2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の記事

2017年11月30日 (木)

第56回農林水産祭 実りのフェスティバル

2017年11月11日、今年もいそいそと昨年同様、池袋サンシャインシティへと出掛けるわけです。

20171130_001
今年も開催初日の金曜日に行けず、土曜日に行ってみます。
現地到着が少し遅めになったことから地下駐車場のB2エリアは満車。B3エリアに誘導されますが、そこからは会場に直接
行けるエレベーターは無いため、重いものを買うと大変になるかもしれないと前途多難な予感をゴリゴリと感じさせます。

20171130_002
ゆるキャラ記念撮影会。
ちゃっかりセンターポジションを確保する秋田県。端でヨタヨタする山形県。しっかりしろペロリン!

20171130_003
和歌山県。
紀州梅を販売する横に掲げられた幟。大河ドラマ放送終了後も盛り上がりを維持しようとしていることを感じさせます。

20171130_004
山形県。
芋煮を購入し、その場で食べます。芋煮といいながら芋より肉のほうが多く、じゃあ肉煮かといえばそうでもないし。
たいへんおいしゅうございました。

今回は液体関係を少し購入します。それについては気が向いたときに別項として記します。

検討課題
・気になる酒は記録しておく
・たまには電車で行って試飲しまくる

2017年11月29日 (水)

血圧高め

本日11月29日は、今月最後の肉の日です。デーブ!デーブ!と指さされ、笑われるため医療機関へ出向く時期となりました。
前日の21時以降、何も食べていません。空腹のあまり生け垣の葉っぱを毟り、食べたくなります。無自覚な末期症状です。

20171129_001
とりあえず健康診断時に着用するジャージを記録しておきます。昨年の画像を使い回しているわけではないんです。
血圧を測ると「少し高い」と言われます。腹囲を絞るなど減量すれば血圧は正常値になります。簡単に言ってくれます。
分かっていても止められないのが暴飲暴食。睡眠欲、暴飲欲、暴食欲、これすなわち人間の三大欲求でございます。

20171129_002
ロッカーは「G-13」を選びます。私をデーブ!デーブ!と指さし、笑った非道な人々を狙撃してもらう依頼のためです。
東郷氏の口座があるといわれるスイスの銀行へはどうやって振り込めばいいものやら。代金未納で依頼キャンセルです。
年末に恐怖新聞よろしく突然送りつけられる診断結果に怯えながら、ひとまず暴飲暴食に勤しみたいと思います。

検討課題
・健康食品の広告を熟読する
・楽して痩せるメソッドにだけ興味を持つ

2017年11月28日 (火)

風邪

まんまと風邪をひくわけです。
案の定というか、予定通りというか。毎年だいたい今ぐらいの季節になると風邪を引くわけです。シーズン到来ともいえます。

20171128_001
半袖を着ていた季節と同じ時間、風呂上がりの火照った体を冷ますためにパンイチでウロウロしているから。
理由はこれだけ。毎度毎度のことなのに一向に学習できていません。もはや何もかもが手遅れのような気がしてきます。
気がしてると思ってるのは自分だけで、まず間違いなく手遅れなのでしょう。もうイロイロと全部。

20171128_002
年末になればお酒を飲まなければいけません。そんなとき体調不良、風邪なんてこじらされていたら美味しく飲めません。
体調を万全にするため無理矢理にでも直すために、栄養豊富な揚げ物をいつも以上に多めに摂って鋭気を養いと思います。
こういうの、最近流行の炭水化物抜きダイエットっていうんでしたっけ?

検討課題
・8ピースバーレルなら2パックくらい平らげる
・乾布摩擦を寒風摩擦と誤らない

2017年11月27日 (月)

萬里 放題亭 桜木町 麻婆豆腐

店舗は桜木町駅から歩き、野毛小路に入った場所にあります。

 

20171127_001

 

 


横浜大さん橋ホールで催された the 22nd ホビーフォーラム 2017 も無事閉幕。タクシーの分乗し会場へと乗り付けます。
なんだか数時間前にもここをウロウロしたような記憶もあります。ペナントシーズン終盤にありがちなダブルヘッダーです。

 

20171127_002

 

 


Knights of the Round Table.
ただしキャメロットではなく野毛。しかも集まったのは騎士ではなく見事なまでのオッサン。
宴席での料理についての速報と詳細は「赤いの作ったり青いのゲットしたりする巨匠」さまの記事をご参照ください。

 

20171127_003

 

 


生ビール。
幹事Y御大による乾杯の音頭とともに飲み干します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171127_004

 

 


麻婆豆腐。
さんざん飲み食いしたのち、〆はやっぱり炒飯と麻婆豆腐。
たいへんおいしゅうございました。

 

以前まで女帝の如くフロアを仕切っていた萬里阿姨の姿が見えません。その代わりなのか萬里小姐が忙しく働いています。
エビ団子、空心菜炒め、あと何かを食べ忘れます。やはり機会を見つけ通わなくてはならなさそうです。

 

これにてGo West! November、the 22nd ホビーフォーラム 2017関連の項はおしまい。

 

検討課題
・夜のダブルヘッダーも試す
・野毛動物園にレッパンを見に行く

2017年11月26日 (日)

Go West! November the 22nd ホビーフォーラム 2017 他

2017年11月5日、the 22nd ホビーフォーラム 2017 の会場で見学したヨンサン以外の作品など。
製作者名、作品名詳細等々省略のうえ、いくつか掲載させていただきます。関係各位におかれましては何卒ご容赦の程を。
詳細については作者ご本人による記事や、速報などをご参照ください。

