2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨソユキ」の766件の記事

2020年6月26日 (金)

Go West! June バイウ〜

2020年6月20日、県を跨ぐ移動自粛の措置も緩和されたし、梅雨前線の間隙を突いて不要不急プレイをブッこくという作戦です。

20200626_01

0810。新城。愛知県へ突入します。

20200626_02

1103。猫島遺跡。
名神高速、尾張一宮PA(下り)の場所から発見された二重の環濠を備えた集落跡を見学しますが、じゅうぶんな遺構を確認できません。

20200626_03

1123。井上商事株式会社 ホビー事業部。いつもお世話になっています。

20200626_04

1413。ラクーンオート。いつもお世話になっています。相変わらずといった感じで棚の前に陣取り、小刻みに不審な動きを繰り返します。

20200626_05

1628。アールクラフト。いつもお世話になっています。脚立を出していただき、階段前でフラフラしながら必要なキットを見繕います。

20200626_06

1840。由井。戦い済んで日が暮れて。ノロノロ走りながら帰宅します。

この項、少しだけ続きます。

検討課題
・もうちょっと掘る
・煽られない運転を心がける

2020年6月22日 (月)

錦糸町から新御徒町

2020年6月7日、前日より涼しいとの天気予報もあったので、懲りずにノタノタと歩き回ります。

20200622_01

錦糸町駅前の駄菓子店。箱買い、大人買いからバラでの購入まで思う存分楽しめる駄菓子のワンダーランドです。

20200622_02

蔵前橋からスカイツリー。首都高向島線が邪魔です。

20200622_03

蔵前橋通りと江戸通りの蔵前一丁目交差点角にある花火店。この交差点は何かの取り締まりを頻繁に行っているので要注意です。

20200622_04

清洲橋通り沿いにある台東小島ビルの外観。エアコン室外機を取り付けるフレームがワキワキしています。

20200622_05

アーケードのある佐竹商店街を冷やかそうとするも、冷やかすだけの店舗がなかったりします。ここはいい感じの商店街なのにな。

検討課題
・人とすれ違わない路地を歩く
・蔵前橋から駒形橋にかけてを歩く

2020年6月21日 (日)

業平橋から浅草

2020年6月6日、東武鉄道の新型超特急THライナー運用開始に伴うダイア改正の日、久しぶりに少しだけ歩いてみます。

20200621_01

東京スカイツリー駅構内をウロウロします。東武と言えば東武動物公園、東武動物公園と言えばのホワイトタイガーです。

20200621_02

長らく工事をしていた北十間川に架かる小梅橋が開通しています。閉ざされた水門に近づいてみたくなります。

20200621_03

源森橋からスカイツリー。この源森橋から枕橋に平行する区間の高架下が商業施設として整備されています。
隣接する墨田公園も整備され、それまで公園と高架のあいだにあった車道は歩行者専用道路に変更されてしまっています。

20200621_04

枕橋のたもと、墨田区向島1丁目1番地のGROUP F-1。店頭にあった飲料自販機も撤去され、店舗も撤去されてしまいそう。
というのも反対側にあったおにぎり屋もずいぶん前に閉店し、今は上記の商業施設整備に伴い跡形も無くっているのです。

20200621_05

曇天、スカイツリー、蒸し暑さ。昼過ぎから局所的に雷雨になるわけです。

20200621_06

浅草文化観光センター8階、展望テラスからの仲見世通りを眺め下ろします。
普段の浅草って週末でもこんな感じだったよな。いつから平日でも混み合いだしたんだ?そんなことを思ったりします。

検討課題
・少しずつ歩き回る
・マスクを外すタイミングを計る

2020年6月20日 (土)

Go West! June

とりあえず周辺の情勢、状況を勘案しながら不要不急プレイをブッこいておくんだぜ!

20200314

当初は3月中に目論み、世間一般に広がる諸般の事情等を鑑み4月へと日延べしましたが、それも自粛の嵐に巻き込まれ
あれよあれよと5月、さらには6月とノビノビになりました。まさかこんなかたちで自分に影響が及ぶとは思いませなんだ。

少し長距離を走ることで新機能に対する慣熟を行いたいと考えたりします。
併せてドサクサに紛れてやらかすモロモロについてはまた後日。

検討課題
・ノンビリ行く
・ノンビリ休む

2020年4月 9日 (木)

アオシマ 合体ロボット&合体マシン ボックスアート展

2020年3月24日、神保町の文房堂において催されていた「アオシマ 合体ロボット&合体マシン ボックスアート展」を見学します。

20200409_01

いきなりグーパンを発射するアトランジャーがお出迎えしてくれます。エレベータのボタンを連打し会場のギャラリーに向かいます。

20200409_02

高精細に再現された複製原画を中心に箱絵以外の原画等も展示されています。記憶のなかのイロイロがドバドバ漏れ出します。

20200409_03

さんざん買って遊んだレッドホーク艦隊ですが、合体セットはナカナカ買って貰うことはできなかったことを思い出したりします。

20200409_04

いま作りたい。どうか再販をお願いしたいと思うとともに、今風の合体シリーズを是非とも新シリーズで展開していただきたいのです。

20200409_05

会場で販売していたカタログも購入します。こちらと併せ読み比べてみたいと思います。

アオシマ 合体ロボット&合体マシン ボックスアート展 会期は2020年3月28日で終了。

検討課題
・アオシマじゃよアオシマじゃよ
・カッカッカッカ

2020年2月25日 (火)

清澄白河から茅場町

2020年2月9日、先日せっかく歩いたのに豊海橋を見落としていたことに気づき、風の吹く日曜日に同じような場所を歩きます。
冬場はその立地からダムへナカナカ行けず、コンクリート成分、鋼鉄成分が不足しがちになります。ということで清澄白河駅から
地上に出て摂取しておきたい鋼鉄成分を補給しつつ豊海橋を目指そうと目論みます。

