2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« うらめしや~ 冥途のみやげ展 | トップページ | 上野駅前 9月 »

2015年8月31日 (月)

仙台ぐらし 伊坂幸太郎著 集英社文庫刊

夏休みの課題読書ということでもなく、なんとなく読んでみます。
地元コミュニティ誌に2005年から2012年にかけて掲載されたエッセイなどをまとめたもの。内容は虚実ない交ぜです。
執筆された時期的に、仙台へも甚大な被害をもたらした2011年の震災にも触れられています。

20150831
これまで伊坂幸太郎氏の著作を読んだことはありません。
20代の終わり頃、仙台に本社を置く企業への転職を考えたことがありました。同時期になんやかんやあったことで残念ながら
転職は叶わず、いまも埼玉と東京を往復しながら燻り続けているわけです。居を移していたらどんな生活だったか夢想します。

新幹線の停まる駅、空港、高速道路のICを有している街はおそらく便利なんだろう、と全て無い街に住む私は思うのです。
ただ、城下町や市内に川の流れる街は移動に不便なんだろうなとも思ったりします。仙台とはどんな街なのか思い及びません。
いつか猫の多くいる島へ行ってみたいと思っています。その際に立ち寄れたらどんな街なのか見て歩きたいとも思うのです。

検討課題
・転職のチャンスを諦めない
・知らない街をブラブラ歩く

« うらめしや~ 冥途のみやげ展 | トップページ | 上野駅前 9月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うらめしや~ 冥途のみやげ展 | トップページ | 上野駅前 9月 »