20171126_001
会場に入ると始めに物販エリアを歩かされます。なんだか観光地の出口付近に土産屋が並ぶ光景を彷彿とさせます。

20171126_002
Studebaker Proto Seiko 8x8 Paris Dakar 1982 / モデューロPTA友の会
会場でこの作品を見つけた瞬間、興奮のあまり我を忘れてしまいます。とてもサンニーとは思えない巨大さです。

20171126_003
FORD ESCORT RS1800 Gr.4 RAC 1977 / We are Rally car modelers Community
台座に三点盛りの見所はニーヨンのエスコート。もっさいモールドと、合わなすぎる部品が特徴のエッシーのキットです。

20171126_004
Corvette C7R Le Mans 2015 / Repricompany
Revell社製のニーゴー。現代車もツボを押さえ、リリースしてきています。とりあえず1個は買っておきたくなります。

20171126_005
CITROËN DS21 / EBBRO
せっかくですからメーカーブースも冷やかします。いつ出ますか。まだ出ませんか。早く出してください。お願いします。

20171126_006
VOLVO 240 TURBO / BEEMAX AOSHIMA
もう間もなく、12月には発売予定のオッサン殺し。デカールバリエーションはどの程度まで望めるのか楽しみです。

BEEMAXは、セリカST165のツールドコルス1988の発売を正座して待っていたのですが、出なさそうでガッカリです。

検討課題
・とりあえずニーヨンも摘まむ
・GAFFEの8輪の製作を再開する

2017年11月25日 (土)

Go West! November the 22nd ホビーフォーラム 2017 ヨンサン

2017年11月5日、the 22nd ホビーフォーラム 2017 の会場で見学したヨンサンの作品など。
製作者名、作品名詳細等々省略のうえ、いくつか掲載させていただきます。関係各位におかれましては何卒ご容赦の程を。
詳細については作者ご本人による記事や、速報などをご参照ください。

20171125_001
1236、野毛において無事宿願を果たし、あとは夕方からの中華オフまで腰掛けていられる場所は、と会場入りしてみます。

20171125_002
JAGUAR XJ13 Test Car 1967 / ルマンの会
Paddock社製のメタルキットを磨き上げています。

20171125_003
Peugeot 905 Le Mans 1992 / ルマンの会
作りやすいプロバンスではなく、いろいろ面倒なスターターを選択するあたりに作者さまのド根性を感じます。

20171125_004
FERRARI 250 GTO Le Mans 1963 / 43 Julius Factory Z
夏に見たときよりも完成に近づいています。徹底的な工作を積み重ねる作者さまの集中力に畏敬の念さえ抱きます。

20171125_005
Tyrrele Ford P34/2 Japan G.P. 1977 / 43 Julius Factory Z
いつの間にか完成させてるのが不思議な作者さまです。

20171125_006
Peugeot 205 Turbo 16 Grand Raid Paris Dakar 1988 / 43 Julius Factory Z
経歴詐称の呼び声も高い作者さまによるレイドカー。

20171125_007
Chevron B21P 1972 / くるま村少年団
ここらへんの年代と車両を主戦場にしている作者さまならではの作品。

20171125_008
Aston Martin DB3S Le Mans 1958 / QUATTRO VALVOLE
およそ2000kmの距離をこの日のために移動してきた作者さまから車体色のレシピを聞き出すことに成功します。

20171125_009
Porsche 962C Le Mans 1989 / QUATTRO VALVOLE
中身を作り込んでいくことを始めから放棄する私には到底どうにかすることさえできない作品。

20171125_010
Ferrari 400i Meera S Michelotti 1983 / こいでさま
作者さまから内装の追加工作にまつわる面白いお話を伺うことができました。

他にも紹介しきれないほどの珠玉の名品ばかり。ホビーフォーラムではヨンサンの作品も多く、つい長く見入ってしまします。

検討課題
・一度くらい作り込むようなものを作る
・展示された作品と同じキットを作ってみる

2017年11月24日 (金)

萬里 桜木町

店舗は桜木町駅から野毛小路を入り、支店でもある萬里放題亭を通り過ぎた先にあります。

20171124_001
ホビーフォーラム 2017 -HOBBY FORUM 2017- 閉会後の宴席会場として不動の地位を誇る万里です。
今回、その宴席のとりまとめ、会場までの引率さえもしてくださる幹事のY御大に対し不遜にも異を唱え、会場の変更を意見
したのは何を隠そう私でした。なぜか?ここ数年の欲にまみれた宿願を果たさんがため、昼の萬里に行きたかったからです。

20171124_002
特別中国ランチ。
チャーシュー、魚の揚げ物、野菜のうまに、そしてメロン型に盛られた大盛りのご飯。そしてスープがセットされます。
ワンプレートミールです。ご飯に旗でも刺さっていれば特別感は倍増間違いなしです。完食すると超満腹になります。
たいへんおいしゅうございました。

20171124_003
こちらの店舗では料理をハーフポーションで提供していたり、こちらでしか提供していないメニューも用意されています。
宿願を無事果たし、もう思い残すことはありません。次は別メニューを昼から楽しみたいと思います。

検討課題
・頼んだことのない料理を順に試す
・野毛小路探索をしてみる

2017年11月23日 (木)

