2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

2020年9月18日 (金)

starter FORD THUNDERBIRD WRANGLER 1983 5/7

見事に調色を失敗したを乾かしている待ち時間に以前作った1988年のサンダーバードを何となく見返します。

83_15_51

この時は、リア窓のバQをボディ内側から固定することからキッカーバーを省略していました。有り体にいえば面倒だったんスよ。
楽をしたいばっかりに面倒ごとから逃げた代償は、完成後にリア窓から覗き込んだときのスカスカ感。こんなハズじゃなかったよ。

83_15_52

ボディとシャーシを嵌め合わせ、真鍮線をブッ刺す余地があるか確認します。厳しいな。余地も無いし、また逃げちゃおうかな。
そんなんじゃイカンのです。たまには逃げずに立ち向かってみるのです。

83_15_53

リアバルクヘッドの上端を少し削り、キッカーバーを再現する真鍮線をブッ刺す余地を確保します。これで引き返せなくなりました。

83_15_54

再びボディとシャーシを嵌め合わせてみます。
黄色と青のギバギバした境界に視線が集中すると思うので、リアバルクヘッドを削ったことはバレないんじゃないかと楽観します。

83_15_55

無いより有った方がマシ。たぶんそんな感じです。真鍮線や削った部分をグレーで塗っておきます。

検討課題
・目立つところだけイヤイヤやっておく
・逃げるときは胸を張って堂々と逃げる

2020年9月17日 (木)

starter FORD THUNDERBIRD WRANGLER 1983 4/7

先に塗った黄色が乾いてしまったらボディ後部を青くするため、イソイソとマスキングの準備に取りかかります。
キット同梱デカールの青ベタ部を上手く貼れればマスキングの必要もありませんが、私にはとてもムリムリなことなのです。

83_15_41

マスキングテープをグルグル巻き付けます。できれば、可能な限りできれば漏らしたくないのでマスキングゾルも併用します。

83_15_42

黄色の塗装片にキット同梱の青ベタデカールを貼り、どれくらいの青なのか確認だけしておきます。

83_15_43

野生の勘と丼勘定でガイアノーツ社 004 ウルトラブルー、024 コバルトブルー、AT-05 ブルーを適当に混ぜた青を作ります。

83_15_44

塗ります。濃かったか?今さら引き返すことなどできないことから細かいことは考えず、何も見なかったことにします。

83_15_45

当然のように凹凸部分のキワは塗料がしっかり吹き込んでいて、マスキングをしても見事なまでにモレモレとなっています。

しばらく放置してじゅうぶん乾かします。

検討課題
・漏らすときは果断に漏らす
・大人でも隙あらば漏らす

2020年9月16日 (水)

starter FORD THUNDERBIRD WRANGLER 1983 3/7

パテを盛ったり削ったりと下ごしらえも無事できたような気になったので、塗装作業に移ろうと思います。

83_15_31

黄色いレジンと白いポリパテの色の違いが無くなるよう、最初にグレーのサフェーサを吹きます。

83_15_32

黄色の下地には黄色のサフェーサ!苦節ウン十年、ようやくここに気付くことができました。各種模型材料に感謝です。
感謝感謝といいながらホビーショップへ行き、ガイアノーツ社 GS-09 サフェーサエヴォ レモンイエローを調達します。

83_15_33

吹きます。商品名にレモンイエローとあったので、もっと明るい黄色かと思っていましたが薄ら黄色い塗り上がりです。

83_15_34

なんとなくサフェーサが乾いたらガイアノーツ社 005 サンシャインイエローを塗ります。実際はもっと赤味があります。

しばらく放置してじゅうぶん乾かします。

検討課題
・試しに買うことを躊躇しない
・試して失敗しても泣かない

2020年9月15日 (火)

starter FORD THUNDERBIRD WRANGLER 1983 2/7

スーパーエージェントさまに泣きついてまでして入手したサンダーバードの製作を進めます。

83_15_21

いつも通りデカール保護のためクリアをこれでもかと吹きつけておきます。
この時点でキット同梱のデカールにグッドイヤンバカンのタイヤレターは無く、ドライバーネームも片側分しかありません。
なにかしらから調達しないとならず、面倒でしかありません。さらに細かいスポンサーシールもバラバラです。面倒ですよ。

