2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« starter PONTIAC Grand Prix ALUGARD NASCAR 1986 7/7 完成 | トップページ | ライトアップとスカイツリー »

2018年5月28日 (月)

starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 01/10

ポンティアックを逃げ回るようにしながら完成させたことから調子に乗ってナスカーに手を出します。

 

Torino_11

 

 


ボディ前端部が反っているように思えてなりません。錯覚でしょうか、それとも最初からこんな感じなのでしょうか。

 

Torino_12

 

 


ボンネット中央部にある凸部のせいで反ってるように感じてしまうだけなのでしょうか。自信なんてありゃしません。

 

Torino_13

 

 


とりあえずザッとバリ取りをし、タイヤを置いて仮組一歩手前の状態にしてみます。

 

Torino_14

 

 


なんかいい感じです。熱湯風呂回避できそうです。仮組をしてみるとボディ前端部の反ってる感が緩和されました。

 

Torino_15

 

 


重大な決断を下します。もう、こののまま作っちゃおう。いつも通り、グルグル考える振りだけして何もしません。
まずはこのまま不都合の生じないことを祈りながら製作を開始したいと思います。面倒ってわけじゃないんですよ?

 

検討課題
・自分の目を信じない
・錯覚なんだと言い聞かせる

« starter PONTIAC Grand Prix ALUGARD NASCAR 1986 7/7 完成 | トップページ | ライトアップとスカイツリー »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
60年代から70年代にかけてのアメ車の巨大さは、レイドカーの巨大さとは趣きも異なり、なかなか良いです。
反ってないに一票いただき感謝です。これを励みに見て見ぬ振りしながら製作を続けようと思います。

デカイアメ車は新鮮で良いですねー
反って無いに一票とさせてください(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter PONTIAC Grand Prix ALUGARD NASCAR 1986 7/7 完成 | トップページ | ライトアップとスカイツリー »