2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の記事

2017年12月31日 (日)

大晦日

いろいろ中途半端なままタイムアップ。
そもそも自分に計画性なんてものはなく、ただただ自分に甘く自堕落で三歩歩けば「ご苦労さん」と飲み始める始末です。
そんなもんだし、どうにかなるでもなく、どうにかするつもりなんてサラサラありません。それでよしとしておこうと思います。

20171231
今年中のあれこれを年内に書き切ることもできず、諸々を来年に持ち越す歯切れの悪さはどうにも直りそうもありません。
趣味ですし、遊びですし、酔っぱらいですし。自分が自分に期待なんてしていないから問題も無しです。大丈夫なんですよ。

大掃除もせず早い時間から飲んで、除夜の鐘の音をテレビ画面ごしに聞こうと思います。
さ、酒酒。

検討課題
・今年の反省なんてしない
・来年のことなど考えない

2017年12月30日 (土)

番屋余市 上野店 上野

店舗は中央通り上野公園前交差点からアメ横へと抜ける路地にあります。

 

20171230_001

 

 


運営母体は有限会社大江戸商事。都心部を中心に寿司店と海鮮料理店を展開しているようです。

 

20171230_002

 

 


じょっぱり。
青森のお酒があったので飲んでおきます。お通しは桜エビにワカメ。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171230_003

 

 


ホウボウ刺。
店内で七輪焼きも可能ですが、酔った状態で焼きものなんてできそうにないので刺身を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171230_004

 

 


寿司。
鯵と鉄火巻き。握りは二貫から注文できるシステム。とりあえずといった感じで〆るでもなく、軽くつまんでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

 

検討課題
・冬っぽく鮟鱇も食べておく
・そろそろ生牡蠣を克服する

2017年12月29日 (金)

もつ焼き酒場 豚坊 上野

店舗は上野駅からほど近く、アメ横通りから路地に入ったJRの高架下あります。

 

20171229_001

 

 


冬場は外で飲めれば外で飲むことが多くなります。
引き戸を締め切った店内は暖房も効いて暖かいぶん、煙草の煙も充満しがちで私は落ち着いて飲めなかったりします。

 

20171229_002

 

 


ホッピーセット。
黒を注文します。外でも氷に入ったジョッキでゴンゴン飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171229_003

 

 


厚焼き玉子。
玉子焼きに主成分が卵のマヨネーズをベットリつけて食べます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171229_004

 

 


黒豚チャーシュー。
温かい状態で配膳されます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171229_005

 

 


厚揚げ。
さすがに冷や奴はつらいので厚揚げにします。
たいへんおいしゅうございました。

 

検討課題
・中はダブルで
・たまにダブルダブルで



昨日のことです。

いつも通りといった感じでウロウロします。
毎日の巡回先のひとつ「アレザン愛の巨匠」さまの記事を興味深く拝読します。

Ueno

 

 


で、唐突に思いだします。年が明け、仕事を始めるそぶりのまま午前中になんとか半休もぎとって見学に行きたくなります。
会期も短いので急いで予定を立てないとなりません。

さらに、

Alfa

 

 


Provence Moulage K844 ALFA ROMEO 8C 2900 No.19 LM 1938
どこかにあったはずと発掘してみます。掘り出してみたら「入札しそこねた巨匠」さまの求めるものとは年度違いでした。
BBRじゃなくプロバンスでもいい、1938年モデルでもいい、ということでしたらいつでもお申し付けください。

Romeo

 

 


実際、前に作っているんです。
赤いんですよ。戦前のアルファならもっとドス赤いのに、妙に赤々してるんです。つまりは、平易にいうところの塗装失敗。
さらに男らしいを超越し、アルファロメオを冒涜するかのようなパネルラインへの黒々としたスミ入れ。どうしたかったんだ。
これのリベンジ用に用意しているキットですが、現状の製作ペースと在庫の数量を鑑みればリベンジを果たすことは到底
無理だろうと察しが付きます。アレも作りたい、コレも作りたいといってるうちに8Cを作るチャンスは巡って来なさそうです。

難しい話しはここまで。
待ちに待った冬休み。さぁ本気で飲むぞ!

2017年12月28日 (木)

立ち呑 さいごう 上野

店舗は上野駅不忍口からアメ横方面に出て、ファストファッション店横の路地を入ったガード下にあります。

 

20171228_001

 

 


入った飲み屋でテレビを置いてあったりするとうれしくなります。スポーツ中継以外でも積極的に視聴してしまいます。

 

20171228_002

 

 


生ホッピー。
こちらにきたら高確率で注文しています。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171228_003

 

 


うずら卵にんにく醤油漬け。
すぐ提供できるつまみの中から選びます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171228_004

 

 


鶏の唐揚げ。
揚げ物や油ものは酒の友、そしてデブの燃料。なにはなくとも頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171228_005

 

 


マーマレードハイ。
酎ハイに八朔の皮やジャムを沈めてあります。マドラーでよく攪拌し、柑橘の酸っぱさと苦みを味わいながら飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171228_006

 

 


ナポリタン風やきそば。
ケチャップで味付けした焼きそば。具はチョリソー、玉ねぎ、シシトウ、ニンジン。粉チーズとタバスコをかけて食べます。
たいへんおいしゅうございました。

 

検討課題
・新潟のイタリアンを食べに行く
・共通リモコン持参でチャンネル権を奪う

2017年12月27日 (水)

秋葉原 肉バル 201 秋葉原

店舗は秋葉原駅昭和通り口から南側へ出た場所の公園西側にある第二東ビル201号室にあります。なるほど「201」です。
店名はタイトルの通りか訪れた段階では確証を得られず、店舗備え付けのカードには店名として「201」のみの表記でした。

 

20171227_001

 

 