83_15_22

パネルラインを深彫りします。キャッチピンの丸い跡がクッキリしています。虫ピンを埋め込むだけでは誤魔化せません。

83_15_23

面倒なことと思いながらポリパテを塗り込みます。間違えて削ってしまったフロントフェンダー後端へもパテを盛ります。

83_15_24

パテが硬化したら平滑になるよう削り均します。

検討課題
・リューターをファンブルさせない
・ポリパテのとろみをコントロールする

2020年9月14日 (月)

starter FORD THUNDERBIRD WRANGLER 1983 1/7

今年8月の無駄撃ち祭は赤っぽい車ばかりだったため、初心に返り、苦手な黄色を克服する作業に戻りたいと思います。
ということで、デイル・アーンハートが1983年にドライブしたラングラー・サンダーバードを作ります。

83_15_11

全体にガリガリ削り、仮組をしてみます。
この9世代目のエアロバーズは前期型、後期型ともに歴代のサンバードの中で最もかっこいいと思うのです。もちろん個人の意見です。

83_15_12

エキゾーストマフラーをボディの際ギリギリまで出すか、奥まった位置のまま控えめな感じにするか考えます。

83_15_13

なだらかに下降していくケツのラインがたまりません。

83_15_14

フロントグリルはメッキ、ヘッドライト部はアルミっぽいツヤ消しのメタリック。塗るか、貼るか考えないといけません。

検討課題
・ヤーボローのも作る
・後期型のエアロバーズも作る

2020年9月13日 (日)

手拭いを使う生活。

日常生活の中で手拭いを携行し、使うことが多かったりします。以前はタオルを首に巻いて生活をしていました。
なにかのきっかけで個人的にパイル地のタオルより使い勝手の良さを感じることとなり、以来ずっと手拭い派となっております。

開店祝いやお年賀としていただく以外に、どこかへ行った折の土産物として買うこともあります。
そういったことからガシガシ使い、バンバン生地を傷めダメにしてしまいます。そんなとき、手拭いの善し悪しもあったりもして、
特に使い心地の良い何本かのお気に入りを「一軍」として頻繁に使いこむあまり、ソウソウにダメにしてしまうジレンマに陥ります。

200913

この時期など会社帰りに銭湯に寄り、加齢臭を伴う大量の汗を洗い流してから帰宅したりします。
そんなときも体を洗い、水滴を拭うのも手拭い一本あればどうにかできます。濡れた手拭いは7回裏の攻撃前の応援よろしく
クルクル振り回していればすぐに乾きます。吸水性に優れたパイル地のタオルではこう便利にはいきません。

夏は首回りの汗をどうにかするため首に巻き、冬は襟元の寒さをしのぐため首に巻く。雨が降れば頬被りにも使っています。
これだけ便利な道具なのに、人によっては全く使っていなかったりして不思議なくらいです。手拭い教でも立ち上げますか。

検討課題
・風呂上がりは手拭いでスパン!する
・いい音がでたらスパン!スパン!しちゃう

2020年9月12日 (土)

なおじん 秋葉原

店舗は秋葉原駅の近くにあります。

200912_01

ウーロンハイ。
開店15分程前に「いいっスか?」などと言いつつ、前回よりも僅かに入店時間を自主的に早めつつ入店を果たし喉を潤します。
たいへんおいしゅうございました。

