カテゴリー「ヨクバリ」の323件の記事

2017年11月24日 (金)

萬里 桜木町

店舗は桜木町駅から野毛小路を入り、支店でもある萬里放題亭を通り過ぎた先にあります。

20171124_001
ホビーフォーラム 2017 -HOBBY FORUM 2017- 閉会後の宴席会場として不動の地位を誇る万里です。
今回、その宴席のとりまとめ、会場までの引率さえもしてくださる幹事のY御大に対し不遜にも異を唱え、会場の変更を意見
したのは何を隠そう私でした。なぜか?ここ数年の欲にまみれた宿願を果たさんがため、昼の萬里に行きたかったからです。

20171124_002
特別中国ランチ。
チャーシュー、魚の揚げ物、野菜のうまに、そしてメロン型に盛られた大盛りのご飯。そしてスープがセットされます。
ワンプレートミールです。ご飯に旗でも刺さっていれば特別感は倍増間違いなしです。完食すると超満腹になります。
たいへんおいしゅうございました。

20171124_003
こちらの店舗では料理をハーフポーションで提供していたり、こちらでしか提供していないメニューも用意されています。
宿願を無事果たし、もう思い残すことはありません。次は別メニューを昼から楽しみたいと思います。

検討課題
・頼んだことのない料理を順に試す
・野毛小路探索をしてみる

2017年11月 7日 (火)

虎坊 三鷹 麻婆豆腐

店舗は三鷹駅南口から三鷹駅南交差点を三鷹通り沿いに南下した場所にあります。

20171107_001
ゆっくり食べたいと考え、少し時間をズラせて遅めに行きます。
訪れた日は秋とは思えないほど外気温も低く、寒かったこともあり、湯気の立ち上る料理の画像は見事に曇っています。

20171107_002
麻婆豆腐。
単品で頼んだ麻婆豆腐は辛さ自体はそこそこ。豆腐に散らされる粗めに挽かれた花椒もあり風味と痺れを堪能できます。
併せて茶碗一杯、200gほどのご飯も頼み、麻婆豆腐と一緒にモリモリ食べます。
たいへんおいしゅうございました。

20171107_003
コーンスープ。
麻婆豆腐がどれくらい辛いか予想できなかったので、とりあえず甘めなコーンスープを頼んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20171107_004
杏仁豆腐。
三鷹周辺ではキウイフルーツの生産も盛んですから、フルーツソースの由来は不明なままキウイ味を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ティッシュペーパーを携行する
・レンズは常に人肌に温めておく

2017年10月31日 (火)

秀宴 東京 麻婆豆腐

店舗は東京駅八重洲北口から中央通り方面へと向かう途中の繁華街のなかにあります。

20171031_001
行きたいと思っていた店は休業日だったり、夜からの営業だったりしたため、歩きながら見つけた手近な店に入ります。
妥協したらダメだと誓ったはずなのに同じことを繰り返します。学習能力も記憶力も乏しく、案の定、地雷を踏みます。

20171031_002
麻婆豆腐丼。
ランチメニューから選びます。米飯もののメニューにはスープ、ザーサイ、水餃子、自家製杏仁豆腐がセットされます。
色柄としては確かに麻婆豆腐ながら辛さは微弱、痺れは皆無。そんな感じの明確な味のない味付け。個人の意見です。
丼ご飯は早々に完食を諦め、半分以上を残します。もったいないと思いながらも食べ続けることを私の体が拒みます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・食べ残した上で別メニューを果敢に頼む
・妥協を楽しむ余裕を忘れない

2017年10月28日 (土)

TOKYO隅田川ブルーイング 浅草

店舗は浅草駅から吾妻橋を渡った吾妻橋東詰の近くにあります。

20171028_001
アサヒビール本社周辺を擁する区画にあり、お手軽に、お手頃に飲食できるお店といえるかもしれません。個人の意見です。

20171028_002
ビタースタウト。
あれば飲まなければいけないのがスタウト。瓶ギネス然り、缶ギネス然りです。
たいへんおいしゅうございました。

20171028_003
豚と白葱のアヒージョ。
肉と葱を食べ尽くしたらパンを器に浸し、口の周りをベッタベタにしながら油一滴残さず貪ります。
たいへんおいしゅうございました。

20171028_004
シャンディガフ。
たまには気分を変えてビアカクテルだって飲んじゃいます。
たいへんおいしゅうございました。

20171028_005
ソーセージカルテット。
その名の通り4種類のソーセージの盛り合わせ。もっと大量のザワークラウトを食べたい気持ちもあったりなかったりです。
たいへんおいしゅうございました。

20171028_006
これから寒くなる季節です。外に用意された席に座り、ホットビールを飲みたくなります。

検討課題
・肉を煮るならビールかコーラで
・ヴァイツェンとスタウトの飲み比べをする

2017年10月27日 (金)

忍者場 浅草

店舗は銀座線 浅草駅から東武線 浅草駅に続く地下飲食店街の一画にあります。

20171027_001
店舗外装に掲げられたネオンサインから判るように、チョット飲めるバーの体裁となっています。
日本人客は想定していないのか、メニューに日本語の記載はありません。店員さんと日本語での意思疎通は可能です。
提供されるのはワンカップの日本酒、各種カクテル、缶詰などの簡単なつまみ。全てキャッシュオンデリバリ方式です。

20171027_002
金滴 純米酒。
北海道新十津川町にある金滴酒造株式会社のお酒。当日、ラインナップされていたワンカップの中から選びます。
たいへんおいしゅうございました。

20171027_003
やきとり缶詰。
キャンプに災害時に、日々の肴に重宝するホテイフーズの缶詰。湯煎してから暖かい状態で配膳していただけます。
たいへんおいしゅうございました。

20171027_004
店員さんは忍者装束でもないし、語尾にニンニンと付けるわけもなし。料理をシュシュシュッと投げるわけでもないし。
じゃあ、何が忍者なんだよ?と思っていたらコースターが手裏剣型でした。殺傷能力皆無と思しきラバー製でしたが。

店を出てから何とも煙に巻かれた気分になりました。おそらくここに忍者っぽさを最も感じちゃったりもしました。

検討課題
・ドロンしますを慣用句として使う
・パードン?で全て乗り切る

2017年10月26日 (木)

日本酒原価酒蔵 錦糸町店 錦糸町

店舗はJR錦糸町駅南口からすぐにある「ピア錦糸町 駅ビル通り」のアーチをくぐり、西に歩いた場所にあります。

20171026_001
店内でお酒を飲むために入店料を支払う独自のシステムを導入しています。席料と考えれば納得できる程度の金額です。
店外には大量のお酒の銘柄を掲示していますが、その全てを提供しているわけでは無いので肩すかしもあったりします。

20171026_002
新政 ラピス 純米吟醸。
秋田県秋田市にある新政酒造株式会社のお酒。正式名称は「瑠璃 2016 -Lapis Lazuli-」と紹介されています。
たいへんおいしゅうございました。

20171026_003
ほうぼうお造り。
お通しや突き出しは用意されていませんので、手始めに白身魚の刺身を頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

20171026_004
厚切りハムカツ。
我慢できず揚げ物タイムに突入です。ゴッツリたっぷりなハムカツをキャベツと一緒に頬張ります。
たいへんおいしゅうございました。

20171026_005
伯楽星 超濃厚ヨーグルト酒 x ソーダ。
宮城県大崎にある株式会社新澤醸造店のお酒。ジャージー牛の生乳を使ったサッパリした味のお酒を日和って飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20171026_006
燻製合鴨の炙り。
せっかくなんで洋モノっぽい肴も頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

20171026_007
カマンベールチーズのハチミツかけ。
日頃の自分なら頼むことのない肴も頼んでみます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・独自のシステムに惑わされない
・知らない肴なら食べてみる

2017年10月25日 (水)

傾奇鮪 両国

店舗は両国駅の改札をでたところにある「江戸NOREN」の一角にあり、以前利用したこちらの並びにあります。

20171025_001
店名に「鮪」とあるように、基本的には海鮮料理店です。
ただし店内入口に立ち呑み用カウンターを設け、明るい時間から一杯引っかけることも可能な親切設計となっています。

20171025_002
じょっぱり秋あがり 特別純米。
青森県弘前市にある六花酒造株式会社のお酒。メーカーサイトで品切れ中と表示されるお酒を見つけたので飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

20171025_003
東京たくあんと玉子焼。
酒の肴に頼みます。配膳されてからどちらも黄色い肴だったことに気づき、自分の色彩感覚の乏しさにガッカリします。
たいへんおいしゅうございました。

20171025_004
黒龍 純米吟醸酒。
福井県永平寺町にある黒龍酒造株式会社のお酒。福井のお酒を飲む機会に恵まれないので試しとばかりに飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

テーブル席にドッカリ座って飲み始めると、おそらく止まらなくなるようなナイスなお酒のラインナップです。
夕方から夜にかけてのメニューも気になったりします。

検討課題
・立ち呑みで長居しない
・知らない酒から飲んでみる

2017年10月11日 (水)

重慶府 新橋店 新橋 麻婆豆腐

店舗は新橋駅西口から外堀通りを歩き、西新橋交差点の一本前の路地を南へ入った場所にあります。
都営三田線 内幸町駅のA1出口を利用すると直近となりますが、乗り入れる路線の多さと利便性から上記の新橋駅とします。

20171011_001
平日昼間の新橋へ行くというのはタミヤプラモデルファクトリー新橋店に行くか、麻婆豆腐を食べるかのいずれかなのです。
この日も本業の絡みからビッグサイトへ行かざるを得ず、仕方なし風を装いながら嬉々として新橋駅で途中下車をするのです。

20171011_002
麻婆豆腐定食。
お櫃で出されるご飯を茶碗にイチイチよそうのも面倒ですし、ランチタイム終盤の時間帯とあって他にお客さんもいなかった
ことからダイレクトお櫃でモリモリ食べます。もしかしたらお櫃でお代わりもいけたかもしれませんが自重しちゃいました。
たいへんおいしゅうございました。

20171011_003
スープ、餃子、杏仁豆腐。
お櫃お代わりを断念したので取り放題、食べ放題の餃子を食べまくります。最後に別腹と杏仁豆腐もお代わりしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

訪れる回数の少なさから安定の麻婆豆腐定食をつい頼んでしまい、麻婆豆腐以外になかなか手を出せていません。
もう少し新橋へ行く用事を無理矢理にでもデッチ上げる必要もありそうです。

検討課題
・駅前で将棋をさしてみる
・夜の新橋を満喫しちゃう

2017年10月 5日 (木)

山海屋 宮津

店舗は道の駅 海の京都宮津に隣接する商業施設「宮津シーサイドミップル」の5階にあります。
鉄道利用の場合は、店舗から約1kmほど離れた京都丹後鉄道宮津線 宮津駅が直近の駅となります。

20171005_001
天橋立の見える席でのお食事を。と書いてあり、有名観光地において日本三景のひとつを見ておくのも旅らしいやね、
などと言いつつ、ザックリ海鮮和食ファミリーレストラン的なこちらに入店してみます。

20171005_002
案内された席から天橋立方向を眺めます。デッキに設けられたテント屋根の支柱によって見事に眺望は遮られています。

20171005_003
山海屋御膳。
ランチタイムのメニューに「名物 当店のおすすめメニュー」と書かれていたので頼んでみます。
天ぷら、刺身、漬物、茶碗蒸し、ご飯、味噌汁。盛りだくさんです。
たいへんおいしゅうございました。

こちらでは京都の地酒も多数取り揃えており、店内に掲げられた夕方1700から提供されるメニューに魅力を感じます。

20171005_004
食後、諦めがつかないのでデッキへとでて再度、天橋立を見ておきます。うん、見た。見たよ。といった程度の感想。

検討課題
・景色眺望を堪能する余裕を持つ
・景勝地でのガッカリ感も堪能する

2017年10月 1日 (日)

御蔵 浜大津

店舗は京阪電鉄 浜大津駅すぐ、浜大津駅前交差点に面する場所にあります。

20171001_001
訪れた日は、2017年9月6日に行われたリニューアルオープンから間もないこともあり、イロイロとバタバタな状況。
注文は席に用意されたタブレット端末を介して行います。現代的です。この日は猛烈に混んでいたのか、タブレットを
慣れない手つきで操作しながら最初に発注したつまみ数種が、最後の最後に配膳されるというサプライズもありました。

20171001_002
生ビール。
まず乾杯。想像以上の収穫もあったことからビールも三割増しで美味しく感じられます。
たいへんおいしゅうございました。

20171001_003
鶏キモ煮と枝豆。
やっぱり、どうしても、鶏レバーは苦手だと再認識します。苦手意識を克服したいと考えます。
たいへんおいしゅうございました。

20171001_004
鳳凰美田 辛口純米。
滋賀の地酒をメインに扱う居酒屋だというのに、メニューの中に栃木の酒を見つけたので飲んでみます。
たいへんおいしゅうございました。

20171001_005
本モロコ天ぷら。
地のものということで琵琶湖で獲れた本モロコの天ぷらです。
たいへんおいしゅうございました。

20171001_006
北島 生もと 辛口純米。
しばらく飲み食いしたあと、ここでようやく滋賀のお酒を飲みます。鼻からムッハ〜となるくらいの超辛口です。
たいへんおいしゅうございました。

20171001_007
プリプリ海老マヨ。
これです。最初に発注し、最後に配膳された一品です。調理に時間のかかったぶん、よく味わっていただきます。
たいへんおいしゅうございました。

他、ピリ辛ソーセージ、鶏の唐揚げ、鶏なんこつ唐揚げ、鶏ももスパイス焼き、えいひれ炙り、クリームチーズ天ぷら、
するめ天ぷら等々を注文しています。店員さんが席まできて「まだ出てないのありますか?」と聞きにくるくらいに
配膳のタイミングはズッこけるものでした。それもまた酒席の思い出、旅の思い出。

検討課題
・下皿無しで提供される日本酒に真顔にならない
・酔っていても注文した肴を忘れない

より以前の記事一覧