2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 05/10 | トップページ | starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 06/10 »

2018年7月 1日 (日)

上野駅前 7月

年末とはまた異なる生臭さを醸すようになる上野の夏です。
アメ横の海産物関連等々を商うお店に陳列された商品から立ち上る得も言われぬ臭いも強く感じられたりします。
また、観光立国を目指す施策のせいか万国から訪れる観光客もお集まりになります。そんな観光客の皆様から放たれる
香水を主にした芳香と、食生活などに起因すると思われる体臭のハーモニーを殴られるように嗅がされたりもします。

それは日頃の模型製作において有機溶剤を嗅いだ際の目がシパシパするのとは違い、不快感を伴うシパシパなのです。

そんな臭いに溢れたアメ横で最近ちょっと変わってきたことがあります。
他の繁華街に比べユルユルな街、朝から呑める街、道路にテーブルを並べ呑んだり食べたり呑んだりを繰り返せる街。
その道路にテーブルを並べることを厳しく取り締まるようになってきたこと。法令遵守の観点からいえば至極まっとうです。
でも上野ですよ。アメ横ですよ。きっとこれまでとは状況というか、情勢の潮目が変わったということなのでしょう。

取り締まる側の方々がどういった立場にあるのかといった詳細は知りません。
ただ、彼等は夕方になると姿を消していきます。彼等がいなくなったことを確認すると、飲み屋さんは道路にイソイソと
テーブルを並べていきます。まるであるべき日常を取り戻すためのルーチン作業のようにもなっているようです。

20180701
5月の連休を過ぎた頃から来年のモロモロを実感させるように「平成最後の~」という枕詞を聞くようになった気がします。
これからも「平成最後の夏休み」「平成最後の年越し」「平成最後の初詣」等々、とりあえず何でも平成最後になるのです。
元号を定め、和暦を表記することをガラパゴス化だと記事にした築地あたりの新聞社の刊行物は当然、既に和暦表記は
行わず、上記のような「平成最後の~」と冠する記事や、刊行物を発行することは無いと思います。あったらたいへんです。

個人的には本業関連で書式によっては和暦表記も必要にもなるので、昭和、平成、新元号と3時代を生き抜く古老として
マダマダ和暦とはお付き合いしていきたいとも思うのです。さて、これから発表されるであろう新元号はどんなんですかね。
案として「四三」とかどうですか? 漢数字を並べた「六四」よりかは某独裁政権国家からの突っ込みも無いでしょうし。
ひとまず夏らしく、暑い暑いとブツブツ言いながら「平成最後の43off会」に向けてヨンサン製作を続けようと思います。

検討課題
・捏造記事を書く新聞は日付から疑っておく
・苦手な匂いを嗅いでも表情には出さない

« starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 05/10 | トップページ | starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 06/10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 05/10 | トップページ | starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 06/10 »