2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 国立科学博物館 他 | トップページ | 門前仲町から押上 »

2013年1月14日 (月)

タイヤ

時系列は錯綜するが、年末に名古屋へ行く前になる昨年12月中旬の話だ。
現在乗っている車は購入後4年半を経過し、走行距離は48,000kmとなった。

スリップマークが露出するまで猶予はまだまだあるのだが、車庫入れの際に据え切りを繰り返せざるを得ない状況の

ため、タイヤのショルダー部に多数のヒビ割れを確認するに至り、走行時などに少なからず不安を感じたりしていた。

6ヶ月点検を行ったときにディーラーのメカニックからもタイヤの交換を勧められたこともあり、いい機会でもあるので

思い立って交換を行ってみた。別段、雪道をゴリゴリ走ることもないので通常のタイヤとしてみた。

20130114
総合自動車用品店やタイヤ専門店など、在庫豊富な店舗に行くと聞き馴染みのないタイヤメーカーの製品が
驚くほど
安価に販売されていたりして目移りしてしまう。自分のような素人にとってタイヤというものは黒くて、丸くて、
溝があり、
中心に穴が開いているといった程度のものであるため、購入にあたっては滑らずに止まり、走行中の
ロードノイズが
低ければそれで十分だったりする。

結局、メカニックのお薦めに従い購入時に標準装備されていたポテンザという銘柄から、ルマンという銘柄のタイヤに

換えてみた。とりあえず最低あと3年は保って欲しいとだけ思う。

画像は適当。フージャーのタイヤも興味本位で一度は試してみたいなとは考える。

カテゴリーも購入報告でもないのでヨマイゴトとする。

検討課題

・ABSが作動するような急制動は危ないから控える

・タイヤの溝に残った小石は見つけ次第取り除く

« 国立科学博物館 他 | トップページ | 門前仲町から押上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国立科学博物館 他 | トップページ | 門前仲町から押上 »