カテゴリー「ヨソユキ」の677件の記事

2018年9月17日 (月)

ザギンでニークー?

ちょっと銀座で肉でも。と、そんなザックリした感じでお呼ばれします。

20180917_001
集合時間より早めにいって少しウロウロします。

20180917_002
伊東屋の前に置かれていたスペシャルなカラーリングを施されたスーパーカブ。
マルマン社の図案スケッチブック60周年を記念したキャンペーンの賞品です。当選めざして応募しちゃいましょう。

20180917_003
そろそろかなと思いつつ銀座四丁目交差点。この日、日産ギャラリーでグルグル回っていたのはケンメリGT-R。

20180917_004
私がどうこうする役目で無いことだけは確か。何を焼いても鬼ウェルダンにしちゃう私は、食べる係に徹します。

20180917_005
にく!

20180917_006
朗らかにヨーデルを歌い出したくなります。

20180917_007
にくにく!!

20180917_008
たっぷり肉を堪能したら家に帰ります。こういう機会は週2くらいで訪れてくれて欲しいんですけど難しいですかね。

特段の盛り上がりも無く、食った話風ではありますが「ヨソユキ」としておきます。

検討課題
・次はシースー
・ステーキも標的にする

2018年9月16日 (日)

浅草から神田

2018年9月1日、なんだか中途半端にモヤモヤ蒸し暑い天気のなか、9月になったことだしと少しだけ歩きます。

20180916_001
まずは浅草から。目的は普段使いのカバンに収まるサイズの折りたたみ傘と、扇子をいくつか手に入れること。

20180916_002
吾妻橋ごしにスカイツリー。お約束です。

20180916_003
駒形橋西詰交差点からThunder Gate。お約束です。

20180916_004
厩橋交差点角にある東京厚生信用組合 浅草支店。スペシャルな窓の装飾に見入ります。

ここで海外から観光にお越しになったご婦人の集団に道を尋ねられます。Sensohji Tenpleに行きたいそうです。
ここから真っ直ぐ、だいたい1kmでゆっくり歩いて15分くらいだよ。と答えると絶望的な表情をされていました。
電車は?バスは?と矢継ぎ早に聞いてきますが、歩いた方が近道だし速いよと言っても信じてくれません。

この周辺、浅草ならまだしも蔵前や浅草橋でも当たり前のように「浅草」と掲げる施設が多数あります。
そんなことしたら外国人観光客なら浅草寺にも近い場所だと混同しても仕方ないかとも考えてしまったりします。

20180916_005
とりあえず蔵前から地下鉄に乗って移動します。この時点で折りたたみ傘は無事入手し、目的の半分は果たします。
冷房の効いた地下鉄ホームで汗が引くのを待ってから乗車し、御徒町辺りからさらに少し歩きます。

20180916_006
急に雨が降ってきたので銀座線 神田駅に避難します。手に入れた折りたたみ傘はもったいなくてまだ使いません。
地下に並んだ床屋やYシャツなどを売っていた須田町ストアの面影は一切無く、なんともガランとしています。

20180916_007
そんな地下通路の照明は銀座線チックなものです。ランダムに消灯するアトラクションは無いんですか?

結局、欲しいと思える扇子を見つけることはできず、暑い時期のうちに探せるだけ探そうと考えたりします。

検討課題
・英国感溢れる蛇の目傘を探してみる
・バッと開いてヨッシャと言いたくなる扇子を探す

2018年8月29日 (水)

夏のダムツアー 栃木パート 川俣ダム again

2018年8月15日、ということで最初の目的地である川俣ダムを目指します。

20180829_01
2014年に訪れた際、その後の行程や体力的面倒くささからパスした堤体全景を見渡せる吊り橋への散策に挑戦します。
これがナカナカ、ナカナカだったわけですよ。