隠れ家!肉バル!なんとも酔っ払い、千鳥足になりつつあるオッサンには敷居の高さを感じたりします。
訪れた夜も「なおじん」でたっぷり暖機運転してきたオッサン4名。既に店内にいらした他のお客さんは「ジョシ」ばかり。
そんなこんなも今さら気にするタマじゃございません。堂々とした感じを装い店内の一番奥に陣取り、再び飲み始めます。

 

20171227_002

 

 


スプリッツァー。
白ワインのソーダ割り。せっかくですし普段飲まないお酒を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171227_003

 

 


スモークナッツと2色のオリーブ盛り合わせ。
肉バルではございますが腹も脹れておりましたので軽いつまみにしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171227_004

 

 


スプリッツァールージュ。
赤ワインのソーダ割り。せっかくですし普段飲まないお酒を注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171227_005

 

 


トマトとモッツァレラのカプレーゼ。
肉バルではございますが腹も脹れておりましたので軽いつまみにしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171227_006

 

 


人数を集めれば貸し切りも対応していただけるとのこと。秋葉原駅まで徒歩1分もかからないのは魅力的な立地といえます。

 

検討課題
・サングリアとか飲んじゃう
・サンガリアも見つけたら飲んじゃう

2017年12月26日 (火)

なおじん 秋葉原

店舗は日比谷線秋葉原駅4番出口から地上に出て、神田川を背にして昭和通りを北に向かい歩き、2本目の路地を
美倉橋方面に入った場所にあります。

 

20171226_001

 

 


2017年12月16日。今年も〝本当の〟忘年会の季節となって参りました。
幹事のOhtoroさまにはお誘いいただくとともに、取りまとめ等々お手数おかけし感謝申し上げます。ありがとうございます。

 

20171226_002

 

 


Tyrrell P34 1976 /  Ohtoroさま
諸般の事情により画像処理を施しています。極秘情報としてTFドラッグストライプもビックリのギミックが仕込まれる予定です。
ウソです。

 

20171226_003

 

 


生ビール。
乾杯の音頭ののち、飲み放題ということで何も考えずングング飲みまくります。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171226_004

 

 


DBR9, P 917K, L 97T / Ohtoroさま
無造作にテーブルに並べられます。

 

20171226_005

 

 


前菜。
温泉卵。ツルッと飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171226_006

 

 


F 250GTO / Uhrbysさま
おかしいな、横浜で見たときは銀色だったのにな。風呂に入ったり、盛ったり削ったりと日々刻々と変化していきます。

 

20171226_007

 

 


焼きチャーシューと馬刺し。
肉料理が並びます。他にハムカツも配膳されます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171226_008

 

 


M MS11 1968 / トリトメさま
見ていると見所の多さと密度にやられ、目の焦点が合わなくなってきます。

 

20171226_009

 

 


黒酢すぶた。
ゴッツリ肉団子。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171226_010

 

 


F 750 Monza / OSさま
ステファン・バーネット氏の手による完成品をOSさまがお持ちくださります。

 

20171226_011

 

 


坦々鍋。
まず鍋を堪能、しかるのち鶏つくね団子を投入。とどめにラーメンを入れて〆です。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171226_012

 

 


M A6GCS TDF 1953 / OSさま
FEELING43社ファクトリービルドの完成品をOSさまがお持ちくださります。

 

20171226_013

 

 


杏仁豆腐。
甘味で忘年会3時間コースは終了。今年は本格フレンチ的タイミングで配膳されるサラダは無し。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171226_014

 

 


なおじんの良さは洗面所にピンナップポスターを貼り、造花を飾っているところ。正しい飲み屋の姿を垣間見られます。

 

他にも持ち寄られた珠玉の作品多数。全てを網羅しきれません。

 

検討課題
・酔ってからの会話の内容を忘れない
・その場で現金の受け渡しが基本

2017年12月25日 (月)

ALEZAN Alpine A310 Fleischman

キット同梱のタイヤは謎汁をすっかり流し尽くし、驚くほど、そして羨むほどに硬くカチカチに硬化しきっていました。
仕方ないので潤沢ともいえるジャンクパーツから柔軟性を維持した使えそうなタイヤと、それに合うホイールを見繕います。

20171225_001
タイヤを仮りどめし、車高の案配を確認します。ヘッドライト部分については考えないようにし、問題を先送りにします。
バQの具合に不安を覚えます。嵌めあわせはナイスです。ただ、Aピラー内側の余剰部分に激しさを感じたりします。
そして三角窓。ここをどうにかして再生しておかないとならないような気にもなりながら、手も回らないので後回しにします。

20171225_002
後輪の位置決めに迷います。せっかくブリブリのフェンダーですし、フェンダーいっぱいギリギリにすべきかと考えたりします。
テールランプは彩色済みシート的なものを貼ってお茶を濁す予定です。彫りかえしたり別素材に置き換えるなんて面倒です。

20171225_003
タイヤはボディ加工に失敗したProvence Moulage K1202 Opel Tigra Trophee Andros 97の残骸から拝借します。
ホイールはSPRINT 43のホイールだけ残っていたセットから流用します。タイヤ自体を何に使ったか思い出せません。
細かいところは気にせず、右側のオリジナルにホイールパターンも似ているから簡単にオッケーにしておきます。

もう少しボディを加工してから黒で下塗りをしたいと目論みます。

検討課題
・青メタの色味を考える
・窓周辺の誤魔化し方も考えておく

2017年12月24日 (日)

手袋

寒くなってきたので手袋を買いに街へ出かけます。
もう360°全周から見回すことなどしなくとも紛うことのないオッサンです。ですから肉体の衰えを感じちゃったりします。
サムイサムイと言いながらポッケに手を入れていると、躓いたり、よろけたときにバランスを取れなかったり、転倒したり
する可能性も年々増加するような気持ちになってきます。なので万全の受け身を取れるよう手袋を着用しておくのです。