第45回 東京モーターショー 2017 競

2017年11月2日、今回のショーに出展していた各メーカーの出展車両のなかで気になったレーシングマシンなど。

20171123_001
模型製作の為の資料というより、せっかくのことだし最近の珍しいクルマでも見ておくかといった消極的な感じなわけです。

20171123_002
FALKEN
おそらく2017年の年間優勝を獲得した室屋義秀選手の愛機。原寸、現物なのか、縮小モデルなのか判別できません。

20171123_003
Mercedes-AMG
おそらくメルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツとして参戦した2017年型Mercedes F1 W08 EQ Power+。

20171123_004
Firestone
おそらく佐藤琢磨選手乗車のインディカー。

20171123_005
HONDA
おそらく佐藤琢磨選手乗車のインディカー。上の車両とはウィング等に違いを見つけられます。

20171123_006
TOYOTA
おそらく2017年のルマン24時間レースに参戦したToyota TS050 HYBRID。

20171123_007
NISSIN
おそらく2017年のマン島TTレースに参戦した無限のオリジナル電動バイク「神電 六」SHINDEN ROKU。

20171123_008
HONDA
おそらく2017年トライアル世界選手権に参戦したHONDA COTA4RT。

注釈に「おそらく」ばかりなのは最近のレーシングマシンを知らないから。
これにて「第45回 東京モーターショー 2017」の項はおしまい。

検討課題
・最近のレースに興味を持つ
・最近のレース車両の模型を作る

2017年11月22日 (水)

第45回 東京モーターショー 2017 美

2017年11月2日、今回のショー見学の主目的といっても過言じゃござんせん。個人的嗜好強めです。ご容赦のほどを。

20171122_001
各社取り揃えるコンパニオンの数や、配布物の量だけみると2000年代前半の盛り上がりを取り戻しつつあるようにも
感じられます。あとはここ数年、参加を見合わせている海外自動車メーカーの再出展を期待したいところです。

20171122_002
LEXUS
優勝。個人の意見です。

20171122_003
DAIHATSU
かーわいー。個人の意見です。

20171122_004
MAZDA
準優勝。個人の意見です。

20171122_005
HONDA
かーわいー。個人の意見です。

20171122_006
R-SPEC DataSystem
特別賞。個人の意見です。

検討課題
・ごついカメラを持ち込まない
・それでもストロボは使わない

2017年11月21日 (火)

第45回 東京モーターショー 2017 単

2017年11月2日、今回のショーに出展していた二輪車両のなかで気になったモノなど。

20171121_001
二輪市場の縮小なんて話しばかりです。若者の二輪離れ、悪名高き「三ない運動」を推進した連中はお喜びのことでしょう。
文句を言っても仕方ありません。僅かばかりとはいえ二輪市場は確かにあります。まるでヨンサンキット市場のようです。

20171121_002
HONDA SUPER CUB 110
2018年に誕生60周年を迎えるスーパーカブ。そしてその1億台生産を記念して作られた記念モデル。

20171121_003
HONDA CROSS CUB 110
現行型よりCT110風味の強くなった新型CC110。

20171121_004
HONDA Super Cub C125
外観はC100風味。前回のショーモデルは50ccを想定、今回はディスクブレーキも装備した125cc。
奥には黄色く塗られたMonkey 125。なんかデカイ。可愛いかったチンパンがオリバー氏になって再登場といった趣き。

20171121_005
YAMAHA CROSS HUB CONCEPT
2台のバイクを搭載可能な荷台を持つコンセプトカー。荷台には金属光沢多めなバイク2台。

20171121_006
KAWASAKI  Z900RS
DOREMI COLLECTIONによるカスタムバイク。

検討課題
・アグリカルチャーバイクが基本
・カブカスタム地獄に嵌まらない

2017年11月20日 (月)

第45回 東京モーターショー 2017 外

2017年11月2日、今回のショーに出展していた外国メーカーの出展車両のなかで気になったモノなど。

20171120_001
アメリカ車来てないスね。イギリス車も来てないスね。イタリア車も来なくなっちゃったスね。もうスカスカっスわ。

20171120_002
PORSCHE 356
ドイツ、シュツットガルトにあるポルシェミュージアムの収蔵車を展示。

20171120_003
AUDI new A8
展示ブースの造作が最強。

20171120_004
Volkswagen I.D. BUZZ
外観からはType-2風味を強く感じます。2022年の市販化に向けた開発でどこまで変わるか追ってみたいと思います。

20171120_005
Mercedes-AMG Project ONE
F-1に保安部品込みの“ガワ”を纏わせたスポーツカー。

20171120_006
BMW Concept 8 Series
グリルのデザインから щ(゚д゚щ)カモーン を連想してしまい、そこから離れられなくなります。

今回の東京モーターショー開催期間中に、アメリカ車を買えと要求してくる第45代アメリカ合衆国大統領さんが来日します。
買えと望まれるならナゼ、日本の環境に合った車を用意しないのかということです。JEEP社のレネゲードや、パトリオットと
いったあたりのアメリカ車は、日本に多い狭く入り組んだ道路でも十分使える良い車だと思うわけですよ。個人の意見です。

乗員保護や衝突安全性の確保だといって、車体サイズを肥大化させるだけというのは頭のいい方法じゃないと思うのです。
新素材や新構造の導入により、むしろ従来より小型化され軽量化されることで自動車メーカーのいうエコだの何だのに寄与
するんじゃないのかとも思うのです。アメリカ車に限らず、あんなに小さかったポロの巨大化に驚いてしまうのですよ。

検討課題
・いつか初代SAAB 900に乗る
・隙を見てSAAB 99に乗る機会を窺う

2017年11月19日 (日)

