カテゴリー「ヨソユキ」の578件の記事

2017年5月22日 (月)

亀戸から両国

2017年5月4日、大型連休真っ只中。いろいろ企みつつもお腹を減らすことを念頭に、無駄にウロウロ歩きます。

20170522_001
亀戸駅で緑色のスペシャル塗装を施された東武8668を撮るチャンスに恵まれます。

20170522_002
まるで軍艦の艦橋のようなトタンを巻かれた建物。電線まみれもまたよし。

20170522_003
錦糸町の通りからスカイツリー。電線の埋設工事も終わったようで妙にスッキリしちゃっています。

20170522_004
両国の横網町公園からスカイツリー。子供の日を翌日に控え、園内ではためく鯉のぼり。

20170522_005
さらに旧安田庭園から咲くサツキ越しにスカイツリー。サツキとツツジの見分けは全くできません。気にしません。

20170522_006
といことでダラダラ歩いて両国駅。ここからが本番なんですよ。

検討課題
・花の名前を少しだけ覚える
・人通りの少ない道を選んで歩く

2017年5月18日 (木)

曙橋から市ヶ谷

2017年4月29日、カレンダー的には昭和の日の祝日。感覚的にはただの土曜日、ありがたい祝日感は無かったりします。

20170518_001
そうはいっても祝日なりに気分を高めるでもなく、初めて下りるような曙橋駅を敢えて選び、地上に出てみます。

20170518_002
駅から東に移動した外苑東通りの側道で、とても都心部の公道とは思えないような砂利道を見つけます。

20170518_003
そろそろ人骨の展示をしているかと思い、新宿歴史博物館に寄ってみます。
見たいと望んだ人骨の展示は行われておらず、企画展「塔の森クロニクル」を見学します。新宿駅周辺の拡大発展から、
現代の高層化開発の歴史を多数の模型と資料等の展示により理解できます。新宿駅西口を定点観察した写真の中に、
現在、新宿パークタワーの建っている場所に1980年代中盤までガスタンクがあったことを知ります。当時、高層ビルへと
登っては、下界を見下ろすことを楽しみにもしており、おそらく見ていたはずなのにスッポリ記憶から抜け落ちていました。
企画展「塔の森クロニクル」は2017年5月7日をもって会期終了。

20170518_004
住宅街をあてどなく歩く途中に見つけた配管業者の執念のような物。

20170518_005
市谷亀岡八幡宮に寄って小銭をブン投げます。靖国通りからの参道階段がもっと緩やかになりますように、と祈ります。

20170518_006
左内坂を登った先の大日本印刷市谷工場の解体現場を遠目に眺めます。鉄筋コンクリートの剥き出し感が堪りません。

この後、市ヶ谷駅ホームで電車を待ちつつ太公望の一喜一憂に手に汗握り帰宅します。

検討課題
・防衛省北西側地域をウロウロする
・釣り文化資料館に立ち寄るチャンスを窺う

2017年5月13日 (土)

Go West! May

今年も静岡に行くんだぜ!

20170513
ヨンサンを出展する模型倶楽部の作品見学をはじめ、ハセガワのマルニーや、アオシマの速吸を見たいと思います。
諸々についてはまた後日、おそらく6月になってからの記事になります。

検討課題
・昼飯をどうするか考える
・物販コーナーで野獣になる

2017年5月 6日 (土)

新宿ウロウロ

2017年4月23日、思い出してみれば新宿をウロウロするのは正月以来でした。
更に前日は新橋において美味しいものを食べたこともあり、西口線路脇の飲み屋には断固寄らないと決心しておきます。

20170506_001
解体され、建て替えられるといわれるスバルビルから地上に出て、小田急百貨店方向を見晴らします。
スバルビルも解体される前によく見ておきたいとも思います。

20170506_002
新宿西口の家電量販店を行ったり来たりします。最終的にホビーコーナーで使えるかもしれない材料を入手します。

20170506_003
西新宿の中古プラモデルを取り扱う模型店に行ってみます。
私が小学生の頃、既に模型店の店員さんから「これは手こずるから買わないほうがいいよ」と助言を貰ったFROG社の
飛行機モデルがパッケージ含め完品で揃っており、再び手を出そうとしてドキドキしながら慌てて手を引っ込めます。

