2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 居酒屋 伸 新宿 | トップページ | そごう大宮店 10階屋上ビアガーデン 大宮 »

2018年7月19日 (木)

starter FORD TORINO COBRA No.17 DAVID PEARSON 1968 09/10

何もかもを諦めて完成させることだけを目標に据え製作を続けます。

 

Torino_91

 

 


内装をツヤ消し黒でベットリ塗りたくります。ツヤ消し黒さえ塗っておけば、だいたいのことはどうにかなるってもんです。

 

Torino_92

 

 


ある意味メインイベント。ここをどうにかできるかで完成度は大きく違ってくると思います。
ハセガワ社製 「曲面追従金属光沢シート」 ミラーフィニッシュを貼り込もうとしますが上手くいくはずなんてありません。
何度か貼ったり剥がしたり、シワを伸ばしたり伸ばしすぎて引き裂いたりと如何ともしがたい気分を味わいます。

 

俺にはまだ早かったのか? 果たして何が早いのかも分からぬまま、そんな不安な気持ちにさえなってきます。

 

Torino_93

 

 


今回のトリノ・コブラはフロントグリル内の凹凸も大きく、前後バンパー角部の曲率も小さいことから金属光沢シートを
貼り込んでいくとを断念し、適当に銀色に塗って自分を納得させようと思います。悔しいことです。断腸の思いです。
決して解決策を見いだせず、面倒になったからということではないんです。戦略的撤退でもなく、転進というやつです。

 

検討課題
・金属表現部分の別パーツ化を考える
・塗装後に擦るタイプの塗料も使ってみる

« 居酒屋 伸 新宿 | トップページ | そごう大宮店 10階屋上ビアガーデン 大宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 居酒屋 伸 新宿 | トップページ | そごう大宮店 10階屋上ビアガーデン 大宮 »