2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

2024年6月25日 (火)

starter DODGE STP 1st. 500 MILES DE DAYTONA 1973 3/

もう投げ出したい!そんな面倒極まりないオレンジ色のデカールを貼ったことで製作の峠を越えた気持ちになります。

Dodge_stp_7331

ゼッケンやスポンサーなどの細かいデカールをチマチマ貼ります。
サッパリとしたカラーリングのせいでボロ出まくり、主に白線部の辻褄あわなすぎな状態が丸分かりです。ぬぅ。

大会冠スポンサーであるWinstonのステッカーがドアパネルを跨ぐように貼られています。
ドア自体は開閉しないものの、こういった場所に貼ることが許されるのか疑問に感じますが、面倒なので調べません。

Dodge_stp_7332

とりあえず貼ったデカールの保護のため薄くクリアを吹いておくに留めます。
ここで我慢しきれず思いっきりクリアを厚くヌリヌリすると、蛍光オレンジの滲み出しを誘発しかねないからです。

そしてリアバンパー。
ゼッケンとペティ・エンタープライズの貼られてる部分がボディカラーなのか、クロムシルバーなのか分かりません。
分かるつもりも調べる根性も皆無なので、キット同梱の詳細な組立説明書を妄信的、かつ全面的に信用します。

じゅうぶん乾燥させてからクリアの厚塗りを行います。

検討課題
・楽に貼れるデカールのSTPカラーを見繕う
・楽に塗れるカラーリングのSTPカラーを探す

→ 4/n

2024年6月24日 (月)

RUBICON MODELS 1/56 Main Battle Tank T-55A MBT 3/3 完成

ドカーン!蒸し暑さをブッ飛ばせ!!そんな感じで勢いに任せて完成させます。

T_55a_31

どうしても自分のイメージするソ連戦車的緑色を表現できません。
もっと明るい緑色で、茶色くて、白っちゃけてカスカスした感じの緑色にしたいのですが難しいのです。

T_55a_32

ベトナム行くならハ・ノ・イ♪電話はホイアン!
砲塔に書かれる車体番号は3桁が基本だと思いますが、なんとなく馴染み深い番号にしておきます。

T_55a_33

車体はオリーブドラブで塗装、茶色でスミ入れの後、アース、カーキ、グレーを適当になすり付けます。
履帯部周辺には茶色のピグメントを控えめに塗り、溶剤で少しだけ残すようにしつつ洗い流しています。

T_55a_34

特製バインミーをお見舞いするぜ!
砲塔の大型ライトはキットのパーツからφ5の円板に濁らせたエポキシボンドを盛ったものに変更します。

T_55a_35

いつものシャーマンと並べます。T-55は戦後第一世代とあってシャーマンよりも幅広く、低いシルエット。

検討課題
・そのうちPT-76を作る
・俺のソ連戦車グリーンを探す

2024年6月23日 (日)

RUBICON MODELS 1/56 Main Battle Tank T-55A MBT 2/3

キット付属のデカールに印刷される豊富な国籍マークを見たところで、どれを作ればいいのかサッパリです。
分からないことは分からないまま放置するのがポンチキモデラーの嗜みですから、箱絵の北ベトナム軍仕様に
してみようと考え、T-55Aを選択して製作してきます。

T_55a_21

塗料の回り込まない凹部をツヤ消し黒でゴシゴシ塗ります。このとき燃タンは後付けだったなと後悔します。

T_55a_22

後悔したところで後の祭りです。黒サフェーサを全体にミッチリ吹きつけます。

T_55a_23

さらにタミヤ社 AS-7 ニュートラルグレイをボソボソと吹きます。

T_55a_24

乾いたらタミヤ社 TS-5 オリーブドラブをハフハフと吹きます。やっぱりソ連戦車の緑色が分かりません。

T_55a_25

最後に茶色でスミ入れをします。

検討課題
・もっと明るい緑色に仕上げる
・茶色から緑色を目指してみる

2024年6月22日 (土)

RUBICON MODELS 1/56 Main Battle Tank T-55 & T-55A MBT 1/3

虎戦車に右往左往してる場合じゃない!。ヒッヒッフーヒッヒッフー深呼吸して落ち着け俺!

