2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨマイゴト」の329件の記事

2020年8月 1日 (土)

上野駅前 8月

上野駅広小路口から中央通りを渡った高架下に薬局が開店しました。
当初は春先の開店予定を告知していましたが、現在に渡る諸事情もあって夏の開店となりました。集近閉のせいだかんな!
開店セールとあって店頭で50枚箱入りの使い捨てマスクを売ってるあたりが今風な感じです。

20200801

この場所には長らく鞄などを扱うお店がありました。それも今年はじめから続く諸事情により閉店を余儀なくされたようです。
新聞記事で閉店を取材した記事をタマタマ読みましたが、店主曰く「日本人はサッパリ買わない。」なんてことが書かれていた
記憶があります。日本人も多く集まるターミナル駅の駅前一等地にあって、長らくご商売をされていてのこの言でございます。

一等地なりのご商売の難しさもあるのでしょうが、日本人のなかに見られる消費行動を見極められなかったのかなと思います。
日本人のなかには嫌な接客を味わうと、クレームなどを申し入れることも無く、二度と利用しないという行動を取ったりします。
ネットの発達により口コミを大っぴらに書き、見知らぬ誰かと共有できるようになったのは平成以降の最近のことだと思います。

昭和の頃から利用しなくなりつつあった日本人客にとって代わったのが、アメ横で爆買いを楽しんだ後、大型スーツケースを
現地調達する外国人観光客のミナミナ様でございます。日本人にとっては嫌な接客も、大陸的にはスタンダードだったのか、
天津甘栗を頬張りながら、店頭の歩道で買ったばかりのスーツケースにイロイロを封じ込める観光客をよく見たものです。
そんな彼らも来日できなくなっての閉店ということなのかなと、既に利用しなくなった自分は邪推してしまいます。

実際、私は通勤用の鞄をだいたい6年ごとに買い換えており、それは20年以上、毎回アメ横にある鞄店で購入しています。
年を取り、オッサンになりつつあるなかで「たまの買い物くらい気分良くしたい」という気持ちも強くなってきた感じもします。
ここのところ通勤の頻度は少なくなったとはいえ、ソロソロ通勤用鞄を新調したいなと考えたりする今日この頃でござんすよ。

上記、新聞記事の詳細は発行社、発行日など記録し忘れのため委細不明とします。
画像は2020年7月16日、開店間もない頃の記録。

検討課題
・だからといって荒い態度で臨まない
・二度と利用しないリストの充実に励む

2020年7月29日 (水)

和歌山県に行きたい。

行きたいのです。
単純に今までの人生のなかで和歌山県へ足を踏み入れたことが無いから行ってみたいのです。

もちろん和歌山県へと行けたなら是非とも立ち寄りたい場所があります。すさみ町立エビとカニの水族館に行ってみたいのです。
太地町立くじらの博物館へも行きたいのです。紀州鉄道の西御坊駅も行きたいし、足を伸ばして水間鉄道も見てみたいのです。

20200729

ところがですよ。各地方においては首都圏からの旅行者を歓迎しないとかなんとかといったニュースを見たり、聞いたりします。
そりゃあそうです。そうでしょうとも。それもこれも何もかも集近閉のせいかと思うと怒りでホッピー中ダブルを注文しちゃいます。
観光キャンペーンもバタバタな感じで、もしかして国民に使わせない作戦なのか?と勘ぐってしまいそうになるほどです。

気がつけば10年近く和歌山県に行きたいモヤモヤとした気持ちを弄び続けています。
果たして私は、この人生の中でいつか和歌山県へ行けるのでしょうか?名古屋県や鈴鹿県までは過去に何度か行っています。
関西圏に於いて和歌山県だけ訪問はおろか、通過したことさえないのです。どうにかして和歌山県へ行ってみたいのですよ。

やはり今年も無理なのかもしれません。またモヤモヤとした気持ちを抱えたままになるのです。

検討課題
・奈良県から南下して和歌山県入りも考える
・パンダを見ることも企てのなかに加えておく

2020年7月19日 (日)

どうにもこうにも

今年は厄年全開な感じがします。ソモソモは新コロの発生と、世界的感染拡大です。本当に集近閉をヌッチメないといけません。
日本では九州、西日本を中心に大雨の被害を全国的に被っています。梅雨ってこんなに雨が降るんだっけ?と思ってしまいます。
梅雨前線とか、線状降水帯とか、太平洋高気圧の張り出しとか、地球温暖化とか。気に留めなかった気象用語も覚え始めてます。

おそらく新コロとは一発逆転満塁ホームラン的特効薬が開発されない限り、これからも長いつきあいになってしまうのでしょう。
そして日本を取り巻く気象状況も現在のような感じで常態化し、更に地震などの災害もマシマシになるだろうことが予想されます。
私のようにタダタダ日々ボンヤリと流されながら生きる横着で自堕落な者には、過酷な環境になりつつあるということなのですよ。

20200719

今回の梅雨による被害を受けた被災地域、それ以前に昨年の台風に伴う水害等の被災地域、マダマダ人手を必要としている
東日本大震災の被災地域などへボランティアとして活動しようにも、新コロによって出来ることも思うように出来ない状況です。
何ができるのか自分の足りない頭で考えれば、結局のところ被災地域の物産品を意識して買うことくらいしか思いつきません。

いままで通り福島、東北のお酒を買って飲み、岐阜や長野のお酒を買って飲み、熊本、九州のお酒を買って飲むしかないのです。
細心の注意を払いつつ、都内において展開している各県のアンテナショップ巡りをしながら、お酒を買い込もうと考えたりします。

検討課題
・行ければ現地へ行って買う
・アンテナショップ飲みも実行する

2020年7月 5日 (日)

選挙なんですって

今日は東京都知事選の投票日です。都民の皆様は奮って投票を行いましょう。
埼玉県に住み暮らす私に投票権は無いものの、都内在勤者として都政の行く末には興味があったりします。
立候補者の顔ぶれと、政策提言や公約などはヨクヨク見ておきたいと思います。

20200705

本来なら選挙後、新都知事のもと東京において平和の祭典が開催されることになっていたのでしょう。
ただ今年はご承知の通りの新コロタイムにより、予定されていたイロイロは延期や中止となってしまっています。許さんぞ集近閉!
いやはや、来年の今頃には終息してることを願うばかりでございます。

まずは開票速報番組を見るための準備として酒瓶を並べておこうと思います。

検討課題
・速報番組は東京12チャンネルが基本
・気まぐれに同時間帯のテレ玉も見る

2020年6月23日 (火)

日光とか鬼怒川とか

今年の4月頃、東武鉄道の駅などに設置されている観光パンフレット置き場に見慣れないパンフレットを見つけます。
通常よく見るB5サイズではなく、SL大樹の形に合わせて打ち抜かれた専用パンフレットです。ナミナミならぬ熱意を感じます。

春先の日光や鬼怒川へ行きたいじゃないですか。少し肌寒く、日陰には残雪もあるなか世界遺産を見たり、温泉に入りたいのです。
そんな観光に行きたい気持ちや、手ぐすね引いて待ち構えていた関係者をブッ飛ばしたのが新コロです。許さんからな集近閉!

20200623

幸いということなのか、栃木県で確認された感染者66人、死者0人となっています。(2020年6月22日現在の状況)
もちろん緊急事態宣言下において、県を跨いでの移動は自粛しなければならないことを考えると、都内から日光地区へ行くことは
控えなければいけない状況だと思います。大々的に観光キャンペーンを行った東武鉄道もさぞガッカリンコだったことでしょう。

公式発表では運休を続けているSL大樹は、2020年7月からの運行再開を予定しています。
温泉に浸かりたい、ダムへ行きたい、ニャンまげに飛びつきたい。やはり日光、鬼怒川方面に行きたいと考えてしまうわけです。
夏から秋にかけての予定を立てるためにも、駅のパンフレット置き場が賑やかになるのを待ちたいと思います。

検討課題
・新生姜ミュージアムも
・スーパーカーミュージアムも

2020年6月 1日 (月)

上野駅前 6月

それにしても今年前半はアレでしたわな。
昨日の今日でアレですけど、そういうことにしておきましょうや。

なんにしても月が変わったからといってスパッと終息するなんてことはなく、これから第2波、第3波と繰り返していくことになるんざんしょ。
つまりは今後とも長いお付き合いをしなけりゃならんということです。勘弁してくれよと言ったところで聞いてくれる相手じゃないんですし。

20200601

与太のつもりで書いた「ヨンサンは効く」ということ。自分の周りのヨンサンモデラーに感染者がいなかった事実を前にすると、あながち
適当なホラでもなかったということになるんじゃないでしょうか?世界保健機関なる連中の言より、あるゆる手段を用いヨンサンキットを
買い漁り、製作するほうが健康に良いということが実証されてしまったのですよ。驚くべきことです。いっそ論文にでもしてみますか。
まずは巨匠の皆様、モデラー諸氏が無事に健康なままお過ごしであったことを喜びたいと思います。

そんなこんなで春先からナカナカ実行できなかった不要不急なんとかを、ソロソロと様子を見ながら再開していこうと思ったりします。

画像は上野駅不忍口、高架下の鉄骨に貼られたステッカー。

検討課題
・誰がどんなことを言っていたか覚えておく
・それでも注意と警戒は怠らないようにする

2020年5月31日 (日)

緊急事態とか臨時休業とか

もういいだろ?
もういいんじゃないですか? いやマジでさ。

20200531

大変なんスよ。
本当に大変なんですよ。いや本当にさ。

そんな感じですよね。

画像は2020年5月12日、上野2丁目の仲町通りの飲食店ビルに貼られた臨時休業中と書かれた貼り紙祭の様子。

2020年4月7日に発令されていた緊急事態宣言は、2020年5月25日の夜に全面解除の発表がありました。大丈夫なんでしょうか。

検討課題
・働くこととは何だっけと思い出す
・仕事する振りの手順の再確認をする

追記

2020年5月29日、航空自衛隊 ブルーインパルスが新型コロナ感染症への対応を行う医療従事者への敬意と感謝を表すため
都心部上空を編隊を組みながら航過飛行を行いました。昼時の上野周辺でも見れるとあって外へ出て飛行の様子を眺めます。

Blue_01

1244。板橋方面から南東の江東方面へ飛行する様子を上野で記録。

Blue_02

1248。葛飾方面から南西の品川方面へ飛行する様子を上野で記録。

その名の通り、青いスモークを噴出するのかと期待するも、青空に長くたなびいたのは白いスモークでした。

2020年5月23日 (土)

延期とか中止とか

上野の国立科学博物館において2020年3月17日から開催予定だった「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」展が今般のコロナ禍の
影響もあり、開催延期となっていました。展示品を食べられるわけではありませんが開催を楽しみにしていただけに残念でありました。

20200523_01

関西圏に発令されていた緊急事態宣言も解除される見通しとなり、今後は関西圏の博物館や美術館などの開館も再開されるでしょう。
ところが関東圏の一部に発令されている緊急事態宣言は解除されず、イロイロな催しが延期や順延という扱いになってしまっています。
美術館などは見学する人も集まり、見学者同士が近づきやすく、展示品のために閉めきった場所のため致し方なしなのかもしれません。

東京都はいわずものがな。神奈川県の感染者数増加が鈍化しないことも解除を見送られる原因かと埼玉県民の私は推察するのです。
ソモソモの人口密度、それなりに混み合う通勤電車、都市部へ流入する労働者。どうにかなりそうでいて如何ともしがたいのでしょう。

20200523_02

パネルに近づき予定を確かめておきます。会期変更を告げる案内に「中止決定」を告げる案内が追加されています。許さんぞ集近閉。
タダタダ、今回の新型コロナウィルス発生地域にかこつけて、アレらの所業をやんわりと批判したいだけなんですけどね。

検討課題
・タイミングが合えば関西圏で見学する
・予定変更の案内は適宜チェックする

2020年5月10日 (日)

2020年4月24日、決死の覚悟で出社した際の帰り道。緊張しながら電車に乗っていると虹が出ているのを車窓から確認します。
東武動物公園駅コンコースから南に向けて虹を記録します。なんと虹ダブルです。珍しいこともあるものだと思ったりするのです。

20200510

以前もどこかで書いたような気がしますが、漂う雲、流れる水、食べかけの何かの画像をこのブログで使うことを避けています。
何となく自分に課したユルユルのルールです。なんともなれば雲や水の画像に逃げてしまいがちな気がしてならないからです。
とはいえ、虹の出現する原理や虹ダブルの発生頻度を分かっていなくとも珍しい気象現象であれば記録しておきたいのです。

検討課題
・レインボーマンなら土の化身で
・SSDは死ね死ね団の略と知る

2020年5月 1日 (金)

上野駅前 5月

さて、あと一週間。そんな風に考えてしまいがちです。
これからの一週間をどうにかこうにか無理矢理にでも我慢すれば、その後はウッヒョ〜!できるとお考えではございませんか?

送別会は諦めた。歓迎会も見送った。花見なんて無理でした。パンダだって見れなかった。ゴールデン期間もジッと我慢しますよ。
もう俺のタンクは満タンです。半世紀と少々を生き恥さらしながら生きてきて思うのは、こんな春は初めてだということです。
厳しい環境下というなら太平洋戦争中の戦時下や、1945年の終戦後はどうだったのか?産まれる前のことなど考えてしまいます。
日々に追われないことから詮無いことにイロイロと思いを巡らしてしまいがちです。つまりはボンヤリしっぱなしということなのです。

20200501

私の本業においては在宅勤務と自宅待機のあいだをフラフラしつつ、週に数度は会社へ行かざるを得ない状況が続いています。
零細企業なんてのは動きを止めたら即死です。死んでしまっては元も子もないので行動には慎重を期さざるを得なかったりします。
そんなことを考えながら駅前をみれば平時と比べ圧倒的に少ないとはいえ、それなりにチラホラと歩く人々を確認できます。

なんでも日本は医療崩壊を防ぐため、感染者数のピークを後へ後へと遅らせる戦略を選択しています。
つまりは連休明けどころか、お盆の頃に日本のピークが来るかもしれないのです。もしかしたら秋や暮れの頃かもしれません。
あれれ、これじゃあいつまでたってもウッヒョ〜!できないぞ。アテが外れてガッカリどころか、自暴自棄にならないか不安です。

どうにもモンモンとする状況です。もう少し、もう少しと自分に言い聞かせ自粛、自重を継続しようと考えます。

画像は2020年4月23日に朝に記録した上野駅前の様子。

検討課題
・後日の予定だけは立てておく
・なんとなくニュースをチェックする

より以前の記事一覧