2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 天天 御徒町 麻婆豆腐 | トップページ | チョコレート展 »

2013年1月 8日 (火)

予告犯 筒井哲也著 集英社刊

昨年に購入しながら積みっぱなしにしていた漫画を読む。
掲載はジャンプ系列。読んでみるとジャンプらしく友情、努力、勝利を仄かに感じたりする。

20130108_001
いろいろな成り行きから行動を共にすることになった5人が4人になったことから、いろいろ考え思うこともあったりで、
PCを遠隔操作しながらいろいろ行っていくという設定。実社会でのニュースを見るに漫画と笑っていられない。

漫画は2巻までで登場人物の紹介と、話のあらましが書かれ、今後の3巻から話が動き出す感じ。

焔の眼 押切蓮介著 双葉社刊

日本が侵略、占領され過酷な国状となった世界の話。

20130108_002
著者の漫画は徹底的に痛めつけられる登場人物があり、見ているだけで痛々しい気持ちになるのが辛い。

漫画での侵略者は1940年代のソビエト軍風に描かれている。昨今の我が国を取り巻く状況から今後、日本に侵略
してくるであろう軍隊は、パーイチ系なんだろうかと考えたりして薄ら寒いものを感じたりする。
妄信的にウケーカウケーカ騒いで目を瞑ってる場合じゃない!とも思い始めてることも何だか心配になったりする。

漫画なんて絵空事だよ。などと言っていられないほど実社会は目まぐるしく変化し続け、漫画の絵空事を現実の
ものとしてしまう。その変化に追従しきれない自分の適応能力の低下が一番恐怖すべきことだったりもする。

検討課題
・漫画の帯を適当に付け替えて遊んでみる
・1巻を何度も買わない

« 天天 御徒町 麻婆豆腐 | トップページ | チョコレート展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天天 御徒町 麻婆豆腐 | トップページ | チョコレート展 »