2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« スケールモータースポーツフェア タミヤプラモデルファクトリー 新橋 | トップページ | お出かけ »

2012年3月16日 (金)

JADE MINIATURES N.S.U. Land Speed Record 1951 2/4

2012年2月7日、無計画にボディなど主要部品の塗装作業を先行させます。ラッカースプレーを吹き付けた後、
室内常温下で自然乾燥させます。冬期ながらじゅうぶん乾いたようなので、デカールを貼り出そうかと試みます。

 

20120316_001

 

 


キットに同梱されているデカールはコレが2枚。
エンブレムなどはデカール1枚に収まる内容ながら、おそらく青いラインのために2枚入っていると推察します。
ただこの青ライン、長さがなんとも微妙です。両側面に貼り、前縁先端で位置合わせをするようなラインの長さです。

 

慎重に貼ったつもりでも確実にズレてしまう自信があります。降参です。

 

20120316_002

 

 


GSRカラーデカール(ブルー)を手に入れてきました。青ベタデカールの右側のライン幅が2mmでいい感じです。
青の色味が微妙に違います。気にしません。肉色をオレンジと言い聞かせる根性の持ち主による製作です。

 

いくつかの長さに切り分けて、順次貼っていこうと思います。

 

検討課題
・デカール軟化剤を使い過ぎない
・直線デカールは真っすぐ貼る

 

こいでさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
パクトラのビン側面から水滴を模した凹部が無くなり、固着すると開けるのに難儀した金属製のフタがプラスチック製に
切り替わった頃からダークイエローと、フィールドブルーの色合いが変わったような気がしました。定かではありませんが。

中学生の頃、物知りの年長者に「アメリカのショーカーは、ツヤを際立たせるため車体をエナメル塗料で塗るんだよ。」と、
そんな助言を真に受けてパクトラをピースコンで吹き付け、いつまで経っても乾かず指紋でネトネトにしたのは秘密です。

« スケールモータースポーツフェア タミヤプラモデルファクトリー 新橋 | トップページ | お出かけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スケールモータースポーツフェア タミヤプラモデルファクトリー 新橋 | トップページ | お出かけ »