20171224_001
少し厚手の手袋を購入します。
手首部分は紐をキュッと引っ張るだけで調整できるので便利そうに思えます。モコモコの内側部分は白くなっているため、
薄汚れてきたとしてもおそらく洗えないでしょうし、その処遇については考えないとならないような気にもなります。

20171224_002
メンテナンス用の油も付属されていました。手袋の手入れなどしたことないので練習兼ねて使ってみようと思います。

20171224_003
これまで使ってきた手袋。
もうヘロヘロになってしまいました。手首部分を調整するベロクロもレロレロになっています。
こちらは庭での作業用に使おうと思います。

検討課題
・薄手の手袋も探しておく
・ミトンタイプも用意しておく

2017年12月23日 (土)

Go West! December

どうやら三太は来てくれなさそうだから、むしろ積極的にこちらから三太狩りに行くんだぜ!

20171223
思い立ったが吉日とかなんとか。もしかしたら行かないかもしれないような雰囲気タップリ。
行けたらいったでモロモロについては年明け後にユルユルと。

検討課題
・ゆっくりめに出発する
・狩るリストを作成しておく

2017年12月22日 (金)

花ぶさ 末広町

店舗は、末広町駅4番出口から中央通りと平行する西側の路地を北上したアーツ千代田3331の向かいにあります。

 

20171222_001

 

 


ちょっと夕飯でも。そんなお声がけをいただき、さらに声をかけたところ「少しパリッとした場所で」のような雰囲気となります。
それじゃあ軽く忘年会でも、といった感じでオッサン5名ほど夕暮れの日本料理店に集まり、飲んで食べてを楽しむのです。

 

20171222_002

 

 


才巻海老、鮃、蕪、茄子。故池波正太郎画伯による食材を描いた敷紙。
過去、ランチタイムにカウンターでの利用はあっても個室利用は初めてだったりします。及び腰で梅懐石をお願いします。

 

20171222_003

 

 


生ビール。
まずはゴクロウサンと乾杯します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_004

 

 


お通し。
バイ貝、大根に酢味噌。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_005

 

 


お造り。
鰊。私にとって生の鰊は生まれて初めての経験です。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_006

 

 


お吸い物。
玉子豆腐にアオサのような海藻を混ぜてあります。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_007

 

 


焼酎。
駒という麦焼酎をボトルで頼み、思い思いの濃さに割りながら楽しみます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_008

 

 


焼物。
鰆。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_009

 

 


煮物。
穴子。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_010

 

 


揚物。
名物ともいわれる芝海老の真丈のご登場。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_011

 

 


たたみいわし。
会話も弾み、食事の前にいくつか単品のつまみを注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_012

 

 


ぎんなん。
調子に乗って食べ過ぎないよう注意します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_013

 

 


お食事。
かやくご飯、赤だし、香の物。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171222_014

 

 


甘味。
白玉ぜんざい。
たいへんおいしゅうございました。

 

酒の入ったオッサンによる縦横無尽に繰り広げられた会話について、詳細の公開は差し控えたいと思います。

 

検討課題
・慣れない席でワタワタしない
・落ち着いたお店をいくつか知っておく

2017年12月21日 (木)

吉乃川酒造 神田

店舗は、JR神田駅東口から線路沿いに北上した高架下に連なる飲食店街のなかにあります。
ほぼ同距離にある岩本町駅からの場合、A1出口から靖国通りを西へ歩き、山手線の高架下を神田駅方向へと南下した
場所でもあります。最短距離は銀座線神田駅5番出口から一方通行の道を逆走する感じになります。

 

20171221_001
お店の方から新潟県長岡市の吉乃川株式会社の直営店ではないが酒蔵公認の店であると伺います。

今から30年近く前、スキーで訪れた六日町の酒販店で八海山を買い求めようとしたところ、店主どのから吉乃川を強く、
それはとても強く強く薦められ、それを飲んでから吉乃川があれば好んで飲むようになった思い出深い酒でもあります。

 

20171221_002

 

 


極上吉乃川 吟醸。
こちらお店でグラス提供しているのは極上吉乃川 吟醸のみ。これ幸いと頼み、頼んだら脇目も振らず飲みきります。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171221_003

 

 


鯵刺。
とりあえずの肴には安定感モリモリの鯵を頼みます。本当は、カワハギかカマスを食べたかったのはヒミツ。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171221_004

 

 


新米仕込み 新酒 吉乃川。
季節ものですし、10月蔵出しと知ってしまえば飲まないといけません。こちらは300mlの小ボトルからの提供。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171221_005

 

 


だし巻き。
温かい肴も頼みます。
たいへんおいしゅうございました。

 

検討課題
・魚を食べに海沿いに行く
・5合以上飲んでも負けない体作りをする

2017年12月20日 (水)

石庫門 神田店 神田 麻婆豆腐

店舗は、神田駅南口から線路沿いに北上した高架下に連なる飲食店街のなかにあります。

 

20171220_001

 

 


しばらく風邪をこじらせ、体調を崩していたため刺激物の摂取を控えていましたが、そろそろ年末ですし再開していきます。

 

20171220_002

 

 


辣子鶏とミニ麻婆セット 小籠包付き。
麻婆豆腐メインはまだ早いかと考え、辣子鶏メインを選びます。ご飯、スープ、ミニ麻婆豆腐がランチタイムの定食メニューに
セットされ、さらに200円を支払うと小籠包2個を追加することのできるお得感のある内容になっています。
辣子鶏のなかに見え隠れする唐辛子の種を積極的に食べたり、テーブルに置かれた「ガンラー粉」なる調味料を麻婆豆腐の
上にバサバサとたっぷり振りかけ、自らに汗をかく暇を与えないよう、一気に完食します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171220_003

 

 


小籠包。
追加料金を支払うことで、先端の開口部から肉汁を吸い上げるアツアツの小籠包プレイを2回ばかり堪能します。
たいへんおいしゅうございました。

 

検討課題
・麻婆豆腐だけ食べる
・小籠包だけで満腹にする

2017年12月19日 (火)

ラムネ

日常的にラムネ菓子を貪っていることが多かったりします。
落雁のような干菓子や、最中のような口中の唾液をスッカラカンになるまで吸い取るような菓子を好む嗜好を自覚します。
手元にないだけで不安になったり震え出すようなことはありませんが、できるだけ絶やさないようにはしておきたいのです。

20171219_001
あわラムネ パワーエナジー味 コリス株式会社。
最近お気に入りのラムネをまとめ買いしておきます。これで年内は買い足すことなく、どうにかやり過ごせそうです。
口に含めば強い発泡感を感じられます。すかさず炭酸水もグビリと飲めば、メントスコーラ的なお楽しみも味わえます。

20171219_002
フエラムネ パインアメ味 コリス株式会社。
コリス株式会社といえばフエラムネです。勤務中だってマグマ大使を呼び出す勢いで吹いちゃいます。
こちらは通常版とは異なるパインアメ味。パイン味ではなくパインアメ味です。やはり舐め親しんだパインアメ味最高です。
そしてオマケのおもちゃ箱には「フエラムネがパインアメ味になっちゃった」と書かれています。フエラムネが主役なんです。
簡単に「パインアメがフエラムネになっちゃった」と書かないあたりにフエラムネの矜持を感じます。こことっても大切です。

20171219_003
ビンラムネ 株式会社岡田商店。
最中の殻のなかに粉末のラムネを封入しています。この粉末をストローで吸うわけです。背徳感満点です。唾液殺しです。
ストローで一気に吸うと咽せますから、ゆっくり吸います。鼻から粉末を吸うところを誰かに見られるとイロイロ誤解されます。
粉末を吸いきったら殻をバリバリと食べます。

20171219_004
魅惑の箱買いを堪能できるのは錦糸町駅前の「エタワリ」という駄菓子専門店。箱買い以外にもバラ売りもしています。
備蓄状況に不安を感じたらまた行きたいと考えます。

検討課題
・喉が渇くまで和三盆タイムを満喫する
・ラムネは甜菜含有量を見てから購入する

2017年12月18日 (月)

L・E・D!!

LEDで涙する。
滂沱の涙といえばバンチュウタ。混同しがちなバンババンはピッチャーですし、ババンババンバンバンはビバノンなわけです。

えぇ、泣きましたよ。私だって遙か昔、秋葉原のガード下にある電機部品屋さんのラインナップに白色LEDが加わったときです。
そのφ5サイズの白色LEDの売価が1個100円台になったときには随喜の涙を流したものです。そういう話じゃないんですか?

例えば過去に見学した模型関連の展示会において、近年とみに電飾加工を施した展示を多く見るようになりました。
それはここや、或いはこちら、数年前に見たこれもだったりします。模型加工において電飾は、当たり前になりつつあります。

電気工作、電子工作など私には高度な作業すぎて手を出せるものじゃありません。
そんなことを話していたら「6輪に着手した巨匠」さまから『加工無しでポン付けできる電飾キットもあるんだよ』と最新情報を
教えていただきます。電飾万歳!無加工最高!!ここで再びLEDを用いた簡便な電飾加工方法を知り大いに涙するのです。

20171218_001
まずはと宝石などを入れておく小箱と、単体で回路や電池などを内蔵している安価な発光ギミックを手に入れて加工します。
当初、自分の思い描いた状態にはほど遠い仕上がりですが、まず「光らせる」という目的を果たしたことに達成感を得ます。

おそらく小箱の選定と、内包すべき展示物との関係を見直せば、自分の思ったものをどうにかできるかもしれないと感じます。
そんなものを当てもなく探すために新宿に行った折、家電量販店のホビーコーナーで見つけたのがこちら。

20171218_002
株式会社ハピネットから発売されたX-BASE(クロス ベース)。ワイヤレス給電を採用した配線不要の電飾システムです。
黒い300 x 300の給電ボードをL字に組み立てることで、そのエリア内において専用LEDを発光させることが可能になります。
発光LEDは直径、高さ4.5mmのサイズがあるものの、給電ボード上であれば水中でも発光できる驚きの機能です。

20171218_003
ヘッドライトに白色、ウィンカーにはオレンジの専用LEDを仕込んだ作例。
細かい部分に手を入れたり、配線のスペースを確保したり、電圧と電流量に頭を悩ます必要もありません。もう感涙ですよ。

システム構築に4GAFFE程度の初期投資を必要とします。半田付けや抵抗等を買い出す手間を考えればお安いもんです。
ヨンサンにこれを有効活用できるか思い及ばなかったりもします。ただ新しいものには興味を持っておきたいのです。

検討課題
・豆球と麦球が基本
・電池は直列が基本

2017年12月17日 (日)

starter Ferrari Mondial ‪SPA24h 1989 MONEYTRON‬ 完成

タイトルの通りstarter Ferrari Mondial ‪SPA24h 1989 MONEYTRON‬です。

20171217_001
長らく放置しながら、なんとか年内に完成させてしまおうとジタジタします。
購入時点でバQは黄ばみ、柔軟性を失っていたため、可能な限りボディ側をゴリゴリ削り、どうにか窓を嵌め込んでいます。

