2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨミモノ」の84件の記事

2018年1月26日 (金)

合本 異国迷路のクロワーゼ 武田日向著 KADOKAWA刊

19世紀後半、幕末から明治初期にかけての長崎からフランス、パリに渡った湯音という名の少女の異国生活譚。
舞台となるパリのアーケード商店街、そこで働く人々など精緻に描かれており、B5サイズという判型もあり読み応えタップリ。

2018012501
タイトルに「合本」とあるように、過去に富士見書房より刊行された異国迷路のクロワーゼ1巻(2007刊)、2巻(2009刊)と
単行本未収録分を合わせた内容になっています。内容量的には3巻、4巻の刊行もあってよさそうなエピソードもありながら
単行本は上記の1巻と2巻のみ。続きも気になっていたので合本でも刊行されれば当然のように購入し読み耽ります。

2018012502
帯に書かれた過去形の文章が悲しいことです。
昨年、2017年1月に著者である武田日向氏が亡くなっていたことを知ります。

2018012503
その単行本を本棚から引っ張り出します。
私はコミックなど続巻の刊行が10年くらいない場合、完結していなくとも既刊本をまとめて捨てるようにしています。
これも間もなく「捨てる本リスト」に候補入りの予定でしたが、とりあえずは本棚に残しておこうと思い直します。

2018012504
さらに2011年にアニメ化された際のアニメガイドも見つけます。
アニメ未視聴ながらガイドブックを購入していたのは「ねんどろいどぷち」の付録目当てだから。

2018012505
未開封だったガイドブックを開封し、ねんどろぷちを組み立てます。和装のぷちは珍しいので保存しておきましょう。

合本は紙質的に日に焼けやすい感じもするので、日の当たらない本棚で保管をしようと考えます。

検討課題
・捨てるリスト作成は慎重に
・捨てるとなったら一気呵成に

2017年12月10日 (日)

RACERS Vol.48 ヤマハ2スト並列4気筒の時代 YZR & TZ750/500 三栄書房

古くはプロター社のs=1/9サイズのOW20、馴染み深いのはタミヤ社のS=1/12のOW48。そんな並列4気筒の特集です。
エキゾーストチャンバーの取り回しに特徴のあるYZR500です。他にYZR750についても記事で詳しく紹介されています。

20171210
ヤマハの並列4気筒は1982年まで連綿と使用されていました。懐かしいライダーの名前が散りばめられています。
同時期のスズキはスクエア4のRGγ500、ホンダはV型3気筒のNS500。ヤマハはプライベーターに並列4気筒のTZ500を
供給しつつ、ワークスライダーにはV型4気筒のOW60を供給するなどバラエティーに富んだシーズンだったと思います。

ページをめくっているとタミヤのキットをどうにかしたくなってきます。
ポンスや浅見が乗ったソノートカラーのYZR750など、なんちゃってな感じでもいいから作りたいと考え初めてしまいます。

そして次号、2017年12月22日にはVol.49として「THE ELF PROJECT Part 1」の続編の刊行を予定しています。
もう真っ黒なエルフてんこ盛り、ロン・ハスラムのもみ上げてんこ盛りです。もう今から楽しみにしちゃうしかありません。

検討課題
・ビッグワンガムのYZR500を作る
・イタレリのYZR500を買ってみる

2017年9月 9日 (土)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック けものフレンズプロジェクトA著 角川書店刊

2017年1月よりテレビ放映されたアニメシリーズを収録したBD付きガイドブック。
ガイドブックとある通り「けものフレンズ」の舞台となるジャパリパークやその世界観、それと動物図鑑の内容となっています。
細かい諸々については既に様々な考察がなされているため省略し、ここでは全て割愛します。書き連ねるのも面倒なんです。

20170909
視聴していると「脳が蕩ける」感覚を味わえます。この一点だけで購入する価値アリアリです。見当違いな個人の意見です。
6巻に収録される第11話を視聴後、少し時間を開けてから第12話の最終回を視聴するとカタルシスをタップリ味わえます。
その渇望感、待ちきれない気持ちというのは、十数年前の「レイニー止め」的なアレを思い起こさせるものでさえあったり、
美少女戦車アニメの放映当時、最終回を含むクライマックスの放送回が3ヶ月ほど延期されたプレイにも似てるといえます。

アニメシリーズは2期製作の発表も行われています。もっと脳が蕩ける思いを味わえると考えるだけで期待に胸も膨らみます。

検討課題
・すっごーい!
・たーのしー!