200912_02

馬刺し。
少し厚めに切られた馬肉にニンニクをどっさり乗せて噛みしめます。
たいへんおいしゅうございました。

200912_03

谷中生姜の肉巻き。
一口でやっておきます。もしかしたら3本といわず6本、10本といけちゃうような気がするほどのナイス肴です。
たいへんおいしゅうございました。

200912_04

冷やし茶碗蒸し。
自分的には初体験。なおじんのメニューにいつの間にか加わっていた新メニューだったので注文します。これはいいものですよ。
たいへんおいしゅうございました。

夕方になっても開店しない飲食店が秋葉原周辺でも増えてきた印象があります。

検討課題
・新メニューチェックのために通う
・入店時間をソッと早めてみる

2020年9月11日 (金)

花ぶさ 末広町

店舗は末広町駅の北側エリアにあります。

200911_01

穴子の天ぷらと御飯セット。
天ぷらは穴子、カボチャ、シシトウ、サツマイモ。小鉢、漬物、赤だし。訪れた日は松茸御飯。もちろん御飯をお代わりします。
たいへんおいしゅうございました。

200911_02

甘味。
食後に配膳される白玉ぜんざい。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・夜に海老しんじょうを食べに行く
・松茸御飯を食べに岡山方面へ行く

2020年9月10日 (木)

GAFFE Proto Rover DEBIC Paris Dakar 1985 3/

とりあえず白だの黒だの塗った部品も乾いてしまったようなので、デカールを貼る準備に取りかかろうと思ったりします。

Rover_31

ボディには適当にそれっぽい理由をつけてクレオス社 S107 キャラクターホワイトを吹いてみました。
この白が乾いてみるとどうにも白っぽくない。言ってることは順調に意味不明ではございますが、白っぽくない白なんです。
気にしているのは自分だけかもしれません。自らの老化に伴う眼球の濁りのせいかもしれません。どうにかしたくなります。

Rover_32

半光沢のクレオス社 S107 キャラクターホワイトを下塗りとして、関西ペイント社 アクリック 1531 ホワイトを塗り重ねてみます。
画像で確認する限りにおいて差異は感じにくい状態です。ただ、白を塗り重ねたことで、より白っぽい白になったような気がします。

一歩進んで散歩に出かける。そんな感じで再び放置して乾燥させます。

検討課題
・横着しない
・ツヤ消し白を白サフェーサ代わりにしてみる

2020年9月 9日 (水)

スウェーデンのジェット戦闘機ディテール写真集 ドラケン/ビゲン/グリペン編 富永浩史写真解説 イカロス出版刊

グリペンってユーロファイター? 頭の悪いことこの上なしなので書店に並んでいたスウェーデンのジェット戦闘機本を購入します。
本書ではドラケン/ビゲン/グリペン編とあるようにスウェーデンの戦闘機3機種を紹介しています。もう直輸入ノーカットなのですよ!

200909_01

おそらく今冬もナナニー筆塗り修行を行うことになると思います。その際、できればビゲンに挑戦してみたいと考えたりもしています。
というのも、ビゲンに対してナゾの苦手意識を持っていたりするので、その苦手意識克服を何とかしてみようという目論見なのです。
自分のビゲン初体験はハセガワのナナニー。ガキの頃に作ったときの印象は決して良好なものではなく、リベンジをしたいのです。
もちろん現在ではナナニーならハセガワ以外にエレール、スペシャルホビー、タランガスなど選びたい放題でもありますし。

イカロス出版繋がりで、

サーブ35/37 ドラケン/ビゲン イカロス出版

ついでということでもなく、せっかくなのでビゲン本をもう一冊購入します。初版は2017年9月、自分が入手したのは二刷版。

200909_02

ビゲン独特の迷彩塗装からはなんとしてでも逃げたい。作る前から及び腰になってしまいます。
となると銀色に塗るか、グレーに塗るかといった選択を迫られます。細かいことは無視して自分の思うままグニグニ塗ろうと思います。

まずは越冬に十分なナナニーの確保をソロソロ始めたいと考えます。

検討課題
・青系の洋上迷彩とか
・茶系の砂漠迷彩とか

«秋山さんのとりライフ 津田七節著 秋田書店刊