20171217_002
テールライトは円柱状のアフターパーツを使い切ってしまっていたため、通常の半球上のライトパーツを取り付けています。
事ここに至って、赤いフェラーリを作る事の気恥ずかしさというか、自分の芸風じゃない感をビシビシと感じちゃったりします。
フェラーリのラインナップにおいて、あまり人気の無かったモンディアルということで大目に見ておこうと思います。

20171217_003
前端部に取り付く補助等類は、先日購入した部品にしています。
本来は白いカバーを装着しており、ライトむき出しの資料を見つけることはできませんでしたが、雑な仕上がりの目くらまし、
或は一点豪華主義的な自らの浅はかさから、光り輝く部品を取り付けることに変更しており、実車と異なる可能性大です。

20171217_004
完成前のとりあえず説明書通りに仕上げた状態。この白いカバーを取り付けた状態が本来の姿、正しい姿なのでしょう。
ただ、平面的でペソッとしているは何となく気に入りません。間違った判断でも自分の選択は悪くないと強弁しておきます。

また、キットに同梱されておらず不足パーツだったドアミラーを「上田の巨匠」さまより融通していただいております。
常日頃からお手数おかけしています。ミラーがないと青い部分も目立たなくなるところでした。心より感謝申し上げます。

20171217_005
パパ・ロズベルグ乗車なのね。ベルント・ガショーも乗っていたのね。マスキングの境界がギバギバです。まぁいいです。

20171217_006
ずいぶん前に作ったstarter Ferrari Mondial Tと並べ、台座に固定して完成とします。

作りかけのアレやコレやは、来年になったらどうにかするということで。

検討課題
・使い切ったアクリルケースを追加発注する
・作りかけのフェラーリをそのうち完成させる

2017年12月16日 (土)

ALEZAN Alpine A310 Fleischman

ALEZANの敵はALEZANで討つ!討たれる方は堪ったもんじゃございません。
細かい気泡に泣かされているのでボディ表面に気泡など無い、表面処理に手間取らないALEZANのキットを発掘します。

20171216_001
中古キットだったこともあり、前オーナーの手によって大まかなバリは削り取られています。せっかくですし前オーナー様の
工作を尊重し、必要以上に削り倒すことのないよう作業を進めたいと言い訳しつつ、楽することだけを必死に考えます。

現状、タイヤの硬化だけが製作にあたっての問題になっています。ジャンクから使えそうなタイヤを見繕うと思います。

20171216_002
リアルーバーとボディとの境界部分がビロビロです。溝も深くなっおり、調整のための工作は面倒なことから無視します。
また、バQを嵌めてから分かったこととして、前オーナー様によってBピラーを削り落とされています。ここは完成間近に
なった段階でプラ板、または厚みのある塩ビシートなど加工の容易な素材を用いて再生しておこうと思います。

20171216_003
さすがにこのヘッドライトは無いか。無いな。ここは踏ん張りどころかもしれません。
やはりライトの数は強さでもありますから、せめてライトパーツを内蔵できるようにはしておきたいと思います。

チャチャッと作るつもりが前途多難な雰囲気です。アレレ、こんなはずじゃないんだけどな。

検討課題
・青っぽく塗る
・適当にスポンサーデカールを貼る

2017年12月15日 (金)

ニョロリ

浅草雷門の東、吾妻橋を渡ったところにある金色のニョロリとしたアレがありません。

20171215_001
アサヒビールの創業100周年を記念して1989年に建設されたといいます。平成元年組です。バブルど真ん中ですよ。
もうすでに30年近く浅草でニョロリとしていたわけで、そこにあることが当たり前の光景になっていたんだと思い知ります。
あの金色のニョロリが無いと、さらに東側にあるマンションの存在感マシマシになり、なんとも不思議な風景に思えてきます。

20171215_002
スカイツリーと。
業平橋駅横のスカイツリーも2012年以前は(建設中の途中経過は考えないとして)そこになかったわけです。
いつのまにか吾妻橋からの風景というのは金色のニョロリとスカイツリーとなっています。もう違和感さえありません。

東京はとにかく瞬く間に壊され、新たに建つを繰り返しています。新しい建築物を把握することもできません。
とりあえずは金色のニョロリの再建までは、ビールならアサヒビールを多めに飲むことにします。

検討課題
・夜のニョロリ無しを撮っておく
・クリスマス時期のスカイツリーも撮っておく

2017年12月14日 (木)

岐阜屋 新宿

店舗は新宿駅西口から北側にある大ガード方面へ向かった場所の「思い出横町」にあります。

 

20171214_001

 

 


画像は思い出横町側からではなく、線路沿いの入口からの外観。店内に貼られた豊富なメニューの数々に圧倒されます。

 

20171214_002

 

 


チャーハン。
刻まれたナルトを散りばめた焼き飯的チャーハン。スープもセットされます。
まずはガツンと米飯ものを腹に収め、血糖値をバク上げしておきます。デブの作法です。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171214_003

 

 


酎ハイ。
落ち着いたら飲み始めます。焼酎を炭酸で割った甘みの無いチューハイ。カットレモンを割り箸でグズグズにして飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171214_004

 

 


餃子。
米飯の直後に油ギトギトの焼き餃子をつまみに選択。炭水化物から流れるように炭水化物。デブの流儀です。
たいへんおいしゅうございました。

 

午前中から食べて飲んでを楽しめます。麻婆豆腐もありますが、こちらでは積極的に他のメニューに挑みたいと思います。

 

検討課題
・日に三度いく店を覚えておく
・メニューは端から制覇していく

2017年12月13日 (水)

築地食堂 源ちゃん 高田馬場店 高田馬場

店舗は高田馬場駅早稲田口を出て、早稲田通りから新目白通りに抜ける通りを東に入ったブロックの角地にあります。

 

20171213_001

 

 


