カテゴリー「ヨマイゴト」の254件の記事

2018年2月14日 (水)

2001

さて、これといった新展開もなくヌルヌルと続くわけです。
当初の1000回連続更新、そして休みながらの2000回を達成したことから、これをそのまま継続するのは惰性のように
なってきてる感じもしたりしなかったります。飲んでばかりの記事の多さは自覚しているんです。現実逃避と笑ってください。

20180214
基本的に奇数日を中心に更新していくことは変えずにおこうと考えます。
推敲と校正の時間的余裕を確保するために、
これまで通りイベント報告などの速報性は無視し、10日前後のタイムラグは維持することも変えないでおきます。

掲載する文章や画像による無用な何かを可能な限り避けるためにも、この時間的余裕は今後とも必要だとも考えます。

画像は昨日に引き続き、ナカナカ役に立たないアイテムに輝く未来を約束するかのような「1」を追加してお茶を濁します。

原材料不明の得体の知れない饅頭だって手渡されれば頬張る意気込みのようなものを感じ取っていただければ幸いです。
文章に若干の既視感を感じても、気のせいだよと軽く流すのが大人の嗜み。

検討課題

・とりあえず3000を目指してみる

・続けることだけが目的じゃないと言い聞かせる

2018年2月13日 (火)

2000

あらら、あららと言っていたら2000回。
先達の阿闍梨どのを見倣い、なんの考えも無く1000回を達成したのち、深く考えることも無くいつの間にやら2000回。
全くもって驚いてしまいます。やはり自分はやればできる子だったのか?と知命を目前に控えてようやく実感するのです。

2000
今後も特段なに考えることなど無く、もう少しこのままのダラダラとした感じでとりあえず続けていってみようと思います。
迷走とダッチロール、無為と不安定を基本とすることだけは堅持しておきたいとも考えます。

画像は2000にまつわる適当なモノとして、コンビニで使おうものなら年若い店員さんから偽札だ!と指摘されたりもする

ナカナカ役に立たないアイテムを用いることでお茶を濁しておきます。文章に若干の既視感を感じるのは気のせい。

検討課題

・次の目的のようなモノを探す

・続けることは大切なことと知る

2018年2月 7日 (水)

最近、家の周辺に狸が出るんです。埼玉北部で何を今さらという感じもします。
当地に移り住んで四半世紀、引っ越してきた当時は野良猫はいても狸を見ることは無かったので今頃という感じです。
つまり引っ越してきたときより自宅周辺の環境は都市化されず、むしろ自然の復興が進んだということなのでしょうか。

たまたま庭にいた小動物を見つけたとき、犬でもなく猫でもない姿に正体不明の気味悪さもありましたが、近隣住民の
方々と話すうちに「それは狸だよ」と教えていただきます。なるほど正体不明のあの小動物は狸だったのかと合点します。

Raccoon
別段、狸がウロウロしていても問題ないようにも思います。ただ、あいつらはなんというか「だらしない」のです。
なんというか、食べたものをフリーダムに排出する傾向があるようなのです。道端でもなく木の根元でもなく、出勤時に
誤って踏んでしまいそうな道の真ん中に固形物をコロコロと放置しっぱなしにしていやがるのです。ちったぁ考えろよ。

朝くらいは、と前を向いて歩こうものなら思いがけず固形物を踏み、そのまま出社拒否をしたくなります。
いつも通り背を丸め、下を向いてトボトボと歩かないとならないようで困ったもんだと悪態をつくくらいしかできません。

画像は名称に狸っぽさを感じさせる starter社 Renault Raccoon 1992 を用意してみました。

検討課題
・車を使うときは念のため狸バンバンをしてみる
・移動に使っている側溝に狸用罠を仕掛けてみる

2018年2月 1日 (木)

上野駅前 2月

もはや上野駅前ではなく御徒町駅前。住所地番は台東区上野3丁目ということでご容赦ください。
駅前の「おかちまちパンダ広場」では昨年12月8日から期間限定の「シタマチ. スケートリンク」を営業しています。
営業時間中に近くを通る機会に恵まれず、活況具合を確かめられていません。実際に自分で滑ってみるべきでしょうか。

20180201
この「おかちまちパンダ広場」の地下には「御徒町南口駅前広場自転車駐車場」という駐輪場が整備されています。
駐輪場は広場と併せ2012年に整備されていたようですが、それ以前にここはなんだったか思い出せなくなっています。
広場は休日などに様々なイベント会場としても使われています。いつだったか自分の知らないアイドルが歌っていました。
個人的には上野駅、御徒町、秋葉原駅など駅前に広場やロータリーのある駅はいいなと思うのです。

シタマチ. スケートリンクは2018年2月28日まで営業。
画像は2018年1月4日に記録したものを使用しています。

検討課題
・パンダの着ぐるみでダブルルッツに挑む
・ジャンプ失敗から負け犬のポーズで滑走する

2018年1月24日 (水)

疑似雪国 After

2018年1月23日、明けて火曜日。昨夜までの雪もやみ、まずは一安心。
前日の命がけな帰宅に精も根も尽き果て、マダマダ降り続く雪に諦め、11PMの藤本義一氏を見るまでもなく床に就きます。

Snow_04
前日は早く寝たことから驚くほど早い時間に目覚めます。時計を見ると0500、わずかに開けた窓から見える空は真っ暗です。
逆にベランダに積もった雪の白さと明るさに、これからしないとならないことを考えゲンナリします。スーパー雪掻きタイムです。

自宅は玄関と車庫が北向きなため、降雪後の雪を放置しておくとすぐ凍るし、溶けること無く1週間以上そのままになります。
なので経験則として可能な限り早く雪を掻いておかないといけません。早起きは労働の催促。無理矢理起きて着替えます。
プラスチック製のスコップを使い、チマチマと雪掻きを2時間ほど行います。この時点で普段の出勤時刻を過ぎていました。
掻ききれなかった雪は、時間帯によって差し込む直射日光と、温められたアスファルトの熱によって溶けるだろうと期待します。

Snow_05
一仕事終えた気分で前日の雪騒動を伝えるワイドショーを他人事全開でニヤニヤ見ていると、勤務先から連絡があります。
なんじゃらホイと聞いてみると「会社来てないのお前だけだぞ?」と言われます。あれ?紳士協定は?抜け駆け無しだよね?
なんだよもう、と悪態を吐きながら出社します。ウンザリです。社畜根性丸出しで悲しくなってきます。なんなんだよもう。

遅れまくりの列車の合間に徐行してきた超特急スペーシアを見ます。珍しく前照灯と尾灯、両方点灯しながらの走行でした。

たかだか荒天後における出社前の顛末ですが、ボヤキ満載ですからカテゴリーは「ヨマイゴト」としておきます。

検討課題
・遅れてやってくる筋肉痛に備える
・融雪にと熱湯を道路にブチ撒けない

2018年1月 1日 (月)

元旦

新年あけました。

どうなんですかね。ソロソロどうにかなっていただきたいんですよ、イロイロとね。もう酔いっぱなしなんですよ。
それもこれも、なにもかもがいつも通りといえばいつも通りなわけです。ある意味、平常運転なんですね。

20180101
流れ流れて、流され続けていればいつかどこかに辿りつくんじゃないかとアマアマな予想を立てたりします。
なるべく目を合わさぬように、できるだけ聞かないように、そんな感じで流れに任されておこうと考えておきます。

検討課題
・なんとなく10年後を考える
・目先の1年をやり過ごす

2017年12月31日 (日)

大晦日

いろいろ中途半端なままタイムアップ。
そもそも自分に計画性なんてものはなく、ただただ自分に甘く自堕落で三歩歩けば「ご苦労さん」と飲み始める始末です。
そんなもんだし、どうにかなるでもなく、どうにかするつもりなんてサラサラありません。それでよしとしておこうと思います。

20171231
今年中のあれこれを年内に書き切ることもできず、諸々を来年に持ち越す歯切れの悪さはどうにも直りそうもありません。
趣味ですし、遊びですし、酔っぱらいですし。自分が自分に期待なんてしていないから問題も無しです。大丈夫なんですよ。

大掃除もせず早い時間から飲んで、除夜の鐘の音をテレビ画面ごしに聞こうと思います。
さ、酒酒。

検討課題
・今年の反省なんてしない
・来年のことなど考えない

2017年12月15日 (金)

ニョロリ

浅草雷門の東、吾妻橋を渡ったところにある金色のニョロリとしたアレがありません。

20171215_001
アサヒビールの創業100周年を記念して1989年に建設されたといいます。平成元年組です。バブルど真ん中ですよ。
もうすでに30年近く浅草でニョロリとしていたわけで、そこにあることが当たり前の光景になっていたんだと思い知ります。
あの金色のニョロリが無いと、さらに東側にあるマンションの存在感マシマシになり、なんとも不思議な風景に思えてきます。

20171215_002
スカイツリーと。
業平橋駅横のスカイツリーも2012年以前は(建設中の途中経過は考えないとして)そこになかったわけです。
いつのまにか吾妻橋からの風景というのは金色のニョロリとスカイツリーとなっています。もう違和感さえありません。

東京はとにかく瞬く間に壊され、新たに建つを繰り返しています。新しい建築物を把握することもできません。
とりあえずは金色のニョロリの再建までは、ビールならアサヒビールを多めに飲むことにします。

検討課題
・夜のニョロリ無しを撮っておく
・クリスマス時期のスカイツリーも撮っておく

2017年12月11日 (月)

六周年

諦めも悪くネチネチと続けています。
いい加減にしろよ。いつまでやってんだ。そんな罵詈雑言もきっとどこかで言われているに違いないと思います。
そんな耳許で囁かれたらゾクゾクしちゃう酷い言葉も現状では私の耳に直接届いていません。ありがたいことです。

20171211
稀にこちらをご覧いただいてる方から感想を伺うことがあります。人生の無駄遣いですよ、と諭して差し上げたくなります。
ああいう記事をもっと書いてくれ。そういわれれば励みにもなります。僅かでもご期待に応えられるよう、明後日の方角に
向かって全力疾走もする所存もありそうで無さそうだったりもするところでございます。もう何もかもが迷走しています。
こんな感じでヤル気なんてものは、欠片さえも見せないままやっていこうと思うのです。

検討課題
・ネトッと七年目に踏み込んでみる
・満遍なくイロイロ書くようにする

2017年12月 1日 (金)

上野駅前 12月

もう12月かよ。そんな言葉もつい漏れてきます。まさに「はくたいノくわかく」といったところでしょうか。
上野駅前から御徒町駅前までの線路沿いに広がる商店街が濃厚な魚臭を伴い、最も生臭くなるシーズンの到来です。
実際、正月用に鮮魚を求める人は築地に出向くでしょうし、同じ上野エリアでもアメ横より良い品を取り扱ってる店舗は
あるわけで、ましてや流通の整った現代なら近所のスーパーマーケットでだって美味しいものは手には入ってしまいます。
つまりは年末の年の瀬感と、忙しい気分を味わうために何となく混雑を極める上野周辺をブラブラするだけなのです。

20171201
そんななか、上野松坂屋は「シタマチ百貨店」と銘打ち、イロイロとキャンペーンというかプロモーションをしています。
確かに不忍池の畔には下町風俗資料館もあり、どこでも適当に路地に入れば至る所に下町っぽさをマダマダ残しています。
それでも勤務地のポストには新たに建設された高層マンションの販売案内や、新築オフィスビルのチラシが入ってきます。
そこかしこにあった二階建ての看板建築はドンドン壊され、いつの間にかヒョロリとした5階建てが建ったりします。
なんだか80年代後半の光景を見ているかのような気持ちにもなります。

とりとめなんてありはしません。
回りを見習い、なんとなく忙しそうに振る舞っておこうと思うだけです。

検討課題
・年末年始用の珍味は早めに確保する
・鮮魚購入の解決策を見つける

より以前の記事一覧