2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 錦糸町から久里浜 | トップページ | 生簀屋 海 久里浜 »

2012年7月15日 (日)

久里浜から金谷

2012年7月7日、暑く、湿気のあるなか意を決して久里浜港まで歩くことを決意します。一大決意です。

20120715_001
京急久里浜駅のロータリーに素敵な行き先を表示したバスが停まっています。一大決意は即時撤回します。
地球温暖化防止の掛け声の下、発車時刻になるまでアイドリングストップを行っていたため車内は非常に暑い。
歩いて行くことを考えればこの程度の我慢は仕方ないと自分に言い聞かせます。

20120715_002
フェリーターミナルに掲げられたフェリーが行き着く先の南房総にある観光スポット。
水族館は油壺にあるし、花畑は久里浜に公園がある。動物は少し離れるが野毛山にいるし、磯場はそれこそ…
船に乗って対岸まで行きたいと思わせる何かを掲示すべきと思うのだが、それが何なのかが思い浮かばない。

20120715_003
出航時間の15分程前になって乗船予定の「しらはま丸」がやって来ます。
車の乗り降りや、乗船客の下船と乗船がそれほどの短時間でできるものなのかと思ってしまう。

20120715_004
接岸します。タラップの位置調整など上手い具合にこなし、この後ハッチが開き船内の車が吐き出されていきます。

20120715_005
定刻1515に出港。下船、乗船も自分が思っていたよりもずっとスムーズに執り行われ無事に離岸。
離れてみるとボーディングブリッジが何とも言えない微妙な感じに見えてきます。

20120715_006
船内アナウンスにより、7月7日に横浜に入港し、翌日入港予定の神戸へ向けて出発する飛鳥IIを見ることができた。

20120715_007
あっという間に金谷着。接岸作業は久里浜同様、非常にスムーズ。短い船旅もいいものです。
矢切の渡しのように渡った先で何もすることも無く、呆然としたまま再び乗って帰るということも無いので楽しいです。

20120715_008
金谷のフェリーターミナルは久里浜に比べ規模が大きい。近くに海産物販売所も多数あり、つい寄りたくなってしまう。
金谷から乗船する人たちの多くがゴルフウェアに身を包んでおり、なるほど、そういう使い方が多いのかと納得する。

続きます。

検討課題
・乗ってみたいな豪華客船
・行ってみたいな余所の国

« 錦糸町から久里浜 | トップページ | 生簀屋 海 久里浜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 錦糸町から久里浜 | トップページ | 生簀屋 海 久里浜 »