« 歯を、磨いちゃってくださいね After | トップページ | TOMIX 東武100系スペーシア(粋カラー)セット »

2012年9月 2日 (日)

嫌われ松子の一生 山田宗樹著 幻冬舎文庫刊

玉座製作時の気分を高めるために読んでみます。ふざけた内容ではなく転落し、流浪する。そんな感じの話。

人生には常に数多の選択肢はあるものの、自らが選べる選択肢は一つしかなく、複数の人生を歩むことは出来ない。
上手く最良の選択をし続けることが叶えば薔薇色の人生だろうし、ひたすら悪い選択をし続けてしまうこともある。

本書において「嫌われ松子」こと川尻松子は後者のパターンに近く、有り体にいえば「引きの悪い」人生を歩み続ける。

20120902
このご時世、自分自身でさえ何がきっかけで、どこで躓き転落するか分かったもんじゃない。
笑い話で「ついてない」といえばカタヤイネンのことだが、それさえ実はとても幸運に溢れた人生だったりもする。
読み終えて残りの人生、上手くやり過ごしたいと思った次第だ。

検討課題
・人生晴れたり曇ったり
・何事も行って来いでチャラを善とする

« 歯を、磨いちゃってくださいね After | トップページ | TOMIX 東武100系スペーシア(粋カラー)セット »

コメント

カタヤイネン氏は死に神様の方が引きが悪かったのですねぇ。
たとえパンイチになっても五体満足なら次があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯を、磨いちゃってくださいね After | トップページ | TOMIX 東武100系スペーシア(粋カラー)セット »