築地食堂と銘打っています。築地市場が豊洲に移転したら「豊洲食堂 源ちゃん」と名称変更するのでしょうか。
なんとなく、そこらへんの名称は既に大陸で商標登録されているような気がします。問題の表面化を待ちたいと思います。

 

20171213_002

 

 


生ビール。
まず飲みます。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171213_003

 

 


近海真アジ なめろう。
すぐに配膳していただけそうな肴を注文します。他、この日のお通しは薩摩揚げ。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171213_004

 

 


白身三品盛。
天然ヒラメ、スズキ、真鯛の刺身。ポン酢に紅葉おろしを溶かしていただきます。他に枝豆も注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171213_005

 

 


厚切りハムカツ。
海鮮居酒屋でも肉っぽい感じのする揚げ物を注文します。他にカキフライも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171213_006

 

 


ハイボール。
ビールに飽きたらハイボールです。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171213_007

 

 


マグロのメンチカツ。
源ちゃんにいくと頼まずにはいられません。他に源ちゃん自家製厚焼玉子も注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

20171213_008

 

 


アサリバター。
貝料理はあれば欲しくなります。他に活ミル貝も注文します。
たいへんおいしゅうございました。

 

年末年始はイロイロと飲まないといけない季節です。飲むなら徹頭徹尾、楽しく飲みたいと思うのです。

 

検討課題
・独りホンビノスガイ祭りを開催する
・焼き魚も肴にする

2017年12月12日 (火)

DVD

天は我が見放した。いったい何様のつもりだ、傲岸不遜とはこのことです。
模型の神様なんていないんです。楽できる!と確信して臨んだ液剤塗布作戦は見事に失敗。そして頓挫。
予想通りといえば予想通り。めげてなんていられません。何事も無かったように次の一手を探さないとならないのです。

大型書店のホビー関連書籍売場で以前から気になっていたDVDを見つけたので購入してみます。
パーフェクトフィニッシャーによる実際の映像を収録しているようです。いずれ、正月休み中にでも視聴したいと思います。

20171212
パッケージには「エアブラシによるツヤあり塗装の〜」とあります。
そうじゃないんだよ、缶スプレーによるツヤあり塗装の極意を知りたいんだよ。自分のこれまでの経験では、缶を少し温めて
ガス圧を高めると塗料の塗粒が細かくなるようで、普通に塗るよりかは光沢を得られやすいと感じることはできています。
ただ、内蔵されるガスの圧力を数値でコントロールできないため、ときに圧力が高くなり過ぎ、飛び散る塗料に泣かされます。

コンプレッサーやハンドピースもそろそろ新調しないといけないような感じになっています。
エアフィルタに溜まる分離された水の色がヤバいです。コンプレッサ内部は確実に酷いことになっているはずです。

検討課題
・缶スプレーをストーブで温めない
・フィルタにはミストセパレータも接続する

2017年12月11日 (月)

六周年

諦めも悪くネチネチと続けています。
いい加減にしろよ。いつまでやってんだ。そんな罵詈雑言もきっとどこかで言われているに違いないと思います。
そんな耳許で囁かれたらゾクゾクしちゃう酷い言葉も現状では私の耳に直接届いていません。ありがたいことです。

20171211
稀にこちらをご覧いただいてる方から感想を伺うことがあります。人生の無駄遣いですよ、と諭して差し上げたくなります。
ああいう記事をもっと書いてくれ。そういわれれば励みにもなります。僅かでもご期待に応えられるよう、明後日の方角に
向かって全力疾走もする所存もありそうで無さそうだったりもするところでございます。もう何もかもが迷走しています。
こんな感じでヤル気なんてものは、欠片さえも見せないままやっていこうと思うのです。

検討課題
・ネトッと七年目に踏み込んでみる
・満遍なくイロイロ書くようにする

2017年12月10日 (日)

RACERS Vol.48 ヤマハ2スト並列4気筒の時代 YZR & TZ750/500 三栄書房刊

古くはプロター社のs=1/9サイズのOW20、馴染み深いのはタミヤ社のS=1/12のOW48。そんな並列4気筒の特集です。
エキゾーストチャンバーの取り回しに特徴のあるYZR500です。他にYZR750についても記事で詳しく紹介されています。

 

20171210

 

 


ヤマハの並列4気筒は1982年まで連綿と使用されていました。懐かしいライダーの名前が散りばめられています。
同時期のスズキはスクエア4のRGγ500、ホンダはV型3気筒のNS500。ヤマハはプライベーターに並列4気筒のTZ500を
供給しつつ、ワークスライダーにはV型4気筒のOW60を供給するなどバラエティーに富んだシーズンだったと思います。

 

ページをめくっているとタミヤのキットをどうにかしたくなってきます。
ポンスや浅見が乗ったソノートカラーのYZR750など、なんちゃってな感じでもいいから作りたいと考え初めてしまいます。

 

そして次号、2017年12月22日にはVol.49として「THE ELF PROJECT Part 1」の続編の刊行を予定しています。
もう真っ黒なエルフてんこ盛り、ロン・ハスラムのもみ上げてんこ盛りです。もう今から楽しみにしちゃうしかありません。

 

検討課題
・ビッグワンガムのYZR500を作る
・イタレリのYZR500を買ってみる

2017年12月 9日 (土)

MINI RACING No.0382 SAAB 96 V4 RALLYE de Suede 75

適当にコーティングしたまま、存在そのものを無かったことにしようと放置していたサーブを引っぱり出します。

 

20171209_001

 

 


スポンジヤスリの細目を使って表面を削ります。
スポンジヤスリは通常の紙ヤスリに比べ、厚みと柔らかさがあるせいかゴシゴシしてもシャキっとした面になりません。
これは私の集中力の無さと、指先のコントロールの悪さに起因するものであり、スポンジヤスリのせいではないと断言します。

 

20171209_002

 

 


閃いたんですよ。
カー用品店で見つけたドアノブ周辺などに爪で引っ掻くことでできる擦過痕を目立たなくさせる補修剤を使えないものかと。

 

そこで試しにと購入したのは、ソフト99社 Kizz Clear R ダークカラー用なる商品。
細かい傷の谷間に液剤に含まれる樹脂成分を埋めることで平滑にする効果を得られると書かれています。素晴らしい!
コンパウンドで磨く作業は、その塗装面を削るということであり、常に削りすぎの恐怖と背中合わせになってしまいます。
より平滑にするためにサスサスしていると、いつの間にかクリア層を削りきり本塗装部分がコンニチワすることもあります。
これを使えばそんな恐怖とオサラバです。しかも塗るだけ!楽できる!!俺って天才っ!!そう思っちゃったんですよ。

 

20171209_003

 

 


脳内シミュレーションでは上手くいくはずだったんです。使用前までの浮かれ気分なんてどっかにいっちゃいましたよ。
A:キズクリアー塗布部
B:ピカールでサスサス
C:作業前の塗装面
なんだよ、なんだよ、ピカール圧勝じゃん。キズクリアーのパッケージには「キズが消える!」と書いてあったのにな。

 

天網恢恢疎にしてなんとやら。やはり私ごときの考える浅はかな悪だくみは成功させていただけないようです。
楽できると思っていたウラッコとエスパスを横目に見ながら、地道に作業に徹するしかなさそうな感じになってきました。

 

検討課題
・どうにかして楽する方法を編み出す
・磨かずに済ませる方法も考えてみる

2017年12月 8日 (金)

GAFFE Espace Mokricki Blue Valley Paris Dakar 1989

なんとなく放置していたことを思いだし、作業を再開するでもなく先へ進めようと思います。

 

20171208_001

 

 


前回も書いた通り、易きに流される芸風を堅持するかのように、ラッカーコートで済ませようとソフト99を吹き付けます。

 

20171208_002

 

 


画像では判然としませんが、ゼッケン周辺にはキッチリ段差を生じさせています。今後、ゴリゴリ削らないとなりません。

 

過去にラッカーコートのまま完成させた白っぽい車は、ルノーローバーくらい。どちらも一度削り、デカールとの段差を
均した上に再度クリアを吹き付け終了にしています。吹きつけもラフで、磨いていないこともあり柚肌バンバンです。
その程度の仕上がりで満足できちゃうので、そこら辺をオッケーラインと見定めて作業を継続したいと思います。

 

検討課題
・舞い降りた毛ボコリは運と縁だと言い聞かせる
・ソフト99以外のクリアペイントもイロイロ試す

2017年12月 7日 (木)

ALEZAN Lamborghini Urraco Rally 1973

下塗りに吹き付けた鉄道カラー #3 黄かん色も乾いてしまったようなので、仕方なくノロノロと製作します。

20171207_001
ということで、前回の失敗を糧とし、さらに失敗を繰り返さぬよう注意するわけでもなく注意力散漫な感じで記憶を遡ります。
取りい出しましたるはタミヤ社 TS98 ピュアオレンジ。缶スプレー一本分キッチリ使い切る覚悟で思い切り吹きまくります。

20171207_002
キット同梱のデカールも貼ります。貼ってからテールライトは実車と違いすぎる気がしてきます。もう見て見ぬ振りをします。
完成間際までヤル気を維持できていれば、クリアオレンジを塗り重ねたり、シルバーの境界線を付け加えたいと考えます。

20171207_003
ソフト99のクリアでコーティングします。厚塗りすることを目的としていますので塗装面は凸凹です。気にしません。

今回は、今後どうにかして楽して製作したいが為の悪だくみをするため、いくつか生贄を用意したいと思います。

検討課題
・ホルツのクリアを試してみる
・ホルツのウレタンクリアも試してみる

2017年12月 6日 (水)

オメデトMAX展示会

末広町駅近くで催されていた「マックスファクトリー設立30周年 オメデトMAX展示会」を見学します。

20171206_001
会場となった場所は中央通りに面したアキバCOギャラリー。展示会は2017年11月19日をもって終了しています。

20171206_002
会場入口には雛壇が設けられ、様々な姿に改造された「PLAMAX渡辺」がお出迎え。なかなか壮観です。

20171206_003
minimum factory みのり with Honda 耕耘機 F90
静岡ではフェーサ仕上げの状態でしたが、今回は着色サンプルを展示。発売は2018年3月の予定。待ちきれません。

20171206_004
figma ヒグマ
2017年のエイプリルフール企画かと思っていたら2018年春に発売予定。テレビの上に置けるようにしないといけません。

20171206_005
PLAMAX渡辺
物販コーナーで販売されていたので記念に購入します。どんな色柄にするかを考えるだけで楽しくなってきます。

思いがけず見学する機会を得た展示会です。そこに展示された30年分の蓄積は見応えのあるものでした。

検討課題
・未開封のfigmaはバンバン開梱する
・耕耘機写真集の発刊を期待する

2017年12月 5日 (火)

蒼龍葡萄酒株式会社 デラウェア初しぼり 2017

先日いった第56回農林水産祭 実りのフェスティバルの会場において、山梨県の出展ブースで販売していたので購入します。

20171205
デラウェア初しぼり。
見つけるとついつい買ってしまいます。そして、気が付くと空瓶が転がる事態となっていることが多かったりします。
酸化防止剤無添加を謳っています。早めに飲むに越したことはありません。早めに飲んでしまいましょう。

検討課題
・八重洲にワイン狩りをしに行く
・多々買わなかったことを悔いる

2017年12月 4日 (月)

