2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 水天宮前から住吉 | トップページ | 泰山 清澄白河 麻婆豆腐 »

2012年6月23日 (土)

江東区深川江戸資料館

入館時に手渡されるパンフレットには、深川ゆかりの人物と歴史の紹介。江戸時代末期の深川の町並み再現とある。
両国の江戸東京博物館に比べ、よりピンポイントな地域の歴史資料館といったところ。

20120623_001
思わず見過ごしてしまいそうになる施設入り口。

20120623_002
地下の常設展示室に入ると既に夕方。こちらは常設展示品に限り基本的に撮影が許可されている。

20120623_003
真夜中の羅麩天の屋台。エビなどのネタは串に刺された状態で揚げられていたようだ。現代とは食べ方もずいぶん違う。

20120623_004
昼間の小動物、おそらくここの主。機械仕掛けでニャーと鳴く。三味線屋の屋根に居座るあたりが振るってる。
展示スペースは、照明によって数分おきに朝昼晩と変化していくのが面白い。

20120623_005
この地域の有名人。この名前から漫画家を瞬時に思い浮かべた者は石抱きのうえ斬首。

検討課題
・細かい説明も面倒がらず読む
・細かい文字も面倒がらず読む

« 水天宮前から住吉 | トップページ | 泰山 清澄白河 麻婆豆腐 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水天宮前から住吉 | トップページ | 泰山 清澄白河 麻婆豆腐 »