2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« Crystal Jade 日本橋店 三越前 麻婆豆腐 | トップページ | 旧正月 »

2015年2月23日 (月)

異形再生 エリック・ハズペス著 松尾恭子訳 原書房刊

昨年発刊され、気にはなっていたものの暢気に購入しているタイミングではなかったため見送っていた書籍。
人外コミックをいろいろ読んだりしていて特に骨格の辻褄に興味もあったので遅ればせながら購入します。

20150223_001
前半はスペンサー・ブラック博士の辿った人生と研究の軌跡に文章としてページを割いています。
まことにザックリですが、本文そのものを読みこむ必要性はあまりないといっても過言ではありません。本書のキモは
表紙にも書かれた付録の「絶滅動物図録」といえます。人外の骨格や、筋肉などの解剖図を図版として納めています。
たいへん乱暴な感想ですが、あくまで個人的な意見として御容赦いただきたいと思います。

図版繋がりで、本棚の捨ててはいけない本を集めた一画から探します。

秘密の動物誌 ジョアン・フォンクベルタ/ペレ・フォルミゲーラ著 管啓次郎訳 筑摩書房刊

本書はペーター・アーマイゼンハウフェン博士の研究と、それにまつわる紀行文的な内容の文章が続きます。
こちらも個人的な意見として本文そのものをジックリ読み込む必要はありません。あくまで個人的な意見です。

20150223_002
往年の水曜スペシャル「川口浩探検隊」シリーズを追体験するかのようにドキドキしながらページをめくると非常に
面白かったりします。数多くの図版に添えられた注釈だけを流し読みすると、信じ込んでしまいそうにもなれます。

なんというか情報に対しての距離が縮まった現代では、情報と情報の隙間や、情報と人の合間に存在できた「ウソ」の
居場所が少なくなってきてしまったように思えます。そう、ミニクジラの居場所のようなものです。
誰かを騙し、手玉に取り、何らかの被害を発生させる偽書の類は駆逐されるべきと考えますが、上記のような書籍に
記されたメルヘンのようなものは、今後も忘れた頃に出版されると少しだけ人生も楽しくなると思うのです。

検討課題
・荒俣宏氏の言を盲信しない
・未知は未知のままそっとしておく

« Crystal Jade 日本橋店 三越前 麻婆豆腐 | トップページ | 旧正月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Crystal Jade 日本橋店 三越前 麻婆豆腐 | トップページ | 旧正月 »