2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨマイゴト」の232件の記事

2017年7月 6日 (木)

歯医者通い

歯に詰めていた金属が、歯磨きをしている最中にポロリと取れたので他の歯のメンテも兼ねて歯医者に通い出します。
自分の視界の及ばない部位でもある口腔内を、問答無用でまさぐられる拷問を「治療」という名の下、行っているのです。

恐怖でしかありません。

まず金属の取れた歯を治療し、虫歯のおそれのある2本を今後ゴリゴリ削ったり、盛ったりしていく予定のようです。

20170706
驚いたのは、どこかに紫外線硬化樹脂を用いているであろうということ。当然、治療中はどんなことをされているのか
目視できようはずはないものの、何かを盛りつけた後に口中付近で発光を感じたりするのです。どうなっちゃうのよ!
現状では、それに起因する不具合を実感することもないので気にしていませんが、詳細を見てみたいのです。

そもそもは虫歯になってしまうまで状態を放置する自分に、全責任があることは勿論承知しています。
また治療方法などについて選択肢の提供をせず、現状において最良と思われる方法のみを提示してくる医師に対して
不信感を覚えたりもします。それもこれも虫歯になってしまう自分のせいだということを理解していてもです。

幸いなことに、というべきか迷いますが、執拗にインプラントを勧めてくる系統の医師でないことにホッとしたりするのです。

検討課題
・歯ブラシはこまめに交換する
・電動歯ブラシの導入を考える

2017年7月 1日 (土)

上野駅前 7月

上野動物園において飼育、展示を行っているパンダが無事出産しました。
ニュース速報で報じることなのか、号外を配るほどの出来事なのか、南紀白浜の繁殖実績を鑑みるに思ってしまうのです。
相変わらず否定的な物言いに終始しているような気もします。気のせいじゃない自覚だってそこはかとなくあったりします。

どうしても上野動物園にいるパンダに対しては、過去の個人的体験から好意的に見ることができなかったりします。
幼稚園児だった頃、上野動物園に遠足へ行きました。故西山登志雄氏によるデッキブラシを使ったカバの歯磨きを見学し、
虫歯にならないために歯磨きをしましょう!と教わった記憶もあります。長じて再三再四、虫歯に苛まれてはおりますが。
そして遠足のメインイベント的に特別な飼育舎にいたカンカンとランランを、長い行列に耐え忍んでようやく見学します。

部屋の奥で餌となる笹にまみれ、薄茶色のケツをこちらに向けるパンダらしきものを見た記憶があります。

いわゆる黒いタレ目柄の愛くるしい顔を見るでもなく、タイヤで遊ぶ滑稽な姿を見るでもなかったのです。
果たして幼稚園児だった頃に遠足で見たアレは本当にパンダだったのか?あれから40年以上経た今でも疑念が残ります。
そんなに疑念を抱いているなら、意味不明な敵意めいた感情を抱き続けているのなら、現在の勤務地からも遠くない場所
なんだし、サッサと見に行けばいいだろうという至極真っ当な疑念に対する解決策があることも重々承知しています。

数十年振りに上野動物園に行ってみようかと今さらながらに考えたりします。

20170701
そんな個人的なグダグダした感情などはさておき、上野駅前の老舗玩具店ではビジネスチャンスとばかりにパンダ関連の
玩具を店頭に並べています。特に週末になると、ゼンマイを巻いてシンバルを鳴らすチンパンジーに代わり、画像のような
ノソノソ歩くパンダのぬいぐるみなどを販売しています。もはや上野名物といっても過言ではありません。

長らく少子化が叫ばれる日本にあっては、借り物のパンダといえど出産に沸き立つ気持ちも分からないでもありません。
さらにそれをビッグビジネスに繋げようとする気概は見上げたものだと言わざるを得ません。全くたいしたものですよ。

そして先月触れたアソコ。

20170701_002
まちろんアソコもパンダ誕生に乗っかるわけです。上野の近所ですし、繁殖行動に近いプレイに満ち溢れているわけですし。

いつも通りグチグチ文句を言ってます。梅雨空のせい、蒸し暑さのせいということでお許しください。

検討課題
・アカパンダを見に野毛山へ行ってみる
・アカパンダを見に江戸川へ行ってみる

2017年6月22日 (木)

ガッカリしたりチャンスを待ったり

神田駅の柱に貼られたポスターに興味を持ちます。神田駅北口、銀座線への乗換口付近に新しくできた飲食店です。
ポスター下方に小さく「定休日:土・日・祝日」と書かれており、自分には、なかなか訪れる機会は巡ってこないということに
少しばかりガッカリします。どうにかして昼休みの自主的延長や、開き直って職務放棄をしちゃうとか画策したくなります。

20170622_001
調べてみると、食堂車のカツカレーをメニューに用意しています。自分にとってはガキの頃に食べた思い出の味です。
JR東管内ということもあり、東海道新幹線の浜松駅あたりから提供されていた鰻重はメニューに無く、残念に思います。

なかなか行けなさそう、自分の食べたい全ては望めなさそう。ということで気持ちを切り替えるために飲んでおきます。

20170622_002
オマケ欲しさに買うでもなく、オマケのために義務的に飲むでもなく、特急「つばさ」を手に入れられて満足します。

検討課題
・販売促進にまんまと嵌まっても後悔しない
・今ならヘパリーゼを飲みまくっておく

2017年6月 1日 (木)

上野駅前 6月

衣替えの季節到来です。
クールビズですから。この一言で少々以上にラフな格好をしても許される季節が日本にやって来たということです。
私の場合は5月初旬より、何かに先んじるかのように既にスーパークールビズの導入を実施していたりもします。
身にまとう服の枚数も減ると、体重のことなど忘れ、心なしか身軽になった気持ちにさえなります。気持ちが大切です。
身軽になれば足下も浮き立つようになり、浮き足だった感じで会社帰りに色々な場所に立ち寄ったりもするわけです。

20170601
上野広小路駅近く春日通りの北側、不忍池の南側の一区画に仲町通りと呼ばれる飲食店街があります。
その街路灯には監視カメラと共に拡声器も取り付けられ「客引きはボッタクリです。絶対について行かないように」と
商店会だか官憲だかの呼びかけを四六時中エンドレスで垂れ流しています。ある種の営業妨害とも捉えかねられません。
なるほど歌舞伎町、錦糸町と並び、鋭い客引きをもって勇名を馳せるそういう「町」だということを認識できます。

早朝から営業しています。昼も昼下がりも営業しています。夜ともなれば本気の営業をしています。
通り抜ける際「朝キャバいかぁスか?」や「どうです?夜の新規開拓!」などと声をかけられ、つい笑ってしまいます。
こちらにお勤めの方の多くは季節関係無しにクールビズを徹底するかのような薄着だったり、外で声出しをしてる方は
同じく季節関係無しに黒服を着込んでいたりもします。汗臭いような、生臭いような、何とも言えないブロックです。

軽く飲んだつもりが意識不明になるほどに昏睡し、パンイチで不忍池のほとりに転がされる。そんな事案も発生します。
安心して飲める場所の見極めもできない私は近寄らないことを励行するしかできません。君子仲町に近寄らず、です。

検討課題
・歓楽街の飲食店には通ってみる
・在籍表の正しい解読法を習得する

2017年5月28日 (日)

目を凝らしたり納得したり

現在の勤務地は上野ということもあり、気の向くまま昼休みに柳森神社へ行き、猫を揉みしだくこともできたりします。
その道すがら、視線を彷徨わせながら歩いていると、チョット気になりながらも詳細を調べられずにいるモノがあります。

20170528_001
神田川に架かる「神田ふれあい橋」の北側に立ち、目的地の柳森神社を確認します。

20170528_002
橋の彼方、正面に建つガラス張りのビルの最上階。

20170528_003
それぞれ異なるポーズをとる3体のマネキン。あれはなんなんだろう、いつからポーズをとっていたのだろう。謎です。
赤、白、黄色。個人的にはゲッターロボを思い浮かべましたがドリルも無いし、間違いなく見当違いでしょう。

20170528_004
中央通りの交差点で信号待ちの折、カジノ解禁してたの?と思ったり、今でも質屋ってあるんだなぁと思ったります。
とても2008年に凄惨な事件の起きた場所とは思えないほど暢気な感想しかでてきません。平和ボケかもしれません。

20170528_005
視線を上げれば墨痕鮮やかに「エロこそ正義」と書かれた看板。老若男女行き交う公共の場において、宣伝とはいえ
ここまでキッパリ言われてしまうとウンウン頷きながら納得するしかできません。さもありなん、というやつです。
特に「無修正」の文言を見ると、この歳になってもピクリと反応してしまう自分に情けなさを感じたりもします。
どんなものか調べたい気持ちもあるような無いような。看板を見てたらいつの間にか信号は青に変わってていました。

検討課題
・直輸入にワクワクしすぎない
・無修正にドキドキしすぎない

2017年5月 1日 (月)

上野駅前 5月

大型連休真っ只中。私といえば休日は暦通り、5月1日と2日は普通に出勤せねばならない社畜っぷりを発揮しています。
とはいえ、なんだらミクスの影響もあるでしょうから大手企業などはババーン!と9連休になっていることと思います。
せめてもの腹いせに、いつもより早く会社から逃げ出し、とっとと飲み屋に繰り出そうとするわけです。平常運転です。

20170501
中央通りと、上中(うえちゅん)と呼ばれる上野中通り商店街の間にある「たぬき小路」という路地を頻繁に歩きます。
春日通りの蛇料理店、文久堂の角を曲がった短い路地に現在ではモツ屋と、トンカツ屋しかしかなく寂しい限りですが、
大通りの人混みを一時でも避けて通れる抜け道として使えるメリットは計り知れないと思っていたりもします。

各店舗で出た段ボールがノッサリと積まれていたり、休憩時間に一服する店員さんがいたりと裏路地感も満点です。
もう少し上野駅方向まで路地が続いていれば、それはそれで風情もあるのにと思いつつ、セカセカと通り抜けるのです。

検討課題
・路地に設置された監視カメラを見つめる
・マムシやスッポンを食べる機会を設ける

2017年4月24日 (月)

足下には

この記事は、2017年4月18日に書いています。

2017年4月21日に実施される東武鉄道のダイア大改正を間近に控えた日、いつも通り山谷ブルースを口ずさみながらの
会社帰り、自宅最寄り駅のホームを俯きながらトボトボ歩いていると、今まで無かった見慣れないサインを見つけます。

20170424_001
6両編成の車両が停まるであろう場所を挟むように「100」と「500-6」の表示。

20170424_002
近づいてよく見ると「500-6両」さらに下には「Revaty」と書かれていることを確認できます。
なんと東武鉄道が新たに導入する新型超特急リバティと、沿線で愛され親しまれる超特急スペーシアも最寄り駅に停車
するとこになるようです。これにより帰宅時は、ゆったりと酒を飲みつつの着席乗車も可能になるかもしれないのです。

積極的な新型超特急の導入に伴い350系車両を用いた「きりふり」や「しもつけ」などの特急列車は廃止されてしまうとも
聞きます。リクライニングしない狭いシートピッチは、今となっては古さも感じますが、乗ってしまえば快適さも感じられ
なくもなく、個人的には利用頻度の高さもあって廃止はとても残念に思ってしまうのです。

ダイア改正後、時刻表などに目を凝らし、新型超特急リバティに乗車する機会を得たいと考えます。

検討課題
・浅草から春日部までにビール3缶を飲み干す
・特急発車時刻に合わせて飲むようにする

2017年4月 2日 (日)

神保町駅前 4月

駅前ではなく。靖国通りの駿河台下交差点の角地にもうずいぶん前に開店したディスカウントストア。
以前はゴルフ用品専門店だったと記憶しています。その前に何があったかはサッパリ思い出せません。

20170402_001
郊外の国道沿いに出店している印象があります。限りなく24時間営業的な営業スタイルの印象もあります。
商品を天井までミチミチに詰め込んだ陳列をしている印象があります。テーマソングが耳から離れない印象もあります。
駐車場に停まる車のダッシュボードはモコモコな印象があります。ジャージで買い物を楽しむ人が多い印象もあります。

印象だらけなのは普段から利用する機会に恵まれないからだけだったりします。
勤務地に近い場所だと湯島にほど近い、春日通り沿いの上野店がありますが店頭を通り過ぎるばかりでなかなか店内まで
分け入ることもありません。私が利用しないのは、おそらくホビー関連用品を扱っていないからなのでしょう。

20170402_002
神保町靖国通り店。
本棚の前で本を読むマスコットキャラクターを設置しています。なるほど、地域に溶け込む努力を感じることができます。
自らを「驚安の殿堂」というのであれば、その場所柄らしく新刊書籍等も叩き売りしてくれてもいいのに。と益体もない
ことを通り過ぎざまに考えたりします。

検討課題
・歌舞伎町の新宿東口本店を探索してみる
・店頭に設置された水槽を眺めまくる

2017年4月 1日 (土)

上野駅前 4月

新年度です。浮かれ騒ぎ真っ只中です。今日は笑って済ませられる程度の嘘を少しだけつける日でもあります。
春だし、桜も咲いているし、何だりと、適当に理由を捏ねて飲む量も普段に比べ格段に多くなる今日この頃です。

20170401
飲めば出るのが人体の神秘。
品行方正であろうと心がければこそと上野駅構内のトイレに駆け込めば、使用法についての貼り紙を見つけます。
水洗式でもトイレットペーパーを流さない集団がいると聞きます。脆弱な下水道しか用意できない後進国では常識といえます。
水洗式ゆえトイレットペーパーを流せる国においても流せないものはあったりします。吸い殻、ポンプ、何かの包み。おぅ。
場所柄と納得するか、これも時代の流れと諦めるか。トイレの使用時に意味も無く後ろを振り返りたくなります。

公共の場所でもあります。できるだけ綺麗に使い、できるだけ汚さぬよう留意したいと思います。

検討課題
・飲み過ぎてワタワタしない
・気持ち悪くなるまで飲まない

2017年3月28日 (火)

こうせつ

2017年4月27日、南ではなく、出勤時間帯になっての降雪。もう間もなく4月だといのに驚きの寒さです。
もう今シーズンは着ることもないと放っておいたダウンジャケットを慌てて着込むほどの寒さも感じます。

20170328
ボッタリと重く、湿った大粒の雪。まさか積もることもあるまいと思い、車のワイパーを持ち上げるだけにとどめ、
そのまま遅れ気味となっていた通勤電車に乗りましたが、埼玉県北東部では何が起こるか分かりません。楽しみです。

検討課題
・なごり雪を聴くならWhat's Love?で
・4月になったら半袖を出しておく

より以前の記事一覧