第45回 東京モーターショー 2017 内

2017年11月2日、今年最後の三連休を控えた中途半端な木曜日。意を決して新橋から新交通ゆりかもめに乗り込みます。
目的地は東京ビッグサイト。なぜかといえば、高い審美眼をお持ちの「ゴルフの巨匠」さまによる厳しいビューティーチェック
報告が為されていないからです。これは大変、じゃあどうすんだ?といえば人柱になるのが私の役目。

ということで、前回よりも細分化しながら備忘録を兼ね、気になったアレコレを詳細省略のまま記したいと思います。

20171119_001
会期は2017年11月5日で終了。次回はおそらく2019年開催。まずは国内メーカーの出展車両のなかで気になったモノなど。

20171119_002
TOYOTA NEW CENTURY
威圧感たっぷり。

20171119_003
TOYOTA CROWN Concept
初めて「クラウン欲しい!」と思っちゃいました。

20171119_004
TOYOTA Tj CRUISER
荷物をガサッとブチ込んで、布団を敷いての車中泊も余裕でできそうな室内。

20171119_005
DAIHATU DN compagno
アクティブシニア向けというなら4ドアセダンじゃなく、2ドアクーペでもいいんじゃないスか?

20171119_006
SUZUKI  XBEE STREET ADVENTURE
室内けっこう広い!後席もオッサンが座っても圧迫感少ない!荷室は狭そうですけど実用上はいい感じのサイズ。

20171119_007
MAZDA 次世代デザインビジョンモデル VISION COUPE
どこを目指そうとしているのか分かりません。放っておくと車幅3000mmになっていそうな勢いを感じさせます。

20171119_008
IKEYA FORMULA IF-02RDS
すごいのきたな。ナンバー付いてるし。プロバンス健在なら間違いなく即モデル化だったと思えるほどのインパクト。

今回は自動運転やコネクテッド技術を盛り込む展示物が多く、車内で絶叫したい私にとって常時そのシステムの監視下に
置かれる未来の到来は、こっ恥ずかしさを通り越し新たな性癖への覚醒と開花に誘われるのではないかと思ったりします。

検討課題
・運転中の様子をライブ配信しない
・市販化された実車も見に行く

2017年11月18日 (土)

Provence Moulage K345 RENAULT 21 TURBO TOUR DE CORSE 88

GAFFEの仇はGAFFEで討つ。討たれる方はたまったもんじゃありません。それもこれも気泡だらけのローバーのせいです。
なもんですから、山と積まれた在庫のなかから青い小箱をムンズと掴み取り、思う存分弄んでやろうという次第でございます。

 

20171118_001

 

 


元となったキットは、入手した段階で既に前オーナーの手により大まかなバリ取りや、気泡埋めの処理も為されていました。
もう、それだけで楽できそうな気持ちになれます。そんな浮かれ気分を維持したまま、鉄道カラー #37 白3号を吹きます。

 

20171118_002

 

 


細かい部品も適当に塗っておきます。
現時点ではホイールの向きについて分かっていません。実車画像を見比べたうえで、どうにかしたいと考えます。

 

ボディの塗装が乾いたらデカールを貼っていきたいと思います。

 

検討課題
・窓合わせのタイミングを計る
・巧妙に秘されたGAFFEの痕跡を暴く

2017年11月17日 (金)

Cavallino Rampante ?

現在製作中のウラッコに関して「パンテーラもやっちゃう巨匠」さまより自分の知らなかった情報を教えていただき動揺します。
問題に直面すると逃げるきらいのある私です。もちろん前だけをしっかりと見据えたまま、リバースギアでフルスロットルです。

20171117_001
ひとまず抽斗を引っぱたり、押し込んでみたりを繰り返す無意味な行為に没頭し、ピカリと閃いた余計な何かを発掘します。

20171117_002
手近なところに三角定規が見当たらなかったので、叩かれると痛い竹の直定規をあてがい寸法を測る振りをします。

20171117_003
プラ板の端材を心の赴くまま、適当に切った貼ったして頭の中にある「それ」を具現化してみます。

20171117_004
下塗りをし、アペックスには折り曲げた板鉛を貼り付け金属表現もしておきます。

20171117_005
茶色っぽい色を塗り重ねます。素材である木材や、何かしらの液体等々の染みこんだような暗褐色にしていきます。

20171117_006
完成です。ヨンサンでは数少ない三角ナントカです。世界初とは断言できませんので、東洋初くらいとしておきましょう。

20171117_007
どうだい?こいつぁマンセルだって乗りこなせないぜ。
シーズンオフになると放送されていたF-1総集編。そのナレーションを担当していた故城達也氏の声が蘇ります。

20171117_008
きくなぁ…
BGは電気グルーヴのドカベンでしょうか。

ということで私なりの三角ナントカの工作でした。

検討課題
・やるからには本気で作る
・いっそヨンサン初シリーズを展開してみる

2017年11月16日 (木)

ALEZAN Lamborghini Urraco Rally 1973

ポリパテも固まっちゃったし、放り投げるのもいかがなものかと目を合わせないよう、気を使いながら様子を見ておきます。

20171116_001
チマチマとした面倒な作業も致し方なしと諦めつつ、ゴシゴシ削ってどうにかこうにか目立つ気泡部を均します。

20171116_002
もう一度サフェーサーを吹き付けます。

20171116_003
今度こそ!下塗りに鉄道カラー #3 黄かん色を吹き付けます。もう朱色4号は塗りません。面倒です。勘弁してください。

20171116_004
あー、やっぱりね。そうじゃないかと思っていたんだ。上手くいくはずなんて無いんだよ。こんなもんだよ。もういいや。
ここは黒くなる部分でもあるし、きっと目立たなくなるんじゃないかと期待を込めて、このまま作業を続行します。

