2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 亀田酒造株式会社 てっぱつ | トップページ | Provence Moulage K1751 RILEY & SCOTT ELAN MKIIIC n°4 Le Mans 2002 »

2018年5月 7日 (月)

starter PONTIAC Grand Prix ALUGARD NASCAR 1986 6/7

連休終わっちゃったな、なんてチョッピリおセンチになっちゃいます。
今後の予定と日程を睨みながら、なんとしてでも逃げ切るためにイロイロ目を瞑り製作を推し進めます。

 

Pont_61

 

 


クリアも乾いてしまったのでスポンジやすりを使って塗装面をゴシゴシ削っていきます。
ここでゴッドハンド社のスポンジ布やすり「神ヤス」や、タミヤ社、3M社のスポンジやすりを組み合わせて削りますが、
どうも表記される番手と削り心地に各社バラつきがあるように思えてなりません。統一表記じゃないのでしょうか。

 

そんな前振りをしたのは結局のところ、いくつかのエッジ部を削りすぎてレジン素材まで「コンニチワ」したからです。
メタリックカラーを用いてのタッチアップは確実に失敗する自信があるので、濃紺をそっと塗って誤魔化します。

 

Pont_62

 

 


だいじょーぶ! バレてないと念じつつ真夜中に絶叫しながらウスウスに薄めたクリアーを吹き重ねます。
もういいや。これでオッケーです。またエッジを露出させてしまわないかと怖じ気づき、磨かずに済ますことを選択します。
決して磨く作業が面倒というわけではないんですよ。

 

Pont_63

 

 


ひとまず仮組をします。
ドア部内側に赤いロールケージを微かに覗き見られれば、手を入れた感バリバリのアクセントになると思えます。
実際には外から見る限り室内は暗く、ロールケージはあっても無くてもいいんじゃないかとも思えてきます。
安易に流れ流されて、追加工作を省略した自分の判断は間違ってないと自分に言い聞かせ、ガッツポーズで応えます。

 

Pont_64

 

 


窓枠や、ボディと一体成型されているロールケージなど細かいところを筆塗りしながら完成を目指そうと蠢きます。

 

検討課題
・スタタのナスカー製作必勝パターンを見つける
・完成度は低くとも量産体制維持を心がける

« 亀田酒造株式会社 てっぱつ | トップページ | Provence Moulage K1751 RILEY & SCOTT ELAN MKIIIC n°4 Le Mans 2002 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀田酒造株式会社 てっぱつ | トップページ | Provence Moulage K1751 RILEY & SCOTT ELAN MKIIIC n°4 Le Mans 2002 »