2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« starter BUGATTI 57 LE MANS1939 完成 | トップページ | 五輪大会期間中のダムツアー 栃木Bパート »

2016年9月 1日 (木)

上野駅前 9月

タイミングをすっかり逸した感じで。しかも駅前からずいぶん離れた位置で。
上野駅から中央通りを南下し、上野広小路あたりから西のブロックに入ったところに台東区立黒門小学校があります。
先々月の2016年7月21日から大規模改修工事を行うことになっており、工期終了は2019年3月31日を予定しています。

創立は1910年(明治43年)と古く、現在の意匠に富んだ校舎などは1930年(昭和5年)に竣工されたと記されています。
この独特な外観の校舎を維持するための大規模改修工事は、卒業生はもちろん周辺住民にとっても学校という「器」を
後世に伝え残していくためにも必要だと考えます。自分の卒業した学校の校舎がいつの間にか変わってしまっていたり、
校舎はおろか学校そのものが統廃合で失われしまっていたら悲しい気持ちになると思うのです。

20160901_001
そんなこんなで工事も着々と進められ始めた2016年7月27日、校庭南側の通用門横に植えられていた桜の木がバッサリ
切られていました。伐採された幹や枝は紐でくくられ、そのまま処分すると警備員の方から教えていただきます。

20160901_002
もうバッサリです。幹はけっこう太いのにもったいないことです。ここから復活できるものなのでしょうか。
上野と言えば花見のメッカ「上野恩賜公園」も近くにあるのですから、移植を行うなど検討はできなかったのでしょうか。
春先などには桜の木の下で、ランドセルが本体と思える子供と一緒に記念撮影をする場面に出くわすこともありました。
来年からはどうなってしまうのか余計な心配をしてしまうのです。

20160901_003
その小学校通用門から東方面に歩いた中央通り沿いに台東区立黒門児童遊園が、それまでの遊具類を撤去し、トイレの
整備も行い、今年2016年3月29日にリニューアルオープンしました。桜の木を植えるくらいの余地はありそうに見えます。

当然のように私は思ったことを勝手に言ってるだけで、何か行動に移したり、それなりの責任を持つわけでもありません。
いつも通りの無責任全開で、なんとなく桜の木が切られたことを残念だと言ってるだけです。責任なんて負えやしません。

20160901_004
なので、せめてもの思い出ということでもなく、今年2016年4月2日、通用門の両脇で咲き誇る在りし日の桜の木など。

検討課題
・今から来年の花見場所の選定を行う
・染井吉野桜記念公園に行ってみる

« starter BUGATTI 57 LE MANS1939 完成 | トップページ | 五輪大会期間中のダムツアー 栃木Bパート »

コメント

kawakamiさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
とりあえず切っちまうべぇ、工事を優先するあまりそんな安易な決定を下したのではないかと勘ぐってしまいます。
だからといって長々と移植先を選定する作業にかかりきりになり、工事が遅れてしまうのも本末転倒ですし。
難しいところとはいえ、もったいなく、ガッカリなことです。関係者ではない外野の勝手な意見ですけどね。

木はねぇ・・・
切るのは簡単なんだけど
うちの近くでも桜並木が道路拡幅であっさり切り倒されて
がっかりしました
切るのは30分だけど、育つのに30年かかるんだけどなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter BUGATTI 57 LE MANS1939 完成 | トップページ | 五輪大会期間中のダムツアー 栃木Bパート »