2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 九段下ビル After | トップページ | 荻窪から神田 »

2012年3月 3日 (土)

不夜城 馳星周著 角川書店刊

勤務地近くの古本屋店頭のワゴンで3冊500円とぞんざいな感じで売られていたので購入。
シリーズ3冊目となる「長恨歌 不夜城完結編」を読んだことがなかったので改めて全巻読み直してみた。

20120303
1冊目では主人公として多く書かれた劉健一の描写は、シリーズが進むにつれ存在感は増しながら減っていくのがよくわかる。
フィクションではあるが、歌舞伎町も錦糸町も四谷もそうだったのか?と思いながら街をふらつくのも楽しそうである。

検討課題
・カリビアンというバーを探さない
・遅くまで歌舞伎町に留まらない

« 九段下ビル After | トップページ | 荻窪から神田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九段下ビル After | トップページ | 荻窪から神田 »