検討課題
・完璧を期するとか間違っても考えない
・オレンジ色の苦手意識を克服する

2017年11月15日 (水)

戦果報告

翌週に催される横浜ホビーフォーラムに出店することは重々承知。それでも棚をゴソゴソしに名古屋の名店へと行くのです。

20171115_001
JPS KP110 RENAULT 5 TURBO MC82 (黄)
JPS KP148 RENAULT 5 TURBO Gr.B MC83 (白)
左側の黄色いサンクは「Rally Cars on the Desk」のとくながさまの作品を拝見し、いつか手に入れたいと思っていたキット。

20171115_002
SC model K28 ALFA ROMEO 33 TOTIP Rally di Monza 91
ラリーと書かれていますが調べてみると、モンツァサーキットにパイロンなどを設置したコースを周回するレースのようで
泥まみれになるレースではなさそうです。キットは単座のCIVT参戦車を複座にするための部品とデカールを追加した内容。
強烈なまでにダルいスジ彫り。このままダルダルな、とてもパネル分割線とは思えないスジ彫りのまま作ろうと思います。

20171115_003
メリキットの小パーツも赤い車に使えるかもしれないと企み購入しておきます。

最後はキッチリ物欲で〆て「台風の合間のダムツアー」の項はこれにておしまい。

検討課題
・定期的に掘り返すことが大切
・併せてイロイロお願いしておく

2017年11月14日 (火)

台風の合間のダムツアー 静岡Cパート

2017年10月28日、作戦変更して畑薙第一ダムまで足を伸ばしたことから時間に余裕が無くなってきます。ピンチです。

20171114_001
畑薙第二ダム。畑薙第一ダムと井川ダムの間に設けられたダム。ダム湖はドンブラコと流れてきた流木で満ち溢れています。

20171114_002
ラジアルゲートと思しき3門の洪水吐きは作動しておらず、ダム下へと行けそうそうな道も見つけられませんでした。
ちょっと気になるし、畑薙第一ダムのダムカードを配布する白樺荘にいって風呂にも入りたいので再訪したいと考えます。

20171114_003
長島ダム。途中、道路に設置された電光掲示板では「長島ダム放流中」と表示され、思わず期待しちゃいます。

20171114_004
上部にある2門のラジアルゲートからの放流かと思っていましたが、下部の6門ある高圧ラジアルゲートからの放流でした。
しかも6門全開放ではなく1門のみ。肩すかしを喰らった気分にもなります。
そして、時間をとってでもダム下の吊り橋に行くべきだったかと、後になってから行程に追われたことを悔やむことになります。

20171114_005
いっそ3門あるジェットフローゲートから景気よく放流してくれればと、天端から下を覗き込みながら呟いてしまいます。

20171114_006
それもそのはず、ダム湖である接岨湖の水位は低く、上部にあるゲートから放流するまでもありません。

20171114_007
長島ダム管理所においてダムカードの配布はおこなわれておらず、対岸側にある「長島ダムふれあい館」で配布を受けます。

行きそびれた大間ダムと太田川ダムへは畑薙第二ダム再訪と併せ、訪れるべきチャンスを窺いたいと思います。

検討課題
・温泉入浴セットを車に常備しておく
・伊豆半島周辺のダム巡りも企む

2017年11月13日 (月)

台風の合間のダムツアー 静岡Bパート

2017年10月28日、行きたいと目論んだダムは井川ダム、長島ダム、太田川ダム。
現地で得た情報を本に作戦変更して追加した行き先は畑薙第一ダム、畑薙第二ダム、大間ダム。
結果として巡ることができたのは井川ダム、畑薙第一ダム、畑薙第二ダム、長島ダム。何事も上手くいかないものです。

20171113_001
早朝、曇天、放流。井川ダムに着くと3門あるラジアルゲートの一つを開け、轟音とともに放流を行っていました。

20171113_002
天端から。放流するゲートの直上から真下を覗き込むことはできず、少し離れた位置からダム下の様子を窺います。

20171113_003
ダム横から井川展示館へと繋がる歩道橋部分から僅かに紅葉する木々と一緒に放流を眺めます。
そしてこの天端上の県道60号線を、画像では奥側へ向かうと土砂崩れにより通行止めとなった県道27号線へと繋がります。

20171113_004
展望台も併設された資料館にもなっている井川資料館でダムカードの配布を受けます。

20171113_005
畑薙第一ダム。井川ダムから北上した位置にあり、路上の落石と倒木にヒヤヒヤしながら到着します。

20171113_006
水の流れる音が聞こえたため放流しているのかと思いきや、画像左上方の沢からダム下に注がれる水の音でした。

20171113_007
前週の台風もあって水は濁っていますが、本気で放流をする必要も無い程度の貯水量。

20171113_008_2
畑薙第一ダムから4kmほど南下した位置にある南アルプス赤石温泉「白樺荘」という宿泊、温泉施設で配布を受けます。

2013年のに佐久間ダム、秋葉ダムへ訪れた時を静岡Aパートとし、今回はその続きとしておきます。

検討課題
・乗り越えて大丈夫な石か目視で確認する
・乗り越えて平気な倒木か目視で確認する

2017年11月12日 (日)

台風の合間のダムツアー 復路

2017年10月28日、現地で教えていただいた情報をもとに作戦変更をします。
教えていただいた情報は、落石、倒木、路肩崩落、熊。え?熊?今くらいの時期は熊もフラフラ出歩いているんですって。

20171112_001
1050、今度は県道60号を南下します。普段ならチロチロ流れる程度の沢が滝のようになっています。
ここ以外にも滝のように落水する沢はいくつも確認でき、そのいくつかでは倒木を運んできたり、軽微な土石流を伴って
いたりもし、自分の楽観的予測が悪い方へと傾くと、熊の来訪に怯えながら帰れない状況に追い込まれるところでした。

20171112_002
1136、数少ない道路と並走する区間。車を停めて列車を待ちたい気持ちも無いわけでは無いですが、熊が怖くてですね。

20171112_003
1219、もう一度、千頭駅横を通ると蒸気機関車に牽かれたオレンジ色の客車を見つけます。
大井川鐵道を巡っては、熱心すぎる鉄道ファンが沿線住民や関係者とトラブルを引き起こしまくってると聞き及びます。
そんな報道を聞いた後だけに、千頭駅に停車中の蒸気機関車を撮りたい気持ちをグッと抑え、車内から記録だけします。

20171112_004
埼玉くんだりから静岡まで行けば名古屋なんて目と鼻の先です。ですから当然のように名古屋の名店へと行くわけです。
アレ?駐車場。いつの間にか名店の横にあった広大な駐車場は姿を消し、威圧感のある建物がそびえ立っておりました。

20171112_005
1643、雨、雨、雨。どこを通っても雨のようです。収穫もあったし大声も出せたしで気持ちも軽く帰路に就きます。

検討課題
・地元での聞き込みは大切と知る
・作戦変更は臨機応変に行う

2017年11月11日 (土)

台風の合間のダムツアー 往路

2017年10月28日、本業に関わるイロイロなど含め、思うに任せないモロモロもあったり無かったりと行き詰まるでもなく、
憂さ晴らしに高速道路を走行中に大声で絶叫したり、歌ったりしてストレス発散でもするかと思い立ち、静岡を目指します。

台風22号、サオラーの日本接近と、低気圧の前線による雨模様は想定内でしたが、天気図と地図を見比べて目的地周辺で
あれば、おそらく雨はさほど降らないはず。あくまで自分にとってだけ都合の良い楽観的予測のもとダムツアーを敢行します。

20171111_001
0725、島田金谷IC。当初、ナビゲーションは新静岡ICで新東名を降り、県道27号から県道60号を走り北上するルートを指示
していましたが、途中からルート変更をしてきます。なにぶん土地勘の無い場所でもありますから指示に従っておきます。

20171111_002
0820、千頭駅。それならそうと島田金谷ICから国道362号を北上します。
ここはいつか来た場所。ただし今回はこちらを目的としていないため、素通りしておこくことを心に決めておきます。

20171111_003
0906、なるほど。土砂崩れときましたか。なるほど、なるほど。表示された地名がどこを指すのかは分かっていません。

20171111_004
諦め悪く県道60号を北上します。途中にあった田代第3トンネルに覆い被さる水力発電用の送水管。
ここで車内からチンタラ画像を記録したり、のんびりと車窓からの風景を眺めていたら、山間部隘路で本領を発揮しまくる
ジムニーの猛追を受けることとなり、追い越してもらうため道幅の拡がる場所を探してヒイヒイすることとなります。

20171111_005
1019、なるほど。途中けっこうなサイズの石が道路に転がっていたのはそういうわけでしたか。なるほど、なるほど。

この項、ちょっと続きます。

検討課題
・車内で歌うならサンボマスター
・絶叫込みで歌うならスターリン

2017年11月 9日 (木)

GAFFE Range Rover Plein Pot Paris Dakar 1986

アレザンのウラッコに泣かされていることから現実逃避気味に別のキットに手を出します。安易な思考は危険のもとです。

 

20171109_001

 

 


GAFFE初期の部品構成の少ないキットなので仮組もサクサク進みます。もうダメです。どこがダメか?全部ダメですよ。

 

20171109_002

 

 


穴だらけじゃん!気泡ありまくり!手を出す前に「スーパーやんぬるかなタイム」です。ブチブチと呪いの言葉が溢れてきます。

 

20171109_003

 

 


後加工の面倒な箇所も狙いすましたように気泡だらけです。
購入した時点で、どうしたわけかこのキットだけ表面はベトベトしておらず、GAFFEらしさの欠片も感じられないものでした。

 

気泡だらけのキットは諦める。決断は早めに越したことはないのですが、このボディ形状は唯一のものなのです。
似たボディ形状といえる#8704 Range Rover ETT Camel Espagne Paris Dakar 1987を手に入れて自分を慰めるべきか。
迷ってしまうところでございます。迷ったら名古屋に泣きつくのが手っ取り早いとも思います。さてどうしたものか。

 

ひとまず、このキットは長期の製作中断とします。有り体にいえば「製作放棄」です。ヤメヤメ!ヤメヤメヤメヤメ!

 

検討課題
・やっぱり気泡埋めの必勝パターンを探す
・やっぱり気泡だらけのキットなら諦める

2017年11月 8日 (水)

ALEZAN Lamborghini Urraco Rally 1973

やります、やります。やりますよ、やればいいんでしょ。誰に向けるでもなくブツブツ言い訳をするでもなく後戻りをします。

20171108_001
今日、お仕事お休みなの?上っ面だけの他愛の無い会話を楽しみながら入浴です。シンナー風呂ではありますが。

20171108_002
サッパリンコ。風呂から上がれば2017年10月20日まで強制的に時間を巻き戻されます。なんというSF的時間旅行。

20171108_003
やるせない気持ちをナイフやドリルを用いてボディを切り刻むことで落ち着かせます。なんだよ気泡だらけじゃんよ。

20171108_004
赤丸で囲んだ部分は削り残し的な気泡の露出部。後々の「やんぬるかなタイム」を乞うご期待といった自虐プレイです。
側面後部窓横の凹部は中途半端な処理しかできておらず、境界となるキワがゲバゲバです。もういいです。面倒です。

20171108_005
もう一度、ラッカーシンナーでシャバシャバに薄めたポリパテを塗り込めるようにしながら気泡部をウメウメします。
硬化したらミチミチ削っていく作業をしないとなりません。楽したいと手を出したのに見事、泥沼に嵌まっています。

造形はいいキットなのに、キャストのダメさから印象はすこぶる悪いものになりつつあるウラッコ号。
もう少し諦められそうなところまで作業を続けたいと思います。

検討課題
・気泡埋めの必勝パターンを探す
・気泡だらけのキットなら諦める

2017年11月 7日 (火)

虎坊 三鷹 麻婆豆腐

店舗は三鷹駅南口から三鷹駅南交差点を三鷹通り沿いに南下した場所にあります。

 

20171107_001

 

 


ゆっくり食べたいと考え、少し時間をズラせて遅めに行きます。
訪れた日は秋とは思えないほど外気温も低く、寒かったこともあり、湯気の立ち上る料理の画像は見事に曇っています。

 

20171107_002

 

 


麻婆豆腐。
単品で頼んだ麻婆豆腐は辛さ自体はそこそこ。豆腐に散らされる粗めに挽かれた花椒もあり風味と痺れを堪能できます。
併せて茶碗一杯、200gほどのご飯も頼み、麻婆豆腐と一緒にモリモリ食べます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171107_003

 

 


コーンスープ。
麻婆豆腐がどれくらい辛いか予想できなかったので、とりあえず甘めなコーンスープを頼んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171107_004

 

 


杏仁豆腐。
三鷹周辺ではキウイフルーツの生産も盛んですから、フルーツソースの由来は不明なままキウイ味を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

検討課題
・ティッシュペーパーを携行する
・レンズは常に人肌に温めておく

2017年11月 6日 (月)

株式会社せんきん モダン仙禽 亀ノ尾 2017

先日の獺祭と一緒にいただいたお酒です。無濾過生原酒ですが火入れを済ませていることから急いで飲まなくても大丈夫。

20171106
栃木のお酒といえば、個人的には「けんぽく」域に属するここや、ここらへんを好み、飲む機会も多かったりします。
氏家のお酒はどんなものなのか、普段から真面目風を装うことの大切さを噛みしめるように味わって飲みたいと思います。
貴重なお酒を譲ってくださった友人には、ただただ感謝かんしゃ感謝でございます。ありがとうございます。

検討課題
・天鷹の絆も手に入れる
・旭興の千を手に入れる

2017年11月 5日 (日)

Go West! November

パンイチじゃチョッピリ肌寒く感じる季節になったら海を感じに横浜を目指すんだぜ!
セントラル・リーグ3位から見事、日本シリーズの挑戦権を得たベイスターズ。久しぶりにラジオ中継を聞いちゃいました。
日本シリーズでは奮起したベイスターズにより第6戦までもつれる展開となりましたが、ラミレス監督率いるベイスターズの奮戦
及ばず日本一の栄冠はホークスとなりました。1990年頃の福岡ホークスが使用していたヘルメットは大好きなんですけどね。

171105_yokohama
画像の帽子は以前も使った再販モノの帽子。
1975年、ガキの頃に親にねだって買ってもらったホエールズの帽子。喜びのあまり値札を剥がし、すぐにかぶります。
帰りの電車、窓を全開にした瞬間ハラリと車外に舞っていきました。人間の証明です。喜びの絶頂を味わえたのは1時間
程度だったかもしれません。その後、私の帽子の行方は杳として知れません。そんなことを急に思い出したりします。

実際には当時のホエールズは川崎を本拠地としており、横浜は関係ないんですけどね。

そんなこんなで諸々については後日モロモロと。

検討課題
・もみあげはシピンの真似してみる
・体型の左門豊作化を全力で回避する

2017年11月 4日 (土)

旭酒造株式会社 獺祭 無濾過純米大吟醸生 磨き三割九分 槽場汲み

日々、世間様から隠れるように、それでもお天道様に顔向けできる程度に真面目そうな顔をして生活しております。
そんな邪極まりない努力が報われる瞬間というのもございまして、友人から珍しいお酒をいただいちゃったりします。

20171104
槽場汲みといわれる無濾過生原酒です。年に二回、3月と10月に発売されるお酒で、入手困難なお酒といえます。
製造日より2週間以内での消費を推奨されています。そんな一気に飲めるかな?と少々不安に思っちゃったりします。
なんのことはなく、いただいたその日に2時間かけて完飲できました。杞憂です。ゴッゴッゴッと飲みきれました。

検討課題
・賞味期限と消費期限の違いを知る
・製造日と製造国の表示に目を光らす

2017年11月 3日 (金)

ALEZAN Lamborghini Urraco Rally 1973

え?なに?三角窓?
知ってる、知ってる、追加料金でプレイに加えてもらえるオプションね。私は経験したこと無いけど。
遠く離れた「ベイジンの巨匠」さまの記事を拝読しながらすっとぼけ、九尾鞭と薔薇鞭の使い分けの基準を考えたります。

さてと、ポリパテも硬化してしまったら不要な部分を削らないといけません。粉っぽい面倒な作業です。

20171103_001
削りかすを撒き散らさない対策として削る対象と、モーターツールを水槽に沈め、切削作業を行う方法を聞きかじります。
電気関連に知識の無い私にとって「それって感電しないの?」という不安だけが先行する作業方法に思えてきます。
いつか安価なモーターツールを手に入れて、試してみようと頭の片隅で忘れるでも無く考えるだけは考えておきましょう。

グレーのレジンに白いポリパテは目立ちますからサフェーサーを吹き、一応は均一な感じにしておきます。

20171103_002
自分にとって苦手な黄色系といえるオレンジ色の車体色ですから、事前に塗りやすい鉄道カラーの近似色を用意します。
#3 黄かん色と、#43 朱色5号。どっちもどっちな感じです。#31 朱色4号を調達すべきだったのでしょうか。
ひたすら楽をしたいがため、鉄道カラーから塗るべき色を選ぼうとする行為を止められません。もはや芸風といえます。

20171103_003
迷ったら両方塗ってしまえばいいんです。最初に濃色の#43 朱色5号を下塗りとして吹きます。

20171103_004
乾いたら明色の#3 黄かん色を塗ります。ここで「濃色」に対して「明色」という表現を用いることに違和を感じます。
実車はもう少し彩度の高いオレンジ色だと思います。自分の心根同様ドンヨリとしたオレンジ色はやっぱり違うはずです。
下塗りに#3 黄かん色、上塗りにタミヤ社 TS98 ピュアオレンジを塗ると、実車に近い色合いになるかと予想します。

20171103_005
やんぬるかな。
細かい気泡の痕がコンニチハします。塗料で潰れてくれると甘い期待を抱いていましたが、現実は残酷なようです。

いくつかの実車画像ではフォグランプ横にウィンカーライトのような物を確認できます。アレザンのキットの元となった
車両には、フォグランプ横にウィンカーライトのような物は無かったりします。まさにランボルギーニ的なミステリーです。
キット至上主義。しっかりした考証のもと改造なんてまっぴらです。なぜかといえば面倒だからです。面倒なんですよ。

まずはシンナー風呂入浴と兼ねて気泡埋めをしたいと思います。一歩進んで五歩下がる、人生はノックダウンです。

検討課題
・前端部を見せない展示にする
・そういうこともある!で乗り切る

2017年11月 2日 (木)

DORO☆OFF EXHIBITION Ⅶ

2017年10月8日、半袖でも平気な陽気となった三連休の中日。そういえばと思いだし浅草橋へとノコノコ出かけます。

 

20171102_001

 

 


浅草橋駅からほど近い、隅田川に面した東商センターにて催されたDORO☆OFF EXIBITION Ⅶを見学します。
備忘録を兼ね簡単なモデル名と、出展サークル名を付記します。製作者名など敬称略のうえ、詳細などについては
割愛させていただきますとともに、記載する内容等に間違いもあるかと思います。ご無礼の程、何卒ご容赦ください。

 

20171102_002

 

 


Messerschmitt KR200 Super / scale=1/24 / AKIVANAさま
キャノピーとエンジンフードは開閉可能になっており、内装やエンジンも再現されているスクラッチモデル。

 

20171102_003

 

 


マレー熊 / scale=Free / ピコさま
瓢箪山電気'というガレージキットメーカーからリリースされていたことを知り調べてみると、現在は完成品も既に完売。

 

20171102_004

 

 


LOTUS 97T RENAULT & Aston Martin DBR9 Le Mans 2008 / scale=1/43 / おーとろさま
今回の模型展示会見学者の多くはサラッと見ていくだけなので、せっかくですからジックリ舐め回すように見ておきます。

 

20171102_005

 

 


仮面ライダー ブイスリャー!! / scale=Free / フジワラセブンさま
俺が作りたかったのはたぶんこれ。火薬多めな爆発シーンを電飾と併せ見事に再現しています。

 

自分の知らないジャンルの模型展示会は見ていて発見も多く、楽しいものです。

 

検討課題
・麦球電気から一歩先へ進む
・市販の電飾キットを買ってみる

2017年11月 1日 (水)

上野駅前 11月

上野広小路駅前、もう間もなく2017年11月4日の開業を控えた複合商業施設「上野フロンティアタワー」です。
地上1階から6階で展開するパルコに入るテナント総数は68店舗。そのうち52店舗は上野地区初出店のテナントです。

20171101
発表されているテナント一覧を眺めると、パルコだというのに「ポストホビー」の名前がありません。どうしたのでしょうか。
あの渋谷パルコのお洒落ファッションテナントに紛れるように、ヨンサンキットを床に並べて販売していたポストホビーです。
上野地区に初出店なるかと期待していたのにガッカリです。支離滅裂な言いがかりを大いに含んだ八つ当たりです。

これでまたポストホビー渋谷店に大量にあったCCCのキットの行方を掴むことも、キットを入手することも難しくなりました。
Raise the CCC. または、Salvage the CCC. は、万国に散らばるCCCハンターの合い言葉です。どこにあるのでしょうか。
横浜ホビーフォーラムでの物販コーナーにおいてもCCCのキットを見かけることは稀です。枯渇状態、飢餓状態といえます。

そうはいっても開店したら、オッサンの自分でも利用できそうなテナントは無いものかと中を覗いてみたいと思います。

検討課題
・旧CCC回収は義務
・旧CCC製作は責務

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »