2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« BEER&PUB SUPER"DRY" 東京ソラマチ とうきょうスカイツリー | トップページ | 女奴隷は夢を見ない 大石圭著 光文社文庫刊 »

2012年10月 4日 (木)

ちぇりーBoy's シテヤンヨ 組立 5/6

アストンマーチン風味を仄かに醸しながら塗装面も乾燥したようなので組み立てていきます。

後頭部の髪パーツと、美脚パーツでピンク色のリボンを挟み込み固定する構成になっています。
美脚パーツ側にφ2.2の穴を開け、φ2.0の真鍮線を埋め込みます。後頭部パーツ側にはφ2.5の穴を開け、
若干ルーズにしておきながらエポキシボンドをベットリ塗りつけ適当に固定します。

キットは部品側に下穴を開ける部分を凹で表示してあります。そこに沿って穴を開けるだけで位置決めができます。
とても親切な設計なため、自分のような門外漢でも組立に迷うことがありません。

20121004
右足踵部にはφ2.1の穴を開け、こちらにも台座への固定用にφ2.0の真鍮線を埋め込みます。
踵部の穴は、台座への固定を目的としますので穴径はタイトにしておきます。

配色を考えれば足の爪にはリボンと同じ蛍光ピンクを塗りたいところです。
● 自分の技術では塗装時に筆先がプルプルしてしまう
● 蛍光ピンクの発色を確保するため再度の下塗り工程が必要
● 注目する点が増えることで、せっかくの曖昧な視線の妙が薄れてしまう
といった点から足の爪は美脚と同色にしています。細かい部位をネチネチとマスキングするなんてまっぴらです。

台座が届き次第、固定しようと思います。年内には完成となるはずです。

検討課題
・まず確実に完成させる
・顔の表現について練習する

ちぇりーBOY’Sさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
いただいたコメントへのご返答は翌日にするようにしていますが、せっかくなので少しズラさせていただきました。
塗装は実験的な部分を含め、何となくソレっぽい色で塗装してみました。ここは要検討といったところです。
なんだか超合金のような塗りあがりになりましたが、それも御愛嬌ということでご容赦ください。

« BEER&PUB SUPER"DRY" 東京ソラマチ とうきょうスカイツリー | トップページ | 女奴隷は夢を見ない 大石圭著 光文社文庫刊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BEER&PUB SUPER"DRY" 東京ソラマチ とうきょうスカイツリー | トップページ | 女奴隷は夢を見ない 大石圭著 光文社文庫刊 »