株式会社くらむぼんワイン ナイアガラ

先日いった第56回農林水産祭 実りのフェスティバルの会場において、山梨県の出展ブースで販売していたので購入します。

20171204
ナイアガラ。
京都ツアーの折り購入したナイアガラ種のワインが美味しかったのと、極甘口と書かれたパネルに敏感に反応しちゃいます。
とりあえずは年末年始までもてば御の字といったところ。

検討課題
・貴腐ワインもたまに買ってみる
・そんなことよりMONKEY 47

2017年12月 3日 (日)

お茶の木下園 東京コーラ

先日いった第56回農林水産祭 実りのフェスティバルの会場において、東京都の出展ブースで販売していたので購入します。

20171203_001
東京コーラ。
狭山茶をそのままコーラに溶かし込んでいます。飲み口はまるっきりコーラ、後味はほのかに緑茶。そんな不思議な飲料。
製造はOEM製造などを広く行っている埼玉県小鹿野町にある有限会社 戸田乳業。東京なのに狭山茶の疑問は氷解します。
甘い炭酸飲料を飲む際に感じる背徳感は、青汁感タップリの見た目とカテキンの効果によって相殺されるような感じです。
たいへんおいしゅうございました。

20171203_002
会場で1本、キュ〜ッと飲んで思いのほか美味しかったのでまとめ買いします。とは言っても1打程度の数量です。
販売していた方から2017年、モンドセレクション金賞を受賞した商品であることを教えていただきます。
ありがたさ3倍増しです。

現状、通年販売はしておらず、各種イベント会場などで販売することが多いとうかがいます。
容量は200mlと飲みきりサイズとしても手頃です。どかかで見つけられたら買うようにしたいと思います。

買い物報告ではありますが、口に入るものということでカテゴリーは「ヨクバリ」とします。

検討課題
・プラシーボ効果を信じ切る
・ゲップしないでイッキ飲みチャレンジに失敗する

2017年12月 2日 (土)

YOW MODELLINI Lamborghini Urraco Rally 1973 Bob Wallace

アレザンのそれにタダタダ泣かされているわけです。
ならばと、再び抽斗を引っぱり出したり、押し込んでみたりと無意味な行為に没頭してから発掘します。現実逃避です。

20171202_001
出土したのは Lamborghini Urraco Rally 1973 の完璧版。
これがYOW MODELLIの頃に頌布されたのか、YOW MODELLINIの頃のキットだったのか記録をしていないので不明です。
深く調べていけば詳細の糸口を掴むこともできましょう。ただブランド名は今回は重要事項では無いため調べるのやめます。

20171202_002
アレザンのキットを完璧な Lamborghini Urraco Rally 1973 Bob Wallace にするため、特に先端部を見直し、修正しています。

20171202_003
内装部品も見直され、シートやハンドルもアレザンのキットとは異なり、実車に即した正しい形状になっています。
また、タイヤもレジン製に置き換えられ、ゴム製タイヤ特有の謎汁の滲みや硬化による割れに悩まされることもありません。
問題なのはリアウィングを固定する際、アレザンのキットに同梱されるエッチングパーツに対応する部品が用意されていない
こと。ピンを必要寸法に切断するなんて面倒です。洋白板から切り出すなんて想像もしたくありません。困ってしまいました。

困ったら自分の都合のいい理由を探せばいいだけです。必死に画像検索をしまくります。そりゃもう血眼になってです。
ありました!!リアウィングを装着していない個体というか、状態になっているウラッコ・ラリーが。もうこれで一安心です。
ということで、いずれこちらを製作するときは、リアウィング無しの仕様にしようと思います。

20171202_004
さらにYOW MODELLINIのこのキットには「Lamborghini」エンブレムのデカールも用意されていません。自作なんて面倒です。
仕方なく再び抽斗を開けたり閉めたりして掘り返します。発掘したのは Call'graphe 社製のエンブレムだけを集めたデカール。
もうこれでいつでも製作に着手できます。だからといって今すぐ作り始めるなんてことは間違ってもしませんけど。

そんな感じで密かにアレザン復讐用キットを確保していることに安心だけしておこうと思います。

検討課題
・ジャンクパーツからウィングステーの代替品を見つける
・いっそオレンジ色以外でボディを塗っちゃう

2017年12月 1日 (金)

上野駅前 12月

もう12月かよ。そんな言葉もつい漏れてきます。まさに「はくたいノくわかく」といったところでしょうか。
上野駅前から御徒町駅前までの線路沿いに広がる商店街が濃厚な魚臭を伴い、最も生臭くなるシーズンの到来です。
実際、正月用に鮮魚を求める人は築地に出向くでしょうし、同じ上野エリアでもアメ横より良い品を取り扱ってる店舗は
あるわけで、ましてや流通の整った現代なら近所のスーパーマーケットでだって美味しいものは手には入ってしまいます。
つまりは年末の年の瀬感と、忙しい気分を味わうために何となく混雑を極める上野周辺をブラブラするだけなのです。

20171201
そんななか、上野松坂屋は「シタマチ百貨店」と銘打ち、イロイロとキャンペーンというかプロモーションをしています。
確かに不忍池の畔には下町風俗資料館もあり、どこでも適当に路地に入れば至る所に下町っぽさをマダマダ残しています。
それでも勤務地のポストには新たに建設された高層マンションの販売案内や、新築オフィスビルのチラシが入ってきます。
そこかしこにあった二階建ての看板建築はドンドン壊され、いつの間にかヒョロリとした5階建てが建ったりします。
なんだか80年代後半の光景を見ているかのような気持ちにもなります。

とりとめなんてありはしません。
回りを見習い、なんとなく忙しそうに振る舞っておこうと思うだけです。

検討課題
・年末年始用の珍味は早めに確保する
・鮮魚購入の解決策を見つける

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »