2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« MaxFactory 1/20 PLAMAX MF-02 minimum factory Burney | トップページ | 恥部と発掘 其の伍 »

2017年6月27日 (火)

GAFFE Espace Mokricki Blue Valley Paris Dakar 1989

やる気も無いまま製作を続けるもんだから、当然のように痛い目に遭います。

 

20170627_001

 

 


内装は適当にそれっぽくします。シートベルトに厚みはなく、立体感皆無です。用意されたシート形状を考えれば御の字です。
そしてやはりデカール。ここに仕掛けられた罠にズッポリと嵌まります。もはやお約束といった感じさえしてきます。

 

20170627_002

 

 


そもそも印刷部に対しニス部分など用意されておらず、透明シートから都度ナイフで切り出すタイプのデカールです。
実際そんなことはどうでもよく、妙に厚みのある透明シート状のデカールを貼った際の端部にイライラさせられます。
密着する端部と、密着しない端部が混在しているのです。いつも通りデカール軟化剤を浴びせかけたり、ドライヤーを
使って熱風を吹きかけてみてもデカール端部の密着を達成できません。もうボディごと遠くに投げ出したくなります。

 

さらにデカールを貼りだしてから目を近づけて観察していると、紫色のモアレも気になりだします。
自分の技術力の低さを棚に上げ、次の一手をここからどうするか思案せざるを得なくなりました。困ったことです。

 

検討課題
・少しだけやる気を出してみる
・自分なりにやれるだけやってみる

« MaxFactory 1/20 PLAMAX MF-02 minimum factory Burney | トップページ | 恥部と発掘 其の伍 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MaxFactory 1/20 PLAMAX MF-02 minimum factory Burney | トップページ | 恥部と発掘 其の伍 »