2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨクバリ」の301件の記事

2017年7月11日 (火)

清龍 神田店 神田

店舗は神田駅南口交差点から日銀本店方面に向かって南下し、フラッと路地に入った場所にあります。

20170711_001
御徒町にある上野店を訪れた際に書いたように、別店舗はどんなもんかと酔うことを前提とした偵察行動に勤しみます。

20170711_002
レモンサワー。
別段、日和ったわけでもなく、甘いお酒を飲むことをテーマにしてみます。
たいへんおいしゅうございました。

20170711_003
玉子焼き。
上に乗ったシラスのせいか、ほんのり塩味を感じます。
たいへんおいしゅうございました。

20170711_004
一口ステーキ。
記録をし忘れたため、名称は間違っています。アツアツの肉とジャガイモ。
たいへんおいしゅうございました。

20170711_005
夏子。
夏みかんを使ったカクテル
たいへんおいしゅうございました。

20170711_006
串焼き。
とり皮串とネギ間串。皮はじゅうぶん脂が落ちるまで焼かれ、パリッとした焼き上がりになっています。
たいへんおいしゅうございました。

20170711_007
豚バラ串。
豚串もガツガツ食べておきます。
たいへんおいしゅうございました。

20170711_008
サムライ。
日本酒をライムジュースで割った清龍特製ドリンク。
たいへんおいしゅうございました。

20170711_009
鶏の唐揚げ。
とどめに揚げ物。油もの、揚げものフィニッシュはデブの基本。
たいへんおいしゅうございました。

とりあえず肝臓に負担をかける話題はおしまい。健康あっての飲酒、飲酒してこその健康でございます。

検討課題
・神田駅徒歩2分圏内でハシゴしまくる
・記録と記憶を忘れるほど酔わない

2017年7月10日 (月)

CRAFT BEER MARKET 神保町店 神保町

店舗は神保町駅A1出口、またはA6番出口から地上へ出て、南側のブロック、さくら通り沿いにあります。

20170710_001
勤務地が近くだった頃に利用し、ランチタイムに提供されるビールカレーが美味しかった記憶があります。

20170710_002
田沢湖ビール ダークラガー。
大昔のギネスに「健康のために飲みましょう」(意訳)と書かれていたことを守るように黒ビールを飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20170710_003
ドライトマトのマリネ。
頼んだつまみが配膳されるまでこちらで間に合わせます。
たいへんおいしゅうございました。

20170710_004
プレストンエール IPA。
2杯目は軽めにしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

20170710_005
豚さんのソーセージ。
画像上方の白っぽいソーセージは粗挽き。下方のほんのり赤っぽいのがピリ辛。実際にはピリ辛以上の辛さだったりします。
たいへんおいしゅうございました。

各地の地ビールを飲み比べするように何種類も飲めるというのは本当に便利だなと、酔い始めた虚ろな頭で考えます。

検討課題
・夏の城端麦酒を堪能してみる
・ベアードビールを制覇する

2017年7月 9日 (日)

馬力 神田南口店 神田

店舗は神田駅南口交差点から日銀本店方面に向かって南下した場所にあります。

20170709_001
神田店が閉店し、場所を南口側に移し2015年10月に現在の場所で営業をしています。
神田南口店が開店して間もない頃、平成も四半世紀経っているというのに「昭和」かと、過去に厳しい物言いをしています。
開店から1年以上を経過し、大衆居酒屋っぽさを醸してきたので飲みに行きます。

20170709_002
生ビール。
まずは飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_003
赤ウィンナー。
塩胡椒をタップリ利かせた濃いめの味付けでビールが進みます。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_004
桜エビ入り玉子焼き。
店内所狭しと貼られたメニューの中から、ホワイトボードに書かれていたこちらを注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_005
串焼き。
画像左から皮、ぼんじり、豚バラ、つくねを全て塩で頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_006
馬力ハイ。
人気メニューと猛プッシュしていたので飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_007
チーズ揚げ。
酔いも回ってきて揚げ物を欲するようになります。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_008
明石焼き。
タコ焼き、明石焼き、玉子焼き。ボール状の違いを未だに把握できていません。どうでもいいことです。
たいへんおいしゅうございました。

20170709_009
玉子の唐揚げ。
珍しいメニューを見つけたので頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・酔いに任せた過食を楽しむ
・揚げ物フィニッシュを悔いない

2017年7月 8日 (土)

和酒や 神田

店舗は銀座線神田駅6番出口などから地上へ出て、中央通り須田町交差点を南下した場所にあります。
ただし2017年7月現在、銀座線神田駅は、駅改良工事に伴い地上出口を封鎖している箇所もあるため要注意です。

20170708_001
ざっくり前項の鈴木酒販店 小売部 神田店から中央通りをJR神田駅方面に歩いて行くと自動的にたどり着きます。
逆もまた然り。ちょっと飲みたい、もうちょっと飲みたい。そんなときは身を躍らせて罠にかかるのも一興です。

20170708_002
飲み比べセット。
店内のホワイトボードに書かれた和酒やお勧めの日本酒3種を飲み比べできるセット。
たいへんおいしゅうございました。

20170708_003
この日の飲み比べセットは、
1・開華 純米吟醸 第一酒造株式会社(栃木)
2・妙高山 特別純米 妙高酒造株式会社(新潟)
3・日下無双  純米80協会八號酵母 村重酒造株式会社(広島)
自分の行動圏ではなかなか飲めなかった妙高山を味わえ、非常な満足感を覚えます。
熟成系といわれる日下無双は独特の味と香り。

妙高山を買って店内で飲みきりたい気持ちを、妙高山の一升瓶を買って抱えて帰りたい気持ちをグッと堪えます。

検討課題
・苦手な味も覚えるために飲んでおく
・探してた酒を見つけてはしゃがない

2017年7月 7日 (金)

鈴木酒販 小売部 神田店 淡路町

店舗は淡路町駅(小川町駅)から靖国通りを東へ、須田町交差点を北上した場所にあります。

20170707_001
三ノ輪にある鈴木酒販本店が、神田において今年の2月にオープンした小売りと、試飲を含めた角打ちも可能な酒販店。
店内に掲示された貼り紙に「お酒は5杯まで。立って飲む。泥酔しない。」明瞭なルールを設けている点に好感を持ちます。

20170707_002
日本酒。
・作 雅乃智 純米吟醸 清水清三郎商店株式会社(三重県)
・楯野川 清流 純米大吟醸 楯の川酒造株式会社(山形県)
・花垣 超辛純米 有限会社南部酒造場(福井県)
今まで試したことのない銘柄を選び、90ccで3杯ほど飲んでみます。
たいへんおいしゅうございました。

20170707_003
鹿児島の黒豚ソーセージ。
お燗器で温めてから提供されます。難しいことは考えず、日本酒の肴でも肉を選びます。
たいへんおいしゅうございました。

20170707_004
豆腐のもろみ漬け。
楊枝の先にちょっと付けて、舐め取るようにしながらいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

知らない酒探しという大義の下、三ノ輪のお店にも行ってみたくなります。

肝臓に負担をかける話題を続けます。
飲んでばっかりですが、食べ歩きな部分も大いに含むためカテゴリーは「ヨクバリ」とします。

検討課題
・キャッシュオンデリバリ対応のため小銭を多めに持っていく
・角打ちで長居はしない

2017年6月30日 (金)

点心爛漫 浅草

店舗はTX浅草駅、A2出口から浅草一丁目交差点を西に入った場所にあります。

20170630_001
店内にはカウンターが設けられ、5席分の折りたたみ式スツールも用意されています。同席するお客同士の協力によって
ミチミチに詰めれば6席分の収容スペースを確保できるし、店舗前で季節の移ろいを感じながら飲食することも可能です。

20170630_002
生ビール。
当然のように飲みます。飲みに来たんだから当たり前のことです。
たいへんおいしゅうございました。

20170630_003
ザーサイ。
お通し的な感じで提供されます。注文した料理の出来上がるまでの時間は、これをモムモム食べて凌ぎます。
たいへんおいしゅうございました。

20170630_004
小籠包。
箸で摘まむと皮が破れ、肉汁が流れ落ちきってしまったり、口に入れれば弾けた肉汁で火傷するということもありません。
食べてみれば小籠包らしさを演出するような飛び散る肉汁感は乏しいものの、肉っぽさはタップリあります。
たいへんおいしゅうございました。

20170630_005
焼餃子。
蒲田系の餃子にあるようなパリパリ、カリカリ、サクサクとは一線を画すヤワヤワな焼き上がりの餃子。
たいへんおいしゅうございました。

ランチタイムに利用するお客さんも増えてきたので、酔っ払いは足下の確かなうちに会計を済ませ店を出ます。

検討課題
・次はシューマイ
・更に水餃子

2017年6月23日 (金)

台北苑 神田 麻婆豆腐

店舗は神田駅南口から竜閑橋交差点に向かう途中、ちょっと路地に入った場所にあります。提灯など派手な店舗外観です。

20170623_001
辛くて痺れる麻婆豆腐を食べたいと考え、周辺の店で手軽に済まそうと考えますが、暑くて歩くのも億劫になり、
駅近くの店に飛び込んでしまいます。ただ、過去には駅近くで簡単にし、自らの選択を呪うことも多々ありました。

20170623_002
生ビール。
そんなことは飲んで忘れる。暑いんだからまずビール。小皿に盛られたシナチクも付きます。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_003
腸詰。
花びらのように盛りつけられた独特の甘さのあるソーセージ。提供までに時間のかからないつまみとして最良です。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_004
水餃子。
ひとつ食べてから醤油と辣油をかけまわし味の調節をします。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_005
ハイボール。
ジンビームのジョッキですが角ハイボールです。ビールを数杯飲んだ後、ハイボールに切り替えます。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_006
麻婆豆腐。
味付けは甘辛く、痺れることはありません。店名を見れば重慶方面の要素は皆無であることは容易に想像できます。
たいへんおいしゅうございました。

20170623_007
チャーハン。
ご飯の上に胡椒をタップリ振りかけ、さらに麻婆豆腐をかけ回してから食べて〆とします。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・たまには小籠包のみでどうにかする
・自分好みの担仔麺を探しだす

2017年6月17日 (土)

玉ちゃん食堂 泉郷

店舗は水郡線、泉郷駅から福島空港へと向かう県道208号線沿い、ボートピア玉川の施設内にあります。
最寄りの鉄道駅として泉郷駅を記していますが、県道208号線を使わない最短距離でも駅から約3.1kmの距離となります。

20170617_001
いわゆる「ギャンブル飯」です。ここでなら勝った人にも、勝てなかった人にも等しく温かい食事等を提供してくれます。
浅草や錦糸町ではその勝負の結果を残酷なまでの格差として見せつけ、ある者は昼から寿司屋へ繰り出し、ある者は
立ったまま缶チューハイを呷っていたりします。諸行無常、帰りの電車賃まで突っ込むようになったら駄目なのですよ。

20170617_002
からあげ丼。
ご飯の上に玉子とじした唐揚げを乗せ、刻み海苔を散らしています。味噌汁と漬物がセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

20170617_003
焼きそば。
サイドメニューとして用意されていたので食べます。屋台のそれとは異なり、ちゃんと肉も混入した焼きそばです。
たいへんおいしゅうございました。

福島空港での撮影のおり、昼食を食べる場所を探す過程で気まぐれに入店してみました。
調子に乗って各地のギャンブル飯を探訪してみたくなります。

検討課題
・最新の投票権購入方法を会得する
・殺伐とした現場の雰囲気を味わう

2017年6月12日 (月)

美華園 新橋 麻婆豆腐

店舗は新橋駅地下に広がるウィング新橋にあります。雨の日でも店舗到達まで一切濡れることのない場所といえます。

20170612_001
余裕を持ってメニューと睨めっこするのは大切だと痛感します。席につき何も考えることなく「麻婆豆腐」と即答することは
厳に慎むべきことではないかと近頃ほんの少しだけ思ったりします。その後、結果的に麻婆豆腐を頼むにしてもです。

20170612_002
麻婆豆腐定食。
麻婆豆腐は辛くなく、痺れることもなく、木綿豆腐のしっかりした歯応えと全体の水っぽさを堪能できます。
ご飯、スープ、漬物と、画像には写っていませんが遅れて別皿に盛られた焼売1個を点心としてセットされています。
たいへんおいしゅうございました。

店内壁面に「四川風麻婆丼」の貼り紙を見つけます。印刷された麻婆豆腐は食欲を激しくかき立てる色合いでした。
席に着いたらグルリと店内を見渡す余裕を持たないといけないと、常に浅ましさだけが先行する自分を反省するのです。

検討課題
・とりあえずビールで時間を稼いでみる
・卓上の辣油は全て使いきる

2017年5月29日 (月)

パッチギ 中野 麻婆豆腐

店舗は中野駅北口にあるアーケード商店街、中野サンモールと東側で平行して南北に通る飲食店街にあります。

20170529_001
店名は朝鮮語の「突き破る」「乗り越える」「頭突き」という意味。店員さんから頭突きを浴びせられることはありません。
ランチメニューのなかに中国料理の麻婆豆腐を見つけはしましたが、実際に提供される料理の大半は朝鮮料理です。

20170529_002
牛スジ麻婆豆腐ランチ。
黒胡麻のかかった麻婆豆腐からは豆板醤などの風味よりも、コチュジャンの味を強く感じます。そういう辛さと認識して
食べれば特に違和感も覚えずに済みます。朝鮮料理テイストなので当然のように四川料理的な痺れは一切ありません。
牛スジは居酒屋の煮込みのようにトロトロといった感じはなく、硬くゴリゴリとしたような確かな歯応えを持っています。
ご飯、スープ、サラダがセットされます。ご飯はお代わりもできます。サラダはキムチにすることも可能です。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・エスニックアレンジを楽しむ
・バンクーバーの日本料理店で朝鮮漬けを味わう

より以前の記事一覧