20200225_01

新小名木川水門。小名木川西端、高橋と萬年橋のあいだに設けられた水門。江東区の水路は後日、歩き潰したいと思います。

20200225_02

萬年橋。画像左側はすぐに隅田川。江東区芭蕉記念館へは寄らず、橋の上から新小名木川水門を眺め倒します。

20200225_03

清洲橋とスカイツリー。隅田川東岸の隅田川テラスから北方を見渡します。

20200225_04

永代橋、水上バス、豊海橋。古くからある鉄橋と未来的デザインの水上バス。フジミのプラモを買いたくなります。

20200225_05

豊海橋。隅田川東岸から眺めます。フィーレンディール形式と呼ばれるラーメン構造の鉄橋。これを堪能したかったのです。

20200225_06

豊海橋。逸る気持ちを悟られないように永代橋を渡り、日本橋川に架かる豊海橋の北側から鋼鉄成分を堪能し尽くします。

20200225_07

豊海橋。日本橋川に架かる湊橋から再び豊海橋をしばらく眺めます。どうにかしてもう少し近づきたいと考えてしまいます。

茅場町駅から帰宅する際、このエリアは暖かくなったらモリモリ歩かないといけないと思ったりします。

検討課題
・木場あたりから枝川あたりまで歩く
・横十間川周辺も歩いておく

2020年2月15日 (土)

青森ツアー 2020 3日目 最終日

2020年1月29日、天気予報では津軽は雨。そして降雪を期待できそうなのは2月の1週目以降という長期予報。
これは現地に延泊してまで粘ってもラッセル車の出場は期待できそうにもないことから、この日を青森ツアー最終日と決定します。

20200215_01

グッドモーニングお岩木もできなほど雨に煙る津軽の朝。だいたい雪が降って当然という季節なのに雨降りだというのがおかしい。

20200215_02

0932。弘南鉄道 弘南線 黒石駅。ルーティンとはいえ下げパンタを確認するのはナカナカに辛い作業でございます。

20200215_03

1008。弘南鉄道 大鰐線 津軽大沢駅。今年は運用しないことが発表されていた大鰐線のラッセル車を見ておきます。

20200215_04

お土産ヤケ買いのために寄ったお店でも思うに任せない状態を喰らいます。もうコテンパンです。
通常より早い時間ではありますが、これ以上ないほどの初ボーズにノックアウトされ帰路につくことになります。

検討課題
・ボーズの中から収穫を探す
・ボーズ回避のためにできることを考える

2020年2月13日 (木)

青森ツアー 2020 2日目 MISAWA

2020年1月28日、下げパンタヨシ!大きな声で指差呼称したら作戦変更です。ソモソモがヨシ!とか言ってる場合じゃないんです。

20200213_01

F-2。

20200213_02

F-16。

20200213_03

E-2C。シャッタースピードを1/1000にしたままだったことからプロペラはしっかり止まってしまっています。

20200213_04

E-2C。ハセガワのプラモ的なカラーリング。そしてシャッタースピードを1/200にしたら見事にピンボケになります。

20200213_05

F-35。

20200213_06

V-22。これを観たかった。

20200213_07

F-16B。複座はよいものです。

小雨交じりの曇天にロービジ迷彩の戦闘機。私ごときが上手く撮れるはずなど無く、ボケボケ画像を大量生産します。

検討課題
・ナナニーのオスプレイを作ってみる
・曇天逆光での必勝パターンを見つける

2020年2月12日 (水)

青森ツアー 2020 2日目

2020年1月28日、青森ツアー2日目。天気予報では津軽は曇、三八北上は曇ときどき雨とかなんとか。どうすればいいですか?

20200212_01

グッドモーニングお岩木。山頂までスッキリと見えています。日本海側に目を向けても雪雲らしき雲を見つけることもできません。

20200212_02

0852。弘南鉄道 弘南線 平賀駅。昨日はいたラッセル車がいません。

20200212_03

0915。弘南鉄道 弘南線 黒石駅。ラッセル車と下げパンタを確認します。どのタイミングで黒石駅へ移動したのか分かりません。

20200212_04

0924。黒石駅西側の踏切からラッセル車を見てみます。ご覧の通り、雪は普通電車のチンスポにさえ届いていません。
除雪作業の準備が始まる時刻になっても何ら動きは無く、この日もラッセル車の出場はないものと考えるに至り、作戦変更です。

検討課題
・下げパンタを指差呼称する
・天気予報は随時チェックする

2020年2月10日 (月)

青森ツアー 2020 1日目 五能線

2020年1月27日、今年度は大鰐線のラッセル車は不調ということから弘南線に張り付く予定が下げパンタを喰らい作戦変更です。
せっかくの晴れですから架線の無い広々とした空を求めて五能線を獲りにいきたいと思います。

20200210_01

藤崎駅〜川部駅間にて。
1017。車両背後に廃車が映り込みガッカリ。

20200210_02

藤崎駅~川部駅間にて。
1017。雪があれば線路両脇の赤いテンテンは隠れたはず。

20200210_03

板柳駅〜鶴泊駅間にて。
1106。枯れ草以外の土の露出多い。

20200210_04

驫木駅にて。
1505。雪無し、白波無し。なんとも穏やかな午後。

20200210_05

驫木駅にて。
1505。消波ブロックを飛び越えるような波を望むも願い叶わず。

20200210_06

驫木駅にて。
1544。手前に木造駅舎。消波ブロックに当たった波が霧のように立ち上ります。全体としては晩秋の景色のよう。

検討課題
・雪があるように撮ってみる
・季節感が無くても撮っておく

より以前の記事一覧