2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 生誕300年記念 若冲展 | トップページ | 思いがけないラッキー »

2016年5月25日 (水)

ダブり

一緒に遊んだ記憶に乏しく、微妙な距離感から敬語を使うべき同級生のことではなく。
連休中は部屋の掃除をセッセとしていました。地層を崩し、均し、要るものと要らないものを気まぐれに取捨選択します。
なんとなく要るものとして残しておいたものの中から何度も既視感に襲われます。さっきも見たような気がするな、と。

20160525_001
ナイフの替え刃が出てきます。2016年5月1日の段階でのダブりです。
手前は柄を切り詰めた普段から使っているナイフホルダー。Mr.CRAFTの250円のラベルに滂沱の涙が溢れてきます。

20160525_002
さらにナイフの替え刃が出てきます。2016年5月3日の段階でのダブりです。増えてます。ダブりまくりです。
未使用のままの替え刃が4個、どれも中途半端なままの使いかけも4個。なにやってんだと自分に呆れかえります。
安価な消耗品ということもあり、パッと見渡して視界に入らなければ何度も即購入してきた結果を突きつけられるのです。
あるいは何も買うべきものの無かった模型店から脱出する際、万年皿と迷ったうえで購入を重ねたからかもしれません。

これだけの在庫を減らす意味でも模型製作に邁進しなければならないと気付き、暗澹とした気持ちになります。

検討課題
・もう少しよく探すことを心がける
・使いかけは最後まで消費すること

« 生誕300年記念 若冲展 | トップページ | 思いがけないラッキー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生誕300年記念 若冲展 | トップページ | 思いがけないラッキー »