T_55a_11

北ベトナム軍の主力戦車T-55。砲塔を2時方向に向け、軽くブッ放しているパッケージイラスト。

T_55a_12

外装箱サイズは通常品に比べ、ふたこすりほど大振り。キングタイガーやセンチュリオン等と同サイズです。
箱が大きくなったことで内容物に梱包時のストレスがかからず、部品の変形も減少している感じがします。

T_55a_13

成型色はいつもの薄緑。砲塔形状の細部に差異を認められるT-55とT-55Aのいずれかを選択できます。
履帯部品は最近のルビコンモデルス社らしく細分化されています。もう組み立てるだけで面倒になります。

T_55a_14

組めるだけ組みます。塗装の手間を考え車体、砲塔、履帯左右の4分割にしています。
自分の失態を踏まえ、車体後部の増加燃料タンクと丸太は、塗装後に接着をしたほうが良いと思います。

虎戦車の呪縛を断ち切るようにヌリヌリしていきましょう。

検討課題
・砲塔にZとか書かない
・6月4日の敏感仕様を考える

2024年6月21日 (金)

音頭再び

そんな虎戦車に対する熱病のような物欲は、代替物を多々買うことで沈静化したと思っていたのです。

なんにせよ、積んでヨシ!作ってヨシ!塗ってヨシ!いいこと尽くめなルビコンモデルス社の虎戦車です。
こちらをヨンサン製作の間隙を衝くように、手慰みでもなく弄べば気も晴れると自分に言い聞かせていました。
そして自分自身もそれで納得してはずなんです。

ところがぎっちょん

Ondo_dance_2406

ああああぁあぁぁあぁぁあぁあぁぁぁぁああぁああああぁぁぁ!!!!
久しぶりに家電でも買ってみるかと訪れた秋葉原にある大型家電量販店のホビーコーナー。

ショーケースの中に塗装を施された見本が飾られています。思わず座り込んで見入ってしまいます。
オリジナルのパッケージや、箱から出したときの無塗装状態ではピクリともしなかった物欲メーター。
こちらを見た瞬間、物欲メーターはギンギンのバキバキです。オーバーヒートです。汁ダクダクです。

しかもお値段たったの6万円!定額減税きちゃってるしさぁ!どうすればいい?どうすればいいのかしら?

やはり在庫に埋もれ、立って寝る人生しか選べないのかと模型の神様の差配に狼狽えてしまいます。
値札が付いているということは在庫もまだあるのでしょう。使わなくなったステレオやスピーカーなどを
処分すれば虎戦車箱を安置するスペースをじゅうぶん確保できるような気もします。揺れ動く乙女心です。

ぶり返す熱病。物欲に負けそうになる自分がいます。ちょっと冷静にならないと危険が危ないのです。

検討課題
・まずゴーロクの在庫をどうにかする
・狂ったように音頭を踊っておく

2024年6月20日 (木)

RM Re-Library 25 東野鉄道・上部鉄道 NEKO PUBLISHING刊

表紙右上に「アールエム ライブラリー13・41復刻版」とあり、過去に出版されたものの合本です。

副題に「北関東の知られざるローカル私鉄」とあります。
個人的に上部鉄道について知識も興味もありませんが、東野鉄道に興味を持ったため書店で購入します。

1968年に廃止となった東野鉄道は、国鉄西那須野駅から大田原~黒羽~佐良土~小川と線路が敷かれていました。
終点は、現在の那珂川町立小川中学校(旧小川町小川中学校)の近くにあったのではないかと推察します。
廃線となった線路跡は道路へと整備され、その道をその後の東野交通(東野バス)も走っていたように思います。

108

個人的には栃木県ケンポク地域に国鉄バスと競い合うように縦横な路線を有した東野交通を利用したことからバスは
記憶に残っています。特に小川には、南北に走る大田原~烏山路線と、東西に走る宇都宮~馬頭路線の乗り換え用の
待合所を備えた駅が交差点の角地に唐突にあり、待合所で乗り換えバスの到着をボンヤリと待つこともありました。

その東野バスもいまはなく、稀に高速道路を走る大型バスの側面に描かれる「108」にその名残を見つける程度です。
東武宇都宮駅前を埋め尽くした赤/白のカラーリングをまとった東野バスはもはや見ることもできず残念です。

オッサンのノスタルジーってやつです。

検討課題
・盆踊りは山村開発センター駐車場での開催を熱望する
・花火大会は馬頭高校下の武茂川での打ち上げを熱望する

2024年6月19日 (水)

東京から御茶ノ水

2024年6月8日、再びの東京。暑く、日差しも強いものの湿度は低く、風もあるため少し歩いておきます。

New_ocya_2406_01

東京ステーションギャラリーにて「Animals, Animals, Animals! どうぶつ百景」の後期展示を見学します。

New_ocya_2406_02

見学を終え、ドームに集う人々を見下ろします。やはり人を見下ろせる場所に立つのは気分が良いものです。

New_ocya_2406_03

東西自由通路を歩き八重洲側へ。

New_ocya_2406_04

アース製薬本社前駅(神田駅)高架下にあった飲食店街は閉店、そして撤去。
誰かが飲んでるお店の中を「アイスイマセン」と手刀を切りつつ通り抜けた先のお店に行く不思議空間があったのです。
なにかしらの整備が為されているので、今後どうなるか気にしておきたいと思います。

New_ocya_2406_05

神保町すずらん通りのキッチン南海跡は集合住宅。小諸そば、看板建物の鏝絵がどうか永く残り続けますように。

New_ocya_2406_06

人生劇場。出ない、出さない、出させない。三拍子揃った通称「じんげき」は古書店に変わっていました。
これでトウトウ神保町界隈の○チンコ屋は壊滅。時流とはいえ、気軽に使えるトイレが減ってしまい困ります。

New_ocya_2406_07

坂を登って御茶ノ水駅。ソコソコ汗をかいたので帰宅します。

東京ステーションギャラリーにて開催中の「Animals, Animals, Animals! どうぶつ百景」の会期は2024年6月23日まで。

検討課題
・俺のトイレマップは随時更新しておく
・水道橋から小川町あたりを歩いてみる

2024年6月18日 (火)

参考書、あるいは副読本のようなものについて。

美味しいものを食べることが好きです。

意地汚いまでの食欲。頑健な胃袋。全裸以外のドレスコードを満たす服装。バッチリ準備万端です。
自分の身の丈に合ったお店で美味しいものを食べ、たまの御褒美としてすごく美味しいものを食べる。
その美味しいものが何処から来てるのか、どういう人が携わっているのかを知りたくなることがあります。

240618_2130

そんな少しだけの興味を満たしてくれる雑誌を参考書的に購入することがあります。
記事のなかで紹介されているお店へ行ってみたくなれば散歩のきっかけにもなり、便利だったりします。
ということで「当たり」記事も多い雑誌の最新7月号を購入します。ナルナルと唸りながら熟読しましょう。

検討課題
・きれいに食べることを意識する
・食べず嫌いと偏食を克服する

2024年6月17日 (月)

太陽のトマト麺 上野広小路支店 上野広小路

店舗は中央通りから湯島天神へと通じる「学問のみち」沿いにあります。

Tomato_2406

濃いエビクリ。
海老のクリームトマト麺。麺はストレート細麺。
ドロッとした濃厚クリームトマトスープにチーズも乗って、混ぜ併せると更にドロドロになります。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・サービスのご飯もいただく
・エプロンをルーシーで朱に染めない

2024年6月16日 (日)

東武ラーメン 春日部

店舗は春日部駅 7・8番線アーバンパークライン(野田線)ホーム、柏方面寄りにあります。

Kasukabe_2406_01

チャーシューメン。
細めの縮れ麺にスッキリした醤油スープ。
具材はチャーシュー4枚、メンマ、ワカメ、なると、ゆで卵。盛りだくさんです。
たいへんおいしゅうございました。

Kasukabe_2406_02

絶賛高架化工事実施中の春日部駅において、2024年5月12日から仮上りホームが使用開始されました。
個人的には長らく親しんだ旧上りホーム。東口のバス停から階段を利用することなくホームへ駆け込み、
そして列車に飛び乗ることもでき、乗り逃がしても売店や喫茶店で買い物、飲食ができた便利な上りホーム。

夜になると利用する人はいないものの、照明は灯され不思議な感じもします。
古めの駅特有の大谷石を用いたホームがまたひとつ無くなってしまうのは寂しいことだと思ってしまいます。

検討課題
・塩ラーメンを
・味噌ラーメンも

«こんごう庵 湯島店 湯島