に並んでみます。

20161124_002
きいちゃん。
2015年に和歌山県で誕生した紀州犬をモチーフにしたゆるキャラ。
個人的には和歌山県は未踏の地でもありますので、どうにかして足を伸ばしてみたいと考えております。

20161124_003
やめ茶丸。
君は去年もいたな。

会場の問題もあるのか、闊歩するゆるキャラ少なくがっかり。
物産そのものも各地での天候不順もあって葉物野菜などほぼ無い状態。肉類も加工肉が多く物販もがっかり。

邪な企みしか持っていないにせよ、イベントの魅力がここ数年で失われているように思えてなりません。

検討課題
・試食は買いたいものだけに留める
・知らない食材に挑戦してみる

2016年11月23日 (水)

黄色い電車

日々、月曜から金曜にかけて朝夕に電車に乗ります。なぜかといえば、会社へ行って仕事をする振りのためにです。
会社員の皮を被ったろくでなしになってはや四半世紀。くる日もくる日も電車に乗り続ける毎日です。うんざりです。
あと10年以上乗らないと、この生活から解放されないというのも暗澹たる気持ちを倍増させるのに十分な理由です。

愚痴をこぼしているわけでもなく、満員の通勤列車をそれなりに楽しんでもいるのです。

20161123_001
駅に掲示されていたポスター。
埼玉県東部にある春日部市の誇るキラーコンテンツを配した特別列車が走るそうです。
以前、旧鷲宮町(現久喜市)の神社周辺などを題材にした美少女関連では特別列車は仕立てられなかったと思います。
それにしても黄色、どうして黄色なのでしょうか。

20161123_002
そんなことを考えるでもなく記憶からこぼれ落ちかけた頃に、その黄色い特別列車の実車を見ることになります。
なかなかのインパクトです。東武鉄道で黄色い車両といえば工事用車両や、マルタイくらいしか思い出せません。
通勤時間真っ只中の北千住駅に滑り込んできた特別列車に、ホームも騒然とします。

20161123_003
数日後、実際に乗車する機会に恵まれました。車体側面に様々なキャラクター、車内のポスターも関係キャラクターで
埋め尽くされています。車内アナウンスを舌足らずな幼稚園児の声にしていれば面白いのにとも思ったりもします。

半蔵門線を経由して接続する東急電鉄は、ネズミの大将のキャラクター関連を配した特別列車を運行させるようです。
土地柄というか、沿線の雰囲気の違いが感じられて、それはそれで良いものだとも思うのです。

日々のことでもありますし、カテゴリーはヨマイゴトとしておきます。

検討課題
・どこかで撮れる機会を探す
・春日部の粕壁地区を歩いてみる

2016年11月22日 (火)

脂身確認

冬を前に、年末年始にどれだけ暴飲暴食をできるかチェックするため健康診断に行きます。解体される豚の気分です。
受付を済ますとスーパー銭湯の浴衣とは異なる妙チキリンなジャージを着込みます。更衣室の棚に用意されたそれは、
同じサイズでも上着とズボンで減り方が違っています。上着はM、ズボンはLLなんて着こなし方があるのでしょうか。
心はS、体はMなら理解できます。よく分からないので両方ともLサイズを着たら、いざ健診スタートです。

20161121
三日坊主的に付け焼き刃な健康的な生活をした後、まず始めの起き抜け採血プレイでフラフラになったりします。
待機時間の方が長いのじゃないかと釈然としないまま、検査官によって等級付けされる豚の気持ちを再び味わいます。
聴覚検査はボタンを連打し、視力検査は勘で乗りきり、体重と腹囲の計測は負け犬のポーズでなすがままにされます。
心電図計測で、計測後に肌に数カ所取り付けられた吸盤状の測定具をブチブチと取り外すプレイは癖になりそうです。

最後はメインイベントでもあるバリウム一気飲み大会です。事前の問診に「現在体重は120kg以上ありますか?」や
検査室前に貼られた注意書きに「体重120kg以上の方は受診できません」といった表現を見つけることができます。
どうやら可動するベッドの荷重を超えてしまうそうです。以前、別の機関では受診できたのに不思議な感じです。

全ての検査を終え、後日下される健診結果の発表までは断頭台に乗った気分になります。
とはいっても毎年同様、強烈な数値の並ぶ結果になること間違いなしです。それはそれでネタにしておきましょう。

検討課題
・人間ドッグと言わない
・体重を活かした模型製作を模索する

2016年11月21日 (月)

戦果報告

今年こそ買わない!そう誓って横浜に来たはずなのに、帰宅してみればナゼか鞄はふっくら以上に膨らんでいます。
そんなことで the 21st ホビーフォーラム 2016 会場の物販コーナーで物欲に負けて購入したものなど。

20161121_001
ALEZAN Alpine A310 Fleischman
ヤル気マンマンなフェンダーがイカしています。JEMMPYの活動停止に伴う深刻なA310不足を補っておきます。
白か赤で塗ろうかと考えていたら、GITANES感を感じさせる色だろと指摘されます。なるほど青メタで塗りましょう。

20161121_002
PROVENCE MOULAGE FACEL VEGA III
シリーズの違いについて把握していません。とりあえず鈍器のようなバンパーパーツと格闘することになりそうです。
春先に実車を見てからそれとなく探していたキットだけにホクホクだったりします。

20161121_003
Western Models WMS 24 ‪1935 DUESENBERG SJ SPECIAL‬
‪自分の芸風にそぐわないメタルキットを会場のイキフンに呑まれ購入します。 ‬
‪MORMON METEORと呼ばれる車両ですがサッパリです‬。ネットで探してみると名古屋の名店のサイトに下間康弘氏の
製作記を見つけます。あまりにも超絶過ぎて自分には参考になりません。どうしたもんかと思案することになりそうです。

特にエンジンフードに輝く「‪DUESENBERG‬」の金属銘板は、キットでは曖昧な突起で表現されているため手詰まりです。
諦め悪くイロイロ探してみると、薄黄色の車両ではなく、チョコレート色の車両に銘板が付いていなさそうな感じかなと
一筋の光明を見つけた気持ちになります。それ以上の調べはつかず来歴不明ではありますが、そこらへんでお茶を
濁せるかどうか、本来の目的を履き違え逃げ出すことだけを考えておこうと思います。

数日にわたりダゥダゥっと続いた「Go West! November 秋は横浜」の項はこれでおしまい。

検討課題
・なんともなれば投げ捨てる
・自由に作ると強弁して適当に作る

2016年11月20日 (日)

萬里 本店 桜木町 麻婆豆腐

the 21st ホビーフォーラム 2016へ出展されたモデラー皆さんの慰労会にお邪魔させていただきます。
会場はY御大イチオシの北京料理店が臨時休業だったため、そこから野毛小路を南方に40mほど歩いた本店へ行きます。
大好評だった料理内容等の詳細については「信州の巨匠」さまによる速報記事をご参照ください。

20161120_001
ここが今夜の戦場。
二階の奥座敷には2卓の回転テーブル。居並ぶ巨匠に紛れ込み、身を隠すように適当に腰を落ち着けます。
幹事はこの度もY御大。取りまとめ、調整等々お手数をおかけしました。諸事ありがとうございます。

20161120_002
生ビール。
乾杯の音頭とともにゴクゴク飲み干します。
たいへんおいしゅうございました。

20161120_003
焼き餃子。
萬里へ行ったら外せません。当然食べます。併せて五目うまに(八宝菜)、えびと玉子いため(柱花蝦仁)を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20161120_004
水餃子。
餃子を続けてモリモリ食べます。併せてモツのからあげ(炸珍肝)、とり肉ピーナッツうまに(宮保鶏丁)を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20161120_005
紹興酒。
ここで紹興酒を投入。あまり飲み過ぎると腰下がフワフワしてくるので、セーブしながらチビチビ舐めます。
たいへんおいしゅうございました。

20161120_006
肉団子。
肉の揚げだんご(炸丸子)を画像の塩と、タレ。さらに若とりのからあげ(炒子鶏)を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20161120_007
麻婆豆腐。
とうふ唐からしにこみ(麻婆豆腐)。併せて〆の米飯にやきめし(炒飯)、えびやきめし(蝦仁炒飯)を注文します。
麻婆豆腐は放題亭のそれよりもスパイスの効きが強いように感じます。炒飯にかけ回していただきます。
たいへんおいしゅうございました。

酒席で伺ったお話しはどれもタメになることばかり。酒席で私が話した内容はどれもロクでもないことばかり。ドンマイ俺。

検討課題
・エビチリを忘れたことを悔やまない
・特別中国ランチを是が非でも食べる

2016年11月19日 (土)

Go West! November the 21st ホビーフォーラム 2016 ニーヨン

2016年11月6日、the 21st ホビーフォーラム 2016の会場で見学したニーヨンの作品など。
製作者名、作品名詳細等々省略のうえ、いくつか掲載させていただきます。関係各位におかれましては何卒ご容赦の程を。

20161119_001
MB 450 SLC / We are Rally car modelers Community
ESCIかと思ったら、ベースはアリイ(旧オオタキ)のキットを使用。

20161119_002
Golf GTI / We are Rally car modelers Community
外に難のあるESCIを使うか、内装に難のあるタミヤを使うか。作品はタミヤのキットをベースにしています。

20161119_003
XJR14 / スケールモータースポーツフェア
個人的に作りやすいと思えないルマンミニチュアのキットを使った作品。

20161119_004
LOLA T-600 / スケールモータースポーツフェア
フォーミュラカナダのキットを使用した作品。もっと詳細を聞いておくべきと思った作品。

20161119_005
ST165 / コンテスト参加作品
タミヤのキットではなく、BEEMAXのラリーカーをノーマルに改造し、更に躍動感あるジオラマに仕立てた作品。
オッサンには「刺さる」ものがあるのですよ。

検討課題
・ちゃんと聞くことを習慣づける
・バブルの頃はなと若者に曰わない

2016年11月18日 (金)

Go West! November the 21st ホビーフォーラム 2016 ヨンサン

2016年11月6日、the 21st ホビーフォーラム 2016 の会場で見学したヨンサンの作品など。
製作者名、作品名詳細等々省略のうえ、いくつか掲載させていただきます。関係各位におかれましては何卒ご容赦の程を。

20161118_001
レッドブル F-1 / 43 JULIUS FACTORY Z
知也氏も参加していただきます。

20161118_002
JOTA SVR / 43 JULIUS FACTORY Z
宿題もあるので舐めるように見続けます。

20161118_003
250LM / 43 JULIUS FACTORY Z
ヌルッと光る光沢感と仕上がり。

20161118_004
ウィリアムズ F-1 / 43 JULIUS FACTORY Z
すごいんですよ、これ。本当にすごいんです。

20161118_005
962C / ルマンの会
ポルシェを特集した作品。

20161118_006
935 TURBO SILHOUETTE / We are Rally car modelers Community
三点盛りは「アレナの巨匠」さまによるもの。

20161118_007
マトラ F-1 / くるま村少年団
クリス・エイモンを特集した作品。

20161118_008
マーチ Can-am / くるま村少年団
クリス・エイモンを特集した作品。

検討課題
・人のいないタイミングを見計らいジックリ見学する
・見学していて混雑してきたら即場所を空ける

2016年11月17日 (木)

Go West! November 秋は横浜

2016年11月6日、完全に復調とはいえないもののノロノロと起きだし、横浜を目指し電車に乗り込みます。

20161117_001
1235、日本大通り駅到着。目的地である大さん橋ホールへの距離とほぼ同距離の位置の横浜スタジアムを意識します。
個人的には、横浜に本拠を置くチームといえば、このカラーリングの大洋ホエールズなんです。

20161117_002
明るい時間の横浜的風景。手前に象の鼻公園、奥に赤レンガ倉庫、観覧車。当日は気温も暖かく、吹く風は強め。

20161117_003
1250、大桟橋埠頭到着。ここから大さん橋ホールまで更に歩かないとならないのが辛い。

20161117_004
開場直後に見られる物販出展者の会場限定品を買い求める人々も一段落したのか、それなりにまったりした雰囲気です。

20161117_005
夕方からは会場を野毛に移し、参加者の方々にご一緒させていただきY御大の誕生日をお祝いするための宴会です。
例年宴席を設ける萬里放題亭は臨時休業。そのため昼ご飯にと目論んでいた特別中国ランチを食べ損ねます。

この項、数日にわたりダゥっと続きます。

検討課題
・買い物はしないにせよ早めに家をでる
・東急電車の列車種別にオロオロしない

2016年11月16日 (水)

CCC F12 DYNA PANHARD No.54 LM50

現代的な車ばかり作ったり、レイドカーばかり作るのも、飽きるでもなくマンネリになるので新たに手を出します。
相変わらずの手当たり次第感は隠せませんが、とりあえず青いスプレーを勢いよくプシャーっと吹きたいだけです。

ということで新たな生贄は、昨年のオフ会において参加された皆さまをまんまと出し抜き入手したパナールです。

20161116_001
ボディを前方から。
キット同梱の説明書を見ると、オリジナルはグリル部分を別パーツとしていたようです。
こちらはボディとグリルは一体成形されています。銀を塗るか、銀シートを貼るか、工作方法は後回しにします。

20161116_002
ボディを後方から。
ドア前縁部や、トランク上部などに設けられた突起は、後先考えずに削り落としてしまいたくなります。

20161116_003
ボディを上方から。
ボンネットを留めるレザーバンドは、東洋太平洋バンタム級チャンピオンの腹に巻かれるベルトのように極太です。
本当に幅広の太いベルトを使っていたのか、当時の造形技術の限界かをいちいち調べるつもりは毛頭ありません。

枯れたレジンを弄び、なんとなく全体の手触りを堪能した後、モーターツールでゴリゴリ削り倒します。

20161116_004
加工後のボディを前方から。
全体を布ヤスリでサスサスします。フェンダーを内側から削り、少しでも薄く見えるよう悪あがきをします。

20161116_005
加工後のボディを後方から。
ボディ後端のナンバープレート設置部を削ってしまってから、後日どうやって再建するのか全く考えていなかった
ことに気付きます。ここでもう躓いたような気持ちになります。

20161116_006
加工後のボディを上方から。
極太のベルトを削り、ヨンパチのWW2航空機のシートベルトをあてがうか、通常のヨンサン用ベルトを貼ろうか
考えます。考えたところで無駄ですから用意すべき部品の調達は後回しにしておこうと思います。
運転席左にあったバックミラーも気付かないうちに砕き折っていたので、きれいサッパリ削り落としておきます。
同様に考え無しで削り落としたトランク上部のフューエルキャップは、小物入れを漁って出てきたボシカ製部品を
奢ってしまおうと考えます。自分のクオリティにそぐわない一点豪華主義的な勘違いモデリングです。

既に前途多難感を強く感じつつ、やっつけモデリング上等で適当にチャッチャと作りたいと目論みます。

検討課題
・難しく考えない
・そこそこでオッケーにする

2016年11月15日 (火)

人の砂漠 沢木耕太郎著 新潮文庫刊

日常生活で触れあう機会の無い、決して有名人ではない市井の人々を追ったノンフィクション短編を8編収録。
刊行は1977年(昭和52年)とあり、収録された各編も昭和40年代末期に取材されたものが多くあります。
古い話かと思って読んでみると、現代の平成にも続く話しがいくつもあったりして驚きます。

20161115
ガキの頃、大人から“沢木耕太郎は若いうちに読んでおけ”と言われ、深夜特急を読んだ記憶があります。
ただ、読んだ記憶があるだけで、どんな内容だったか思い出せないので再読しようと書店に行くと、深夜特急に並び
なんとも「強い」タイトルに目が行ったので、予定を変更して本書を読んでみることにしました。

沢木耕太郎ってこんな下衆な取材もするんだ。

純真無垢な若い頃であったならワクワクしながら、ドキドキしながら読めたかもしれません。すっかりオッサンになって
朝日新聞や毎日新聞といった嘘デタラメを書き連ねるマスコミなどの取材や報道の薄汚さ、気持ち悪さを知った後だと、
無関係ともいえる筆者に対してさえそんな感想を抱いてしまうのです。やはり若い頃に読んでおくべきものなでしょう。

読書中、読後ともに自分がスッカリ濁りきってることを突きつけられたような気持ちにもなります。
時間を空けてから本来読み返したかった深夜特急を読もうと思います。

検討課題
・執筆時と現在の差を認識しておく
・現代社会の問題をそれとなく知っておく

2016年11月14日 (月)

リバティ

マーキュリー計画ではなく、秋葉原の中古玩具販売店でもなく。

変態仮面と呼ばれた列車の記念乗車券発売の案内を駅で見つけたので、発売日を過ぎてからノロノロと買いにいきます。

20161114_001
現在の超特急スペーシアの後継機となる新型超特急リバティの雄姿が印刷されています。

20161114_002
二つ折りにされた記念乗車券ホルダーを開くと、新型超特急500系、リバティの前面を見ることができます。
威圧感タップリな前面です。東武鉄道らしからぬ造形、デザインのようにも感じられます。
おそらく、東武線の車両では見た記憶の無い緑色を使用しているからでしょうか、そのうちきっと見慣れるのでしょう。
三角形をクニクニ動かす蛇のオモチャの様な「R」のロゴは、誰かの意匠を侵害していないか少しだけ不安になります。
東京五輪大会のエンブレム騒動もあったことですし、そこらへんは抜かりなく、きっと大丈夫なことでしょう。

来年には導入されるようです。なんとかして乗車してみたいものです。

検討課題
・新型超特急にビュッフェ存続を願う
・新型超特急に個室車両存続を願う

2016年11月13日 (日)

立ち呑 さいごう 上野

店舗は上野駅前のファストファッション店横の路地を入ったガード下にあります。
先日、黒ホッピーを飲んだので、今度は生ホッピーを飲みにいくわけです。

20161113_001
生ホッピー。
クリーミーな泡と一緒に一気に半分くらいまで飲んじゃいます。
たいへんおいしゅうございました。

20161113_002
キャベツと塩昆布。
キャベツにドレッシングのようなタレが馴染むまで少し時間を置いてから食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20161113_003
チキンケバブ。
炒めた鶏に少し辛いケバブソースをかけたもの。食べ応えのあるガッツリ系の期間限定おつまみ。
たいへんおいしゅうございました。

20161113_004
湯豆腐。
上にのったトロロ昆布に汁をかけまわし、デロデロにしてから豆腐と一緒に〆に食べます。
たいへんおいしゅうございました。

生ホッピーは都合3杯。風邪を患ってもいるので抑えめにしておきます。いい感じで酔っ払ってから帰宅します。

検討課題

・新メニューは食べておく

・風邪の時は少しだけ抑える

2016年11月12日 (土)

風邪をひく

こちらは基本的に即時性を無視し、記事内容については概ね1週間から2週間程度のタイムラグを設けています。

暑かったり、寒かったりと気温の寒暖差が激しいと体調を維持できないほどオッサンになってしまっています。
2016年10月26日は日中に25℃と季節外れの夏日になったり、2016年10月28日は一転して冬を思わせる木枯らしも
吹きつける寒い日だったりしました。そして気が付くと悪寒を覚え、洟をズルズルするようになってしまっています。
風邪かな?と思ったら仕事する振りも無理はせず、飲酒はそこそこに控え、サッサと医者へ行くようにします。

20161112
かかりつけ医とまではいかないまでも通院歴のある病院へ行き、お薬手帳に残された過去に効き目を感じられた薬を
処方してもらいます。診断自体は喉を見て、心音だか肺の雑音を聞く程度の簡単なもので済まるようお願いもします。
何が悲しいかといえば、体調を崩すと高確率で神経痛も併発することです。嫌だ嫌だ、老化は嫌だ。嘆きまくりです。

風邪の症状の改善に効果のある薬と、神経痛に効く薬を手に入れ、早く本気で飲めるようにどうにかしたいと考えます。

この記事はホビーフォーラム開催前、2016年11月1日に書いています。週末までに復調なるかドキドキタイムです。

検討課題

・冷感剤をおでこ以外の部位に貼ってみる

・風邪のときこそホットワインと言い張る

2016年11月11日 (金)

かみあり 染屋カイコ著 一迅社刊

最新の第7巻は、2016年10月27日に発売。まるでハロウィンに合わせたかのような表紙と発売日。
背表紙に書かれる巻数表示は大字を使っています。本棚に順番に並べる際、混乱してしまいそうです。

関西圏から神在月(10月)の島根に転校ししてきた中学生、千林幸子さんと同級生、その周辺を巻き込んだドタバタ。
知ってる神様、知らない神様、諸々の眷属、それに悪魔なども顕在化してしてます。平穏な生活を送るのは難しそうです。

20161111_001
2007年より連載が開始され、現在は掲載誌において隔月連載を続けています。
第6巻から続く「ハロウィン編」は第7巻で収まりきらず、次巻の第8巻まで継続します。いつ発売になるか楽しみです。

主人公の千林幸子さんの「一、十、百、千、千林幸子です」という謎のキャッチフレーズ的自己紹介に嫉妬します。
個人的にはUnder the Rose 船戸明里著 幻冬舎刊同様、のんびり連載を追っていきたいコミックです。

かみありに似た語感繋がりで、

こちら葛飾区亀有公園前派出所 #196 秋本治著 集英社刊

単行本200巻の刊行をもって連載終了となった長寿コミック。
ガキの頃、サーキットの狼を読むついでに読んでいたような記憶しかありません。
大相撲刑事や北斗の拳と一緒に読んでいたような記憶もあります。前世紀のことなので記憶も曖昧になってきています。

20161111_002
メモリアルである200巻は購入しておらず、196巻だけしか所有していません。
後書きに濃厚なオッサンの描写に定評のあるArk Performanceが寄稿していたからだろうと思います。
Ark Performanceの描く後書きイラストは潜水艦イ401に跨がる両津勘吉の勇姿です。潜水艦に跨がるオッサンの絵面は
どことなくバロン吉元氏の描く「どん亀野郎」のワンシーンを彷彿とさせるものです。

ゴルゴ13同様、少なくとも私が死ぬまでは連載が継続されているのだろうと思っていただけに、連載終了はビックリでした。
いつか全巻通して読んでみたいものです。

検討課題
・ベルセルクを一度読んでみる
・ガラスの仮面を一度読んでみる

2016年11月10日 (木)

買い物をしに街へ行く

2016年10月29日、日々、仕事する振りのため会社への行き帰りに用いていた鞄が壊れたので、新しい鞄を探します。
毎日使う鞄ですから厳しい条件もあります。朝夕の混雑する満員電車に乗っても当たり負けしない頑強さがあること。
分厚い書類ケース、月刊アフタヌーン相当を収納でき、かつ型崩れしないこと。ヨンサンの小箱を複数収納できること。

有楽町、銀座周辺をウロウロし、いくつも持ったり撫でたり嗅いだりしながら気に入るものはないかと探し回ります。
結果的に今回もバリスティックナイロンをふんだんに用いた鞄を購入することになります。ちょっと重いのが玉に瑕です。
買った後、荷物を持って歩くのも面倒ですから上野に戻り、事務所にとりあえず置いておきます。
さて、飲んで帰るかと思い、中央通りに出てみると何やらパレードが行われているようです。ハロウィンですものね。

20161110_001
ドンツクドンツク。大音量で音楽を流す車はナンバープレート、前照灯、方向指示器が覆われています。
官憲の先導するパレードですし、ハロウィンですもの、多少のことは目を瞑っておこうってものです。

20161110_002
だから、俺は阿呆で、見る阿呆なんだよ。仮装なのか、アワダンスチームなのか不明です。

20161110_003
ガン見しておきますか。

20161110_004
上野ですから野獣がフラフラ歩いていても気になりません。

日本では仮装パレードとして定着しつつあるような気がしています。血糊ベッタリな化粧はチョット以上に怖いです。
重い腰を上げ、真面目なサラリーマンの仮装でもしてパレードに参加してみましょうか。

検討課題

・この時期の渋谷に近寄らない

・苦手な南瓜料理を克服する

2016年11月 9日 (水)

宿題

秋葉原で飲んだ折、はだづめの巨匠さまより貴重なキットをいただきます。

20161109
STYLE/43  LAMBORGHINI JOTA-SVR 1975
家に戻り、酔いを残したまま画像検索や模型製作記を読むなどをしてザッとどんな車かを調べようと試みます。
よく分からない車だということがよく分かりました。

私はオリジナル至上主義でもないのでレプリカ含め、赤/黒、赤/銀、黒/金、青/銀といった色柄でなくてもいいかと
安易に考えてしまいがちです。有名な車でもありますので、ピンクに塗る暴挙に出る気持ちは抑えないといけません。
さしあたって、エンジン上部に取り付くリアルーバーあたりに手こずりそうな予感を猛烈に感じます。

いっそ余ってるGAFFEの部品を盛りつけ、ハイリフト仕様にして罵詈雑言を浴びてみようかしらん。

検討課題

・潮来のオックスを調べてみる

・マルイのニーヨンを思い出す

2016年11月8日、そろそろパンツを履いて会社に行こうかどうしようか逡巡してると、テレビ画面に爽やかな笑顔を
たたえたはだづめ先生のご尊顔。悪いことはできないものです。まさに天網恢々接して漏らさずでございます。

2016年11月 8日 (火)

たつみ屋 秋葉原

店舗は秋葉原駅に隣接するヨドバシAkibaの8階、飲食店を集めたフロアにあります。

20161108_001
生ビール。
お通しは鮭と茄子の煮浸し。
たいへんおいしゅうございました。

20161108_002
柚子キャベツ。
併せて冷やしトマト、さつま揚げも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20161108_003
どじょう唐揚げ。
併せて鯨竜田揚げ、だし巻き玉子も注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20161108_004
ホッピーセット(黒)。
飲み足します。中身の多さに好感を覚えます。
たいへんおいしゅうございました。

20161108_005
なめろう。
併せて白子ポン酢、ゲソ天、丸鶏炙りも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20161108_006
鮭茶漬け。
〆にいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

集まったのは並み居る巨匠さまたち。場違いな感じで末席に加えていただきます。
飲みながらの話題は多岐にわたり、そのどれもは書き記すことを憚らねばならいと思えるような内容だったりします。

検討課題

・注意深く聞き耳を立てる

・聞かなかったことにする技術を身につける

2016年11月 7日 (月)

パーツ フロム 信州

いつも巨匠さまにはたいへんお世話になっております。
今回も貴重な部品を融通していただき、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

20161107
左上の黒い部品が片側のミラーの足りないモンディアルのそれ。
ミラーには#73は水色、#74は黄色でAピラーと同色の識別用と思われるシートが貼られています。省略できません。
これで部品も揃ってしまったので、言い訳もできず製作を加速させないとなりません。常に後ろ向きなのが芸風です。
まずは塗装を済ませてあるボディとフィッティングをし、黒く塗っておきたいと考えます。

検討課題
・後付けが楽なように仕込みを行う
・仕上がりに目が向かないように作る

2016年11月 6日 (日)

Go West! November

秋になったから夕暮れの横浜で歴戦の勇者の敗戦秘話に耳を傾けるんだぜ!

20161106
せっかくですし、模型の見学もしておきます。ホビーフォーラム 2016関連含め、諸々はまた後日ダラダラと。
でもやっぱり狂宴でどんな話題が飛び交うのかが楽しみであったりするのです。

検討課題

・会場で歩き回りすぎて疲労しない

・宴席で話しすぎて喉を枯らさない

2016年11月 5日 (土)

空棺の烏 阿部智里著 文藝春秋刊 

人の姿をした八咫烏の住む世界のお話しの続編。ざっくり、和風宮廷ファンタジーといった感じの舞台設定。
文庫化されたシリーズ3作目までが面白かったので、未文庫化の4作目と、最新刊の5作目の単行本も読んでみます。

20161105
4作目「空棺の烏」では、八咫烏の王となる若者の近習を嫌々やってる少年を主人公に据えた学園モノ。
5作目「玉依姫」では、以前「和風」宮廷ファンタジーと書いたように、舞台を平成の日本の閉鎖的な山村に移した物語です。

いずれもファンタジーとサスペンスをふんだんに散りばめており、一気に読み進めることができました。
文庫化と併せ、更なる続編の刊行を待ち望みたいと思います。

検討課題

・本棚に並べたとき作者名の位置がバラバラでも文句を言わない

・今から本棚に空きスペースを確保すべく本の整理をしておく

2016年11月 4日 (金)

GAFFE MITSUBISHI Pajero Evo T2 Prieto DAKAR 2000

不定型な柄を再現するデカールの貼付に悪戦苦闘します。
硬く、曲がらず、軟化剤を浴びせてもへこたれない厚手のデカール諸とも投げ捨てたくなってきます。投げちゃダメです。

20161104_001
とりあえず大まかに柄の部分のデカールを貼り終えます。各所に汚いヒビ割れや、シワなどを見つけることができます。

ここで今後、同じパジェロを製作される方に向けたチョットしたアドバイス。
デカールは側面ドアの黄色い部分から貼り始めましょう。違う部分から貼り始めると、辻褄合わせで後々大変になります。

20161104_002
タッチアップ地獄、あるいは地獄のタッチアップ。
青い部分の色合わせを断念します。色が合うような気がしません。妥協と作戦変更は即座に行わないとなりません。
ラッカーだったり、エナメルだったりと適当にペロペロ塗ったので、抑えのクリアを吹いてデカールを定着させてから
細かいスポンサーデカールを貼っていこうと目論みます。

検討課題
・何も考えずに貼ってから後悔しない
・もう説明書なんて見ない

2016年11月 3日 (木)

富貴坊 上野 麻婆豆腐

店舗は上野駅から昭和通りを渡った松崎商店の近くにあります。

20161103_001
私の勤務地も上野ですが、こちらのお店からは少し離れた場所にあるため、自主的に昼休みを延長して遠征します。

20161103_002
成都麻婆豆腐。
以前食べた牛肉入りではなく、豚挽肉を用いた安価なセットを注文します。
ご飯、スープ、漬物、杏仁豆腐がセットされます。個人の感想の範囲として、牛肉入りよりも辛さがマイルドなように
感じます。こちらでの食事は久しぶりでもあったので何ともいえません。近日中に再訪しておきたいとも思います。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・勤務時間中は飲まない
・昼休み2時間化を要求する

2016年11月 2日 (水)

神保町駅前 11月

月末に古本まつりも催されていたこともあり、ナイス古雑誌は無いものかと歩いたりもします。

駅前の、以前は荒物屋、金物屋、インド雑貨店と並んで営業していた場所にホテルを建てると書かれています。
海外からの観光客増加や、来たるべき東京五輪大会にむけて宿泊施設不足を解消させる一環の開発なのでしょう。
実際、周辺の靖国通り沿いや、すずらん通り沿いには既にホテルが開業しており、利用される方もいると思われます。
そして、こんな狭い土地に収益を得られるほどのホテルが建つというのが、何よりも驚くべきところであったりもします。

20161102
ずいぶん前に帰れない日があり、宿でも予約するかとポチポチやってると、事もあろうに川口のホテルを薦められます。
条件選択を間違えたのか不安になります。自宅からさほど離れているとは思えない場所に泊まる理由を必死に探します。
都心に泊まる必要があるのに出された結果に何ともいえない気持ちにさせられます。それならタクシーで自宅に帰るよ。

これから宿泊施設の建設が進み、部屋数も増えればそんなことも無くなるだろうと期待だけはしておこうと思います。
いま現在、上記の場所には仮囲いが設けられ、基礎工事を始めています。

検討課題
・大浴場付きの宿を探す
・部屋の備え付け設備で料理をしない

2016年11月 1日 (火)

上野駅前 11月

相変わらず駅前ではなく、駅構内だったりします。
みどりの窓口あたりに掲げられた巨大な熊手。そろそろ年の瀬を意識させられるような酉の市の季節です。
酉の市が開かれる鷲神社は上野というより、どちらかといえば入谷や三ノ輪といったほうが感覚的にシックリきます。

20161101
私は罰当たりですから商売繁盛、家内安全、焼肉定食などを含め、これまで縁起物の熊手を購入したことがありません。
最初は小さい熊手を購入し、年を重ねながら次第に大きな熊手に替えていったり、購入時に値切りの掛け合いをした後、
値切った分は御祝儀として手渡すといった手順というか、スタイルに馴染めないとか面倒とだいうことでもありません。
ただ単純に今まで購入する機会もなく、購入しようと思うことも無かっただけなのです。そんなもんです。

松飾り、鏡餅、クリスマスリースなどでも樹脂化されたものを数年使い回してもいいのではないか?と本気で考えてる
罰当たりですから、熊手もいっそ耐久性に優れる樹脂製でいいのではないかとも何も考えず思ってしまうのです。

検討課題
・親指と人差し指でヨヨヨイヨイ
・大入り袋は常備しておく

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »