カテゴリー「ヨソユキ」の673件の記事

2018年7月17日 (火)

新宿三丁目から新宿

2018年6月24日、その約一週間前に某所で気になる文章を拝読し、暑いさなか新宿まで出掛けます。

20180717_001
今から10年ほど前まで勤務地は中野にあり、しかも中野といっても青梅街道沿いだったことから丸ノ内線を利用する
ことが主でした。そんな勤務環境のなか画材を買いに行く、印画紙出力を受け取りに行く、クロマティックを発注する、
本業絡みの打ち合わせ込みで新宿三丁目という場所は頻繁に訪れる場所でもありました。

特にこの地下飲食店街の並ぶ出口から地上に出れば「さくらやホビー館」もあり、よくフラフラしていました。
打ち合わせの時刻より早めに会社を出てカレーを飲んだり、打ち合わせ後に会社に戻らず直帰といって酒処に居座る。
さらに三平のゲーセンで、台の向こうに座る見知らぬ人に心ゆくまでザンギエフのスクリュードライバーをお見舞いする。
今に繋がるダメリーマンをかたち作る揺りかごのような街だったわけです。

ひとまず地下飲食店街に大幅な変更は確認できなかったことから一安心し、どこかで一休みしようと考えます。

20180717_002
大ガード下の注意書き。やっぱり日本語だけじゃ伝わらないんですよ、多言語対応しなきゃですよ。

20180717_003
小学校の6年間、誰かを殴る武器となり、誰かから身を守る防具ともなるランドセル。戦い終われば椅子にもなるし、
気が向けば教科書を入れたり、給食のパンをしまったままにしカビさせることもできるランドセルがこのお値段!
その多様な使い途を考えると、日々の通勤に重いビジネスバッグを抱えていることなんて馬鹿らしくなってきます。
派手な色合いの多機能ランドセル背負って通勤するか真剣に考えようかと。

20180717_004
そのランドセルを売っていたのはヨドバシカメラのトラベル館。なるほど小旅行にも最適なランドセルか。

20180717_005
くだらないことを考えつつ西口までグルッと一回りし、バスに乗ってどこかに行きたい気持ちを揉んでから帰宅します。

検討課題
・ピヨッたらとにかくボタン連打
・タイガーアパカに注意する

2018年7月 6日 (金)

旧熱塩駅

2018年6月9日、新潟市新津鉄道資料館から足を伸ばし日中線記念館として整備されている旧熱塩駅へも立ち寄ります。

2018070601
駅舎とキ100。

2018070602
見学者もチラホラ。

2018070603
駅舎と巨木。駅舎に寄り添うように立つ巨木は、何とはなしに歴史を感じさせるものだと思います。

2018070604
線路は引きはがされ、いまは道路になっています。その道路に残る踏切を通過する自動車。

2018070605
以前と同じような構図で撮ってます。進歩のなさにガッカリです。

2018070606
切符販売機。

2018070607
やっぱり以前と同じような構図で撮ってます。進歩のなさにガッカリです。

検討課題
・誰もいない時間になるまで待つ
・ここも別の季節に再訪する

2018年7月 5日 (木)

新潟市新津鉄道資料館

2018年6月9日、旧月潟駅から足を伸ばし新潟市新津鉄道資料館へも立ち寄り、見学していきます。

2018070501
資料館外壁には新幹線200系風な緑色の帯が描かれています。

2018070502
200系とC57。

2018070503
DD14と485系。

2018070504
E4系と115系。

2018070505
館内には懐かしい券売機。ガキの頃に出掛けるとなると下側のフタをペロリとめくったものです。

2018070506
貴重な行き先表示板も展示されています。

2018070507
新津工場で製造された車両を紹介するパネルもあります。
パネル右下に東武鉄道の超特急DRCを見つけることができます。上越線を回送するDRCとか見てみたかったです。

検討課題
・お土産を買い忘れない
・触れるものには触っておく

2018年7月 4日 (水)

旧月潟駅

2018年6月9日、数日前に関東地方などに梅雨入り宣言も為された週末。鉄分補給に出掛けてみます。

2018070401
モハ10形モハ11号。
いまから19年ほど前の1999年(平成11年)に廃止となった新潟交通、旧月潟駅を見学します。
駅周辺は公園、駐車場として整備され、駐車場から駅舎跡へと歩いて行くとに「かぼちゃ電車」がお出迎えしてくれます。

2018070402
モワ51形モワ51号。
貨物運搬や、冬期に除雪車を運用する際の動力車として使われていた車両。

2018070403
キ100形キ116号。

2018070404
モハ10形モハ11号の車内。
訪れた日は保存会の方も朝からいらっしゃり、扉を解錠し車内の見学もできました。

2018070405
モワ51形モワ51号の車内。
鉄道健在時の駅名表示板など貴重な資料も車内に保管されています。

2018070406
月潟駅の駅舎跡。
表示や広告などに古めかしさはなく、本当に「つい」最近まで走っていたことを実感します。

2018070407
桜の木も植わり、春は咲く花によりさぞきれいなんだろうと思ったりします。違う季節に再訪をしてみたいとも思います。

検討課題
・鉄コレの新潟交通車両を引っ張り出す
・秋か春になったらまた行ってみる

2018年6月17日 (日)

成田空港 ひこうきの丘

2018年5月26日、一眼の操作手順を忘れてはいないか、400mmを振り回せる体力がまだあるのかを確かめるために
成田空港A滑走路そばの千葉県山武郡芝山町に整備された「ひこうきの丘」で着陸する旅客機を撮りまくってみます。

テーマは「元気よく撮る」と心に決め、飛行機を飛行機たらしめている主翼を画面からカットする構図を試してみます。

Nrt01
タイ航空 A380。
これを撮りたかった。デカイ!

Nrt02
タイ航空 A380。

Nrt03
ANA ピポピー!
劇中のキャラクター同様、頭部にあたる機首まわりをグルグル回転させればいいのにと思ってしまいます。

Nrt04
オーストリア。

Nrt05
本日のメインイベント。遠くからでもデカイ!

Nrt06
エミレーツ A380。
もう夕方頃の時間帯とあって、機体下面に書かれた「Emirates」のペイントは陰になってしまい、見えません。

Nrt07
エミレーツ A380。

想像以上にバンバン着陸してきます。とりあえず降りてくる飛行機をひたすら撮っていると忙しく感じたりもします。
次の機会があれば、撮りたい飛行機を狙うようにして休み休み撮りたいと考えます。

当日、誘ってくださった友人には感謝感謝でございます。ありがとうございました。

検討課題
・離陸する飛行機も撮ってみる
・400mm一本勝負を自らに課す

2018年6月 7日 (木)

Go West! May 第57回 静岡ホビーショー 2018 メーカー

備忘録を兼ね簡単なモデル名と、メーカー名を付記します。諸々敬称略のうえ、詳細などについては割愛させて
いただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

2018060701
ねこぶそう / バンダイ
今夏8月に発売予定の新シリーズ。現状、未発売なのに第二弾の告知も既に行われており、興味惹かれる猫フィギュア。

2018060702
ねこぶそう / バンダイ
ねこ と ぶそう de ねこぶそう。分かりますか? 分からないとならないんです。新感覚Hobbyに食らい付こうと思います。

2018060703
VINTAGE BAIKE KIT Vol.5 YAMAHA RZ250/350 / F-toys
ナナハンキラーをs=1/24の半完成組立キットでシリーズ化。ビキニカウル付きはラインナップに含まれておらず残念。

2018060704
みのり with Honda ディーゼル耕耘機 F90 / マックスファクトリー
昨年の出展時の名称に若干の変更を認められます。5月に出荷予定と案内されていたので急いで買いに行かないと。

2018060705
ランタボ / BEEMAX アオシマ
個人的な感想の範囲で、今年の「オッサンを殺すキット」はこれに決定ということで。

2018060706
935 K2 / BEEMAX アオシマ
どうしてK3じゃないですか? ヘッドライト周りに個性の光るK3で勝負していただけませんか? そんな感想しか出てきません。

2018060707
Z900RS カフェ / アオシマ
s=1/12の完成モデル。フロントカウルの白いラインの配置にアクマイザー3のギャリバーを思い起こさせるものを感じます。

ということで、第57回 静岡ホビーショー 2018の記事はここまで。Go West! May の項はもう少し続きます。

検討課題
・ねこぶそうは買っておく
・耕耘機も買っておく

2018年6月 6日 (水)

Go West! May 第57回 静岡ホビーショー 2018 他

備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細などについては
割愛させていただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

2018060601
チコちゃん / 模型酒団 Bacchus
混迷を極める現代社会のふとした疑問を大人に問いかける5歳児。罵詈雑言込みで思い切り叱られてみたいものです。

2018060602
ドクヘビ / Fuji Dream Airplane Modeling
ポーラーライツ社から発売されていたLand of the Giantsシリーズからヘビの模型をパッケージ通り忠実に塗装した作品。

2018060603
シャア専用ザク デコレーションVer. / 模型結社プロットプロト
模型全体に隙間無く貼り込まれた燦然と輝くラインストーンは34,281個!持たせていただくと想像以上の重さに驚きます。

2018060604
小田原城 宝永期(三代目)再建 / 全国城郭模型普及協会
1706年(宝永3年)に再建中の小田原城を手前に木軸工事、奥に屋根工事の様子の2態を同時に表現しています。

2018060605
小田原城 宝永期(三代目)再建 / 全国城郭模型普及協会
模型をグルリと回していただき、屋根瓦を葺いてる様子を間近に見学させていただきます。人足まみれで目が眩みます。

2018060606
私のジェームズボンド / K2C
スタイロフォームから削りだしたジェームズ・ボンド。やっぱり拳銃を持っていないとボンドっぽくないと思ってしまうのです。

検討課題
・自由な表現を試してみる
・自分が楽しむことを旨とする

2018年6月 5日 (火)

Go West! May 第57回 静岡ホビーショー 2018 戦車 & 艦船

備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細などについては
割愛させていただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

2018060501
s=1/35 センチュリオン / Plastics Warriors
ベトナムをテーマにした展示のなかから。内部まで作り込んだサーチライトは取り外され、隠されるように後方に配置。

2018060502
s=1/35 みてろ二度と南進できねえようにしてやる / タカマツニッパーズ
発売されたばかりのM4A3E8を吹き出しを加えつつ現代風にアレンジ。どこかの融和ムードをブッ飛ばす快作。

2018060503
s=1/72 空母翔鶴艦橋 / Merkurの会
フルスクラッチで製作中の艦橋部分のみを参考出品。最終的には飛行甲板と1段目格納庫の一部まで製作予定とのこと。

2018060504
s=1/72 空母翔鶴艦橋 / Merkurの会
艦橋は屋根?部分を取り外せるようになっており、艦内には蛙と鼠も配され、制作者の茶目っ気も見学して楽しめます。

2018060505
s=1/2000 蒼き鋼のアルペジオ コンゴウ / わさんぼん
劇場版「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」において大戦艦ヒエイに噛みつくシーンを食玩シリーズとして
発売されていたキットを大改造して再現。波しぶきのエフェクトはUVレジンを用いて表現。すっげい!

2018060506
s=1/2000 蒼き鋼のアルペジオ ミョウコウ / わさんぼん
食玩では省略される船体左右のロングバレル砲を追加、再現。波しぶきのエフェクトはコンゴウ同様UVレジン。すっげい!

検討課題
・買ったままの食玩シリーズを開封する
・シークレット目当てで買い込まない

2018年6月 4日 (月)

Go West! May 第57回 静岡ホビーショー 2018 航空機

備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細などについては
割愛させていただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

2018060401
s=1/48 晴嵐 / 名古屋 BLUE MAGIC
作品は「蒼い晴嵐」とタイトルの付いたタミヤのヨンパチ。ただ、どうしてもアオシマのナナニーを思い出してしまいます。

2018060402
s=1/20 F-104G / 全国ソリッドモデル連合会
2016年に飛行状態で展示していたマルヨン。機首側脚柱はサスペンション可動する手の入れよう。
ソリッドの人はやっぱすげーな。

2018060403
s=1/32 RB-104 RED BARON / 松戸迷才会
エッシーのヨンパチ?と思ったらハセガワのサンニー。

2018060404
s=Free 愛知M6A1晴嵐 & 伊400 / なんちゃってJMC
たまご飛行機シリーズの零戦を改造。格納庫には羽根を畳んだもう一機を収納。第5回 なんちゃってJMC 金賞作品。

2018060405
s=Free 例のアレ / GIFU コックピット
時事問題、政治問題に鋭く切り込む作品。

2018060406
s=1/100 AIR BUS A380-800 / 旅客機模型合同展示
2019年から就航予定の「海亀さん塗装機」をいち早く模型化。実機不在のまま木製ソリッドモデルとして製作。

検討課題
・魔境のソリッドモデル界には近づかない
・MV-22とF-35のプラモを買っておく

2018年6月 3日 (日)

Go West! May 第57回 静岡ホビーショー 2018 四輪車 & 二輪車

備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細などについては
割愛させていただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

2018060301
s=1/20 HONDA RA272 / G & CARS
走行後のような汚しを施された葉巻。実車参戦当時、シーズン途中のカウルはどのくらいツヤツヤだったのか気になります。

2018060302
s=1/12 YAMAHA YZR-M1 / G & CARS
ゼッケン46のゴロワーズカラーは、カウルの青クロームがとてもきれい。どうやったのか伺うのを忘れます。

2018060303
s=1/32 ドロップタンクレーサー / タカマツニッパーズ
ベリータンクレーサーとも呼ばれる航空機の増槽を用いた速度記録用自動車。

2018060304
s=1/12 YAMAHA YZR500 OW70 / フクイ・スケール・モデラーズ
ソノート・ゴロワーズは、現在の活動を聞かないRAGGED EDGE DESIGNSのデカールを使用していると思われる作品。
そのデカールは硬く、マスキングを施した塗装によりカラーリングを再現しているとメモに書いてあります。

2018060305
s=1/12 SUZUKI RGγ500 XR45 / CLUB Modeler GP
HB Team Galinaから前年のチャンピオン、フランコ・ウンニーチが1983年に駆ったマシン。

2018060306
s=1/25 BMW 320i E21 / Repricompany
初代3シリーズ、ベースはRevell。こういう生っぽい色を塗りたいと常々思ったりします。

2018060307
s=1/25 CHEVROLET / 1950 STRUCTURE
複雑なラメラメのカラーリングを何層にも、何回にも分けたマスキング塗装で表現。お漏らし無しの完璧マスキング。

触れてはいませんが、今年はハセガワ社製BMW2002の作品を多く見かけたような感じです。

検討課題
・聞けるものなら何でも聞いておく
・たまには好きな色で適当に塗る

より以前の記事一覧