2017年8月15日 (火)

ペリリュー #3 武田一義著 白泉社刊

昨年の1巻刊行からおよそ1年が経過し、3巻の刊行となりました。
舞台はペリリュー島。日本軍にとっての戦局は、悪化の一途を辿る絶望的状況。そんななかでも兵士の日常はあります。
戦う相手は米軍だけではありません。熱病、飢餓、猜疑心、それら全てをひっくるめた恐怖。恐怖に支配された日常です。

20170815
表紙には満開の桜が描かれます。読み進めていくうちに桜の意味を知ることとなります。
おそらく戦場においてはジュネーヴ条約なんて絵空事でしかないのでしょう。昨今の世界各地で起こる紛争を知るにしても
その思いを強くするだけです。現代のように鮮明な映像記録を残すことも無く、連絡伝達もままならない戦闘下においては
致し方のないことかもしれません。平和な現代日本で安穏と生きる私にとっては「残酷」というほか在りません。

お昼に鳴り響くサイレンを聞いたら頭を深く垂れておこうと思います。

検討課題
・野火を読んでみる
・若獅子神社へ行ってみる

2017年7月15日 (土)

RACERS SPECIAL ISSUE 2017 THE ELF PROJECT Part 1 三栄書房

2017年の特別編集は「elf-project Part.1」と銘打ち、エルフプロジェクトを特集しています。
過去、ここまで徹底した特集をした書籍は記憶にありません。タイトルにPART 1とあるように本誌で取り上げているのは
エルフプロジェクトの前半期として、1978年から1984年までの耐久レース参戦車、elf X、elf-eと、WGP500ccクラスに
参戦したelf 2を取り上げています。全編通して紙面から沸き立つような濃密なアンドレ・ドゥ・コルタンツ臭と、濃厚な
クリスチャン・ル・リアール臭に満たされているといっても過言ではありません。ページをめくるたびにクラクラします。

20170715_001
上記の通り、PART 1ということは「PART 2」もあるだろうということ。ブルーノ・ジャコメッリ、リチャード・ペティ、
彼等に匹敵するほどヘルメットから“もみあげ”がこぼれ溢れていたロン・ハスラム。そう、ロケット・ロンがWGP500cc
クラスにおいて駆ったエルフを一挙に見ることもできるのかもしれません。もう今から期待でバキバキになってきます。

そしてRACERS繋がりで、以前、少しだけ触れたJCO特集。

RACERS Vol.43 模索・紆余曲折から頂点へ ヤマハのパリダカ20年 三栄書房

ソノート・ヤマハの総帥として活躍し、2013年にこの世を去ったジャン・クロード・オリビエが、自身もパリダカに参戦を
しながら熟成させていったTENEREシリーズ、XT600 / YZE920 / YZE750 / YZE750T / XTZ850Rを特集しています。

20170715_002
ホンダもBMWもs=1/12のプラモデルがあるというのに、どうしたわけかヤマハはs=1/9のキットしかありませんでした。
今となっては入手困難なプロター社のキットを探して作る情熱はありませんが、タミヤ社からリリ−スされれば買うだけは
すると思うのです。もちろんフジミ社、ハセガワ社でも何の問題もありません。決定版をエルフシリーズ共々キット化して
いただきたいと切に願うのです。

いつも通り無い物ねだりをしてから、押し入れの奥をゴソゴソし、ル・リアール的なものを発掘します。

20170715_003
そうそう、三菱石油。1980年代後半はガソリンも安く、各社競ってハイオクタン価ガソリンを商品化していた記憶があります。

日常的に眼鏡をかけ続ける私にとって、NEF SUDのギロチンヘルメットはとても使いやすく、長らく愛用していたものです。
当時気になったのは、リアエントリーのヒンジ部に生じる内装の継ぎ目のせいから、ヘルメットを脱ぐと後頭部に横一文字の
寝ぐせのような跡ができてしまうことでした。現在ではシールドも曇り、各部の劣化もあるのため捨てずに保管しているだけ
ですが、久しぶりに引っ張り出してみて「なんで購入時、ル・リアールのレプリカを買わなかったんだ?」という疑問だけが
グルグル頭の中を回るのです。こういう革新的な機構をもったヘルメットは、今でも見たらとりあえず買ってしまいそうです。

検討課題
・ヘルメットはレプリカモデルが基本
・バイクのキットは積むだけにしておく

2017年4月23日 (日)

レイリ #03 室井大資著 岩明均原作 秋田書店刊

表紙左側で横顔をさらすのが主人公。戦国のドサクサの中、家族を落ち武者に殺され身寄りの無くなった少女レイリ。
その記憶から武士を殺すための剣の稽古に励み、合戦で殺して、殺して、殺して、死にたいと願うように成長します。
いろいろあって表紙にも描かれる土屋惣蔵(土屋昌恒)に連れられ甲斐の武田勝頼の子、信勝の影武者となるための
鍛錬に勤しみます。現在3巻まで刊行され、本格的に影武者として活躍しだしたといったところです。

20170423_001
作画は「秋津」エンターブレイン刊などで独特の描写をする室井大資氏。
原作は「寄生獣」講談社刊などを描いた岩明均氏。過去には「雪の峠・剣の舞」講談社刊、「ヘウレーカ」白泉社刊、
など歴史モノを手がけてきたりもしています。影武者となった少女レイリの活躍を追っていきたいと思います。

岩明均繋がりで、

ヒストリエ #10 岩明均著 講談社刊

紀元前4世紀頃、アレキサンダー大王に書記官として仕え、前半生は謎も多いとされるエウメネスの生涯を描きます。
現在10巻まで刊行され、エウメネスの生涯の何パーセントまで描いてあるのか私には分かりません。ペルシャ周辺の
地理や歴史を真剣に学ばなかったことも影響していると思います。このコミックでしっかり学習しようと思います。

20170423_002
単行本1巻は2004年に刊行。それから13年経った2017年でようやく10巻。最終回を読むことはできるのでしょうか。
個人的には、ながやす巧氏や、鶴田謙二氏と似た感じのスローペースな漫画家という印象を持っています。
休載もあったりしますが掲載誌の「アフタヌーン」と、忘れた頃に刊行される単行本は今後も購読しようと思います。

蟻が10なら、イモムシゃ20、蛙30に蛇40。諸説イロイロある啖呵売の口上的な繋がりで、刊行時期の近かった

夜桜四重奏 #20 ヤスダスズヒト著 講談社刊

タイトルは「ヨザクラカルテット」と読みます。
人間と妖怪、それに神様までもが共存する架空の世界の桜新町を舞台とし、彼等のドタバタな日常を描きます。
過去にはテレビアニメ用、単行本特典用OVAとして映像化もされています。

現在20巻となり、話しも行ったり来たりすることから全体を把握しきれなくなりつつあります。個人の感想です。
週刊少年ジャンプにあるような対決パターンが続いたことから少し飽きてきてしまっています。個人の意見です。
クライマックスな感じも漂わせていますので、各エピソードを回収しつつ、大団円を迎えて欲しいとも思います。

20170423_003
単行本1巻は2006年に刊行。それから11年経った2017年の今で20巻。
著者はゲームキャラクターの原案や、小説などのイラスト作成もこなしながら、本編の休載も記憶に無いほどで
月刊誌掲載であるにも関わらず驚異的な単行本刊行ペースといえます。岩明均ガンバレ!岩明均超ガンバレ!!

検討課題
・定期的に本棚の整理をする
・この漫画は購入済みだったかと書店で思い悩まない

2017年2月 8日 (水)

能面女子の花子さん #2 織田涼著 講談社刊

まさかの2巻。個人的には待望ともいえます。なので当然のように買います。

20170208_001
話自体は相変わらずな感じで、伝統芸能に関わる細かい描写は無いといっても差し支えないと思います。
巻末では既に3巻刊行の予告までなされています。発売を待ちきれません。

20170208_002
確か1巻では制服の色は蓬色のようなグリーンだったはず。最近の学校のように複数の制服を用意しているのでしょうか。
赤い制服の高校生というのは私の行動範囲において目にしたことが無いので、実際に見たらビックリしてしまいそうです。

書店で見る限り既刊は重版となりながらも表紙に「1巻」と表示はしていないようです。
改訂等々「1巻」と表示されたらそちらも買い揃えておきましょう。

検討課題
・車の後部窓に能面を飾ってみる
・道成寺のあらすじくらい知っておく

2016年12月23日 (金)

侍達ノ居ル処。野口哲哉ノ作品集 野口哲哉著 青幻舎刊

先日、静岡まで行って野口哲也氏の作品を見てきたので、その興奮を維持するために本屋へ駆け込みます。

本書は2014年に練馬区立美術館において催された「野口哲哉展  - 野口哲哉の武者分類図鑑-」のカタログも兼ねた
編集となっているようです。私は練馬での展示を見られなかっため、実際のところについてはよく分かりません。

20161223
嘘ばっかり。
絵や古文書まで用意したうえで立体物も制作しています。完璧な考証と思い込んでしまいます。
フィギュアの目許の虚ろさと、しっかりと定まっていない視線に現代人とは異なる人達の雰囲気を強く感じます。
機会があればまた実物を見学に行きたくなります。

静岡で手に入れたメタルフィギュアを弄びながら、メルヘン多めな別書のページをペラペラめくったりしもしてみます。

検討課題
・気まぐれに鉛人形を甘噛みしない
・試しに五月飾りの鎧を猫に着せない

2016年12月 9日 (金)

RACERS Vol.42 KR250 / 350 カワサキのタンデムツインレーサー 三栄書房刊

プロターのプラモデル欲しかったな。と、書店で表紙を見てガキの頃の色々な気持ちが湧き上がってきたので購入します。

20161209_001
群雄割拠の中排気量クラスにおいて、そのエンジンレイアウトもあって異彩を放ったKRシリーズです。
複数年にわたり参戦し、レースによっては最大6台もエントリーしていたことを戦績表などと併せ初めて知ります。
スポンサーであるNOLANとの関係、AKAIとの関係なども書かれており、非常に興味深く読むことができます。

右は購入特典として書店でいただいたクリアファイル。ウンチーニのγはかっこいい、ということです。

20161209_002
本棚をザッと見るとVol.11 KR1000と、Vol.38 KZ1000を見つけだすことができました。
おそらくどこかにVol.06 KR500も埋まっているはずです。そのうち本当に必要になった後に出土されるはずです。

部屋のどこかにタミヤのKR1000もどこかに埋まっているはずです。もちろん探すつもりも作るつもりもありません。

そしてRACERS、次号Vol.43はヤマハのパリダカを中心としたエンデューロレーサーの特集と予告されています。
そうです、故ジャンクロード・オリビエ氏の特集です。いまから楽しみでしかたありません。

検討課題
・ピンク色のアネーロを見たら二度見する
・程度の良いAR50を探してみる

2016年11月15日 (火)

人の砂漠 沢木耕太郎著 新潮文庫刊

日常生活で触れあう機会の無い、決して有名人ではない市井の人々を追ったノンフィクション短編を8編収録。
刊行は1977年(昭和52年)とあり、収録された各編も昭和40年代末期に取材されたものが多くあります。
古い話かと思って読んでみると、現代の平成にも続く話しがいくつもあったりして驚きます。

20161115
ガキの頃、大人から“沢木耕太郎は若いうちに読んでおけ”と言われ、深夜特急を読んだ記憶があります。
ただ、読んだ記憶があるだけで、どんな内容だったか思い出せないので再読しようと書店に行くと、深夜特急に並び
なんとも「強い」タイトルに目が行ったので、予定を変更して本書を読んでみることにしました。

沢木耕太郎ってこんな下衆な取材もするんだ。

純真無垢な若い頃であったならワクワクしながら、ドキドキしながら読めたかもしれません。すっかりオッサンになって
朝日新聞や毎日新聞といった嘘デタラメを書き連ねるマスコミなどの取材や報道の薄汚さ、気持ち悪さを知った後だと、
無関係ともいえる筆者に対してさえそんな感想を抱いてしまうのです。やはり若い頃に読んでおくべきものなでしょう。

読書中、読後ともに自分がスッカリ濁りきってることを突きつけられたような気持ちにもなります。
時間を空けてから本来読み返したかった深夜特急を読もうと思います。

検討課題
・執筆時と現在の差を認識しておく
・現代社会の問題をそれとなく知っておく

より以前の記事一覧