« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の記事

2017年8月31日 (木)

いろは商店 平出店 宇都宮 麻婆豆腐

店舗は宇都宮駅東口から鬼怒通りを柳田大橋方面に向け、5.2kmほど東へ歩いた場所にあります。
公共交通機関を利用の場合、宇都宮駅東口から関東バスの柳田車庫行きに乗り、北原入口下車が至近なので上記とします。
店舗への徒歩で最短距離は東北本線/烏山線の岡本駅となり、空腹を増進しておきたい場合は岡本駅からをお勧めします。

20170831_001
日光味噌をプッシュしています。宇都宮周辺をウロウロすると、有名な餃子と肩を並べるように味噌ラーメンを提供するお店を
多く見かけることになります。猫も杓子もな的に流行しているような感じのつけ麺や、トンコツに飽きた方は宇都宮に移住です。

20170831_002
土鍋麻婆味噌ラーメン。
土鍋の蓋を取っても煮えたぎる辣油による激しい攻撃を浴びることはありません。安心して蓋をカパッと開けられます。
麺の上に乗る豆腐半丁と、画像右上の味噌玉を崩しながら太麺をすすります。キャベツやモヤシなどもたくさん入っています。
そんなでもなさそうでいながら食べていると汗が出るくらいには辛いです。その反面、咽せるような痺れはありませんでした。
たいへんおいしゅうございました。

20170831_003
日光たまり醤油漬けチャーシュー丼。
麺類とセットで注文できるハーフポーションの米飯もの。ホロホロと崩れるチャーシューは、なんとなくコンビーフのよう。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・むしろヌーハラ上等で
・たまにはラーメン屋でまったり飲む

2017年8月30日 (水)

峠に攻められるダムツアー 新潟Bパート

2017年8月14日、只見ダムから国道252号線を泣きながら走り、今回のダムツアー最後の目的地を目指します。

20170830_001
三国側ダム。
さぐりがわダムと読みます。私は読めませんでした。監査廊見学もできるとあって、夏休み中のお子様で賑わっています。

20170830_002
非洪水期常用洪水吐と、越流堤。
今の季節は用いられないことからゲートは閉じられ、底は乾いています。

20170830_003
左から管理所、越流堤、非洪水期常用洪水吐、選択取水設備と並びます。生い茂る草から貯水量の少ない期間は長そうです。

20170830_004
ダム下から見上げます。
画像右下にある赤茶色の建物周辺に露天風呂があります。今回は時間の都合から入浴できませんでした。
次の機会は、管理所から警告のアナウンスを浴びるくらいの全裸プレイに徹したいと、密かに目論んでおきます。

20170830_005
画像左側にある常用洪水吐ゲート側、利水放水ゲート側からそれぞれ河川維持程度の放水が行われていました。

20170830_006
三国側ダム管理所でダムカードの配布を受けます。ダム湖である「しゃくなげ湖」を周回してみたいとも思いました。

これにて「峠に攻められるダムツアー」の項はおしまい。

検討課題
・どこでも風呂に入れる準備をしておく
・ペペがヒゲ剃りローションの代用になると覚えておく

2017年8月29日 (火)

峠に攻められるダムツアー 福島Dパート

2017年8月14日、昨年に引き続き福島をウロウロするため、栃木県北部から福島県南会津を抜け只見を目指します。

20170829_001
只見ダム。
只見川沿いの只見湖にあり、上流には田子倉ダム、奥只見ダムと続く位置関係。

20170829_002
只見ダムそばでダムカードの配布も行っている只見電力館の3階展望デッキからの眺め。ロックフィルは癒やしでございます。

20170829_003
ダム南西、国道252号線沿いからローラーゲート3門と、右端にある維持流量放水バルブと思われる洪水吐部を確認します。

20170829_004
只見電力館でダムカードの配布を受け、上流側に設置されている田子倉ダムを目指します。

20170829_005
只見電力館からの国道252号線は田子倉発電所まで平坦な道路ですが、ここから一気に綴れ織りの上り坂に変貌します。

20170829_006
とりあえず坂道へのアタック前に、ラジアルゲート4門を擁する田子倉ダム堤体を記録します。

20170829_007
天端からダム下を覗き込みます。画像左上に下流側の只見ダム堤体を確認することができます。

20170829_008
田子倉湖湖畔のレイクビュー田子倉でダムカードの配布を受けます。

ここから三国川ダムを目指し関越道、小出ICに向け泣きながら走ります。

検討課題
・ダムカードの配布場所が一般の店舗の場合は買い物もする
・隣接する発電所も見える範囲でジックリ見ておく

今日はあれから1年が経過した8月の「肉の日」です。少しだけ思いだしましょう。笑った顔と、笑う声を思いだしましょう。

2017年8月28日 (月)

奥只見ターミナル 浦佐

店舗は奥只見湖そばにあります。最短距離の鉄道駅は上越線/只見線の小出駅となりますが、公共交通機関を利用する
場合は、浦佐駅から出発する南越後観光バスの定期路線である奥只見ダム線への乗車が便利であるため上記とします。

20170828_001
奥只見シリーバーラインを走破し、行き着いた先に食事、休憩、土産物購入といろいろできる奥只見ターミナルはあります。

20170828_002
ダムカレー。
奥只見ダムは重力式ダムですが、こちらは堤体を模したご飯をアーチ式的に盛りつけています。湖面をイメージした中辛の
カレールーの上には遊覧船のかたちに整えられた漬物が泳いでいます。ご当地らしく舞茸の天ぷらも付いています。
たいへんおいしゅうございました。

奥只見ターミナルに隣接する奥只見レイクハウスにおいても「流れるダムカレー」というメニューを用意しています。
到達へは楽とはいえない店舗ですが、機会があれば奥只見のダムカレーを制覇したいと思います。

検討課題
・観光地ではまずソフトクリーム
・川魚の塩焼きの値段をみて驚かない

2017年8月27日 (日)

峠に攻められるダムツアー 新潟Aパート

2017年8月13日、慣れることのない長いトンネル内走行にヒーヒーいいながら目的地を目指します。

20170827_001
奥只見ダム。
いろんな意味でトップランカーといえるダムです。

20170827_002
駐車場脇に設けられた自力ダムカード製作フォトスポット。顔を出すなり、半身を映し込むなり自由な感じで撮影できます。

20170827_003
マジ秘境。二門のラジアルゲートを確認できます。

20170827_004
駐車場から天端へは、舗装された坂道を登って行くこともできますが、片道100円のスロープカーで登ることもできます。
もちろん私は行きも帰りもスロープカーに乗りました。

20170827_005
天端のゲート上部近くからダム下を覗き込みます。何と申しましょうか、股間にヒヤッとする感覚を味わえる高さです。

20170827_006
奥只見電力館でダムカードの配布を受けます。駐車場脇のアングルと違うことに気付かされます。

この日はここから国道352号線を通り、力尽きます。

検討課題
・遊覧船に乗ってみる
・中途半端な高所恐怖症を克服する

2017年8月26日 (土)

峠に攻められるダムツアー

夏休み期間中にダムツアーを敢行します。といっても2017年8月13日と、8月14日の二日間のみのことではありましたが。
今回も栃木県北部に拠点を置き、そこから新潟県と福島県の山間部をウロウロしたわけです。これがなかなかの難物です。
そんなこんなで今回のダムツアー行程のダイジェストなど。

20170826_001
自発的に考えることを日頃から放棄していますから、ナビゲーションの指示する通り走ることに何の疑問も持ちません。
目的地は魚沼の方。栃木県北部から矢板IC→東北道→北関東道→関越道と、何となく遠回り感を覚えながら走りまくります。

20170826_002
小出ICまで関越道を利用します。以前、本業に関わる打合せで何回か通ったこともある土地ですが、今回は山を目指します。

20170826_003
奥只見シルバーラインをひた走ります。長いトンネル区間を走っていると勾配の感覚も薄れ、気持ち悪くなってきます。

20170826_004
初日の目的地を指し示す案内を見つけ安堵します。

帰路は地図をチラリと眺めつつ、往路と違う道順は無いものかと珍しく自発的思考を行います。自ら地雷を埋設する行為です。
地図を見ると奥只見湖の湖畔南岸を通る国道352号線、樹海ラインという福島県檜枝岐村へ抜ける便利そうな道を見つけます。
そのまま走れば三依から塩原に抜けることもできそうで「俺って天才!」なんて軽く考え、鼻歌交じりに走り出します。

20170826_005
見事なまでの案の定炸裂、やっぱり地雷だったよ。
車内から撮った画像のため分かりにくいかと思いますが、いわゆる「洗い越し」に近いと思われる箇所が頻出します。
山側から湧き出る水を谷側に流すため、道路谷側にガードレールは設置されていません。そして自ら往路として選んだ側は、
ひたすらガードレールの途切れがちになる谷側を走るルートになってしまっていました。もう怖くて窓の外を見られません。

翌日は翌日で、只見から小出へと抜けるのに走った国道252号線が同じようなグネグネした道路であり、またしてもという
感じで田子倉湖北岸の谷側を走ることになります。トドメは魚沼から再び栃木県北部へ戻る際に、沼田から金精峠を選んで
日光へ抜け、いろは坂をグングン下ったという続けての峠道走行となったわけです。

あたま文字ABCEFGのごとく決して「峠を攻める!」なんてことはなく、ただただ「峠に攻めらる!」こととなりました。

この項、関連もろもろ少し続きます。

検討課題
・攻めの対義語は受けと答えない
・自分で考えるとか夢にも思わない

2017年8月25日 (金)

CCC F12 DYNA PANHARD No.54 LM50

やっつけでも何でもいいから製作は進めようと思います。

20170825_001
唐突な感じで「メイヨー攻撃に落胆する巨匠」さまのアンケートでもなく、問いかけのようなものにヘッポコも応えます。
基本的に小部品は、袋詰めしてキットの小箱に突っ込んでいます。そして「今日使う部品」だけ梅皿や絵皿に取り出します。
こうしておくことで、その日に到達しておくべき工作のゴールを視認できるからです。視認しているだけであって到達できるか
なんてことはなく、未達のまま、そそくさと使われなかった部品を小箱に戻すことも多々々々々々々々々あったりします。

20170825_002
気分転換に恥部をまさぐります。
発掘したのはボシカの燃料キャップと、30年ほど前のエッチングパーツ。
MODEL TECHNOLOGIES社の本来はニーヨン用ルームミラーを、パナールのバックミラーに使おうという姑息な作戦です。

20170825_003
一点豪華主義!この頭の悪さを丸出しにするモデリングこそが私の芸風と、胸を張り、腹を出して宣言しておきましょう。

20170825_004
もちろん日々、様々な機会で用いるネタ用の小物は仕切りの付いた箱にキッチリ収納保管しています。本末転倒です。

検討課題
・笑われてこその模型趣味
・収納後の保管場所を忘れない

2017年8月24日 (木)

GAFFE Nissan Patrol T3 Ponsa Granada Dakar 1995

いつも通り無計画に手を出します。

20170824_001
購入後、箱を開け閉めした形跡があることから、何らかの気になる点を見つけ、製作を見送ってきたのだろうと推察できます。
見送ってきた原因は不明なまま、ボディのベトベトをひとしきり堪能してからバリを取り、同梱されている小部品を取り付ける
段になって朧気に思い出してきます。そう、これは1994年モデルと間違えて購入したキットだったということをです。

エッチングパーツに残る2部品を、前バンパーの下側に湾曲させながら取り付けるという私には難易度お高めの工作を強いる
構成になっているのです。そして1994年モデルではその工作は不要で、専用の前バンパーをポン付けする構成だったのです。

20170824_002
このデカールをそのまま使えるMOTULカラーの1994年モデルを今から買うか?とも思ったりします。
実際には、それ以上にマスキング地獄になることが確定しているカラーリングに躊躇しているというのもあります。
ボディ全体を黄色に塗り、さらに一部分のみ青に塗ります。そして赤と白のデカールを貼るというカラーリングなのです。
どうもGAFFEは日本車をモデライズする際、厳しいカラーリングの出場車を選ぶ傾向があるように思えてくるのです。

20170824_003
とりあえずエッチングパーツの接着しろの確保も難しいので、熱して曲げたプラ棒を接着します。
ポリパテを塗りたくり平滑になるよう整形しておきたいと考えます。

20170824_004
なぜ前バンパー両端にしかプラ棒を接着しないかといえば、アンダーガード風なパーツが中央部に取り付くからです。
この板状のエッチングパーツを取り付ける場所等々非常に曖昧であることから、既に製作を放棄したくなってきます。

工作と塗装に前途多難感をヒシヒシと感じつつ、面倒くさいながらもう少し製作を進めたいと思います。

検討課題
・楽なカラーリングのキットを選ぶ
・もういっそ全部ペタペタ筆塗りで

2017年8月23日 (水)

さいたまダービー

2017年8月5日、スカッと勝てない、監督も代わるといったバタバタな状態のなか、埼玉スタジアム2002へ試合を見に行きます。

20170823_001
20節の対戦相手は大宮アルディージャ。この栗鼠どもは曲者で、なかなか快勝させてくれません。お願いしますよ、ホントに。

20170823_002
ゴール裏の熱心なサポーターも必死の応援。

20170823_003
試合結果は既報の通り。先制するも追いつかれ、勝ちを取りこぼすようなドローゲーム。勝ちきれない悔しさを噛みしめます。

20170823_004
赤く照らされたライトのようなヴィクトリーにはほど遠い結果となってしまい、遅くなった帰路もグンニャリです。頼みますよ。

検討課題
・浦和と付く駅名を全て言えるようになる
・大宮からニューシャトルに乗りまくる

2017年8月22日 (火)

もうすぐアレですよ

おそらく今後、自分は作らないだろうというキットを間もなくアレもあることですし、アレしちゃおうと企みます。

9301
Provence Moulage PEUGEOT 405 MI16
・タイヤ硬化
・デカール油浸み
・ダイカストシャーシ

9302
Provence Moulage GOLDINI 3L
・タイヤ硬化

9303
Provence Moulage GIULIA BREAK

9304
Jemmpy ELAN S4
・タイヤ硬化
・デカール黄ばみ

9305
ALEZAN Pininfarina CR25
・ボディ柚子肌

9306
AUTO MANY RENAULT DAUPHINE
・バQ黄ばみ

9307
starter BMW 1600.2
・デカール怪しい

9308
Provence Moulage FORD FALCON

9309
Provence Moulage S4 totip
・デカール折れあり

9310
Hostaro IDEA PPG

9311
Hostaro 512BB ver. USA

9312
Hostaro 512S PRESS
・バリ取り処理あり

9313

Provence Moulage PEUGEOT 404
・バQ黄ばみ

9314
Provence Moulage GIULIA TI
・バQ黄ばみ
・タイヤ硬化
・デカール怪しい

9315
MINI RACING Xsara kit car Gr. A

9316
MINI RACING 934C
・デカール怪しい
・タイヤ硬化

9317
MINI RACING 934C
・デカール怪しい
・ライトカバ潰れあり
・上記934Cとセット

9318
Provence Moulage E V12 GR44
・タイヤ硬化
・バリ取り処理あり
・ボディ一部スジ彫り加工あり

もしかしたらヨンサン趣味を通じて、どなた様からお譲りいただいたキットも含まれているかもしれません。
記憶も記録も曖昧です。僅かばかりとはいえ、今後とも無軌道なキット購入を継続するための泣く泣く処分というやつです。
ここらへんのキットを引き取ってやってもいいぞ、と仰ってくださる奇特な御仁を募集します。何卒よろしくお願いします。

検討課題
・キット購入はネズミの回し車のように
・購入時の来歴はなるべく記録しておく


ここに「怪鳥」が「会長」だった頃、その怪鳥さまより「作るんだよ?」と、呪いの言葉とともに拝領したキットがあります。
手の遅い私です。あわよくば100年後に製作に着手するつもりで、既に十数年に及ぶ長期熟成を続けていたりもします。

C910_reg
どうにかなるのか、どうすればいいのやら。どうこうできるものなのでしょうか。さて、どうしたものか。

2017年8月21日 (月)

CCC F12 DYNA PANHARD No.54 LM50

そろそろ9月に催されるオフ会の準備をしないといけないような残り日数になってまいりました。
とりあえずはパリダカ参戦車などを塵芥のごとく持ち込む算段でいますから、今は半完成のイロイロをノンビリと作ります。

20170821_001
タイミング的には夏休みです。夏休みらしくシコシコします。ひたすらシコシコします。中学生のようにシコシコしまくります。
若い頃なら暇に飽かせて朝からシコシコしっぱなしもできましたが、最近は年のせいか、ちょっとシコシコすると手首に倦怠感を
伴うドンヨリした感覚を覚えます。どうにかしてもっと楽にシコシコできる解決策のようなものを見つけないといけない感じです。

20170821_002
無闇矢鱈にシコシコして、その一瞬ではオッケーをだしたものの、翌日になってシコシコした箇所を見ると、磨ききれていない
ことがアリアリと判ったりします。再びシコシコするか、製作を放棄するか、鈍痛を感じさせる手首とともに考えます。

当然のように、もういっそ見なかったことにして、製作を進める方が私にとっては健康的だと思います。いつも通りです。
ことここに至り、この段階で敢えて実車画像と見比べると、もう取り返しのつかない部分も多々あります。諦めましょう。

細かい部品をペタペタ付けて、ひとまずの完成を目指そうと思うのです。

検討課題
・日頃からエビオス
・たまにオットビン

2017年8月20日 (日)

大衆酒場 晩杯屋 北関東ふるさと編ファンデス上野店 上野

店舗は上野駅浅草口から線路沿いに北上した至近な位置。2017年7月26日にオープンのファンデス上野5階にあります。

20170820_001
いわゆるグルメタワー。東北の玄関口だからか北関東推しです。エレベータから出るといきなり客席の並ぶ店内フロアです。

20170820_002
北関東横断カクテル122。
注文後なかなか配膳される様子がないのでイライラします。配膳も遅れるはずです。驚きの1リットルジョッキです。
たいへんおいしゅうございました。

20170820_003
チーズカリカリ。
チーズを餃子の皮か、雲呑の皮で巻き、揚げたもの。すぐに頰ばると熱せられたチーズ攻撃を浴びることになります。
たいへんおいしゅうございました。

20170820_004
ちくわ磯辺揚げ。
青海苔をふりかけた状態のちくわ一本ドロンと提供されます。
たいへんおいしゅうございました。

20170820_005
そのまんまメロンのお酒 グラス。
果物のメロン臭パないです。毒々しい緑色をしたメロンジュース系とは全く違います。これだけはお勧めできるお酒です。
たいへんおいしゅうございました。

20170820_006
岩下の新しょうが。
市販品と思われる生姜をスライスしただけとあって、今回食べた肴の中で抜群の安定感。自宅で再現したくなります。
たいへんおいしゅうございました。

20170820_007
揚げ餃子。
食べてみた食感は前述のチーズカリカリによく似ています。揚げてない餃子も食べたくなってきます。
たいへんおいしゅうございました

20170820_008
世知辛いことです。

報道では訪日外国人観光客を狙った「IZAKAYA」的なグルメタワーとして紹介されていました。
なるほど、店名に北関東と冠し、メニューに並ぶのは茨城、栃木、群馬を代表するかのような料理の数々。
しかしながら、フロアスタッフ同士で交わされる会話は東南アジア系と思しき言語。北関東の公用語は東南アジア系の
言語かとハテナマークが浮かびます。外国人観光客をメインターゲットにしているのであれば確かに理解できます。

検討課題
・デレスケ呼ばわりされない
・ゴジャッペばかり言わない

2017年8月19日 (土)

幸福堂 大井競馬場前

店舗は大井競馬場内の4号スタンド1階にあります。徒歩での最寄りの駅は、東京モノレール大井競馬場前駅です。

20170819_001
調子に乗ってギャンブル飯探訪です。食事も肴も飲酒もなんでもござれ。博徒御用達感アリアリで注文時に緊張します。

20170819_002
生ビールと焼き鳥。
生ビールはキリン一番搾りと、アサヒスーパードライのいずれかを選ぶことができます。この日飲んだのはアサヒ。
注文したつもりの焼き鳥はモモ2本とつくね1本。出来上がっきた焼き鳥は皮、レバ、つくね。正答率は3割でした。
たいへんおいしゅうございました。

20170819_003
もつ煮込み。
これでもか!と七味唐辛子をかけ回し、濃厚な味付けを刺激的にチューンしてからいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

明るい時間から胸を張って飲める貴重な場所です。泥酔しない、種銭を使いきらない、そんな範囲で楽しみたいです。

検討課題
・次は食事も試してみる
・競馬場内でハシゴする

2017年8月18日 (金)

大井競馬場

2017年7月29日、東京モノレール大井競馬場前駅を下車し、競馬場施設外周を歩きつつ目的地を目指します。

20170818_001
競馬場初体験、少し興奮しちゃいます。東京シティ競馬、その省略としてのTCKを愛称にしているようです。

20170818_002
馬券売場や、各地のレースをテレビ中継している場所で「プロ」の身のこなし、振る舞いを学習しようと努力します。
可能な限り身軽に、フットワークは軽やかに、酔ってるようで実は素面で。なかなか奥深いものを感じ取ります。

20170818_003
生馬!最終コーナーを走り抜け、ラスト400mのデッドヒート。走る馬を見ているだけでも面白いかもしれません。

20170818_004
そうこうしているうちに黒い雲がグングンやってきます。風も強くなってきました。大雨になる前に退散します。

検討課題
・ギャンブルはほどほどに
・いずれ川崎と船橋にも行ってみる

2017年8月17日 (木)

東京モノレールと羽田空港

2017年7月29日、盛りだくさんな悪だくみを滲ませながら浜松町からモノレールに乗車します。

20170817_001
どこでどうすれば撮れるのか。楽したいばかりに駅撮りに固執します。涼しくなり、歩きやすくなったら再挑戦です。

20170817_002
シート配置の独特な車内も撮っておきたいと考えます。乗客のいない、空いてるタイミングを見極めたいと思います。

20170817_003
羽田空港の展望デッキからスペシャルカラーの施された期待を見つけます。新台の操作習熟は遠く、ブレています。

20170817_004
着陸前。光学30倍ズームの恩恵に与ってみます。

20170817_005
少し暗くなってきた頃合いは、フルズームにすると画質も荒れてきます。もっといろいろ試さないとなりません。

検討課題
・ニョキニョキに慣れる
・羽田周辺散策をしてみる

2017年8月16日 (水)

ヤル気 蒸気 大樹 and More

繰り返しのことではございますが「たいき」じゃないんですよ。絶賛爆走中のSLの名前は「たいじゅ」なんですよ。

いつも通り、佐野元春氏の歌詞を口ずさむでもなく、仕事のようなものは適当にほったらかして明るいうちに帰ります。
東武動物公園駅で下車し、群馬に行こうか、何かから逃げるように会津まで行くかと考えていると構内に停まっている
黄色に塗られた事業車に目を吸い寄せられます。この事業車は、素人の私には用途の想像の付かない種類のものです。

20170816
そして前面。そう、ヘッドマーク!これこれ、これですよ。
東武鉄道内の事業部編成について知る由もありませんが、保線というか、工事というか、この事業車を主に使用する
担当者がたのノリの良さを感じずにはいられません。もうこの際です、乗れる波ならなんでも乗っちゃっておきましょうよ。

通勤型車両はどうですか。洟を垂らした幼稚園児のラッピングなんて剥がしてしまいましょうよ。
海外のF-4に、F-104のシルエットを描いたアグレッサーだか記念塗装だかを施した機体だってあるじゃありませんか。
先頭車両にはC11、最後尾の車両にはDE10のラッピングを施すくらいの根性を、沿線住民に向けて見せてくださいよ。

いつも通り無責任全開でございます。車に貼れるマグネットシートタイプのヘッドマークの発売を待ってみましょう。

検討課題
・事業車のNゲージ車両を探してみる
・嘘電車をNゲージで作ってみる

2017年8月15日 (火)

ペリリュー #3 武田一義著 白泉社刊

昨年の1巻刊行からおよそ1年が経過し、3巻の刊行となりました。
舞台はペリリュー島。日本軍にとっての戦局は、悪化の一途を辿る絶望的状況。そんななかでも兵士の日常はあります。
戦う相手は米軍だけではありません。熱病、飢餓、猜疑心、それら全てをひっくるめた恐怖。恐怖に支配された日常です。

20170815
表紙には満開の桜が描かれます。読み進めていくうちに桜の意味を知ることとなります。
おそらく戦場においてはジュネーヴ条約なんて絵空事でしかないのでしょう。昨今の世界各地で起こる紛争を知るにしても
その思いを強くするだけです。現代のように鮮明な映像記録を残すことも無く、連絡伝達もままならない戦闘下においては
致し方のないことかもしれません。平和な現代日本で安穏と生きる私にとっては「残酷」というほか在りません。

お昼に鳴り響くサイレンを聞いたら頭を深く垂れておこうと思います。

検討課題
・野火を読んでみる
・若獅子神社へ行ってみる

2017年8月14日 (月)

ワールドタンクミュージアムキット Vol.4 ドイツ機甲師団アルデンヌ1944 1/144 エフトイズ

買うよ。買います。買いますよ。
シリーズ第三弾に続き、今年の静岡で案内のあった第四弾が発売になっていたので購入します。

20170814
パンサーもラングもまたですか?という感じです。キングタイガーに至っては飽きてきている気持ちにさえなります。
日本軍戦車シリーズのように作るにしても、並べるにしても新鮮味を感じられません。大いなるマンネリともいえます。
もっとイギリス戦車とか、イギリス戦車とか、イギリス戦車とか、まだまだ出すべきラインナップもあるように思えます。
フランス戦車もいっこうにラインナップされる気配を未だに感じられません。アメリカ戦車も足りないように思います。

まずは20個、チマチマ作りたいと思います。

検討課題
・小部品を紛失しない
・効率的な製作を追い求めない

2017年8月13日 (日)

信州からきた青いヤツ

ブツは今年5月に手元にあったというのに数ヶ月にわたり放置。すっかり失念しておりした。
毎度毎度のことではありますが、今回も「無慈悲な検閲を喰らう巨匠」さまのお手を煩わせていただきます。
いつもお手数お掛けします。毎回のことではあります。心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

20170813_001
Dwindle 002 NIBBIO 1947。
青と黒に塗り分けられた弾丸型ボディ形状。見るからに速そうです。もちろん実車についての知識は皆無。調べませんよ。

20170813_002
グレーのレジンで成形されたボディ。端のあたりを甘噛みすると、BBRほどの硬さを感じることはできませんでした。
モールドはキッチリ、スジ彫りもシャッキリ。素材を台無しにする芸風の私にとって不安になるシャープさといえます。

20170813_003
壊れやすい小部品は別途、袋詰めのうえ小箱に収納されています。
デカールは2枚同梱されており、青と黒の塗り分けを心置きなく一回に限り失敗することが可能です。

基本的に自分の守備範囲外の車種でもあります。自分で作るのか、自分が作れるのか。いろいろ考えたいと思います。

検討課題
・多くの本物の谷間はY字にならないと覚えておく
・多くの偽物は付け根から立ち上がると知っておく

2017年8月12日 (土)

GAFFE Nissan Patrol Pirelli Scorpion Dakar 1997 完成

タイトルの通りGAFFE Nissan Patrol Pirelli Scorpion Dakar 1997です。

20170812_001
いつも通りマスキング作業は成功とはほど遠く、投げ遣りな気分のままボディは吹きっぱなし、磨くこともしていません。

20170812_002
シャーシ裏面にマフラーの取り付けガイド的なケガキ線を見つけます。キット同梱の小部品のなかにマフラーらしき部品は
見あたりません。ならば省略するのが私の流儀。過去に製作したパトロールは、全てマフラー部品は無かったわけですし。

20170812_003
以前製作し、全面デカールに近いカラーリングに泣きながら完成させたパトロールと並べてみます。
ロングのパトロールはかっこいいなと思いつつ、台座に接着して完成とします。

検討課題
・ショートのパトロールも作る
・年式違いのパトロールも作る

2017年8月11日 (金)

アストンマーチン

流行ってんの?
自分で何かを考えるのは面倒ですから、誰かに尻馬に乗っかりたいと、楽することばかり考えてしまうのです。
とりあえずは深く考えることなく在庫の山のなかから、アストンマーチンっぽいキットを掘り出します。

20170811_001
Provence Moulage K1007 ASTON DB7 No.35 ESSAIS LE MANS 95
JPS KP400 ASTON MARTIN VANTAGE 《ART CAR》 LM2015
両車の間には20年もの月日が流れていたかと思うと、私もすっかり歳を取ったと感慨に耽っちゃう気分にもなります。

20170811_002
プロバンススタンダード。ロールバーを作れるかもしれないゴミのようなアレも付属されています。すぐ捨てたくなります。

20170811_003
問題はデカール。タイヤから滲み出す謎汁を吸ってしまっています。この状態から貼り込めるのか、自分にとっては未経験
ゾーンであったりします。目視の範囲で印刷部にヒビを見つけることができず、そこだけについては楽観できそうです。

もちろん勢いだけで引っ張り出してきただけですから、作るつもりは毛頭ありません。作るのは面倒ですし。

検討課題
・キットは20年熟成なんて普通
・30年ほど熟成してからが本番

2017年8月10日 (木)

ヤル気 蒸気 大樹 After

だから「たいき」じゃないんですよ。SLの名前は「たいじゅ」なんですよ。
2017年7月23日、実際のSLの試運転などを見学できると聞きつけ、鬼怒川温泉駅までちょっと足を伸ばしてみます。

20170810_001
鬼怒太。鬼怒川温泉駅前に置かれるマスコットというか、モニュメント。パンツが虎柄っぽい感じはよく分かります。

20170810_002
ホームからDE10。まるで新車のようなピカピカな塗装。

20170810_003
本線側から駅前に設置された転車台へ進んでくるC11。ここまで間近に転車台を見られるのは初体験です。

20170810_004
試運転期間だからか、既に最初期の盛り上がりは収まったのか、転車台周辺は激しい混雑もなくノンビリと見学できます。
蒸気機関車の走るイベントなどで散見される先鋭化した鉄道マニアは、幸いなことに確認することはできませんでした。

20170810_005
試運転を見送り下今市駅に移動します。新たに作られた扇形車庫からユックリとC11のお出ましです。

20170810_006
帰り際、下今市駅のホームで電車を待っていると、待機するSLと超特急スペーシアがすれ違います。

ということで本日、2017年8月10日からSL大樹は本格運用となるわけです。
沿線で写真を撮ったり、実際に乗ってみたくもなってきます。

検討課題
・見かけたら手を振る
・記念品は買っておく

コメントをいただいた「外呑みを満喫する巨匠」さまからの“アメリカン”に反応します。

Mount_rushmore_in_japan
2013年7月14日、大桑駅〜新高徳駅間に架かる鉄橋にて。

2017年8月 9日 (水)

納涼ハレテラス エキビア スカイツリービュー 浅草

店舗は東武線浅草駅に直結する松屋浅草の屋上にあります。

20170809_001
納涼、隅田川を吹き抜ける川風で涼しいです。
ハレテラス、屋上ですから直射日光ガンガン浴びます。
エキビア、駅直結でビール飲めます。
スカイツリービュー、安全上設置されているフェンス越しになりますが、よく見えます。

20170809_002
生ビール。
数種類選べるなかからアサヒ スーパードライを飲みまくります。
たいへんおいしゅうございました。

20170809_003
本日のおつまみ。
スナック菓子です。
たいへんおいしゅうございました。

20170809_004
彩サラダ。
生野菜は大切。テーブルに用意されたドレッシングをダバダバかけて食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20170809_005
ジャーマンポテト。
飲んでる最中は、腹にたまるものは控えたい気持ちになったり、つまみの少なさからツイツイ食べてしまったり。
たいへんおいしゅうございました。

20170809_006
エキビア特製ビフテキ。
鋏で切るってどうなんですか?もう一度、鋏で切るってどうなんですか?
たいへんおいしゅうございました。

ここまで「エキビア特製ビフテキセット」として2時間の飲み放題と併せて提供される料理。

20170809_007
ドリンクはセルフサービス。オレンジジュースにビールを継ぎ足すカスタムドリンクの製作も簡単にできます。

20170809_008
香り枝豆。
追加して注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20170809_009
たこ焼きとビアソーセージ。
更に追加して注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20170809_010
陽も落ち、帰る頃にはスカイツリーのライティングも始まり、いい感じになります。

検討課題
・景色代と思い文句は言わない
・屋外で気ままに飲む

2017年8月 8日 (火)

酒の大桝 雷門店 浅草

店舗は地下鉄銀座線浅草駅1番出口からアーケード下を歩き、最初の路地を仲見世方向へ入った場所にあります。

20170808_001
SAKE BARです。店内で販売している酒を購入して飲むことも可能です。

20170808_002
一ノ蔵「掌」 純米 株式会社一ノ蔵。
ササニシキ100%のお酒を見つけたので初っぱなから飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20170808_003
しらすおろし。
すぐに提供される肴として選びます。
たいへんおいしゅうございました。

20170808_004
獺祭 発泡にごり酒スパークリング50 純米大吟醸 旭酒造株式会社。
メニューの中に発泡酒を見つければ、泡の多い方をちょうだいと言いながら飲んでおくのが礼儀というものです。
たいへんおいしゅうございました。

20170808_005
茶豆。
茹でたてホカホカの状態で配膳されます。
たいへんおいしゅうございました。

20170808_006
酔鯨 吟麗 純米吟醸 酔鯨酒造株式会社。
ここでヘベレケにはなれないので、こちらでサラッと〆ておきます。
たいへんおいしゅうございました。

20170808_007
さつま揚げ。
空腹のまま飲み続けるのも良くないと考え、少し腹にたまる肴も頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・グラスでなら知らない酒を飲みまくる
・酒と肴の相性を考える

2017年8月 7日 (月)

炎天下のスカイツリー

2017年7月22日、午後は亀戸から浅草に移動し、源森橋からスカイツリーを眺めます。

20170807_001
スペーシア日光詣カラー。

20170807_002
源森橋から30倍ズームの効果を確認します。実際には展望台にいる見学者の顔つきを判別できるほど寄ることもできます。
スゲーな最近のコンデジ。

20170807_003
りょうもう。

20170807_004
振り返ってコーラルオレンジカラーのスペーシア。

そろそろ頭頂部が焼けてきたような錯覚をします。錯覚じゃ無いかもしれません。日陰に移動しようと思います。

検討課題
・枕橋から撮ることを旨とする
・高倍率ズームの魔力に負けない

2017年8月 6日 (日)

亀戸線

2017年7月22日、前回は無駄歩きも兼ねていたことから取り逃した感もあったので、猛暑に灼かれることを覚悟しながら、
新たに購入したコンデジの操作もろもろの習熟と併せ、午前中じっくりと時間をかけて沿線をウロウロしてみます。

20170806_001
東あずま駅〜亀戸水神駅間にて。
踏切にしゃがみ込みスカイツリーと一緒に。

20170806_002
亀戸水神駅〜亀戸駅間にて。
立て込んでる架線柱をいっぱいにしてみます。

20170806_003
小村井駅〜東あずま駅間にて。
立て込んでる架線柱をいっぱいにしてみます。撮れそうで撮れない。撮りやすい場所を探さないといけません。

20170806_004
亀戸水神駅~亀戸駅間にて。
亀戸駅近くの踏切で。

この日、見たかったのは黄色に塗られた編成。昭和33年の試験塗装リバイバルということで再訪をしてみたいと思います。

検討課題
・線路端から以外からもチャレンジする
・スペシャルカラー情報に敏感になる

2017年8月 5日 (土)

JPS Renault 5 ALPINE Gr.2 MONTE CARLO 1980

先般、暑いさなか新橋へと足を伸ばしたのは、イタレリの欲しいプラモデルが在庫してるか確かめたかったからです。
結果としては輸入代理店であるタミヤの直営店でさえ、入荷状況は芳しくないと店員さんから伺うことになります。
ここまでワザワザ来たのに収穫無しはガッカリです。何か無かったかと暑さ諸々ボンヤリした頭でグルグル考えます。

20170805_001
そう、コレコレ。以前「けっこう飲んでる巨匠」さまの記事を拝読し、ヘッポコな私でもできるのか実験しようと思います。

20170805_002
途中で製作放棄し、残骸と化したデカールを引っ張り出します。
つや出しニス、つや消しニスをキャップに付いた刷毛ではなく、平筆を使ってペタペタ適当に塗ってみます。
ボトルには「水溶性」と書かれていますが、希釈にはエナメルシンナー、筆の洗浄にはラッカーシンナーと、使い分けると
便利だと思います。キャップの刷毛で直塗りは、つや消しニスの場合かなりボッテリしますので要注意と思われます。

20170805_003
ニスが乾いたら適当な曲面に貼り付けてみます。
上段につや消しニスを塗ったもの、下段につや出しニスを塗った劣化の激しいデカールを貼っています。
貼った感じでは、つや消しニスは塗膜が「脆い」ようで、そのぶん曲面にも馴染みやすいと感じました。
両方ともデカールに浮きや、密着不足がある際、デカール端部から軟化剤を流し込むことになりますので、ダバダバと
軟化剤を流し込むと、特につや消しニスを塗ったデカールは溶けやすくなります。ここの使い分けも要注意と思います。

20170805_004
実験結果を踏まえた上で本題のルノー5用のデカールを用意します。もうワレワレになってるっぽいのです。
とりあえず、窓周辺に貼るデカールにはつや出しニスを、それ以外にはつや消しニスを塗って作業を進めたいと思います。

検討課題
・なんでも果敢に試してみる
・実験と失敗は人柱の定め

2017年8月 4日 (金)

ヤル気 蒸気 大樹

お気付きかと思いますが「たいき」ではありません。SLの名前は「たいじゅ」です。
そろそろ走り出しますね。とはいっても下今市駅から、鬼怒川温泉駅間の限られた区間での運行ではありますけど。
ほぼ無関係ともいえる野田線沿線や、東上線沿線ではどんな感じのプロモーションを行っているのか気になります。

20170804_001
そんななか、現在は『けものフレンズ』夏休みコラボ開催で盛り上がる東武動物公園の最寄り駅、東武動物公園駅です。
仕事のようなものを放り出し、明るいうちに帰宅するべくサッサと逃げ出した際に、構内に停車中の事業車を見つけます。
そして、超特急スペーシアのオリジナルカラーを模した塗装の車両側面に施されたマーキングに気付きます。

20170804_002
寄ってみます。
ヘッドマークを縮小したような感じです。その横には「2017.8.10 開業」と、金属銘板風にひっそり書かれています。

20170804_003
自宅最寄り駅の掲示板はSL一色と言っても過言ではありません。今さらチケットを購入することができるのでしょうか。

20170804_004
さらに東武鉄道12年ぶりとなる新駅誕生も告知されています。それまでの最新駅はどこだったのか?興味を持ちます。

そんな感じで沿線住民も盛り上がりを実感したりします。
もういっそ、全編成にヘッドマークを付けて運行記念を大々的に告知してみればいいのにと、無責任に思ったりします。

検討課題
・一度は乗っておく
・飛夢と舞夢も一度は見ておく

2017年8月 3日 (木)

GAFFE MITSUBISHI Pajero Evo T2 Prieto DAKAR 2000 完成

タイトルの通りGAFFE MITSUBISHI Pajero Evo T2 Prieto DAKAR 2000です。

20170803_001
硬く、追従しないデカールに散々悩まされ、ひたすらタッチアップを繰り返し、辻褄を合わせることに腐心します。面倒です。
側面窓に設けられたスライド式の小窓は、キット付属のデカールを貼ってお茶を濁します。もちろん濁しきれていません。

20170803_002
ホイールに付けるべきブレーキディスクは省略しています。ブレーキディスクを取り付けると、タイヤがフェンダーから
はみ出してしまうからです。事前にサスペンションパーツを削り込んでおくべきでしたが、気付いたときには後の祭りです。

20170803_003
とりあえず、各所に迷惑をかけながら新たに作ったアンダープレートを取り付けておきます。
本来あるべきリブ状の突起や、NASAダクトは台座に接着すれば見えなくなるため省略しています。手は抜くに限ります。

今回、マッドフラップに「ケンラン紙」という着色済みのケント紙を用いています。厚みがあって加工しやすい素材です。
黒、赤、黄は発色も良く今後も使えそうですが、青だけは望んだ色ではないため白に塗装するなど考えないとなりません。

そうこう言いつつ、かたちにしてしまえばこっちのもんです。台座に接着し完成とします。

検討課題
・そろそろローバー分を補給する
・硬いデカールへの対策を見つける

2017年8月 2日 (水)

日比谷から銀座

2017年7月17日、三連休最終日も無為に過ごし、暑い暑いと文句を言いながら適当に歩いておきます。

20170802_001
日比谷駅から地上に出ます。
隣接する日比谷公園なら少しは涼しいかと思ったら、思いのほか涼しい日陰はなく、退散するように歩き出します。

20170802_002
ゴツイ腕時計を手に入れたいと考えます。鈍器のような、それだけで殺傷能力を持ちうるゴツイ腕時計をはめたいのです。

20170802_003
さすが東京。さすが銀座。自宅周辺では100年経っても見ることの無いような車に、いともたやすく遭遇できます。

20170802_004
博品館の地下にある3Dフィギュアを製作してくれるショップ。少し興味があります。
定休日でもなく、店舗の開店時間はとうに過ぎているのに閉まったまま。せめて実物サンプルくらいは見学したかった。

20170802_005
歩行者天国。暑さのせいか道路上を歩く人もまばらに感じます。

20170802_006
新しい商業施設。まだ足を踏み入れてもいません。そろそろスルリと内部に侵入してみたいと考えます。

検討課題
・露店の怪しい腕時計を覗いてみる
・銀座周辺の路地を歩き回ってみる

2017年8月 1日 (火)

上野駅前 8月

上野駅前ではなく上野広小路駅前だったりします。そしてその駅前の工事現場。今秋の開業に向け追い込み中な感じです。

20170801
中央通りに面した建物南側を撮ってみます。
区画の関係からか、鋭角になった土地に建物角部があるため、非常に強いパースのついた建築イメージのように見えます。
見上げていると強いパースと、暑さのせいでクラクラしてきます。

三角形の部屋で育つ子供は愚れる、と過去に聞きました。部屋が三角形だった小学校の頃の友人の現在を知りたいです。
この建物の鋭角部には何があるのか気になります。開業したら内部から鋭角部を確かめに行きたくなります。
オープンを楽しみにしたいと思います。

検討課題
・アイソメ図の違和感をグッと飲み込む
・正しいパース図の物足りなさに文句を付けない

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »