カテゴリー「ヨクバリ」の291件の記事

2017年5月25日 (木)

やきとん まーちゃん 仲御徒町

店舗は日比谷線仲御徒町駅から地上に出て、昭和通りを東に入ったあたりにあります。

20170525_001
タバコを吸うのをやめて数年経ちますが、煙を浴びることは嫌いじゃないんです。なので煙モンモンなお店に行きます。

20170525_002
正雪。
手始めに静岡のお酒を頼みます。併せてチェイサーにウーロン茶も頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_003
ばら。
キャベツみそをバリバリ食べつつ串焼きの焼き上がりを待ちます。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_004
つくね。
併せて頼んだウィンナーも焼き上がります。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_005
シャリキンバイス。
口の中をサッパリさせて更に食べまくります。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_006
肉巻きトマト。
チーズも乗せてアツアツなまま頰ばります。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_007
れば。
個人的には決して得意ではないレバーも、こちらの串焼きだとモリモリ食べることができます。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_008
中乗さん。
その名の通り木曽谷の地酒、中善酒造店のお酒をお薦めしていたので当然飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_009
はらみ。
バンバン頼み、ガンガン食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20170525_010
もやしナムル。
肉が続くので野菜も食べた振りをして免罪符を手に入れた気分になっておきます。
たいへんおいしゅうございました。

最期の〆にご飯物の代わりと言い訳しながら、日高見 平孝酒造(宮城県)のお酒を飲んでお店を出ます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・むしろ煙を浴びる席に陣取る
・服が燻り臭くたって満員電車に乗る

2017年5月24日 (水)

もつ焼き酒場 豚坊 上野

店舗は上野駅からほど近く、アメ横通りから路地に入ったJRの高架下にあります。

20170524_001
何と申しましょうか、これ以上は無く、これ以下も無いといった全方面に対しての安定感に充ち満ちています。

20170524_002
ホッピーセット。
毎回、白黒赤と悩みながらも黒ホッピーを選んでしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

20170524_003
黒豚チャーシュー。
メニューには「鹿児島直送!」と朱書きされ、プッシュしています。
たいへんおいしゅうございました。

20170524_004
焼きとん。
たん、はつ、はらみ、ベーコンの串焼き。全て塩で注文します。
たいへんおいしゅうございました。

比較的空いている早い時間に行って、ササッと飲んで帰るのが必勝パターンじゃないかと最近は考えたりします。

検討課題
・飲むか飲まれるかの勝負が大切
・飲まれる前に飲んで勝ち逃げする

2017年5月23日 (火)

東京商店 両国

店舗は両国駅の改札をでたところにある「江戸NOREN」の一角にあります。

20170523_001
東京都内で製造される酒などの販売と、店舗奥には自販機に並んだ酒の立ち飲みを楽しめるようになっています。

20170523_002
日本酒。
○ 有限会社小澤酒造 純米 八王子城(八王子市)
○ 石川酒造株式会社 多満自慢 大吟醸(福生市)
○ 小澤酒造株式会社 純米吟醸 蒼天(青梅市)
自販機にチャリンチャリンとコインを注ぎ込み、お猪口一杯分の酒を適当に選びながら飲んでいきます。
たいへんおいしゅうございました。

20170523_003
つまみ。
○ 細切りごぼうの醤油漬け
○ なめらか味噌漬け寄せ豆腐
○ 昆布白菜
6種類の中から上記の3種を選びつまみにします。できれば塩も用意していただきたいと思ったりもします。
たいへんおいしゅうございました。

下町の角打ちより遥かに洗練されており、当然そのぶん長居できるはずもなく、パッと飲んでパッと出ることにします。

検討課題
・ワンカップ自販機前をホームにしない
・俺のお猪口と言ってピッチャーを出さない

2017年5月21日 (日)

リトル成都 飯田橋 麻婆豆腐

店舗は飯田橋駅北側の外堀通りから、ギンレイホールにぶつかる路地を大久保通りに抜ける途中にあります。

20170521_001
店名として英文で「LITTLE SEITO」、漢字で「小成都」とも併記されています。
さらに店舗入口に掲げられた看板には小さく「リアルな四川省成都料理と麻婆豆腐の旨い店」とも書かれています。
メニューを始め、至るところに「リアル」と書き記され、本場感を演出しています。リアル成都と勘違いするほどです。

20170521_002
リアル麻婆豆腐定食。
辛さ、痺れともにお昼に味わうにはちょうどいい感じの麻婆豆腐。おそらくこれが「リアル」なのだということです。
テーブルに置かれた青花椒粉を使い、味付けの調整も可能です。ご飯、スープ、漬物、水餃子、杏仁豆腐がセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

20170521_003
李姐餃子。
定食に付く小鉢に盛られた水餃子。リーチェ餃子と読み、商標登録済みと謳われています。
これをつまみに飲みたいと思うほど辛く、食べ応えもあります。
たいへんおいしゅうございました。

店舗の西に隣接するブロックは神楽坂。
この地において御活躍中の「辛いものもいける巨匠」さまのテリトリーを侵している気持ちになったりもします。

検討課題
・飲むならランチタイム終盤の時間帯にする
・当たり前に小鉢のおかわりを申し出てみる

2017年5月17日 (水)

権八 浅草吾妻橋店 浅草

店舗は銀座線浅草駅4番出口を出たすぐの位置、浅草通りの吾妻橋西詰の角地にあります。

20170517_001
都心部を中心に多店舗展開する手打ち蕎麦も食べられる居酒屋。店内のしつらえ、メニュー等々浅草らしからぬお店です。

20170517_002
一代弥山スパークリング。
広島の酒蔵、中国醸造株式会社が開発したいわゆる発泡性日本酒。飲み口は辛口で、まるでシャンパンのようです。
たいへんおいしゅうございました。

20170517_003
桜エビかき揚げ。
漁期を迎え、旬のものを食べることで春の訪れを感じます。
たいへんおいしゅうございました。

20170517_004
和牛串。
串焼きも多数用意されています。
たいへんおいしゅうございました。

20170517_005
鶏串。
左にぼんじり、右はもも。鶏は各部の串焼きも用意されています。
たいへんおいしゅうございました。

20170517_006
八角。
なかなか食べることのできないトクビレの刺身をメニューに見つけ、すかさず頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

店員さんから店舗二階は、隅田川を見下ろせるナイスビューな席と説明を受けます。また二階席専用のメニューも用意
されてるともうかがいます。いつも足を向けるような浅草らしい汚い居酒屋ではなく、こちらも利用したいと思ったりします。

検討課題
・いい年なんだから綺麗な店にも行く
・いい年なんだしお洒落な店にも行く

2017年5月11日 (木)

芋品香 九段下 麻婆豆腐

店舗は九段下駅から目白通りを北上し、竹書房の手前にある路地を東に入ったブロックにあります。
店名の芋品香は(シャン・ピン・シャン)と読みます。

20170511_001
グツグツと煮え立ち、モウモウと湯気の立ち上る状態で配膳されます。
その派手に煮えるさまと、盛大な湯気の見た目は迫力、エンターテイメント性満点です。食べる前からワクワクします。
そして飛び散る辣油。煮えるのが収まるまで辣油はビチビチと周辺に飛び散ります。薄い色のシャツやパンツは当然の
ように赤斑になります。食べる前からゲンナリです。シオシオです。白のスリーピースを着て食べないとなりません。

20170511_002
元祖火焔山香草麻婆豆腐。
ランチメニューの定食として麻婆豆腐の他、お代わり自由のご飯、スープ、小皿、杏仁豆腐がセットされます。
品名書かれた「火焔山」的状況については上記の通り、辛さも痺れもありながら味など分からないくらいアツアツです。
豆腐の上に散らされたニラなのか、葉ニンニクが「香草」だったのかと半分食べた頃になってようやく気が付きます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・口内を火傷してからが本番
・チャンリンシャンは商品名じゃないことを思い出す

2017年5月 4日 (木)

橘鮨 新橋

店舗は新橋駅汐留口から徒歩1分かからぬ距離にあります。新橋駅前ビル1号館の銀座方面出口の正面でもあります。

20170504_001
この日は、ヨンサンのキット調達等々でたいへんお世話になっているOS様からのお誘いをいただき、普段食べる機会の
ない美味しいお寿司をご相伴に与ります。OS様には幹事、取りまとめありがとうございます。心より感謝申し上げます。

20170504_002
会場は店舗二階。膝を痛めたデブにも優しい掘りごたつ的お座敷。しかも他に客はおらず、二階は貸し切り状態です。

20170504_003
ビール。
瓶ビールです。スーパードライで乾杯です。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_004
先付。
筍、マグロ?、高野豆腐。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_005
蟹。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_006
酒。
白鹿、純米樽酒。OS氏お薦め、兵庫県西宮市の辰馬本家酒造株式会社のお酒。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_007
お造り。
赤身うめー、小鰭うめー、赤貝うめー、全部うめー。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_008
焼き物。
煮魚の日もあるそうですが、この日は鯛の切り身を焼いたものが供されます。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_009
焼酎。
メローコヅルエクセレンス。鹿児島県日置市の小正醸造株式会社のアルコール度数41度の米焼酎。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_010
寿司。
本日のメインイベント!鮪うめー、海老うめー、鯵超うめー、全部うめー。桶の他、下駄に乗った巻物もありました。
たいへんおいしゅうございました。

20170504_011
椀物。
ホタテなど入ったお吸い物。
たいへんおいしゅうございました。

話題はヨンサンにまつわる面白いお話しを中心に、詳細を明かせない深遠なる話題も多数。
3時間近く飲んで食って、これでたったの1GAFFE程度。驚くほど良いお店を教えていただけました。

検討課題
・ビール1本で大人4人がヘベレケになる秘技を極める
・いい歳した大人なりのいい店を知るよう心がける

2017年4月29日 (土)

小尾羊 上野店 上野 麻婆豆腐

店舗は上野駅浅草口から昭和通りを北上し、上野駅交差点脇のビル2階にあります。
上野駅に併設するエキュート2階から接続する歩道橋を介し、店舗へ行くことも可能です。好立地といえます。

20170429_001
店名は「シャオ・ウェイ・ヤン」と読み、別に「Little lamb」と英文による併記もされています。
蒙古薬膳しゃぶしゃぶや、火鍋をプッシュしており、全てのテーブルには電磁調理器が仕込まれ準備万端になっています。
世界6カ国において700店舗以上を展開していて、こちらの上野店はなんと「世界713号店」と書かれていました。

20170429_002
麻婆豆腐定食。
麻婆豆腐の他、ご飯、スープ、漬物、杏仁豆腐がセットされます。飲み物はドリンクバーからセルフの飲み放題です。
色合いからも察せられるように痺れる感触は皆無。砕かれた唐辛子を混ぜ込むことによりホドホドの辛さを味わえます。
たいへんおいしゅうございました。

上野駅に直結する立地と、リーズナブルな価格設定のためか巨大なスーツケースを転がす大陸からと思しきお客様多数。
彼等の食事時のマナーなのか、或いは流儀なのか、そこかしこから店内に轟く盛大な咀嚼音を聞かされることになります。
口を開けたまま物を食べるなと、厳しく言われてきた私にとっては辟易するしかないスーパー苦行タイム。

検討課題
・その傍若無人ぶりを尊崇してみる
・三つ子の魂百までを復唱しておく

2017年4月14日 (金)

カド 曳舟

店舗は隅田川に架かる桜橋東詰から桜橋通りを国道6号線、向島三丁目交差点に向かい、ひとつめの信号の角にあります。
とうきょうスカイツリー駅、または曳舟駅が直近の駅となり、いずれからも駅から約1kmの距離を歩いた場所となります。

20170414_001
2017年4月1日、周辺をフラフラ歩いた際、急な雨に降られたことから雨宿り的に立ち寄ります。

20170414_002
いちごジュース。
生ジュースを飲む場所といえば百貨店の地下あたりというのが相場ですが、飲めるのなら飲んでおきたくもなるのです。
たいへんおいしゅうございました。

20170414_003
トマトとクリームチーズのサンドウィッチ。
自家製くるみパンにトマトとクリームチーズを挟んだサンドウィッチ。昼飯には早い時間でもあったことから、ゴッツリと
食べたい気持ちをグニグニと抑え込み、最も量の少なそうなこちらで小腹を満たします。断面と内容は上の画像を参照。
たいへんおいしゅうございました。

20170414_004
ホットコーヒー。
いちごジュースを飲み干してしまったことから、サンドウィッチと一緒に注文します。
たいへんおいしゅうございました。

店内の装飾などは興味深く、特筆に値します。実際に訪れ、ゆっくりと堪能することをお薦めしたいと思います。

検討課題
・他のサンドウィッチも食べてみる
・ハンバーガーも食べてみる

2017年4月 6日 (木)

赤い料理とか 麻婆豆腐

2017年3月25日、汗をダラダラ垂れ流す季節が来る前に、辛いものを思う存分堪能しようと地下の一室へと集まります。
この日、呼びかけに応じてご参加いただいた皆さまには感謝申し上げます。至らない点は次回の改善項目としておきます。

20170406_001
当日提供された料理の詳細については「15分前行動を遵守する巨匠」さまの速報をご参照ください。

20170406_002
四川口水鶏。
前菜のあとに赤い料理を並べます。
たいへんおいしゅうございました。

20170406_003
辣子鶏。
さらに赤い料理を重ねます。
たいへんおいしゅうございました。

20170406_004
水煮牛肉。
白身魚の山椒煮、焼売とクールダウンしてから再び赤い料理に戻ります。
たいへんおいしゅうございました。

20170406_005
麻婆豆腐。
参加者を二卓に別け着席していたこともあり、ひとつは中辛、こちらは大辛にします。イイ感じの赤さです。
たいへんおいしゅうございました。

以前、2015年に同店に集まった際の料理を見ると、以外と赤くなかったと思い起こされます。

検討課題
・自主練を怠らない
・そろそろ激辛に挑む

より以前の記事一覧