長いこと本当に探している古いキットは見つからず、その代わり何となく欲しくなった古いキットもあったりです。
また行ってみようと思います。

検討課題
・新宿での午前中の過ごし方を確立する
・新宿南西側の地理把握に努める

2017年5月 3日 (水)

半蔵門から九段下

2015年4月22日、この日は夕方から新橋において美味しいものを食べられる予定もあることから、少し歩いておきます。

20170503_001
半蔵門駅から地上に出ます。とりあえずグルリと辺りを見回し内堀通りを目指します。

20170503_002
半蔵門線の半蔵門駅の由来となった元祖半蔵門。間近に見てみたいのに、警備上の諸々からか近寄ることはできません。

20170503_003
イギリス大使館脇にある石畳の歩道をゆっくり歩きながら凹凸感と、僅かばかりの歩きにくさを楽しみます。
フラフラと歩いたところで再び「北の丸公園1」を見つけます。場所は千鳥ヶ淵交差点にある千鳥ヶ淵警備派出所。
以前「北の丸公園1」を見かけた場所は乾門から信号を渡った代官町IC近く。番地のエリアは思いのほか広いようです。

20170503_004
千鳥ケ淵戦没者墓苑に寄ります。初めて中まで入り、歩き回りましたが、いろいろ考えさせられたりもします。
休憩所前には有名な歌にも歌われている「さざれ石」が置かれています。けっこうな大きさで、巌までもう一歩です。

20170503_005
お濠を右手に見ながら千鳥ヶ淵緑道を歩けば、散るタイミングを逸したかのように咲いているソメイヨシノを見つけます。

20170503_006
そして靖国神社。境内の標本木を見るに、桜の開花まであと330日といったところ。一応、参拝もしておきます。

20170503_007
夕方に備え、なんとなく空腹感も覚えてきました。そろそろと浅ましさ全開で九段下から移動します。

検討課題
・番町周辺を歩き回る
・麹町周辺を歩き回る

2017年4月28日 (金)

きりふり

2017年4月19日、仕事する振りも早々に切り上げ、上野でホッピーを引っかけてから帰宅します。
泥酔するまで飲むことはせず、フラフラとしだす足取りを楽しめるくらいの酩酊感を自覚できる程度に留めておきます。
飲んでしまえば帰宅ラッシュに揉まれることなく座って帰りたくなるのが人情です。銀座線に乗って浅草へ移動します。

20170428_001
1930浅草発の特急きりふり283号が浅草駅に入線します。
こちらへの乗車に間に合うように逆算しながら飲むことが大切なんです。日々の行為、ルーチンワーク化しています。

酔った頭で以前、同僚が栃木県の霧降高原を霜降高原とずっと間違えたまま会話していたことを思い出します。
グルグルと連想するでもなく、昨今の霜降り肉偏重主義に訣別を表した浅草ちんやに行きたいな、とも考えます。

20170428_002
急行りょうもう号の頃の面影を濃厚に残す東武300系。中途半端な時刻に運行されるというに、それなりの乗車率です。
翌日はこの車両を用いた運行の最終日とあって、混雑を避ける作戦なのかホームにはカメラを構えた鉄道ファン多数。

聞くところによると、この300系車両は廃車にしてしまうようです。いくつかの350系車両は残るのかもしれません。残念です。
何かの折、リクライニングしない座席の特急に乗りたくなる気分の日もあります。そんなときは選んで乗るようにしましょう。

20170428_003
定刻2004から僅かに遅れ、終点の春日部に到着。ここでもホームにカメラを構えた鉄道ファン多数。人気だなおい。

20170428_004
せっかくのことですし、長期的に印字は消えてしまう可能性もありながら、切符は記念に保存しておこうと思います。

検討課題
・電車に向かってアリガトーと絶叫しない
・帰宅時間帯の特急列車を活用する

2017年4月25日 (火)

千駄木から上野

2017年4月15日、この日は夕方から秋葉原において催される狂乱の宴にお誘いいただいているので少しだけ歩きます。

20170425_001
千駄木駅から地上に出ます。つつじまつり開催中の根津神社には目もくれず、不忍通りと並行する路地を目指します。

20170425_002
もとは藍染川が流れていたといわれる「蛇道」を歩きます。その名の通り見通しの悪いグニグニと曲がった道です。
いくつかの場所では「いけず石」的なものを見つけることができます。路地の性格を知らない来訪車によってアタック
されたこともあるのでしょう。根性の曲がった私なら、そこに石でできた地蔵やお狐様を配しておくかもしれません。

20170425_003
迷えと言わんばかりの町内地図。さて、いま私はどこにいて、どこを目指せばよいのやら。

20170425_004
「公園に住んでるって聞いたけど?」
「そうだよ」
「マジで公園に住んでんだ…」
「そうだよ」
誤解が誤解を産む会話を続けたくなります。

20170425_005
寛永寺墓地越しにスカイツリー。この日はジットリと暑く、春霞でもなくスカイツリーもモンヤリしています。

20170425_006
両大師橋を渡り、この3月に引退した01系のいない銀座線の車庫をフェンス越しに覗き込みます。

もう少し無目的に歩き、夕方に備えます。

検討課題
・玄関前にシーサーを置いてみる
・生活道路を抜け道に利用しない

2017年4月21日 (金)

花散らしの雨

2017年4月9日、前日に続き関東地方は雨模様の中途半端な天気。週末だってのに予定はすっかり丸つぶれです。

20170421_001
それでも外出しないとならない用事もあり、車で都内へ行くことになります。
休日に車で移動すると何よりも飲めないのでウンザリします。雨の日に傘を持って出かけるのも、傘を紛失したり
どこかにぶつけてヘシ折ったりするので腰も重くなりがちです。運転中の閉ざされた車内でブツブツ文句もでます。

一通り用事を済ませ、向島ICに向かう帰り道に雷門あたりから見た雨雲に展望デッキが隠れてしまっているスカイツリー。
安全運転を心がけ、夕方前に帰宅すると雨も上がり、僅かばかりの日差しも見えたりします。もっと早く晴れておくれよ。
もう雨で散ってしまったかと、近所の公園を散歩を兼ねてフラフラ歩いてみます。

20170421_002
昼間に見ればそれなりに桜色。

20170421_003
用水路に映る桜。
もっとあざとく水面にバッチリ映り込む画像を期待するも、降った雨が流れてくるのか水面は鏡のようになりません。

20170421_004
そろそろ散る準備。

今年は桜の咲く頃に荒れた天候の週末がぶつかったことから、思う存分飲み食いできる花見を楽しめませんでした。

検討課題
・まだ咲いてるところに行ってみる
・花見酒だけを目的にしない

2017年4月20日 (木)

近所の夜桜

帰宅拒否とかそういうのじゃなく。最寄り駅から真っ直ぐに帰宅せず、近所の桜を見ておこうと寄り道をしていきます。

20170420_001
公園周辺に植えられた桜もけっこう咲いてきていました。

20170420_002
夜に照明の強い場所で撮っているせいか、いわゆる桜色になっておらず白っちゃけています。

20170420_003
用水路の上に枝を伸ばす桜。街頭も無く、公園の照明も消える時刻になると真っ暗闇になってしまいます。

桜の咲いている頃なら帰宅後、缶ビール片手にフラついておこうと思います。

検討課題
・冬のうちに根元に食用赤色2号を撒いてみる
・どれか1本へは食用青色2号を撒いておく

2017年4月19日 (水)

浅草の夜桜

2017年4月5日、驚くほど寒かったのは4月1日だけで、その後は気温の高い日も続いたことから一気に桜も咲きました。

20170419_001
墨田区役所前交差点付近から。

20170419_002
源森橋から。

20170419_003
源森橋から「舞」ライティングのスカイツリーと、走り抜ける東武6050系快速。

20170419_004
業平橋から。

いつも帰りがけに浅草方面から適当に撮っておしまいにしてしまっています。たまには十間橋から撮ってみようと思います。

検討課題
・ライティング情報をチェックする
・桜の頃の東京タワーも撮っておく

より以前の記事一覧