20180829_02
平成32年!9月30日までの予定でダム周辺岩盤の補強工事を行っており、その足場が組まれています。
天端をご覧ください、空をご覧ください。このときは晴れていたんですよ。スカッと晴れていたんですよ。

20180829_03
ダム管理所脇から整備された瀬戸合峡遊歩道をエホエホ登ったり下りたりすると、吊り橋手前に鐘があります。
辺りに人のいないことを確認したら、まるで火事でもあったかの如くガンガン鳴らします。もう鳴らしまくりですよ。

この瀬戸合峡遊歩道。山道を400段の階段にして整備されていますが、当然のように階段の幅と段差の高さは均一
ではなく、マチマチですから慣れるまでヘコヘコしてしまいます。特に歩き始めから平坦部はなく、階段を下りていく
過程で呼吸を整えるタイミングを逸します。ここ最近、歩き回ることサボっていたことから、いきなりハヒハヒします。
なるほど遊歩道入り口に無料の貸し杖が何本も用意されていたわけです。

20180829_04
天使の鐘のある展望台からの風景。崖っぷちなのにワサワサと木が生い茂っています。

20180829_05
そして「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」に足を踏み入れます。川面から100mの高さは股間もヒヤヒヤになります。

20180829_06
吊り橋からの風景。なるほどゼハゼハしてまで歩いてきただけの価値ある眺めです。工事に伴う足場が撤去される
予定の「平成32年」の秋以降に再訪したいとも思ってしまいます。なんだか山の向こうに雲が湧いています。

20180829_07
吊り橋から再び400段の階段と格闘し、ようやく管理所近くに戻ってきたタイミングで激しい雷雨に遭遇します。
慌てて資料室に飛び込み、雨雲が切れるのを待つために1時間近く足止めを喰らいます。これが山の天気か。

検討課題
・いっそパンツの替えも用意しておく
・次は最軽装で遊歩道を歩

2018年8月28日 (火)

夏のダムツアー 栃木パート again

2018年8月15日、平成最後の終戦の日に2014年にフラフラしたり、フラフラした場所を目的地として走り回っておきます。

20180828_01
東武日光駅あたりからワインディングロード炸裂な県道169号線をズンズン北上します。
旧栗山村地区に入り、県道169号線の起点に近づいた頃に看板標識を見ます。右か左か、まずは左です。

20180828_02
県道23号線を西へ走ると、鬼怒川に架けられた青柳大橋から黒部ダムを見ることができます。

20180828_03
本当に成し遂げたかったのは栃木ディスティネーションキャンペーン期間中に配布されていた限定ダムカード収集。
ただその限定ダムカードは、6月30日のキャンペーン終了と同時に配布も終了しており、事前の情報収集を疎かにする
いつも通りの失態を冒します。ということで現在も行われている通常のスタンプラリーに参加します。

20180828_04
鬼怒川上流の4ダムとして五十里ダム、川俣ダム、川治ダム、湯西川ダムにおいてスタンプを集めると、もれなく
スペシャルダムカードホルダーの配布を受けられます。

20180828_05
手に入れたスペシャルダムカードホルダーへ上記のダムを巡った際に配布を受けたダムカードを収納します。

この項、少しだけ続きます。

検討課題
・塩原方面へも再訪しておく
・山道は落ち着いたハンドル操作に徹する

2018年7月17日 (火)

新宿三丁目から新宿

2018年6月24日、その約一週間前に某所で気になる文章を拝読し、暑いさなか新宿まで出掛けます。

20180717_001
今から10年ほど前まで勤務地は中野にあり、しかも中野といっても青梅街道沿いだったことから丸ノ内線を利用する
ことが主でした。そんな勤務環境のなか画材を買いに行く、印画紙出力を受け取りに行く、クロマティックを発注する、
本業絡みの打ち合わせ込みで新宿三丁目という場所は頻繁に訪れる場所でもありました。

特にこの地下飲食店街の並ぶ出口から地上に出れば「さくらやホビー館」もあり、よくフラフラしていました。
打ち合わせの時刻より早めに会社を出てカレーを飲んだり、打ち合わせ後に会社に戻らず直帰といって酒処に居座る。
さらに三平のゲーセンで、台の向こうに座る見知らぬ人に心ゆくまでザンギエフのスクリュードライバーをお見舞いする。
今に繋がるダメリーマンをかたち作る揺りかごのような街だったわけです。

ひとまず地下飲食店街に大幅な変更は確認できなかったことから一安心し、どこかで一休みしようと考えます。

20180717_002
大ガード下の注意書き。やっぱり日本語だけじゃ伝わらないんですよ、多言語対応しなきゃですよ。

20180717_003
小学校の6年間、誰かを殴る武器となり、誰かから身を守る防具ともなるランドセル。戦い終われば椅子にもなるし、
気が向けば教科書を入れたり、給食のパンをしまったままにしカビさせることもできるランドセルがこのお値段!
その多様な使い途を考えると、日々の通勤に重いビジネスバッグを抱えていることなんて馬鹿らしくなってきます。
派手な色合いの多機能ランドセル背負って通勤するか真剣に考えようかと。

20180717_004
そのランドセルを売っていたのはヨドバシカメラのトラベル館。なるほど小旅行にも最適なランドセルか。

20180717_005
くだらないことを考えつつ西口までグルッと一回りし、バスに乗ってどこかに行きたい気持ちを揉んでから帰宅します。

検討課題
・ピヨッたらとにかくボタン連打
・タイガーアパカに注意する

2018年7月 6日 (金)

旧熱塩駅

2018年6月9日、新潟市新津鉄道資料館から足を伸ばし日中線記念館として整備されている旧熱塩駅へも立ち寄ります。

2018070601
駅舎とキ100。

2018070602
見学者もチラホラ。

2018070603
駅舎と巨木。駅舎に寄り添うように立つ巨木は、何とはなしに歴史を感じさせるものだと思います。

2018070604
線路は引きはがされ、いまは道路になっています。その道路に残る踏切を通過する自動車。

2018070605
以前と同じような構図で撮ってます。進歩のなさにガッカリです。

2018070606
切符販売機。

2018070607
やっぱり以前と同じような構図で撮ってます。進歩のなさにガッカリです。

検討課題
・誰もいない時間になるまで待つ
・ここも別の季節に再訪する

2018年7月 5日 (木)

新潟市新津鉄道資料館

2018年6月9日、旧月潟駅から足を伸ばし新潟市新津鉄道資料館へも立ち寄り、見学していきます。

2018070501
資料館外壁には新幹線200系風な緑色の帯が描かれています。

2018070502
200系とC57。

2018070503
DD14と485系。

2018070504
E4系と115系。

2018070505
館内には懐かしい券売機。ガキの頃に出掛けるとなると下側のフタをペロリとめくったものです。

2018070506
貴重な行き先表示板も展示されています。

2018070507
新津工場で製造された車両を紹介するパネルもあります。
パネル右下に東武鉄道の超特急DRCを見つけることができます。上越線を回送するDRCとか見てみたかったです。

検討課題
・お土産を買い忘れない
・触れるものには触っておく

2018年7月 4日 (水)

旧月潟駅

2018年6月9日、数日前に関東地方などに梅雨入り宣言も為された週末。鉄分補給に出掛けてみます。

2018070401
モハ10形モハ11号。
いまから19年ほど前の1999年(平成11年)に廃止となった新潟交通、旧月潟駅を見学します。
駅周辺は公園、駐車場として整備され、駐車場から駅舎跡へと歩いて行くとに「かぼちゃ電車」がお出迎えしてくれます。

2018070402
モワ51形モワ51号。
貨物運搬や、冬期に除雪車を運用する際の動力車として使われていた車両。

2018070403
キ100形キ116号。

2018070404
モハ10形モハ11号の車内。
訪れた日は保存会の方も朝からいらっしゃり、扉を解錠し車内の見学もできました。

2018070405
モワ51形モワ51号の車内。
鉄道健在時の駅名表示板など貴重な資料も車内に保管されています。

2018070406
月潟駅の駅舎跡。
表示や広告などに古めかしさはなく、本当に「つい」最近まで走っていたことを実感します。

2018070407
桜の木も植わり、春は咲く花によりさぞきれいなんだろうと思ったりします。違う季節に再訪をしてみたいとも思います。

検討課題
・鉄コレの新潟交通車両を引っ張り出す
・秋か春になったらまた行ってみる

2018年6月17日 (日)

成田空港 ひこうきの丘

2018年5月26日、一眼の操作手順を忘れてはいないか、400mmを振り回せる体力がまだあるのかを確かめるために
成田空港A滑走路そばの千葉県山武郡芝山町に整備された「ひこうきの丘」で着陸する旅客機を撮りまくってみます。

テーマは「元気よく撮る」と心に決め、飛行機を飛行機たらしめている主翼を画面からカットする構図を試してみます。

Nrt01
タイ航空 A380。
これを撮りたかった。デカイ!

Nrt02
タイ航空 A380。

Nrt03
ANA ピポピー!
劇中のキャラクター同様、頭部にあたる機首まわりをグルグル回転させればいいのにと思ってしまいます。

Nrt04
オーストリア。

Nrt05
本日のメインイベント。遠くからでもデカイ!

Nrt06
エミレーツ A380。
もう夕方頃の時間帯とあって、機体下面に書かれた「Emirates」のペイントは陰になってしまい、見えません。

Nrt07
エミレーツ A380。

想像以上にバンバン着陸してきます。とりあえず降りてくる飛行機をひたすら撮っていると忙しく感じたりもします。
次の機会があれば、撮りたい飛行機を狙うようにして休み休み撮りたいと考えます。

当日、誘ってくださった友人には感謝感謝でございます。ありがとうございました。

検討課題
・離陸する飛行機も撮ってみる
・400mm一本勝負を自らに課す

2018年6月 7日 (木)

Go West! May 第57回 静岡ホビーショー 2018 メーカー

備忘録を兼ね簡単なモデル名と、メーカー名を付記します。諸々敬称略のうえ、詳細などについては割愛させて
いただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

2018060701
ねこぶそう / バンダイ
今夏8月に発売予定の新シリーズ。現状、未発売なのに第二弾の告知も既に行われており、興味惹かれる猫フィギュア。

2018060702
ねこぶそう / バンダイ
ねこ と ぶそう de ねこぶそう。分かりますか? 分からないとならないんです。新感覚Hobbyに食らい付こうと思います。

2018060703
VINTAGE BAIKE KIT Vol.5 YAMAHA RZ250/350 / F-toys
ナナハンキラーをs=1/24の半完成組立キットでシリーズ化。ビキニカウル付きはラインナップに含まれておらず残念。

2018060704
みのり with Honda ディーゼル耕耘機 F90 / マックスファクトリー
昨年の出展時の名称に若干の変更を認められます。5月に出荷予定と案内されていたので急いで買いに行かないと。

2018060705
ランタボ / BEEMAX アオシマ
個人的な感想の範囲で、今年の「オッサンを殺すキット」はこれに決定ということで。

2018060706
935 K2 / BEEMAX アオシマ
どうしてK3じゃないですか? ヘッドライト周りに個性の光るK3で勝負していただけませんか? そんな感想しか出てきません。

2018060707
Z900RS カフェ / アオシマ
s=1/12の完成モデル。フロントカウルの白いラインの配置にアクマイザー3のギャリバーを思い起こさせるものを感じます。

ということで、第57回 静岡ホビーショー 2018の記事はここまで。Go West! May の項はもう少し続きます。

検討課題
・ねこぶそうは買っておく
・耕耘機も買っておく

より以前の記事一覧